ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

つるの剛士さん「正論」に登場!「言いたいのは『当たり前に生きるべきではないか』ということ」

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

170308-01turuno.jpg
つるの剛士オフィシャルサイトより]

 つるの剛士さんと潮匡人さんの対談が、3月1日に発売された「正論」2017年4月号に掲載されています。
 
 つるのさんと言えば、「ウルトラマンダイナ」の主役を演じ、その後「おばかキャラ」でブレイクしたタレントさん。
 歌もすごくお上手ですよね(3月1日に新たなCDが出たばかりです)。
 過去には、ご自身のツイッターが炎上したことも…。

 ……という程度の認識しか私にはありませんでした。
 ので、この対談を読んでびっくりしました!

 何がびっくりしたかって、あ~た。

★「正論」の読者である。
★潮匡人さんの書籍の読者でもある。
★ニッポン放送「ザ・ボイス」をよく聴いている。
★それどころか、プライベートで「ザ・ボイス」のイベントに自分でチケットを買って参加したこともある。

 「ザ・ボイス」のイベントは前の方で見られたそうです。
 それも誰にも気づかれず(^_^;

 対談で潮さんも指摘していますが、つるのさんはアマチュア将棋の三段を持っています。

 以前から、「単なる『おばかキャラ』ではない」と言われてきた人ではありますが、この対談を読むと、とても頭の良い人だということが分かります。


 つるのさんのツイッターが炎上したことは、少なくとも過去に2回ありました。

 1回目は、一昨年、安保法制をめぐる議論の最中で書き込まれたこのツイート。

 当時の騒ぎをまとめたニュース。
つるの剛士、安保関連法案「賛成意見も聞きたいなぁ」 正論なのに反対派から大バッシング受ける(J-CASTニュース 2015/7/17 19:32)

 皆様ご承知のとおり、メディアはあの頃、反対論ばかりを流していました。

170308-02houdouGraf.jpg
[放送法遵守を求める視聴者の会 意見広告第三弾より。下段のグラフを参照。画像クリック→新規ページで拡大]

 そんな中、こうした書き込みをすることはとても勇気が要っただろうなと、私は当時思ったものです。

 この時のことを、つるのさんは潮さんとの対談でこう振り返っています。

「でも、あのとき、僕は賛成だとつぶやいたわけではないし、賛否両方を聞きたいと思っただけで、特別なことを発信したつもりはないんですよ。日本を取り巻く状況を見れば、安全保障環境の厳しさは、僕みたいなバカでも分かる。若い子が反対論ばかり聞いているのは良くないな、両方の意見を聞いてほしいな、と。ただ、それだけなんです」

 このツイートは、実は美容室で髪を切っている時にしたものだそうです。
 帰りのタクシーで反応を見たら、多くの批判で炎上していたので、驚いたのだそう。

「『中立的な意見を言っただけなのになんで?』と思いましたね。だんだんと論点がずれていくし…」

 でも、つるのさんは臆することなく、その後も発信を続けました。

 すごくまともなことを言われてますよね。
 ※ちなみに昨年、5人目のお子さんが誕生しています。

 私が驚いたのは、上から2つめのツイートの、僕の小学校時代(大阪、高槻)は国旗掲揚、国歌斉唱廃止、「皆平等」ということで運動会の点数制度廃止、何故か隣国の事を学ぶ授業。今考えればかなり偏った教育を受けていた地域、時代でした】という記述です。

 Wikipediaによれば、つるのさんは6歳から12歳の途中まで、大阪府高槻市に住んでいたそうです。

 大阪の人はピンと来たではないでしょうか。
 高槻市は日教組が非常に強い地域とされてきました。

 やや余談ではありますが…
 以前、読売テレビ「あさパラ」での、ハイヒールのリンゴさんとロザンの宇治原さんの、「地元集中」にまつわるやりとりを紹介したことがあります。

2009/11/28放送:日教組がかつて行っていた「地元集中」 関西の番組が批判

 リンゴさんと宇治原さんはともに大阪府枚方市出身ですが、隣接する高槻市でも「地元集中」は行われていました。

★地元集中とは、日本の一部の公立中学校において、中学生が公立高校を受験する際に、地元にある特定の高校1校のみを選択するように進路指導する教育運動をいう。地元集中受験運動、あるいは実施されていた地域の名称をとって高槻方式などとも呼ばれる。
★地元集中は、大阪府の高槻市、枚方市、守口市、門真市、寝屋川市、交野市、茨木市、松原市、大阪狭山市、和歌山県などの一部の地域で1970年代前半から1990年代中頃にかけて実施されていた。


 ありていに言えば、高校受験の時に、地元の公立高校に進学しろと、教師が生徒に強制するわけです。
 学区内の成績優秀な生徒を、学区外に出したくないからです。

 リンゴさんは、教師から「地元の高校に行かない場合は内申書を書かない」とまで言われたそうです。

 つるのさんは12歳までしか高槻市にいなかったので、「地元集中」とは無縁だったでしょうが、それでも日教組の強い影響下に置かれていたことは間違いありません。


 話をつるのさんのツイートに戻して…
 2回目の炎上は、昨年、流行語大賞のトップ10に「保育園落ちた日本死ね」が選ばれた時。

 当時の騒ぎをまとめたニュース。
つるの剛士「すいませんでした」 「日本死ね」受賞への違和感訴えが波紋(J-CASTニュース 2016/12/ 4 17:44)

 対談でつるのさんが語ったところによれば、この書き込みをする時は、前回と違ってかなり慎重に考えたんだそうです。

 最初、寝る前につぶやこうと思ったものの、「炎上するかもしれない」という防衛本能が働き、一晩考えて冷静になろうとしたのだと。

 でも、翌朝になっても、「死ね」という言葉に対する違和感は変わらず、「やはり『死ね』はいかん」と感じて、フォロワーに向けて「どう思いますか?」と投げかけたのでした。

「『日本死ね』という言葉はそもそも流行していないと思ったし、素朴に『そのような言葉を子供に教えられますか?』と思ったんですね。また、あの言葉を使った国会議員が笑顔で授賞式に参加したことにも、違和感を覚えたんです。この時の反応は、ほとんどの方々が僕と同じような意見でした。
 ただ、もちろん、厳しい批判もいただきましたし、最近はツイッターをめぐる騒動はほかにも色々とあります。本当に気をつけていかなければいけないとは思っていますが、ただ、ツイッターのように自分の意見を広く発信できる手段ができたことは前向きにとらえています。テレビや新聞などの報道を鵜呑みにすることしかできなかった普通の人たちが、それに対して意見を言えるようなった時代の到来は歓迎すべきだと思っています」


170308-03yamao.jpg
[笑顔で授賞式に臨む、民進党の山尾志桜里議員。つるのさんだけでなく、多くの日本国民が違和感を覚えた]

 炎上後は、このようなツイートを。

 このツイートが、たとえば上記J-CASTなんかで「批判に謝罪」などと報じられてしまったわけですが、つるのさんとしては、こういう気持ちだったそうです。

「ただ、あのツイートも、授賞式を見ていた一視聴者としての感想で、授賞に抗議しようとか、そんなつもりは全然ありませんでした。他の人たちが、どんなふうに感じるかは自由ですし、だから、ご批判を受けて、『すいません』とツイートしました。もちろん、個人的には間違ったことを言ったつもりはないです。あくまで一視聴者としての考えですから…」

「長男のときに何度か(保育園に)落とされてたりしていますので、身をもって保育園の待機児童問題の深刻さは感じていました。あのことで、僕に対して『勉強していない』とか、『世の中のお母さんの気持ちが分かっていない』とか、批判もされましたが、『勉強していない』はその通りだとしても、『気持ちが分かっていない』といわれると、ちょっと…。実際、5人の子供を育てていますし」


 その後、このようなツイートも。

 すでに削除済みのツイートもあるようです。こちらで紹介されています。


 潮さんとの対談では、この後、奥さんとのなれそめや、子育ての話、育児休暇の話(元祖イクメン!)などが続きます。

 潮さんがつるのさんのことを、「常識に従って、素手で生きているように感じられる。その意味では、つるのさんこそ本物の保守ですね(笑)」と言った時、つるのさんはこう返答しています。

「でも、保守やリベラル、『右』や『左』という言葉で決めつけられるのは正直、息苦しいです。僕が言いたいのは『当たり前に生きるべきではないか』ということだけなんです」

 私もそう思います。

 これは自戒も込めて言うのですが、左右(ひだりみぎ)で簡単に切り分けられないことが世の中にはとても多いのに、何かと言うと「右だ」「左だ」とレッテル貼りする風潮がありますよね。

 たとえば、今回出てきた「死ね」という言葉もそうです。
 「死ね」という言葉に違和感を持つか持たないか、これは右とか左とか全く関係ないですよね。

 自分の国が好きか嫌いかもそうです。
 なのに、「日本が好き」と言っただけで、何で右翼扱いされるんでしょうね。

 私だって政府の政策に不満を感じることは多々あるし、特に民主党政権の時は酷かったけど、だからって日本が嫌いだとか、ましてや「日本死ね」とか、一度も思ったことはありません。


 つるのさんは、今回の「正論」誌上での対談企画を知った時、びっくりしたそうです。
 スケジュール帳を見たら「正論」と書いてあって、「学者でもない僕が?そんなばかな」と思ったのだとか。

 いや、学者ではない普通の人(芸能人ではあるが)の意見もどんどん聞いてみたいと、「正論」読者も思っているはずですよ。
 私がそうであるように。

 機会があれば、いずれまた登場していただきたいです。

 対談を読んだ後、つるのさんのツイッターをある程度さかのぼって拝読しましたが、政治的なツイートはほとんどありませんでした。

 っていうか、今日紹介したものを除けば、皆無と言ってよいと思います。

 浮かび上がってきたのは、家族を大切にし、日々まじめに働いている、ごくありふれた1人のお父さんの姿でした。

 あと、つるのさんはご自分で撮った写真をよくアップされています。
 天体写真も多くて、星好きの私はついつい見入ってしまいました。

 これなんか最高!(^▽^) オリオン大星雲(M78)です。

 ちなみに、ウルトラマンらの故郷の星雲も「M78」ですが、こちらは架空のもので、オリオン大星雲とは全く別物です(^_^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「つるのうた名曲集日本全国翔鶴ツアー」が4月30日、奈良県生駒市よりスタート。

※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。


※拙ブログ関連エントリー(芸能人の発言)
2010/9/27付:9月24日は国恥記念日 船長釈放でますます嵩にかかる中国(川合俊一さん)
2010/10/19付:尖閣問題で仙谷批判の小藪座長GJ!
2015/8/8付:ロンブー淳のテレビ批判!領土問題でツイッター炎上の裏話も 「カツヤマサヒコSHOW」より
2016/11/5付:保守色あふれる笑い飯哲夫の“仏教コラム”が面白い




「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ
ご面倒でなければ「FC BlogRanking」もお願いします→FC2 blogランキングへ
拙ブログのミラー(FC2)にfacebookのボタンがあります。

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-4.jpegアニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
________________________________________________
★コメント・トラックバックを下さる方へ
お手数ですが規約(13.5.9改訂)に一度目を通された上でお願いいたします。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1875-f8aeb444

プロフィール

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索