ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

豊田有恒さん、閔妃暗殺事件を語る

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

160905-01toyota.jpg

 やや古い話で恐縮ですが…

 「月刊WiLL」(ワック出版)に、2016年5月号まで、豊田有恒(とよたありつね)さんの「私が愛する韓国人」というコラムが掲載されていました。

 皆様ご承知のとおり、「月刊WiLL」の花田編集長が編集部ごと飛鳥新社に移籍して「月刊Hanada」を創刊し、多くの連載は「月刊Hanada」に引き継がれましたが、豊田さんのコラムは残念ながら終了しました。

 豊田さんはSF作家としても有名な方で、私などは学生時代、たくさんの作品に触れたものです。

 おそらく多くの読者様は、実感としては比較的最近の韓国の姿しかご存知ないと思いますが(私もそう)、豊田さんは1970年代初め頃から韓国を取材するなどし、その頃からの姿を良くご存知です。

 コラムでは、韓国での体験談、そこから知り得た韓国人の気質など、具体的な話をされていました。

 タイトルこそ「私が愛する韓国人」ですが、韓国や韓国人に対して、毎月かなり辛辣な批判を展開されていました。

 「月刊WiLL」2016年4月号は、李方子さん(旧大韓帝国の元皇太子で日本の王公族となった李垠の妃殿下)がメインテーマでしたが、それに絡んで李朝末期に触れた箇所があり、その中で閔妃殺害事件(乙未事変)への言及がありました。

 当時の朝鮮の情勢もよく分かるので、その箇所を引用させていただきます。

※閔妃とは、19世紀末の李氏朝鮮の、高宗の王妃です。舅である大院君と、熾烈な権力闘争をくり広げました。1895年10月8日未明に暗殺されましたが、首謀者や実行犯が誰であったかについては諸説あります。
※画像および注釈(*1~*3)はこちらで付けたものです。


 
 書き起こしここから______________________________
 閔妃は日本人に殺されたと信じられているため、韓国のテレビドラマ『明成皇后(ミヨンソンファンフ)』では愛国者であるかのように扱われているが、実際の歴史はかなり異なる。
 舅(しゅうと)の大院君(テウオングン)と権力争いをしており、守旧派の大院君に対抗するために改革派の金玉均(キムオツキユン)を支持したこともあるが、あくまで政争のためでしかなかった。

150821-92niseminpi1.jpg
[これは閔妃の写真として広く伝えられてきましたが、今日では偽物とされています]

 日本を牽制するため、清朝の袁世凱(えんせいがい)と結んだり、のちに宮廷を帝政ロシアの公館に移すという暴挙までやってのける。
 ビジョンもなにもなく、ただ権謀術策の権化のような人物だった。

 李朝末期は動乱、腐敗、凶作、殺戮、暗闘など、あらゆるマイナス要因が重なり、まさに王朝の断末魔のような状態だった。

 明治政府は、こうした時代相に対応しなければならなかった。
 朝鮮半島が清朝、あるいは帝政ロシアの版図に入るとなると、対馬海峡を隔てているものの、直接の脅威が日本に及ぶことになる。

(中略)19世紀末から20世紀初という時代は、朝鮮半島が日本の生命線だった。
 必ずしも併合しなくても、朝鮮王朝がしっかりしていれば、緩衝地帯としてそのまま済んでいたはずだ。

 日本としても、たしかに目障りだったのだろう。
 日本公使・三浦梧楼(ごろう)が殺害したとする通説をわたしも信じていたのだが、謎の部分が少なくない。

 朝鮮は現在ですら、ほとんどの有力企業が同族経営であるくらいで、血縁主義(Nepotism)の国である。
 閔妃は同族の閔氏を不当に多く登用し、人々の恨みを買っていた。
 また、大院君の息のかかった一派も閔妃を憎んでいた。

150821-09daiinkun.jpg
[晩年の興宣大院君。「大院君」とは王位が父から子への直系継承が行われなかった場合に、新しい国王の実父に対して贈られる尊号。李氏朝鮮末期に多大な影響をもたらしたため、単に「大院君」というと興宣大院君を指すことが多い]

 1895年の当日、三浦梧楼が抜刀して王宮に斬り込んだことは間違いないが、騒乱状態のなかで、誰が直接に閔妃に手を下して殺害したのか、真相は藪のなかである。
 日本側からは守備隊、警官、大陸浪人などが加わり、また朝鮮側からは親衛隊、訓練隊、警吏などが宮殿に乱入している。
 特に軍人の閔妃への反発は激しかった。

 朝鮮から依頼されて日本は洋式軍事訓練を行っていたのだが、これには特権的に貴族の子弟が選抜され、別枝軍(ビヨルグン)と呼ばれて優遇されていた。
 しかしその費用は、一般の軍人の給米を削ることで捻出されたという。
 なかには、給米に砂が混じっているという悪質なケースもあったという。

 兵士たちの不満は日本人、そして閔妃に向けられる。
 ただでさえ、儒教に基づく極端な文治主義から、軍人蔑視の風潮がある。
 軍部の不平不満は頂点に達していた。

150821-93niseminpi2.jpg
[こちらも閔妃の写真として広く伝えられてきたものの、今日では偽物とされています。特にこの写真は、日本人が王宮に乱入した時、この写真を持って顔を確かめて殺害したということになっていました。ところが、この写真が閔妃でないのであれば、乱入した日本人はどうやって閔妃の顔を見分けたのでしょうか?]

 閔妃の遺骸は慶福宮(キヨンボツクン)の北で、石油をかけて焼かれた。
 これは日本側が主導したものだったらしいが、実際の犯人は不明なままだった。
 高宗(こうそう)*1も閔妃の実子の純宗も現場に居合わせたのだが、日本の統監に向かって高宗が口にした言葉が、記録に残されている。
 「わが臣僚のなかに不逞の徒がいた」*2という。

 また、実子の純宗は、6名の朝鮮軍人が逮捕されたのちに釈放されたことに関して、特に禹範善(ウボンソン)を「現に朕が目撃せし国母の仇」*3と証言している。
 純宗が実母を殺した犯人の名を枉(ま)げて言うとも思えない。

*1 高宗は閔妃の夫。李氏朝鮮の第26代王。興宣大院君は高宗の父。
*2 高宗は1906年、韓国統監代理・長谷川好道を謁見した際に「我臣僚中不逞の徒」(私の部下の中に犯人が居た)と述べています(1906年 統監代理長谷川好道韓皇謁見始末報告)。
*3 高宗とともに殺害現場にいた閔妃の実子・純宗は、「乙未事件ニ際シ、現ニ朕ガ目撃セシ国母ノ仇」と禹範善が「国母ノ仇」であることを目撃したと報告しており、また禹範善自身も「禹ハ旧年王妃ヲ弑セシハ自己ナリトノ意ヲ漏セリ」と自らが閔妃を殺害したと自白しています(1907年8月31日付・往電第31号)。

 暗殺の直後、大院君は閔妃の王妃としての称号を剥奪している。
 閔妃の名誉回復は、のちに日本人の手でなされている。
 日本が主導して暗殺したものなら閔妃の不適格を立証するはずだが、王妃としての尊厳を回復しているのだ。
 また、犯人と目された三浦梧楼も一旦は収監されるのだが、のちに釈放されている。

160905-02miura.jpg
[晩年の三浦梧楼]

 犯行の首謀者と考えられる禹範善は日本へ亡命して日本婦人と結婚するが、李朝が放った刺客によって暗殺されている。
 この事件には後日談がある。

 禹の長男の長春(チャンチュン)は、日本人の援助を受けて東京大学を卒業し、戦後に帰国してから韓国の種苗学(しゅびょうがく)の父と仰がれ、教科書の副読本にも載る偉人となる。
 現在、韓国で栽培される野菜の品種のほとんどが、禹長春が日本からもたらしたものである。

 閔妃の死後2年、日清戦争の結果、清朝の勢力が朝鮮半島から後退し、代わって日本のプレゼンスが拡大する。
 朝鮮は史上初めて、帝国を称する。
 東アジアの歴史では、帝国は中国の王朝だけであり、また皇帝は中国にしか存在を許されなかった。

 1897年から1910年までの僅か13年に過ぎなかったが、朝鮮の王は初めて皇帝を名乗ることができた。
 しかし、帝国、皇帝と名乗ってみても、旧来の李朝の実体はなにも変わらなかった。

 こうして歴史は日韓併合へと動いていくのだが、ここでは朝鮮王室の処遇が問題になる。
 いわゆる植民地史観では、いかにも日本が圧政を敷いたかのように扱われるが、朝鮮王家の人々が日本の皇族と同様に親王待遇となったことを見れば、併合の実体が明らかになる。

140714-03tennou.jpg
[1910年の日韓併合の記念ハガキ。明治天皇と純宗皇帝の御真影が並ぶ位置と大きさに注目。朝鮮人に敬意を払い、純宗皇帝の方が中央に置かれています。出典は「THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)」書評こちら

 同様に、沖縄の尚(しょう)王家も、同じく親王待遇を与えられた。
 植民地だと主張する人に問いたい。
 併合した国家の王家を、ここまで礼を尽くして処遇した例が、かつて一度でもあっただろうか。
 たとえばイギリスは、ムガール帝国の廃帝バハドル・シャーをミャンマーに幽閉した。
 日本は朝鮮を植民地ではなく、併合して日本の一部としたのである。

 ______________________________書き起こしここまで


160905-91bird.jpg

 「朝鮮紀行~英国婦人の見た李朝末期」(イザベラ・バード著、1898年発行)によれば、閔妃殺害事件の翌日、怯えきった国王(閔妃の夫・高宗)は、「(朝鮮人で組織された)訓練隊に代わって日本軍が王宮警備に就いてくれることを切望」しています。

 仮に日本側が殺害の主犯だった場合、自分の警護を朝鮮人部隊ではなく日本軍に交代してくれと頼むのは非常に不自然です。

 また、「最近朝鮮事情」(衆議院議員・荒川五郎著、1906年発行)によれば、「金宏集(朝鮮の政治家)等の派は三浦公使を説き孔徳里に隠居して居る大院君を起こすこととなり、大院君は二大隊を率いて日本党と合して王宮に乱入し閔妃を殺したり手荒いことをやった」とのことです。

09/9/28付:「朝鮮紀行」イギリス人女性が見た19世紀末の朝鮮(3)
15/8/22付:「最近朝鮮事情」衆議院議員が見た20世紀初頭の朝鮮(2)終
(いずれも記事の後半部分を参照)

 閔妃殺害事件に関しては、現在、韓国だけでなく、日本の多くの主要メディアが、「日本だけが行った」という評価をしているようです。

 三浦をはじめ日本側が関わったことは事実だと思いますが、「日本だけが行った」は明らかにおかしい。
 閔妃を襲撃した日本人は、彼女の顔を知らなかったのですから。

 百歩譲っても日朝合作であり、特に実行犯の中に朝鮮人(大院君の一派)がいたことは間違いありません。

 豊田有恒さんの記事を読んで、ますます確信を持ちました。


※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。

※拙ブログ関連エントリー(朝鮮の歴史と日本の統治)
09/8/9付:「朝鮮紀行」イギリス人女性が見た19世紀末の朝鮮(1)
09/9/13付:「朝鮮紀行」イギリス人女性が見た19世紀末の朝鮮(2)
09/9/28付:「朝鮮紀行」イギリス人女性が見た19世紀末の朝鮮(3)
09/11/1付:「朝鮮紀行」イギリス人女性が見た19世紀末の朝鮮(4)終

10/8/2付:【日韓併合】外国人から見た日本と日本人(19)
10/12/16付:韓国軍によるベトナム民間人虐殺問題「SAPIO」01.9.26号
11/2/22付:日本統治肯定で逮捕の韓国人作家『嘘の歴史で反日に』「SAPIO」02.7.24号
11/9/17付:戦前に朝鮮人衆議院議員がいた「SAPIO」07.5.9号
13/3/8付:中山成彬議員が衆院予算委で日本の真の朝鮮統治(インフラ整備、創氏改名、慰安婦など)を語ってくれました
13/5/6付:250年前の朝鮮人が羨み恨んだ豊かな日本…金仁謙「日東壮遊歌」より
13/7/29付:慰安婦強制連行があったのなら、なぜ朝鮮人男性は反乱も起こさず黙っていたのか
13/12/14付:日本が残酷な統治をしていたのなら、なぜ朝鮮人に銃を持たせたのか
14/7/14付:朝鮮が劇的に豊かになった時代…イギリスの専門家が記した「THE NEW KOREA」より
14/9/8付:日本人と朝鮮人はとても仲が良かった!「朝鮮總督府官吏 最後の証言」より
14/11/8付:日本側当事者の証言から見る慰安婦問題 「正論」12月号より
15/4/20付:朝鮮に尽くした伊藤博文と今も変わらない朝鮮人の気質 「1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO」より
15/6/8付:池上彰SP「韓国の憲法前文は日本と戦ったという建国神話(ウソ)に基づいてできている」
15/6/16付:軍艦島元住人『賃金良いので朝鮮半島から自ら来た人も…』 「TVタックル」より
15/7/27付:「最近朝鮮事情」衆議院議員が見た20世紀初頭の朝鮮(1)
15/8/22付:「最近朝鮮事情」衆議院議員が見た20世紀初頭の朝鮮(2)終

15/9/7付:朝鮮人徴用工の実態!月給140円、豊かな食生活と宴会、日本人女工と楽しく過ごし、宿舎を抜け出し逢い引き、朝鮮人親方の飯場に“転職”
15/12/14付:テロリストを讃える韓国の記念館と銅像

※拙ブログ関連エントリー(韓国の真実・厳選)
13/3/23付:日本よ、これが韓国だ
13/6/8付:韓国人が告発した韓国軍慰安婦の実態
13/6/15付:三輪宗弘先生の「大韓民国の物語」書評で改めて見えた韓国の民族主義と李栄薫教授の苦悩
13/8/10付:【これはひどい】慰安所従業員日記を発見した安秉直ソウル大名誉教授の“手柄”を高麗大学韓国史研究所の朴漢竜研究教授が横取り!?
13/8/19付:韓国系が排斥する「竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記」を読みました
13/10/26付:知れば知るほど恐ろしい韓国の原発(「悪韓論」より)
13/11/11付:「Nキャス」韓国“反日”の正体!“反日”を使いすぎ誰も制御できぬモンスターを生み出した
13/11/18付:諺でわかる韓国人の国民性&対日で自縄自縛の朴槿恵政権
13/11/23付:韓国の諺と小説に「慰安婦=売春婦」の重大ヒント&宮古島慰安婦碑の真相
13/12/21付:続・韓国軍によるベトナム民間人虐殺問題「SAPIO」13年1月号
14/3/8付:韓国が永遠に反日である理由 「嘘だらけの日韓近現代史」より
14/5/10付:止まらない反日教! シンシアリーさん「韓国人による恥韓論」より
14/7/28付:責任者の先逃は半島の伝統 「ディス・イズ・コリア 韓国船沈没考」より
14/10/13付:暴かれる韓国最大のタブー!国民保導連盟事件 08年9月6日「報道特集NEXT」より
15/3/23付:日本の正統性を壊したい韓国 シンシアリーさん「韓国人が暴く黒韓史」より
15/7/6付:世界遺産登録で禍根を残した日本の譲歩!さっそく韓国が…
15/9/7付:朝鮮人徴用工の実態!月給140円、豊かな食生活と宴会、日本人女工と楽しく過ごし、宿舎を抜け出し逢い引き、朝鮮人親方の飯場に“転職”
15/10/19付:韓国6カ月間の狂騒と変化の記録 シンシアリーさん「韓国人による震韓論」より
16/2/6付:情治国家・韓国の一挙一動の記録! 加藤達也・産経前ソウル支局長「なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争」より
16/3/4付:韓国は嘘に支配される国!日本よ日韓合意で油断するな! シンシアリーさん「韓国人による嘘韓論」より





okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 「宇宙兄弟」展覧会。

このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1789-5e92a3e1

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索