FC2ブログ

ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

Entries

米朝会談最大のリスク「朝鮮戦争終結→平和協定」で中国介入&新潟県知事選と福岡浩教授…青山繁晴「虎ノ門ニュース」

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【一覧】「アンカー」など青山繁晴さんテキスト起こし
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■6/11放送 DHCシアター「真相深入り!虎ノ門ニュース」

180611-01title.jpg

 明日6月12日はいよいよ米朝首脳会談。
 思わぬリスク、それは朝鮮戦争終結。
 「日本は蚊帳の外じゃなくて逆に発言権を強めてるけど、この部分は介入が非常にしにくい。平和という金看板があるから」と青山さん。
 

※元動画はこちら(6月11日午後7時30分現在)。URLが変更される(修正版がUPされる)こともあります。その場合は、DHCシアターの再生リストから、たどって下さい。但し、アーカイブは2週間の公開です。
※引用転載はご自由に。連絡不要です。但し誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので、必ずこちらのURLを添えておいて下さい。



 内容紹介ここから____________________________

(★)オープニング

(居島一平:いよいよ明日に迫りましたけども、すぐ帰っちゃうみたいですね、金正恩氏は)

 米朝、その通りなんですが、僕は朝一番の話題は当然、新潟だと。

(居島:与党系の候補、自公、花角さんでしたっけ)

 まず一平ちゃんにそれ言って欲しかったなあと思ったのは、NHK の今朝のニュース、平日は4時半から始まるんですけど、全然やらないんですよ。

(居島:えー。一言もですか)

 時間帯が遅くなると、7時からとかになるともう何番手かでやりますけれど。
 あれもし自公系の花角さんが負けてたら、4時半からドーンと行って、ほら安倍政権はやっぱり駄目なんだと絶対やりますよね。

(居島:政権運営に大打撃とかね)

 まあこういう情報操作ね。
 これ公共放送ですよ?
 皆さん全員テレビ買っただけでお金払ってるんですよ?
 これ本当に僕は問題だと思いますね。

 7時台とかになって全くやらなかったらきっと批判浴びるから、そこでは何番手かでやるんですよ、さりげなくね。
 しかしそれもですね、自由民主党は組織選挙をやったんだと。
 党幹部は街頭演説もせず、水面下に回って組織固めだけ行った、ばかり言うわけです。
 これ民放も全部そうですよね。
 でも実際は、浮動票って言い方自体間違ってて、じゃあ郵便局とか農協とかに属してなかったら、浮ついて動くんですか?
 自分の頭で考える人たちが大事ですから。
 不肖僕も含めて、浮動票と間違って呼ばれる人のために行ったわけです、一緒に考えましょうと、ご自分の頭で考えるきっかけを作りたいと思いますと。
 そういうことは全部なかったことにして、裏で二階幹事長とかが、もちろん頑張ったんですけど、裏で組織を固めたんだっていうことだけやるわけです。

 仮定の話ですが、もし負けてたら、もう4時半からずーっとそれです。
 これが公共放送?
 それから民放はもう言うに及ばず。
 もう昨夜からずっとそうです。

(居島:あれだけモリカケってやって、新潟県知事選にも持ち込む…)

 もちろんです。
 民放はもちろんスポンサーの支援で運営してるわけですけれども、NHKは事実上皆さんが反対することもできないままお金取られてるわけですから。
 だから国民の声を挙げるべきだと思いますよ。
 普通、国会議員は言わないんですよ、NHKに睨まれるでしょ。
 地域の選挙で有形無形、いろいろやられるんですよ。
 僕にも絶対やってきますよ、やればいいですよ、立ち向かいますから。


(★)オープニング(着席後)

(省略。ラジオの cross fm On the roadについて。いつまで続けられるか…)

 一平ちゃんが朝一番でおっしゃった通り、世界の注目は米朝であって、新潟のことは後で申しますけど、やっぱり僕らは常に足元を固めながら世界に対峙すべきなんで、あくまでもこれ米朝なんでね。
 まだ日朝じゃないんで。
 もう米朝だけが世界を動かすんだみたいな感じでまた放送してるでしょ。
 それ違うんですよ。
 これアメリカと北朝鮮のお話なんです。

 ((1)の項目は)ちょっとニュースが古いんですよね。
 それを踏まえてどうぞ。


(1)金委員長シンガポール到着 史上初の米朝首脳会談へ

【共同通信によりますと、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が史上初の米朝首脳会談を行うため、昨日、開催地のシンガポールに到着しました。アメリカのトランプ大統領も昨日到着しました。トランプ大統領と金委員長は明日の首脳会談に先立ち、シンガポールのリー・シェンロン首相と個別に会談します】

 もうそろい踏みしてるんで、それ自体に意味があるわけではない。
 昨日の日曜日、今回かなりブログに詳しく書いてるんですけど、お伊勢に僕は行ったんですけれども、あとで「トラ撮り」でご紹介しますけれども、いわゆる正式参拝するために行ったんですけど、そこからずっと情報を取ってたんですよね、新潟の情勢をですね。
 その合間にこの米朝関係の情報が別途入ったり、僕から出したりするでしょ。

 それでやっぱり事前のインテリジェンスになかったのが、中国のでかい飛行機で(一同笑)、それもう知ってるでしょうけど、いちおう北朝鮮から3機飛び立ってるんですよね。
 そのうちの1機は例のまあ老朽化してると話題になった、ま、はっきり言うとオンボロ系。
 北朝鮮であってもパイロットや整備員の人々は一生懸命整備してると思いますけど、それも飛び立ってるわけですよ。
 それで中国から派遣された大型ジェット機も飛び立ったっていうのも、もちろん日本も含め、衛星も含め、完璧に把握してますから、これ何だろうなという話にはなったわけですよ。
 ちょっとあんまり手の内を明かすのも良くないけども、西側のインテリジェンスは大体一致してですね、これは機材とか運ぶと同時に、やっぱりその専用機が老朽化してるから、予備機だろうと。

 例えばね、全然本当はケース違うけど、日本の政府専用機も常に2機飛ぶんですよ。
 ご存知ですよね。
 例えば総理が、安倍総理に限らずね、どの総理大臣でも海外出張なさる時に、外遊って言い方はやめましょうね誤解招くから、海外出張なさる時に、羽田空港に行かれればですね、尾翼にでっかい日の丸入った政府専用機が必ず2機います。
 それは何かあった時のために必ずデュアルで飛ぶんですよね。
 で、北朝鮮の独裁者専用機っていうのはそのペアがないから、チャイナが救いの手を差し伸べて出したんだろうと。
 でもまあ北朝鮮はメンツにこだわるから、いきなり一応自分でも歴史的って自負してるらしい、但し北朝鮮メディアはやっと初めて報じたんですよ?
 シンガポールに金正恩委員長が行ったっていうのをですね。
 行くって話は全然それまでしてなくて。

 話を元に戻すと、やっぱりあれだけ老朽化って言われてたらよけいに、メンツメンツですから、こんなちっちゃな身体をこのビル全体ぐらいに大きく見せかけてるわけですからね。
 核兵器っていうのはその手段だから。
 だから老朽化って言われてるからよけいにその飛行機が降り立つだろうと思ったら、その中国機から降りてきたんですよ。
 それでですね、到着っていう連絡が僕に入ったから、中国機ですよね?というふうに僕の方から問い合わせたら、どういう返事かと思ったらですね、ちょっとこれ何語で言うかによってちょっと波紋があるんだけど、要するにイエスというか、はいというかね、それだけなんですよ(笑)。
 僕にしたら、あれ?事前の情報と違うじゃないですかと、いうことなんですけど。
 だからやっぱりかなりみんな意外だったわけですよ。

 で、これは諸説あって、結局この諸説はどれが正解なのかわからないで終わると思いますけど、やっぱり金正恩委員長自身が不安で、シンガポールまで飛んだことないから。
 これ中国は普通にシンガポールに運行してる飛行機ですから。
 やっぱり自分自身の安全に不安だったっていうのがだいたい共通の理解ですよね。
 それ以外に、例えばテロ対策とか、あるいはいつも軍事攻撃恐れてるから、軍事攻撃を恐れてっていうのも付随的にはね、おまけとしてはあるだろうけど、基本的にはご自身の安全の問題だと思いますよ。
 だからこの(ニュースの)原稿には書いてないっていうのか間に合ってない、よくわかんないけど、書いてないんだけど、意外なスタートで始まってるんですよ。

 で、もう一点ですね、僕の方からインテリジェントの側にご意見申し上げたのは、これは後ろにチャイナがいるってアピールでもありますと。
 参拝云々の個人的なことと、新潟ずっとウォッチすることの合間に、あれこれ米朝でやり取りしてる時にですね、やっぱり、情報の出元は言えないですけれども、日本じゃないですよ。
 中国が後ろにこう大きく控えてるんだと。
 で、この真ん中にね、あの老朽機という感じで、中国が丸抱えしてるんだということを見せようとしてるんだと。
 というのはですね、いろいろ企みがあったわけですよ。
 例えば韓国の文在寅大統領も行きたくて行きたくて。
 それをバシャッと断られたんですよ、トランプ大統領に。
 よけいなことするな!と。
 一発でシューンとなったわけですよ。

 その文在寅大統領が行きたかったのはこの後またニュースに出てきますけど、朝鮮戦争のいま休戦状態なのを終戦にするというのに加わりたいと。
 というのは1953年に韓国は大失敗してて。
 はっきり言うと韓国軍はろくに戦えていなかった。
 アメリカと中国が戦ってたのに、いざ休戦となると急に出てきてですね、休戦なんかとんでもない!我が軍はこんなに戦ってるんだ!休戦なんか反対だ!と言って入らなかったんですよ。
 南北そっくりですよね、メンツにこだわるっていうのが。

 こういう問題発言を国会議員がするとですね、後で色々あるわけですけれども。
 そのうち僕はオン・ザ・ロードが続けられないどころかですね、その辺で冷たい骸(むくろ)となって…(一同笑)。
 飛躍じゃないです、当然じゃないですか、150年前の志士はみんな自分が角を曲がったら冷たい骸になることを承知の上で活動してたんですよ?

 話を元に戻すと、ちょっとニュースの本文が薄いので、あえて色んな話をいま皆さんの考える材料として差し上げてるんですが。
 話を戻すと文在寅大統領はそういう韓国の歴史もあるからこそ、今回は首突っ込みたい、首突っ込みたいって言い方はさすがに失礼ですね、終戦にするんだったら、まあ休戦の時は韓国は反対して法的には当事者がないという見方もあるけど、でも元を正せば朝鮮戦争なんですから、資格はあるって事を言うためにもですね、まあそういう意味では大韓民国の国益を背負って行きたいと、いうこともあったわけですよ。
 ま、人気とりって意味ももちろんありますよ?
 でもそれは常に普通の政治家ですと付きものですからね、両面あるっていうのは。
 それを断られててですね。

 そしてちょっと微妙になったのが、じゃあ中国の習近平国家主席どうするのかと。
 これは中国はさすがに韓国みたいに、入れて入れてと言ったわけじゃないけども、間違いなく米中の、アメリカと中国の水面下交渉で、習近平国家主席もそこに同席すると、いうのをずっとやってたんですよ。
 これ一応、アメリカ、中国、北朝鮮っていうのは休戦の当事者だから、これは法的にもストンと落ちるわけですよね。
 それでこれが、ま、今日11日ですから、まだ絶対ないとは言い切れないんですよ。
 サプライズの可能性がゼロになったわけじゃないです。
 ま、1時間経てば1時間分、その可能性が少なくなっていくけれども、ずっと米中でこの折衝が続いてるのは事実で。

 トランプ大統領もその韓国のように無下に断るかって言うと、そうでもないですよね。
 というのはですね、今日、ちょっとこの項目の中にはないんですけれども、皆さんご存知の通り、サミットで貿易戦争をめぐって、西側の諸国とトランプ大統領が対立をして、メルケルさんがトランプさんに一生懸命説得してる写真、横で安倍総理が腕組みしてる写真なんかが話題になったでしょ。

180611-02abe1.jpg

 その時に西側じゃない、共産主義独裁国家のチャイナは真っ先にトランプ大統領に屈服したんですよね。
 独裁国家だからできるわけですよ、議会の手続きも国民の支持もへったくれもないから。
 ああそうですか、アメリカの物をガンガン買いますよと。
 中国としてはこれはトランプさんがいる間だけでいい。
 再選されなかったら3年ぐらいの間、たくさん買うぐらい。
 国民のお金どうしようが勝手ですから、なんぼでもできるわけですよ。
 どんどん買ってあげるとね。
 中国がこう先鞭つけてトランプさんに屈服したので、トランプさんとしては、ちょっと、貸しがあるまでいかないけども、中国をうまく使いたいっていうのがあるんですよ。

 だから今日たまたま虎ノ門ニュース月曜版が前日の11日ですが、12日の蓋開けてみないと、あるいは蓋開けた後も、さっきおっしゃった金正恩委員長がすぐ帰るらしいっていうのはあるけれども、それやっぱり内情が不安だからですよ。
 こうやって空白作ると何が起きるかわかんない、クーデターが起きるかもしれないとまでは言い切れないけど、軍も掌握をかなり進めてるから。
 でもやっぱりそれは不安なんですよね。
 飛行機に、専用機に乗るのも不安だし、空席にしとくのも不安だし。
 ただぎりぎりまで、金正恩委員長が本当に出発してしまうまで、習近平さんが突如現れるって可能性はゼロと言い切れないんですよね。

 韓国もね、実は僕のルートで、今朝それこそ4時半から、夕べ僕は原稿があって完全に徹夜してるんですけど、NHKのニュースに出てこないな、新潟が出てこないなと思いながら、ずっとNHKを見てたら、電話があって、韓国も諦めてない、諦めてはいないと。
 だからもう両首脳がトランプ大統領と金正恩委員長が到着なさったってことよりも、そっちの方が今の動きなんですよね。


(2)安倍首相 米朝首脳会談へ向けトランプ氏と会談

【共同通信によりますと、安倍総理大臣は日本時間の8日未明、アメリカのトランプ大統領とワシントンのホワイトハウスで会談し、北朝鮮のミサイル問題や日本人拉致問題の前進に向けて連携する姿勢を示しました。会談の冒頭で安倍総理は、米中首脳会談が成功し、核・ミサイル・拉致問題が前進するようアメリカと緊密に連携したいと表明しました】

 これももちろん皆さんご存知の通り、日米首脳会談終わったんですけどね。
 報道は非常に薄かったですよね。
 これがまた、トランプさんと安倍さんがある種対立したり、それから拉致事件を米朝首脳会談の議題にするとはっきりトランプさんが言わなかったりしたら、ドーンと大きくやってるはずが、トランプさんが必ず議題にすると言い切ったりしたんで、こうヒューっと小さくしてるんですよ。
 こういうのって、さっきはNHKだけ申しましたけど、民放はいくら自由な放送とはいえですね、これ、ま、放送法の問題とも絡んでね、あんまりにも異常な事態ですよね。

 後で言いますけど新潟ではそれが凝縮されてて、まあすごかったですよ。
 だからもう無理くり1回だけ入る予定が2回入ったんですけどね。
 だから日本のやっぱり大きな大きな大きな大きな大きな深刻な問題はオールドをメディアであって。
 見る人がいるからそういう放送するし、買う人がいるからそういう新聞を作るということですね、本当はこれ言うと嫌われるんですよ?
 視聴者や読者の側にも理由があるって事になるから。
 でもNHKだけ批判して、皆さんは有権者なんで怖いんでそういうこと言わないっていうのは、申し訳ないですけど僕、最低だと思ってますから。
 落選した方が気が楽ですから(笑)。

 それでこれも話を元に戻していくとですね。
 安倍総理がアメリカに出発なさる前に、勝手なご意見を色々申し上げました。
 1回生の立場ですから、それもちろん踏まえた上なんですけど、具体的な中身は一切申せませんけれども、非常に僭越な物言いで。
 ま、どういう風に安倍総理に伝えたかもちょっと申せないんですけどね。
 フェイスツーフェイスなのか、人を介してなのか、電話なのかも、すみません、今回言えないんですが。
 要はトランプ大統領に合わせる、もっとはっきり言うと迎合するようなことは一言も、日本国の代表としてはおっしゃってはならないと思いますということを申し上げまして。
 まだ全部が分かったわけじゃないんですけども、僕のそういう僭越な意見は関係ないと思います、一切関係なく、全くそういうことはおっしゃってないです。

180611-03abeTrump.jpg

 それで、僕のブログにいろんな書き込みいただきますが、日本国民はよく鍛えられてるなと思うのは、トランプさんが拉致事件を米朝首脳会談での議題に取り上げるを明言したのはいいけれども、その時に安倍総理の個人的な大問題だからみたいに言ってるのはどうかと思うと、心配だという書き込みいただいてて、それは非常に正しいんです。
 正しくて、非常に僕は意を強くしたんですよね。
 地上波に出てる自称評論家、自称作家、ギャラもらってるようなコメンテーターの方々と比べると、全然次元が違うきちんとしたご意見ですよね。
 でも同時に、普通に、淡々と考えていただくとですね、アメリカ政府で、政府内で、拉致事件が本当に重要な議題になると思います?

 本当はアメリカ人の若者が一人、拉致されたままになってるらしいって問題があって、それはアメリカ政府内でも実はあれこれ、水面下では議論してるんですけど、日本国民をどうするかっていうのをまともに議題にしたことはないですよ。
 だから僕はアメリカ行くたびにそれを強調してるんで、これは逆にしてるとおかしいでしょ?
 日本国民は日本の国民なんであって、それをアメリカ様にどうかしてほしいと思うならそれもおかしいし、アメリカは逆に日本国民を心配してくださるのはいいけども、まるで自分たちのテーマのように扱ったら、それはやっぱりおかしいんですよ。
 1952年にもう独立してるんで、戦争に負けてもね。
 そうするとトランプさんが言ってる、その安倍総理にとってはとっても大事な、安倍総理の願いなんだって言ってるって事は、実は最大限の表現なんですよね。
 
 だからそこをあえてトランプさんが踏み込んだっていうところは、僕はトランプさんに対して、安倍総理に対してもと同じように是々非々ですけれども、この間(前回)、自己顕示欲の話もいたしましたけれども、しかし、安倍総理との信頼関係というのは本物だということがよくわかるし、あるいはもう一歩踏み込んで言えば、横田早紀江さんと会っていただき、有本明弘さんとも会っていただき、飯塚さんであれ、そういう方々と会って、拉致被害者のご家族の方々と会っていただいた時に、トランプさんの胸に響いたことは本物だと思うんですよ。
 それはトランプさんに対する評価であると同時に、やっぱりご家族の方々の願いがどれほど、ま、当然ながら真摯、真剣であって切実なものかっていうことが、どれほど、相手がどなたであっても伝わるということなんですよね。

 従って、明日の米朝首脳会談、例えば中国が関与をね、習近平さんが来る来ないに関わらずほんとは関与を強めてるんですよ。
 これおわかりいただけたと思うんですけどね。
 中国はそこから大きな果実をすくい取ろうと、北朝鮮をいわば使って、果実を吸い取ろうとしてるんですけれども、拉致事件の話は必ず出るんで、問題はその後になるわけですよね。


(3)日朝首脳会談に重ねて意欲 安倍首相

【共同通信によりますと、安倍総理大臣はカナダで開かれたG7サミット、先進7カ国首脳会議の閉幕を受け、9日、記者会見を行い、自由で公正なルールに基づく貿易システムを発展させるため、努力していくことを確認したと述べました。一方、日本の北朝鮮政策に関しては、日朝首脳会談実現への意欲を重ねて示した上で、「行う以上は核・ミサイル・拉致問題の解決につながることが極めて重要だ」と述べ、北朝鮮に具体的な行動を求めました。また安倍総理は拉致問題について、最終的にはわが国自身が北朝鮮と直接協議し、解決していく決意だと強調しました】

 さっき申しました通り、安倍総理に対しても僭越ながら是々非々で私は常に接しています。
 いつも申してる通り、日韓合意にも中止か反対ですし、外国人労働者の最近の受け入れ拡大も反対ですし、李克強首相を北海道にお迎えしたのも反対ですし、相変わらずこう賛成の事は増えなくて、反対の事ばっかり増えていくんですけど(笑)。
 その上でですね、この表現はいずれも簡潔だけれども、非常に正確なことをおっしゃってるんですよね。

 で、前に「トラ撮り」でですね、部会の様子を紹介した時にですね、外務省から日朝首脳会談については慎重に進めるという表現があって、大分の衛藤征士郎元衆議院副議長から、どういうことだと、積極的にやらなきゃいけないという発言があって、僕は手を挙げて、今のは大事な問題提起であって、日朝首脳会談は必ず開かなきゃいけないってことを申したってことを、「トラ撮り」でやったと思いますが。

 その後、ま、外務省の人から説明したいっていうのがあったんですけど。
 ただ僕は外務省の真意も、これもね、外務省が間違ってるというよりは、あの部会で誤解を招かないようにしただけなんです。
 壁耳してますから、オールドメディアが。
 そうすると日朝首脳会談、慎重にってこう、消極的な姿勢だってことだけをまた意図的に書くんですよ。
 そうじゃなくて、アメリカにお任せするんじゃなくて、直接北朝鮮とやり取りするんだということを強調するために言っただけであって、あの時の外務省の真意は僕は間違ってないと思ってるんですよ、実は。

 つまり足元見られないように。
 お願いしますよっていうのはダメだと。
 むしろ日本外交はずっとそれで来たから失敗してるんで、失敗も多かったので、今回はそうはしないっていうのはですね、ま、外務省も日本も北朝鮮に騙され続けて、アメリカも今回また騙されるかもしれないから、日本はむしろ隣国として、アジアを一番知る者として、そういう厳しいスタンスを取らなきゃいけないっていう趣旨なので、そこは正しいんですよ。
 オールドメディアがねじ曲げるのを僕は懸念したんで。

 ということはですね、この安倍総理も、日朝首脳会談実現への意欲を重ねて示したと。
 でもその後にね、一平ちゃんが読んでくれた安倍総理のカギカッコの部分をもう一回言うとですね、「行う以上は核・ミサイル・拉致問題の解決につながることが極めて重要だ」っていうのは、要するに日朝首脳会談をやると決める前に、水面下の折衝で核もミサイルもそして拉致事件、ま、核・ミサイルは米朝でもやるから、特に拉致事件は首脳会談やったら成果が出るということか確約されないとやりませんよと。
 ということはトランプさんはすでに、北朝鮮と何らかの取り決めができても援助はしない、援助は日本と韓国と中国だと勝手に言ってるわけですから(笑)。
 勝手に言わないでもらいたいですよ!国民の税金なんですから。
 でもそれは現実なんですよ。
 というのは、北朝鮮との話し合いが、仮に一番いいケースであっても、実務的には10年で終わらないですよ、廃棄は。

 これはね、リビア方式って話が前から出てるけど、この番組で2度ほど僕は言ったことあると思うんですが、リビアは核弾頭まだ1個も作ってない状況でしたから。
 北朝鮮はわが国の分析では27個、アメリカの分析はけっこう幅があるんですけど最大だと80個。
 それを分散して隠し持ってるわけですよ?
 それで、うち何個かあるいは10数個かは実戦配備してるわけですね。
 それ全部、地下施設ですよね。

 で、前に出して、例えばですよ、こうパソコン廃棄って言ったらね、これをがーんと壊すわけでしょ。
 でもこのパソコンがあるってことはこの天板を作る工場からね、画面作る工場から、キーボードを作る所、あるいは中の主要部分作る工場っていっぱいあって、それが見渡す限り分散されてるっていうのが北の核開発ですから。
 それを一つずつ、しらみつぶしにやれるとしてもですよ、それやれるかどうかまず問題なんですけど、やれるとしても、ま、一番慎重な僕の知り合いの核の専門家で、20年前後って言ってるわけですよ。
 一番楽観的な人で10年前後。

 これもね、今の話でわかるように、ざっくりしたことしかわかんない。
 あれほど情報活動の活発なアメリカでもですね、軍事衛星で、前言った通り、これぐらいの所がきちんと精度があるわけですから、これがカップに入ったお水だと、ガラスじゃなくて陶器だというのも分かります、衛星で、雲の彼方から撮ってて。
 それであってもよくわかんないわけですよ。
 だから情報を集めるだけで数年かかると。

 ということは、実はそのリビアとか、あるいはイスラエル空軍が叩きつぶしたイラクの核開発とか、あるいはこないだもシリアの核開発、北朝鮮とやってたやつをイスラエル空軍がまた叩きつぶしたんですけど、それは幼稚な段階だから一撃でこうパーになるわけですけど、だからもしも軍事攻撃アメリカやる場合も、あんな簡単な攻撃では済まなくて、北朝鮮の普通の国民にも、あるいは日本の拉致被害者にも悲劇が起きかねないから、軍事行動に慎重だと。
 オプションはずっと本当に今も残ってますけども、慎重だっていうのはそういうことがあるわけですよね。
 ということはですね、時間がかかるわけです、核・ミサイルは。

 ところが拉致事件はですね、そんなことしてたら、今から10年、ね、13歳で拉致された横田めぐみさんが今53歳なのが63歳になってしまい、今のご両親のご様子考えると、特にお父様、滋さんを考えるととんでもないでしょ。
 だから、特に、核・ミサイルはどうでもいいんじゃないんだけども、そういう意味じゃなくて、時間を急ぐ拉致事件についてはもうすぐ帰ってこなきゃいけない、奪還しなきゃいけない拉致事件について、話がつかないと日朝やらないよってことを安倍さん言ってるわけですよ。
 さらに拉致事件をもう1回取り上げて、最終的にわが国自身が北朝鮮と直接協議し解決していく決意だっていうのは、アメリカが、つまりトランプ大統領がきっかけを作るだけであって、その後の日朝首脳会談、その前の日朝水面下交渉で全部詰めていくことになるって事をおっしゃってるんで、これ非常に正確なことをおっしゃってるわけです。

 それで、メディアリテラシーっていうのは、リテラシーっていうのは物事を活用するってことですから、マスメディア、どこの国だって日本のオールドメディアほどさすがにひどいのは珍しいけども、良い面悪い面あるから、良い面を活用しましょうと、悪い面はなるべくちっちゃくしましょうと、子供達への影響とかご自身が選挙に行く時の影響とかを、ちっちゃくしましょうということで考えたらですね、こういう記事に、僕がいま申してるような解説が出てこなくても、ある程度こう関心を持っていただいて、そしてやっぱり「虎ノ門ニュース」ですよね。
 宣伝言うわけじゃないけど。

 というのはね、新潟回ったでしょ。
 関西地方だとね、かつての9年半やった「アンカー」、もう終わってから何年も経つんですけど、あの影響が濃厚に残ってるわけですよ。
 ところが、新潟行ってですね、後で写真見てもらうけど、めっちゃくちゃ人が集まったわけですよ、想像をはるかに超えて。
 その方々が、みんな口々に「虎ノ門ニュース見てます」。
 それが本当に若い人から、ご高齢の方々まで。
 高齢の方もネットを見る時代になったんですよ。
 オールドメディアの崩壊はもう間近ですね。

 メディアリテラシー、ニュースに尻尾があることを見つけていただくという意味では、この安倍総理の言った事っていうのは、そういう裏打ちがあって、これはよくぞちゃんと言われたです。
 但し、言えばいいんじゃなくて、これ実行しなきゃいけないんで。

(居島一平:そこから先ですよね)

(以下雑談につき省略)

 これ(次の項目)、最大の問題なんですよ。


(4)米大統領 朝鮮戦争終結の合意検討

(前半部分はざっくりまとめ)

 朝鮮戦争、普通に考えるともう終わってますよね。
 だから手続き的に朝鮮戦争終結させるのは、当たり前感が出ていて、それぐらいはシンガポールであるだろうなみたいなことに雰囲気が生まれてるのは、僕は本当にリスクが大きいという風に、自由民主党の部会でも、個人的に外務省の知友にも、総理官邸の方々にも、1回生ながらアラーム鳴らしてるんですが。

 これですね、いま休戦協定ってあるわけです。
 アメリカ、中国、北朝鮮っていう、韓国を除いて3者でちゃんと協定結んで休戦になってるわけですよね。
 それを朝鮮戦争終結ってことはその協定が終わるんですよね?
 で、協定終わる時に何もなしになるんですか?
 普通ないでしょ?
 これ休戦協定からさらに平和的な状態に前進させるって意味ですから、何かの新しい協定が、川が流れるが如く自然に生まれるでしょ?

 それって何協定と言えば、平和協定なんです。
 だから朝鮮戦争の終結っていうんじゃなくて、本当は米朝が平和協定結ぶことで、だからそこに中国は入りやすいでしょ。
 で、韓国入りにくいじゃないですか、休戦に入ってないんだから。
 だからチャイナはスッと入れますよね。
 入れる上にですよ、これ中国はいわば保証人になって、米朝戦争せずってことですよね。
 じゃあもう事実上、軍事オプションはこんなちっちゃくなるじゃないですか。

 実はこれ一連の動きは全部、軍事的な理由で動いてきたんですよ。
 アメリカがなぜ北朝鮮にいわば最終処分を下さなきゃいけないのか。
 仲良くするのか戦争するのかどっちかしかないとなってきたのは、それは北朝鮮の核ミサイルがこのままほっときゃアメリカに届くようになる。
 軍事の理由なんですよ。

 じゃあ北朝鮮が、それまで隠れることによってカリスマ性を作ろうとしてきた金正恩さんが急に出てきて、ニコニコしてね、文在寅大統領と抱き合ったり手を繋いだり、境界線を越えたり、色々なさるというのを何でやってるかと言うと、それは去年の秋にアメリカが本当は北朝鮮を攻撃する準備が整って、北朝鮮はさすがの情報大国だから、突然、核開発はもう完成しました、つまりアメリカに届くやつはもう作りませんって言ったので、そこからこの流れになってるわけです。

 米朝ともに軍事が理由なんですよ。
 だから日本の問題はここなんですよ。
 世界は本当は経済と軍事で動いてるわけです。
 政治も社会も文化もその上に乗っかってるんですよ。
 経済だけなの日本は。軍事がない。

 政策としての軍事がないといけないが、それが日本の大きな欠点になってる。
 あくまで、だから朝鮮戦争終結うんぬんも、平和への道筋が開かれましたっていうね、明日の6月12日の後にオールドメディアの報道がもう今から鬱陶しいんですけど。
 それはそうじゃなくて、要するに戦争するのかしないのかって話なんですよ、簡単に言うと。
 だからこれ朝鮮戦争終結じゃなくて、平和協定を結ぶっていうことにつながってるんで。

 そうすると、前にも何度も申し上げましたが、板門店の会場をやらないで下さいってことは、アメリカに申し上げて、僕の影響力はありませんけれども、実際に板門店が選択肢から外されてシンガポールになったんだけど、トランプさんのおっしゃることはあっち行ったりこっち行ったりするから、それもあって、場所は変えたけどもやることは同じかもしれない、になってるわけですよ。

 これは安倍総理といえども、蚊帳の外じゃなくて逆に発言権を強めてる、つまり援助できるのは日本だけだから、韓国は援助するでしょうが北朝鮮にとって大した力にならないから、発言権ほんとに強めてるんですけど、この部分は介入、非常にしにくいんですよ。
 平和っていう金看板があるから。
 これは本当に明日の6.12シンガポール会談の最大のリスクなんですよ。
 一番最初に目に見えてくる最大のリスク。

 さっきメディアリテラシーってこともあえて申しましたがカタカナで。
 正しく日本語で言えば、報道をされることの活用、自分の頭でそれをきっかけに考えることで言えば、さあこれで平和になりそうだみたいな報道にごまかされないことがどれほど大事かと。
 実はそういうニュースなんです。


(5)ミサイル実験発射台を撤去 北朝鮮分析サイト


(ざっくりまとめ)

 北朝鮮分析サイトというのは、38ノースという実績のある所ですよね。
 意図が不明だと書いてあるが、いや、これもうはっきりしてると思ってます。
 これはウソと本音がいつも通りペアになってるんですよね。

 ウソはそもそも去年の11月の、核開発がミサイルごと完成したっていうのはウソです。
 完成してません。
 アメリカに届くやつは作りませんと。
 つまり日本に届く中距離弾道核ミサイルは完成してます。
 今ここに撃ち込むことができます。
 ところがアメリカには撃ち込めません。
 そこまで距離は届くエンジン作りましたっていうぐらいの話ですから。
 だから何でわざわざウソついたかっていうと、日本にはしても、アメリカ様にはそんなことしませんと。

 それだったら本当はその時にこのミサイル発射台を撤去しなきゃいけないわけですよね。
 半年以上撤去しなかったわけですよ。
 言い方きついけど、アメリカを餌付けしてるようなもんですよ。
 だからミサイル発射台を撤去すると、それはもちろんアメリカには決して撃ちませんってことを餌付けしてるわけです。
 そういう意味合いなのはこれ極めてはっきりしてるんで。

 ところが、アメリカはそういうものをはねつけてるかというと、トランプさんは、こう発する言葉に信頼性はあまりないんですよ。
 こういう餌付けにわりと反応なさるわけですよ。
 小さな餌にバカッと食いつくところがあるんですよ。
 古い昭和の時代のギャグね、「役者やのう」っていうのを思い出すんですよ。
 だから明日の会談の後も、記者会見とか、まんま、真面目一方で受け取らない方がいいですよ。


(★)独立講演会のお知らせ

180611-04dokuritu.jpg


(★)トラ撮り! コーナー

★新潟県知事選 花角英世さん個人演説会

180611-05hanazumi.jpg

 最初の応援、新潟県の魚沼市。
 新潟大学の研究者を通じての側面支援だけにしようと思ってた。
 日程が重なりすぎてたので。
 ところが新潟県民の、学者さんなども含めて伝わってくるのが、まあひどい選挙ですと。
 安倍倒せ、もりかけ、プラス原発。
 しかし原子力発電所は既に止まってるわけですから。
 しかも前の知事の時から数年かけて新潟県が検証するということになってんだから、その話よりも例えば新潟の県民所得っていくらぐらいか。
 年間270万円ぐらい。
 47都道府県の、31位ぐらいなんですよね。
 新潟大学の研究者の方々に、海にあれだけの自前資源持ってて、なぜこうなのかということが全然語られないので、ひどい選挙だと思いますと言われて、行くことにした。

 参議院の本会議場を出てきたら、秘書が顔色変わってて、電話に出たら、なんと新潟大学教授の福岡浩先生の奥様。
 福岡浩先生は、長崎に生まれて京都大学の理学部で博士号をちゃんとお取りになって、京都大学で准教授なさってから、新潟大学に迎えられて、そこで教授になって。
 そして元々は地滑りの大家なんで、海底の中の状況とか非常に詳しくて。
 それが国際学会でたまたま僕と青山千春博士と遭遇をして。

180611-06fukuoka.jpg
[福岡浩教授。2017年5月13日「ひるおび!」より]

 特に、僕が英語で発表してるのを見て、京都大学だから「アンカー」で見てたわけですよ、それが地球物理学学会で発表してるからびっくりされて。
 で、その時にサンフランシスコで昼飯食ったのが最初で。
 そして先生、自分で研究なさって。
 メタンハイドレートっていうものが新潟の海にいっぱいあって、メタンハイドレートって凍ってる天然ガスですから、それがつぶつぶで上に上がって柱になってる、メタンプルームっていうんですが、資源そのものなんですよ。
 それが新潟に海にたくさん、僕たちはもう10年以上前に発見してるので、それを福岡先生も研究なさって、これは大変だ、これはもう新潟の希望だと。

 それと同時にですね、ブータンをはじめとして発展途上国と言われる国にいつも無理な日程で出かけて。
 全くお元気で体がっしりしてて。
 だから何も心配してなかったのが、奥様が本当に申し訳ないことが起きてしまってと。
 JICA(ジャイカ)の依頼でブータンに入って、ブータンも地滑りが起きるから、そのブータンの人々を助けるためにの調査をなさって、きつい山道とか上る。
 その途中に気持ち悪いとおっしゃって、いったん休まれたと。
 もし日本だったらそこで病院に入ると思うが、そのまま病院行かずに調査を継続しようかとなって、休んだ上で再開なさったら、また気持ちが悪いとおっしゃって、今度は大変だというので病院に運んだら、医者が診ようとしたらもう亡くなってたと。

 知らせを受けたのが6月6日、この(写真の)日なんですよ。
 日本時間で6月5日の午後3時55分にお亡くなりになってて。
 こんな形で僕は盟友を失ったことはない。

 福岡先生は本当に人のために生きて人のために亡くなった生涯ですから、みんなに記憶してほしいのと、福岡先生はこのメタンプルームが実用化できる、日本の資源だってことの理論的支柱の1人なんですよ。
 地球物理学というくくりで言うと、福岡先生のような違う分野からメタンプルームはその通り、間違いなく資源だと、実用化できるし、しなきゃいけないっていう理論的支柱。
 この見解というのは、ブログにも書きましたが亡くなったからといって全く変わりませんからね。
 今後の新しい発信が亡くなっただけであって。
 むしろこれで見解は定着したものとして学会でも扱われなきゃいけないし、皆さんにも記憶されなきゃいけない。
 これを亡きものにしようとする動きは絶対始まりますから。
 新潟大学の中に僕ら必ず後継者を作って、僕は側面支援ですけど、学者のチームを続けると。

 花角英世さんは、メタンハイドレートをやっと泉田知事が理解してくれたが、その時の副知事だった。
 もう運命です全部。
 この方を知事にすることが、単に選挙戦に勝つ勝たないというよりは、新潟と、あるいは過疎に苦しむ日本海と、そして均衡ある発展と昔から言われて全然できなくて、太平洋側ばかり賑わってきて。
 僕は神戸だけど、同じ兵庫県でも、日本海側は、城崎温泉はいいけど西に行くと、バスも営業できない、過疎なんて言葉も空しいぐらい、いわゆる限界集落みたいになっていってる、かつての賑わった町が。
 そういう所の希望を全部凝縮する選挙なんですよ。

 もりかけとかそんな…。
 しかも森友学園事件というのは大阪の一組のご夫婦が小学校作りたいってことで、総理夫人も利用して無理をなさったっていう事件ですよね。
 新潟と何の関係があるんですか。
 県民を愚弄するのもいい加減にしろ!
 だから絶対行かなきゃいけないと思って行った。
 福岡先生の話をすべきなのかすべきじゃないのかと悩みながら行った。
 写真は一部しか写らないが、ものすごい人。
 県外からもお出でになったが、県内からもすごい人が。

 花角さんとは海上保安庁次長の時に、言い合いになった。
 演説でも言いましたが、むしろそれを評価した。
 官僚というのは国会議員の前では先生のおっしゃる通りですと言って、面従腹背なんですよ。
 前川さん(文科省前事務次官)が座右の銘だと言ってたが(笑)。
 花角さんは全然、面従腹背じゃなくて、目の前で「いや、違います!」と。
 僕は大したもんだと思った。
 そういう人は知事に向いてますよ。
 いや、官僚にもほんとは向いてるんですよ?
 国会議員だからって頭下げるような迎合的じゃ駄目なんですよ。

 久しぶりに会ったら、日焼けだけじゃなくて、さらに精悍になられてて、自分を売り込まなきゃいけない選挙戦なのに逆にアクが抜けてらっしゃる。
 むしろ淡々としてらっしゃる。
 人は困難にぶち当たってみないと分からないもんだなと。

180611-07hanazumi2.jpg

 作業服で来られてるのは、やっぱりいわゆる動員が多いんですよ。
 この方々がどうかは分かりませんが。
 間違いなく反対派もいらっしゃる。
 選挙が終わる頃にいただいた書き込みで、ブログでも紹介したんですが、どの方か分かりませんが、私は動員で行きましたと。
 ところが青山さんの話を聞いて、考えが全く変わった、人生も変わったと。
 例えばエネルギーに注目したら、自分たちにこれだけやれることがあるんだと。
 うちの会社だってそういうことやれると。
 人生変わったっていう書き込みいただいてですね。
 僕は内心、福岡さんのためにも、男泣きに嬉しかった。
 福岡さん、亡くなったのはたまたまブータンだけど、本当は新潟に骨を埋められたんですよ。

 ※ブログに書き込んだ方は、小地谷市の演説会に行かれたとあるので、上記の魚沼市の演説会での写真には写ってないと思われます。


★日本海沿岸地帯振興連盟総会 日本海国土軸推進アピール大会
★日本海連合の方々
★刀剣博物館 日刀保たたらの現状と課題


(以上省略)


★国防部会・安全保障調査会合同会議(6月7日)
180611-08honebuto.jpg

 骨太の方針。
 年末に予算案が決まるが、その前に8月にシーリング。
 限度を決める。6月から始まる。それが骨太の方針。
 税金をどうやって使うか大まかなことを決める。
 防衛省関連部分について防衛省が説明に来た。

180611-09honebuto1.jpg

 去年は「北朝鮮の核・ミサイル開発が新たな段階の脅威となるなど厳しさを増す安全保障環境を踏まえ…」、防衛予算の拡大が必要だと書いてあった。

180611-10honebuto2.jpg

 今年のを見ると、「近年、わが国の安全保障環境が厳しさを増している中にあって…」、北朝鮮がすっぽり消えている。
 これは米朝首脳会談を前にしてやむを得ないが、僕が言ったのは、何でここに中国を書かないんですかと。

180611-11nichibei.jpg

 僕が偏ったことを言ってるんじゃなくて、同じレクチャーで日米防衛相会談ってあって、小野寺防衛大臣がマティス国防長官と会って、ここに両国の一致した認識として、「中国の軍事的脅威に留意しつつ」と書いてあるじゃないかと((2)地域情勢等)。
 アメリカとそういう話をして、日本国民の税金をどう使うかってことに中国を入れないのは、どういうわけなんだと。
 防衛省は要領を得ない返答。
 予算の使い方が決まってしまうのに。

 去年、北朝鮮を書いて今年書かなかったら、ほら、もう防衛費出す理由がないじゃないかと必ず言われますよと。
 自分で自分の首を絞めてるのが分からないんですかと。
 北朝鮮の脅威はもうなくなっていくんだから防衛費を拡大することないじゃないかと(言われる)。
 実際、サイバーとか宇宙とかお金かかることばかりなのに。
 そしたら若宮国防部会長が、それは考慮しますといったんはなった。


★伊勢うどん
★菖蒲園
★伊勢 五十鈴川
★式年遷宮 社殿跡


(以上省略)

(6)国民投票法改正案先送り 共同提出に立民・国民反対
(7)政府がサーバー戦略素案決定 生活被害への対応強化
(8)ガソリン価格7週連続上昇 3年半ぶり高値
(9)アメフット部指導陣一新へ 日大が独自の再建案
(10)大リーグ・大谷選手 肘損傷は中程度
(11)新潟知事に与党系花角氏 参院選前哨戦

(以上省略)


(12)与党「安倍政権信任された」 野党はけん制

 与野党ともに中央にすぐ寄せ付ける癖をやめた方がいいですよ。
 野党は特に地方分権と言ってきたんでしょう?
 それで何でこうやっていつもいつも自分たちの方に引き寄せるんですか。
 それが暗黒国会の原因のひとつになってますから、地域の誇りを奪うな!

 地域の誇りは地域の選挙からですから、新潟県民は本当に賢明な選択をなさったと思ってますし、今回違う票を入れた方々も、たとえば自前資源の開発については必ず意見が一致できるところがありますから、ラグビーと同じでノーサイドなので、これからは連携の時代ですから、連携の4年間。
 この選挙結果で、こんな中央で分断してるようなことではいけません。
 与党もこんなことで怒っちゃ駄目です。
 これからがむしろ正念場ですから。
 花角新知事におかれてもそうだと思います。
 身を清く、志高く、やっていただけると信じてます。

(居島一平:新潟大学の福岡先生、ほんとに惜しい方が…)

 福岡先生のご遺志がとりあえず、福岡先生は期日前投票で花角さんにお入れになったんですから、その1票も生きました。

(居島:はい、遺志が継がれました)





 ____________________________内容紹介ここまで


 後半(トラ撮り!の後)は全部まとめて5分しかなかったです。
 言いたくないけど、でもまた言うけど、青山さん、ペース配分~!(T_T)

 いよいよ明日12日は米朝首脳会談。
 これで全てが決まるというわけではないでしょうが、普通に考えれば(トランプさんと金正恩に「普通」は通用しないかもしれないけど)、何らかの方向性は出ますよね。
 日本の運命もおそらくそれに大きく左右されるわけで。
 私はこの1週間ぐらい胸がざわついて、落ち着きがありません(T_T)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★青山繁晴さんの著書
 購入すると少しでも今後の活動費の助けになるかも?
(青山さんは個人の寄付も一切受け取らないそうです)


※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。


※参考リンク
ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ
 青山さんに直接コメントを送れます。
こころが風邪をひいたら
 拙ブログで紹介しきれなかった『アンカー』青山さんの発言を起こして下さっています。
青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ
 動画の紹介など情報が大変充実しています。

※拙ブログ関連エントリー
【一覧】「アンカー」など青山繁晴さんテキスト起こし

このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-4.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!
スポンサーサイト

*Trackback

トラックバックURL
http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/2038-641c162e

Menu

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索