ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

秦氏×阿比留氏 日韓合意対談&国連で日本政府がようやく“強制連行”反論へ!

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

2016takesimaJ.jpg2月22日は竹島の日。今年は韓国による不法占拠から63年目。
ブログやSNSをされている皆様、「竹島プロジェクト」にご協力を。
参加表明くださった方は記事内にリンクを貼らせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「正論」2016年3月号と、「WILL」2016年3月号
 いずれも、日韓による慰安婦合意の後、初めて出た号です。

 さまざまな識者が見解を述べていますが、とりわけ異色だったのが、「正論」3月号の、現代史家の秦郁彦さんと、産経新聞政治部編集委員の阿比留瑠比さんの対談。

160212hataAbiru.jpg

 例によって要点を紹介しようと思ったら、なんと全文が産経ニュース(ウェブ)に転載されているのを発見!
 産経さん太っ腹やなぁ~(^_^;

 全文読まれた方は分かると思いますが、

 秦さんは歴史家の立場から「日韓合意はまずかったのでは?」と考え、
 阿比留さんは政治記者の立場から「日韓合意は良かった」と考えています。

 このあたりのコントラストが面白い。

 全体的に、秦さんが、保守派の気持ちを代弁する形で疑問をぶつけてくれて、阿比留さんがそれに逐一答えるという感じになっています。

 なので、私はもう途中から、対談っていうより、Q&Aみたいな感じで読んでました(^^ゞ
 秦さんがQで、阿比留さんがA。

 長すぎて読むのがしんどい、ページをめくるのが面倒という方のために、日韓合意に直接関係ある部分のみ、抜粋のうえ要約してみました(それでもかなり長いんですが)。

※時間がある方は、上のリンクから全文お読みになることをお勧めします。


 抜粋要約ここから____________________________
160212-03hata.jpg合意をめぐり「意外に深刻な問題ではないか」と思ったのは、記憶遺産に関する扱い方。韓国が中国と共同して世界記憶遺産に慰安婦問題に関する資料の申請を目指していることについて、岸田外相は合意会見後の記者団の質問に、「韓国が(登録の)申請に加わることはないと認識している」と述べた。ところが、韓国外交省の報道官が翌朝、「事実無根だ」と否定。しかも「記憶遺産の件は民間レベルでやっている話だ」と突っぱねた。両外相会談の前段階でかなり議論があったはずなのに。

160212-04abiru.jpg岸田外相も安倍総理も「記憶遺産に申請しないだろう」と言っていた。だから、これは事務方としてはそういう話になっていたし、あるいは外相会談でもこの話をしていると私も思う。では結局のところどうだったか、といえば「韓国政府、ユネスコ記憶遺産登録推進を撤回か 韓国紙報道、民間への活動委託とりやめ」(1月12日の新聞)となっている。

160212-03hata.jpgそれなら予めダメ押ししておくべき。

※引用者注:秦さんは1月25日付産経「正論」で、3年前からの韓国側の動きを見た上で、「韓国が申請を取りやめる可能性は低いと判断せざるをえない」という見解を示している。

160212-04abiru.jpgただこれまでの韓国との交渉ではこうしたことは全然珍しくない。毎回そう。例えば安倍総理と朴槿恵大統領が初めて海外で会って握手を交わしたときも、彼女は安倍総理にこっそり、「私と握手したことを言わないでくださいね」と。つまりそれが彼らの流儀。安倍総理と朴大統領の1月7日の電話会談の時には「日本の報道に気を付けてほしい」と。日本ではそんなこと無理なのに、朴大統領がわざわざ釘を刺してきた。

160212-03hata.jpgそれなら抽象的な合意だけで済ませる手もある。10億円だとかお金の話まで、額が出てきたりするから、首尾一貫していない。

160212-04abiru.jpgだって韓国が首尾一貫していたことがまず一度もない。今回日韓合意とそれに関わる政府の一貫した方針としては、とにかく第三国を噛ませる、ここが一番重要だったと思う。韓国が前言を翻し、あるいは言ったことを守らない国であることなど、はじめからわかりきって臨んだ話。日韓合意を進めるにあたっては合意が出たら、日本もある程度譲歩する。その代わりアメリカは直ちに支持を表明してくださいと根回ししていた。合意直後、ケリー国務長官がわざわざ異例の声明を出して「この問題は最終的かつ不可逆的に解決させることを明確にした」と評価。ライス大統領補佐官も「この包括的解決が国際社会に歓迎されるべきだ」。トナー副報道官も「合意と完全な履行を支持するよう望む」と述べ、「合意の成功には市民社会の支持が極めて重要だ」といって韓国系団体に自制を強く促した。とうとうオバマ大統領までが朴大統領に電話して「Congratulations」と伝えた。安倍総理の言い方では要するに「韓国に閂(かんぬき)を掛けた」ということ。だから、アジア女性基金や河野談話の時とは全然違う。

160212-03hata.jpg岸田外相も「歴史的、画期的」と自賛していたが、国民の大半は半信半疑の気分だったと思う。

160212-04abiru.jpg過去の前言は何度も翻されたが、金大中の時も金泳三の時も韓国側は確かに蒸し返さないとほのめかしたけども、明確にはしていなかった。それでごまかされてきた。だけど今回は違う。外相会談で決めてテレビに映って、しかもその直後に行われた朴大統領と安倍総理の電話会談でも「もうこれが最後だ」と確認して、しかもそれをアメリカはじめ欧米各国が一様に歓迎し、歓迎の声明が出された。これはやはり河野談話とは全然違う。

160212-03hata.jpg形の上では確かにそうだが、翌日から韓国の国内で相当激しい反発が起きた。やくざの手打ちでも1カ月は静かにしているのにそれが1日も持たない。これはやはり、見切り発車のツケではないか。

160212-04abiru.jpg韓国は米国のリッパート駐韓大使が前科のある男に刺されてしまうような国。もともと無法がまかり通る国。韓国側で騒動が起きたり韓国内で割れるのは、もう日本政府としてははじめから当然だと想定していて、冷ややかに見ていただけだと思う。今回の合意の意義は日韓間の政治問題だった慰安婦問題が、日韓合意によって韓国の国内問題となったことだと理解している。韓国が国内の反対勢力の説得に失敗しようが、新基金が頓挫しようが、もうそれは全て韓国の問題。わが国は別に関知しないという姿勢で見ていると思う。安倍総理は周囲の「本当にこれで最終決着という確証が取れたのか」との質問に「それはまだわからない。しかし、ここまでやった上で約束を破ったら、韓国は国際社会の一員として終わる。今までの河野談話やアジア女性基金の時とは違って、今回は国際社会が注目しているからだ」と言っている。確かに不確定要素はあるが、そのときは国際社会とともに悪いのは韓国だといえるという趣旨だと思う。

160212-03hata.jpg私が聞いているところでは外務省は「放っておけ」というスタンスだったが、谷内正太郎安全保障局長が東アジアにおける日米韓の安全保障体制強化を優先させたい、慰安婦問題は本来がマイナーな問題に過ぎないと見切る。それが今回の合意につながった。

160212-04abiru.jpg1年近く前から、谷内さんを中心に進めてきたのは事実だろう。当然安全保障という要素が強い。韓国が中国への傾斜を深めるなかで、東アジアを安定させるには、「中韓VS日本」という構図を「日韓VS中国」あるいは「日米韓VS中国」という構図に書き替えなければならない。そうしたことは当然考えていたと思う。しかし、そうだとしても今回の合意は-もちろん私にしても諸手を挙げて賛成しているわけではないし、不備はあるにせよ-おおむね7対3で日本の勝ちだなと素直に思う。

160212-03hata.jpg韓国内がガタガタしていると、それに応じ日本でも不平不満が特に保守派から強まっていくと思う。現に自民党の党内ではそうした動きが出ている。そうすると今度は韓国で「せっかく合意ができたのに、それをぶち壊そうとする日本の政治家がいる」と言い出す口実を与える。放っておくという外務省のラインで進めた方がよかったのではないか。

160212-04abiru.jpgが、ナイスアシストと言うか、北朝鮮が年明け早々に自称だが水爆核実験をやってくれた。これで自民党内のそうした声はほとんど掻き消されてしまった。やはり東アジアの安全保障上の危機が顕在化して「やっぱり安全保障は大事だ」という声が出ている。
一方で私が興味深かったのは合意後の12月29日、新聞各紙に出ていた秦先生も含めた識者談話。韓国寄りの人たちが「韓国はかなり負けた」と言っている。趙世暎さん(元韓国の東北アジア局長)、辺真一さん、木村幹さん(神戸大)、大沼保昭さん(元アジア女性基金理事)。あまりいい表現ではないが、総理お得意のめくらましだと思う。左翼側の人もなんとなく受け入れるべきなのかなと思ってしまう。そうした要素を混ぜる手法もそのひとつだろう。産経新聞にもいろんな抗議が届くが、今回の日韓合意では「軍の関与」を認めたのがけしからんという意見が多かった。確かに冒頭で「軍の関与」という言葉があるのは私もいかがかと思うが、これも岸田外相が韓国の顔を立てたためだろうと思う。
しかし、一方で軍の関与-具体的に言うと、衛生検査や慰安婦の輸送など-は今までも認めていた話。それ自体は新しく認めた話でも何でもない。保守系の人は一部反発したが逆に左翼系の人は「安倍政権ってちゃんとしているじゃないか」と勘違いする。

160212-03hata.jpgしかし、欧米のメディアは日本が強制連行を正式に認めたと理解している。海外では予備知識のない人たちが多いから今度初めて日本国の政府が「悪事」を認めて、公式に謝罪をしたと、受け取った人が多いと思う。

160212-04abiru.jpg外国のメディアが「日本が強制連行した」とか「20万人」などと、いろいろ書いてきたのも今に始まった話ではない。ずっと変わっていなかった。これはこれで今後正していかなければいけないが、それを正す前提として、まず告げ口外交を展開する韓国を黙らせる必要があった。その次の段階で事実関係を欧米など諸外国に周知させていくことが必要で、そういう2段階を踏んでいるのだと私は思っている。欧米メディアは確かに秦先生がおっしゃったような反応をしている。新たに日本についてそう勘違いした人もいるだろう。しかし、前から欧米メディアはそう言っていた。一時的には不愉快だけど、それはこれから正していかなければならないということ。

160212-03hata.jpg右派からは、強制連行・性奴隷に代表される誤認がようやくいろんな人々の努力で正されようとしている。それが、この合意で揺り戻されてしまったという声も。

160212-04abiru.jpg確かにそういう理解もできると思う。けれども、一方で今回の合意には、韓国側が長年求めてきた「強制」「強制性」という言葉が全然ない。韓国側が河野談話のときに一番こだわったのは何らかの形で「強制を認めよ」だった。しかし、それが今回は抜けた。外相会談で慰安婦を性奴隷と呼ぶ呼び方が不適切であることも韓国側は了承した。これはやはり今までにないことだと思う。そういうプラスの部分もきちんと見てほしい。
(中略)総理はもう去年の12月29日の段階で「昨日ですべて終わり。今後韓国との間では一切慰安婦の『い』の字も話さない。次に首脳会談があっても、慰安婦には触れない。これは朴大統領との電話会談で念を押したし、もう謝罪はしない」と明確に言っている。

160212-03hata.jpg政府レベルでは向こうが何を言ってこようが、知らん顔で放っておく。そういう意思表示。しかし、ノーコメントの繰り返しでは外交が成立しない。そのうち苦情が出てこないか。果たして知らん顔という姿勢は貫けるか。

160212-04abiru.jpg少なくとも安倍政権は完全に貫くと思う。韓国がつくる財団に拠出するとされている10億円規模のお金もこれは一括支払い。一括ですから1回払ったらもうおしまい。アジア女性基金のときのようなフォローアップ事業すらない。

160212-03hata.jpg私は、10億円の拠出で気になることがある。このお金を何に使うのか。一括払いのうえ日本側としてはどんな事業をやるつもりなのかが全くわからない。挺対協は早速別の財団をつくるなんて言いだしている。財団は、空中をさまようことになりかねない。

160212-04abiru.jpgでもそれは韓国の責任だし、手切れ金を渡すときに何に使うかという明細は求めませんよね。

160212-03hata.jpg韓国は経済情勢が今、かなり苦しい。日本のスワップ協定が切れたままになっているから、いずれ日本に経済援助をお願いしたい。今回の合意成立にはそうした韓国政府の動機があるのでは。

160212-04abiru.jpgそれはあるだろう。日本政府のスタンスは「スワップの再協定を結びたいなら、正式ルートで言ってこい」というもの。財務省や外務省に任せると勝手に密約しかねない。だから、それはダメだ、正式に言ってきたら検討を始めるという。保守系の方々でいろいろお怒りなのはわかるけど、安倍・菅ラインがそれほど韓国に優しいとか甘いとか、単純に思うのは私は違うと思う。

 ____________________________抜粋要約ここまで


 阿比留さんの見解は傾聴に値する箇所も多いものの、全体的にちょっと見通しが甘いんじゃないかという気もします。
(私はこれを勝手に「阿比留さんの安心理論」と呼んでいる)

 特に、秦さんが「韓国側から苦情が出てきたら、日本側は果たして知らん顔という姿勢を貫けるか」と疑問を呈した時の、阿比留さんの回答が…

「少なくとも安倍政権は完全に貫く」

 つまり、安倍さん以降の政権はどうなるか分からないということですよね。


 それとは別に、阿比留さんの話にはこんな印象的なくだりもありました。

「それ(慰安婦強制連行説)を正す前提として、まず告げ口外交を展開する韓国を黙らせる必要があった。その次の段階で事実関係を欧米など諸外国に周知させていくことが必要で、そういう2段階を踏んでいるのだと私は思っている」

 そう言われれば(この対談の前か後かは分かりませんが)1月18日の参院予算委員会で、安倍総理は、日韓合意について一部海外メディアが慰安婦を「性奴隷」と報じ続けていることに関し、こう述べていました。

「海外プレスを含め、正しくない誹謗中傷があることは事実だ。性奴隷、あるいは(慰安婦の数が)20万人といった事実はない。政府として、それは事実ではないと、しっかりと示していく
産経 2016.1.18 17:09

 実際、2月15日からジュネーブで開かれる国連女子差別撤廃委員会で、日本政府はようやく、「慰安婦は強制連行ではない」と反論することになっています。

 これは昨年8月、同委員会から「慰安婦の強制連行はないとの主張がある、見解を述べよ」と問われた件への回答です。

 これだけを見ると、「おお!確かに日本政府は2段階を踏んでるね!」となるかもしれませんが、経緯をきちんと見ると、あまり表に出てきていない事実があることに気づきます。

 結論から言うと、
 今回、反論の機会を得られたのは、政府(外務省)ではなく民間が動いたからです。

 前衆議院議員の杉田水脈さんが昨年7月、国連女子差別撤廃委員会の準備会合(プレセッション)に出向き、朝日新聞の誤った報道とそれによって海外に広まった誤った情報などを指摘するスピーチを行い、強制連行説には根拠がないと訴えたのがきっかけです。

(杉田さんはこの時、テキサス親父ことトニー・マラーノさんや「なでしこアクション」の山本優美子代表など、民間の方々とも連携しました)

160212-05Miosugita.jpg
Wikipedia

 国連女子差別撤廃委員会の準備会合での杉田水脈さんの演説全文が、こちらにあります。
 ご本人のブログによれば、実際はフランス語で発言したそうです。

 杉田さんの演説を聞いた国連女子差別撤廃委員会の委員らが、「初耳だ」と驚き、日本政府に問い合わせた結果、日本政府は反論の機会を得たのです。

 このことを、櫻井よしこさんは、「国際社会に向けて外務省がいかに何も発信していないかを示している」と指摘しています(産経 2016.2.1 12:00)。

 日本政府の反論(回答)の中身は、すでに公表されています。
 同委員会が、日本政府から提出された答弁書(報告書)を1月30日までにHPで公表しました(産経 2016.1.31 07:48)。

 回答は冒頭、昨年末に「日韓両政府は慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認した」と説明。

 その上で、日本政府は「1990年代初頭以降、慰安婦問題が日韓間における政治問題として取り上げられた際、事実関係に関する本格的な調査を行った」として、関係省庁の関連文書、米国国立公文書館での文献、関係者への聞き取り調査などを行ったが、強制連行は「確認できなかった」と説明しています。

 他の回答も含め、実際の資料に当たられた方が、原文を紹介のうえ和訳してくれているので、こちらを是非ご覧下さい。

 十分な回答とは言えませんが、「最初の一歩」としてはこんなものかなと思います。

 時事通信 2016/02/10-14:17によれば、国連女子差別撤廃委員会の対日審査は、16日に開かれます。

 審査には杉山晋輔外務審議官が出席し、日本の立場を説明するそうです。

 日本政府の答弁書について、韓国側はすでに反論しています。

 韓国外務省報道官は1月末、答弁書に関し「慰安婦の動員、募集、移送の強制性は否定できない歴史的事実だ」と反論し、日本に対して「日韓合意の精神、趣旨を損なう言動を控えるよう」求めました。

 日韓合意では、「国連など国際社会において、この問題で互いに非難、批判することを控える」とうたっていますが、今回は国連からの問い合わせに対して(そこには慰安婦関連ではない質問も含まれている)、事実関係を回答するだけなので、特に問題はないと思います。

 外務省の幹部も、答弁書は「何も新しいことを言っているわけではない」と日韓合意への影響はないとの考えを示しています。


 これら一連の動きについて日本ではあまり報道がありませんが、16日以降、それなりに報道されるでしょう。

 報道がどの程度のボリュームになるかは分かりませんが、現時点で確実に言えることがひとつあります。

 それは、ほとんどのメディアが、「日本政府が慰安婦問題に関して、国連女子差別撤廃委員会でこう述べました」とだけ伝え、杉田水脈さんら民間の尽力はスルーするであろうことです。

 今回の件に限らず、杉田水脈さんの活動はもっと評価されるべきだと私は思います。
 もっと言えば、早く国政に戻ってきてほしい!

 なお、杉田水脈さんは、昨年7月の国連女子差別撤廃委員会の準備会合でスピーチを行った翌日、ジュネーブ市内のホテルで開かれた地元の人を対象にした講演会「慰安婦は性奴隷ではなかった」の中で、英語でスピーチを行ったそうです。

 詳細かつ具体的、なのにとてもコンパクトにまとめられています。

http://ironna.jp/article/1871
http://www.sankei.com/entertainments/news/150823/ent1508230016-n1.html

 ↑どちらも同じ内容です。
  読みやすい方をお読み下さい。


★おまけのツイート
 実態はこんなもん…。


※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。

※拙ブログ関連エントリー(慰安婦問題(厳選))
・(旧ブログ)06/3/19付:米連邦最高裁判所が「慰安婦」にNO!
07/2/22付:「報道2001」慰安婦問題ホンダ議員生出演
07/4/9付:元慰安婦「李容洙」証言の矛盾
12/6/2付:「慰安婦博物館」に寄付した日本の団体&韓国人の慰安婦への認識の変遷
12/8/27付:慰安婦問題まとめ2012
13/3/8付:中山成彬議員が衆院予算委で日本の真の朝鮮統治(インフラ整備、創氏改名、慰安婦など)を語ってくれました
13/5/25付:【文字起こし】面談ドタキャンで元慰安婦支援団体会見
13/5/27付:「たかじん委員会」慰安婦は当時必要だった?日本占領下の米軍の実態とは?韓国人教授が語った慰安婦の実態とは?
13/6/8付:韓国人が告発した韓国軍慰安婦の実態
13/6/15付:三輪宗弘先生の「大韓民国の物語」書評で改めて見えた韓国の民族主義と李栄薫教授の苦悩
13/7/27付:慰安婦強制連行があったのなら、なぜ朝鮮人男性は反乱も起こさず黙っていたのか
13/8/10付:【これはひどい】慰安所従業員日記を発見した安秉直ソウル大名誉教授の“手柄”を高麗大学韓国史研究所の朴漢竜研究教授が横取り!?
13/9/21付:慰安婦シンポで「韓国人売春婦6万人も救済を」に吉見教授「大きな問題ですので余力があれば…」
13/10/12付:韓国系・支那系による日本人いじめの実態…在米日本人主婦らの証言
13/10/16付:河野談話の根拠崩れる!元慰安婦のずさんな聞き取り調査報告書を産経が入手
13/11/9付:元慰安婦16人の証言を西岡力氏が分析!証言のいい加減さと日本政府の調査のずさんさが改めて浮き彫りに
13/11/23付:韓国の諺と小説に「慰安婦=売春婦」の重大ヒント&宮古島慰安婦碑の真相
13/12/21付:続・韓国軍によるベトナム民間人虐殺問題「SAPIO」13年1月号(ライダイハン)
14/2/3付:韓国「慰安婦漫画」仏の国際漫画祭で日本側が冷遇された本当の理由?
14/2/14付:NHKワールドの慰安婦解説が河野談話より酷い件
14/2/18付:売春大国韓国<反日慰安婦プロパガンダ の欺瞞
14/4/26付:NHK 時論公論「在米韓国ロビーと慰安婦問題」日系の苦悩を完全スルー!出石直氏の偏向解説アーカイブ
14/2/27付:「アンカー」なぜ中韓はいま日本叩きか&河野談話めぐる石原証言の意味と自民が河野洋平を国会に呼びたくない理由
14/6/2付:慰安婦問題で火付け役を自負する高橋喜久江…Tweetまとめ14.05.16~14.05.31
14/6/21付:河野談話作成過程の検証結果が出た!談話の“無力化”に向け一歩前進です
14/6/26付:「アンカー」河野談話検証報告書から見える慰安婦問題の真実 『見直さない』の真意は? 抜け落ちた『慰安婦は身売り』 独立記念館は捏造だらけ
14/7/1付:米軍慰安婦訴訟は日本にとって吉か凶か…Tweetまとめ14.06.16~14.06.30
14/7/12付:欧米で理解されない慰安婦強制連行の虚構…JAPAN EXPOに今年も韓国ブース…民間有志が国連へ!
14/8/2付:戸塚悦朗は「慰安婦=性奴隷」の生みの親…Tweetまとめ14.07.15~14.07.31

※拙ブログ関連エントリー(朝日慰安婦検証報道以降)
14/8/5付:朝日新聞が慰安婦報道で長~い言い訳。国際問題化させてしまった責任をまるで感じていない。
14/8/7付:「アンカー」朝日慰安婦報道を徹底批判&安倍政権8つの課題&舛添知事の狙いは五輪の日中韓共催?&韓国の恥ずかしい像
14/8/9付:「ミヤネ屋」朝日慰安婦検証報道 西岡力さん徹底解説!朝日は記事を英文サイトに載せろ!&植村報道の2カ月後に“挺身隊”と“慰安婦”の混同を把握
14/8/16付:朝日新聞の逃亡を許すな!慰安婦検証報道その後…Tweetまとめ14.08.01~14.08.15
14/8/18付:朝日の「吉田調書」虚報を産経が指摘!門田隆将氏「慰安婦報道と全く同じ図式」
14/8/23付:朝日の英語版慰安婦検証記事は人目につかない場所に埋めてある
14/9/11付:朝日が会見で吉田調書と慰安婦の虚報を謝罪(但し国民には謝ってない)&「報ステ」朝日慰安婦検証特集
14/9/13付:「ミヤネ屋」門田隆将さん西岡力さんが出演!朝日の吉田調書&慰安婦虚報を批判
14/9/16付:朝日は在米日本人の人権はどうでもいいらしい…Tweetまとめ14.09.01~14.09.15
14/9/18付:「アンカー」朝日新聞“誤報”と“謝罪”の真相&スコットランド独立なら世界が変わる国連も変わる!?
14/9/26付:「朝生」朝日と慰安婦問題…青木理がズレまくり
14/10/4付:植村よ義母の“復帰”に何思う?Tweetまとめ14.09.15~14.09.30
14/10/6付:西野瑠美子「慰安婦の強制連行があったことは否定できない」
14/10/17付:クマラスワミ報告撤回要請は大事な戦いの始まり!「ザ・ボイス」より
14/10/27付:慰安婦問題年表(追記あり)
14/11/3付:『性奴隷』論を完全論破!今後の日本の戦い方は? 「ひと目でわかる『慰安婦問題』の真実」より
14/11/8付:日本側当事者の証言から見る慰安婦問題 「正論」12月号より
14/11/24付:下村満子さん、慰安婦問題を複雑にしている挺対協の暴露会見をお願いします。
14/12/6付:新社長になっても「反日ありき」が続く限り朝日は変わらない!
15/1/5付:「逃げたとは書いていない」「強制連行とは書いていない」朝日知識人の騙しの論理!「WiLL」2月号より
15/1/10付:植村隆元朝日記者が文春と西岡力氏を提訴!茶番の外国特派員協会記者会見と提訴報告集会
15/1/13付:日豪分断が目的の慰安婦像建立を「地域融和」を訴えて阻止
15/1/31付:朝日慰安婦訂正「先送り」を金融機関の失敗と同列に扱う池上彰氏
15/2/7付:朝日OB若宮啓文vs櫻井よしこ 朝日慰安婦誤報問題「プライムニュース」より
15/2/17付:ドイツの何を見習えというのか? ナチス治下の慰安婦の実態とワイツゼッカーの本音
15/2/21付:“売春婦”を削除せよ!朴裕河教授の慰安婦本が韓国で事実上の出版禁止に…日本のサヨクは彼女を救わないのか?
15/2/28付:韓国がパラオに建てた反日記念碑と日本パラオ友好橋
15/3/21付:奇跡のツーショット?! 慰安婦問題(米教科書事実誤認問題)で秦郁彦氏と元アジア女性基金理事が会見
15/4/24付:「慰安婦の補償を日本に求めない。自分で解決する」と言った韓国のプライドはどこへ?
15/5/4付:ハーバード大のチェ君とチェさん…Tweetまとめ15.04.16~15.04.30
15/5/8付:韓国メディアの歪曲に日米歴史家が困惑
15/5/11付:植村隆LA講演テキスト…在米日本人「朝日慰安婦記事取り消しも日本の保守の声も米国では全く知られていない」
15/6/15付:アメリカ人はなぜ捏造史を信じるのか?ヨン氏の慰安婦問題分析 (付:谷山雄二朗さんのこと)
15/6/22付:唐突に慰安婦を登場させるヒストリーチャンネル
15/12/25付:慰安婦問題で日韓外相会談へ…挺対協を封じられるのか?
15/12/27付:なぜ朝日は慰安婦虚報を続けたのか?「崩壊-朝日新聞」より

※拙ブログ関連エントリー(日韓合意以降)
15/12/28付:【速報】慰安婦問題妥結、日韓外相共同記者会見
16/1/4付:日韓合意で韓国以外の国はどう動く?…Tweetまとめ15.12.16~15.12.31
16/1/6付:現実優先の政治決断をした安倍総理!“性奴隷”の虚構を自ら発信せよ! 青山繁晴「インサイト・コラム」
16/1/20付:慰安婦像そのままで10億円支払って合意実行されたことにするカラクリを模索中の日韓! 青山繁晴「インサイト・コラム」

このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1694-4e9333dc

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索