ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

小池新党は希望の党じゃなく「野望の党」!枝野新党はリベラル新党じゃなく「左翼新党」!…青山繁晴「虎ノ門ニュース」

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【一覧】「アンカー」など青山繁晴さんテキスト起こし
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■10/2放送 DHCシアター「真相深入り!虎ノ門ニュース」

171002-01title.jpg

 この1週間、政界はほんとに激変でしたね。
 1週間前は、自民党の内閣府副大臣(福田峰之さん)や、日本のこころの中山恭子さんが小池新党に参加するってニュースで盛り上がってましたが、何だかもう何ヶ月も前の出来事のような…。
 その後、民進党の事実上の解体とか、希望の党が「リベラル排除」とか、いろんなことがありすぎましたから。
 で、今日は、枝野さんが「立憲民主党」の結成でしょ。
 まだまだドタバタは続きそうですね。
 
※元動画はこちら(10月2日午後7時現在)。URLが変更される(修正版がUPされる)こともあります。その場合は、DHCシアターの再生リストから、たどって下さい。但し、アーカイブは2週間の公開です。
※引用転載はご自由に。連絡不要です。但し誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので、必ずこちらのURLを添えておいて下さい。



 内容紹介ここから____________________________
 
(★)オープニング

(居島一平:どうしても新党のお話になってくると思うんですが、何か民進党の皆さんが難民みたいになってますよね、ほとんど。何か民進の二文字が難民に見えちゃうんですけど)

 難民の方々に失礼ですね(苦笑)。
 最低ですから。
 難民の方々は、子供を助けるために親が懸命に、貯金をはたいて子供をボートに乗せたりしてるんですから。
 いえいえ、一平ちゃんの間違いじゃなくて、政治家の間違いですけども。

(着席後)
 僕、「希望の党」ってどうしても言えなくてですね。
 これは僕が自由民主党の議員だってこととはっきり言って全く関係なくて、皆さんもそうだと思いますけど、もう政治っていうレベルを超えて、人間の一番醜悪なところをね、もう1週間まるまる見せられたでしょ。
 で、それをやってるのは小池さんの希望の党ですよね。
 民進党ももちろん同じですけど。
 それを「希望の党」って言わなきゃいけないのかなって。
 「野望の党」って…(スタジオ笑)。
 いや、共産党とかは「絶望の党」って言ってますけど、共産党がよく言うなって思うから。
 「野望の党」はむしろ公平にして客観的な言い方じゃないかな。

 もうひとつどうしても言いにくいのは、メディアは、民進党の左巻き、はっきり言うと左翼の…。
 これもう国際社会から見ても完璧に左翼ですね。
 いわば、その国の伝統とかを否定し、未だにマルクス・レーニン主義の幻影に未だにしがみつくっていうか、引きずってるっていうのかね。
 だから客観的に言って左翼の方々を、日本のメディアは日にち毎日もうリベラルって言ってるわけですね。
 全然リベラルじゃないですよ。
 産経新聞まで、今朝の朝刊までリベラルって書いてましたよ。

 僕、前から自分の本でも書きましたし、ずっと主張してきましたけど、リベラルっていうのは本来はフランス語で、フランス革命から始まって、国民や家族や愛する人を守るために、自ら銃を取って戦う。
 で、イコール、弱者を忘れないと、いうのをリベラルと言うのであって。
 したがってアメリカのリベラルは民主党ですけれども、民主党が基本的には戦争を行ってきた。
 ベトナム戦争は民主党、終わらせたのが共和党のニクソン大統領。
 湾岸戦争以降は事情が違うけれども…。

 安全保障の法律を作っちゃいけない、戦争法だって言うんじゃなくて、むしろ武力を用いてでも、人の命や人権を不当に侵す者に対しては戦うというのがリベラリズムであって。
 全く、日本が敗戦後言ってるリベラルとは、似ても似つかない。
 それがいちおう、まだこれははっきりしないが、自由民主党プラス公明党の、これはっきり言って一番安定してる、右往左往してないグループがあって、それでこの自称「希望の党」…。

(居島一平:自称が付くと「イスラム国」みたいになっちゃいますね…(苦笑))

 テロリストではないから。
 でも、希望っていう美しい日本語を、おかしなものにしないでほしいんですよね。
 野望がバレバレだからもう「野望の党」でいいと思うんだけどな。
 あ、「小池新党」にしようか(と呼ぼうか)、じゃあ。
 「小池新党」。どう見ても「若狭新党」じゃないから。

 で、そこからはじかれた人たち、それが今、不当だ不当だとおっしゃってるんですが、え?民進党の両院議員総会で、全部丸呑みしたのは前原さんだけじゃなくて、枝野さんだって、菅元総理だって、野田前総理だって、みんな丸呑みしたわけですよ。
 公平に言って、あの時点から小池さんは憲法改正って言ってたわけですよ。
 あるいは安保法制って言ってたわけですから。
 あの時は、それ、全然忘れたかのように丸呑みしてて。
 で、実際の公認作業に入った時に、あなたところで安保法制に賛成してくれるんですか?いや賛成しませんって言ったら、公認できないのはむしろ当たり前じゃないですか。

 で、その人たちがリベラル新党なるものを作ろうとしてて、これはまだ作れるかどうか分からないっていうね。
 もう10月2日ですよ。
 公示まであと1週間ちょっとなんですけど、作れるかどうか分からないわけですよ。
 まず、お金の奪い合いになってるわけです、今。
 お金も非常に不透明だと思うのは、政党助成金。
 政党助成金っていうのは、これ貯金していいんですか?
 これおかしいと思いますよね。
 政党助成金は特に岡田克也さんが熱心に、使わずに貯金してきたわけですよね。
 いざという時に備えてとおっしゃるけど、政党助成金っていうのは、政党に入ったら何してもいいという解釈は、これやっぱり法の精神からしておかしいと思うんだけど。
 今、岡本ディレクターは90億と言ってたけど、本当は100億超えてるって話と、で、僕は民進党の議員に直接聞いたら、いや、140億って聞いたこともあると。
 だから90億から140億ぐらいの幅があるってことは、もうほんとに内緒で貯め込んでるわけですよね。
 しかも小池新党は、そのお金を奪いに来たわけですよね。
 だからもう人間として恥ずかしいようなことがずっと行われていて。

 でも、いちおうこの土日もわっさわっさやってですね、これあと具体的に言いますけど、ぐちゃぐちゃになった結果、月曜日まで決着付いてないけど、いちおうぼんやりと、自公、小池新党、リベラル新党っていうふうに、メディアがそう言ってるわけですよ。
 だから小池新党を希望の党って言ったり、ほんとは左翼の、実は世界で全く役にも立たなくなってる集団をリベラルって言ったり、この言葉に対してきちんと僕たちは目を開いてなきゃいけないと思うんですね。

 で、この1週間ほんとに、政治のレベルっていう意味では、レベルが低いっていうよりは、完全に崩壊現象ですよね。
 だから安倍総理も、小池新党の批判に演説の時間、当初長く取ってたのは僕は全くおかしいと思ったから、もうはっきり言ってそんなことどうでもいいんで、安全保障を国民に問うための選挙だということを言って下さいっていうことを、僭越ながら、正直ガンガンに言ったところ、僕の意見だけじゃなくて、他の人からも言われましたというふうに、総理サイドからやってきて、お話振り、だいぶ変わりましたよね。
 でも自由民主党の党としては、ひとり副大臣が自分の選挙勝てないから、江田憲司さんと(選挙区が)一緒じゃ負けるからってことで小池さんの方に行ったりと、あとゼロですから、党としては揺らいでないのは間違いない。
 でもトップの安倍総理が小池批判だけしてたら駄目ですよ。

 で、今、僕、けっこう長話しましたよね。
 これ僕が言ったことをですね、大半ね、この2~3日の間に、僕のブログに書き込んだ方々の意見にもあるんですよ。
 これは本当に救いであってですね。
 非常に冷静に見てらっしゃる。
 但し、僕のブログに書き込んでる方は少数派なんですよ。
 ほとんどが、安倍さんは森友学園事件や加計の件をうやむやにしてるよね、それでこんな自分勝手な解散するしさ、と。
 この2つがものすごく浸透してて。

 だからたとえば共同通信の世論調査でも、内閣支持率、支持の方が不支持を上回ってたのが、また逆転して、不支持の方が大きくなってるわけですよ。
 ところが実際は森友学園事件も加計の件も、国会では完璧に終わってて。
 森友学園事件は籠池理事長夫妻の個人犯罪であることがもう明確になっていて、だから今、司法の捜査が行われてる。
 でも総理や総理の奥様が何か利益を得たっていうことは、全くゼロなんですよね。
 それから加計の件については、おかしな話が解明されてないんじゃなくて、当事者だった加戸守行愛媛県知事の証言などによって、むしろ獣医学部が必要なのに、それを半世紀間つくらせなくて、患者というよりははっきり言ってお客が減ることを心配するような、困った獣医師さんたちがそれを阻んでて、それを文部科学省も、自由民主党や民主党の族議員、そういう人たちがつるんで、阻んでたと。
 話が全く逆さまだということは、もう国会審議で、あえて言いますが不肖私の質問によっても、それだけじゃなくて、僕の質問も加えて、解明されたわけですよ。

 それをNHKも各有名新聞もほとんど伝えないから、皆さんが知ることができなかっただけであって、これもう一回臨時国会で審議して、何が出るんですか。
 この経緯にも関わらず、謝ってしまった安倍総理も、これもまた間違いですよ。
 しかし少なくとも、「もりそば・かけそば」については、安倍総理に傷はないということはむしろ通常国会全部使って、それからそのあと閉会中審査も使って、国民の莫大なお金を使って、これ証明されてるんで。

 それを報道しないメディア、認めない野党の方にむしろ問題があるのに、それ話が逆さまにされて、そして内閣支持率がまた沈んで、この解散は意味がないんだ、大義がないんだってことにされてると。
 だから小池さんの野望でぐちゃぐちゃになってるけれども、事の根幹はそこにあるので。
 そういうことがあるから、小池さんは、そこに便乗して、僕はこれ最悪だと思いますよ。
 国家戦略特区と言っても、お友達でやったら意味がないって、これ加計とも森友とも言ってないけど、言ってないことも実はずるいだけであって。
 だから希望じゃないって言ってるわけですよ。
 ずるい希望ってあるんですか。
 これほんとに子供に話せないですよ。
 ずるい希望があったら世の中おしまいなんですよ。
 加計とも森友とも言わないまま、小池さんは、じゃあ閉会中審査の審議をご覧にならなかったんですか。
 あれ聞いて、加戸元愛媛県知事の証言のここがおかしいとか言ったうえで、その話をされるならいいけれども、それは一切言わないで、メディアと野党の作った話に乗っかってるだけでしょ。
 これ選挙戦と言えますか。

 地上波のテレビ見てるだけでは、有権者が間違った所に誘導されるので。
 意図的に悪意を持って誘導してるから、だからたとえば虎ノ門ニュースであったり、他のネットテレビであったり、いろいろ活用していただいて、ネットのやりとりも活用していただいて、安倍総理のツイッターも再開されましたので。
 これ実はご意見申し上げました、ツイッターをやるべきですと。
 意外にもすぐに反応があって、やりましょうと。
 トランプさんほど過激なというか、無茶な発信をして下さいとは申しませんけど、まあでももっと本音に踏み込んだツイッターをという意味なんですけどね、僕は。


(1)政権運営や解散の大義巡り舌戦 論戦スタート

 たとえば安倍総理は、京都府の舞鶴に行かれて、引退される谷垣禎一さんの地盤に行かれて、イージス艦の視察を。
 舞鶴を拠点にする「みょうこう」だったと思いますが。
 何でもないニュースになってますが、要は谷垣さんが引退なさるので、危ないかもしれないと。
 あそこは防衛省の幹部、僕は直接存じ上げない人ですが、第1次安倍政権の時にすでに事実上の反乱があった人です。
 いずれにしても強敵ですよね。
 谷垣さんの地盤で自由民主党が議席を失うと大変だから、そこに行かれたように見える。
 その面もゼロとは言えないが、でも本当は、いま(共同通信の)原稿には北朝鮮の話しか入ってなかったが、まさしく小池新党がどうだとか、民進党がどうだとか以前に、それからあえて言うと消費増税よりも…。

 消費増税を公約に入れると言ったら、小池さんはそれ見ただけで凍結と。
 凍結した後どうするか何も言わずそれ言ってるわけですから。
 だから幸か不幸か安倍総理ももうそこは争点にできなくなってきた。
 僕の申し上げてきたこと、政権公約にすべきじゃないってことがどこまで影響したか、影響したって話も聞いてますけど、でも僕だけじゃなくて、そういう意見を届けた人はたくさんいたと思います。
 で、本来の争点に移りつつあるわけです。

 安保法制を初めて作った。
 何が初めてかというと、集団的自衛権を非常におかしな限定条件は付いていても、なんちゃって安保法制で、拉致被害者も救出できない安保法制だけども、でも一定の条件のもとでは集団的自衛権を使うことができて、そして相手国の同意っていうおかしな条件付いてるけれども、海外の日本人、拉致被害者も含めて救えると、いうことがやっとできた。
 で、その時に、解散総選挙をして有権者の意見を聞くことはできてないわけですから。
 どういう解散、どういう総選挙でも、今まで安全保障が争点になったことがないっていう、信じられない現実が本当の日本ですから、今回ようやく安全保障が、それもいわばリアルタイムで議論になるわけです。
 これから戦争になるかどうかまだ分かりませんが、少なくともアメリカは戦争の選択肢があるってことを明言してて、北朝鮮は外交交渉に全く応じていません。
 何かあった時に、安保法制を活用するのかしないのか、活用するんだったらどのように活用するのか、というのを有権者に直接聞く機会であって。

 もちろん経済も国の根幹ですが、消費税が国の根幹じゃなくて、安全保障、国民を守った上での、消費税を廃止するのか、あるいは増税するのかという議論になるのであって、一番大事な総選挙をやっとやってるわけですよ。
 で、それを、僕ごときの意見は影響しませんが、正直言うと、身を挺してずっと言ってきました。
 議員辞めてもいいぐらいなんですよ。
 ふざけんじゃない!って、この選挙って。ほんとに。
 まともな神経で言うと、有権者がスペインのカタルーニャみたいに大デモを起こしたり、どこかからクーデターの噂が聞こえてもおかしくないぐらいの混乱なんですよ、これ。
 だってさっきの政党助成金の話も、みんな、消費税が2%上がるだけで苦しい経済の中にあって、100億前後ってカネを貯金してる?!
 やっぱり僕たち大人しすぎると思うんですよ。

171002-02abeMaiduru.jpg
[海上自衛隊のイージス艦「みょうこう」で隊員らを激励する安倍総理=9月30日夜、京都府舞鶴市。画像は産経ニュースより]

 僕ごときの意見が影響しているとは思いませんが、それでも舞鶴に行くことになった。
 なぜか。北朝鮮に対する最前線ですから。
 もともと舞鶴にイージス艦を常駐させるようになったのも、中長期で北朝鮮のリスクを見てのことですから。
 だから産経新聞まで含めて、何となくイージス艦に行かれたような書き方だけど、違いますよ。
 そこで総理がきちんと話された話も、要するに、国民が自衛隊といつも共にあると。
 だから北朝鮮のリスクを正面に受ける自衛隊、国民を信頼して、共にこの危機を乗り越えましょうと。
 そのまさしく最前線を見て、本当の意味の励ましで行かれたわけですよ。
 単なる選挙目当て、だけじゃなく。
 だからそこは少し良くなってるんですよ。
 それはそれでちゃんと公平に伝えていただきたいんですよ。
 何となく谷垣さんが引退するからそこに行って、選挙弱いかもしれないからそこに行って、そして何となくそこにイージス艦泊まってるから乗ったわけじゃないんですよ。

(居島一平:「みょうこう」は確か、16年前の能登沖不審船事件の時に追跡した護衛艦でしたよね)

 そうです。
 ま、そういう意味合いもあるわけですよね。
 だからそこをどれぐらい有権者がきちんとご覧になれるかっていうことも、有権者、主権者の勝負所だと考えていただきたいです。


(2)安倍首相が新党けん制「ブームが低迷生んだ」

 全国幹事長会議っていうのは、自由民主党内部の話だから、そこでは新党ブームをちゃんと解釈なさるというのは意味があると思う。
 ただ、特に初めの頃の街頭演説を聞いた有権者から僕のブログに、血相を変えて小池批判だけされるっていうのは違うんじゃないかっていうのが来て、それはおっしゃる通り、冷静に見てらっしゃるなと思います。


(3)「政権獲得」困難 若狭氏が小池氏出馬を否定

 このニュースって、本当は中でどれほどぐちゃぐちゃになってるかっていう、ニュースなんですよ。
 このニュースを聞いただけでは分からないと思うんですよ。
 まず、若狭さんはずっとぶら下がりをやってるわけですよね。
 小池さんははっきり言うと都合がいい時しか喋らないし、都合のいい時しか出てこない。

171002-03hosoWakaKoike.jpg

 しかしまあ新党スタートの時に、小池さんが出てくる時に、細野さんや若狭さんが壇上に並んでて、そこにハイヒールの音が聞こえてきて、(イメージ動画を)見たでしょ?
 細野さんは明らかにもうギョッとした顔になって、つまり何も聞いてなかったと思われますよね。
 で、みんな右往左往してあちこち見たら、画面に小池さんの後ろ姿が映ってて、それを見せられた後にヘラヘラ笑いながら、小池さんが入ってくると。
 私の独裁ですっていうことを見せつけてるわけですよね。
 あれで「希望の党」ですか?
 やっぱり「野望の党」と言うしかない。

 あれが象徴したのは、小池さんの今の心境プラス、細野さんも若狭さんも、一部を利用されてるだけであって、首脳陣の一角とは言えないと。
 首脳陣っていうのはいない、小池さんしかいない、事実上の独裁政党だっていうのがよく分かるわけです。
 小池さんはメディアの使い方、もちろんニュースキャスター出身ですからよくご存知なので、いい時しか出てこないから、あとは若狭さんに任せっきりなんですが、その若狭さんに小池さんは本当のことを言ってないんですよ。
 たとえば、若狭さんは衆院参院を統合しての話なのか、一院制が一番の公約だと言ったでしょ。
 それどこ行ったんですか?
 影も形もないですよ。
 したがって、若狭さんの言うことは、ほとんど何も信用できないんですよ。
 信用できない人間と言ってるんじゃなくて、小池さんと話ができてないですから。
 したがって、小池さんが都知事を辞めて衆院選に出馬する可能性は低いと言ったって、それ本当なのか嘘なのか誰も分からない。
 小池さん本人にしか分からない。

 それで若狭さんは、今回政権交代が無理だったら、次でもいいじゃないかと言ってるけれども、それは若狭さんらしい、ま、穏やかな人柄だからそういうことになってるんであって、小池さんは基本的にそういう考え方しないですよ。
 政権交代って言ってきたのに、政権交代いつあきらめたんだって話も、若狭さんも実は説明できないわけですよね。
 だから出てくる情報が全然信用できないんですよ。

 それから若狭さんは第1次公認を近く発表するんだと。
 こないだまでは、その中に民進党出身者がいないと言ったのが、今いることになってるんですよ。
 ところが枝野代表代行は、いや、これ信用できないと言ってて、若狭さんじゃなくて前原さんに説明を求めたわけですよね。
 で、これ実は、昨日日曜日でしたけれども、激しい動きがあったのは、まず枝野さんと前原さんが電話で大喧嘩になったんです。
 僕の責任で申しますが。
 それで、要するに枝野さんは騙されたと。
 あの時は事実上、民進党と希望の党のまるまるの合流だったと。
 条件付けるなんて話はなかったじゃないかというふうに、枝野さんはしたたかですから、メディアの前に出た時は穏やかな話してるけれども、電話では激高したわけですよ。

 どうしてかというと、枝野さんの選挙区に、小選挙区ですよ、希望の党が公認候補を立てるっていう動きになったわけですよ。
 で、枝野さんなりに情報取ってみると、それが本当か嘘かさっぱり分からなくて、小池さんは一切話してくれないわけですよ。
 それで枝野さんはぶつける先がなくなって、前原さんとの電話で、まあはっきり言うと、大爆発したわけですよ。
 で、前原さんの方は、分かりました、そんなことさせない、全員合流させますってことを表では言ってるけど、枝野さんとの電話ではそれ言えないわけです。
 なぜかというと、前原さんはもう小池さんから、ずっと前から、党としての合流はないと言われてるんですよ。
 これは公平に言って、小池さんは本当に前原さんにそれ前から言ってたわけですよ。
 丸ごとの合流はありませんよと。
 で、選別するとか排除するとかは、その時は言ってなかったんですよ。
 前原さんにしたら、それ小池さん言わなかったのにやってると。
 それはしかし前原さんがおかしくて、党全体の合流はないと言われたら、そしたら左翼系の議員は希望の党と一緒になれないというふうに、思わないといけないじゃないですか。

 前原さんもおそらくそれ気がついてるはずなのに、それを両院議員総会で言ったら大荒れになって何もできないと思うから、みんなで一緒になって新しい希望を作りましょうみたいなことを言って、そしてそれでシャンシャンと拍手した側も、枝野さんも、菅直人元総理も、野田前総理も、辻元清美さんも、みんなシャンシャンとやったわけですよ。
 辻元清美さんは何も言ってないと言ってるけど、何も言ってなかったらいいんじゃなくて、反対を言わなきゃいけないじゃないですか。
 あの人、民進党の代表代行ですよ、今。(註:辻元氏は幹事長代行)
 この前原人事にも、僕は前原さんと友だちですけど、あきれかえるんですけど。

 あの時、要はこっちには貯め込んだお金がある。連合という組織もある。
 だから希望の党は頭下げて、全部受け入れて、イメージが悪くなった民進党じゃなくて、小池というイメージでやれるとみんな、それだけを当て込んだわけじゃないですか。
 だから憲法改正とか、安保法制容認とか、そういう一丁目一番地の大事なことは吹っ飛ばしといて、全部OKと言ったわけですよね。
 だからこれは小池さんからしたら、こんなの譲れるわけがないでしょ。
 ところが、この月曜日の早朝、僕のところに来た直接の話だと、いや~譲った方がいいのかなと。
 結局、丸呑みにした方がいいのかなと。
 そういう話になりかけて、僕は自由民主党の議員ですから関係ないですけど、ま、民進党にも知り合いは多いですよね、元政治部の記者ですから。
 それで僕は(笑)、それあっちこっち行って、戻り戻りって、いいですけど、これみんな人間として信用されませんということ言ったら、何か一緒になるのはちょっとやっぱりまたヤバイから、じゃあ枝野さんとこに対抗馬立てる、こういうのはやめようかと。
 入れてあげないけど対抗馬も立てない。
 これ実はある意味、半日ほど前に突然うまく行ったのが、大阪に候補立てないって言ってあげたら、維新が乗っかってくれたんですよね。

(居島一平:すみ分けっていうやつですよね)

 ええ、これすみ分けっていうのも無茶苦茶なんですけどね。
 地域政党じゃなくて、今、国政政党として国政選挙やってるはずが。
 だから自称「希望の党」、小池新党は、大阪は度外視なんですか?
 これで国政と言えるんですか?
 じゃあ大阪って日本国以外の所にされてしまったわけだ、維新王国か何かに。
 でも本当は維新は今、党勢が退潮の最中にあって、あれほど総力戦をやった堺市長選挙も負けたわけですよ。
 だから小池さんはそこに手を伸ばして、要するに今、無茶なことをやってるってイメージをなるべく和らげて、それから既存政党はとにかく政党助成金あるから、民進党から全部取れないんだったらそういう所も実は確保したいなというのがあって、維新が出すって話になってるわけじゃありませんけど。
 こういうのって、次の首班指名に向けて、まさしく日本の希望を掲げて動いてるっていうのは、言えませんよね。

 有権者はまず今回のような大混乱ですと、既存の、既得権益の側の情報提供を信用しない。
 地上波のテレビや僕の古巣の共同通信も含めて、既得権益で食ってきた所の情報発信を信用しないってことが大事。

(視聴者メール紹介。省略)

 じゃあ有権者は立候補者に何を訊いたらいいのかっていう一番大事な所。
 今回は2つだけだというふうに思って下さい。

 消費増税は再来年の10月ですから、そこで経済がどうなってるかによってもちろん変わります。
 安倍総理自身が問題の会見のあと、リーマンショック級のことがない限り上げると、逆に言うとリーマン級のショックがあれば上げないとすでにおっしゃってるわけですから。
 だから忘れるということではなく、今回の最大の争点ではないです。
 最大の争点は本当にモリカケというのが解決されてないのか。
 それから安全保障と北朝鮮なんですけど、要するに安保法をどうするのか。
 この2つだけ。

171002-04frip.jpg

 モリカケは要するにもう終わっていると。
 なぜ終わっているかというと、閉会中審査の議事録がちゃんとネットにアップされてるから、流し読みしていただいて、特に加戸証言のところを公平な目で見ていただくと、話が逆さまであって、やっとやるべきことがやれたんだっていう証言が具体的に語られてますから、これ少なくとも臨時国会でもう一度審議することじゃないと。
 したがって2つ合わせて、この解散には非常に大義がある、意義があると。

 で、この安保法制について言うと、10月18日に(中国の)共産党大会があって、トランプさんの11月アジア歴訪、日中韓を回ると。
 これまではいちおう戦争が起きない可能性が高いから、これまでに総選挙をやって、何かあった時に安保法制を活用するのかしないのか、活用するんだったら集団的自衛権を法に書いてある通り、どのように限定的に使うのか。
 そういうことを与野党ともに正面に出すべきであって、それで総選挙を行わせるように有権者が求めると。

 だからモリカケはもう終わってて、ごまかしたわけじゃない、この議論をやらないために解散したんじゃないと。
 それから安保法をそれぞれの立場で考えなきゃいけないと。
 この2点だけだと。

 で、僕がこういう話をたとえば福岡で講演したら、僕の全く知らないジャーナリストという方が、ネットニュースなどで、「青山は安倍総理の親衛隊」って書いてあった。
 (註:こちらでしょうか?http://www.mag2.com/p/news/270259

 何を言っても自由ですけど、事実に反することを事実のように言うのは、ジャーナリズムの名に値しない。
 そして「開戦を歓迎してる」と。
 それは、日本にとって最悪なのは米朝が裏合意して、北朝鮮の核が認められてしまって、そして日本が核武装に至らざるを得ないことが最悪のケースだと。
 しかし、開戦こそが最悪だから、これはアメリカの戦争を安倍総理ごと歓迎してるんだと、無茶苦茶な話にするわけですよね。
 で、これはネットだからいいわけじゃなくて、ネットでも僕に対しては、1対9と言ってぐらい、組織が動いてやってますから、そこに便乗してますよ。
 著名人まで便乗してる。
 テレビに出てる著名人は、もうはっきり言って物を考えてないという以前に、現場に行ったことがない人が大半ですから。
 要するに台本読んでる人が大半ですし、台本読んでない時も自分の感情でおっしゃってますから。

 で、それがネットの議論にも大量に進出してるということなので、だから全部合わせて、どれがいいどれが悪いじゃなくて、それから今回の候補者もそうですし、もう自由民主党だからそこに投票してくれって、僕はこれから応援演説に行っても言いません。
 そうじゃなくて、主権者ですから、混乱状態であってもちゃんと情報は溢れたようにあるので、ご自分でいわば情報の現場を歩いて、小選挙区の最大の現場はずばり事務所ですから、行ってみて下さい。

(居島一平:ここで臨時ニュースをお伝えいたします。速報ですが、民進党の枝野幸男代表代行は本日10月2日、午後2時解禁で新党の立ち上げを発表します。党名は「立憲民主党」。記者クラブ加盟の各メディアは午後2時解禁で報道しますが、「虎ノ門ニュース」は記者クラブに加盟しておりませんので、速報でお伝えいたします)

 さっき言いました、枝野さんと前原さんが電話で大喧嘩になりまして、そのあと実際に会談したりしたんですけど、うまく行かなくて細野さんが入ったりしたんですけど、結局、話がまとまらなかったんですね。
 枝野さんが早めに動いたっていうことは、要するにこれに対してもグラグラなんで、とにかくこれを固めちゃおうということですね。
 だからいちおう3極選挙になる方向が、強まるかもしれないです。
 何で3極かというと、枝野新党が本当に実現するとすると、そこに共産党が乗ります。社民党も。
 だから左翼政党ってことをむしろはっきり、メディアはもう一回言いますが、保守の産経ですらリベラルと言ってるわけですから。
 党名にリベラルと入れなかっただけ、まだマシっていうか(笑)。
 小池さんと違って、したたかさが足りないっていうのか。
 希望がなくても希望と平然と言える人と…。
 本当は野望なのに、ご自分の野望こそ日本の希望だと思ってらっしゃるんですよ。
 そう思える人と、さすがに憲法と言うしかないなと思ってらっしゃる人と、なんですが。

 共産党や社民党が乗っかってくるから、安倍政権を継続する自公、それからとにかく自分が総理になりたい小池新党、そこに乗っかって代議士になりたい人たちのグループ、それと、そこからはじかれた、もともと手を挙げたんじゃない、はじかれたから手を挙げた人たちの左翼新党。
 リベラル新党じゃないですよ、左翼新党。
 辻元さんどうするかな。無所属でやるかもしれませんよ。

 無所属だと比例代表の重複立候補ができなくなるから、やっぱりもう自分が自分がで皆さんお考えになって、10月10日の公示日を迎えるんですよ。
 だから今までは公示日ってあんまり意味なかったけれども、今回は非常に意味ありますよね。


(4)希望の党 1次公認きょう発表 50人超

 それも踏まえて、このニュースってほとんど意味ないんですよ。


(5)「憲法9条改正」を明記 日本維新が公約発表

 これもいいです。申し訳ないけど。


(6)非核化対話に関心示さず 北朝鮮側巡り米国務省

 このニュースももう古くて、このニュースだと、アメリカの外務省すなわち国務省報道官が、アメリカ国務省は北朝鮮とそれなりの話し合いのチャンネルあるんだけども、今のところ核を放棄するということが前提の話し合いには、北朝鮮は乗ってこないということを言ってるわけですよね。
 でももう実は、ティラーソン国務長官自身がもう同じ趣旨のことをおっしゃってて、中国に行かれて、北朝鮮にもっと圧力かけてほしいとか、あるいは自分は北朝鮮と直接話し合うことも用意してるけれども、北朝鮮が核を捨てる前提だったら乗ってこないってことももちろん言われてますから。

 その上でこのニュースがショッキングなのは、ティラーソンさんがそう言った直後に、トランプ大統領がツイッターで、時間の無駄だと言ってるんですよ。
 だから戦争になるって話ではないけれども、これ実はティラーソンさんが今、北朝鮮とのルートがあるんだって強調して、対話したいと言ってたり、中国に行ったりしてるのは、これもむしろ、最終段階に入ったって意味なんです。
 もしも戦争になったとしても、その前にやるべきことやっとかないといけないということであって、依然としてアメリカが外交を通じてというのが中心だからティラーソンさんがこうやって動いてるってことではないんですよね。

 ひとつは、ティラーソンさんは周りに不満もぶちまけていて、僕にも伝わってくるぐらいぶちまけておられて、ま、大統領はそれをたぶん側聞してるから、こういう突き放し方になるんですけど、アメリカの国連大使、女性なんですけど、この人が国務長官に替わるんじゃないかと言われてる。
 決まったわけじゃないですが、普通は国務長官がこうやって動いてるんだから、実際は戦争の選択肢はないんじゃないかと思いたいんですが、逆なんですよね。

 ティラーソンさんはやっぱり誠実な人なので。
 ティラーソンさんは民間人の経済人の時よりも、国務大臣になってから、本当に誠実な人なんだなという評価がアメリカ、特にワシントンで高まってる。
 誠実だから、大統領が引き留めようとも、自分のやるべきことをやろうとして中国回ったり、ニューヨークの国連代表部でつながってるルートを使ったり、一生懸命してるということ。
 いきなり辞めたり、解任されるのを待ってたりするんじゃなくて、ご自分で動くという誠実な努力の表れだと思う。


(7)弾道ミサイル搬出と報道 北朝鮮が発射準備か

 工場から運び出したのは事実。僕のルートでも確認しました。
 運び出したからすぐ撃つとは限りませんが、いちおう例によって北朝鮮にとっての記念日が10月10日に来る。
 この記念日っていう話はあまりしたくない。
 実際は、記念日とぴったり合ってるわけじゃありませんね。
 但し、また記念日が来るということと、それから10月18日に中国共産党の大会、5年に1度の大会が開幕する。

 実は今、トランプさんと金正恩委員長がみんなの見てる前で、子供の喧嘩みたいに罵り合ってますけど、みんなにそれほど見えてないところで実は北朝鮮と中国が罵り合ってるんですよ。
 トランプvs金正恩よりも激しい。もう憎悪そのもの。
 ミサイルの発射を中国共産党大会にぶつけるんじゃないかと。
 それもあり得る。
 ということは10日にしても18日にしても、(衆院選の)投票日までに撃つんじゃないかと。

 これまたすでに朝日新聞などはピリピリして、安倍はこれを利用するんじゃないか、利用して総選挙に勝とうとするんじゃないかと書いてて。
 そういうふうに話を何もかも貶めないでほしいんですよ。
 北朝鮮がまた不埒な発射するんだったら、当然それに対応しなきゃいけないから、たとえば小野寺防衛大臣も小選挙区の代議士ですけど、選挙区に入らずに防衛省で日々一刻見てるわけですよね。
 それは国家として務めだし、それから今、衆議院議員は誰もいないんですよね。
 ということは参議院議員の重みが、ものすごく重いわけだから、僕を含めた参議院議員はそういう姿勢でいなきゃいけないですよね。
 だからそういう話であって、選挙に利用するとか、また必ずテレビも言うし、朝日新聞も言うけど、ネットでも必ずそういうふうに言われるけど、流されないで冷静に北朝鮮のリスクを有権者、主権者に考えていただきたいです。


(★)トラ撮り! コーナー

★9月30日のサイン会で…

171002-05sihnBaby.jpg

(省略<(_ _)>)


★9月28日、解散の日の自民党の両院議員総会

171002-06koumura.jpg

 高村副総裁が引退で、別れの挨拶。
 僕は政治記者の時代に河本派の担当で、高村さんとも深く議論した。
 一番の思い出は、記者を辞めた後、派閥の会長になられた時に行って、高村さんは「君は僕を親中派だと思ってるだろう。違うよ。日本の政治家には親中派と親台派しかいないように見えるけど、本当は日本派がいるんだ。俺は日本派だ」と。
 後に外務大臣になられて、僕はやっぱり中国に近いように見えた。
 そのたびに「先生、日本派ですよね」と言って、かなり激しい議論になった。
 若い一記者の時代から議論に応じてくれた、背筋の伸びた、日本を支えてきた1人。
 挨拶で、安倍総理に、議員を辞めた後も憲法改正に協力するからと。


★「ザ・ボイス」

171002-07voice.jpg

 議員になった後は、1カ月に1度ゲスト参加。
 が、選挙になっちゃったのでしばらく出られない。
 「虎ノ門ニュース」は出ます。


(8)安倍首相がロシア副首相と会談
(9)安倍首相 来年中の習主席来日を要請

 安倍総理は、安倍外交を総選挙後も続けるという強い意思を示したもの。
 当然、過半数割れなどしたら、クビになり、自由民主党も下野して、その場合、小池さんがもしも都知事のままでいたら、総理にはなれません。
 だから小池さんはソロバンをはじいてる。

 客観的に言って、最大で140~150ぐらいだろうと。
 小池新党がどういう形になっても、メディアの宣伝のおかげで140~150ぐらい。
 それで自由民主党がたくさん減ってても、あくまで、おそらく自由民主党の次、第二党でしょうから、小池さんは総理になれないんじゃないかと、若狭さんは普通の人だからそう思ってるわけですよ。
 小池さんがそう思ってるとは、全然限りませんよね。
 いずれにしろ10月10日の公示を待たずに、今週決めると思う。
 本当は今週前半に打ち出すつもりでした。
 都知事を辞めて総選挙に出るというの。
 それをまた内部でも言わなくなってる。
 言わなくなってるが、やめたんじゃなくて、そうじゃなくて、要するに側近にも腹を見せないですから。

 っていうか、本当の側近じゃないですよね。
 本当の側近だったら(結党会見の時の動画の)ハイヒールの音でびっくりしますか?
 よく側近政治と言われるが、側近の全くいない内閣総理大臣がもし誕生したら、これはやっぱり非常に困ったこと。
 本当に独裁にもつながりかねない。

 話を戻すと、安倍総理は自分の外交貫くと。
 ロシアとはまず経済で仲良くして、北方領土問題に突破口を開けたい。
 中国に対しては、来日を要請してるんだから仲良く、に見えるかもしれないが、厳しい姿勢は変えないというスタンス。

 ロシアとの交渉については、北方領土交渉かも分からなくなっちゃってる。
 むしろ北方領土をロシアが有効支配してることを、もう固定事実にしてその上で経済活動をやると、それロシアの主権下での経済活動になるから、北方領土解決は遠のく。
 だから僕はずっと批判的。
 でも安倍さんはそれをやると言ってる。
 これは中国と関係がある。
 
 本当の安倍外交の最大の特徴は、中国を最大の課題だと見る。
 脅威と見るというのは言いすぎだが、本当は脅威も含めて、対中外交が一番大事だというのが、安倍外交の実は全て。
 だからアメリカとの関係も強化するし、中国が食指を伸ばしてるアフリカ、アフリカの利益より自分たちが利益を吸い上げてるが、それと違う外交をやる。
 だから特にロシアとは手を組まなきゃいけないという考え方。
 それを示してる。

 僕は今後も対ロシア外交については僭越ながら意見を言っていくが、その中国がアジアと世界にとって最大の課題であって、日本が、アメリカもそうですが、本当は日本が対応を間違うと、つまり沖縄県の翁長知事のように中国に頭を下げてしまうと、東京に龍柱が立つということもあり得る。
 それを考えたら、この自由と民主主義を掲げるアジアのリーダー、大きな力を持ってるのは、日本しかいないから、その責任を果たす。
 そこは僕は支持します。


(10)拉致「日本主導で追及」 安倍首相が家族会と面会

 家族会の中には落胆を語られた方もいる。
 安倍総理から官邸に来て下さいと言われたら、何か進展があったか、最低でも何か情報があったのかと思うじゃないですか。
 ところが出かけていったら、日本のリーダーシップで拉致問題を追及していくんだとか、トランプさんが日本の働きかけもあって(国連演説で)事実上、横田めぐみさんの話を言ってくれたんだと、いう話だけで、じゃあ具体的に今どういう交渉になってるかとか、北朝鮮はそもそも交渉やってるのかとか、横田めぐみさんはじめ拉致被害者の現状はどうなってるかという情報提供もなく、一般論に終始した。
 家族会の方々がどれほど我慢しておられるか。

 喋り方が誤解されやすいが実は冷静な発言なさる、有本恵子さんのお父さんの明弘さんなどは、米朝が戦争になるという考え方ではなくて、やっぱりトランプさんという非常に強い圧力をかける人のおかげで、北朝鮮は軟化せざるを得ないと。
 その中に、拉致被害者救出のチャンスが必ずあるから、焦ったり、戦争支持したりするのは良くないという趣旨を、僕にもおっしゃっていて、非常に冷静に見てる。
 そういう考え方もあれば、やっぱり、北朝鮮がこれほど危ない状態になってる時だから、日本がもっと具体的に動いてほしいとおっしゃる方も当然いらっしゃる。

 僕の知る限りで言うと、まず情報がない。
 米軍の複数の、非常に地位の高い人から、僕と議論した時に、北朝鮮有事が起きた時に、拉致被害者をmわが自衛隊が警察や医者などとも連携をして救出に当たる時に、ちゃんとそれと連携できる作戦にしてほしいと。
 ハリス司令官の下にいろいろな司令官がいるが、正直言ってそれはできないと言った人が1人いた。
 あとの人はみんな考慮に入れると言った。
 が、全員、日本は拉致被害者の状況、居場所や、歩けるのか、車椅子なのか、ストレッチャーに乗せるのかと聞かれたが、ずっと内部で調べていくと、アメリカの方が情報を持ってる。

 なぜ安倍総理がこのタイミングで家族の方々を呼んだかというと、2つ理由がある。
 世の中が選挙とか小池新党とかの話ばかりになってしまうので、苦しみつつも拉致被害者救出をずっと最優先課題にしてるんだということを家族の方に知っていただく。
 それからもう一つは、そういう言い方はしなくても、この半島危機というのは、チャンスとか考えてはいけないが、やはり一つの契機であって、この契機に救出をどうするかを、今まで手が届かなかった部分も一気に手を伸ばしてやりたいという。
 具体的なことは言えないが、丸い言い方しかできてないが、そういう意思を家族会に予め話しておきたかったということ。

 これは安倍さんの拉致事件の取り組みに非常に批判的な、特定失踪者問題調査会の荒木代表なども、厳しい批判は変えないまま、北朝鮮はやっぱりもうお終いだろうと。
 アメリカと戦争になるかは別として、今までの体制はやっぱり終わりつつあることは間違いないので、こちらが早く備えなきゃいけないと。
 たとえば仮に救出できたとしたら、めぐみさんは拉致されて40年、つまり40年プラスアルファ後の日本に帰る。
 ご両親が健在でいらして、家族がちゃんと出迎えても、家の中だけじゃなくて日本社会に溶け込まなきゃいけない。
 でも、日本社会はその準備してませんね。
 そのことも含めて、荒木さんは安倍さんに厳しい批判を続けるってことは、安倍さんにしかできないと思ってるわけです。
 それは本当にそうです。
 この時が最初にして最後の契機だと思います。


(11)鳩山氏が辺野古で座り込み「アベ許さない」


 鳩山さんがけったいな人なのは、もう満天下に知れ渡ってるので、わざわざこんなニュース取り上げなくていいと思いますが、元総理の挙動がずっとおかしいわけですよね。
 鳩山さんは言うに及ばず、菅直人さんなんかも、たとえば福島第一原発の事故の時の当事者ですが、自分の責任には全然触れることなく、とにかく原発ゼロだと言ってるだけ。
 それから野田前総理がまともかに見えてるかもしれないけど、実は女性宮家をつくるっていう動きを必死でやっておられる。

 じゃあ自由民主党は正常かというと、小泉元総理は趣味で脱原発を言われてる。
 オンカロという北欧の最終処分場を一回ご覧になって、これは日本では作れないと勝手に決めつけて、トイレのないマンションだとおっしゃってる。
 こういうの、趣味と言うんですよ。政策的検討は行われてませんから。
 本当はフランスが努力してるように、日本でも粘土層のしっかりした所を政府が選んで、それを提示して、その中から最終処分場を選択していく。
 実は経産省は方針転換をして、そこまでやった。あまり大きなニュースにされてないが。
 でもその先に進む見通しが全く立ってない。
 それって小泉さんが言ってる、日本ではできませんって、それ言ったらお終いじゃないですか。
 内閣総理大臣経験者が、反対論が大きいことはできないって言うなら、いったい国策ってどこにあるんですか。
 国策って常に国民が賛成できることだけなんですか。
 だからもう、自民党も旧民主党も含めて、総理大臣やった人が、おかしいんですよ。

 村山富市さんも人柄は最高です。
 村山さんはネガティブな面だけじゃなく、日本の冷戦を終わらせた。自社連立政権で。
 あれやってなかったら未だに日本は冷戦構造だった。
 まだ引きずってますけどね、左翼政党がいっぱいいるから。
 でもその村山さんが安保法制反対って、デモにやってきて、その辺で話されていた。
 これも要するに村山さんは、社会党だったのに自衛隊を容認して、そこで世の中を変えたんですよね。
 ところが、そのあといろいろ苦情も来るから、またこうやって先祖返りするんですよね。

 国会議員に立候補する人は、一次試験をやったらどうだっていうのに、僕は前は反対でしたが、今、国会にいると、ちょっと賛成なんですよ。
 英語力、歴史知識、その他の資格試験があって、今のこれ問題発言です、十分に。
 でもやっぱりそれやらなきゃいけないんじゃないかと思うぐらいの現実はある。
 それから内閣総理大臣経験者も、表現の自由があるが、一定の制限があると、それ受け入れられる人だけが首班指名選挙に出ると、いうのをやったらどうかと思うぐらい。

 というのは、一般国民はなかなか気づかない深刻な問題があるのは、内閣総理大臣経験者というのは海外に出ると、ものすごく高級な人として扱われる。
 皆さんもう想像できないです。
 現職の総理と同じか、下手したらその上ぐらいの扱いを受ける、特に日本のような大国は。
 だから元総理というだけで、これは日本と代表的意見かと思われる。
 日本国民は、鳩山さんが鳩よりも高く飛んじゃってるの知ってるから、別に何も思わなくても、諸外国にこれが出て行くと、これは日本の代表的意見だ、になる。すでになっている。

(居島一平:韓国で土下座したり…)

 振る舞いがおかしいっていうのは、あまりにも持ち上げられるとその気になる人もいるわけです。
 だから内閣総理大臣に一定の制約をかけることがあってもいいんじゃないかと思うような実態です。
 総理大臣選ぶ時に、もっと僕ら慎重になるべきですよ。


(12)尖閣周辺に中国船 13日連続
(13)法人税率20%「譲れない」米財務長官
(14)原油禁輸・陸路封鎖も クルド自治区に包囲網
(15)カタルーニャで住民投票 衝突で337人負傷

(以上省略)


(16)「慰安婦記念日」法制化へ 韓国国会委員会で可決

 問題は、なんと韓国の文在寅大統領は、北朝鮮のこの厳しい状況を利用して、日本でほとんど話題にならないままに、この慰安婦なるものの記念日を作ったり、反日政策をどんどん進めてるわけです。
 これやっぱり日本の外務省にとっても大きな課題なのは、北朝鮮の問題だけにかまけないで、指摘すべきを指摘しないと、要するに文在寅さんは半島危機のあとも見据えて、ぐちゃぐちゃになるかもしれないので、その時に反日しか韓国国民を束ねるものがないから、今から仕掛けをいっぱいやってるわけですよ。

 で、サンフランシスコとか、サンフランシスコの市長は中国系ですから、そういうとこに働きかけて、日本人が気がつかない間にどんどんこれ進行させてるんで、常にやっぱり国の仕事は、マルチで、360度に目があって、全部に手立てをしなきゃならない。
 もう小池新党なら小池新党ばかりになるメディアのあり方も含めて。




 ____________________________内容紹介ここまで


 枝野さんとか辻元さんとか、思想的には全くおかしいと私は思うけど、今回の行動はそれなりに筋が通ってるんじゃないでしょうか。
 次の選挙も通りたいという自己保身のみで、今までの自分の主義主張をひっくり返して、希望の党の結党に加わったり、必死に公認をもらおうとしてる議員(すでに前議員)が沢山います。
 そういう人たちに比べたら、よほどマシでしょう。

★そういう人たちの例

 今回、一番分からないのが前原さんの行動で…。
 ひょっとして民進党の左派をスパッと斬るための策略だったんだとしたら、そのために両院議員総会で「全員、希望の党に行けますよ」的な甘い言葉を発したのだとしたら、大したものだなーと。
 いや、それは買いかぶりすぎで、やっぱり「言うだけ番長」な部分が発揮されただけなんでしょうか(^_^;

 あと、青山さんの今日のお話でひとつ気になることがあって…。
 「本当は維新は今、党勢が退潮の最中にあって、あれほど総力戦をやった堺市長選挙も負けたわけですよ」という発言です。
 
 私は堺市のすぐ北の、大阪市南部に住んでいますが、維新の党勢が退潮の最中にあるって印象は全くないです。
 (これはもちろん大阪府の話であって、他の地方では相変わらず支持率低いですけども)

 確かに9月24日投開票の堺市長選挙で、維新は負けました。
 でも、今回3選を果たした竹山氏に対し、維新の永藤候補は新人で知名度ゼロ、しかも擁立が決まったのは7月で、準備期間もすごく短かった。
 にも関わらず、前回2013年の選挙よりも両陣営の得票差が縮まったため、維新候補は善戦したとこちらでは評価されています。
 (今回の得票率は竹山氏53.8%、維新候補46.2%。前回は竹山氏58.5%、維新候補41.5%)

 っていうか、青山さんには、今回の堺市長選挙(だけでなく、その前の大阪府知事・大阪市長のW選挙、さらにその前の大阪都構想住民投票など)で、自民・民進・共産・社民が「反維新」で共闘し、有権者の批判もなんのその、それこそ「総力戦」を展開したことをどう考えてらっしゃるのか、まずそこを聞いてみたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【拡散】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)J-ALERTの音源【生き残るためにシェア】
https://samurai20.jp/2017/04/j-alert/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★青山繁晴さんの著書
 購入すると少しでも今後の活動費の助けになるかも?
(青山さんは個人の寄付も一切受け取らないそうです)

★新刊情報★2014年12月発行「ぼくらの真実」が大量加筆で新書に!発売中!


※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。


※参考リンク
ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ
 青山さんに直接コメントを送れます。
こころが風邪をひいたら
 拙ブログで紹介しきれなかった『アンカー』青山さんの発言を起こして下さっています。
青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ
 動画の紹介など情報が大変充実しています。

※拙ブログ関連エントリー
【一覧】「アンカー」など青山繁晴さんテキスト起こし

このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1956-d9ef4b43

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索