ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

【お知らせ】河野談話の白紙撤回を求める署名にご協力を

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


「河野談話」の白紙撤回を求める署名

「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

 国内では既に決着がついている慰安婦問題ですが、国外では中国・韓国を中心とした反日組織によるブラックプロパガンダが未だ止むことを知りません。

 米下院では慰安婦に関して日本に謝罪を要求する決議案が、1996年以降、何度も提出されています。

 今回の決議案は今年1月31日、マイク・ホンダ下院議員によって提出されました。

 ホンダ議員は2月25日、フジテレビ系列「報道2001」に生出演しました(テキスト起こしはこちら)。

 司会者に「日本軍が女性を強制連行した事実があったとあなたは言うが、何を根拠にそう言うのか」と訊かれたホンダ議員は、根拠として以下のことを挙げています。
  (1)実際にそういうことがあったと被害者サイドが言っている
  (2)河野談話という形でコメントが出ている
  (3)償いという形でアジア女性基金が起こっている
  (4)歴代首相が実際に謝っている


 (1)はさておき、(2)以降に注目して下さい。
 (3)も(4)も、(2)がなければ起こらなかったことです。

 慰安婦問題において、河野談話が今の日本の「悪辣なイメージ」を形成した元凶と言えます。

 反日勢力にとって河野談話は、一番大きなよりどころとなっているのです。
 河野談話がなかったら、果たして彼らはここまで大きなムーブメントを起こすことができたでしょうか?

 「日本政府は談話の中で日本軍による慰安婦の強制連行、性奴隷化を認めている。日本政府はその談話を今も継承している。しかし被害者たちは納得していない。それは日本政府が未だきちんとした反省の態度を示していないからだ」

 もし私が日本に縁もゆかりもない一外国人だったとして、上のような主張をされれば、「日本はひどい国だな」ときっと思い込んでしまうでしょう。

 安倍首相は河野談話を継承しつつ、「但し狭義の強制連行はなかった」と説明、日本の冤罪を晴らそうと努力をしましたが、国外で全く通用しなかった(逆に反日メディアに揚げ足をとられて攻撃材料にされてしまった)のは皆さんご存知の通りです。

 河野談話が存在し続ける限り、日本の冤罪が晴れることはおそらくないでしょう。

 先ほど、私は「反日勢力にとって河野談話は、一番大きなよりどころ」と書きました。
 逆に言えば、河野談話が白紙撤回されれば、彼らはその一番大きなよりどころを失うことになるのです。

 米下院ではこの26日にも決議案が採択される見通しとのことです(読売6/19)。
 が、私はここまで来たらそれはもうどうでもいい…とまでは言いませんが、さほど大きな問題ではないと思っています。

【ここで余談というか…おさらい】

 そもそも決議案自体には拘束力は一切ありません。
 たとえば中国について言えば、過去に何度も米上下院で対中非難決議が可決されていますが、だから何がどうなったということはありません。

 最近ではこの6月5日、中国政府がスーダン政府の支援を受けた民兵組織によるダルフールでの大量虐殺を黙認していることは、北京オリンピックの精神に反するとして、抗議する決議案を、米下院は全会一致で可決していますが(産経6/7)、中国政府は完全に無視しています。

 米下院では毎年数百件もの決議案が提出されており、中には「メジャーリーグで活躍した選手の模範イチローを賞賛する決議案」「毎朝牛乳を飲むことを国民に呼びかける決議案」「ブロッコリーは美味しくて健康によい事を国民に呼びかける決議案」といった、「はぁ?」な決議案も少なくありません。
 慰安婦決議案もそういった膨大な数の決議案のうちの一つでしかありません。

 もっと問題の根っこを見なければいけません。
 今回の決議案が採択されようがされまいが、このまま河野談話を放置すれば、日本は反日勢力から永遠に攻撃され続けるでしょう。

 私は以下の櫻井よしこさんの主張に全面的に同意します。

【櫻井よしこさんの主張】

 決議案の間違いにも河野談話の間違いぶりにも目をつぶり、河野談話の枠内で対処しようとする人々がいる。駐米大使の加藤良三氏は米下院への書簡で、日本国政府は謝罪を重ねてきたと説明はしても、事実の誤りは全く指摘しないのだ。
 (中略)たしかに、眼前の危機である決議案の成立を阻止するにはひたすら謝ったと強調し続けるのが良いかもしれない。しかし、その後はどうなるのか。日本の不名誉がさらに深く重く歴史に刻み込まれていくだけだ。
 慰安所は現在の価値観では到底受けいれられない制度だ。私たちはその種の非人道的振る舞いや制度を決して繰り返させてはならないが、同時に、慰安所設置は当時の価値観の反映だったことも指摘すべきだ。しかもその種の制度を持ったのは日本だけではない。第二次大戦後でさえ、同様の仕組みを設けた国々がある。
 そうした中でとりわけ日本が非難されるのは、“軍や政府の強制”故だ。だが、強制の事実はなかったのだ。河野談話は明らかな間違いなのだ。この点を主張しなければ、問題の真の解決などあり得ない。
(産経新聞07年3月9日付)

 私たちは今回の米下院の慰安婦問題に関する動きを日米二国間の関係でのみとらえてはならないのだ。下院の決議案は紛れもなく、中韓両国による反日連合勢力の結実で、その中に米国が取り込まれつつあることを物語る。
 だからこそ、彼らの反日の意図、空恐ろしいほどの反日戦略を読みとり対処すべきなのだ。沈黙を守れば消え去り、忘れ去られるような生易しい脅威ではない。
 日本がこの深刻な事態に対処すべき道はただひとつ、真正面から正論で闘うことだ。
(WiLL07年5月号)

 今回の決議案を巡る一連の騒動は、むしろ日本が反撃を始めるためのチャンスと捉えるべきでしょう。

 政府や国会議員が動かないなら、私たち国民が彼らのお尻を叩いて動かすしかありません。

 「河野談話の白紙撤回を求める署名サイト」主催者さんによれば、26日(米下院で慰安婦決議案が採決される日)までに、集まった署名を一度提出したいそうです。

 もうすでに多くの方が署名されたことと存じますが、まだされていない方は、何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

「河野談話」の白紙撤回を求める署名


・・・・・・・・慰安婦問題関連リンク集・・・・・・・・


※拙ブログ関連エントリー(太字はオススメ)

 06/1/21付:河野洋平〜特定アジアにおける輝かしい功績
  当時の官房副長官で談話作成に関わった石原信雄氏のインタビューまとめも。

 ・06/3/4付:朝日はいつまで「元慰安婦」を利用するの?
  「元慰安婦」自身が証言してる。自分を“連行”したのは朝鮮人だと。小野田さんの証言も。

 ・06/3/19付:米連邦最高裁判所が「慰安婦」にNO!
  これで慰安婦に関して日本に賠償謝罪を求める訴えは米国内では起こせなくなった。

 ・06/6/29付:「慰安婦」日本では決着、でも米国では……
  06年に出された決議案について。

 ・06/10/2付:米議会の慰安婦決議案の採択は見送られる模様
  06年の決議案の日本語訳を掲載。

 ・06/10/17付:読売が朝日の「慰安婦」捏造を批判
  『腰抜け外務省』さんによる英文の抗議文も掲載。

 ・07/2/3付:中共の靖国キャンペーンと米下院慰安婦決議案
  07年の決議案が出た。『腰抜け外務省』さんによる英文の抗議文(マイク・ホンダ宛)も掲載。

 ・07/2/16付:「チーム安倍」と外務省と河野談話見直し
  この頃は安倍さんもやる気満々だったようです。

 ・07/2/17付:米下院「慰安婦」で公聴会 この問題を改めて考えてみた
  「証人がいるから事実」の馬鹿馬鹿しさ。

 ・07/2/20付:反日ホンダ議員に関して日系米国人のメール
  日系アメリカ人『Mon』さんの見解。

 ・07/2/21付:続・反日ホンダ議員に関して日系米国人のメール
  日系アメリカ人『Mon』さんの見解その2。

 07/2/26付:「報道2001」慰安婦問題ホンダ議員生出演(全文テキスト)
  中心人物ホンダ、最初で最後の日本のテレビ出演?

 ・07/3/10付:慰安婦問題ニューススクラップ1(3/6〜8)
  日々色んな事がありました。まとめ。今日のエントリーで紹介した櫻井よしこさんの記事も掲載。

 ・07/3/10付:慰安婦問題ニューススクラップ2(3/9)
  日々色んな事がありました。まとめその2。

 ・07/3/15付:「アンカー」安倍変身&慰安婦問題など
  青山繁晴さんの見解。

 ・07/3/16付:「ぷいぷい」慰安婦問題(全文テキスト)と河野洋平と東国原知事
  ややヒダリの番組。途中まではまあまあだが結論がひどい。ダンマリ決め込んでた河野洋平が初コメント。東国原知事は意外にもGJコメント。

 07/3/17付:【資料】慰安婦問題おさらい10問10答
  「チャンネル桜」発。問題の要点をフリップでわかりやすく説明。

 ・07/3/19付:「たかじん委員会」慰安婦問題(全文テキスト)
  田嶋はいません(笑)。三宅先生は大人の意見ですが、やっぱ納得できん。

 ・07/3/24付:慰安婦決議案、採決は5月?
  安倍訪米のため採決ずれ込む。産経は腰が引けてきた?

 07/3/27付:「WiLL」慰安婦問題特集
  今日のエントリーで紹介した櫻井よしこさんの記事も掲載。西岡力さんの記事も必見。

 07/4/9付:元慰安婦「李容洙」証言の矛盾
  米下院で証言したりあちこちで大活躍ですが、証言がコロコロ変わってる。

 ・07/6/16付:慰安婦問題で米紙に意見広告
  ジャーナリスト有志による意見広告が米紙に掲載。国会議員44名も賛同人に。


※慰安婦問題動画 by TAMAGAWABOATさん

 いずれも英語字幕付き。一人でも多くの人に見に行っていただけたら、ランクが上がって目にとまりやすくなるそうです。ぜひご協力を!
 (TAMAGAWABOATさんは南京事件についても情報発信されています。こちらからご覧下さい)

 ・COMFORT WOMEN AND KONO STATEMENT
  櫻井よしこさんのGJ発言。

 ・THE TRUTH OF COMFORT WOMEN
  インパクトはこちらの方が上かも。

 ・COMFORT WOMEN ISSUE
  古森義久さんのGJ発言。


※慰安婦問題参考リンク

 ・反日勢力撃退用・HTML版史料館より
  ・従軍慰安婦・解説編
  ・従軍慰安婦・検証編
  ・従軍慰安婦・陰謀編

 ・Let's Blow!毒吐き@てっくさん3/14付:従軍慰安婦資料集その1
  よしりんの10年くらい前のゴー宣です。

 ・新・柏原日記さん>3/27付:基礎からわかる「慰安婦問題」−読売新聞朝刊13面より

 ・河野談話リンク集


※国民の声を届けましょう

 ・自民党
 ・首相官邸
 ・外務省



このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「日本より正しい情報を発信する会」メンバー募集!
ブログや掲示板等から、中韓をはじめとする反日勢力に対抗する優れた主張を、フラッシュ動画などに加工し、英文解説をつけて、YouTubeなど動画サイトにアップさせて行きます。英訳、動画作成のできる方、「このブログを英文にしたらどう?」など提案をして下さる方、大歓迎!まずは自己PRとあなたの思いを書いて、主催者のhinomaruさんにメールを!hinomaru2007@hotmail.co.jp hinomaruさんのブログはこちら。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/177-5a87db33
日本の議員ら、慰安婦問題でワシントンポストに広告 【ワシントン14日聯合】従軍慰安婦問題に対する日本政府の謝罪を求める決議案が米下院で係留されるなか、日本の国会議員40人余りがワシントン・ポストの全面広告を通じ、慰安婦の動員に日本政府や軍の強制はなかった....
2007/06/22(金) 12:35:28 | 憂国、喝!
今回、米国のホンダ議員が、事を荒げてくれたことで、日本の政治家や有志の方々も動き出したが、意外なのが日本の左翼がわりと静かという事だ。米国やホンダ議員を応援しても良いと思うが、そのような動きもないようである。これは、なぜだろう。それは、今まで左翼、売....
2007/06/23(土) 11:00:44 | 憂国、喝!
ナンと!韓国では熊本城は韓国人が造った事になっている?!何でも豊臣秀吉によって連れて来られた韓国人が造ったのだとか・・・【動画】秀吉の朝鮮出兵の「恨」から日本の若者を洗脳します! <p style=&

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索