ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

官邸=悪というストーリーを崩したくないメディアと残念な「ちちんぷいぷい」山本浩之さん

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 新聞、テレビを日々ご覧の皆様。
 もう嫌気さしてきませんか?
 私もです(T_T)


 在宅の仕事で、時間がわりと自由に使える私。
 僭越ながら、平日昼間にテレビの視聴が難しい皆様に向けて、あるいは関西の番組の視聴が難しい皆様に向けて、その内容を伝えることにある種の使命感のようなものも感じてきたわけですが…。
 

 連日この調子ですから、さすがに疲れてきました。

 事実を曲げずに伝えるのがメディアの役割ではないの?
 せめて両論併記して下さいよと。

 もっとも、偏向著しい「ちちんぷいぷい」もいちおう両論併記の体裁は整えようとはしてる。
 少なくともVTRでは。

 萩生田副長官の否定コメントを、超短くだけどいちおう引用。
 松野文科大臣の「メモの内容は正確性において著しく欠いていた」というコメントも、超短くだけど引用。
 義家副大臣の「一部で萩生田副長官の名前を出して事に当たる傾向があったのではないか」というコメントも引用。
 二人が萩生田さんにおわびしたことも伝えた。

 ↓これは6月20日のNHKニュース7。

 大臣らがいくら説明しても、逆に「こいつら怪しいよね」てな方向に印象操作していくんだから、たまったもんじゃありません。

 もちろんメディアとして、何事もまずは疑ってかかることは大事だとは思います。
 ただ、加計問題の場合、疑ってかかる対象は官邸側だけ。
 最初から結論ありき。
 「官邸=悪」「文科省=善」という前提で話を進めてるから、それはおかしいでしょと。

 天下り問題の時は、「ちちんぷいぷい」はもちろん朝日新聞も他のメディアも、例外なく文科省を叩きまくってました。
 それが加計の話になった途端、文科省が出してくるものは前川前次官の証言も含め全部正しいと、なぜ無条件に思い込めるのか。

 あるいは「これって文科省も問題あるんじゃないの」と、彼らの一部は気づいているのかもしれません。
 ただ、もうストーリーは決定してる(社の方針は決まってる)んだから、それを崩すようなことはできないんでしょう。

 たとえば、高橋洋一さんとか岸博幸さんとか、元官僚の「官邸側には問題ない。むしろ文科省側に問題がある」という主張を、既存メディアはほとんどスルーしてますよね。

内閣支持率低下より著しい、加計問題「マスコミの質の劣化と低下」 これこそ、民主主義の危機ではないか(高橋洋一)

 高橋さんの話は、あいまいなメモしか見てないそこらのコメンテーターの憶測とは違います。
 公式かつ公開されている資料に基づいた分析なんだから、メディアはそれを取り上げなさいよ。
 そのうえで高橋さんの主張がおかしいというのであれば、反証すればいいでしょう。

 先週末から今週頭にかけて、高橋洋一さんは「ワイドスクランブル」「ユアタイム」「そこまで言って委員会NP」、「橋下×羽鳥の新番組」(下記ツイート参照)に出演しましたが、その後地上波テレビでは出演機会がないようです。


 それどころか、多くのメディアは、国家戦略特区諮問会議の民間議員らによる記者会見(「加計ありきで検討されたとの私的は事実に反する」と強調)もろくに報道しませんでした。

 メディアがこうした人たちの声を黙殺する理由は、だいたい想像つきますよね。
 そう、さっき言った通り、「官邸=悪」「文科省=善」というストーリーを崩したくないから。

 議事録とか資料のひとつも読まずに、「安倍の友達ガー」とレッテル貼り。
 でも「安倍の友達ガー」とか言い出したら、じゃあ前川氏とか文科省の官僚は「安倍の敵ガー」ってことになりませんか?

 天下り問題をめぐる大量処分への不満。
 官邸に人事権を握られていることへの不満。
 しかも内閣人事局の局長は政務の官房副長官=いま叩かれまくってる萩生田さん。
 (もっとも人事権については文科省だけでなく霞ヶ関全体に言えることですが)

 メディアって勝手よね。
 民主党政権の時は、政治主導バンザイってあれほど持ち上げてたのに、安倍政権がそれをやったら「独裁ガー」ですか。
 官僚がやりたい放題の日本にそんなに戻したいんですかね。

 そもそも問題の本質がずれてるし。
 良心的なメディアや識者は、口を揃えて言ってますよね。
 「獣医学部は50年以上も新設されなかった。それはなぜなのか?」
 「新たな獣医学部は必要か?それとも必要ないのか?」
 といった本質的な議論が、全然なされてないじゃないかと。

 獣医学部の誘致を長年進めてきた地元・愛媛県や今治市の声も、全国メディアではほとんど伝えられることはありません。

【加計学園問題】「公務員獣医師不足」の本質議論されず 「実情を知って」と現場からは切実な訴え(産経 2017.6.18 22:09)
加戸守行前愛媛県知事「東が82%で、西は18%。こんな規制があったら暴動が起きる」 インタビュー詳報まとめ(産経 2017.6.17 06:00)
愛媛県知事 加計学園獣医学部のメリット表明 県議会で(産経 2017.6.21 07:17)
今治市議会 「公平公正な審査を」意見書提出へ(南海放送 6/21 15:56)

 6月21日の「報ステ」が、珍しく地元(今治市議会)の動きを取り上げてた。
 ただ、中身がひどい。
 「加計が選ばれたプロセスに疑義が浮上し続けている」
 「昨日もまた新たな文書(萩生田副長官ご発言概要)が…」
 「これでは地元も不安ですね」

 はぁ!? どの口が言うんでしょうか。
 地元を不安にさせてるのは誰ですか。
 朝日新聞などメディアと、民進党など野党4党がグルになって、加計学園の獣医学部新設を全力でつぶそうとしてきたくせに、今さら何を言ってるんですか。

 その朝日新聞も、今年1月の時点では、「人口減に苦しむ今治市、獣医学部に期待高まる」と報道してたのに…。

 民進党も、たとえば、「今治市の獣医学部が国家戦略特区のメニューの中に入った。これは10年来の悲願だと。私も民主党政権のときからずっとこの問題に取り組んできています」とかつて国会で述べ、「『これは何としても実現して欲しい』と石破大臣に強くお願いしました」とブログに書いた高井たかし議員は、知らん顔をしています(当該ブログ記事はすでに削除されている)。

 加計問題追及の急先鋒、玉木雄一郎議員も、1カ月も前にテレビで「違法性はない」と言ってしまっています(17/5/19「ユアタイム」)。


 今のテレビも新聞も、ごく一部を除き、「文科省は全部正しい教」という宗教に陥っているようです。
 というより、「官邸は全部悪い教」ですかね。

170622yamahiro.JPG

 この宗教にどっぷりはまっている番組のひとつが、まさに「ちちんぷいぷい」です。

 中でも最近特に目立つのが、ヤマヒロさんこと山本浩之さんの偏向ぶり。

 ヤマヒロさんは元関西テレビのアナウンサーで、報道番組「スーパーニュース アンカー」のメインキャスターを長年勤めた人。
 いくら「ぷいぷい」が情報バラエティーとはいえ、そのヤマヒロさんがここまで変わってしまうとは…。


 ヤマヒロさんは、「アンカー」時代は良いこともいっぱい言ってた。
 「アンカー」は青山繁晴さんが水曜レギュラーでしたが、青山さんがいない日も、です。

 映画「ザ・コーヴ」のアカデミー賞受賞で注目を集めた和歌山県の太地町の特集(2010年3月11日放送)では…

よその文化にですね、土足で入り込んでおいて、それで一方的に野蛮だと決めつけるのはどうかと。議論をきちんとした形ですればいいじゃないですか、それだったら」
「虐殺ってのは完全な間違えたとらえ方で、私たちは感謝していただく食文化。だから胸張って、明日からもクジラを食べたいと思います


 硫黄島の遺骨問題を取り上げた時(2009年3月25日放送、青山さんはVTR出演)は、「遺骨収集にお金をかけるなら、貧しくて困ってる若者にお金を使ってほしい」と発言した室井佑月に対し…

僕はね、それはね、違う問題だと思いますね。硫黄島以外にも、戦地で命を落とした人がたくさんいて、帰ってきてないと。私自身も一人いますけれども、母方の叔父が。また、もちろん戦後だいぶ経ってから僕は生まれてるんで会ったこともないけれど、母親はこの60年以上、ずっとそればっかり言ってます。それを考えると、硫黄島はあの滑走路の下に確実に多くの人が眠ってるわけだから、日本政府の責任において、60年経とうが100年経とうが、わかってる人だったら、その責任において、戻すのは当然だと思います。お金がいくらかかっても。だから、それと今いる人たち、若者達で職がない人たちを救えっていう話とは、僕は同列に捉えてはいけないんじゃないかな、とは思いますね」

 東日本大震災発生後は、関西では視聴率が稼げないと分かりつつも、ヤマヒロさんはまめに被災地を訪れ、被災者の声を吸い上げる現場取材を重ねました。
 2012年4月30日産経新聞のインタビューでは、福島原発事故による「がれき処理」問題について…

「がれきを全国各地で受け入れてくれるよう、放送を通じて言い続けたい。岩手県宮古市で、実際に自分で放射線の空間線量を計ったら梅田の半分以下でした。そのがれきを引き受けられないなら、梅田にも、子供連れて買い物に行けませんよっていう話ですから。行政も、国民も、冷静になってほしい。だから言い続けます」

 「ぷいぷい」の司会をするようになってからも、良いこと言うこともあるにはあったけど、私の見た範囲ではごくわずか。

 「ぷいぷい」の出演者の中にも、まともな人が、いるにはいます。
 でも、割合で言えば、出演者10人に対して1人いるかいないか。

 ヒロ寺平さんとか、ロザンの2人(宇治原さんと菅さん)とか、番組の空気を「忖度」せず、時々正論を言ったりします。

 ただ、司会進行の山本浩之さん、メイン解説の石田英司さん(元毎日新聞社会部デスク)、番組を事実上支配しているこの2人が相当偏ってますから、ヒロさんやロザンの意見はこの番組では決して主流にはなり得ません。

 あ、石田英司さんの↑この発言は、↓この問題が発覚する2週間ほど前のものです(^_^;

 こんな番組が打ち切りにもならずに続いてるって、関西人はどれだけアホなんやと思われるかもしれませんが、いやいや、関西人はけっこうシビアに物事を見てます。

 「ぷいぷい」をほんわかした情報バラエティーだと思い込んでるノンポリの方々が、昼下がりのひとときに何となくチャンネルを合わせて、視聴率に貢献してしまってるんじゃないかと思います。

 読者の方から「私は地上波テレビは見ません。くっくりさんも見ない方がいい」とよく言われます。

 私もそろそろそうしようかしら、と思いつつも、どんなひどい放送がされてるかをネットで発信する人間はやはり必要ではないかとも思ったり…。

 ジレンマですわ。

 それにしても、疲れた…。



※拙ブログ関連エントリー
17/4/1:番組の意向に沿うコメント採用率100%って「ぷいぷい」偏りすぎ
17/5/20:民進・玉木「違法性はない」「真偽がどうこうではない」加計問題で別所哲也のツッコミに思わず本音が…「ユアタイム」より
17/5/26:前川前次官めぐるテレビのダブスタがひどすぎる
17/6/12:加計問題で都合の悪い話は報道しないメディア・“共謀罪”・女性宮家…青山繁晴「虎ノ門ニュース」
17/6/15:夫が報ステを見限った!


※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。


このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1921-ea2412de

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索