ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

村西とおる監督が反原発派とメディアに物申す!

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

170330-01muranishi.jpeg
[村西とおるさんのツイッターより]

 月刊「Hanada」2017年4月号(先月号)、村西とおるさんと百田尚樹さんの対談が面白かったです(^▽^)

 村西とおるさんは著名なAV監督ですが、当然ながら女性の私には縁がありません。
 
 「Hanada」では「村西とおるの人生相談 人間だもの」という連載を長期でされていますが、『そっち方面』の話が多いので、申し訳ないけど、これまで私はあまりまともに読んだことがありませんでした。

 ので、今回の百田さんとの対談の中身を見て、驚きました。
 国士なんですよ!(≧▽≦)

 対談では、AVの話も出てきますが、メディア(「ニュース女子」問題など)、安全保障、沖縄、原発、アメリカなど、多岐に渡って持論を述べておられます。

 特に原発について、大変興味深い話をされていたので、今日はその部分だけ、それも村西さんの発言のみピックアップして紹介します(百田さんの発言はカット。すみません(^^ゞ)。


私は、原発を否定する、しないのターニングポイントは、1973年のオイルショックを経験しているかどうかだと思っているのです。私はあの時、日本人は何て浅ましいんだろうと思いました。噂だけで日本中血走って我先に、デパートで奥さん連中が爺さん婆さんを蹴っ飛ばしてトイレットペーパーや洗剤を買い占めたんです。人間とはこんなふうになってしまうのか、と恐ろしくなりました。日本はこのオイルショックを契機として原発に舵を切っていくわけですが、福島第一原発が着工したのは私が19歳の1967年です】

【(百田:村西さんは、福島県いわき市のご出身ですよね)はい。あの地区は塩分の多い枯れた土地で農業は作物がとれず、漁業も魚が獲れない漁場で本当に貧しいところでした。お父さんたちは、みんな東京に出稼ぎに行ってしまいました。中学校時代の同級生のお父さんは工事現場で亡くなりました。
 いまのように労災保険もありませんから、お父さんの遺体を引き取りに行くお金がない。それで、骨で送ってもらうことになったのです。同級生は、親父の最期の顔を見たかったと号泣していました。そこに原発ができて、出稼ぎに行かなくても済むようになったのです。どれほど助かったことか。50年近くも地元が潤ったのです。
 福島第一原発の事故があったからといって、地元の人たちは「原発この野郎」なんて思っていないんです。みんな仲間でしたから。同じように被災している。お互い連帯した共通の悲しみがある。そういうことも何も知らず、知ろうともしないメディアが「福島にはもう住めない」「東京電力は悪の塊だ」と報道する。とんでもない話です。東京電力の社員の人たちが、福島県でいまも行っているゴミ拾いなどの奉仕活動をご覧になったことがあるのでしょうか。目頭が熱くなりますよ。
 浜通りの人たちは、東電の人たちを決して恨んでいない。私は現地で育った人間として、いくらバッシングを受けようとも、地元民として真実を訴え続けていきたいと思っているのです】

【リスクは当然なのです。科学技術はリスクを克服して進化してきた歴史がある。なぜ原発だけがダメなのか。非科学的な議論で反原発を叫び、それもメディアも持ち上げる。
 外交専門誌が、今年も世界の危機のトップに中東問題をあげています。混乱が拡大し、ホルムズ海峡が閉鎖となり、石油が入ってこなくなったら誰がどう責任をとるのか。備蓄が180日分あるといわれていますが、私は1日で日本は崩壊すると思っています。余命180日と言われて180日間、ずっと我慢していますか? 余命のカウントダウンが始まった瞬間、己がために行動しますよ。群集心理が引き起こすパニックは、オイルショックで明らかです。
 メディアはよく「万が一」と言います。原発を停止して、人工呼吸器や人工透析を受けている人たちに、それこそ万が一があったらどうしますか。病院をバッシングするんですか。「セーフティネットをきちんと整備しろ」などと言うのであれば、原発こそセーフティネットなんです。日本は、いざという時のために原発を決して手離しては駄目です。国が滅んでしまう

【メディアはただ危機を煽るだけで、買い占めを是正させる報道は一切しない。最も罪深いのはメディア報道です。いまでいえば「原発怖い」の垂れ流し。除染の問題でも、安全基準は年間20ミリシーベルト以下なのに1ミリシーベルトまで除染しようってどういうことですか。国連の機関でも、あらゆる保健機関の科学者も、福島は問題ないと言っている。非科学的な報道を延々とやった挙げ句、「風評被害が大変だ」と。こんなことが許されていいのでしょうか

何かあれば反政府、反権力の連中が大騒ぎする「ためにする議論」にメディアも乗っかって煽る。先生ね、私がこの頃つくづく思うのは、このような大変な時代、国際環境も激変していますでしょ。そのような時に安倍さんが総理大臣で本当によかったな、ということなんですよ。これを神風というのではないでしょうか】


 日本から見て中東はとても遠いし、最近はすぐ隣の北朝鮮や中国の動きが不穏なこともあって、日本人はよけいに中東にまでは目が向かない状況ですよね。

(というか、いまテレビは森友学園問題ばかりやってて、北朝鮮や中国の動きにすら目が向かない(目を向けさせない?)という恐ろしい状況なんですが、それはここでは置いときます)

 ホルムズ海峡とか、未だに名前も場所も知らない日本人は多いのでは?

 そのホルムズ海峡が封鎖されて、石油が安定供給されなくなったら、村西さんの言うとおり、パニックになるのは間違いないでしょう。
 東日本大震災の時、老若男女関係なく、我先にミネラルウォーター買い占めに走った人が少なくなかったことを思えば。


 「この大変な時代に、安倍さんが総理大臣でよかった」というのは私も同意しますが、ただ、福島第一原発に関してはどうなんでしょう。

 たとえば、汚染水の問題で及び腰ですよね。

 汚染水を、放射性物質を除去するための処理をすると、トリチウムだけ残る。
 トリチウムは海に流しても問題ありません。
 現に、世界の原発は今もトリチウムを海に放出しています。

 青山繁晴さんなどは、もうずーっと前から「処理して海に流すべき」と言っています(2013/9/18「アンカー」)。

 国会議員になってからも、つい先月、国会でそれを言っています(2017/2/15 参議院 資源エネルギー調査会)。

 ところが、安倍政権はそれをしない。できない。
 なぜか。
 風評被害を恐れているから。

 正確には、「マスコミが作り出す風評被害」ですね。

 トリチウムについては、たとえば3月12日のFNN夕方のニュース魚拓)でも、特集の中できっちり報道されました。

170330-02toritium.jpg

(そもそも海に流せる?)

IAEA(国際原子力機関)によると、トリチウムは魚などには蓄積されず、人への影響は非常に限定的としている。
そのため、濃度が基準値以下であれば、海に放出できるという。

(世界の原発では、トリチウムが海に流されている?)

海に流しているのが現状。

(しかし、福島第1原発事故を起こしてしまった以上、なかなかそれは難しい?)

そこで、大きな理由となっているのが、漁業への風評被害。
2月に行われた福島県の漁業だが、試験操業という段階で、シラウオは競りも行われていない。

 「トリチウムは海に流しても害はない。しかし風評被害が懸念されるので、現状ではそれをやるのは難しい」と。

 これを報道したこと自体は良かったと思います。

 ただ、その風評被害に、自分たちメディアこそが大きく加担してきたという自覚はないんですか?と。


 ついでに書いておくと、ちょいちょいトラブルを起こしてる韓国の原発について、日本ではほとんど報道がないのも気になります。

 重大事故が起きれば、日本も被害は免れないのに!

 これ、珍しく朝日新聞(2017/3/7)が報道してるんですが…

 韓国・釜山市の海沿いにある古里原発(7基ある)で重大事故が起きた場合、西日本の大半が非難を余儀なくされるというシミュレーション結果が出ています。

170330-03map.jpg

 古里原発は、2012年2月9日に1号機が停電事故を起こした際、非常ディーゼル発電機が作動しませんでした(全電源喪失事故)。

 しかも事業者側はその事実を1ヶ月以上隠蔽していました。
 さらに非常時マニュアルが存在せず、事故の際、職員が各自の判断で動いていたことも明らかになっています。
(詳しくは拙記事13/10/26を)

 その古里原発では、つい先日もトラブルがありました。
 3月28日、4号機で原子炉冷却水タンクの水位が上がる異常があり、原子炉を手動で停止させています(共同 2017.3.28 12:58)。


 話を戻して\(^^\)

 今回の対談で私は村西とおるさんに大変興味を持ったので、ツイッターを拝読してみました。

 そっち方面のつぶやきがやはり多いようですが、憂国のつぶやきもたくさんありました。
 最後に、それらを少し紹介させて下さい。

 但し、中には「村西さんらしい表現のもの」もあります。
 私は気にせず読めましたが、お若い女性は赤面しちゃうかもしれないので、ご注意下さい(^_^;



★「Hanada」2017年5月号(今月号)にも村西さんと百田さんの対談が載っています。主な話題は中国。


※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。


※拙ブログ関連エントリー(芸能人の発言)
2010/9/27付:9月24日は国恥記念日 船長釈放でますます嵩にかかる中国(川合俊一さん)
2010/10/19付:尖閣問題で仙谷批判の小藪座長GJ!
2013/7/30付:舞の海さんの韓国批判と靖國神社への思い…彼は立派な保守ですよ(おまけ:旭日旗排斥運動)
2015/8/8付:ロンブー淳のテレビ批判!領土問題でツイッター炎上の裏話も 「カツヤマサヒコSHOW」より
2016/11/5付:保守色あふれる笑い飯哲夫の“仏教コラム”が面白い
2017/3/9付:つるの剛士さん「正論」に登場!「言いたいのは『当たり前に生きるべきではないか』ということ」

このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1884-246e26af

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索