ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

米下院で慰安婦決議案採択

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 今日は更新休もうかと思ってたんですが、気になるニュースが飛び込んできましたので、紹介しときます。
 
慰安婦決議案採択 米下院(産経7/31)
 【ワシントン=有元隆志】米下院は30日の本会議で、慰安婦問題に関する対日非難決議案を採択した。決議に法的拘束力はないが、日本政府に公式謝罪を求めている。決議案の共同提案者は下院議員総数435人のうち167人に上ったものの、決議案が採決された際に本会議場にいたのは、わずか10人程度。発声による投票の結果、出席者から異論は出なかったため採択された。

 ペロシ議長ら下院指導部は、参院選に影響を与えることを避けるため、採決の日程を選挙後の30日に設定した。上院には提出されていない。

 この日、ラントス外交委員長(民主党)が趣旨説明を行った後、決議提案者のホンダ下院議員(民主)らが演説した。共和党からもロスレイティネン外交委筆頭理事らが賛成演説を行った。反対演説はなかった。

 ホンダ議員は採択後の記者会見で、「決議は日本政府に対し、公式で明確な謝罪を慰安婦に行うよう求める強いメッセージだ」と述べ、日本政府の公式謝罪を求めた。

 慰安婦問題をめぐっては、安倍晋三首相が4月末に訪米した際、ペロシ議長ら議会指導者との会談で、「人間として首相として心から同情している。そういう状況に置かれたことに申し訳ない思いだ」と語った。

 ブッシュ大統領は首脳会談後の共同記者会見で、「首相の謝罪を受け入れる」と首相の対応に理解を示しており、日米政府間では事実上解決済みとなっている。

 これまで慰安婦決議案は4回提出され、昨年秋には外交委で可決されたものの、本会議では採決されず廃案になった。

 一方、下院外交委員会は31日、アジア・太平洋地域の安定強化や、テロとの戦いにおける日本の役割について謝意を示す決議案を採決する。ラントス委員長やホンダ議員も共同提案者となっている。慰安婦決議で日本非難をしたため、日本への謝意を示すことでバランスをとるねらいがあるとみられる。

(2007/07/31 09:15)

 最後の段落は他のマスコミはあまり伝えてないみたいですね。
 何?この帳尻合わせ。結局ホンダって「政治屋」なのよ。

 それにしても、採決時に本会議場にいたのはわずか10人程度って……しょぼい(^_^;
 だけど日本のテレビニュース見てても、議場全体が映らないから、しょぼさが全く伝わらない。

 何でわずか10人で採択されるの?について。
 産経の書き方ではちょっとわかりにくいんですが、西日本新聞7/30夕刊によれば、こういうことらしいです。

3分の2以上の議員の賛成が見込まれたことから、採決は本会議に出席した議員が賛成、反対を声で表明する「ボイス・ボート」(発声投票)で行われ、出席議員からは異議は出なかった。


 前から何度も指摘しているように、この決議案には何ら拘束力はありません。
 日米同盟にヒビが入るわけでも何でもありません。それは帳尻合わせの「日本への謝意決議案」を採決することからも明らかです。
 だから日本は全くアタフタする必要はありません。

 今回の決議案採択は、大きな教訓をいくつか示してくれたと思います。

 日本政府による「日本はこれまで何度も謝罪してきた」という主張は、全く効果がないことが分かった。
 また、アメリカの議員の日本に対する無知。彼らは事実関係をろくに調べることもせず、歴史捏造された決議案を通してしまった。

 日本の名誉を取り戻すためには、日本政府は「謝罪の実績」を主張するという従来のやり方は捨て去り、事実を突きつけてはっきり主張するというやり方に転換しなければなりません。
 アメリカ議会へのロビー活動の強化はもちろん今後の大きな課題でしょう。


 「WiLL」9月号から記事2本引用。

◇山際澄夫氏「年金、年金で安倍を潰すのか」より
 この対日非難決議案の背後には中国系米国人組織を通じた中国の工作があったことが明らかになっている。歴史を武器とする中国との情報戦に今回も戦わずして敗れたのである。

 だが、はっきりしておかなければならないのは、安倍首相だから敗れたわけではない。最早、歴史の事実を説明しても誰も信じないほどに同盟国の国民の固定観念は強いのである。歴史認識について決して争うことがなかったこれまでの政治のツケが回ってきたのである。

◇石井英夫氏の今月のこの一冊「よくわかる慰安婦問題」(西岡力氏・著)より
 この本によると、慰安婦問題がまたも蒸し返されているのは、「国内の反日勢力が国外の反日勢力と結んでネットワークをつくり、日本包囲網を形成しようとしているからだ」という。

 国内の反日勢力とは何か。捏造の謝罪と証言をくりかえす職業的うそつきの吉田清治。平気でうそを書く新聞記者と自虐キャンペーンを続ける朝日新聞。そして韓国の老女をそそのかして日本を訴える厚顔の日本人弁護士らだと。その通りと賛同する読者は少なくないだろう。

 そして「拙劣きわまる日本外交」を痛烈に批判し、「ウソを暴き、真実を主張しつづけることだ」と強力に提唱している。これまた賛同したいところだが、待てよ、慰安婦問題の底には深刻かつ厄介な要素が潜んでいる。

 米議会を舞台に暗躍する国際的反日勢力とは、中国系・韓国系がネットワークを組んだ反日活動グループである。決議案の提案者、マイク・ホンダ議員のカバンには、中国系反日団体「世界抗日戦争史実維持連合会」はじめ在米の組織からの政治資金がぎっしり詰まっている。そしていまや日系人たちの大半は、ホンダ議員を支持している。

 日系人のアイデンティティの軸足も「日本」から「アジア」へ移っているからだ。

 中韓系政治団体は、政略的かつ意図的な反日運動を展開し、日本に恥をかかせ、日本をダメにさせようと企んでいる。慰安婦はそのための格好なおいしいネタだ。

 はじめから白を黒とする言いがかりの策謀に対し、「ウソを暴き、真実を主張する」だけで果たして有効か。それが(本の)帯の惹句への一抹のあやうさである。

 「『ウソを暴き、真実を主張する』だけで果たして有効か」以前に、それすらしようとしない日本外交には改めて怒りを覚えます。
 

 決議案採択を受け、「国内の反日勢力」はさっそくこれを歓迎する声明を発表したり、安倍晋三首相あてに「提言」を提出したりと、大はしゃぎのようです(中国新聞7/31)。

 韓国メディアももちろん採択のニュースは報道していますが(中央日報7/31)、アフガンにおける韓国人人質事件で2人めの犠牲者が出たとあっては(時事7/31)、そうはしゃいでもいられないでしょう。

 中国も今は「日本との戦略的互恵関係」を後戻りさせたくないと思っているようですから(産経7/31)、あからさまな安倍非難はしてこないんじゃないでしょうか。


 今のところ決議案は上院には提出されていないそうですが、今後どうなるのでしょう?
 もし提出されなかったとしても、日本側は「沈静化してよかった」なんて思っちゃけません。
 さらに味をしめた中韓が今後、さまざまな局面でこのカードを何度でも使ってくるのは明白だからです。
 
 このカードを無力化するためには、やはり日本側がこれを「戦争」と認識し、「ウソを暴き、真実を主張する」という不断の努力を重ねていくこと、まずそれが絶対必要だと思います。

 これ、前にも書いたけど——

 祖父の代の冤罪を、いま晴らさないで一体いつ晴らすのですか?
 祖父の代の冤罪を、私たちが晴らさないで一体誰が晴らすのですか?子や孫の代に晴らしてもらうのですか?
 このままずっと「寝た子を起こすな」でいいんですか?


 と同時に、石井英夫さんの言い回しを借りれば、「中国に恥をかかせ、中国をダメにさせようと企む」ことも日本にとって重要だと思います。
 チベットや天安門事件は「そのための格好なネタ」ではないでしょうか。


 だけど、日本外交には今後も期待が持てそうにないですね。安倍さんももう今は慰安婦問題どころではなくなってるだろうし。

 昨日いただいたコメントから——

(前略)
安倍さんは、たとえば8/15に靖国参拝とか、やりやすくなってないですかね?やってほしいです。もう、背水の陣で、やれること全部やっちゃってほしいです。

ツクヨミ | 2007/07/31 12:11 AM

 私もこれ、場合によってはアリだと思う。
 安倍さん。もし政権がこの先長くは保たないと考えているのであれば、終戦記念日の靖国参拝、河野談話の白紙撤回など、これまでやりたくてもできなかったことを、周りを気にせずに思い切りやってみるのはいかが?(^_^;

 ただ、今日の「ザ・ワイド」の街角アンケートでは、「安倍さんは続投すべき」と「安倍さんは辞めるべき」の比率は4対6ぐらいでした。
 今後の政権運営次第では、「続投すべき」の声は増えていくかもしれません。


 つーか、拘束力も何もない慰安婦決議案よりも、こっちの方が日米同盟にとっては百万倍深刻でしょ。

民主・小沢代表、テロ特措法の延長に反対(日経7/31)
 民主党の小沢一郎代表は31日午前、参院選後初の常任幹事会であいさつし「第1段階の目標は達成したが、本当の勝負はこれからだ」と早期の衆院解散を目指し、政権交代に向けて結束を呼びかけた。終了後、政府が重要課題とするテロ対策特別措置法の延長について「(これまで)反対したのに今度賛成というわけがない」と反対の立場を記者団に明言した。

 小沢氏は選挙結果について「安倍内閣への不信任の表明だ。国政選挙で過半数を失って内閣がそのままとどまるというのは常識では考えられない。常識に反した行動がいつまでも続けられると思わない」と述べ、安倍内閣の退陣を強く求めた。

 テロ特措法は2001年9月の米同時テロを受け、テロ掃討作戦に当たる米軍などを支援するために制定、11月1日に期限を迎える。民主党は過去三度の延長にも反対してきた。(13:42)

 「(これまで)反対したのに今度賛成というわけがない」という発言は理にはかなっているのかもしれませんが、じゃあ「テロとの戦いからわが国が引き下がることは、責任ある政党としての結論ではないのではないか」という小池防衛相の発言(時事7/31)を、小沢代表はどう受け止めるのでしょうか。

 近々政権を取ってやろうと意気込んでいる党が、日米同盟にヒビが入るようなことをしてもいいのか?民主党はやはり「ためにする反対」しかできないのか?果たして政権担当能力があるのか?……といったツッコミは必ず出てくると思います。


■おまけ:7/31放送「ムーブ!」 安倍自民惨敗で笑う霞ヶ関官僚

 選挙前に放送してほしかった……。

 ニコニコ動画です。視聴するにはアカウント(無料)が必要です。
 見られない方、“元祖たか”さんがUPして下さってます。8月1日(水)の午後4時ぐらいまでに急いで見て下さい。


・・・・・・・・慰安婦問題関連リンク集・・・・・・・・


「河野談話」の白紙撤回を求める署名
 「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!


※拙ブログ関連エントリー(太字はオススメ)

 06/1/21付:河野洋平〜特定アジアにおける輝かしい功績
  当時の官房副長官で談話作成に関わった石原信雄氏のインタビューまとめも。

 ・06/3/4付:朝日はいつまで「元慰安婦」を利用するの?
  「元慰安婦」自身が証言してる。自分を“連行”したのは朝鮮人だと。小野田さんの証言も。

 ・06/3/19付:米連邦最高裁判所が「慰安婦」にNO!
  これで慰安婦に関して日本に賠償謝罪を求める訴えは米国内では起こせなくなった。

 ・06/6/29付:「慰安婦」日本では決着、でも米国では……
  06年に出された決議案について。

 ・06/10/2付:米議会の慰安婦決議案の採択は見送られる模様
  06年の決議案の日本語訳を掲載。

 ・06/10/17付:読売が朝日の「慰安婦」捏造を批判
  『腰抜け外務省』さんによる英文の抗議文も掲載。

 ・07/2/3付:中共の靖国キャンペーンと米下院慰安婦決議案
  07年の決議案が出た。『腰抜け外務省』さんによる英文の抗議文(マイク・ホンダ宛)も掲載。

 ・07/2/16付:「チーム安倍」と外務省と河野談話見直し
  この頃は安倍さんもやる気満々だったようです。

 ・07/2/17付:米下院「慰安婦」で公聴会 この問題を改めて考えてみた
  「証人がいるから事実」の馬鹿馬鹿しさ。

 ・07/2/20付:反日ホンダ議員に関して日系米国人のメール
  日系アメリカ人『Mon』さんの見解。

 ・07/2/21付:続・反日ホンダ議員に関して日系米国人のメール
  日系アメリカ人『Mon』さんの見解その2。

 07/2/26付:「報道2001」慰安婦問題ホンダ議員生出演(全文テキスト)
  中心人物ホンダ、最初で最後の日本のテレビ出演?

 ・07/3/10付:慰安婦問題ニューススクラップ1(3/6〜8)
  日々色んな事がありました。まとめ。今日のエントリーで紹介した櫻井よしこさんの記事も掲載。

 ・07/3/10付:慰安婦問題ニューススクラップ2(3/9)
  日々色んな事がありました。まとめその2。

 ・07/3/15付:「アンカー」安倍変身&慰安婦問題など
  青山繁晴さんの見解。

 ・07/3/16付:「ぷいぷい」慰安婦問題(全文テキスト)と河野洋平と東国原知事
  ややヒダリの番組。途中まではまあまあだが結論がひどい。ダンマリ決め込んでた河野洋平が初コメント。東国原知事は意外にもGJコメント。

 07/3/17付:【資料】慰安婦問題おさらい10問10答
  「チャンネル桜」発。問題の要点をフリップでわかりやすく説明。

 ・07/3/19付:「たかじん委員会」慰安婦問題(全文テキスト)
  田嶋はいません(笑)。三宅先生は大人の意見ですが、やっぱ納得できん。

 ・07/3/24付:慰安婦決議案、採決は5月?
  安倍訪米のため採決ずれ込む。産経は腰が引けてきた?

 07/3/27付:「WiLL」慰安婦問題特集
  今日のエントリーで紹介した櫻井よしこさんの記事も掲載。西岡力さんの記事も必見。

 07/4/9付:元慰安婦「李容洙」証言の矛盾
  米下院で証言したりあちこちで大活躍ですが、証言がコロコロ変わってる。

 ・07/6/16付:慰安婦問題で米紙に意見広告
  ジャーナリスト有志による意見広告が米紙に掲載。国会議員44名も賛同人に。

 ・07/6/22付:【お知らせ】河野談話の白紙撤回を求める署名にご協力を
  このまま河野談話を放置すれば、日本は反日勢力から永遠に攻撃され続ける。

 ・07/6/30付:慰安婦問題「寝た子を起こすな」でいいの?
  米下院外交委員会で慰安婦決議案採択。朝日の捏造のおさらいも。


※慰安婦問題動画 by TAMAGAWABOATさん

 いずれも英語字幕付き。一人でも多くの人に見に行っていただけたら、ランクが上がって目にとまりやすくなるそうです。ぜひご協力を!
 (TAMAGAWABOATさんは南京事件についても情報発信されています。こちらからご覧下さい)

 ・COMFORT WOMEN AND KONO STATEMENT
  櫻井よしこさんのGJ発言。

 ・THE TRUTH OF COMFORT WOMEN
  インパクトはこちらの方が上かも。

 ・COMFORT WOMEN ISSUE
  古森義久さんのGJ発言。


 TAMAGAWABOATさんのアカウントは削除されてしまいました。
 詳しくはよーめんさんのブログをご覧下さい。


※慰安婦問題参考リンク

 ・反日勢力撃退用・HTML版史料館より
  ・従軍慰安婦・解説編
  ・従軍慰安婦・検証編
  ・従軍慰安婦・陰謀編

 ・Let's Blow!毒吐き@てっくさん3/14付:従軍慰安婦資料集その1
  よしりんの10年くらい前のゴー宣です。

 ・新・柏原日記さん>3/27付:基礎からわかる「慰安婦問題」−読売新聞朝刊13面より

 ・河野談話リンク集


※国民の声を届けましょう

 ・自民党
 ・首相官邸
 ・外務省


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「日本より正しい情報を発信する会」メンバー募集!
ブログや掲示板等から、中韓をはじめとする反日勢力に対抗する優れた主張を、フラッシュ動画などに加工し、英文解説をつけて、YouTubeなど動画サイトにアップさせて行きます。英訳、動画作成のできる方、「このブログを英文にしたらどう?」など提案をして下さる方、大歓迎!まずは自己PRとあなたの思いを書いて、主催者のhinomaruさんにメールを!hinomaru2007@hotmail.co.jp hinomaruさんのブログはこちら。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/199-007094ea
 先日、米下院にて慰安婦決議案が採決されてしまいました。慰安婦決議案採択 米下院 イザ 【ワシントン=有元隆志】米下院は30日の本会議で、慰安婦問題に関する対日非難決議案を採択した。決議に法的拘束力はないが、日本政府に公式謝罪を求めている。決議案の....
2007/08/01(水) 23:25:01 | 雑記ワイルド

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索