FC2ブログ

ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

Entries

【速報】韓国側が反論動画を公開【レーダー照射】

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
ランキングは「ぼやきくっくり(本館)」と「ぼやきくっくりFC版(ミラー)」で一本化されています。どちらのバナーをクリックしていただいても、「ぼやきくっくり(本館)」に1票入ります。

【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


【この記事は追記する可能性があります】


 レーダー照射問題。
 1月4日午後2時過ぎ、韓国国防省が反論動画をYouTubeで公開しました。
 https://www.youtube.com/watch?v=4dpWAWpzWyE



 派手な音楽をつけて、映画仕立てになっています(^_^;
 

 英語版も公開するとされていましたが、現時点ではまだです。
 もし英語版の公開がなかったら、完全に国内向けってことになりますね。
 あるいは、まずハングル版のみ公開することで、日本側の出方を窺っているのかも?

 <1月4日午後7時30分追記>英語版の映像が、午後7時過ぎにUPされました。
 https://www.youtube.com/watch?v=CGWO4Kdk5j0


 動画はかねて韓国側が予告していたように、日本の防衛省が12月28日に公開した映像(拙記事2018/12/28参照)をもとに作られています。

 韓国海洋警察庁が撮影した現場映像は含まれていますが(それもわずか10秒ほどで、日本の哨戒機が映っているのは、うち5秒程度)、韓国海軍艦艇が撮影した現場映像は含まれていません。
 
190104kankoku1.jpg


 私はハングルが分からないので、動画内で具体的にどういう主張をしているのか分かりませんが、動画の説明文のハングルは機械翻訳により、だいたい理解できました。

지난 2018년 12월 20일 동해상에서 발생한 일본 해상자위대 초계기의 저공 위협비행 사건에 대해 대한민국 국방부는 일본 측의 사과와 진정성 있는 문제 해결 노력을 촉구합니다.
過去2018年12月20日東海上で発生した日本の海上自衛隊哨戒機の低空脅威飛行事件について大韓民国国防部は、日本側の謝罪と真正性のある問題の解決に努力を促しています。

일본 초계기는 인도주의적 구조작전을 수행하던 우리 해군 광개토대왕함을 저공으로 위협하는 비행을 하며 위험한 상황을 초래했을 뿐만 아니라,
日本の哨戒機は人道的構造作戦を実行していた韓国海軍広開土大王艦を低空で威嚇飛行をし、危険な状況をもたらすただけでなく、

민항기에 적용되는 국제법을 자의적으로 왜곡하여 해석하면서 진실을 호도하고 있습니다.
民間機に適用される国際法を恣意的に歪曲して解釈し、真実を糊塗しています。

레이더 전파에 위협을 느꼈다는 일본 초계기는 회피는커녕 광개토대왕함 주위를 계속 비행하였으며,
レーダー電波の脅威を感じた日本の哨戒機は回避どころか広開土大王艦の周囲を続け飛行し、

작전 상공을 이탈한 후에서야 일방적인 무전을 보내고 마치 우리가 의도적으로 회신하지 않은 것처럼 영상으로 표현했습니다.
作戦上空を離脱した後にようやく一方的な無電解を送って、まるで私たちが意図的に返信していないかのように映像で表現しました。

광개토대왕함이 추적레이더를 방사하지 않았다고 수차례 설명했음에도 불구하고, 일방적으로 영상을 공개하며 여론몰이를 하고 있습니다.
広開土大王艦が追跡レーダーを放射していなかった数回説明したにもかかわらず、一方的に映像を公開して世論をしています。

우리 해군은 어떠한 위협행위도 하지 않았습니다.
韓国海軍は、いかなる脅威行為もしていません。

일본이 여전히 추적레이더 탐지를 주장한다면, 양국이 함께 실무협의를 통해 초계기에서 수집한 전자파 정보를 분석하고 사실을 확인하는 절차를 밟으면 될 것입니다.
日本がまだ追跡レーダー探知を主張するなら、両国が一緒に実務協議を通じて哨戒機から収集した電磁波の情報を分析して、事実を確認するための手順を踏めばなります。

더 이상 일본은 이번 사건을 정치적으로 이용하지 말고,
もはや日本は今回の事件を政治的に利用しないで、

일본은 인도주의적 구조작전을 방해하고, 우리 함정을 향해 저공 위협비행한 것부터 사과해야 할 것입니다.
日本は人道的構造作戦を妨害し、私たちの罠に向かって低空脅威飛行したことから謝罪する必要があります。


 ひとつ注意が必要なのは、これって、現場にいた韓国海軍ではなく、韓国国防省の主張。
 元海将の伊藤俊幸さんが、年末の「ひるおび」でも、また、今日1月4日の「ひるおび」(動画公開される2時間ほど前の時間帯)でも改めて言ってましたが、韓国国防省(会見で喋ってる人たち)は基本的に陸軍。

 つまり、韓国国防省の主張というのは、海軍を知らない人たちによるもので、現場の海軍の人たちは、火器管制レーダーを使用したことも分かっているし、国防省の説明について「恥ずかしい!レーダー照射してないなんて通らないから!ばれてますから!」と思っているであろうと。

 言うなれば、ドライブレコーダーに完全に事故の瞬間が映っているのに、ごまかそうとしている状態であると。
 だから韓国海軍は「それごまかしちゃダメです」と上(国防省)に一生懸命言っているであろうと。
 が、「いいからやれ!」と上の人がそれを抑えていると。

 また、日本側が12月28日に公開した映像は、「レーダー音」はカットしてありますが、これも伊藤さんによれば、こういうことだそうです。

「トドメをさしてない」
「(本当はもっと証拠があるが)寸止めにしている」
「『天気良かったでしょ?(北朝鮮遭難船の)捜索も終わってたでしょ?』までを見せて、レーダー照射のところは会話だけで聞かせている。『それだけ聞けばわかるでしょ?』と」
「(レーダー照射)はしっかり会話の中で言っているので、プロが見れば明らか」
「韓国海軍は分かってる(国防省は分かってない)」

 まあとにかく、韓国側が映像公開したことで、再びボールが日本側に返ってきたわけです。
 日本側はどう対応するのでしょうか?
 間違っても、「内々で手打ち」なんてことのないように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★私の感想(第一印象)と皆様の反応。


 ちなみに、夫の反応は…。
 「(韓国側に)任侠映画を見せなあかんな。ケジメの付け方がなってへん!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★その後の動き(報道や解説)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※参考記事
レーダー問題、韓国が反論動画公開 海洋警察撮影映像も(朝日新聞 2019年1月4日14時29分)
韓国国防省が動画公表=レーダー照射問題で反論(時事通信 2019年01月04日14時43分)
レーダー問題で韓国が反論映像公開 「日本は威嚇飛行謝罪を」
(聯合ニュース 2019.01.04 15:39)


※拙ブログ関連エントリー
 2018/12/28:韓国軍のレーダー照射映像を防衛省が公開


※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。

このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-4.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!
スポンサーサイト

*Trackback

トラックバックURL
http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/2099-f36d6dc1

Menu

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索