ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

真実を語ることはヘイトではない!「アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史」

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

170106-01title.jpg

アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史

 2016年11月17日に発行された、マックス・フォン・シュラーさんの著書です。
(カバー内側のプロフィールには「マックス・フォン・シュラー小林」とあります)
 
 Amazonの内容紹介より。

世界に伝えたい! 日米2カ国語併記!
Written in both English and japanese

日本が洗脳から目覚めることを恐れる米・中・韓
海兵隊出身の著者がアメリカの“嘘"を告発する!

真実を語ること、それはヘイトスピーチではありません。
──マックス・フォン・シュラー
MAX VON SCHULER

【解説】
「軍部が無謀な戦争を起こした」「日本軍は残虐だった」──こういった歴史の見方、考え方はすべて戦勝国米国が、自国民だけでなく敗戦国日本人に刷り込んだプロパガンダだ。
著者は1974年に米軍海兵隊として来日、その後、主に日本と韓国で数々の貴重な体験をしてきた。
なぜ米国人はこのような大きな嘘をついてきたのか?
著者は、米国人が自分の国が世界で一番進んだ理想の国だと思い込んでおり、その物差しで他国をはかり、自国の価値観を押し付け、その国をメチャメチャにしてしまうという米国人の傲慢性を指摘している。
また日本は唯一、米国に戦いを挑み、死をも恐れず徹底抗戦し、米国を心底怯えさせた国だったので、日本が再び台頭してくるのを恐れている、という。
米国を脅かす、長い歴史と伝統に培われた日本国民の潜在性を畏怖しているのだ。
だからこそ米国は、GHQの統治以降、今もなお日本社会の仕組みを変革し続けている。
さらに米国は「南京大虐殺」「性奴隷」「強制徴用」など中韓の反日プロパガンダを受容し、その発信拠点にもなっている。日本人に永遠の贖罪意識をもたせることで、米国人は日本人の頭を抑え続けているのである。
日本人が歴史の真実に目覚めるのを恐れているのは米国だけでなく、中国、韓国も同様である。

本書は自身の体験を通して日本と韓国を知り尽くしている市井の米国人が、本音で語る日本人への警告である。

 Amazonにはこのあと、目次も載っています(抜粋で、全部は載っていません)。

 著者のシュラーさんは、ドイツ系アメリカ人です。
 1974年、岩国基地に米軍海兵隊として来日、その後日本、韓国で活動。
 退役後は、日本でさまざまな活動を展開。
 現在は、歴史研究のほかに、ホテル専属の結婚式牧師や、「日出処から」の代表講師をされているそうです。

 藤岡信勝さんのFBによれば、シュラーさんは米カリフォルニア州のグレンデール市に慰安婦像が設置される前の2013年4月、同市の関係者に再考を求める手紙を送ったそうです。

 これまでにも日本で著書を何冊か出しておられますが、私はこの方の本を読むのは初めてです。

 「日米2カ国語併記」というのは具体的にはこの画像のような感じで、

170106-02mihiraki.JPG

 段落ごとに、上に米語、下に日本語という順番で並べられています。
 英語圏にお知り合いがいる方は、ぜひこの本を勧めていただきたいです。

 2カ国語併記は、日本人にとってもありがたいですよね。
 特に、英語圏の方とやりとりしている方で、歴史問題に関して上手く英語で説明できない時など、とても役立つと思います。


 「はじめに」では、今のアメリカの深刻な言論状況が書かれてあります。

【今アメリカの大学で教えている歴史学者は、たとえばポリティカル・コレクトネス(政治的に公正・中立で、なおかつ差別・偏見を防ぐ目的の表現)をはじめとする現代のアメリカ社会の考え方に反する言動はできません。
 アメリカのフェミニストたちは、慰安婦は性奴隷であり、今の日本人はそのことについて罪の意識を持つべきである、と断言しています。もしアメリカの歴史学者がこの考え方と違うことを書けば、職を失います。フェミニストたちはその歴史学者が所属する大学に対して、彼が辞めるまで圧力をかけます】


 日本や韓国ではよく見られることですが(日本では少しマシになってきた?あの青山繁晴さんが大学で教える時代ですから)、なんと、自由の国のはずのアメリカでもこのようなことがあろうとは。

 こうした状況の中、シュラーさんの母国・アメリカへの批判、そして韓国への批判は痛烈です。
 日本で出版された本ではあるものの、ここまで言って大丈夫?と心配になるほどです。

 1941年、アメリカの世界支配に対して戦いを挑んだ日本を、アメリカは今も恐れています。
 本書ではそのことが何度も強調されています。

 アメリカは現在も反日プロパガンダを続けています。
 目的のひとつは、日本に圧力をかけ、永遠に罪の意識を持たせること。
 そしてもうひとつの目的は、自国民に嘘を教えて、アメリカが日本に対して行った残虐行為を隠すこと。

 アメリカは旧日本軍を残虐だったと批判していますが、実際のところ残虐だったのは米軍の方だったと、シュラーさんは、マニラにおける日米の戦いなど具体的事例を挙げながら指摘しています。

 また真珠湾攻撃について、シュラーさん自身はアメリカに住んでいた子供の時も怒りはなかったと言いますが、アメリカ人はそれを、ある種の信仰にしていると断じています。

【悪の日本が正義のアメリカを騙し討ちした、という信仰です。これはアメリカ例外主義の考え方です。アメリカ人は、自分たちが世界で最も優れた理想の国であると信じています。自分の国は悪いことはしないと信じています。】

 昨年末に安倍総理が真珠湾を訪問しましたが、この「信仰」はそう簡単にはなくならないでしょうね。

 本書のタイトルは『アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史』ですが、韓国にもかなりの紙幅が割かれています。
 その部分は、まさに『韓国が隠しておきたい韓国(朝鮮)の歴史』と言えるでしょう。

 韓国について、「はじめに」ではこう書かれてあります。

【この本ではまた、日韓問題で韓国を強く批判していますが、これはヘイトスピーチではありません。私が心から願っているのは、韓国人は、もう日本のせいにするのはやめて、自分たちの社会の問題を自分たちで解決できるようになってほしい、ということです。
 真実を語ること、それはヘイトスピーチではありません。


 「ヘイトではない」と冒頭に説明しなければならないほど、今の日本社会では言いにくいことが書かれてあるということです。

 シュラーさんは、アメリカ・日本・韓国で暮らした経験のある方です。

 この3つの国や民族の問題点、あるいは現在の日米・日韓関係の問題点について、それぞれの歴史も紹介しながら(多くは日本のメディアや教科書には出てこない話です)、率直に語ってくれています。

 それは体験に裏打ちされたものであり、非常に説得力があります。

 韓国関連のトピックを少し紹介すると…

 たとえば、韓国人の被害者意識の強さ。
 本当に「虐殺」された民族、たとえばポーランド人に対して失礼だとシュラーさんが感じるほどの酷さです。

 たとえば、韓国の「ウリナラ起源」。
 マルコ・ポーロが李氏朝鮮に来た時(実際は来ていない)チヂミからピザのアイデアを盗んだとか、エジプト文明とシュメール文明は朝鮮人が創設したとか、クリスマスツリーの起源も韓国だとか。
 彼らの妄想はエスカレートするばかりですね。

 そして、併合時代の朝鮮と慰安婦問題の検証。
 「日本軍慰安婦」だけでなく「米軍慰安婦」についても説明があります。
 「日本軍慰安婦」は「米軍慰安婦」(政府出資の組織化された売春システムがあり、大東亜戦争時にハワイで運営されていた)より多くの特権があったことも記されています。

 そのうえで、韓国側の理不尽な主張にツッコミを入れまくっています。

 ひとつだけ挙げると、これです。

【警察官が(その多くは朝鮮人ですが)、村に侵入して女性を強制連行しても、村の人々は抵抗しないのでしょうか?】

 おっしゃるとおりです!
 ここは拙ブログでも何度も指摘してきました。

13/7/29付:慰安婦強制連行があったのなら、なぜ朝鮮人男性は反乱も起こさず黙っていたのか
13/12/14付:日本が残酷な統治をしていたのなら、なぜ朝鮮人に銃を持たせたのか

 他にこんなツッコミも。

【もし日本が本当にハングルを禁止していたら、併合から35年後、日本が降伏して米ソが朝鮮を支配するようになった時に、ほとんどの朝鮮人がハングルを読めなかったでしょう。しかし、1945年当時の朝鮮人は日本語とハングルの両方を読めました。】

 こうした具体的な史実を見れば、韓国人が歴史を捏造しまくっていることは、合理的判断ができる人であれば誰でも理解できるはずです。
 それこそアメリカ人も日本人も関係なく、どこで生まれ育った人であっても。

 なのに、当の韓国人だけが理解できない。
 理解しようとしない。
 特有の反日意識、被害者意識、優越感などが邪魔をして、冷静に考えることができないのでしょう。

 それが日韓関係を非常に難しくしていることに、早く気づいてほしいものです。
 きっと永遠に気づかないだろうけど(T_T)

 シュラーさんはこう提言しています。
 「韓国はベトナムに学べ」と。

 その具体的な中身を見ると、なるほど、良くも悪くも、アメリカ人だからこそ、そう言えることなのだなと思いました。

 ただ、日韓関係が一筋縄には行かないことはシュラーさんも十二分に理解していて、2015年12月の日韓合意を韓国側が履行しない問題について、こう述べています。

【日本政府やアメリカ政府が分かっていないのは、いくら補償金を渡したところで韓国人は満足しないということです。彼らは日本の存在が許せないのです。彼らが望んでいるのは、韓国が日本を服従させ、日本が韓国の従属国になることなのです。
 儒教の考えが根強く、地理的に中国に近い韓国人は、日本人より上位の存在であるという考えを手放すことができません。


 そうなんですよね。

 でも、共産主義で一党独裁の中国とは違って、韓国はまだ話せば分かるんじゃないか?と思っている日本国民、未だにけっこういそうですね。

 残念ながら、韓国は永遠に反日です。
 反日でないと、国が崩壊してしまうからです。

 そういう国と無理に仲良くしようとしても、かえって新たな問題が発生するだけだったりします。
 その時に損をするのは、たいてい日本です。

 日韓合意の後、韓国側はソウルの日本大使館前の慰安婦像を撤去するどころか、釜山の日本総領事館前に新たな慰安婦像を設置してしまいました。

 外国公館の「威厳の侵害」を禁じたウィーン条約に抵触する行為ですが、韓国政府は放置しています。

 朴槿恵政権はもう死に体なので仕方ない?
 それは韓国側の事情であって、そんな言い訳は通用しません。
 そもそもスキャンダルが出てくる前、支持率がまだ高かった頃も、朴政権は動きませんでした。

 欧米を中心に慰安婦像を設置しようとする韓国系団体の動きも、日韓合意の前よりむしろ激しくなっているようです。
 2016年8月には、豪州で初めて慰安婦像が設置されています。

 韓国では法律より感情(反日)が優先する。
 日韓友好なんて幻想だと、全日本国民が気づくことが何より大切ですね。


 シュラーさんが全編通して繰り返し強調しているのは、多くの日本人が外国人を全く理解しておらず、外国人も日本人と同じように行動すると勘違いをしていること、です。

 これを改善するには、日本人が自虐史観から脱することが絶対に不可欠だと私は感じました。
 「世界は腹黒い」ことを、まず認識しなければ。

 平和ボケ日本人(憲法9条信者)への痛烈なメッセージも発信されています。

【もしどこかの国が、我々は平和を愛しているので全く抵抗しません、と言えば、攻撃する国は喜んで皆殺しにします。】

 最初に、シュラーさんのアメリカ批判は痛烈だと書きましたが、別に反米米国人というわけではありません。
 むしろ愛国者であることが、そこかしこから漂ってきます。

 アメリカにとって、過去どうしていれば国益になったか。
 アメリカにとって、今後どうすることが国益に叶うか。
 そこを真剣に考えておられると思います。

【1941年の真実はこうでした。アメリカは中国がアジアでの自国の僕(しもべ)であるという間違った認識に立ち、日本がアメリカを攻撃するよう追い詰めました。
 これは完全な間違いでした。当時、アメリカが日本と協力的な関係を作っていたら、今の世界はもっと良い世界になっていたでしょう。
 アメリカ人はもう、日本が再び軍事国家になるんじゃないかと心配するのはやめて、将来のために日本との協力関係をいかに強化するか考えるべきです。】


 巻末の参考文献では、それぞれ書名だけでなく、どういう内容の本なのかや、どの部分を本書に活用したかなどを簡単に説明してくれています。

 大半が洋書ですが、邦訳されているものも多いです。

★アレン・アイルランド(イギリス人)の『THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)』(僭越ながら書評
★ジョージ・トランブル・ラッド(アメリカ人)の『1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)』(僭越ながら書評

 といった第一級の資料も含まれています。


 シュラーさんもそうですし、テキサス親父ことトニー・マラーノさん、ケント・ギルバートさん、マイケル・ヨンさんなど、戦後の誤った自虐史観から日本人を覚醒させようと尽力してくれるアメリカ人が増えているのは、とても心強いことですね。

 しかし、彼らはただ手助けをしてくれているだけです。
 当たり前のことですが、日本のあるべき姿は、私たち日本人自身の手で取り戻さなければなりません。
 たとえ何十年かかろうとも…。
(その時、私は果たして生きているのか…(^_^;)





※シュラーさんのブログ
※シュラーさんのツイッター
※最新刊は「アメリカ白人の闇」です。2016年12月27日発行。

※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。

※拙ブログ関連エントリー(日米開戦)
13/12/9付:ルーズベルトが仕掛けた日米戦争 ドーク教授の見解
14/12/8付:ハル・ノートは「恥ずべき最後通牒」だ! ルーズベルトを批判した米共和党議員
15/7/29付:真珠湾を戦った元米兵“日本軍はフェアだった”! 青山繁晴「インサイト・コラム」
15/8/24付:ハワイにはあの戦争と日本への知られざる認識があった! DHCシアター「終戦の日と日本人」より
15/10/5付:戦後の思い込みも刷り込みもちゃぶ台返し!「青山繁晴の『逆転』ガイドその1 ハワイ真珠湾の巻」

※拙ブログ関連エントリー(慰安婦問題(欧米視点))
14/2/3付:韓国「慰安婦漫画」仏の国際漫画祭で日本側が冷遇された本当の理由?
14/7/12付:欧米で理解されない慰安婦強制連行の虚構…JAPAN EXPOに今年も韓国ブース…民間有志が国連へ!
15/1/13付:日豪分断が目的の慰安婦像建立を「地域融和」を訴えて阻止
15/2/17付:ドイツの何を見習えというのか? ナチス治下の慰安婦の実態とワイツゼッカーの本音
15/5/11付:植村隆LA講演テキスト…在米日本人「朝日慰安婦記事取り消しも日本の保守の声も米国では全く知られていない」
15/6/15付:アメリカ人はなぜ捏造史を信じるのか?ヨン氏の慰安婦問題分析 (付:谷山雄二朗さんのこと)
15/6/22付:唐突に慰安婦を登場させるヒストリーチャンネル

※拙ブログ関連エントリー(朝鮮の歴史、日本の統治など)
09/11/1付:「朝鮮紀行」イギリス人女性が見た19世紀末の朝鮮(4)終
10/8/2付:【日韓併合】外国人から見た日本と日本人(19)
10/12/16付:韓国軍によるベトナム民間人虐殺問題「SAPIO」01.9.26号
11/2/22付:日本統治肯定で逮捕の韓国人作家『嘘の歴史で反日に』「SAPIO」02.7.24号
11/9/17付:戦前に朝鮮人衆議院議員がいた「SAPIO」07.5.9号
13/3/8付:中山成彬議員が衆院予算委で日本の真の朝鮮統治(インフラ整備、創氏改名、慰安婦など)を語ってくれました
13/5/6付:250年前の朝鮮人が羨み恨んだ豊かな日本…金仁謙「日東壮遊歌」より
13/7/29付:慰安婦強制連行があったのなら、なぜ朝鮮人男性は反乱も起こさず黙っていたのか
13/12/14付:日本が残酷な統治をしていたのなら、なぜ朝鮮人に銃を持たせたのか
14/7/14付:朝鮮が劇的に豊かになった時代…イギリスの専門家が記した「THE NEW KOREA」より
14/9/8付:日本人と朝鮮人はとても仲が良かった!「朝鮮總督府官吏 最後の証言」より
14/11/8付:日本側当事者の証言から見る慰安婦問題 「正論」12月号より
15/4/20付:朝鮮に尽くした伊藤博文と今も変わらない朝鮮人の気質 「1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO」より
15/6/8付:池上彰SP「韓国の憲法前文は日本と戦ったという建国神話(ウソ)に基づいてできている」
15/6/16付:軍艦島元住人『賃金良いので朝鮮半島から自ら来た人も…』 「TVタックル」より
15/8/22付:「最近朝鮮事情」衆議院議員が見た20世紀初頭の朝鮮(2)終
15/9/7付:朝鮮人徴用工の実態!月給140円、豊かな食生活と宴会、日本人女工と楽しく過ごし、宿舎を抜け出し逢い引き、朝鮮人親方の飯場に“転職”
15/12/14付:テロリストを讃える韓国の記念館と銅像
16/9/6付:豊田有恒さん、閔妃暗殺事件を語る
16/12/22付:続・日本側当事者の証言から見る慰安婦問題

※拙ブログ関連エントリー(外国人から見た日本と日本人)
08/8/16付:【終戦の日】外国人から見た日本と日本人(7)
09/12/8付:【記憶せよ12月8日】外国人から見た日本と日本人(16)
10/8/2付:【日韓併合】外国人から見た日本と日本人(19)
11/8/16付:【終戦の日2011】外国人から見た日本と日本人(30)
13/12/3付:【続・記憶せよ12月8日】外国人から見た日本と日本人(37)


このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1847-8f92495e

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索