ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

総連敗訴と北資金凍結解除

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 今日は細切れぼやきもあります。
 「硫黄島」の呼称変更、丸山弁護士が黒塗り“出演”、「たかじん委員会」が謝罪、ペットボトル投げつけ事件でデモ。

070618.jpg

 まずは朝鮮総連、敗訴の件。

 「借りた金は返しなさい」という当たり前の判決とはいえ、東京地裁GJです!(≧∇≦)

 総連はどう出るんでしょうかね。いまのところ(つーか、架空売買疑惑が明らかになって以降)この件について一切コメント出してませんが。
 総連のサイトにもいつの間にかつながらなくなってるし(私が気づいたのは18日の夕方)。
朝鮮総連が敗訴 628億円の返済い命じる 東京地裁(産経6/18 13:19)
 破綻(はたん)した在日朝鮮人系の16の信用組合から整理回収機構(RCC)が引き継いだ不良債権のうち、約628億円は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)への貸し付けだったとして、RCCが朝鮮総連に全額の返済を求めた訴訟の判決が18日午後、東京地裁であった。荒井勉裁判長は全額の返済を命じ、確定前に判決の効力を生じさせる仮執行宣言を付けた。これにより、RCCは朝鮮総連の財産の差し押さえが可能になった。
 この訴訟をめぐっては、朝鮮総連の中央本部(東京都千代田区富士見)の土地・建物の差し押さえを免れる目的の仮装売買事件が発覚。朝鮮総連代理人で元日本弁護士連合会会長、土屋公献弁護士(84)は判決前の同日午前、土地・建物の移転登記を元に戻す手続きを取ったと発表した。
 訴訟で朝鮮総連側は、不良債権が自身への貸し付けだったことは認めていた。その上で「RCCは債権価値よりも著しく安い価格で債権を引き継いでおきながら、額面価格で債権全額を請求している。朝鮮総連の本部施設を奪い解散に追い込む政治的意図があり権利の乱用」と抗弁していた。
 今後、朝鮮総連側がRCCの差し押さえを回避するには(1)控訴(2)仮執行停止の申し立て−の2つを行う必要がある。しかし、仮執行停止の申し立てには、返済を命じられた総債務額の6〜8割の担保を提出しなければならず、朝鮮総連の財政状況から担保提出は不可能とみられる。
 一方、問題となっている朝鮮総連の中央本部の土地と建物は、移転登記前は朝鮮総連とは別の「合資会社朝鮮中央会館管理会」の名義になっていたため、登記が戻されてもRCCが差し押さえられるかは流動的な面もある。

 今後の焦点は、RCCが中央本部を差し押さえるのか否か。それと、「架空売却」の捜査はどこまで進むのか。この2点のようです。

 判決が出たのが午後1時過ぎ。
 ↓その少し前、午前中に行われた土屋氏の会見。

土屋元会長の会見要旨 朝鮮総連側代理人(中国新聞6/18 12:49)
 朝鮮総連側代理人の土屋公献元日弁連会長が18日の記者会見で説明した要旨は次の通り。

070618tutiha.jpg 

 整理回収機構が行ってきた訴訟は、総連の本拠を奪うことによって総連組織の壊滅を狙うことが目的であり、罪もない在日朝鮮人の幸福と生活を奪うことにつながる。これを許すことは日朝の国交回復の障害になり、政府の対朝鮮敵視政策をそのまま反映するものだ。
 訴訟の判決に仮執行宣言が付くことを予想し、事前に競落代金を上回る金額を整理回収機構に提供して競売を避けるため、事情を十分に理解する篤志家を探していたが、仲介者を通じて緒方重威弁護士(元公安調査庁長官)と会うことができた。もともと対立関係にあったにもかかわらず、買い取りを懇請したところ快く応諾され、至急、出資者を見いだして代金35億円を用意するとの確約を得た。
 資金の提供者は仲介者らと密接な関係にある第3者だが、買い取り人はあくまで緒方弁護士が代表する会社でなければならず、同弁護士は自ら契約内容の検討に入り、契約書は何回かの修正を重ね、最終的に同弁護士が作成した。
 出資者と緒方弁護士の交渉は詳細を知らないが、私と同弁護士、総連関係者、仲介者は頻繁に連絡を取り合った。出資者そのものはいくらかの変遷があったが、最後に伝え聞いた人物は「森」という姓だった。出資者とは1度も接触したことはないが、極めて信頼に値する人物であるとのことなので安心していた。
 代金支払い時期を登記手続き完了確認後と同時という契約内容にしたのは、森氏の強い要望とのことであった。異例の方法であるが、ぜひとも代金を得たいとの一念からこれに応じた。ところが、その後も実行されず、新聞報道を理由に森氏が消極姿勢を取りだしたことは心外である。
 完全に金策が絶望となったのは15日の午後であり、そこで18日一番で登記を元に戻す手続きを完了した。強制執行を妨害しないためである。この売買が緒方弁護士、私のいずれにとっても真剣なものであって、決して売買を装った架空のものではなく、公正証書不実記載に当たらないということを理解されたい。

 “総連組織の壊滅”も何も、私たちの膨大な額の血税が無駄につぎ込まれたんだから、少しでもそれを回収しようとするのは、日本の国益から見れば当然でしょ。

 そんなにまでして日朝国交回復させたいのか。日本の国益なんて考えもしないのか。全く悪びれる様子のないこのオッサンの顔を見るにつけ、「お前、どこの国の人間やねん」と怒りが爆発しそうになります。


 ↓もう一人の「お前、どこの国の人間ねん」。

「仲介役に総連から4億」 緒方元長官が会見で明らかに(中日6/18 20:06)
070618oata.jpg

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物の売買交渉をめぐり、購入側だった緒方重威・元公安調査庁長官(73)が18日午後、記者会見し「朝鮮総連側から仲介役の不動産会社元社長(73)に約4億円が支払われていた」と明らかにした。
 緒方元長官は売買を断念したことについて「資金調達が間に合わず、非常に残念。しかし、仮装ではなく実体のある取引だった」と繰り返し違法性を否定した。
 緒方元長官によると、今月11日に事務所を訪れた朝鮮総連の許宗万責任副議長から「元社長に約4億円を支払った上、緒方さんへの謝礼1000万円も合わせて渡した」と説明を受けた。元社長に問い合わせたところ、受領を認め「いずれ落ち着いたら話すつもりだった」と釈明したという。
 緒方元長官は、仮装売買と取られても仕方がないのではという質問に「客観的にはそうかもしれないが、わたしの認識では違う」と否定。
(共同)

 土屋の仏頂面にも腹が立つけど、緒方のヘラヘラ顔にも腹が立つ。何でこの人はいつもヘラヘラしているのか。悪いことしたという気持ちは微塵もないのか。
 「客観的にはそうかもしれないが、わたしの認識では違う」って何それ?なめとんかー!(-.-#)

 上の記事には載ってないけど、夕方、民放のニュース見てたら、「(出資者に会った時)名刺を持ってきてないと言われて、もらえなかった。名前は聞いたけど、メモしなかったので、下の名前は忘れちゃった」だって。何じゃそりゃー!(-.-#)
 
 この出資者に関してですが——。
 朝日新聞によれば、5月26日午後、緒方氏は東京駅構内の喫茶店で会ったそうで、40歳代ぐらいの小柄な人物だったそうです。
 この人物は、「高校時代に米国に行き、人種差別で迫害を受けたので弱者についてはよくわかる」と話し、海外で60億円規模の資金運用をしていると説明し、米国の永住権を持っているなどとも付け加えたとのこと。
 緒方氏は 「自分と波長が合う」と思い、土屋氏に「出資者を確保できそうだ」との連絡を入れたそうです(朝日6/18 22:40)。

 とにかく土屋に負けず劣らず「ハァ?」なコメント連発の緒方。
 他にも、「公安調査庁長官まで務めた緒方先生がやればRCCも疑いを持たないでしょう、と言われた」「うかつと言われるかもしれないが、被疑者を調べるわけじゃありませんから」「だまされたとは言いたくないが、乗せられた」「あまりにも信用しすぎたねと言われたら、結果を見たらそうかもしれない」……。

 大丈夫か?この人。これは素なのか?だとしたら、ただのオッチョコチョイにしか見えへん。
 14日の会見の時点で、もうすでに「判決が出た場合、(総連本部が)取られるのが嫌なのでやった」って馬鹿正直に言っちゃってたし。

 この人、消されたりせーへんのやろか?真面目な話、警護つけた方がええんちゃいますか?(ついでに土屋にも)


 「ムーブ!」も今回の判決について取り上げてたので、ちょこっと紹介。

 勝谷誠彦さんは、「もちろん、もっとも常識的な判決。(緒方とか土屋とか)変な人たちが出てきたけど、最終的に逆効果だったね」。

 今後の捜査の行方について、進行役の上田アナが「差し押さえを免れるための偽装は“既遂”なので、捜査がここで終わることはないし、朝鮮総連の許宗萬(ホ・ジョンマン)氏への捜査、立件もあるかもしれない」と説明。

 ところが宮崎哲弥さんは、「そこまで行く可能性は薄い。聴取はされるだろうが。政治的な関係があるので。不動産会社社長より先はいろんな人の名前が出てきてる。そこから先の資金源、投資をすると言ってる人たちが本当にいたのか極めて怪しい。特捜が動いてるし、誰かが逮捕される可能性はあるが、許宗萬の逮捕はない。しかしもし緒方氏、土屋氏が逮捕されて、立件された場合、果たして彼らは黙っているか。真相が明らかになる期待はある」。

 ここで勝谷さんが反論。「彼らが真相を話す確率は低い。極めて政治的な狙いがあるから。総連への捜索も今に至るまで入ってないのは、政治的なせめぎ合いがあるから。北朝鮮は微妙な時期なので、劇的な流れは作りにくい」。

 それに対して宮崎さん、「安倍政権の支持率下がってるので、選挙の1カ月ぐらい前に捜査が入るかも……」。あと、「総連は朝銀のお金をブラックホールのように吸い取っていた。朝銀には小泉政権下でも竹中さんの主導のもとに公的資金が投入されてた。この責任は問われないといけない」とも。

 私、野中広務にばかり目を奪われてすっかり忘れてたけど、朝銀には2002年にも、7800億円が追加投入されてたんですよね(こちらとか、あるいはこちらなど参照)。

 
 あと、日テレ系のニュースで重村智計教授が言ってたのは、「仮執行の判決をもらってることで、総連にとっては厳しい状況。別の場所に行って事務所を構えることになるだろう」。
 確かに、「関係者によると、朝鮮総連は東京・文京区にある施設の空きフロアに転居する方向で準備を進めている」(日テレNEWS24 6/18 20:28)という報道もされてますね。

 総連が628億円を返済できなければ、関連施設も差し押さえられる可能性があるが、今後どうなるのか?について、重村教授は、「裁判所は先だって120億円の和解案を実は出していたのに、総連はそれすら集められなかった。資金力がない。在日の人たちが出す熱意がない。総連の求心力、信頼度が落ちている」。

 実は今日の判決後、総連の代理人である土屋氏は、「控訴するかどうかは総連と協議して決めたい。裁判に必要な印紙代だけでも1億円を超えるので、控訴したときの損得を十分に考えたい」というコメントを出しています(NHK6/18 18:02
 印紙代にも困るほど、追い込まれてるってこと?( ´,_ゝ`)プッ
 (関係ないけど、印紙代って高いんですね……)


 総連本部だけでなく、他の活動拠点も差し押さえられる可能性が出てきた(各地でもうすでにいくつか差し押さえられてるらしいが)、それは大変喜ばしいことですね。総連壊滅の日も意外と近いのかもしれません。

 が、何しろ朝銀には1兆4000億円もの公的資金がつぎ込まれたわけですよ。その大半は総連へ流れ、そこからさらに北朝鮮本国へ流れたのではないかと言われています。
 つまり日本は金正日独裁体制の延命の手助けをし、もっと言えばミサイルや核など大量破壊兵器の開発に貢献してしまった可能性もあるわけです。

 今回、裁判所は628億円が総連に流れたのは間違いないと認定したわけですが、じゃあ残りのカネはいったいどこに消えたのか。
 取り戻すのは無理としても、お金の流れの解明だけは絶対やってほしい。でないと一国民として納得できません。

 あと、総連から献金もらってた民主党の角田義一の件も、もう一回突っ込んでほしい!

 とまあ、総連は大変なことになってるわけですが、北朝鮮本国が手を差し伸べることは……、ないんでしょうねぇ。そんな余裕ないでしょうしね。


 ということで、ここからはバンコ・デルタ・アジア(BDA)の北朝鮮資金凍結解除の件です。

 まずは「諸君!」7月号に掲載された西原正(財)平和・安全保障研究所理事長、前防衛大学校長の論文【ブッシュ政権<対北・及び腰外交>が止まらない】に、わかりやすい一覧が載ってましたので、引用します。

 題して、「アメリカの北朝鮮に対する一連の譲歩の経過」。

ブッシュ政権の最初の立場(2002年1月以降)
北朝鮮は「悪の枢軸である」、「圧制の拠点である」(体制変革を求める)
北朝鮮の核廃絶を完全な、検証可能な、逆戻りができない形で要求する
北朝鮮の核保有は絶対に認めない
北朝鮮との直接対話はしない、六カ国協議で協議する

譲歩第一段階(2006年秋以降)
米国は北朝鮮を侵略する意図はない、体制変革を求めない
六カ国協議の枠内での米朝協議は行う
北朝鮮の核実験を容認しない(核保有については言及せず)
金融制裁と六カ国協議は別個のものである
米銀行には、2500万ドルの非合法預金をもつマカオの銀行との取引を禁ずる

譲歩第二段階(2007年1月以降)
北朝鮮の核施設ないし核計画を凍結する
北朝鮮の核の拡散を阻止するのが重要(核保有の容認に傾く)
二国間協議に応じる

譲歩第三段階(2007年3月14日以降)
マカオの2500万ドルには合法の資金もあり、これに関する制裁解除は可能

譲歩第四段階(2007年5月14日以降)
2500万ドル全額凍結解除する用意がある
バンコ・デルタ・アジアから米国の銀行を経由して北朝鮮に返還する予定

 わずか半年ぐらいの間に、あれよあれよと譲歩を重ねてきたアメリカ。
 北朝鮮は「やっぱり核実験をやってよかった」と今頃ほくそ笑んでる?


 “譲歩第四段階”から約1カ月——。

 米政府はBDAで凍結されていた北朝鮮資金をニューヨーク連邦準備銀行経由でロシア中央銀行に振り込みました(北朝鮮口座のあるロシアの民間銀行への送金はまだ完了していないようですが)。

 これを受けて、北朝鮮は国際原子力機関(IAEA)代表団の訪朝を招請、寧辺核施設の稼動中断・閉鎖など6カ国協議合意の履行へ……?


 最新ニュースはこうなってます。

ロシア・インタファクス通信、北朝鮮が寧辺の核施設を7月後半に停止する計画と報じる(FNN 6/18 21:07)
 ロシアのインタファクス通信は18日、北朝鮮が寧辺(ヨンビョン)の核施設を7月後半に停止する計画だと報じた。
 北朝鮮外交筋の話として伝えたもので、「原子炉の稼働停止には、技術的に1カ月近くかかる。6カ国協議の合意に基づく封印は、7月後半になるとみている」と述べたという。
 また、原子炉が完全に止まったことを確認するため、IAEA(国際原子力機関)の専門家を2回にわたって北朝鮮に招く姿勢を明らかにしているという。
 さらにこの外交筋は、6カ国協議の再開について、「原子炉が封印されたあとに再開されるべきだ」として、7月下旬が適切としており、具体的な日程を挙げて、2月に合意した「初期段階措置」の履行姿勢を示した。
 これを受け、安倍首相は18日夜、記者団に対し「2月に約束をしたことをですね、まだ北朝鮮は実行していませんね。1日でも早く、北朝鮮は実行しなければ、国際社会に受け入れられることはないと」と述べた。

 麻生さんも言ってましたね。「(核施設の稼働停止や封印を確認するまで)ぬか喜びとか一喜一憂しないほうがいい」「(北朝鮮が)本当に査察をきちんとさせるかどうか。ほかの話ですぐ止める可能性もある」「4カ月遅れでスタートしたというだけの話だ」と(朝日6/17)。

 その通りで、6カ国協議の合意に基づく封印が、完全に実施される保証はどこにもありません。
 北朝鮮のことですから、ゴネたり、引き延ばしたり、直前で反故にしたり、またそんなことになりそうな予感(T^T)

 そもそも寧辺の核施設というのは、これまで多くの識者が指摘している通り、もう使えない、古くなった用済みの施設です。ここを止めても、北朝鮮は痛くも痒くもないのです。
 ブッシュ政権内部の高官は、「あれはもうゴミ施設だ」とまで言っているほどです(「アンカー」2/14付参照)。

 つまり寧辺を止めたところで、「これ以上は核は作らせない」というだけで、「これまで作られた核はスルー」ってことです。

 それに2500万ドル(約29億円)の資金が返還されたといっても、北朝鮮の裏金は総額6〜8000億円あると言われていますから、全体から見れば、ごくごく一部なんですよね。
 北朝鮮はこれらの資金全てが解除されるまで、あの手この手でゴネてくるんじゃないかと思います。

 アメリカの情けないまでの譲歩は、やはり昨年11月の中間選挙で共和党が敗北したことが大きく影響しているのでしょう。
 また、「アンカー」などで青山繁晴さんが常日頃言っているように、国務省と国防総省とでは対立がある。米政府自体が2つに分裂しているのです。国防総省の人たちは「国務省のヒル(国務次官補、6カ国協議代表)はクレイジーだ」と罵っている。
 で、日本にとってはまずいことに、「クレイジー」な国務省の方がいま優位に立っている。

 イラク、イランの問題に進展が見られず(イランについては先月、27年ぶりに協議が行われたものの、何の合意もなされなかったし、次の協議も具体化していないようです)、ネオコンも衰退し、対話路線を突っ走る今のアメリカは、よほど大きな情勢の変化でもない限り、強硬路線に戻ることはないでしょう。
 北朝鮮の生存権を握っている中国も、今は北京五輪を成功させることしか考えてない。

 要するに、北朝鮮はいま慌てて譲歩する必要は全くないわけですね。ちょびっとずつ合意を履行していって(あるいは履行しているふりをして)、アメリカから次の譲歩を引き出して、韓国からは援助をせしめて……てな感じで、これからものらりくらり行くんでしょうなぁ。

 ヒル国務次官補は中国、韓国と回って、明日(6/19)には日本を訪れて、6カ国協議の再開などについての協議をするようです。
 が、この人にはもはやなーんも期待してません。

 とにかく朝鮮半島の非核化が実現する日は当分来そうにもありませんね。いや、未来永劫、来ないのかも……。
 どうする?日本政府。どうする?日本人。



・・・・・・・・・・・細切れぼやき・・・・・・・・・・・



硫黄島「いおうじま」から「いおうとう」に 国土地理院(朝日6/18 19:46)
 第2次世界大戦の激戦地、硫黄島(東京都小笠原村)の呼称を「いおうじま」から「いおうとう」へ変えると国土地理院が18日、発表した。戦後も帰島かなわぬ旧島民の心情に配慮し、村が変更を要望していた。市販地図や教科書の基になる2万5000分の1地形図の図名が9月から改まる。
 硫黄島には戦前、約1000人の島民がいて「いおうとう」と呼ばれていたが、戦時中、全員が強制疎開に。戦後、米軍が「いおうじま」と呼び、都や村もこれを標準呼称として公報などに載せたことから、地理院も82年から「いおうじま」を使ってきた。
 村は昨年3月、地理院に旧称への変更を要望していたが、同12月公開のクリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島(いおうじま)からの手紙(原題はLETTES FROM IWO JIMA)」のヒットで、旧島民らの間で、改めて本来の呼称を使いたいとの声が高まった。村は都の承諾を得て、村長が地理院に直訴。地理院は18日、海上保安庁と合同で地名修正の連絡協議会を開き、「現地の現称が原則」として変更に踏み切った。
 母が旧島民の森下一男村長は「旧島民は戦争で故郷の名前を奪われ、複雑な思いを抱いてきた。遺骨収集などのたびに話題となっており、変更は大変うれしい」と話している。

 珍しく朝日が詳しく伝えてます。「戦争で故郷の名前を奪われ」という箇所を強調したかっただけなのかもしれんけど。

 前に「アンカー」で青山繁晴さんが、「本当は“いおうじま”じゃなく“いおうとう”なんですよ」と言ってて、私は恥ずかしながら、その時初めて知ったという……。


丸山弁護士は黒塗り“出演” 日テレ番組で(産経6/18 8:01)
 17日放送の日本テレビ系の「行列のできる法律相談所」で、放送中に数回にわたって黒塗りの人物が“出演”するという異変が起こった。
 この人物は丸山和也弁護士(61)。放送直前になって丸山弁護士が今夏の参院選で自民党から比例代表で出馬する可能性が強まったことから、日本テレビでは急遽番組を再編集。丸山弁護士の出演シーンをカットしたものの、他のレギュラー出演者と並んで収録された部分については番組の進行上どうしても残さざるをえなかったという。
(以下略)

 実は、私、この番組が好きで毎週楽しみに見てます。なので、昨日はびっくりしました。え?丸山さん、何か犯罪でもやらかしたの?と(^_^;

 今日、丸山さんが会見、正式に出馬を発表しましたが、昨日の時点までは「出馬の可能性あり」という段階だったんだから、あそこまでする必要はないのでは?と個人的には思ったんですけどね。
 まあとにかく奇妙な1時間でした。


<読売テレビ>取材も事実確認もせず放送 番組で謝罪(毎日6/17 20:37)
 読売テレビ(大阪市)は、4月22日に放送した情報バラエティー番組「たかじんのそこまで言って委員会」で、当事者に取材せず、事実の確認をしない内容を放送したなどとして、17日の同番組で謝罪した。
 問題とされた放送では、パネリストらのトークに合わせて「テレビでよく見かける中国人ジャーナリストはスパイが多い?」との字幕をつけた。収録の際、実在する2人のジャーナリスト名が上げられたが、音声は消し、イニシャルを画面に表示したという。5月末、このジャーナリストらから同社に苦情が寄せられた。

 番組の最後に、辛坊さんが約1分間かけて、説明、謝罪してました。
 放送時、2人のジャーナリストのイニシャルはY、そしてMと表記されました。
 Yは葉千栄氏、Mは莫邦富氏ではないかというのが、2ちゃんねらーの全般的な意見のようです。

 しかしYさんもMさんもアホですな。そんな必死になって否定したら、かえって「自分は工作員です」と言ってるようなもんでは?
 つーか、いくら「自分はただの中国人だ」と主張したところで、やってることは工作員だし。


北京の日本大使館前で、台湾の李前総統にボトルを投げ逮捕された男の釈放求める抗議デモ(FNN6/18 20:17)
 中国国籍の男が9日、成田空港で台湾の李登輝前総統にペットボトルを投げつけ、逮捕された事件で、18日、北京の日本大使館前で中国の活動家が、男の釈放を求める抗議デモを行った。
 抗議デモは、日本時間18日午前11時から、北京の日本大使館前で行われた。
 集まったおよそ20人の活動家は、「日本は容疑者を釈放せよ。李登輝氏は売国奴で、裏切り者。日中人民は、平和に向けて努力すべきだ」などと、横断幕を手にシュプレヒコールを上げた。
 最後には、日本大使館員に抗議文書を手渡し、抗議活動は15分程度で終わった。

 しょぼすぎる……(^_^;

 この事件、拙ブログでも取り上げましたが、私が心配した通り、続報が全然ないんですよね。やっぱり政治的配慮が働いているんでしょうか。


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「日本より正しい情報を発信する会」メンバー募集!
ブログや掲示板等から、中韓をはじめとする反日勢力に対抗する優れた主張を、フラッシュ動画などに加工し、英文解説をつけて、YouTubeなど動画サイトにアップさせて行きます。英訳、動画作成のできる方、「このブログを英文にしたらどう?」など提案をして下さる方、大歓迎!まずは自己PRとあなたの思いを書いて、主催者のhinomaruさんにメールを!hinomaru2007@hotmail.co.jp hinomaruさんのブログはこちら。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/175-ad40ece1
ま、至極当たり前の判決です。 朝鮮総連に627億円支払い命令、仮執行も可に…東京地裁(読売新聞) 破たんした在日朝鮮人系の16信用組合から不良債権を買い取った整理回収機構が、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連) に約627億円の返還を求めた訴訟の判決が18日午
2007/06/19(火) 21:23:53 | 閣下の憂鬱
 緒方某と土屋某とかいう尾崎秀実クラスの売国奴の所業により、殊更の注目を集めていた感のある日本のゴミ、朝鮮総連に対する差し押さえ訴訟ですが、昨日、一審では極めてまともな判決が下された模様です。朝鮮総連に627
2007/06/20(水) 02:32:09 | 或る浪人の手記

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索