ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

松岡農水相が自殺

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。トラバは受け付けていますが、コメントは本館へお願いします。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 松岡大臣の自殺、びっくりしました。
 テレビの第一報が入ったのは午後1時ちょっと前だったと思います。そこからもうテレビは大騒ぎでした。
疑惑の中、松岡農相自殺 林道談合・ナントカ還元水…(産経5/28)
 松岡利勝農相(62)=自民、熊本3区=が28日午後0時20分ごろ、東京都港区赤坂の議員宿舎で首つり自殺を図り、病院に搬送されたが午後2時、死亡が確認された。松岡農相は、資金管理団体が光熱水費無料の議員会館に事務所を置きながら、17年までの5年間で約2880万円を計上していたことが判明し、さらに独立行政法人「緑資源機構」の官製談合事件で業務を受注していた業者も参加する業界団体の政治団体「特森懇話会」からの献金が国会で問題になった。

 同署の調べでは、同日午前10時ごろ、秘書が松岡農相と会った後、宿舎から出てこなかったため不審に思い、正午ごろ室内に入ったところ、リビングのドアの上のちょうつがいに布製のひもをくくりつけて首をつっているのを見つけた。

 農水省によると、松岡農相は28日は登庁予定はなかった。

 松岡農相は昭和20年、熊本県阿蘇町(現阿蘇市)生まれ。地元の県立高校を卒業後、鳥取大農学部に入学、44年に農林水産省に入り、61年に林野庁広報官になった後、63年に退職、平成2年衆院選に立候補し初当選。18年、安倍晋三内閣誕生で、農相として初入閣した。

 松岡農相をめぐっては、資金管理団体が光熱水費無料の議員会館に事務所を置きながら、17年までの5年間で約2880万円を計上していたことが判明。野党の追及などに、農相は「法律にのっとり適切に報告している」と詳細な説明を拒み、「水道には『ナントカ還元水』といったようなものを付けている」との答弁もした。

 これに対し、与党の一部からも松岡氏に説明責任を果たすよう求める声が出ていた。

 緑資源機構の官製談合事件では、事件の舞台となった林道整備調査業務の受注業者や林道関連団体などから、林野庁出身の松岡利勝農水相への献金が目立っていた。

 公正取引委員会が独禁法違反容疑で強制調査した3公益法人や民間コンサルタント会社、公益法人の役員を務める林野庁OB4人から、平成8年からの10年間で計約850万円の献金を受けていた。また、受注業者で組織する任意団体「特定森林地域協議会」の政治団体「特森懇話会」など林道関係の9団体からは、この10年間に計約1億3000万円を受けていた。

 東京地検特捜部が新たに捜査を始めた同機構発注の中山間地域事業で、松岡農水相の有力支援者が「談合調整役」だった疑いが強いことが判明している。この支援者は平成18年度に同事業2件(計2億9100万円)を受注する一方、松岡農水相に8年から10年間で計約1600万円を献金している。

 戦後、現職閣僚が自殺を図った例はなかったそうです。

 皆さんご存知のように、以前から「政治とカネの問題」であれこれ言われてきた人で、特に「ナントカ還元水」発言以降、野党やマスコミから集中非難を浴びてきたわけですが、それも「法に基づいて適正に処理している」と繰り返してかわし続けていたし、とても自殺するようなタイプの人には見えなかったんですけどね。

 ただ、三宅久之さんが言われてたのは、「松岡さんは強面だけど、実は神経は繊細な人。昔、自殺した中川一郎さん(中川昭一さんの父)もそういう人だった」(「ザ・ワイド」)。
 宮崎哲弥さんも、「亡くなった人にこんなこと言うのは失礼だけど、暗い人」(「ムーブ!」)。

 自殺の動機については、「緑資源機構」をめぐる官製談合事件(献金問題)が引き金になったのでは?という見方が今のところは一般的のようです。松岡さん、「ナントカ還元水」とは違って、この件に関しては弱気な発言をしていたとか。

 コメンテーターの多くが、「緑資源機構」事件で検察が動いてたんじゃないか?とも言ってますが、検察側は「松岡大臣の捜査はしていない」と否定しているようです。……ほんとのところはわかりませんが。

 とにかくこれら一連の流れの中で、野党及び与党の一部からの批判と、自分を庇う安倍総理との板挟み状態で、ご本人は相当悩んでいたんじゃないか?と。今のところそういう報道になってますね。

 安倍総理宛や国民宛など、遺書が何通か残されているようですが、中身がどの程度まで公表されるのかわかりませんし、たとえ公表されてもご本人の本当の気持ちが書かれてあるのかどうか。
 (これまでの報道によれば、「迷惑かけて申し訳ない」程度のことしか書かれてないらしい)
 自殺の真の動機が明らかにされる日は来るのでしょうか?

 いずれにしても、安倍政権にとっては相当痛いでしょうね。
 早くも野党や反安倍メディアは「安倍総理の任命責任だ」と批判しています。
 「安倍さんが大臣を辞めさせなかったから追いつめられて自殺した」てなことを言ってたコメンテーターもいました。
 自分たち(マスコミ)もまた松岡さんを追いつめた一員だ、という発想は全くないようです。

 確かに松岡さんが追及されるのは当然だったし、安倍さんの任命責任も免れないのでしょうが、野党もメディアも人の死を(しかも亡くなった当日に)ここぞとばかりに安倍批判に利用してるような印象が否めず、何だかなぁと思います。


 とにかく何かと評判の悪い松岡さんですが、最後に良いことも書いておきます。

 “松岡農水相”の業績として、安倍さんは「中国へのコメの輸出に道を開いてくれた」とコメントしてましたが、最近はこういう業績もありました。
 地元でしか報道されてないみたいですが。

山陰沖に国直轄魚礁設置(山陰中央新報5/23)
 松岡利勝農林水産相は二十二日の参院農林水産委員会で、二〇〇八年度に設置を目指す国直轄の大型魚礁の場所について、山陰沖の排他的経済水域(EEZ)とする方針を正式に表明した。
 同魚礁は、竹島周辺を含む日韓暫定漁業水域が、事実上韓国漁船に独占されていることへの対策の一環。国が関係法を改正して、直轄事業として設置する。
 松岡農相は「兵庫、鳥取、島根三県の沖合で第一号の魚礁を設置する」と明言。今後、海底の地形を把握するための測量を実施して、具体的な設置場所を決める考えを示した。
(以下略)

 松岡さんのご冥福をお祈りいたします。



「お気楽くっくり」更新済

 これ何て読むの?……
 コメント欄に答えをさっそくいただきました<(_ _)>
 ネタバレになるので、今回はトップページにリンク貼ってます。



■今夜はもう1本エントリーをUPします。
 5/27放送「たかじんのそこまで言って委員会」の内容紹介です。



このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「日本より正しい情報を発信する会」メンバー募集!
ブログや掲示板等から、中韓をはじめとする反日勢力に対抗する優れた主張を、フラッシュ動画などに加工し、英文解説をつけて、YouTubeなど動画サイトにアップさせて行きます。英訳、動画作成のできる方、「このブログを英文にしたらどう?」など提案をして下さる方、大歓迎!まずは自己PRとあなたの思いを書いて、主催者のhinomaruさんにメールを!hinomaru2007@hotmail.co.jp hinomaruさんのブログはこちら。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/160-097b712d

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索