ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

慰安婦像そのままで10億円支払って合意実行されたことにするカラクリを模索中の日韓! 青山繁晴「インサイト・コラム」

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

2016mapJfuchi.png2月22日は竹島の日。今年は韓国による不法占拠から63年目。
ブログやSNSをされている皆様、「竹島プロジェクト」にご協力を。
参加表明くださった方は記事内にリンクを貼らせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【一覧】「アンカー」など青山繁晴さんテキスト起こし
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■1/20放送 RKB(福岡)「ニュース新発見インサイト」
 青山繁晴の“インサイト・コラム”

160120-05zou.jpg

 慰安婦問題めぐる日韓合意から約3週間。
 日本に対する誤解が世界に広まる中、ソウルの日本大使館前の像について、日韓両政府が水面下で何やら怪しい動きをしているようです。
 
 間投詞(「あの」「その」など)や言い直しもできるだけ再現しました。但し、細かい相づちなどは支障のない範囲でカットしています。

※引用転載はご自由に。連絡不要です。但し誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので、必ずこちらのURLを添えておいて下さい。
※画像はイメージとしてこちらで付けさせていただいたものです。
画像を利用される方は、直リンクでなく必ずお持ち帰り下さい。当方のサーバーへの負荷軽減のためご協力のほど宜しくお願いいたします。「直リンク」の意味が分からない方はこちらをご覧下さい。現在、直リンクされても画像が表示されない措置をとらせていただいています。



 内容紹介ここから____________________________
櫻井浩二(RKBアナウンサー)
「水曜日です。独立総合研究所、青山繁晴さんの登場です。青山さん、おはようございます」

青山繁晴
「おはようございます」

櫻井浩二
「今朝の話題は何でしょうか」

青山繁晴
「はい。えー、昨年、12月28日の、慰安婦をめぐる日韓合意、がありましたよね」

櫻井浩二
「ええ」

青山繁晴
「で、そのあと、海外の報道ぶりが、もうずっと、いわば一色に塗りつぶされていまして」

櫻井浩二
「うーん」

青山繁晴
「えー、日本軍が、これは言うのもおぞましいんですけれども、朝鮮半島の女性たち、特に少女、を、そして処女、それを20万人、かき集めて、戦争の間ずっと性奴隷にしてたっていう報道が、もうほんとに世界中に広まってる感があります」

160120-01sun.jpg
[2015年12月30日付イギリス大衆紙「THE SUN」。日本語訳はこちら

櫻井浩二
「はい」

青山繁晴
「で、これに対して、この日韓合意を実行したところの、安倍総理や、岸田外務大臣から、いわば何らの、話、説明、反応もなかったんですけれども」

櫻井浩二
「はい」

青山繁晴
「ま、リスナーもご承知だと思うんですけれども、ようやく参議院の予算委員会で、中山恭子さんという、ま、長年、拉致問題に取り組んでこられたり、非常に公平な物の見方をする、ま、正直言って珍しい政治家が、やっと正面からこのことを取り上げまして」

160120-02nakayama.jpg
[1月18日、参院予算委員会における中山恭子さんの質疑の動画はこちら

櫻井浩二
「ええ」

青山繁晴
その質問に答える形で、安倍総理と岸田外務大臣がようやく、こういう報道は中傷誹謗であって、えー、たとえば日本軍が、あー、強制的に連れて行ったとか、あるいは20万人、云々というのは、事実でないと、いうことをようやくおっしゃったんですよね」

櫻井浩二
「ええ」

青山繁晴
「で、ま、こういう、いわば反撃といいますか、その、ちゃんと、間違いを正していくっていうのは、始まりだと、思いたいところですけれども、そんな甘い話ではもうありません

櫻井浩二
「あ、そうなんですか」

青山繁晴
「はい。で、まず、この日本の国会答弁で、総理と外務大臣がこうおっしゃっても、それは全く足りないんですよね」

櫻井浩二
「はい」

青山繁晴
「そもそも日本の国会論議というのは、なかなか世界で、特にアメリカで注目されることも、少ないです」

櫻井浩二
「ええ、ええ」

青山繁晴
「いわば内向きの話であって、当然、総理や外務大臣が、外に向けて、えー、世界に向けて、発信しなければいけません

櫻井浩二
「はい」

青山繁晴
「で、その、明言がないんですよね。これからこうしますっていうのが、実はありません

櫻井浩二
「ああ~」

青山繁晴
「で、もう一点はですね、この、総理や外務大臣の答弁が、実は僕はやっぱり注意を欠いてると思うんですね」

櫻井浩二
「ああ、そうですか。はい」

青山繁晴
「で、たとえば、岸田外務大臣は、不適切な表現、事実に基づかない表現が、散見されると、答弁でおっしゃいました」

160120-03kishida.jpg

櫻井浩二
「はい」

青山繁晴
「散見っていうのは、ま、散る見ると書いて、ま、あの、パラパラ見ますねって意味ですよね」

櫻井浩二
「はい」

青山繁晴
「これ、パラパラ見ますね、なんていう、生半可な状況じゃなくて、海外にいらっしゃる日本人の、子弟、子供たちが、新たないじめを受けるっていう事態ですから」
※参考:AJCNによる海外メディア報道のまとめ

櫻井浩二
「ああ~、はぁはぁはぁ…」

青山繁晴
「こういう役人の書いた表現をそのまま言うこと自体、岸田外務大臣の、問題意識、問わねばならないと思いますね」

櫻井浩二
「ああ~」

青山繁晴
「それから、安倍総理はもう少し丁寧な、答弁をなさってるんですけれども、でもたとえばですね、その、日本軍の関与っていうこと、これあの、岸田外務大臣が、ま、半ば笑いながら、軍の関与の下と、笑いながらっていうのはちょっと、えー、偏った見方かもしれませんが、この、岸田外務大臣が軍の関与ってはっきりおっしゃって、それをそのまま、外務省が英文のホームページで、the involvement というふうに、あの、by military authorities っていう、ま、直訳したらもう、何でもかんでも軍がやりましたみたいな、ことをおっしゃったわけですから」

151230-01HP.jpg

櫻井浩二
「はい」

青山繁晴
「いや、おっしゃったじゃなくて、その、外務省のホームページに出てしまって、それが、あー、欧米を中心にした間違った報道の原因になってるんですよね」

櫻井浩二
「ああ~…」

青山繁晴
「で、安倍総理はその、軍の関与について説明なさって、それはいいんですけれども、こういうふうに言われたんです。衛生管理も含め、管理、設置に関与したと、いうふうに言われたんですね」

160120-04abe.jpg

櫻井浩二
「はい」

青山繁晴
「これがですね、たとえば、あの、プロの外交官のアメリカの国務省の、僕の長年の、ま、友だちというか議論相手からはですね、この答弁を見ると、軍が管理した、設置したと言ってるじゃないか

櫻井浩二
「うーん」

青山繁晴
「で、ということは、その、ミスター青山も長年言ってきた、これは基本的に民間業者の仕事だったんだと、いうのは、まあ、いわば付け足しであって、むしろ安倍総理は今回の国会答弁で、その、日本軍が全面的にやったんだと、で、そこに、民間業者も、ま、おすそ分けに預かって利益を得ようとしたと、いうニュアンスだよねというふうに、プロの外交官から、それも、僕と議論してきたぐらいですから知日派の人から言われる事態にもなってるんですよね」

櫻井浩二
「はい、はい…」

青山繁晴
「で、これすなわち、その、中山恭子参議院議員が質問する、あるいは質問したからですね、この、質問っていうのはだいたい予定されますから、それを見て、まあ、あの、これに答えて、おいて、その、国内の批判に、いちおうの答を出したり、そういう姿勢を見せようという程度のことで留まっているから、こういう不用意な説明になってると

櫻井浩二
「はぁ~、はぁはぁ…」

青山繁晴
「言わざるをえないと思います」

櫻井浩二
「ふんふんふん…」

青山繁晴
「で、これは実態はあの、実際は、全く歴史的事実は逆で」

櫻井浩二
「はい」

青山繁晴
基本的に、民間業者が、その、募集から、給与の支払いまで全部行ってですね、で、それが、あの、貧しい、親が、娘を売ったりすることに、こう便乗して、業者が無理な要求をしたり

120827-01boshu.jpg
[左は「京城日報」1944年7月26日掲載。右は朝鮮総督府機関紙「毎日新報」1944年10月27日掲載。左の「京城日報」には「月収300円以上(前借3000円まで可)」と書かれています]

櫻井浩二
「はい」

青山繁晴
「あるいはその、まさしく衛生管理がひどい状況になったりするのを、軍が横から、正すと。で、業者には注意すると。だから主従の関係が、安倍総理が誤解を与えた答弁と、逆なんですよね

櫻井浩二
「はぁはぁはぁ、そうですね」

青山繁晴
「で、それも含めると、細かいことにこだわってるわけではなくて、その、将来の子供たち、の、名誉、特にこれから、どんどん世界は狭くなって、もっと海外に出る日本人の方も増えますから」

櫻井浩二
「う~ん」

青山繁晴
「その人たちが、被害に遭わないように、むしろこの国会答弁を、もとにして、新たな誤解も正すように、もう一度申しますが総理と外務大臣が、自ら発信なさるべきだと思います」

櫻井浩二
「う~ん」

青山繁晴
「それからですね、その、実は合意が実行できていませんね」

櫻井浩二
「はい」

青山繁晴
「それはどうしてかというと、日韓の水面下の話し合いでは、やっぱりあの、偽の少女像、特に、国際法に違反して、ソウルの日本大使館の前に、仕事を妨害するかのように置かれてる、あれを少なくとも移設するってことが、僕の知る限りですと水面下で日韓の話し合いの条件になってたわけですね」

160120-05zou.jpg

櫻井浩二
「はい、はい」

青山繁晴
「で、それをいま朴槿恵大統領自らが、いや、あれは民間の置いたものだから政府はどうにもできない、もうおっしゃったわけです、すでに」

櫻井浩二
「はい、はい」

青山繁晴
「日韓合意のあとに」

櫻井浩二
「うーん」

青山繁晴
「ところが実際はですね、あれを設置した団体(注:挺対協)というのは北朝鮮の影響が非常に強くて、もともと民間とかそういうこと以前に、えー、そんなこと言ってれば、韓国政府は何もできないことになるわけです」

櫻井浩二
「ええ」

青山繁晴
「で、ほんとはあれ、公道を勝手に、工事して、像を設置してるから、民間だ政府だ関係なく、法律違反でほんとは撤去できるわけですけれども、それはもう韓国政府はやらないと朴槿恵大統領が、おっしゃってるに等しいですよね」

160120-06kune.jpg

櫻井浩二
「うん、はい」

青山繁晴
「そうすると、まさかそういう状況で、韓国の言い分がどうであれ、日本は、合意の中にあるところの、国民の税金10億円を出すことはできませんね

櫻井浩二
「うーん」

青山繁晴
「で、したがってこれ、宙に浮いてるわけです、合意が

櫻井浩二
「ええ」

青山繁晴
「で、世界に広まってるのは先ほど申した誤解だけが広まってる、という実態がどんどん日々進んでいてですね」

櫻井浩二
「ああ~」

青山繁晴
「で、これも僕の知る限りですが、日韓は水面下で、その、偽の少女像がそのままあっても、10億円を支払って、合意が実行されたことにする何かのカラクリがないかってことを実は模索してるわけです」

櫻井浩二
「はぁはぁはぁ…」

青山繁晴
「で、それをやってしまうと、もうほんとに恥の上塗りというのか、間違いの上塗りになってしまいますから、そういうことをしないで、えー、合意が宙に浮くなら、その、宙に浮いた状態で、日本としては間違ったところを正していくというのを、きちんとやるべきであり、その前提として私たち自身が、右でもない左でもない、公平な歴史事実っていうものを、一緒に勉強して、そして総理や外務大臣を動かしていくってことが大事だと思います」

櫻井浩二
「はい。青山さん、ありがとうございました」

青山繁晴
「ありがとうございました」

櫻井浩二
「独立総合研究所、青山繁晴さんでした」




 ____________________________内容紹介ここまで


 海外の報道に関しては、一方でこんな声もあります。
 (リンク先のfacebooki全文をぜひご覧下さい)

 馬場信浩氏はカリフォルニア州在住ですが、同じカリフォルニア州に本拠を置く目良浩一氏らのGAHT(歴史の真実を求める世界連合会)とは対立関係にあります。

 「慰安婦像撤去」という目的では一致しているものの、方法論が大きく異なっているためです。

 私が両者の普段の主張から受ける印象では、

 GAHTは、中韓が広めた歴史捏造の誤解を解き、日本の名誉を取り戻そうという立場、つまり正攻法で戦っています。

 馬場氏は、「性奴隷」は捏造だと主張しても今のアメリカでは受け入れてもらえないので、誤解を解く作業はひとまず脇に置き、まずは慰安婦像撤去という一点で動くべきだという考えのようです。

 オーストラリアのストラスフィールドでも2014年に慰安婦像設置の危機がありましたが、公聴会で現地日本人(AJCN)をはじめとする設置反対派は、歴史戦には深入りせず、つまり中韓の土俵には乗らずに、「多文化主義の尊重」「地域社会の融和の大切さ」を掲げ、「慰安婦像によって分断された町として記憶されてはいけない」と主張しました。

 結果、当初は中韓側についていた議員の態度を変えさせることに成功しました(詳細はこちら)。

 馬場氏の考え方は、このオーストラリアの例に沿ったものかもしれません。

 直球と変化球、どちらの方法が良いのか?
 慰安婦像が建てられようとしている地域の状況にもよると思うし、私からは何とも言えません。

 ただ、もちろんAJCNは、喫緊の課題であった像の設置を阻止するために歴史戦をいったん脇に置く作戦を取っただけであり、今回の日韓合意で、まるで日本政府が「20万人の強制連行と性奴隷化」を認めたようになってしまったことについては、当然ながら非常に怒っています(1月4日の声明)。


 一方、ソウルの日本大使館前の慰安婦像については、青山さんからも解説があったように、米国や豪州の慰安婦像とは全く性質が違います。

 仮に、撤去どころか移設すらされない状態で、日本が血税から10億円支払うなんてことになったら絶対に許せないことです。

 改めて皆様、関係各所に声を届けておきましょう。

首相官邸 ご意見募集
外務省 ご意見・ご感想
自民党 ご意見・ご質問


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※拙ブログ関連エントリー(日韓合意めぐる青山さんの解説)
15/12/30:日韓合意は間違い!青山繁晴氏の見解&94歳韓国人女性の言葉 「インサイト・コラム」
16/1/6:現実優先の政治決断をした安倍総理!“性奴隷”の虚構を自ら発信せよ! 青山繁晴「インサイト・コラム」

※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。


※参考リンク
ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ
 青山さんに直接コメントを送れます。
こころが風邪をひいたら
 拙ブログで紹介しきれなかった『アンカー』青山さんの発言を起こして下さっています。
青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ
 動画の紹介など情報が大変充実しています。

※拙ブログ関連エントリー
【一覧】「アンカー」など青山繁晴さんテキスト起こし


このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-2.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1684-1dfa56fb

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索