ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

朝日の「アジア外交が心配」は少なくとも来夏まで続くわけで(笑)

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 今日は後半で『アンカー』青山繁晴さんの発言も紹介します。
 まずは、安倍新内閣誕生で各紙社説・コラムが来てますので、リンク貼っときますね。

朝日社説9/27:安倍内閣発足 果たしてどこへ行く
読売社説9/27:[安倍政権船出]「時代の課題にこたえられるか」
毎日社説9/27:安倍政権発足 改革の熱気が伝わらない
産経社説9/27:安倍新内閣 国益守るシステム築け 期待したい官邸の機能強化
日経社説9/27:安倍内閣は官邸主導で改革実績を示せ
中日(東京)社説9/27:「重し」のない危うさ 安倍新内閣が発足

天声人語9/27
編集手帳9/27
余録9/27
春秋(日経)9/27
中日春秋9/27
筆洗9/27

 ↓これはオマケ。GJだったので。台湾人じゃなく中国人の言葉ですよ。

産経9/27「正論」国際教養大学学長・中嶋嶺雄 安倍首相は小泉外交の理念継承を
 私は去る8月下旬、恒例の中国での定点観測に出かけた。今回は時間の関係で北京と上海のみであったが、林立するビル街とは対照的な不潔と貧困が併存していることなど、従来の認識を改める必要を全く感じなかった。
 しかし最大の収穫は、北京空港からのタクシーの運転手が乗り込むや否や、「小泉首相はけしからん。東条は悪人だ」と語りかけてきたのに、靖国神社についてもA級戦犯についても全く無知であったのに対し、帰途の運転手は北京の乱開発を批判し、「『日本精神』は素晴らしい。小泉首相は立派だ。堂々と靖国を参拝した。日本には日本の道理があるべきだ(日本応該有日本的道理)」という言葉を聞いたことであった。
 この事実を安倍首相は是非尊重してほしいものである。


 朝日に限ったことじゃないけど、どんな人事しても叩くんですよね。
 「仲良しクラブ」とか「論功行賞」とか言われてますが、仮に各派閥から均等に選んでたら、「派閥政治の復活」って絶対に叩いてたでしょ。
 あと、テレビでは「サプライズがない」とか文句言ってるコメンテーターもいますが、サプライズがあったらあったで、「奇をてらうよりもっと地に足つけた人事を」とか文句言うに決まってるんですから(T^T)

 ちなみに、『ちちんぷいぷい』で井筒和幸は、タカ派が揃ってるということで「人心を惑わす内閣」と言ってた。
 『ムーブ』で石坂啓は、「教室(閣僚)でなく部室(首相補佐官)で憲法改正とか教育基本法改正とか決めていいのか」と言ってた。


 他紙にもツッコミたいんだけど、時間の余裕がないので今日も朝日社説だけ。

朝日社説9/27:安倍内閣発足 果たしてどこへ行く
 初の戦後生まれ、52歳という若さの安倍晋三氏が首相に就任した。5年半ほどの小泉時代が終わり、久々の新内閣の発足である。
 さて、新首相は内閣の布陣にどのようなメッセージを込めたのだろうか。若さ、清新さ、チャレンジ……。残念ながら、そのどれもピンとこない。
 まず浮かぶのは「論功行賞」の4文字だ。総裁選で圧勝するまでの流れに貢献した人たちに、閣僚や党役員のポストで報いる。NHKの大河ドラマ「功名が辻」の現代版かと思わせるような分かりやすさだ。
 雪崩現象のようだった党内の安倍支持をとりまとめたのは、派閥横断の合同選挙対策本部だった。その本部長の柳沢伯夫氏は厚生労働相に、事務局長の甘利明氏は経済産業相に登用された。

●論功行賞そのもの
 いちはやく安倍支持の声をあげた中堅・若手の「再チャレンジ支援議員連盟」からは、会長の山本有二氏を金融担当相に、幹事長の菅義偉氏を総務相にあてた。ベテラン議員が集まった「シニアの会」からは尾身幸次氏らが入閣した。
 アジア政策などの違和感に目をつむり、派閥をあげて安倍支持を打ち出して雪崩のきっかけをつくったのは丹羽・古賀派だった。その共同代表の丹羽雄哉氏は党総務会長の大役を得た。第2派閥の津島派では独自候補擁立に待ったをかけた久間章生氏が防衛庁長官に。
 悲哀をかこったのは、総裁選で明確な対立軸を掲げた谷垣禎一氏の派閥だ。同じく総裁を争った麻生太郎氏が外相に留任したのは、安倍氏と似た主張で論戦を盛り上げたからだろうか。
 「適材適所。老・壮・青のバランスのとれたチームにしたい」。安倍氏は人事構想をそう語っていた。首相が2番目に若いという内閣だから、バランスは老・壮に傾いたが、ベテランや中堅、政策通などが配置されたのは事実だ。でも、適材適所と言えるかとなると、今後の実績を見るしかない。
 たとえば安倍氏が苦手と言われる経済政策の陣容はどうだろう。
 景気は上向き、小泉政権が発足したころのような危機感は薄れている。なのに国の借金は800兆円を超えて膨らみ続け、少子高齢化が迫る。よほどの剛腕と説得力の持ち主が求められる状況なのだが、今回の内閣では司令塔がだれなのか、はっきりしない。
 民間から経済財政担当相に招かれた大田弘子氏は、小泉内閣における竹中平蔵氏の役割を期待されているのかもしれない。内閣の要に座る塩崎恭久官房長官は日本銀行出身で、かつて「政策新人類」と呼ばれた政策通だ。ふたりとも安倍氏と同世代で、清新さは買いたい。だが、初入閣の2人に党内の族議員や官僚機構を抑え込むことができるか、未知数というよりない。
 ここが緩めば、封印されてきたバラマキが復活しかねない。尾身財務相は商工族で、松岡利勝農林水産相は農水族の代表選手である。首相自身が乗り出さないとタガを締められないかもしれない。

アジア外交が心配だ
 アジア外交の立て直しは、小泉政権から引き継いだ最大の懸案だ。首相も中国などとの関係修復に意欲を示している。だが、この人事を見る限り、果たして本気なのかと疑いたくなる。
 安倍氏は、歴史認識や靖国神社問題であいまいな発言を続けている。私たちはこの姿勢を批判してきた。国内はもとより中国、韓国などアジア諸国が納得するのは難しいと考えるからだ。最近、ワシントン・ポスト紙が社説で批判したように、欧米でも反発を呼びつつある。
 この安倍氏の立場を強力に後押しするのが中川昭一政調会長である。就任後の記者会見で「ぴしっと整理されている。私も同じ考えだ」と歩調をあわせた。
 中川氏は97年、「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」を旗揚げして会長になった。この時、事務局長として支えたのが安倍氏である。
 この会は、植民地支配や侵略の過去を率直に認めることを「自虐史観」と批判し、「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書採択を働きかけてきた。議員の会からは高市早苗氏が沖縄・北方相に、事務局次長だった下村博文氏が官房副長官に、山谷えり子氏は教育再生担当の首相補佐官にそれぞれ起用された。

●謙虚な政権運営を
 下村氏は最近、安倍氏が官邸主導で設置を検討している教育再生会議のテーマのひとつとして「自虐史観の歴史教科書はやめさせる」と語った。
 山谷氏は歴史教科書について「いまだにレーニンの言葉を守っているんでしょうか、自虐的な内容の教科書をつくっている」と述べている。
 それが、安倍氏のいう教育再生の方向性なのだろうか。教育内容への過剰な政治介入は事態を混乱させるばかりだ。
 安倍氏への世論の支持は確かに高い。
 だが、近隣国とのまともな関係づくりや、教育をめぐる問題の解決を切望する声もそこには含まれている。そのことをかみ締め、謙虚に政権運営に当たってもらわなければ困る。

 前半はオマケで、後半が本当に言いたいことですね。
 しかし何とまあ、あからさまな個人攻撃。団体もあるけど。「つくる会」まで出してくるとは予想外でした。

 大臣クラスを攻撃するってのはまだアリなんだと思う。松岡さん(九州のムネオ)とか甘利さん(グレーゾーン金利)とか色々言われてますし。
 が、それらはほとんどスルーで、官房副長官や首相補佐官を名指しでピンポイント攻撃ってどうよ?しかも彼らの発言を事細かに取り上げて、仕事する前から敵意剥き出し。
 それだけ朝日が焦る人選がされてるってことなんでしょうけどね。

 あと、「教育内容への過剰な政治介入は事態を混乱させるばかり」って、まずは日教組に言ってほしい気もしますが(-.-#)

 それにしても、小見出しの「●アジア外交が心配だ」って、どっかで聞いたなあと思ったら、去年秋の内閣改造時の社説(05/11/1付)のタイトルといっしょ。
 その時のタイトルはズバリ、「内閣改造 アジア外交が心配だ」。
 拙エントリー05/11/2付:「内閣改造」各紙社説〜『アジア外交』を比べてみればを参照(つながらない時はキャッシュを)。

 この時の朝日社説では、外相に就任した麻生さんがめちゃくちゃ攻撃されてた。

 「不安になるのは外交の布陣である。これでアジア外交は立て直せるのか、大きな懸念を抱かざるを得ない」
 「麻生氏といえば、思い起こすことがある。03年、政調会長時代の講演で、日本が韓国を植民地にしていた時の創氏改名について、朝鮮の人びとが望んだかのような発言をして、韓国などの批判を浴びた」
 「近隣国とのとげとげしい関係を修復する役回りにふさわしい人選とは思えない

 ……といった具合。
 官房長官に就任した安倍さんももちろん、靖国参拝で批判されてます。

 朝日はこの時の社説を、

 「国内では改革継続の旗を振り、アジア外交の停滞には目をつぶり続ける。この小泉路線があと1年続く。その痛手の深さが心配である

 ……と締めくくっていますが、小泉内閣の後に(朝日から見れば)もっと厳しい安倍内閣が来てしまったわけで、むしろ朝日の「痛手の深さが心配」です(^_^;

 以下は2ちゃんねるの拾い物。

693 名前:文責・名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/09/27(水) 09:58:27 ID:obY6hNCe
じゃ朝日の納得できる組閣ってどんなのかと。

723 名前: 投稿日:2006/09/27(水) 12:37:45 ID:Pnogfg8V
>>693

内閣総理  福田康夫
内閣官房  谷垣禎一
外務    河野洋平
経済産業  加藤紘一
農林水産  古賀誠
財務    山崎拓
国土交通  二階俊博
文部科学  浜四津敏子
総務    野田毅
金融     金子勝
厚生労働   高村正彦
法務      冬柴鉄三
環境     野田聖子 
防衛      片山さつき
男女共同参画 上野千鶴子

726 名前:文責・名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/09/27(水) 13:13:27 ID:t+XI0vNu
>>723
日本が終わる

 ワロタ(≧∇≦)
 ま、たとえ福田さんが総理になってたとしても、ここまでひどい人事はしなかったと思うけど(^_^;


 さて、水曜日といえば、毎度おなじみ『アンカー』青山さん。
 安倍新内閣のニュースにおける発言、彼の持ちコーナー「ニュースDEズバリ!」における発言、ひっくるめてザザッと紹介します。


■『アンカー』青山繁晴さんの発言要旨

○昨夜の安倍さんの就任後初会見で、記者質問で「『美しい国』の具体的なイメージがわきにくい」と指摘された時、安倍さんは目がややきつくなって、「凛とした国」と言った。安倍さんはほんとはあれを言いたかった。「凛とした国に戻りましょう」と。だが、それを言うとタカ派と言われるから、よけいなブレーンの言うことを聞いて、「美しい国」と置き換えた。ほんとは「拉致、北方領土、竹島、やられっぱなしでいいのか?凛とした国に戻りましょう」と言いたかった。

○初入閣11人いるのにフレッシュな感じがしないのは、論功行賞という言い方も実は甘くて、猟官運動をした人が大臣になってるから。志しのためじゃなくて、大臣になりたいとか、私利私欲でやってんじゃないかという、いかがわしさを感じるから。

○この組閣の中で安倍さんの本心はたった1個しかない。塩崎官房長官。官房長官に彼がなったことに意味があるわけじゃない。兼任で拉致担当ということ。安倍さんは前から拉致で特命大臣を置きたいと言っていたが、蓋を開けたら塩崎さん。報道では「官房長官は要だから拉致を重視して官房長官を兼任させた」となってる。が、塩崎さんは拉致議連に入ってるが活動は特にしていない。有本恵子さんのご両親も塩崎さんのことは知らないと。200人近くいる拉致議連で実際に活動してるのは4〜5人。中川昭一さんとかは活動してるが、塩崎さんは目立った活動はない。安倍さんの真意は、「拉致問題は俺(総理)が自らやる」と。まさか総理大臣が兼任で拉致担当できないから、拉致にあまり関係ない塩崎さん、しかも女房役、逆らうわけない。拉致担当の首相補佐官に民間人の中山恭子さんを入れたが、政治家としてはメインは自分だと。経済や年金など課題たくさんあるけど、本当にやりたいのは拉致。

○キーワードは「ひとつの内閣にひとつだけ」。国民の安倍内閣への関心は、「何をするのか」「長く続くのか(短命内閣か)」。日本の内閣は短命が多くてころころ変わってるイメージ。25年間で長命内閣は2つしかない。中曽根政権1806日、小泉政権1980日。長期政権の共通点は、とても主張がはっきりしてるというのと、5年間で何をやったかもこの2つの政権はそっくり。中曽根さんは国鉄民営化、小泉さんは郵政民営化。二人がえらかったから長く続いたんじゃなく、5年やらないとできないことだった。日本は1300年間、役人体制で官がずっと支配してきた。だから民営化には時間がかかる。

○短命内閣もそれぞれ歴史的使命を果たしている(羽田、宇野など短命すぎるのは除く)。一つの内閣に一つだけ使命。それを果たして内閣は変わっていく。それが日本の知恵。権力が腐らないために。

○竹下登さんはリクルート事件で辞めたことになってるが、この国で初めてのもの、消費税を取り入れた。その時国民は怒った。大改革やったからもう使命を果たした。今となったらもし消費税がなかったら所得税がもっと高くなってるから、これでよかった。

○村山富市さんが辞めたきっかけは、ある朝突然「わしゃもう嫌だ、やる気せんわ」と。村山さんは日本社会党のトップだった。自民党といっしょに政権やったことでけしからんと言う人は多いが、村山さんが総理を受ける決意をした時、僕が議員宿舎の薄暗がりの廊下で見た村山さんは、爪から何から真っ白になって全部血が引いてた。それは何故か。総理を辞められた後に訊いたら、「ああ、これでわしたちの社会党は終わりだ」と思ったからだと。自民党と政権を作ったら、自衛隊も何もかも認めなければいけないから。すでに世界は1989年に冷戦終わって、ソ連も消滅。日本だけ、自民党VS社会党で冷戦構造が続いてた。が、村山さんが社会党をつぶして歴史的使命が終わって、村山さんは権力に興味ないから辞めた。

○じゃあ安倍さんが背負おうとしてる使命は?それは拉致担当大臣は実質、自分であると。自分の歴史的使命はたった一つ、拉致だと。横田めぐみさん、有本恵子さんら、私たちと同じ庶民が誘拐されたままになっていることを解決したいと。短命になるかもと安倍さんは頭の中で思ってる。覚悟の上の短命。この番組で僕が言った通り(9/20付拙エントリー参照)、おそらく拉致問題は金正日体制を倒さないと解決しない。体制倒すのは5年ぐらいかかる。「ほんとは5年ぐらいやりたい」と安倍さんもポロッと言ってた。同時にとっかかりを作って、短命の覚悟をした上で、今回の人事をやったと思う。

○小泉さんは最後に大失敗を2つした。立つ鳥後を濁した。安倍さんにも責任あり。
(1)国連を欠席
 年に一度の国連総会。ブッシュが演説したり、ベネズエラの大統領がブッシュを「悪魔」と批判したりしてる。世界のトップがしのぎあう場所。しかも日本は今年、国連加盟50周年。小泉政権は常任理事国入りしたいとあれだけ言ってたのに、小泉総理も麻生外相も安倍官房長官(総理の臨時代理の第一位)も行かず、大島国連大使、役人が行って、今日は紙を棒読みして演説。僕は事前に聞いてて、あまりにひどいので「何で行かないのか」と小泉サイドに訊いたら、「9月20日に総裁選があるから」と。日本の演説予定は9月21日。ニューヨークだから時差があるから、総裁選が終わって飛行機に乗れば、どなたでも演説できる。これ、日本外交にものすごく影響がある。NYの国連本部の関係者やアメリカ国務省の人などから「日本は何がしたいのか?国連が大事なのかそうでないのか?」と。麻生さんの側近に訊いたら、「麻生さんは挨拶回りがありますから」と。何ですかそれ。僕は国務省の人に返事できなかった。これはまず小泉さんが悪いし、安倍さんも「総理が行かないなら私が」と言わないと。
(2)21日に公邸を退去
 小泉さんが総理でなくなったのは昨日だが、5日前にホテルに行ってしまった。今の首相公邸は元は官邸だったが、改修して首相の住まいにした。理由の一番は危機に対応するため。テロ発生とかいざという時のために、税金86億円使って改修した。が、21日に主がいなくなって5日間も空白になった。1日も空けてはいけないのに。これも諸外国に知れ渡ってて、「日本はやっぱりテロに弱い国」とガンガン言われてる。恥ずかしい。安倍さんが小泉さんに「待って下さい。何のために改修したんですか。気力がなくなったとしてもあと5日間守って下さい」となぜ言えなかったのか。なぜメディアもそのことを訊かないのか。国民も怒らないといけない。

 …………こんな感じでした。
 拉致問題解決に向けて、安倍さんへの期待がますます膨らんでしまいました(^_^;
 あまり期待しすぎるのも良くないんでしょうけどね。よほどのことがない限り、電撃的な解決とかは望めないと思うから。


 安倍新内閣への海外の反応なんかも紹介したかったけど、力尽きましたorz
 ま、どうせ中韓は批判、牽制しかないし。
 表向き「靖国」や「歴史認識」を言ってたとしても、彼らの本音は「憲法9条改正阻止」「国連安保理常任理事国入り阻止」ですから。そこんとこお忘れなく。


 国連と言えば、北朝鮮がまたアホなこと言ってたらしいですね。

国連で日本と北朝鮮が非難の応酬(TBS)
 ニューヨークで開かれている国連総会で26日、日本と北朝鮮が演説しましたが、両国が終了後に非難の応酬を繰り広げる異例の展開となりました。
 演台に立った北朝鮮のチェ・スホン外務次官は、安保理改革に触れ、加盟国に対し日本を名指しして常任理事国入りを阻止するよう呼びかけました。
 「日本のようなアジアの国々を侵略し罪のない人々を殺した戦争犯罪の国の常任理事国入りを認めるべきではない」(北朝鮮 チェ・スホン外務次官)
 一方、日本は演説の中で、北朝鮮のミサイル問題について、経済措置を含む決議の実行を加盟国に呼びかけた上で、総会終了後に発言を求め、常任理事国入りに関する北朝鮮の演説に反論しました。
 「安保理の常任理事国になるための資格というのは、国連の目的にそって、どの程度貢献しているかで判断されるべきである」(神余隆博大使)
 これに対し、北朝鮮も発言を申し出、侵略の歴史をねじ曲げ日本が再びアジアを侵略しようとしていると強く非難しました。
 「アメリカの召し使いである日本はアメリカのアジアに対する侵略政策に加担している。朝鮮民族は日本に対し深い恨みを抱いている。それは血で清算されなければならない」(北朝鮮代表部)
 さらに日本は再反論しましたが、北朝鮮はこれを聞かずに席を立ち、会場をあとにしました。国連総会の一般演説で2つの国が非難の応酬を繰り広げるのは、極めて異例なことです。(27日09:32)

 「侵略し罪のない人々を殺した」って、じゃあ中国はじめ現在常任理事国になってる5カ国ほとんど、その資格なしでは?
 「血で清算されなければならない」って、宣戦布告ですか?……そういや北朝鮮は前に、「日本が経済制裁を発動したら宣戦布告とみなす」とか言ってたように思うんですが、あれはどうなったんでしょうね?(^_^;


!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


★★★毒吐き@てっくさんが旧宮家復籍キャンペーンフラッシュ作成にあたり、カンパを募集されています★★★
かなり大規模な計画になりそうです。いろんな著名人が噛んでます。これ以上は企業秘密。まだまだカンパ募集中です!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/18-3cac6bc4
9月27日附けの社説「安倍内閣発足 果たしてどこへ行く」で「アジア外交が心配だ」と書かれてゐますが、不性格な表現はいい加減に改めたらどうですか。日本のアジア外交は極めて上手くいつてゐます。中韓と素直に書いてはどうですか。中韓との關係が上手くいかなくなつたの
2006/09/30(土) 21:06:23 | 日本の傳統(伝統)を守らう!

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索