FC2ブログ

ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

Entries

百田尚樹氏をヘイトスピーカー扱いする沖縄タイムス阿部記者「中立で報道しているという気は確かにない」

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

171102-06chuuritsu.JPG

 沖縄タイムス北部報道部長の阿部岳記者。

 「アホ言う奴がアホなんじゃ~!」と大阪ではよく言いますが、阿部記者には、「差別言う奴が差別しとるんじゃ~!」って言ってやりたくなります。
 


 事の起こりは10月27日、沖縄県名護市で行われた百田尚樹さんの講演。

 その中で百田さんは、高江のヘリパッド反対運動の現場に、県外だけでなく中国や韓国からも人が来ていることについて、「怖い」と述べました。

 すると、講演終了後、沖縄タイムスの阿部岳記者が「差別発言だ」と、百田さんに言いがかりをつけてきました。

 「差別ではない」「いや、差別だ」と、百田さんと阿部記者はバトルの状態に…。
 
 2人の間で実際どんなやりとりがあったか、それについては後ほど紹介させていただくとして、まずはこれ。

 朝日放送「キャスト」というのは、テレ朝系の関西ローカル局の番組。
 反安倍のスタンスで、連日偏った放送をしているため、私もよくツイッターで紹介しています。

 念のため確認したら、この日8月1日の放送分が、奇跡的に手元(テレビ備え付けのレコーダー)に残ってました!

 メインキャスターの浦川泰幸氏(朝日放送アナウンサー)が沖縄に飛び、沖縄タイムスの複数の記者に取材するという内容でした。

 阿部岳記者の出演部分を書き起こしてみます。


171102-01shuzai.JPG

ナレーション(浦川泰幸)
『沖縄タイムス北部支社の阿部岳(たかし)さん。新たな基地建設が進む辺野古や、ヘリパッドがつくられた高江など、最前線で取材を続けています。実は阿部さん、生まれも育ちも東京。沖縄タイムスを目指すきっかけは、1995年、アメリカ兵が起こした少女の暴行事件です』

阿部岳
「その時に沖縄の人がすごく怒っていて、県民大会に8万5000人集まって、ちょうど、私はニュースで見ていて、まさにそこまで私は何も知らなかったわけなんですね」

171102-02kanshin.JPG

浦川
「本当にそこまで沖縄であるとか基地に対して関心がおありだったわけじゃないと」

阿部
「はい、その時までは全く関心がなくて」

ナレーション(浦川)
『入社後は、基地やアメリカ兵の犯罪などに苦しむ暮らしを精力的に書き続けています。そこで目にしてきたのは…』

171102-03heri.JPG

171102-04satugai.JPG

浦川
「沖縄の新聞が偏ってる、偏向してるってことを、かねがね、本土は言ってくるわけですよね」

171102-05tachiba.JPG

阿部
「偏向という意味では、沖縄の立場に偏っているというのは言えるかもしれない。沖縄の経験、歴史の上にしか、沖縄タイムスはないので」

171102-06chuuritsu.JPG

阿部
「たとえば私は政府が沖縄を差別してると思ってますが、その差別をしている政府と沖縄の人々とのちょうど間で、こう、中間で中立で報道しているという気は確かにないんですよね。それはもう沖縄に軸足を置いて報道しているので。特に去年の高江は本当にひどかったですからね。もう機動隊500人が本土から来るし、土人発言はあるし、そういうことも含めて本土には全然伝わってないという感触があるもんですから、そういうことは伝えていきたいと思ってますね」

(中略。山田優介記者のインタビューなど)

171102-07taxi.JPG

浦川
「さっきインタビューされてる時もね、ちょっと沖縄方言のような形でね、おばあって仰ったりして。やっぱり親密さっていうのが、やっぱり地方紙、県紙のいいところですよね」

阿部
「そうですね、うん。そこが見えてるから、あまり迷うことがないというか、読者のために僕はやってるかなというのを確認できるので、そういう意味でも迷った時に、読者の顔が浮かぶっていうのはね、すごく健全なというか、幸せな関係なのかもしれないですね」

ナレーション(浦川)
『ここ沖縄で誰のために書き続けるのか。話を聞いた人々と、読者の顔を思い浮かべて、真っ直ぐな気持ちで原稿を綴ります。阿部さんたちの記事を載せた紙面が刷り上がっていきます』

171102-08shimen.JPG

阿部
「そもそも中立っていうのが何かということもありますよね。どことどこの間をとると真ん中なのかっていうのは人によって違うし、視野の広さによっても、ここまで見てる人はここが中間、ここまで見てる人はこっちが中間になりますし」

171102-09abeUra.JPG

阿部
「鎖でやっぱり政府とか権力は縛ろうとしてきますので、それはやっぱり解き放たなきゃいけないし…」


 他に、与那嶺一枝編集局次長、山田優介記者のインタビューもありましたが、割愛。
 そして、VTRの後のスタジオトークはこんなふうでした。

古賀茂明
「迷った時に読者の顔が浮かぶっていう言葉があったじゃないですか。だから沖縄の人のことを考えて、沖縄の人のためのニュースを流してたら、こういう新聞になりましたってだけなんですよね。それを本土の方から、何も知らないで、偏ってるってなんて言うのは、ほんとに侮辱だなっていうふうに思いますね」

木原善隆(朝日放送記者)
「大前提として、テレビは免許事業ですけど、新聞は別に論調は自由なんですよ。読者に寄り添ってるわけです。偏向だという人が考えてほしいのは、なぜ沖縄の民意がそちらに行くのかということを考えてほしい。つまり米軍基地のほとんどを押し付けているという現状を変えないで、偏向してる偏向してるというのはあまりにも無責任だと思いますね」



 阿部記者は「(沖縄の)読者のために僕はやってる」と言いますが、事実と異なる報道をしたり、事実を隠蔽したり、ミスリードしたり、印象操作したり…。

 それで果たして本当に沖縄の読者のためになってるんでしょうか?
 何よりもまず事実を報道することが、新聞社の最大の使命ではないのでしょうか?

 「沖縄の立場」「沖縄に軸足を置いて報道」という言葉も気になります。
 沖縄にはさまざまな声があるのに。

 言うまでもないことですが、県民全員が「米軍出て行け」と思っているわけではありません。
 特に尖閣諸島周辺の島々に住む方々は、中国の軍事的脅威を日常的に感じているわけですし。

 そのことは阿部記者も知っているはずですが…。

 高江の最前線で取材しているというなら、反対派が地元住民と様々なトラブルを起こしてきたことも、もちろん知っているはずですが…。

 まさか、阿部記者や沖縄タイムスの中では、米軍基地の存在を是とする県民や島嶼部の県民は、「沖縄県民」としては扱われていないのでしょうか?


 これらを踏まえた上で、さて、百田尚樹さんに対する阿部記者の言いがかりです。

 我那覇真子さんが2人のやりとりを撮影していました。

 ★動画その1
 ★動画その2

 阿部記者の卑怯なところは、都合が悪くなると逃げることです。

 かつて、活動家の山城博治被告が米軍基地内に入ったのに、入っていないという記事を、沖縄タイムスは書きました。

 その後、在沖縄米海兵隊の政務外交部次長だったエルドリッジ氏が公開した動画によって、実は入っていたことが明らかになりました。

 しかし、沖縄タイムスは未だに訂正記事を出していません。

 それはなぜなのかと我那覇さんが尋ねたところ、阿部記者はこう述べています(動画その1)。

 「今、私はここに会社を代表して来てるわけではない」
 「あれは山城さんがそう言ったというふうに書いた記事」

 我那覇さんが、「沖縄タイムス記者もその場にいて、同じく基地内に入ったにも関わらず、入ってないでは通らない」と反論すると、阿部記者はこう返しています。

 「私はその現場にいなかった」

 我那覇さんが、「不都合になったら僕はタイムスの代表ではないと言うが、あなたはタイムスを代表して記事を書くじゃないですか。ダブスタ、二枚舌じゃないですか」と指摘しても、阿部記者はヘラヘラ笑ってるだけ。

 他の男性が、「山城さんがそう言ったら、新聞としては裏も取らないで書くわけですね。それが真実かどうか調べないで、そう言ったって書くわけですね」と突っ込みましたが、阿部記者はそれにも答えず、「百田さんにお話を…」と話を逸らしました。

 場所を移しての百田さんと阿部記者とのやりとり(動画その2)も見ましたが、何としてでも百田さんを「ヘイトスピーカー」にしようとする阿部記者の態度にうんざりしました。

171102-10hyakuta.jpg
[画像は10月31日(火)放送「虎ノ門ニュース」より。以下同]

 沖縄の米軍基地反対運動に、他府県からだけでなく、中国や韓国からも来ている事態は怖い、という百田さんの発言を、どうしても差別だと言って譲らない阿部記者。

 しかもその理由が、おかしい。
 「中国や韓国はマイノリティーで常に差別の対象にされているから」だと。

171102-11abe.jpg

 それに対して、百田さんはこう指摘。
 「あなたがそう考えるのは、あなた自身に差別意識があるから」。

171102-12sabetsu.jpg

 すると、阿部記者はなんと、小池百合子氏の「排除」発言や、「ニュース女子」まで持ち出して、百田さんを「ヘイトスピーカー」に仕立て上げようとしました。
 この両方とも百田さんとは全く無関係なのにも関わらず。

 百田さんは何度も同じ説明を繰り返し、阿部記者の理解を得ようとしましたが、結局、阿部記者は百田さんを「ヘイトスピーカー」扱いしたままで、最後までヘラヘラしながら、帰っていきました。

 さて、翌日の沖縄タイムスはこれをどう記事にしたか?

 ネットの力はすごいですね。
 但し、阿部記者はギリギリのことをしてきました。

 百田さん自身が今回のことを10月31日(火)の「虎ノ門ニュース」で解説しているので、興味を持たれた方はぜひご覧下さい。

 アーカイブは2週間で消えるのでお早めに!
 ちなみにゲストは依田啓示さんです。

171102-13yoda.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★8月1日「キャスト」阿部岳記者関連で私のツイートの続き

★拙ブログ関連エントリー(沖縄・高江)
16/10/4:沖縄・高江の住民の我慢は沸点に達している
16/10/22:“土人”発言 沖縄出身の嵩原弁護士が反対派とメディアを批判! 「あさパラ!」より

★拙ブログ関連エントリー(百田さん)
15/6/29:移設賛成派を封殺する沖縄二紙に百田尚樹氏を批判する資格はない
17/2/4:やっぱり憲法改正せなあかん!「大直言」青山繁晴×百田尚樹
17/9/8:米朝対話の先にあるものは? 日本はまさに「カエルの楽園」(付:山尾議員不倫疑惑)



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。

このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-1.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!
スポンサーサイト

*Trackback

トラックバックURL
http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1966-a2a7df6c

Menu

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索