ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

韓国6カ月間の狂騒と変化の記録 シンシアリーさん「韓国人による震韓論」より

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

151019-16obama.jpg

 韓国の朴槿恵大統領が10月13日から16日まで訪米しました。

 が、日本では関心が薄く、メディアも日韓首脳会談の開催がどうなるのかや、北朝鮮に対する日米韓連携に絡めて伝える程度で、さほど突っ込んだ報道はありませんでした。

151019-01abehoubei.jpg

 一方、安倍総理が今年G.W.に訪米した際には、韓国メディアは大きく報道しました。
 訪米中だけでなく、その何ヶ月も前から騒いでいました。
 特に安倍総理の上下両院合同演説(が決まったこと)が、彼らの心をかき乱したようです。

 朴槿恵大統領訪米の少し前、私は、先月発売されたシンシアリーさんの著書を読み終えました。

151019-00title.jpg

韓国人による震韓論 (扶桑社新書)
 
 「韓国人による恥韓論」「韓国人による沈韓論」「韓国人が暴く黒韓史」に続く、超人気ブロガー・シンシアリーさんの第4弾です!

 ※僭越ながら…
 「恥韓論」の書評・「沈韓論」の書評・「黒韓史」の書評
 ※今さら紹介するまでもないシンシアリーさんのブログ


 4作目は、2015年2月のいわゆる「シャーマン発言」騒ぎから8月の「安倍談話」までの、韓国の「変化」の記録です。

 日本は「安倍談話」や安全保障関連法の成立で「普通の国」への第一歩を踏み出しましたが、隣国の韓国はそれへの苛立ちを隠せずにいました。

 その韓国の立場から見つめた6カ月間の記録です。

 シンシアリーさんは、安倍談話の内容を、両国関係を「良い意味で破壊する」と評価しています。

 そしてこの6カ月間を、「あとで振り返ってみると、日韓関係にとって大きな“転換期”として覚えられていることでしょう」と総括されています。

 この本を「韓国人の自分」がなぜ書いたかについては、

 「一言で言うと、日本にもっと気軽に『変わって』ほしいからです。状況を変えるためには、自ら変わらなければならないのですから」と語っておられます。

 シンシアリーさんは、2015年2月~8月に起きた出来事を、日々、ご自身のブログで取り上げてこられたと思います。

 その1つ1つの出来事が、全体の流れの中でどんな意味を持っていたのか?
 それがまとめられ、整理されているのが、この「震韓論」です。

 今年2月というとわずか8カ月前ですが、私たちは案外忘れっぽいものです。
 本書を参考にしながら、出来事をまとめてみます。

(それぞれの出来事に対する韓国の反応やシンシアリーさんの考察などは、本書でお確かめ下さい)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

151019-02douga.jpg

2月初旬
日本の外務省がYouTubeに「Nation Building in the Post War Era: Japan as a Reliable Partner」(日本語版「戦後国際社会の国づくり:信頼のおけるパートナーとしての日本」)という動画をアップ。
日本がODAなどを含め、戦後国際社会に貢献してきたという内容で、国家機関が宣伝用に作る動画としては極めて普通の内容。
しかし韓国は「日本の妄言だ」と非難し、各マスコミは「日本に助けてもらったことなどない。これは歴史歪曲だ」と主張。

2月14日
「安倍総理がアメリカの議会で上下両院合同演説することが推進されている」という内容の報道を韓国メディア(聯合ニュース)が行った。

151019-03sha-man.jpg

2月27日
アメリカのシャーマン国務次官が講演で、次のように述べた。
「民族感情は悪用できる。指導者が過去の敵を持ちだして安っぽい拍手を受けるのは容易だが、そのような挑発は進展ではなくマヒを呼び起こす」
この発言は韓国で大きな反発と波紋を呼んだ。

3月2日
日本外務省のサイトの「大韓民国基礎データ」の「二国間関係」の「1.政治関係」という項で、それまで「韓国は、我が国と、自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有する重要な隣国」となっていた部分が、「韓国は、我が国にとって最も重要な隣国」と変更された。

3月4日
韓国の国会議長が訪米し、「告げ口外交」を展開。
安倍総理のアメリカ議会演説に対して、「過去への謝罪」を盛り込まなければならないという趣旨の話を、ロイス下院外交委員長など国会議員、米メディアに対して行った。
このようにアメリカでは、韓国の反日勢力、アメリカの反日勢力(メディア含む)が、演説に「謝罪」を盛り込ませようと激しい運動を展開していったが、やがてアメリカ政府や議会の「韓国疲れ」を呼ぶこととなった。

151019-04taishi-shugeki.jpg

3月5日
駐韓アメリカ大使マーク・リッパート氏が、ソウルで開かれた民間団体のイベントに参加した際、韓国人男性に襲撃され、約80針縫う大けがを負った。
犯人のキム・ギジョンは反米・反日・親北で、2010年7月に駐韓日本大使を襲撃した前歴があった。

3月27日
参議院予算委員会で、安倍総理が韓国について「重要な隣国」と述べた。
それまでは「最も重要な隣国」と述べていたが、「最も」も消えた。

151019-06nicchushunou.jpg

4月22日
インドネシアで開かれたアジア・アフリカ会議(バンドン会議)の会場で、日中首脳会談が行われた。
習近平国家主席は、険しい表情を崩さなかった前回(2014年11月)の会談から一転、終始にこやかな表情だった。

151019-07hannnichi-demo.jpg

4月26日
安倍総理が訪米。
訪問先では中韓系による反安倍デモが相次いだ。

4月27日
「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)」の18年ぶりの改定に日米が合意。

151019-08abe-enzetu.jpg

4月28日
安倍総理がアメリカ議会の上下両院合同会議で演説を行った。
韓国が要求した謝罪も、「植民地」「侵略」という表現もなかった。
アメリカをはじめ世界の自由国家との「和解」を強調した総理の演説は、スタンディングオベーション十数回、拍手喝采四十数回を受け、大成功に終わった。
これをきっかけに、韓国内外の批判はむしろ朴槿恵政権の「対日外交」に向かうこととなった。

150506-02kankokuGaisho.jpg

5月4日
ユネスコの諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)が、「明治日本の産業革命遺産」について、世界遺産に登録することがふさわしいとする勧告を行った。
即日、韓国の外交部(外務省)は登録反対を表明。
以降、世界遺産委員会の各委員国に登録反対を訴える書簡を送付するなど、激しい登録阻止工作を展開。

150522-01hantai.jpg

5月20日
朴槿恵大統領が「明治日本の産業革命遺産」の登録反対を表明。
さらにユネスコのボコヴァ事務局長(決定権はない)と会談し、反対を伝えた。

5月31日
尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官(外相)が、「日本軍慰安婦問題の進展、朝鮮人強制労働施設が含まれている日本の近代産業施設の世界遺産登録問題、終戦七十周年の安倍晋三総理の談話などが、今後の韓日関係改善の観点からの重要なポイントである」と述べた。

151019-09mers.jpg

6月中旬
朴槿恵大統領が訪米を予定していたが、韓国国内でMERS(中東呼吸器症候群)感染が大いに流行したため、延期に。

6月20日
柳興洙(ユ・フンス)駐日韓国大使が、毎日新聞のインタビューで「慰安婦問題は首脳会談の前提ではない」と述べた。
それまで朴槿恵大統領は歴史問題の進展、特に慰安婦問題解決を日韓首脳会談の条件として掲げてきていた。

150706-06gaishoukaidan.jpg

6月21日
尹炳世外交部長官が訪日。
日韓外相会談で、それぞれの世界遺産登録について互いに協力(お互い反対しない)ことで一致。

6月28日
ユネスコ世界遺産委員会がドイツのボンで開幕。
韓国側はまるで1週間前の「一致」がなかったかのように、日本へのネガティブキャンペーンを連日、委員国すべてに行った。

150706-04kannkokuSpeech.JPG

7月5日
「明治日本の産業革命遺産」の審議が行われ、登録が決定。
「forced Labour(ILO関連の国際条約に出てくる強制労働を指す言葉)」ではなく「forced to work」という言葉が盛り込まれた。
岸田外相は「わが国代表の発言における『forced to work』との表現等は強制労働を意味するものではありません」と会見で述べたが、韓国側はさっそく「日本が強制労働を認めた」と国内外に喧伝。

7月以降
韓国は政府、メディアを挙げて「安倍談話」の内容について、韓国側の主張(村山談話の継承、慰安婦問題を進展させる態度など)を盛り込むよう、日本側に執拗にプレッシャーをかけ続けた。
特に8月以降は、韓国政府はほぼ2日おきに、安倍談話に関連した政府見解を出した(シンシアリーさん調べ)。

151019-10pangimun.jpg

8月12日
潘基文(パン・ギムン)国連事務総長が、安倍談話に対して「日本は過去の歴史に対する真の反省に基づいた真の和解と協力を通じてより良い未来に進まなければならない」と国連報道官を通じて話した。
国連事務総長が特定国家の過去の歴史問題について、公に「反省」を要求するのは極めて異例。

151019-11abedanwa.jpg

8月14日
安倍談話が閣議決定され、18時に総理自身によって会見で発表された(全文テキスト)。
談話の内容は、国内外で概ね好評だった。
アメリカをはじめ、談話に国名が挙がっていた国々は、さっそく歓迎または評価の意を明らかにした(中韓を除く)。
しかし韓国は(中国も)日本政府に抗議や申し入れなどはせず、抑制的な反応だった。

151019-12pakuune15.jpg

8月15日午前10時
朴槿恵大統領が「光復節」慶祝辞で、「安倍談話は満足できない部分が少なくない」「河野談話、村山談話など歴代日本内閣が明らかにしてきた歴史認識こそが、日韓関係を支えてきた根幹」「慰安婦被害者の問題を早急に解決することを望む」などと述べた。
基本的な方針は何も変わっていない。
ただ、この演説の前、韓国時間で14日夜に、ホワイトハウスが安倍談話を歓迎する声明を出していた。
よって、朴大統領も言いたい放題の演説はできなかっただろうというのが、シンシアリーさんの見立て。

8月15日夜
韓国の外交部が、安倍談話が出てから1日経ってやっと「声明」ではなく格下の「論評」を出した。
これもアメリカが関係しているというのが、シンシアリーさんの見立て。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 このように時系列でまとめて見ると、韓国の焦りがよく分かりますよね。

 反日のあまり、自分で自分の首を絞めていったとしか言いようがありません。

(「明治日本の産業革命遺産」登録問題のみ韓国の『勝利』でしたが、日本人の嫌韓がますます進む結果を招いたことは、韓国にとっても決して良いことではないでしょう)

 ポイントは、韓国という国が、「格が上か下かで価値が決まる」と考えていることです。
 長年に渡り、彼らは自分の格を上げるのではなく、日本の格を下げるために頑張ってきました。

 だからこそ、韓国は、日本が自分たちを「基本的価値を共有する重要な隣国」から「重要な隣国」に『格下げ』したことに大いに怒りました。

 日本政府にしてみれば、「なり振り構わず日本の格を下げようと攻撃してくる韓国とは、もはや基本的な価値観を共有できない」ことに気づき(気づくの遅いですね)、その共有をやめただけです。

 が、韓国は、自分たちがどれだけ日本の格を下げようと必死に反日してきたか、過去の行いを振り返ることもせず、一方的に日本を非難し続けています。

 安倍談話に関しては、抑制気味だった韓国政府とは違って、韓国メディアは大いに批判しました。
 中でも、オーマイニュースがえげつなかった。

 これは本書で初めて知ったのですが、安倍談話の、

「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」

 という部分について、オーマイニュースは、自分、自分の子、孫なども国という共同体の構成員であるため、日本の謝罪すべき宿命から未来の世代も逃れられないという主張を展開しながら、こう書いたそうです。

「次の世代に謝罪の宿命がないなんて、身の毛もよだつことだ」

 こっちの身の毛がよだつっちゅーねん!(T_T)

140428-02sennen.jpg

 さすが、日本統治時代の親日派から財産を没収する「親日法」をつくった国。
 さすが、大統領が公然と「千年恨」を口にする国。
 さすが、「罪人」(私たち日本人は決して「罪人」ではないが)は死んでも「罪人」、その子孫も未来永劫「罪人」という価値観の国。

 そらあ~た、「価値観を共有する」が削除されても仕方ないわ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 9月以降の出来事も添えておきます(こちらでまとめたもの)。

151019-13kounichi.jpg

9月3日
朴槿恵大統領がアメリカの反対を押し切り、北京で行われた抗日70年記念行事に出席。

9月18日未明
日本の安全保障関連法成立を受け、韓国外交部は「論評」を出し、「日本政府が戦後一貫して維持してきた平和憲法の精神を堅持しながら地域の平和と安定に寄与する方向で、透明度をもって推進していく必要がある」との見解を示した。
韓国政府は基本的に、アメリカのアジア安保政策に寄与する日本の安保関連法の重要性については理解しているが、国内には「朝鮮半島情勢への軍事介入」を懸念する声もある。
そのため、日本の集団的自衛権の行使に関し、「朝鮮半島の安保や韓国の国益に関連した事案では、韓国の要請または同意がない限り容認できない」とクギを刺した。

10月5日
TPP大筋合意の発表を受け、韓国政府は参加を「積極的に検討する」と表明。
韓国メディアからは、TPPに参加しなかった韓国政府への批判が噴出した。

151019-14rassel.jpg

10月14日
アメリカ政府の3人の高官(ホワイトハウス国家安全保障会議のクリテンブリンク・アジア上級部長、ラッセル国務次官補、韓国駐在のリパート大使)が、16日に開かれる米韓首脳会談を前に、そろって異例の記者会見を行った。
ラッセル次官補は、「特に重要なのは日本との関係だ。日韓の協力はアメリカにとって戦略的な優先事項だ」と述べ、韓国側に対し日本との関係改善に取り組むよう促す考えを示した。
3人の会見については韓国放送公社(KBS)や聯合ニュースをはじめ、韓国メディアも報じたが、日本と韓国との関係改善を求めた部分については触れなかった。

151019-15beto.jpg

10月15日
在米ベトナム人の団体がワシントンで記者会見し、ベトナム戦争当時、韓国軍兵士から性的暴行を受けたというベトナム人女性らが、訪米中の朴槿恵大統領に謝罪を求めた。
被害者を支援するノーム・コールマン元上院議員は被害者の数を「数千人」と見積もり、このうち生存しているのは「約800人」だと説明した。
上記画像は彼らが15日付米紙ウォールストリート・ジャーナルに載せた意見広告で、被害者に対する公式な謝罪を朴大統領に求める内容。

同日
訪米した朴槿恵大統領がワシントンで講演し、初めて日韓首脳会談を開催する可能性に言及。
慰安婦問題については、日本に解決を要求する姿勢は変えなかったものの、「会談を真に重要なものとするためには、慰安婦問題での進展の必要だ」と述べた。
裏を返せば、6月に柳興洙駐日大使が述べたように、慰安婦問題の解決を首脳会談の前提条件にはしないという意味。

151019-17obama2.jpg

10月16日
朴槿恵大統領がホワイトハウスでオバマ大統領と会談。
会談後の会見で、オバマ大統領は、韓国が中国に接近していることについて、「韓国の目の前に立つ巨大な中国が何のとがめもなく、好き勝手に規則違反できるとしたら、たとえそれが経済問題であれ安全保障の問題であれ、韓国にとって良いわけがない」と述べたが、これに対して朴大統領からの言及はなかった。
さらにオバマ大統領は、「中国が国際的な規範に違反しているときは、韓国にもきちんと声を上げてほしい」と述べ、中国に対して必要以上の配慮をしないよう促した。
日韓の慰安婦問題については、オバマ大統領は「困難な歴史問題が解決されることを望む」と述べるにとどめた。
朴大統領の訪米について米メディアの関心は低く、ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなどの主要メディアは、滞在中の朴氏の動静をほとんど伝えず、テレビ局も同様だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今回の訪米では、朴槿恵大統領も今までのような激しい「告げ口外交」は行わなかった、というより、できなかったようですね。

 安倍総理の訪米成功以降、アメリカだけでなく、韓国内からも財界や保守メディアを中心に「日本と仲良くやれ」というプレッシャーが高まっていたことも理由でしょう。

 韓国軍兵士から性的暴行を受けたというベトナム人女性らが、訪米中の朴槿恵大統領に謝罪を求めた件は、全く関係ないと思います。

 ちなみにこの問題は韓国では今日までほとんど報道されていません。
 報道してきたのはハンギョレのような反政府メディアのみ。
 以下の記事を参照。

10/12/16付:韓国軍によるベトナム民間人虐殺問題「SAPIO」01.9.26号
13/12/21付:続・韓国軍によるベトナム民間人虐殺問題「SAPIO」13年1月号


 シンシアリーさんの本に戻って\(^^\)

 実は、本書で私が最も衝撃を持って受け止めたのは、
【日本はどの国よりも韓国との武力衝突の可能性に備えるべき】の項です。

 シンシアリーさんの持論はこう。

「韓国に、力が足りないという現状以外に、日本を侵略しない理由などない」

 ここで言う「力が足りない」とは、韓国が安全保障をアメリカに頼っているという意味だそうです。

 反日の聖地である竹島(独島)のことも含め、日本は、「局地的な武力衝突など全ての可能性に備える」必要があるそうです。

 そのうえで、「私はもし日本がどこかの国と武力衝突するなら、その相手は中国やロシア、北朝鮮より、韓国のほうが可能性が高いと思っています」とまでおっしゃっています。

 まさかそんな…と思う人も多いでしょうが、本書を読み進めるうち、決してあり得ない話ではないことが分かってきます。

 韓国が、韓国であるがゆえに…。





※シンシアリーさんの著書(左から発行日の新しい順)
※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。


※拙ブログ関連エントリー(韓国の真実:厳選)
07/6/5付:サハリン残留韓国人 日本の“理由なき支援”
08/2/19付:「たかじん委員会」韓国と外国人参政権と在日特権
08/11/10付:「ミヤネ屋」対馬の危機 韓国の“乗っ取り”進行中
08/12/9付:「ムーブ!」ウトロは今
09/5/16付:「TVタックル」外国人参政権と在日韓国人の本国参政権
10/3/2付:「TVタックル」外国人地方参政権と強制連行の真偽
12/8/16付:「アンカー」竹島侵略は韓国が日本と戦争をしたふりをしたことから始まった!日本が今すぐやるべきことは?
12/8/27付:慰安婦問題まとめ2012
12/9/24付:「Nスペ 領土で揺れる日中・日韓」第二部韓国 櫻井よしこさん発言集
13/3/8付:中山成彬議員が衆院予算委で日本の真の朝鮮統治(インフラ整備、創氏改名、慰安婦など)を語ってくれました
13/3/23付:日本よ、これが韓国だ
13/4/6付:韓国は未だに王朝の交代をやっている!「ザ・ボイス」より
13/6/15付:三輪宗弘先生の「大韓民国の物語」書評で改めて見えた韓国の民族主義と李栄薫教授の苦悩
13/7/13付:韓国は世界の恥さらし!“戦時徴用”賠償で国際条約無視の判決「ザ・ボイス」より
13/7/29付:慰安婦強制連行があったのなら、なぜ朝鮮人男性は反乱も起こさず黙っていたのか
13/7/29付:韓国が東アジア杯でまた日本非難の横断幕…旭日旗排斥運動についても
13/8/10付:【これはひどい】慰安所従業員日記を発見した安秉直ソウル大名誉教授の“手柄”を高麗大学韓国史研究所の朴漢竜研究教授が横取り!?
13/8/19付:韓国系が排斥する「竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記」を読みました
13/10/26付:知れば知るほど恐ろしい韓国の原発(「悪韓論」より)
13/11/11付:「Nキャス」韓国“反日”の正体!“反日”を使いすぎ誰も制御できぬモンスターを生み出した
13/11/18付:諺でわかる韓国人の国民性&対日で自縄自縛の朴槿恵政権
13/11/23付:韓国の諺と小説に「慰安婦=売春婦」の重大ヒント&宮古島慰安婦碑の真相
13/12/14付:日本が残酷な統治をしていたのなら、なぜ朝鮮人に銃を持たせたのか
14/2/8付:米バージニア州で「東海」併記法が成立へ…韓国系ロビー活動の実態
14/2/18付:売春大国韓国<反日慰安婦プロパガンダ の欺瞞
14/3/8付:韓国が永遠に反日である理由 「嘘だらけの日韓近現代史」より
14/4/5付:韓国の“資料改竄テロ”(「東海」書き換え)に要注意&支那が慰安婦問題でも韓国と共闘?
14/4/28付:OINKと韓国旅客船沈没事故 「呆韓論」より
14/5/10付:止まらない反日教! シンシアリーさん「韓国人による恥韓論」より
14/5/31付:「朝生」日韓関係…不毛な結末を迎えるのは分かっていたのについ見てしまった
14/6/7付:グアムの交番にハングル表記(撤去済み)
14/6/14付:議論する習慣がない韓国はセウォル号事故「再発防止」に向かわない
14/7/14付:朝鮮が劇的に豊かになった時代…イギリスの専門家が記した「THE NEW KOREA」より
14/7/28付:責任者の先逃は半島の伝統 「ディス・イズ・コリア 韓国船沈没考」より
14/8/30付:今の韓国がどれほど異常か 「ザ・ボイス」より有本香さんの発言
14/9/8付:日本人と朝鮮人はとても仲が良かった!「朝鮮總督府官吏 最後の証言」より
14/9/20付:韓国が賠償おかわりを平気でできる理由&114万人虐殺されてもタブー視された国民保導連盟事件 「韓国人による沈韓論」より
14/10/13付:暴かれる韓国最大のタブー!国民保導連盟事件 08年9月6日「報道特集NEXT」より
14/10/27付:慰安婦問題年表(追記あり)
14/11/8付:日本側当事者の証言から見る慰安婦問題 「正論」12月号より
14/11/24付:下村満子さん、慰安婦問題を複雑にしている挺対協の暴露会見をお願いします。
15/2/28付:韓国がパラオに建てた反日記念碑と日本パラオ友好橋
15/3/21付:奇跡のツーショット?! 慰安婦問題(米教科書事実誤認問題)で秦郁彦氏と元アジア女性基金理事が会見
15/3/23付:日本の正統性を壊したい韓国 シンシアリーさん「韓国人が暴く黒韓史」より
15/4/24付:「慰安婦の補償を日本に求めない。自分で解決する」と言った韓国のプライドはどこへ?
15/5/22付:韓国に怒った米国務長官「根も葉もない神話」&韓国による日本の世界遺産登録阻止工作! 青山繁晴「ザ・ボイス」
15/6/8付:池上彰SP「韓国の憲法前文は日本と戦ったという建国神話(ウソ)に基づいてできている」
15/6/16付:軍艦島元住人『賃金良いので朝鮮半島から自ら来た人も…』 「TVタックル」より
15/7/6付:世界遺産登録で禍根を残した日本の譲歩!さっそく韓国が…
15/9/7付:朝鮮人徴用工の実態!月給140円、豊かな食生活と宴会、日本人女工と楽しく過ごし、宿舎を抜け出し逢い引き、朝鮮人親方の飯場に“転職”

※拙ブログ関連エントリー(「捨てる前にテキスト化」シリーズより韓国関連)
10/7/27付:日本統治を直視する韓国の静かなる肉声「SAPIO」01.9.26号
10/8/24付:みのもんた氏の韓国に対する認識の間違いを正す「SAPIO」06.4.26号
10/9/13付:韓国の『夢想自大主義』「SAPIO」06.4.26号
10/12/16付:韓国軍によるベトナム民間人虐殺問題「SAPIO」01.9.26号
11/2/22付:日本統治肯定で逮捕の韓国人作家『嘘の歴史で反日に』「SAPIO」02.7.24号
11/9/5付:久米宏氏の韓国に対する認識の間違いを正す「SAPIO」01.8.22/9.5号
11/9/17付:戦前に朝鮮人衆議院議員がいた「SAPIO」07.5.9号
11/10/1付:日韓"謝罪派"結託が反日の温床「SAPIO」02.9.25号&震災祝い横断幕
12/5/14付:『天皇』を『日王』と呼ぶ韓国メディア「諸君!」06年4月号&慰安婦問題でまた…
13/9/28付:韓国のトンデモ反日小説「SAPIO」01.9.26号
13/12/21付:続・韓国軍によるベトナム民間人虐殺問題「SAPIO」13年1月号




okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 変わったエスカレーター。

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1644-7ebaa908

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索