ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「ムーブ!」北朝鮮のジレンマ&韓国の憂うつ

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


【お知らせ】9/5午前1時35分現在、ランキングのバナーは有効になっております。裏技みたいなの発見しました(後述します)。……でも、あなたがクリックなさった時点でまた無効になってたらごめんなさい<(_ _)>

 今日の経過報告。もうこうなったらヤケよ。同じ症状が出ちゃった人のためにも(これまでに何人かいたことを確認済)、ちまちま報告することにしました。
 (このブログの存亡とは関係ないので、興味ない方は飛ばして下さいね(^_^;)

 ↓これ、昨日付エントリーのコメント欄に目立たない形で告知しました。
ランキングの件ですが、ちょっと実験してみました。
レンタルブログを借りてそのURLで新規登録してみたんです。
http://kukkuri.blog58.fc2.com/
登録してから2時間ぐらい経ちますが、今のところランキングは有効になってるようです。
よろしかったら試しにバナーをクリックしてみて下さい。

くっくり | 2006/09/04 03:01 PM

 今んとこhttp://kukkuri.blog58.fc2.com/のバナーはまだ有効みたい。
 このままずっと有効なの?どうなのよ?@withさん。向こうに移転した途端に、また「無効なリンクコードです」ってしちゃわない?(すっかり疑心暗鬼(^_^;)
 
 結局、ブログの内容に不正があるとかのレベルじゃなくて、単にサーバーの不具合とかが原因でランキング参加できなくなったってこと?と一瞬思ったんですが、やっぱそれはないだろうと。
 だって、同じサーバーに置いてある「お気楽くっくり」の方は、変わらずランキングに参加できてるわけですから。

 実を言うと、「ぼやきくっくり」のFC2への移転は現在全く考えておりません。
 レンタルブログは小回りが利かないから。

 テンプレの細かい編集ができないとか、htaccessファイルが使えないとか、その時点でもう、何だかな〜と思ってしまう私です(話のわからん人は無視して先へ進みましょう)。
 そのへん犠牲にしてまで、ランキングに参加したいとまでは思いませんし……。アクセス数が減るのは確かにちょっと痛いけど。

 まあミラーページがあってもいいかぁ、ということで、何となくこっちの記事を向こうにコピペで、同時進行しときます。

 ……と、ここまで書いて気づいた。
 人気ブログランキングのFAQに↓こういうのがあるじゃあ〜りませんか。

http://blog.with2.net/faq.php#q001003
複数のブログで同じリンクURLを使用することはできますか?
発行されたリンクURLは登録ブログ以外には使用できません。 例外として、ミラーサイト(内容は同じでURLが違う)の場合は使用することができます。

 おお!つまり、FC2のURLでランキング登録して、こっちをミラー扱いにすればOKってこと?

 ……しかしいろいろ考えるよなぁ、私も。感心してるんじゃないのよ、半分呆れてるのよ(T^T)。夫にも「お前もしつこい女やのう。いい加減あきらめたらどないやねん?」ってグチグチ言われるし〜。

 ああっ、私までグチグチと。ごめんなさいね。

 お待たせしました。本題です。


■『ムーブ!』重村智計“北朝鮮のジレンマ&韓国の憂うつ”

 出演者の細かい相づちやツッコミをはしょったり、あと言葉尻の違いとか、そういうのを除けばほぼ完璧な起こしだと思います。
 パネルの読み上げは関根友実アナが担当しているのですが、彼女の読み上げは省いています(パネル見てもらうとわかるので)。

 あ、最後に、皇室典範についてもちょこっと。


 内容紹介ここから_________________________________

堀江政生(司会)
「重村先生が『ムーブ!』に来られるのに合わせたかのようにですね、どうもこの朝鮮半島情勢というのがあわただしくなってます」

<パネル>
【教えて 重村先生】
北朝鮮のジレンマ
韓国の憂うつ

堀江政生
「今日は『教えて 重村先生』、北朝鮮のジレンマ、そして韓国の憂鬱というようなタイトルを打ちました。まずその、北朝鮮のジレンマという話なんですけども」

<パネル>
【教えて 重村先生】
北朝鮮のジレンマ
相変わらずの「ミサイル瀬戸際外交」

堀江政生
「相変わらずの『ミサイル瀬戸際外交』でございますね。今日の日刊スポーツ、こう出ています」

<パネル(新聞記事)>
(日刊スポーツ)
ミサイル発射 北朝鮮準備か
いちかばちかの地下核実験も

堀江政生
「……というふうにあるんです。詳しく見ていきましょう」

<パネル>
<北朝鮮ミサイル再発射 核実験の兆し>
(きのう・韓国聯合ニュース)
旗対嶺(キテリョン)ミサイル基地(←7月5日「ノドン」や「スカッド」6発を発射)で複数の大型車両が動いていることを米韓情報当局が捉えた。
消息筋によると…「大型車両にはミサイル発射台が乗っていた可能性」
→再発射の兆候!?

<パネル>
<北朝鮮ミサイル再発射 核実験の兆し>
(先月17日・アメリカABCニュース)
地下核実験場だと推定される豊渓(プンゲ)に大量のケーブルなどの資材を運び込んでいる
→ミサイル発射とみせかけて核実験に踏み切る可能性も!?
・Xデーは?
 9日 北朝鮮の建国記念日
 14日 米韓首脳会談

堀江政生
「何かきな臭い話で、ずいぶん具体的な日付まで出てきてますが、そこで重村先生に伺いましょう」

<パネル>
【教えて!重村さん】
ズバリ、ミサイル発射&核実験はあるのか?

重村智計
「可能性はあるんですが、ただ考え違いをしていただいては困るのは、これしか手がないということなんです。北朝鮮が。アメリカと何とか交渉したいんだけど、交渉に引き出す道具がこれしかない。これのどっちをいつ使うかだけの話なんですよ。ということでは、可能性があるということなんです」

堀江政生
「におわせているから、やる可能性というものをにおわせる……」

重村智計
「本当に実験のためにやるんでしたら、偵察衛星に見られないようにやるのが普通なんです。見せてるわけなんです。わざと見せてる。ですから、何とかその前に止めてくれないか、交渉に乗ってくれないかという、駆け引きをやってるわけなんです」

堀江政生
「止めてくれないかなーと……」

宮崎哲弥
「でも重村さんね、手はないとおっしゃったけど、結局ベタ折れすると。つまりもう、マネーロンダリングも覚せい剤も偽札も、とにかくやりません、お手上げっていうのが一番、アメリカとしては交渉に乗れる話だと思うんだけど、何でそれできないの?」

重村智計
それやると、金正日総書記が追放されますね。指導者としての権威がなくなる。そうすると体制が潰れる。そういうことになるんですね」

宮崎哲弥
「なるほど」

堀江政生
「アメリカの方は北朝鮮を牽制する動きを見せてるんですね。こちらは映像を見ていただきたいんですが(米国防総省提供の映像が出る)、日本時間の一昨日(9/2)、テポドン2号と大きさやスピードの似たミサイルがアラスカから打ち上げられているんですね。これです。ま、標的ですわ。で、これはアメリカ本土が北朝鮮から狙われた場合を想定したもので、西海岸からは迎撃ミサイル、こちらです。発射しました。およそ7分後のことです。太平洋上空の大気圏の外で、撃ち落とすことに成功したと。アメリカ国防総省は実験は完全に成功したぞと発表しているということなんで、ま、来るかもしれない、それに向けて準備はしているぞ、と」

重村智計
「ま、撃ったところでもう駄目よと、こう言って一生懸命、アメリカはアメリカで脅してる。ですからまあ、両方とも今、駆け引きをしてる最中だと(笑)」

堀江政生
「あんな実験やってるんですかね?勝谷さん」

勝谷誠彦
「やってんだけど、だけど今の映像なんてさ、合成して作ったらできるかもしれないからね。どこまで信じていいかわかんないけど(笑)」

宮崎哲弥
「合成はないと思うんだけど、百発百中で当たるかどうかなんて、これ一時を見て保証はないわけですよ。一回だけ成功しただけだから」

勝谷誠彦
「条件、相当ね、ゆるい条件のもとでやってるんですよね」

重村智計
「これ、ま、今回、地上からのやつですけどね、これまでずっと失敗してたんですよ、今まで。宮崎さんおっしゃったように」

堀江政生
「たまたま上手くいった?」

重村智計
「そうそう(笑)」

堀江政生
「そもそも核実験ができるほど北朝鮮は、準備というんですか、核を持ってるということで、進んでるんですか?」

重村智計
「あの、いわゆる爆発装置は作れるだろうと、ロシアも中国も。ですから爆発ぐらいはできる。だけど、爆発させたことがミサイルに積める核弾頭を完成したことにはならないだろう、というのが一般的な見解なんですね」

宮崎哲弥
「だけど核実験をすると、かなり縮小化が、コンパクトにすることができるというふうに言われてますが」

重村智計
「いわゆる圧縮ができるんじゃないかと言われてますが、ただ北朝鮮の技術力では駄目だろうというのが、中国とソ連(発言そのまま)の専門家の意見です」

宮崎哲弥
「テポドン2だってねー、いろいろ言われてたけど結局、失敗だったからねー(笑)」

堀江政生
「結局、北朝鮮の動きに関して重村先生はこうおっしゃってます」

<パネル>
ポイントは中国の動きです

堀江政生
「ポイントは中国の動きです、ということで、まずこちらの新聞から見ていただきましょう」

<パネル>(新聞記事)
(8月22日・産経新聞)
中朝国境に緊張?

<パネル>(新聞記事内容)
<ミサイル発射の兆し ポイントは>
中朝最大の交易ルート・・・税関当局の検査強化
北朝鮮からの出稼ぎ労働者の旅券不備で大量追放(前例なし)
7月中旬、北朝鮮を襲った水害に対し、中国からの支援なし
死亡者3万人 農作物の被害200万トン(年間収穫の半分)

堀江政生
「そこで重村先生に伺いましょう」

<パネル>
【教えて!重村さん】
中国は北朝鮮にプレッシャーをかけている?

重村智計
これはもう間違いなく圧力かけてる。前の画面にちょっと戻れますか。『税関当局の検査強化』というのは、これ、民間の人たちが食糧を持っていったり、いろんなもの持っていくのを規制してるわけですね。それから、あの、出稼ぎ労働者というのは、これは本来は旅券さえ持っていれば国境は自由往来なんです。それをわざわざその中国か何か、もの持っていくのをみんな、規制するために押さえるというのを意図的にやってる。で、あの、北朝鮮の水害に対してはですね、これまで北朝鮮側が中国に何回も、お願いしますと言ってんですが、答えなかった。ようやくですね、8月の30日に水害に対する人道支援をやると、ようやく言い出した。だからそこまでいろんな駆け引きが、中朝の間であった。それからさらに、中国は油もですね、減少させた。毎年50万トン出してんですがね、それをものすごく少なくしたと言ってますから、相当圧力かけてます」

宮崎哲弥
「私も重村先生の観測、全く同じだと思うんですけども、同意するんですけども、あの、北朝鮮の専門家の中には、もう北朝鮮は中国のコントロールなんか効かないというようなことを、おっしゃってる方がいらっしゃるんですけど、これ、どうなんですか?」

重村智計
「これ、あの……(笑)、北朝鮮は中国のいうことそのものは聞かないけども、最終的に制裁を出せる権限を中国が持ってるの、よくわかってる。例えば、中国が国境線を開放して脱北者全員引き受ければ、北朝鮮はたちまち崩壊する。油を止めたら、たちまち軍隊が成り立たなくなる。そこは中国が最大限の影響力は持ってる」

堀江政生
「わかってると。北朝鮮側は。なるほどね。さ、続きまして、『韓国の憂うつ』ということなんですが……」

<パネル>
【教えて 重村先生】
盧武鉉政権支持率14.6% ますます孤立化?
韓国の憂うつ

堀江政生
「孤立化を避けるためでしょうか……」

<パネル>(新聞記事)
(きょう・産経新聞)
安倍氏に首脳会談打診 韓国「小泉後」関係改善

堀江政生
「今日の産経新聞によりますと、安倍さんに対しての首脳会談打診、と」

<パネル>(新聞記事内容)
<盧大統領 安倍氏にラブコール>
盧大統領……去年の11月以降、小泉総理との首脳会談拒否
今年の春頃から複数のルートで靖国参拝の自粛を要請
「首脳会談に応じる用意がある」
「いつでも韓国に来てほしい」
日中関係回復の兆しにあせり
安倍氏……盧政権は「反日・反米・親北」だと警戒

堀江政生
「なるほどなるほど。ここでも一度、重村先生にお聞きしたいのはこれです」

<パネル>
【教えて 重村先生】
日韓関係修復の可能性は?

重村智計
「なかなか難しいでしょうね。あの、これ、関係回復の兆しというよりはですね、盧武鉉さんの回りにいて、業績を上げたい人が勝手にこう、話しに来てるのがほとんどなんです。安倍さんのところに。だから、ブローカーみたいなのがいて、私、安倍さんと親しいですよ、安倍さんと話つけますよ、と言って、盧武鉉さんに売り込もうとしてる人たちがたくさんいる。僕のところにも何人か来ましたよ。話してくれないかと。だから、首脳会談が実現することで自分が出世したり、利権にありつこうとしたり、そういう人が北朝鮮だけでなく、日韓の間にもたくさんいるんですよね。問題は、ポイントはですね、安倍さんが総理に就任した直後にですね、盧武鉉さんが電話をかけてきて、首脳会談をしたいんでいらしていただけませんか?と言えば、もちろんそりゃ可能性はあるが、そうでなければ、盧武鉉さん本人がお願いしていないのに、行くことはない話ですね」

宮崎哲弥
「あの、これ、日本側、安倍さんの側も盧武鉉さんに対してかなり不信感を持ってるので、はっきり言うと、盧武鉉政権の間は韓国に対して、対話しなくてもいいんじゃないかという意見が、側近の中であると。そのぐらい積極的に盧武鉉さんがラブコールすれば実現するかもしれないけど、それはメンツから言ってありえないですよね」

勝谷誠彦
「盧武鉉が来るべきでしょうよ(怒)。さんざんこんな、人の国をコケにして踏みつけにしたことしやがって(回りの笑いでこのへん聞き取りにくい)。あの、それと、盧武鉉さん、今あれもやってますよね。日本の植民地時代の協力者の財産を没収するという、とんでもない、これこそまさに東京裁判以上の、後から法律作ってさかのぼって罰するというですね、とんでもない法律ですよね(怒)」

宮崎哲弥
「しかも近代法、近代国家のやることとは思えない(笑)」

堀江政生
「その盧武鉉さんなんですけど、アメリカとの関係について、韓国国内では大論争が起きているわけなんですね」

<パネル>(新聞記事)
(一昨日9/2・朝日新聞)
有事の指揮権 論争
米軍からの移管 韓国二分
大統領「国家主権回復」
野党や保守派「北朝鮮に利する」

<パネル>(新聞記事内容)
韓米関係に亀裂!?
1950年朝鮮戦争以来、有事の統帥権はアメリカが持つ
盧政権になってから、統帥権を韓国に返還する動き高まる
韓国政府2012年に返還、とアメリカ側に
盧大統領「軍の水準は高く、今、返還されても大丈夫!!」
ラムズフェルド長官「(そんなにお望みなら前倒しで)2009年に返還する」

堀江政生
どうぞどうぞ、おやんなさいってことなんでしょうね。ただ、これはやっぱり韓国国内でも波紋が広がってるようでして、色々と問題がある」

<パネル>
問題(1)軍事費の負担増
   アメリカ6:4韓国→5:5
問題(2)米軍の後ろ盾がなくなる!?
   韓米相互防衛条約…朝鮮半島で戦争が起きれば米軍も介入
   →統制権返還後は、介入の保証なし
問題(3)米軍の東アジアにおける最前線が日本に
   ますます韓国が孤立化
    ↓
  国内世論二分

堀江政生
「アメリカなんですけども、どうぞおやんなさいよ、好きに、ということになってくると、いよいよ韓国を見限ったということになるんでしょうか

<パネル>
【教えて!重村さん】
アメリカは盧武鉉政権を見限った!?

重村智計
「まあそうですね。特にアメリカのラムズフェルド国防長官と国防総省はですね、もう韓国にほとんど嫌気がさしてて、もう勝手にしてくれ、と。韓国の軍の関係者が言ってるのは、なぜ(統帥権の返還が)2012年かというと、2012年とすれば、次の政権で話し合いに入ることになるんで、その時はもう盧武鉉さんいないんで、もっともう、なし崩しに延ばしちゃってもいいやと思ってる。盧武鉉さんの方は、自分の政権のうちに全部決めちゃいたいから(笑)、早く返せと言ってるわけです(笑)。ラムズフェルド国防長官は怒ってですね、いいや、もう好きにしろ、と。2009年にもう返すから、と、もう通告しちゃった。それで大騒ぎになってるわけですね」

堀江政生
「重村さん、どうしたらいいと思います?」

重村智計
「これはもう韓国の自由なんですけどね。但し、作戦指令帰ってくると、米韓同盟は事実上崩壊しますから。韓国の後ろ盾であったアメリカの国防力、それからいろんな協力関係はなくなりますから、韓国の国際的地位は非常に落ちる。特に中国と対抗したり、あるいは日本と対抗する場合にもですね、非常に弱く見られるんで、本来韓国にとっては相当損なんですけどね」

宮崎哲弥
「アメリカは韓国に対してかなり高性能、日本よりも高性能の戦闘機なんか提供してますよね。これももう終わりということで?」

重村智計
「もう事実上、まあ」

宮崎哲弥
「すると今は軍の水準高いかもしれないけど、だんだん軍の水準弱くなるってことじゃないですか(笑)」

重村智計
「ですから今度は、アメリカは在韓米軍が持ってる高性能な武器を、必要ならお買いになりませんか?と、もっと軍備負担を要求するわけです」

一同
「(口々に)あー、なるほどね」

重村智計
「ですから、韓国がもっとカネを出さざるをえなくなって、国防費の負担がものすごく増えてくるということになります」

勝谷誠彦
「だから韓国のカントリーリスクはものすごく上がるから、韓国経済は壊滅的な打撃を受けて、企業も逃げ出すし、ウォンは暴落するでしょうね」

堀江政生
「これはますます支持率が下がりそうですね、これ」

宮崎哲弥
「不支持率、もう75%ですから(笑)」

重村智計
「なぜ盧武鉉さんとかその周辺の人たちが在韓米軍に出ていってもらいたい、指揮権返してもらいたいかというと、いわゆる韓国の左翼の人たちが北朝鮮に対するコンプレックスが非常に強くてですね。北朝鮮は外国の軍隊が一人もいない。で、独立国だと。韓国はアメリカの軍隊がいて、従属国だと。我々も独立国になるべきじゃないか、と」

宮崎哲弥
「これね、盧武鉉政権の中に巣食う北朝鮮コンプレックスには、すさまじいものがあって……」

勝谷誠彦
「我々、理解しがたいんだけど、どうも韓半島の人たちはですね、北側が正統な政権だと思ってる。つまり、曲がりなりにもいちおう日本軍と戦ったのは北の政権だという意識がある。これほんと理解しがたいことなんだけど」

堀江政生
「重村先生に色々お聞きしました。ありがとうございました」

 _________________________________内容紹介ここまで


 私もほんと、朝鮮半島の方々の考え方は理解できません(^_^;

 そういや日本のサヨク諸君も、よく「米軍出て行け」とシュプレヒコール挙げてますけど、その先のことは考えてるんでしょうか?
 米軍がいなくなったら当然、自前で国を守らないといかん。ってことは、軍備増強せないかん。でも、日本がそういう道を歩んでもいいと彼らが思ってるわけもなく。
 まさかマジで「国民全員竹やり持って戦えばいい」とか思ってる……?(T^T)


 この特集の後、紀子さまのご出産を控えて皇室典範絡みの特集もあったんですけど、テキスト起こしは勘弁。力尽きました……orz。
 でもちょっとだけ紹介しますね。

 その特集の中で気になったのは、週刊新潮に載った、「お生まれになったのが男子であっても皇太子にはなれない」という件。これは先週木曜の『ムーブ!』でも取り上げてたようですが。
 つまり、秋篠宮殿下が天皇に即位されなければ、お子様は皇太子にはなれない。宮家の一親王でしかない。いずれ天皇になるなら帝王学を施さないといけないが、一宮家だから教育方法も予算も違う、とか色々な問題があると。

 勝谷さんは、「女系だの何だの騒ぐ前にもっと現実的なことから考えた方がいい」というふうに言ってました。
 宮崎さんも、「帝王教育については、そんなに大きな問題にならないと思う」とした上で、「それより決定的なのは、今の皇太子殿下が、近代天皇制において、自分のお子様が天皇にならない初めての天皇におなりになる可能性がある。それをこれからどう考えていくべきか」と。

 宮崎さん、さらには「秋篠宮家にお生まれになるのがもし男子ならば、皇太子という位が抜きで天皇になられる。これは私は不具合だと思う。どうすればいいかというと、皇太子殿下が秋篠宮殿下に天皇を譲位すること」とズバリ。
 但し、「この議論は今の皇太子ご夫妻に新たなお子が生まれないという前提。議論自体が時期尚早ではないかというのもある」と。

 また、勝谷さんも「今は皇室典範は譲位を認めてない。倒れられた天皇陛下がずっと意識がないというケースもありうる。でも崩御されない限り、位はそのまま。日本の状況に合った皇室典範に変えなければ」と。

 最後は、宮崎さんが「お生まれになったのが男子でも、再び論争になると思いますね」。
 そうなんですよね。たとえ男子がお生まれになっても、それで万々歳というわけにはいきません。お二人が指摘した問題点も何とかしないといけないし、将来的に言っても男系男子を守るためには、今の典範では先々行き詰まる展開になるのは目に見えてますから。

 将来のことも総合して考えると、私はやっぱり旧宮家の復帰がベターだと思うんですけどねぇ……。うん……。

!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


★★★毒吐き@てっくさんが旧宮家復籍キャンペーンフラッシュ作成にあたり、カンパを募集されています★★★
かなり大規模な計画になりそうです。いろんな著名人が噛んでます。これ以上は企業秘密。まだまだカンパ募集中です!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/2-f803268c

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索