ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「ムーブ!」アフガン韓国人拉致事件

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■7/24放送「ムーブ!」
 “KOREAナウ”苦悩する盧武鉉政権 アフガンの韓国人拉致

070724-00title.jpeg

 アフガニスタンで韓国人23人がタリバンに拉致された事件について、重村智計教授の解説です。
 皆さんがこれをお読みになる頃には、事件はもう解決しているかもしれませんが——。

 細かい相づちはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像は“たか”さんがUPして下さった動画から、キャプチャさせていただきました。
 各画像をクリックすると、新規画面で拡大します。

 
 内容紹介ここから____________________________
 …………………………VTR開始…………………………

070724-01rati.jpeg

 不安定な情勢が続く中東の国アフガニスタンで、韓国人23人が拉致された。

タリバンのスポークスマン
「もし我々の要求を満たさずに“何か”が起こったら、それはアフガニスタン政府と韓国政府のすべてに責任がある」

 韓国国内に走る極度の緊張。大統領の訴えは世界中に中継された。

070724-02nomu.jpeg

韓国・盧武鉉大統領(一昨日)
「アフガニスタンでボランティア活動をしていた罪のない民間人です」

 しかし、なぜ彼らは危険な地で活動をしていたのか。
 タリバンが示した期限まであと7時間。

070724-03now.jpeg

 韓国人23人の運命は——。

 …………………………VTR終了…………………………

堀江政生(進行役)
「期限が刻一刻と迫っていますこの問題について、重村先生に伺います。よろしくお願いします」

重村智計
「よろしくお願いします」

堀江政生
「事件の経緯から行きましょう」

070724-04map.jpeg

関根友実(進行役)
「はい。中東の国アフガニスタンにボランティア活動のために入国したのは、13日のことでした。19日になりまして、病院と幼稚園での活動のため、首都カブールと南部の大都市カンダハルとの間を、バスで移動していた際に拉致されました。場所はガズニー州です。バスをここで発見されました」

堀江政生
「これ、あの、勝谷さんに伺いたいんですが、かなり陸路で行くのは危険な所ですか」

勝谷誠彦
非常に危険ですね。○○○○(聞きとれず)はパキスタンですけども、パキスタンとアフガニスタンとの間の所はトライバルエリアっていう所でですね、どちらの政府も手を出せないような所で、そこに今、だからあの、タリバンの元指導者のオマル師とかですね、それからビンラディンなんかもそこにいるのではないかと、言われている所ですよね」

堀江政生
当然そういう情報は入っていってるわけですね

勝谷誠彦
「当然そうだと思います、うん」

重村智計
「ここで、あの、カンダハルでね、その、教会の関係者が作ってる幼稚園、そこで、ま、奉仕活動してる、そこに行くということだったようですね」

堀江政生
「拉致発覚後、タリバンの要求が始まりました」

070724-05yokyu.jpeg

関根友実
「はい。最初の要求はこういうものでした。日本時間の21日の午後4時までに韓国軍を撤退しなければ、韓国人を殺害するというものでした。この要求に対しまして、盧武鉉大統領は世界中に生中継してる状態で、『誠意を尽くして努力する準備がある』と表明したんです」

堀江政生
「はい。これは非常に珍しいケースですか?」

重村智計
「そうですね。あの、たぶんですね、タリバンの方はね、韓国軍が撤退する予定だったのを知らなかったんだと思います」

堀江政生
「はい、なるほどなるほど」

重村智計
「それからもう一つは、今いる韓国軍は戦闘部隊じゃなくていわゆる医療部隊と、ま、工兵部隊ですけどね、それもよくわかってなかったんじゃないかと思いますね」

堀江政生
「いずれにしてもこの、大統領自らがですね、ああいう形でCNNも含めて生中継をする、これは非常に緊張感がありますね」

重村智計
「これはね、実はその、韓国はあの、今年の12月に大統領選挙があるんで、これでもし、今の政権がこの、対応に失敗するとですね、大統領選挙はもうほとんど与党は勝てなくなる可能性がある。そういう意味でも非常に必死なんですね」

堀江政生
「国内向けに……」

重村智計
「ええ。それからあの、こういうふうに活動してる韓国人がですね、最近、あの、世界各地で非常に多いんですよ。ですからやっぱり、それが連続して起こらないように対応しなきゃいけない、という韓国政府の立場もあっただろうと思いますけどね」

堀江政生
「いちおうあの、今の話にもありましたけれどもね(パネルに戻る)」

関根友実
「はい。韓国軍は今年の末までに撤退する計画がそもそもありまして、外交通商部は『計画通りに撤退の準備をしている』と表明しました。するとタリバン側は期限を延長してきたんです」

070724-06yokyu2.jpeg

関根友実
「2度目の要求はこうでした。『22日午後11時30分までにタリバン戦士23人を釈放しなければ、殺害する』と言ったんです。これに対しまして、アフガンとアメリカの部隊が、監禁場所と思われる地域を封鎖しました。するとタリバン報道官は、『我々に軍事行動をとれば人質を殺す』と脅してきました。その後も人質殺害の情報はなく、期限の直後です、さらに24時間の延長が通告されました」

堀江政生
「そうですね。夕べだったのが、ま、今日(7/23)の夜ということになります」

関根友実
「今日の夜の午後11時30分……」

重村智計
「要求としてはちょっとひどいんです。つまり韓国人を拉致してですね、人質にして、韓国に対する要求ではないんです

堀江政生
「そうですね、タリバン戦士を釈放しろと」

重村智計
「ちょっと、要求としては相当混乱してる要求。で、ま、韓国政府側がいろんな所と接触してですね、その、タリバンの関係者あるいはイスラムの関係者を通じて、ま、説得しようとしてるようですね」

堀江政生
「韓国の政府だけではできる話ではないわけですものね」

重村智計
「どうしようもない」

070724-07sanpi.jpeg

堀江政生
「で、期限はもうすぐです。今日の夜の11時半ということなんですが、韓国国内の様子はこうなっています。まずは中央日報なんですけども、『センムル教会』という所によりますと、早朝から教徒や家族らが集まりまして、安全を祈願しているということ、ま、祈祷が行われているようです。そしてソウルではですね、人々の解放を求める集会が行われたそうなんですが、一方で朝鮮日報によりますと、プロテスタント系の団体がですね、活動の自粛を呼びかけるということをいたしまして、慎重さに欠ける行動を批判する声も出ているということで、教会の中での動きというのもずいぶんいろいろあるようですね」

重村智計
「そうですね、ですからま、危険な所にですね、ま、これ、夏休みを利用して、非常に短期的な期間に、あの、軽い気持ちで行ったんじゃないかという批判は確かに出てると思いますね」

堀江政生
「なるほどね。だからこういう気持ちで行くなよ、ということなんでしょうけれども」

関根友実
「ほがらかな写真ですもんね」

070724-08korean.jpeg

堀江政生
「いずれにしてもよくわからないんですよね。これはあの、アフガニスタン出発前の写真、さっき出てきたところなんですけれども、(パネルに写真出る)これですね。これが仁川空港を出るところなんですけれども、ま、何でこんなニコニコしながら危険な地域に行けたんだろうか、キリスト教徒がなぜ100%イスラム教徒のアフガンに行ったんだろうかというところが、大変疑問であります」

070724-09kyokai.jpeg

堀江政生
「で、この23人はですね、ソウル郊外のプロテスタント教会『センムル教会』の教徒でありまして、20代から30代、大学生や会社員が夏休みを利用してアフガンへ向かっていたそうなんですが、実はこの教会では教徒約4000人がいるということなんですが、数年前からアフガニスタンに訪問団を派遣し奉仕活動、ボランティア活動を行っていたということなんですね。幼稚園なんですか」

重村智計
「あの、幼稚園を経営してるというんですかね。あの、韓国はですね、人口の4人に1人はキリスト教徒。ですから、ま、ものすごい教会は大きい、ま、これは4000人にしても、中規模の教会ですけどね。大きいですと何万人といるんですね。今その、韓国の教会は、だいたい国内問題っていうのは、いろんな問題、解決しつつあり、貧困の問題からですね。今、海外にこう、宣教に行く、あるいは海外に奉仕活動に行くというのが一つの、まあ生きがいといいますかね、使命といいますかね、そういうブームみたいになってるんですね

関根友実
「使命感を感じてアフガンに入ったと」

重村智計
「そうです。あの、本人たちはやはり、そういう使命感を感じて行ったんだろうと思いますけどね」

堀江政生
「この教会だけじゃないそうだというところなんですね」

070724-10kyokai2.jpeg

関根友実
「はい。非常に危ない地域ですので、韓国ではアフガニスタンは旅行危険地域に指定されている土地です。しかしながら、10人以上のプロテスタント団体から約100人が、アフガニスタンに長期滞在しております。短期も含めると毎年400人から500人がアフガニスタンを訪問していると」

重村智計
「これ、10人……(パネルの誤植を指摘する)」

堀江政生
「『人』いらないですね。ごめんなさい。およそ10団体以上」

関根
「あ、10団体以上の……」

重村智計
「10団体……」

堀江政生
「およそ10団体以上のプロテスタント」

関根友実
「はい。そうなんです。去年8月には、2000人以上の教徒を集めて行事の開催を計画したんですが、これは中止となりました。主催者は『アフガンは外国から何度も侵略され、韓国とあまりによく似ている。だから戦後復興に協力したい』という思いがあるそうなんですね」

堀江政生
「なるほどね」

重村智計
「まああの、キリスト教徒、善意ではあるんですね。やっぱりその、イスラム国家だと、イスラムに対する、やっぱり理解が少し欠いてたと言わざるをえないだろうと思いますね」

堀江政生
「但しそこにいる貧困の人たちを見ると、どうしても行ってしまって、何か協力したいという思いになってしまった、こういうことなんでしょうか」

重村智計
「そうですね。ですから今、アフガンにかかわらず、アフリカにもですね、韓国の教会の人たちはたくさん出かけてる。いろんな奉仕活動はしてると」

宮崎哲弥
「ただアフガンの状況というのは、きちんとした形で実は西側であまり報道されてないっていうところが、あの、その統治の危険性をね、認識することを誤ってる一つの要因になってると思うんですね。ま、事実上はカブール、首都カブールだけがある程度治安が整っていて、あとはもうほとんど、ま、タリバンがものすごい勢いで今、あの、勢力を伸ばしてきていますから、危険地帯と言っても過言ではないです」

070724-11tariban.jpeg

堀江政生
「もう一度そのあたりを、ま、データでちょっと見ていただきたいんですけど、拉致したのはイスラム原理主義組織タリバンというところで、最高指導者がムハンマド・オマル氏。実はこのオマル氏自身の今の生死は不明であるということなんですけれども、ここは96年、アフガン全土を掌握したということがありました。で、2001年、アメリカのアフガン侵略で弱体化をするんですが、近年、急速に勢力を回復している状況で、テロや爆弾攻撃を今、活発化させていると……」

宮崎哲弥
「これ、イギリスの多国籍軍なんてのはテロ攻撃されて、多数の死者を出しているわけですね。1年以内の話ですよ。ですから、ま、もっともね、カブールのカルザイ政権ができた時から、そんなにこう、全土をこの政権が掌握できるということは望み薄だということは、私なんかはずっと言ってきたんですよ。で、おそらくはタリバン、北部同盟は、彼らのあれだと、○○○○(聞きとれず)北部同盟と多国籍軍によって掃討されるというふうなはずだったんだけど、絶対そうはいかないというふうに、これはね、多少アフガンの事情に通じてる人間は、誰もがそう言ってたわけですね。で、結果として、そう、でも、アフガニスタンは一つの成功例ですから、なかなか西側でその、悪いものっていうの、情報っていうのはアメリカを中心にして、報道されないことが多いんですね。よほどのテロ事件が起こらないと。これがね、私たちの情勢認識というのを、韓国の人たちも日本人も誤らす要因になってると思いますね」

関根友実
「危険ですね」

勝谷誠彦
「これあの、日本の戦国時代だと思ったらいいです。だからあの、カルザイは足利将軍ですね。いちおう首都にはいるけれども何の力も持たない。自分の兵隊を持たない。他の所には頭目とかおろおろ、おろおろっていうんですか、要するに軍閥の親玉みたいなのがいっぱい割拠してるわけですよ。それがお互いにあの、ケンカし合ってる状態ですね」

堀江政生
「おそらくそのへんのことまでの情報がわからないまま、気持ちだけで行ってしまっている韓国人の方って、ずいぶんいるってことですか」

重村智計
「ま、そうですね。ですけど、ま、同じアジアの人たちだし、善意で行けば理解してくれるだろうという思いの方が強かったんだろうと……」

堀江政生
「これしかし、いよいよなんですけどね、宮崎さんね、こう、いよいよって言ったら変な話ですが、もう7時間という世界ですが、どうなっていくんでしょう」

宮崎哲弥
「これね、パキスタンであの、神学校占拠事件っていうのがありましたよね。あれもタリバンの影響を受けた人間たちがやったわけですよね。結局、最終的に突入しましたね」

関根友実
「政府側がね、突入しました」

宮崎哲弥
「おそらくはタリバン側が要求を完全に撤回しない限り、で、人質を解放しない限りは、アフガン軍とアメリカ軍が強行突入という形になると思います」

堀江政生
「重村先生はどうご覧になりますか」

重村智計
「いや、その可能性は非常に大きいだろうと思いますね。つまり韓国側はもう介入できませんから」

堀江政生
「そうですね」

重村智計
「ええ、ですからまあ、その、居場所は特定してると言ってますから、そうすると時間切れになると、非常に悲惨な状況になると

関根友実
「人質の身柄はどうなるんですか?」

重村智計
「身柄はやっぱり非常に危険に晒されると思いますね」

勝谷誠彦
「で、多数の死者が出た場合の盧武鉉政権への影響と、あと韓国国内の世論ってどういう感じなりますか」

重村智計
「国内はもう早く撤退しろという世論。それからイラクにも派遣してますから、そこにも相当影響するだろうと思いますね」

堀江政生
「なるほどね。コリア・ナウでした。ありがとうございました」

 ____________________________内容紹介ここまで


 この事件の最新ニュースはこちらからどうぞ。

 以前イラクで日本人が拉致された時、自己責任論が盛んに言われました。今回、韓国国内でもそのような自己責任論が出てきているようですね。

 拉致されたうちの3人が、出国前に仁川国際空港内の「アフガニスタン旅行自粛要請」の案内文の前で記念写真を撮っていたそうで、それが波紋を呼んでいるらしいです(NNA7/23)。

070723kankoku.jpeg

 これがその記念写真だそうです。確かにこんなのが出てしまっては、非難されても仕方ないのかも……(--)

 日本の国益を考えますと、超親北・超反日の盧武鉉政権にはピンチに陥ってもらった方が都合がいいんでしょうが、民間人が無惨にも殺されてしまうというのはやっぱり悲しいことなので、何とか無事に助かってほしいです。


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「日本より正しい情報を発信する会」メンバー募集!
ブログや掲示板等から、中韓をはじめとする反日勢力に対抗する優れた主張を、フラッシュ動画などに加工し、英文解説をつけて、YouTubeなど動画サイトにアップさせて行きます。英訳、動画作成のできる方、「このブログを英文にしたらどう?」など提案をして下さる方、大歓迎!まずは自己PRとあなたの思いを書いて、主催者のhinomaruさんにメールを!hinomaru2007@hotmail.co.jp hinomaruさんのブログはこちら。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/195-ae16b42b

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索