ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

『空母いぶき』はリアル! 元防衛大臣・元海将らが解説

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

2016takesimaJ.jpg
2月22日は竹島の日。今年は韓国による不法占拠から63年目。
ブログやSNSをされている皆様、「竹島プロジェクト」にご協力を。
参加表明くださった方は記事内にリンクを貼らせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

150122-01ibuki1.jpg

 『ビッグコミック』で連載中の、かわぐちかいじさんの漫画『空母いぶき』。
 現在、単行本が2巻まで発行されています。
 私も読んでみました(^▽^)
 
 Amazonの『空母いぶき』第1巻の内容紹介より。

【最新鋭空母が発進する新軍事物語!!!
 『沈黙の艦隊』『ジパング』に続く、かわぐちかいじの新軍事エンターテインメント第1集!!
 20XX年、尖閣諸島沖で海上自衛隊と中国海軍が衝突!!
 戦闘は回避したものの、危機感を募らせた日本政府は、最新鋭戦闘機を搭載した事実上の空母「いぶき」を就役させ、新艦隊を編成ーーーー!!!
 艦長は、空自出身の男・秋津―――。】


 ちなみに、同じ作者の『ジパング』も読んだことがあります。
 アニメで興味を持ち、文庫化された時に全巻読みました。
 これも面白かったです!最後ちょっとあっけなかったけど…(^_^;

 『ジパング』は現代のイージス艦が大東亜戦争時下にタイムスリップするという現実離れした設定でしたが、『空母いぶき』は日本がいま実際に抱えている尖閣諸島の問題を軸に展開しているので、非常にリアリティーがあります。

150122-04nakami.jpg
[Amazonの『空母いぶき』第1巻の「なか見!検索」より。物語は、中国の偽装漁民が遭難を装い、尖閣諸島に上陸する場面から始まります]

 もう少しだけ具体的に紹介すると…

 中国軍が尖閣・先島諸島に奇襲攻撃をかけて占領し、島民が人質になります。

 そんな中、最新鋭戦闘機F35B(実際に航空自衛隊への配備が決まっている第五世代ステルス戦闘機F35Aの垂直離着陸可能タイプ)を積んだ空母『いぶき」が先島諸島海域に向かいます。

 その過程で、中国軍が軍事的な動きを色々して、政府も自衛隊も次々と厳しい決断を迫られます。

 Amazonのレビューを見ても、「リアルだ」という感想がいくつも寄せられています。

 が、実際どこまで現実に即した内容になっているのかな?と思っていたところ、『正論』2016年2月号に、元防衛大臣の小野寺五典衆院議員、元海将の伊藤俊幸さん、評論家で拓殖大学客員教授の潮匡人さんのお三方による、この漫画をテーマにした鼎談が掲載されていました。

 小野寺さんは、まず、「あまりにリアルで驚いた」と述べています。
 彼が防衛大臣の時、実際に尖閣をめぐって中国と緊迫した場面があったからです。
 海上自衛隊の護衛艦が射撃用のレーダーで照射されるなど、さまざまな威嚇行為があったのを、皆さんも覚えているでしょう。

 伊藤俊幸さんも、船の中での群司令(艦隊司令官)を中心としたやり取りなどは、「よく現場をご存知なんだな」「自衛隊にかなりの協力者がいるのだろうな(笑)」という印象を持ったそうです。
 そして、「我が国が置かれた安全保障環境の厳しさや防衛問題を知るきっかけとして、ぜひとも多くの方に読んでいただきたい」と。

 ただ、やはりフィクションなので、伊藤さんから見て「これは絶対ないよな」という描写や展開もあったそうです。

 たとえば、この作品では、中国軍が与那国島と多良間島を占領します。
 中国も日本の領土と認識している両島を取った段階で「防衛出動」に行くべきところを、作品中では、まず「海上警備行動」で対処しています。
 2巻の最後で、ようやく防衛出動下令となります。

 潮さんによれば、「さすがに現実的に考えても少し遅い。ただ、読者を引きつけるためにはやむをえなかったのでしょう。いきなり防衛出動では、海警行動の場面や、最初の工作員らしき中国人が尖閣に上陸したという、武力攻撃の手前のいわゆるグレーゾーン事態についての対応が描けませんから」。

 もっとも、作品中では「中国の一部の反乱分子かもしれない」というセリフも総理からあって、「それで防衛出動の下令がずるずると遅れたというところは、多少のリアリティーはあると思いました」と潮さん。

 潮さんは、さらに、「実際の場面でも『組織的計画的な武力攻撃ではないかもしれない』との期待なり希望の下に防衛出動の発令が遅れる可能性はあるのでは」と言いますが、小野寺さん、伊藤さんともに「それはありえない」と反論しています。

 防衛出動の発令が遅すぎるなど、お三方のような専門家から見れば弱腰に映る日本政府の対応ですが、相手を刺激するからやめろというデモが起きたり、マスコミが反発したりという場面も作品では描かれています。

 これはすごくリアリティーがありますよね。
 実際同じようなことが起きたら、SEALDsあたりが絶対そういうデモをやるだろうな~(^_^;

150122-02ibuki2.jpg

 漫画から離れた一般的な話として、印象的だったのはこのやりとり。

 「(平和ボケ日本と言われるが)日本政府は意外にしっかりしているのですよ」(伊藤俊幸さん)

 「突然問題が起きて、さあどうするのか、ということはまずありません。かなり前からいろんな動きを察知して、数日前からこういうことがあるかもしれないとフォローしているわけです。報告は24時間来ています。国民の皆さんが思っている以上に、大臣には日ごろから色々なことが情報として入り、指示していると考えていただいていいと思います。(中略)皆さんが思っている以上に政治はいろんなところに入っているわけです」(小野寺五典さん)

 うーーん、頼もしい!?

 日本は、統合運用(陸海空の一体的な活動)が意外としやすいという話もありました。

 日本のいいところは、幹部自衛官が防衛大学校で一緒であることだそうです。

 他国のように幹部学校から陸海空が分かれているのではなく、一番大事な時期は同じ屋根の下で共に寮生活を送り、ベッドの上下で寝ていると。
 そのあと道は分かれていくけれども、時々は幹部学校などで一緒になることもあり、結局みんな「同期」であると。

 そうすると、いざという時は実は昔からの仲間なので、本当の意味での人間関係の亀裂はない。
 学生時代のいい加減な頃から全部見ているから、相手の腹の中まで全部分かっているそうです。

 たとえば、アメリカでは法律で定められた後30年以上かかって、イラク戦争の頃にやっと本当の意味の統合作戦ができたと言われているそうです。
 だからアメリカの軍人は自衛隊を見てびっくりするのだとか。
 「10年かからずにこれだけの統合運用ができるなんて」と。

 それもこれも世界的にも珍しい防衛大学校という士官学校のおかげであると、伊藤さんは話しています。

 鼎談では他にも専門的なことも含め、色々な話がされています。
 興味をお持ちの方は、『正論』2016年2月号をどうぞ。

 ちなみに、お三方の鼎談で扱われているのは『空母いぶき』2巻まで。
 軍事オンチの私には、3巻以降も“解説”が必要かも…(^_^;

 個人的には、2巻の最後の方に出てくる、捕虜になった与那国島島民が中国軍に食事(中国製の缶詰)を配られるシーンがすごく怖かったです。

 「町長さん、これからずっとあれ喰わされんのか?(中略)これずっと喰ってると、俺ら…、中国人になっちまいそうな気がするんだ

 自衛隊の皆さん、私たちの同胞を早く救出してあげて!(T_T)
 そんな素人目線で、私は3巻以降も読んでいくでしょう。

150122-03ibuki3.jpg

 その『空母いぶき』第3巻は、1月29日(金)発売だそうです。

 ネットで話題になったこともあり、1~2巻は、Amazonはじめ通販では品薄状態が続いているようです(Kindle版はすぐ読めます)。

 ネットで3巻の購入を予定されている方は、今のうちに予約した方が賢明かもしれません。
 もちろん私も予約しておきました(^^ゞ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。

このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1685-003ca118

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索