FC2ブログ

ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

拉致問題で安倍総理と面会する直前の出演…青山繁晴「虎ノ門ニュース」

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【一覧】「アンカー」など青山繁晴さんテキスト起こし
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■5/21放送 DHCシアター「真相深入り!虎ノ門ニュース」

180521-01title.jpg

 「今の米朝交渉、それから日本も含めた諸国の動きについて、もうオールドメディアは連日、誤報ばっかり」。
 新聞、地上波テレビ、特にコメンテーターの言ってることは信用おけない。
 前から分かってたことですが、それが改めて身にしみた、今回の青山さんの解説。

 夕方になって驚くニュースがありました。
 番組出演から数時間後(21日午後1時19分~2時12分。首相動静による)、青山さんが官邸に安倍総理を訪ね、拉致問題について話し合われた模様。
 番組では拉致問題について懸案事項など具体的に話されていますが、こうした話も総理にされたのかもしれません。

 総理とどういうやり取りがあったのか、来週の「虎ノ門ニュース」で詳細なお話を聞けるのでしょうか。
 事が事だけに無理かしら?(^_^;
 
※元動画はこちら(5月22日午前0時現在)。URLが変更される(修正版がUPされる)こともあります。その場合は、DHCシアターの再生リストから、たどって下さい。但し、アーカイブは2週間の公開です。
※引用転載はご自由に。連絡不要です。但し誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので、必ずこちらのURLを添えておいて下さい。



 内容紹介ここから____________________________

(★)オープニング(着席後)

180521-02shigeko.jpg

(省略。繁子ちゃんが腎臓の調子が悪くて入院。でも元気だそう)


(1)米大統領が体制保証示唆 北朝鮮の非核化見返り

 今の米朝交渉、それから日本も含めた諸国の動きについて、もうオールドメディアは連日、誤報ばっかり。
 思わず失笑が漏れるぐらいの、つまり全く取材しないで思い込みだけで記事を作ってるとしか思えないんですけど。

 例えばこのトランプ大統領が非核化に応じれば今の体制は保証すると北朝鮮に言ったことについて、ついにアメリカが膝を屈したみたいなことを、朝日新聞以下、膝を屈したという表現ではないけれども、初めて体制を保証したと、アメリカの妥協が始まったと。
 その新聞だけをネタ元にする評論家の方々が、地上波のオールドメディアのテレビでずっとおっしゃってるのは、もうトランプさんはこれだけ大っぴらにね、会談やるんだ、実現するんだ、うまくいくんだ、俺は歴史的なことやってんだと宣伝したから、やらないわけにいかないので、もう弱い立場になって、北朝鮮の言いなりになってるっていうことをですね(笑)、もうあの、すみません、仕事柄聞いてると、ああ、この人は朝日新聞のあそこの行のことを言ってるな、とかですね。
 まあそういう言い方もあるかもしれませんが、但し、情報源がそれだけだと思われる。
 したがって誤報になっててですね。

 まずこの非核化に応じれば、今の独裁体制を転覆するわけじゃないっていうのは、ずっと言ってるんですよ、アメリカは。
 それも表で言ってるんですよ。
 それからちなみに水面下の交渉でも実は言ってます。
 だから初めてアメリカが妥協したっていうのは全く事実無根だし、実は、今後分かりませんよ?今後、例えば6月12日の本当の首脳会談、仮にやるとして、まだ絶対やるとはそれこそ保証はないんですけれども、やるとしたら、それは当然妥協が出てくることはありえますけど、少なくとも本日たった今まで、アメリカは何ひとつ妥協してないですよ。

 だから体制保証っていうのは前から言ってるし、その前に、完全に核を諦めるということを言ってて、実は北朝鮮は核を捨てないので。
 これ連休中、アメリカに行った時にも、核は捨てませんって言って、向こうは一瞬こうなりながら(びっくりしながら)、それにあえて反論する人はゼロだったですよ。
 あれだけたくさんの合衆国の政府要人と軍の将軍たちに会って、誰一人いないんですよ。
 従ってですね、北朝鮮が非核化に応じればっていうのは、北朝鮮がこれは絶対やらないことをやれと言ってるんで、そこからまず、今のところは少なくても妥協的な交渉には全くなってないわけですよ。
 もともとできないことをやるならば、何でもあげると言ってるわけだから、それは妥協的な交渉とはとても呼べないわけですよ。

 で、オールドメディアで評論家やコメンテーターが適当なことを言ってるのはもう置いといて、僕らは真剣に考えなきゃいけないのは、こうやって突っ張って突っ張ってって交渉は、ストンと落ちることが実は多いので、じゃあアメリカは一体何を妥協するつもりなんだと。
 で、北朝鮮が核を捨てないっていうやり方には色々あるわけですね。
 例えば第三国に実は移転して隠す。

 それからその隠すっていうのも、核爆弾そのものを隠すケースと、実はですね、北朝鮮の持ってる核爆弾っていうのは、朝日新聞12個と書いてんですが、実はこれもう真っ赤な嘘、っていうか誤報、単なる誤報、勘違いしてるだけであって。
 前、ちらりと申しましたが、日本のどこが分析したかってことは、すいません、完全オフレコの独立講演会では申しましたけど、ここは公開の場なんで、日本政府のある所の分析としか言いませんが、27個なんですよ。
 それも確実に証拠があるものだけ数えて27個。
 少なくとも朝日新聞の倍以上です。
 それから合衆国の分析は、実は最大だと80個。
 それだけあるわけですね。

 従って核弾頭と言っても1種類だけじゃなくて、かなり多種類あって、簡単に言うとちっちゃいものから大きいものまであるわけですね。
 それからタイプ、ウラン・プルトニウムを考えてもいろんなタイプを持ってると思われます。
 それで一番ちっちゃいものだと、1トンちょいぐらいなんですよ。
 1トンちょいと言ったら、まあ大きな乗用車だと2トン超えてますから、それで例えば僕が乗ってる非常に軽い車、ロータスのエリーゼ、特にレーシングカーは890キロしかないですよね。
 ということは、ちっちゃい核弾頭ってのは運んで隠せますよね。
 どうしてもそれが北朝鮮にとって無理な場合は、例えば技術と技術者だけと。

 合衆国はボルトンさんを中心に生物核兵器も完全に廃棄すると。
 廃棄しろじゃなくて、米軍がその確認して、例えば天然痘ウイルスの培養してるものを、実際にこれをできれば運びたいんですよ。
 つまり天然痘っていうのは1980年に撲滅された病気ですよね。
 そのあと米ソが中心になって実は兵器化して培養したわけです。
 どうしてかというと、病気が撲滅されたということは、逆にお医者さん、実際の患者を診た人がいなくなって、今はほとんどいないんですよ。
 日本は残念ながらゼロになりました。
 かつては2人いらっしゃったんですが、今ゼロです、亡くなってですね。

 従って天然痘の症状が、最初は赤い斑点が出るんですけど、大きさは別にしてこういう斑点が出るんですが、全然膨らみがないですよね。
 触っても何ともない。
 つまり最初からすごく痛かったり、そういうものだったら、患者も申告して、すぐいろんなとこ駆け付けられる、病院とか。
 だから最初、医者に診せるのが遅れる上に、医者がこの段階で仮に診たとしても、診た医者がいないから何だか分からない。
 食べ物に当たったんじゃないかと。
 特徴が綺麗な正円形で出る、例えば兵器化したものだったらそういう特徴があったりするんですけど、そういうのもほとんど知らないので兵器として使った場合は気づくのが遅れるので、ドゥワーッとこう広まるっていう効果があって。

 で、1980年にその事態が逆に始まってですね、それから実に38年経つわけですよね。
 合衆国はCDCっていうね、疾病予防センターっていう、本当はこういう兵器を研究してるところでもあるから、それを研究したいわけですよ。
 で、これも極端なこと言えば、シャーレ1個でいいわけですよね。
 それを荷物に紛れさせて、北朝鮮の友好国って実は中東中心にいっぱいあるんで。
 イランは否定的だけど、イランは仲いいというのはよく知られた話であって、シリアも北朝鮮の友好国で、だいたいイスラエルが爆撃したのは、シリアを爆撃したのは、北朝鮮の何と軍の高官までいる核施設を爆破したんですよ、イスラエルは。
 これまだ最近の話ですけれども。

 非核化っていうのは核だけじゃなくて天然痘ウィルス、サリン、VX、こういうのも全部含めての話で。
 従って非常に徹底的な話になるわけですが、日本が懸念しなきゃいけないのは、じゃあどこで何を妥協するのかと。
 妥協ゼロのまま行くのが一番望ましいけれども、しかしこれはよく言われるようにトランプ大統領はディールっていうね、取引って言葉を盛んに自ら好んで使うことも考えると、相手が妥協ゼロで普通、取引とは言わないわけですよ。
 いかなる商取引も売り手・買い手双方が妥協して成立するものですから、通常で言うと妥協が成立するはずなんですよ。

 今のところアメリカの動きの中に、どこを妥協するかっていうのは一点しか出てなくて、それは実は北朝鮮は、アメリカの言うことを逆手にとって、我が国はこれだけたくさん持ってるんだと。
 それを無力化したり捨てていくのは時間がかかるんだと。
 したがって10年20年の余裕をくれと。
 段階を踏んで、例えば10年で一度検証して、その前にその非核化するためにもいろんなお金が必要だったりするから、その前の段階から経済制裁少なくともやめて、援助もくれってことを言ってたわけですけど、アメリカはこれ絶対認めないと。
 即時に全部アメリカが破壊するってこと言ってたんですけど、そこをですね、まだ具体的な年限が出た訳じゃないけれども、北が10年20年って言ってるのを例えば3年ぐらいにして、比較的早期にやるってことでどうだっていうのをですね、これ表に出てませんが、水面下でそういうことを始めてるわけですよ。

 それは日本にとってはすでに危険な兆候です。
 そういう妥協っていうのは。
 たとえば仮に3年としても、その3年の間は北朝鮮はまごうことなき核保有国ですから。
 現代社会で3年間というのは、十分国がひとつ潰れるような時代ですから、その3年間、北が核保有国でアメリカに逆に保証されることによって、アジアに何が起きるのか。
 少なくとも日本は3年間頑張って暮らすわけにはいかない。
 日本の技術力からすれば、実は日本が核保有に踏み切ることだって、3年あれば実はありえるんで。
 憲法が改正できないのにできるのかと言われるかもしれないけど、それ逆なんですよ。

 なぜ憲法9条が改正されないかというと、自由民主党の中にも9条のおかげで平和だったと発言する、ついこないだまで大臣だった人がいらっしゃるのをはじめですね。
 9条のおかげで平和だったと、で、拉致被害者の話は別だと、はっきり言うと知らん顔っていう人がいるわけですから。
 だから9条は現状で何も困ってないと。
 それは実は連立与党の公明党の一部からもそういう話が出てきたりするわけですから。

 ところが北朝鮮が核兵器を持って、同盟国のアメリカに保証してもらって、北は核を持ってるんだって言ったら、これはやっぱり日本は核を持たなきゃいけないって、パーンと話が飛躍する人はいくらでもいるわけですよ、国会議員の中にもですね。
 だから9条がこのままで核を持つってこともありえるわけだし、これは逆に言うとですね、日本は被爆国だからこそ僕は日本の核武装にずっと反対してきましたが、でも同時に被爆国だからこそ一番核を保有する権利があるってことをずっと言ってきたわけですよ。
 従ってですね、実はかつての国会の動きでも、日本国憲法が日本の核保有を禁じたわけじゃないっていうのは政府答弁でそういう趣旨のことも出てますから。

 だから3年あったらですね、3年と決まったわけじゃないですよ?でも例えば期間で妥協するとして北朝鮮が1年でOKってわけはないんですよ。
 2年でも北が呑むとはなかなか思えないから、実は一番短くて3年は保証してやらなきゃいけないんじゃないかっていうのがですね、まあこれはあえてこういう言い方をします、そこはかとなくアメリカの政府内の深いところに、ま、アメリカ政府ってやっぱり自由に議論しますから、ボルトンさんのような強硬論以外にそういう人たちも実はいるんですよ。
 現にいます。
 僕と連絡取ってる人の中にもいます。

 僕のその回答は3年あったら日本が核を持つことも含め、日本が核を持つ、そこまで行かなくても日本が核保有を検討するだけで、すでに準備がかなり整っているブラジルやスウェーデンは核武装しますよと。
 スウェーデン、ブラジル政府がそう言ってるわけじゃないけれども、核武装することは十分ありえますよと。
 全部小型核ですよね、いつも言ってる通り。
 これは売れますよね、使えますよね。
 だから世界の終わりの引き金を引くのは、あなただというふうに、そのアメリカ政府内の妥協派の方に言ってるんですけども。
 まあそういう人たちから僕に強い反論が来るのは、じゃあ一体どうしろって言うんだとね。
 それが今の現状なんですよ。

 従ってトランプさんが自分のことばっかり考えて、もうトランプさんって言ったら自分のことしか考えないっていうことに決まってるわけですけど、日本のオールドメディアは。
 例えば今日の直接のニュースにはないんだけれども、まあ今日僕は話そうと思って、イランの核合意が(ホワイトボードの)最後にありますけれども、イランの核合意のニュースに行く前に一言言っておくと、トランプ大統領がイランの核合意から離脱したので、もう悪魔だみたいなね、オバマさんに対抗するだけだとか、オバマさんが作った合意だから対抗するだけだとか、もう一を言わば百を知るの逆で、一嘘言ったら百嘘付くみたいなね、もうむちゃくちゃの現状なんですよ、報道が。

 あれは全く違ってて、イランの核合意っていうのは恐るべき合意。
 これずっと僕一人で言ってきたんですよ。
 最近、パラパラのパぐらい、イランの核合意は実は良くなかったって人が現れて、僕はだいぶ安心したんですけど、ずっと孤立無援だったんですけど、ちゃんと原文の合意そのもの読んでいただくとどなたでもわかるんですけど、2015年に作った合意ですけど10年間我慢すればその後はOKなんですよ。
 2025年以降はイランは核保有国になって良しという合意ですよ、実質。
 その10年間も、今、北朝鮮にアメリカが要求してるみたいな非核化じゃなくてですね、要するにあんまり目立たないようにど派手にやるのはやめましょうねって、簡単に言えば。
 これ恐ろしいと思いません?
 しかも、イラン政府は全面否定してることははっきり言わなきゃいけませんが、その核開発は専門家から見るとほとんど全部北朝鮮と連携してものなんですよね。

 だから話を元に戻していくとですね、ま、ここ繋がるのはおわかりになると思いますが、北朝鮮が非核化に応ずると言った場合も、アメリカの下手な妥協の仕方によっては例えば、イランと連携して、イランの地で北の核をずっと温存すると。
 しかも核合意によれば、2025年以降はイランはほとんど自由になるわけだから、それをバックすることも可能で。
 これはイランにとってもいい話ですよね、保管手数料を取れるかもしれないし。
 それから北朝鮮にとってはイランを根城にしてさらに中東にビジネスができる話にもなるし。

 ということはですね、僕はトランプさんをベタ褒めしてるんではもちろんなくて、実はトランプさんがイランの核合意を離脱するっていう厳しいことやったのは、今のことが実はあるから、イランに持っていくのはダメだよと。
 実はこの抜け穴があって、この抜け穴でいいじゃないかと、世界はどうせ気がつかないっていうアメリカの政府の内部の人もいて、大統領はそれ知ってるから、いや、これもダメなんだと。

(居島一平:先にそれを塞いだと)

 そうです。
 実はそういうことなんですよ。
 テレビで解説すべきはこういうことであって、トランプさんは我欲ばっかりだって(笑)、そんな自分の感情の話だけしてもらっちゃ困る。

 あんたが我欲だろうと。
 テレビに出たい、有名になりたい、ギャラもあげてほしい、芸能プロダクションに所属してるから、吉本興業も含めをもっと力のあるとこに移りたい。
 岡本ちゃん(ディレクター)、よく知ってるでしょ。

 こういうことも僕は本当に感情論とか思い込みで言ってなくて、例えばですよ、具体的な証拠を1個挙げるとですよ。
 やしきたかじんさんっていう関西で知られた優れた人が亡くなって、偲ぶ会が開かれたんですよ。
 すごく静大なパーティーみたいに見えるようなね。
 僕はやしきたかじんさんと知り合った一番後の人間だと思うんですよ。
 「たかじんNOマネー」っていう大阪の番組で。
 あの時一緒に記者会見もやって、たかじんさんが、青山って奴に、ま、関心を持って一緒にやることになったみたいな話もあって、でも僕はほとんど知らないわけですよ。
 で、やしきたかじんさんは、岡本ちゃんもそうでしょうが、長く付き合わられた方がいっぱいいらっしゃって、(DHCテレビの)山田社長もそうですよね。

 僕はもう本当に新参者で最後に爪で引っかかるみたいにお会いしただけだから、そのパーティで前に出ないで、ずっと後ろの方の、お酒を持ってるウエイターの方々の後ろにいたんですよ。
 そしたら僕がいることに気がつかないででですね、某国立大学の教授、そして某オールドメディアの大立者でもあるコメンテーターの方がですね、ひそひそ話してるわけですよ、誰もいないと思って。
 それがさっきの話で、俺が今いる事務所、自分の事務所じゃなくて芸能プロダクションです、作家とか大学教授とか、そういう人がうちの事務所って言ってるのは、吉本興業だったりね。

(岡本ディレクター:吉本さんだけではないですけどね)
(居島一平:いわゆる文化人枠みたいな)

 文化人枠だけじゃないんですよ、文化人枠じゃないギャラを払うところもあってですね。
 だからうちの事務所は今、ギャラがこれこれでと、具体的に金額も言ってるわけですよ。
 そしてやっぱり番組へのオファー力が弱いんで、ちょっとあんたの所へ移ろうと思うんだけど、あんた口利いてくれないって言ったら、いいよ、でもそれなりの見返りもないとさ、とかいう、あけすけな話をしてるわけですよ。
 それで僕は、好まざるのに立ち聞きする形になるから、咳払いしたんですけど全然気にしないで…。

(岡本:ウエイターさんだと思われた?)

 要するにウエイターさんなんかもはっきり言って全然相手にしてない感じなんですよ。
 ものすごいエリート意識で、もう話から伺えるわけですよ。
 俺はこんな立派な大学の先生だから、ギャラももっと高くて、テレビももっといい番組にね、報ステとか、いい番組なんですか?それからNHKとかに出たいって話をもろやってるわけですよ。
 いくら咳払いしても気が付かないから、しょうがないから、こんにちはって声かけたんです。
 その瞬間、えっ!という感じになって、よく知ってる人ですよ?みんな。
 顔を伏せて、さささささーっと。

(居島:蜘蛛の子を散らすように(笑))

 ま、実はこれだけじゃないんですよ。
 芸能プロダクションは僕んとこに2回オファーに来て、両方とも、もろなことがあったんですけど、その時にいっぱい話を聞いたわけですよ。
 実際どういう運営をしてて、あの人はこの人はあの人は、それはまたね、どんどんお話しになるわけ。
 どこのプロダクションは一切言わないですけど。
 青山さんはこの位置に来て、ギャラはこうですと。
 今よりゼロがいくつ増えると。1個じゃないんですよ?
 僕に出す条件をもろに言われるのは逆に正直でいいと思ったんですが。
 こちらから一度もお願いしてないんですよ?

 1回目もろに断って、それで終わらなくてもう一回お見えになって、その時は申し訳ないけど厳しい言葉で、天地がひっくり返ろうとも絶対に芸能プロダクションと契約しません、お友達にもなりません、飲食の接待にも応じません、今後訪問も禁止ということを言って。
 そういう話って一瀉千里で広まるじゃないですか。
 他の所の動きもピタッと止まったんですよ。

 そういうことも含めてよくわかっていて、話を元に戻すとですね、そういう人がテレビで、放送作家のお書きになった原稿通りに読まれていたり、それプラス、自分の思いつきでトランプさんを欲ばっかりだと言ってるってのを信用しちゃダメです。

(居島:振り付けですよね)


(2)北朝鮮が米韓訓練を非難 南北会談の延期通知

 ニュースには尻尾がありますということをいつも申してるんですが、特にこの頃、っていうか前から北朝鮮は実はわかりやすい尻尾が実は丸見えの国なんですけども。
 今回のこの北朝鮮の反応ほどわかりやすい尻尾はないんですよ。

 というのは、北朝鮮のこの国営通信、つまり報道の自由は一切ありませんから、北朝鮮政府の言い分そのものなんですが、今回、閣僚級会談の無期限延期の責任は、全面的に韓国当局にあると。
 アメリカのアの字も言わないわけですよ。
 その上で、我々は米国と韓国当局の今後の態度を鋭意注視すると。
 アメリカはいまややっぱり素敵な人なんですと、悪いのは韓国だと、だからアメリカは韓国の世論など気にせずに、我々と話してくれればいいんです、ということを言ってるのがひとつ。

 それからもうひとつは、前に、これは直接話法じゃなくて金正恩委員長が、どうも、米韓軍事演習も、やってもらったらいいと言ったという話が流されましたよね。
 それ僕のルートで確認すると、実際に言ってるんですよ、金正恩委員長は。
 ところが今回は、韓国は実際に訓練の中身を細らせてるわけですよ、アメリカにお願いして。
 例えば長距離爆撃機を支援するような訓練をわざとやめたり、ま、手抜きとまでは言いませんが、かなり中身を骨抜きにするような訓練にすぎないのに、軍事挑発だと。
 せっかく良い方向に向かっているのに軍事挑発だー!
 これで僕はまた北朝鮮に恨まれたと思いますけど、だって、そういう言い方に聞こえるじゃないですか。
 何でそんな興奮しなきゃいけないのか。

 これは実はちゃんと計算の上でそういう演技をしてて、要は、北朝鮮が望むのは経済制裁の緩和、あるいは中止、だけじゃないですよ、軍事プレッシャーが一番問題なんです。
 それをやめると。
 在韓米軍の削減から撤退に進む、場合によっては在日米軍の存在も含めて、アメリカの軍事プレッシャーを緩めてくれないと、実は北朝鮮は最終合意には達しませんよってことを、これ言ってるわけです。
 さあ、ここがまたポイントなんですよね。

 で、実はトランプ大統領が勝手に言ってるように見えて、実は米軍の本音はですね、これは僕の責任で、もちろん、いつも僕の責任で申してるんですが、ずっとアメリカ軍の演習現場を回ってきた、そのままで言うとですね、ま、日本に対する信頼は、ちょっと引くぐらいすごいわけですよ。
 それはこの間、この番組で申したと思いますが、韓国陸軍のある佐官がですね、私の自宅に来てですね、なぜ日本は信頼されて、我が韓国軍は信頼されないのかってことを聞きに来られた。
 言いましたよね?こんなに詳しくは言わなかった?

(居島:詳細までは…)

 自宅に来られてそう聞かれて、それは率直なとっても良い質問だと。
 それで僕が申し上げたのは、この陸軍の佐官は非常に誠実な人で、従って、あなたの責任じゃないし、あなたの同僚の責任でもないと。
 これは何と、実は1940年代、1950年代に遡ることで、あなたも僕も、日本はアメリカ軍と本当酷い戦いをやって嫌われてるって教育を受けてきたけど、実際仕事でアメリカの深い部分と付き合うようになって、あるいはアメリカの国防大学や士官学校で教えてる内容のごく一部ですけど、知るようになって、僕はもう腰抜かして最初驚いたのは、要するに真っ正面から戦いを挑んだ日本軍っていうものを、ちょうど東南アジアの人々が尊敬してるように、ものすごく尊敬してると。

 ついでにですね、地上波で、僕はテレビ本当に見ないのに、こないだたまたま見たんですよ。
 世界を行くっていう番組ね。
 昨日かおとといかにやってて、ごらんなった方いらっしゃると思うんですが、タイで、日本の中村明人(あけと)っていう将軍が大スターで、それがタイのドラマになってて。
 だからタイで知られてる日本人の中に、サッカー選手とか色々いらっしゃるけど、1位がその中村明人将軍なんですよ。
 第二次世界大戦中の駐タイ日本軍の司令官です。

180521-03Nakamura_Aketo.jpg

タイ語のウィキペディアより中村明人将軍の画像]

 この人は東京裁判で例えば惨く裁かれたりしたのはたまたま免れたけれども、こっちは十把一絡げで、この中村さんってちゃんと健在で、亡くなったのは1966年ぐらいですよ。
 ぐらいって言って申し訳ないけど、要するに敗戦後長く生きてらっしゃったんですよね。
 この方、全然知らないでしょ。
 ほとんど知られてないんですよ。
 ところがタイでは「仏の中村」として有名でですね。

 これは要するに、中国と朝鮮半島だけがむしろ異常で、日本軍の悪口ばっかり言ってるけど、台湾であったり、あるいは南の島々であったり、タイを中心とした東南アジアであったり、優れた日本軍ってイメージは、インドも含めて、ものすごく残って、残ってるっていうか、それが普通なんですよ。

(居島:青山さんの「逆転ガイド」における真珠湾の…もそうですね)


 だからあの本も本当は「逆転ガイド」東南アジア版とかね、出さなきゃいけないんですよ。
 国会議員なんかやってる場合じゃないんだけど本当は(笑)。
 でもあの地上波のテレビってね、みんなもっとびっくりしてるんですよ、1位なんですよ1位。

 それはもちろんメロドラマの恋愛ものになってると。
 モデルにしてね、中村将軍だけじゃなくて、モデルにして、くり返しドラマ化されてるってことももちろんあるけど、背景にあるのは、タイにいた日本軍がどれほどの良き存在であったかっていうね。
 屋台のおばちゃんとか、街行く若い女性とかに聞いてんですけど、みんな知ってるわけですよ。
 ところが、僕たちはほとんど誰も知らないわけです。

(居島:残念ですね。もったいない)

 そうでしょう。この歪み。

 話を元に戻すと、アメリカは真っ正面から向かってきた、実は真珠湾攻撃で民間人を一切殺害しなかったことから始まって、1941年12月から始まって、最後の沖縄戦に至るまで、日本に対する尊敬はあそこから始まってて、で、韓国に対する不信は1950年から53年の朝鮮戦争で、実はアメリカに刻み込まれた。
 日本軍と対照的とは、そういう言い方は時代が違うからしちゃいけないけれども、時代が違うって言っても5年しか違わないですよ、5年ですよ5年。
 要するにアメリカは、韓国軍がまともに戦わないんでえらい目にあったっていうのが本音なんですよね。

 したがって在韓米軍自体が、いわばやむをえず、不安も持ちながら動いてるんであって、在日米軍さえあれば、基地の従業員のものすごいレベルの高さ、沖縄をはじめとして、三沢から沖縄までの日本人の基地の従業員の方々のモラルの高さ、技術力の高さ、何よりも信頼できると。
 だから在日米軍があればいいわけですよ。
 で、朝鮮半島の米軍も在日米軍も、基本的には朝鮮半島よりも中国を長期的に見てるもんですけど、中国のような強大な相手を考えると、余計に、韓国との連携じゃなくて日本との連携をしたいって、本音があるから。

 だからそこにいわば北朝鮮も付け入る隙があると思ってる。
 だからこの韓国、同胞をわざわざを貶めるようなことも言うわけです。
 韓国なんか相手にするなと、悪いの全部韓国で、アメリカ様とは話せると。
 これ同じ朝鮮民族なのにこういうことを言うっていうのは、そういう計算が働いてて、言い方が大袈裟だから感情論で言ってるように見えて、本当は非常に冷徹な計算が働いてるんですよ。

 ということは日本が蚊帳の外って話も作られた話であって、日本の存在っていうのは非常に大きくて、それもこのニュースに出てこないけれども、当然出てこないけれども、6月12日の米朝首脳会談が無事に終わったとすると、トランプさんがその後直接日本に来て、安倍さんと会って、会談の報告するだけじゃなくて、これは実は日朝首脳会談の準備ですよね。

 だから拉致被害者の救出はじめ、日本の、北朝鮮との交渉の中にアメリカもコミットするというの表明であって、だから北朝鮮は今のところ日本を、日本は邪魔しやがってみたいなことをずっと言うわけですよ。
 だから北朝鮮のこういうワーディングってね、こういう言い方ってのは、そういう風に見なきゃいけないんで。
 常に計算をしてる部分があって、それはやっぱり強大な中国と強い日本に挟まれた朝鮮半島ならではの、マイナス、ネガティブなことが人間は本当はポジティブになっていくから、その挟まれた存在でずっと朝鮮民族が苦労なさったっていうことが、こういう賢さ、したたかっていう言い方もするし、ずる賢いって言い方もできるけど、基本的に賢いわけですよ。

 そうなってるんで、だから日本のオールドメディアとか、野党、すみません、野党って言い方悪いけど、野党、それから自由民主党の一部が安倍外交の足を引っ張るようなことは、もう結果的には北朝鮮の味方をしてると。
 北朝鮮の上手な作戦にうまく取り込まれますよと。
 それから北朝鮮は間違いなく国会でも活動してますから、というか活動の中心ですから。
 国会議事堂と霞ヶ関、それからこの東京にある報道機関。
 彼らの活動の最も肝要な部分ですから。
 そいういう所にどんどん塩を送ってるわけですよね。
 このニュースが意味するのはそこまで広がるわけです。

(速報。エンゼルスの大谷翔平投手が4勝目)

【質問メール:北朝鮮の件で日本ではロシアの動きがあまり聞こえてきていませんが、ロシアもステイクホルダーだと思いますがどうですか?(名古屋にお住まいの男性)】

 ステークホルダーというのはその通りなんですが、これはオールドメディアがロシアを無視してるんじゃなくて、あんまり動けてないんですよ。
 でも、そもそも中国も動けてなかったんですよ。
 だって中国の属国に等しい歴史を重ねてきた北朝鮮が、突然アメリカと直接交渉。
 中国は焦りに焦って、その足元を見て、そんなに言うなら助けてくれますかと、金正恩さんは2回中国に行った。
 中国ですらそうですから、ましてやロシアは非常に入りにくい。

 朝鮮戦争でもともと北朝鮮はソ連、ロシアが作った国なのに、これはたぶん北朝鮮は友好国だからそう言わないけれども、ソ連は見捨てたようなもんですよね。
 実際入ってこなかった。
 でも中国は入ってきて血を流しましたよね。
 だから歴史的経緯っていうのは本当は非常に重いもので、なかなか入る隙がないっていうのはその通りで。
 一部で6カ国協議と言ってる人がいるけど、ひょっとしてロシアに頼まれたのかな、ぐらいですよ。
 6カ国協議でもほとんど存在を実は発揮できなかったんだけど。
 まあロシアは逆に安倍さんとのルートを使って、今後入り込もうとしてるから、僕はそれは要警戒だと。
 ファクターは増えすぎない方がいいです。

(居島:先ほど青山さんの話にありました中村明人陸軍中将ですが、ご参考までに申し上げますね。明治22年、1889年のお生まれで、青山さんがおっしゃった通り、昭和41年、1966年に亡くなられています。昭和18年に、タイ国駐屯軍司令官に就任し、昭和20年、第十八方面軍司令官となったということで、戦後は主に著述活動を行い、『仏の司令官 駐タイ回想録』というご本を執筆されてる方ですね)

※中村明人中将及び、彼を取り上げた地上波の番組に関しては、書き起こしの後、雑感部分で改めて紹介します。

 ちょっとその地上波のテレビが何チャンネルだったのか、それ僕、意識しないから覚えてないですけど、番組自体もほとんど全部面白く、ま、原稿書きながらだけど拝見しましたよ。
 だから酷いのは報道番組なんですよ。
 バラエティが多くてけしからん、王道が何ちゃらと言ってたけど、本当は地上波テレビの実態は報道番組が酷い、実は。

(居島:蚊帳の外、蚊帳の外って、豊渓里の核廃棄場のことに関しても、日本のメディアが蚊帳の外になってるんですよね

 自分たちの努力が足りないんですよ。


(3)「北朝鮮に思い伝えて」めぐみさん写真展で母

 写真展は昨日終了したので、ちょっと残念なんですが。
 このニュースでお気づきの通り、めぐみさんの写真を、めぐみちゃんという時代から撮ってきたお父さんの滋さんね、もうちょっとこういう写真展もおいでにならなくなってるんですよね。
 これちょっと余計なことを言いますけど、安倍総理も滋さんを非常に心配されてるのも本当ですね。
 何でこのニュース、写真展も終わったのに取り上げたかと言うとですね、またすべて本当のことを国民と一緒に考えるべき時期だと思うんですが、横田めぐみさんていう、あまりにも無惨な拉致被害者の真実について、より僕らは正確に深く考えるべき時期が来てるんですよね。

 第一に、これずっと自由民主党の党内でも、嫌われても申し上げているのが、2002年9月17日の小泉訪朝の時に、もう一度言いますが、小泉さんは一部の拉致被害者だけ、5人だけ北朝鮮が勝手に選んで、その中に日本が知らなかった曽我ひとみまささんまで向こうの方から入れて、そして日本に返しても、北朝鮮の裏情報を警察に聞かれても、言いたくても言えない、言いたくても言えない、というのは知らない方々を中心に選んだ。

 それも返すんじゃなくて一時帰国させるという、信じがたい愚かな話なのに、小泉さんも、福田官房長官もそれに応じて、日本が1兆円規模の援助をするっていう話をしてしまっている。
 それを約束と見るかどうかは別として、ま、実質、約束ですよね。
 で、1兆円というのはみんなの金ですよね。
 国民の了解もないままそういうことをおやりになった。

 そしてそれだけではなくて、北朝鮮の言ってるまま、つまり他の方はみんな死んだんだと、それもあの凍り付く北朝鮮の冬に、海水浴してて、海水浴で死んだとか、それから車もほとんど走ってない場所だっていうのが衛星写真で確認されてるのに、そこで交通事故で亡くなったとか、無茶苦茶なことを北朝鮮が勝手に言って、それも日付が多くの方が同じだったり。
 場所も原因も違うのに日付が同じ、日本を舐めきってて、バカにしきってて、デタラメ言ってたんですよね。

 そういう北朝鮮、最初から北は言ってたわけじゃなくていろんなやり取りの中で出てきたんですけど、だから今、時系列はあえてギュッと固めましたけど、要はポイントはですね、小泉さんが日朝平壌宣言にサインする時にですね、拉致被害者の家族を飯倉の外務省の施設に集めて、いわばメディアが触れられない状態にして、話できない状態にして、例えば生きて帰る方の家族には、詳しいことを聞かれても、あなた方は帰ってくるんだからいいでしょうっていう意味のことをね、福田さんはそのつもりじゃなくても、受け取ったらそう聞こえることをおっしゃり、そしてめぐみさんのご家族には、もう亡くなったんだと。

 横田さんが具体的にどう言ったってことじゃなくて、どんなご家族もみんな、じゃあうちの娘、息子はどこのお墓にいるんだと、遺骨はどうなってるのか、お葬式やったのか、家族いるのかいないのかって、それは聞きたいことは当たり前ですが山のようにあるじゃないですか、それ一切応じず。

 僕は今、自由民主党の議員ですから、自分の責任としても、この克服をしない限り、自由民主党にものを言う資格はないですよ、北朝鮮について。
 その官房長官、その後に総理になったわけですから。
 北朝鮮はこういうの冷静に賢く見てるから、要するに何やっても大丈夫と思うのは当然ですよね。
 で、これがまず第一の事実です。
 これは国民にお尻向けるのは申し訳ないけど、その官房長官が総理になることについて、国民がどうしたわけじゃないけど、日本は間接選挙だから、でもそれが日本社会の現実だっていうこともね、改めて有権者とともに、特に自由民主党の議員は謙虚に考えるべき。
 それがひとつでしょ。

 それからふたつめは、たとえば、これは役職の名前は絶対言えませんが、日本の警察官で、自分の地位を追うんじゃなくて、拉致事件の捜査してたら出世しないってことあったんですよ、ずっと。
 たった今は多少別だけど、長年そうだったんですよ。
 変なやつとみられる傾向があったんですよ、残念ながら警察の中でですね。
 でもそういう良心的な警察官の中のある関係者を、北朝鮮はわざわざ北朝鮮の中に入れて、これが横田めぐみさんが首を吊った現場だってことまで案内してるわけですよ。
 で、その警察官は実は日本政府部内で、一定の地位にいて健在でいらっしゃるんですよ。
 それを返せるのかと。
 もし返せるんだったら、北朝鮮は、自分のお父さんは嘘をつきましたってことを金正恩委員長は言わなきゃいけないですよね。
 これふたつめね。

 そしてみっつめは、仮に、例えば、政府認定の拉致被害者あと12人ですけど、それを超えてね、例えば20人なら20人、ま、そこまで行くとは今のところ思えないけど、とにかく曽我ひとみさんと同じように、政府が認定できてない拉致被害者も出してきて、返した場合も、そこに横田めぐみさんが含まれてなかったら世論の反応はどうですか。
 火を見るよりも明らかですよね。
 めぐみさんの遺骨が偽物だったのはもう確認済みなんで、違うと言う人もいるんですが、これは確認済みなんですよ、無理に言ってるんじゃなくて客観的に言って。
 日本の鑑定技術はそこまで低くないですよ。
 で、偽の遺骨を出してきたってことは、これは生存なさってるとみるのが当然。
 そうすると、めぐみさんはもうここで首吊ったんだと日本の警察官まで行ってたやつをひっくり返せるのか。

 それだけじゃなくて、めぐみさんを返さない理由は、むしろめぐみさんが賢い人だから、これは裏付けが取れてませんけれども、専門家の多くがこうじゃないかと考えてんのは、独裁者一家の家庭教師までさせられたと。
 だって両手の爪が剥がれる状態で拉致されて、1週間後にはもう片言の朝鮮語を話したっていう、噂じゃなくて情報です、脱北者を含めた。
 それぐらい賢いから、逆に独裁者の家族の真実まで知ってしまったので返せない。

 で、金一族の支配が終わってたら、それは何の障害にもならないけど、まさしく家庭教師を受けた兄弟のうちの一人が、金正恩委員長はどうも直接受けてないみたいだけど、お兄ちゃん、金正哲さんとか受けたらしいと言われてるわけで。
 で、お父さんに対する不満を喋ったと。
 飢え死にする人がいることも僕は本当は知ってる、それなのにお父さんは戦争の話ばっかりだと言ったと言われてるんですよ。
 これは北朝鮮にとっては神格化してるその一族の姿がばれることになるから返せない。
 でもめぐみさんが帰ってくると当然、めぐみさんの健康考えながら警察が事情聴取しますから、こういう話も出てきますよね。
 で、それどうするのか。

 でもめぐみさん抜きで拉致被害者の帰国やっても、これは日本だけじゃなくて横田めぐみさんはアメリカのフォークソング、ピーター・ポール&マリーっていうフォークソンググループまで歌ってるわけですから、世界で知られてるわけで、だから有本恵子さん、田中実さん、松本京子さんとか他の拉致被害者いっぱいいらっしゃって、僕ら名前把握できてない人も間違いなくいるわけですけど、不幸なことに横田めぐみさんは一番有名な被害者になってしまってて、いわば象徴的存在をどうするかっていうのが、日朝ともに、これは実は重大な課題なんですよ。

 で、逆に日本から言ったら、めぐみさんも含めた全員を取り返さないと絶対解決じゃないので、一人でも見捨てたらおしまいなんで、だから北朝鮮がかつて嘘を言ってようが、めぐみさんが独裁者の秘密を知ってようが、必ず取り返さなきゃいけないんですよ。

 したがって拉致被害者の救出っていうのはまず何よりも、これ複雑な話ですと言ってるんじゃないんですよ、絶対誤解しないでくださいね、複雑な話だから解決は大変だと言ってるんじゃなくて、日本の覚悟がどれほど重大かということであり、同時に、使えるものは使わなきゃいけないので、アメリカの軍事的プレッシャーも、僕は訪米してお願いしたように、これは日本国憲法のもとで9条改正できてないんですから、改正できてない以上は今の9条の枠は僕たち守らなきゃいけないんで、安保法制も実はその枠の中ですから、だからその上で日米同盟も最大限活用して、国民を守る、国民を助け出すっていう国家の最低限の任務、最低限の任務果たしてないんですから日本は、これ本当は日本は国と言えないんですから。

 だからそのためにはめぐみさんのことでこれだけの大きな課題があるっていうことも、ただ写真展で気の毒にっていう話ではない。
 横田早紀江さんは非常に自制的な方でいらっしゃいますから、滋さんも。
 こういうことを突っ込んでおっしゃらないけれども、僕らの側で、特に自由民主党の国会議員は2002年の反省も込めて、それ考えなきゃいけないですよね。
 写真展のニュースだけど、実は本質はそこにあるわけです。


(★)独立講演会のお知らせ

180521-04kouenkai.jpg


(★)トラ撮り! コーナー

(このコーナー全て、ざっくりまとめ)
(青山さんのパソコン故障により用意していた写真が大半ダメに。今週枚数少なめ)

★自民三重政治塾
180521-11mie.jpg


★外交部会・外交調査会・北朝鮮による拉致問題対策本部合同会議
180521-12rachi.jpg

先週の「トラ撮り!」でも少し話があったが、その続き)

 G.W.の訪米の報告をした後、2002年の失敗をくり返さないよう、対策本部として打ち出して下さいと言った。
 福田官房長官や小泉総理の名前を出して。
 この2人の影響力は生きている、特に福田さん。
 小泉さんは外で勝手に言ってるだけだが、福田さんは派閥をかなりグリップしている。


★資源エネルギー調査会
180521-13chousakai.jpg

 調査会は参議院独自の制度。
 最大の特徴のひとつは委員間質疑。
 大臣はいなくて、委員間で質疑する。
 が、死文化してる。
 委員に質問ぶつけないで、自分の意見を言うだけになっている。
 その死文化を中山恭子先生(写真左端)は知らなかったが、ご本人と、国会を仕切ってる委員部によると、「青山議員にメタンハイドレートで聞きたい」と。
 この写真は、それで恭子先生が「メタンハイドレートの今後について教えて下さい」と質問されて、僕が答えているところ。

 メタンハイドレートが実用化できるかどうかという段階はもう通り越した。
 日本の学者の中には古い話をしている人がいて、ネットで拡散もされてるが、少なくとも直近のAGUでは実用化が前提になっている。
 経産省資源エネルギー庁の姿勢がおかしい。
 証拠として、日本海側の表層型で言うと、地産地消でやるなら1年ぐらいで実用化できる。
 メタンプルームで粒々が出てる、石油などと一緒で自噴してるから、集めるだけ。
 EPR(エネルギー収支比率)が1以下だとコストが上回るので、やっても無駄だが、1以上だと実用化できるということ。
 太陽光発電は5前後、原発は40ぐらい。
 だいたい3あればビジネスに乗る。
 太平洋型の砂層型でも11。
 この数字、経産省はわざと公表してないが、ある研究会で僕が質問したら、当時の幹部が思わず喋った、後で経産省内で問題になったそうだが。
 表層型は、九州大学の非公表の計算では70から80。

 維新の儀間さんが「量はどれぐらいあるんですか」と質問された。
 地産地消を考えれば量は関係ない。
 全体でどのぐらいの量があるかというのを資源エネルギー庁は言い訳にして、「まだ量が分からないからやれません」と。
 石油の全量って分かるんですか?
 なぜメタハイだけ全量分からないとできないの?
 だから常にやらない言い訳を探してて、それは既得権益を守ってるからだ、それを打開するのが国会の役割でしょという話をした。
 山本太郎さん(写真の中山恭子さんの隣りに座っている)で言うと、政府側がいらっしゃった時に、利害関係で電力業界に取り込まれているのではないかと質問なさっていた。
 まさしくメタハイも利害関係で、国内の自前資源があったら、既得権益が困るから。
 山本太郎さんとは全然考え方が違うけど、汲むべきことは汲んで、全体で、既得権益打破に取り組むべきだ、それが国会議員の役割だということを言った。

 終了後だいぶ経ってから、自由民主党の渡辺さんという理事に呼ばれた。
 苦情だと思ったがそうではなく、「青山さんの話は非常に印象的でショッキングな話だったので、調査会で、特に表層型メタハイの研究の現場を視察したい。まだ共産党も含めて話し合わないといけないから、必ずやりますと言えませんが、見られる場所ありますか」と。
 もちろんです、ぜひお願いしますと。

 皆さんも国会議員になって下さい。
 議員になったらこういう機会がある、皆さんがこれまで抱えてきた課題を進められる。
 政治活動も、選挙運動もお金かからない。
 党派を超えて、山本太郎さんのように意見が違う人でも、一致できる点がある。
 これこそ十七条憲法で言ってる「和を以て貴しとなす」。
 意見の違いは置いておいて、その上で一致点だけを探す。
 今の国会は真逆。
 違う点だけ、加計学園問題という冤罪まで作って。
 日本獣医師会から献金もらって、新たな獣医学部をできないようにしてた方が問題。
 それを国家戦略特区で打ち破ったのが大事なこと。
 加戸前愛媛県知事がおっしゃってる通り。
 今の中村知事は当時の当事者ではない。


★昨日の独立講演会
180521-14dokuritsu.jpg

 参加者の最年少は10歳。


(4)イラン核合意の維持確認 EU「結束」で一致
(5)安倍首相「海洋秩序を強化」 海保観閲式に出席
(6)中国船が一時領海侵入 尖閣周辺 今年9日目
(7)「貿易戦争」回避で一致 中国副首相 追加関税停止
(8)トランプ氏「起訴できず」モラー氏見解 弾劾は可能
(9)サイバー防衛を民間委託 防衛省
(10)新元号公表は改元1カ月前 政府

(以上省略)




 ____________________________内容紹介ここまで


 ネットをあれこれ調べましたら、青山さんがご覧になった、タイで有名な中村明人将軍を取り上げた番組というのは、テレビ朝日「陸海空 地球を征服するなんて」です。
 中村明人将軍をモデルとした「小堀(コボリ)」とタイ人女性の切ない恋愛を描いた物語で、タイでは映画・ドラマ化が何度もされているそうです。

「陸海空 地球征服するなんて」 2018年5月19日(土)放送内容
世界で聞いた日本人知名度ランキング!タイ編【陸海空地球征服】

 以下のブログさんもぜひご参照下さい。
 今回の番組とは無関係ですが、中村明人将軍(コボリ)の話が取り上げられています。

タイで大人気の日本人"コボリ"。親日感情を後押し!「クーカム」50年を超える人気の理由は? 【いま世界は】(テレビにだまされないぞぉII 様)
【第二次大戦】タイで一番有名な日本人「小堀」とは?(歴ログ -世界史専門ブログ-様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今日(5月21日(月))は、青山さんデーでした!

 青山さんの公式ブログも参照しながら時系列で書くと、

(1)RKB毎日放送ラジオ「インサイト」
 北朝鮮情勢について朝7時40分頃~47分頃。
 収録放送で毎日約7分間×5日間。
 「スペシャル・インサイト」というコーナー。
 公式サイトから聴くことができます。

(2)「虎ノ門ニュース」。朝8時~10時。

 ※この間、安倍総理と面会。午後1時19分~2時12分。

(3)「突撃!隣の議員会館」。午後4時頃~5時頃。

 起こし作業に手間取った上に、加計の愛媛県新文書のニュース追っかけてしまって、虎8以外、まだ視聴できてません(T_T)
 明日以降、ゆっくりと視聴させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【拡散】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)J-ALERTの音源【生き残るためにシェア】
https://samurai20.jp/2017/04/j-alert/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★青山繁晴さんの著書
 購入すると少しでも今後の活動費の助けになるかも?
(青山さんは個人の寄付も一切受け取らないそうです)


※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。


※参考リンク
ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ
 青山さんに直接コメントを送れます。
こころが風邪をひいたら
 拙ブログで紹介しきれなかった『アンカー』青山さんの発言を起こして下さっています。
青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ
 動画の紹介など情報が大変充実しています。

※拙ブログ関連エントリー
【一覧】「アンカー」など青山繁晴さんテキスト起こし

このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-4.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/2031-4d42637e

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索