ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

ギリシャ危機の裏で中露が暗躍!世界が変わる? 青山繁晴「インサイト・コラム」

WiLL 2015年8月号 6月26日発売★
 青山繁晴さん連載、今月は沖縄第3弾


人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【一覧】「アンカー」など青山繁晴さんテキスト起こし
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■7/1放送 RKB(福岡)「ニュース新発見インサイト」
 青山繁晴の“インサイト・コラム”

150701-05chipurasu.jpg

 ギリシャ危機は世界を変えてしまう?
 ロシア連邦の一部に組み込まれる?
 中国海軍の軍事拠点になってしまう?

 間投詞(「あの」「その」など)や言い直しもできるだけ再現しました。但し、細かい相づちなどは支障のない範囲でカットしています。

※引用転載はご自由に。連絡不要です。但し誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので、必ずこちらのURLを添えておいて下さい。
※画像はイメージとしてこちらで付けさせていただいたものです。
画像を利用される方は、直リンクでなく必ずお持ち帰り下さい。当方のサーバーへの負荷軽減のためご協力のほど宜しくお願いいたします。「直リンク」の意味が分からない方はこちらをご覧下さい。現在、直リンクされても画像が表示されない措置をとらせていただいています。



 内容紹介ここから____________________________
櫻井浩二(RKBアナウンサー)
「水曜日です。独立総合研究所、青山繁晴さんの登場です。青山さん、おはようございます」

青山繁晴
「おはようございます」

櫻井浩二
「今朝はギリシャ問題について話してもらいますが、青山さん、ギリシャはどうなってしまうんでしょうか」

150701-01greece.jpg

青山繁晴
「うん、まあこのまま行けば、借金返さない国になって、倒産ないしは破産ということになるんですけれども」

櫻井浩二
「ああ~、はい、はい」

青山繁晴
「ま、あの、当面返さなきゃいけない借金ってのは銀行に対してじゃなくて、IMF、国際通貨基金、に対する借金ですから」

櫻井浩二
「うーん、はい」

青山繁晴
「ま、すぐに倒産、破産というのでは実はなくて、もう7月になっちゃいましたけど(注:6月30日がIMFに対する債務の返済期限だった)、まだ話し合いはやってるんですよね」

櫻井浩二
「うーん、そうですね」

青山繁晴
「で、今日お話ししたいこと、その、もしもこのギリシャが本当に、倒産ないし破産しても、日本経済の影響はそれほど、致命的ではないです」

櫻井浩二
「ああー、そうですか」

青山繁晴
「はい。まず、日本の大きな銀行でギリシャの国債、ギリシャにお金を、国債持ってるところ、つまりギリシャにお金を貸してるところってのはほとんどありませんし、やっぱりギリシャの経済、それほど大きくないですから」

櫻井浩二
「はい」

青山繁晴
「但しですね、今日は、その、日本経済への影響、直接は致命的でなくても、世界を変えてしまうっていう点では、もちろん日本を含めて、ものすごく大きな影響が、起きてしまうと、いうことをお話ししておきたいんですね」

櫻井浩二
「ああー、そうですか。はい」

150701-02putin.jpg

青山繁晴
「一言で言うと、このままギリシャが倒産、破産したりすると、ギリシャが、ロシアの一部になっちゃうと

櫻井浩二
「ロシアの一部になる? はい」

青山繁晴
「はい。ちょっと極端な言い方ですけど。まあロシア領、ロシア連邦の一部に組み込まれるような状況になることは、あるというのがひとつと」

櫻井浩二
「はぁ、はぁ」

150701-03kinpeikinpei.jpg

青山繁晴
「それからもうひとつは、中国の、海軍の軍事拠点になってしまう

櫻井浩二
「はぁ~」

青山繁晴
「つまり、えー、ヨーロッパ型民主主義のいわば原点ですよね、ギリシャが」

櫻井浩二
「はい、はい」

青山繁晴
「それが、事実上ロシア領に組み込まれることになったり、あるいは中国海軍がヨーロッパに築く、初めての拠点になると、いう、まあ世界を本当はこれは、根っこから突き動かす、ことではあるんですね」

櫻井浩二
「はぁ~、そうですか、はい」

青山繁晴
「これは、まずロシアについて言いますと、あの、お聴きの皆さん、あとでスマホとか、ネットで、できればちらっと、地中海の地図を見ていただくと、あの、ギリシャは日本人にとっても大好きな所で、実は僕自身も、好きなんですけども」

150701-04map.jpg

櫻井浩二
「ああ、そうですか、はい」

青山繁晴
「地中海の中でも案外、グーッと右に寄ってるんですよね」

櫻井浩二
「うーん、うん、はい」

青山繁晴
「つまり、地中海の東の端っこに近くて、えー、右上はすぐ黒海です、黒い海ですね」

櫻井浩二
「はい、はい」

青山繁晴
「その黒海は、ずっと問題になってるウクライナに面していまして、えー、クリミア半島もその黒海に突き出ていて、で、ここにロシア艦隊がいるわけです」

櫻井浩二
「ああ、はい」

青山繁晴
「で、案外、ヨーロッパ社会だけじゃなくて、ロシアに近いってことを考えていただくと、イメージが少し変わってくると思うんですが」

櫻井浩二
「ははぁ~、はい、はい」

青山繁晴
「これあの、プーチン大統領はこのギリシャがおかしくなってからずっと、水面下で接近を図ってまして、えー、クリミア半島はモノにしたけれども、ウクライナでなかなかロシアの思うとおりにならない。一足飛びに、ギリシャに、巨大な経済支援、ロシアも本当は苦しいんですけども、無理をしてでも経済支援をして、ヨーロッパじゃなくて、ロシアによって助けてもらうことになると、えー、ロシアの今の苦しさが、すごく変わるという、ことなんですよね」

櫻井浩二
「はぁ、はぁ、はぁ、はい」

青山繁晴
「で、実際、この危機で、たくさんテレビに出てくるチプラス首相、ギリシャの。まあ、すみません、僕あんまりこの人、信用できなくてですね」

150701-05chipurasu.jpg

櫻井浩二
「(笑)はい」

青山繁晴
「ま、この人をギリシャ国民が首相に選んでから、もうよけいに危機がひどくなってるんですけれども」

櫻井浩二
「うーん、そうですねぇ」

青山繁晴
「動きは非常に速い、素速い人で、水面下では」

櫻井浩二
「ええ、ええ」

150701-06chipuPutin.jpg
[2015年4月8日モスクワでの会談。ロシア側はエネルギー分野などでの協力を表明]

青山繁晴
「この、プーチン大統領と急接近してるんですね」

櫻井浩二
「ほぅ~」

青山繁晴
「それから、中国は本当は、ロシアよりも、先に具体的に動いていて、去年の6月に、まず李克強首相がギリシャに行ったんですが、その翌月、去年の7月に、今度は習近平国家主席がギリシャへ行ったんですね」

150701-07greeceKinpei.jpg
[2014年7月、ギリシャを訪問した習近平国家主席。左隣は当時のサマラス首相]

櫻井浩二
「はい」

青山繁晴
「この、中国はやはり大国ですから、首相と国家主席が1カ月以内に、行くっていうのは、ちょっと聞いたことがないんですね」

櫻井浩二
「はぁ~、そうですか、はい」

青山繁晴
「で、地理的にも、本当は遠いですね」

櫻井浩二
「ええ、ええ、そうですね」

青山繁晴
「で、この李克強首相や習近平国家主席が行くたびに、巨大な支援をすでに約束をして、たとえば公表されてないことで言うと、もうこのまま行くと、っていうかすでにギリシャの国債は半ば紙くずに近くなってるわけですけど、それを中国がたくさん買ってあげる

櫻井浩二
「うーん」

青山繁晴
あるいは全部買ってあげるという約束を、してるんじゃないか、マーケットでは言われているわけですね」

櫻井浩二
「え~、はい」

青山繁晴
「で、中国海軍はずっと外に出よう出ようとしてて、南シナ海に不沈空母を、つまり人口島を造ってしまって、これはまあ、今、日本も含めて大問題になってるわけですけど」

150701-08umetate.jpg

櫻井浩二
「ええ、ええ」

青山繁晴
「これもバーンと一足飛びに、インドとかの頭の上、ドーンと飛んで、地中海のど真ん中に中国海軍の拠点ができると、これは今の、世界の様子は、ガラッと変わりますね

櫻井浩二
「ああー、そうですね」

青山繁晴
「で、こういう動きがあるってことをひとつ、知っておいていただきたいのと」

櫻井浩二
「ほぅ~」

青山繁晴
「あと、この、さっき言いました、その、ヨーロッパにとって、とっても大事なギリシャ、民主主義の原点のギリシャが、どうしてこんなになってしまったのかということを、今日の最後にちょっと考えたいんですけども、あの、実際に僕もギリシャ行きますと、もう、あの、この危機が表面化する前から、たとえば首都のアテネは、もうゴミだらけです」

150701-09gomi.jpg
[アテネの銀行の前に積み上げられたゴミ。2011年10月のギリシャの報道より]

櫻井浩二
「はぁ、そうですか」

青山繁晴
「はい。国民の7割は公務員をやってる国なんですけれども、その公務員が働かないので、もう特に週末なんかになると、あのきれいなはずのアテネが、もうゴミと蠅と、それからもっと言うと、その、ウジ虫まで含めてですね」

櫻井浩二
「はぁ~」

青山繁晴
「もうイメージが全然違ってて」

櫻井浩二
「ほんとですねぇ」

青山繁晴
「で、ところが、その、観光地、に行くとですね、アテネじゃなくて、要するに古代文明の観光地に行くと、ゴミひとつ落ちてないということもあったりするんですよ。で、これはずっと、その、ギリシャが、観光地だけで、こう、やってきて、たとえば新しい技術の開発とか、そういう、まあ、工業国にしていくような取り組みがやっぱり弱かったってことなんですけど」

櫻井浩二
「はい」

青山繁晴
「実は、もうそのまま、放置してきた、ギリシャがEUの、えー、あの、一員ですけれども、ドイツを中心にしたEUはこれを、放置してきたっていうことを言わざるをえないんですね」

櫻井浩二
「うーん、うんうん」

青山繁晴
「で、どうしてかというとですね、えー、このギリシャは、もうご承知のとおり、だから通貨でいうと今、ユーロですよね」

櫻井浩二
「はい」

青山繁晴
「このギリシャ、や、あるいはギリシャほどじゃないけどもやっぱり危機のあるポルトガルとか、スペインとか、イタリアとか、みんなこれ地中海に面した南の国ですけども、そういう、いわば経済が弱い国々があるから、ユーロがさほど高くならないんですね」

櫻井浩二
「はい」

青山繁晴
もしもユーロがなくて、ドイツが、もともとの通貨のマルクであれば、たぶんそのマルクはとんでもなく高くなってて

櫻井浩二
「うーん、そうでしょうねぇ」

青山繁晴
「私たちが苦しんだ円高よりももっと高くなってて、たとえば、有名なドイツ車も、輸出する時には、すごく値段が高くなっちゃって、今ほど売れるはずがないんですよね」

櫻井浩二
「はい」

150701-10meruChipu.jpg
[2015年3月、ベルリンで会見するチプラス首相とドイツのメルケル首相]

青山繁晴
「したがって、まずひとつはそのEUは、フランスとドイツが中心ってことになってるけれども、実態はドイツがどんどんどんどん支配力を強めていて、このギリシャをはじめ、こういう経済の弱い国をむしろそのままにしといた方が、ドイツにとって有利ってことがあって」

櫻井浩二
「はぁ~」

青山繁晴
「したがって、そのままにしてきたっていうことは、実は、水面下の奥深くの事実としてあるんですね」

櫻井浩二
「はぁ~、そうなんですか」

青山繁晴
「で、それやこれやを全部考えると、まあ今日のお別れに言えばですね、やっぱり政治とか、あるいは軍事とか、そういうものを決めるのは、経済なんですよね」

櫻井浩二
「そうですねぇ」

青山繁晴
「経済が全てを決めていって、その上で政治とか軍事もあるんで、たとえば日本の安倍政権も、安保法制を、たとえば無事通したいんであれば、やっぱり本当はアベノミクスを、もっと強化しなきゃいけないんですね」

櫻井浩二
「うんうん、はい」

150701-11abe.jpg

青山繁晴
「えー、この、新しい成長戦略っていうの発表されたばっかりですけど、それが物足りない。本当はメタンハイドレートを含めた資源産業の勃興や、あるいは農業をTPPのお荷物にしないで輸出産業にして、盛り立てていく。そういうことを本当は、日本の安倍政権ももう一回本腰を入れなきゃいけないっていうのが、このギリシャ危機から、一番私たちが知ることができる、大事な、真実だと思います」

櫻井浩二
「なるほど。分かりました。ありがとうございました」

青山繁晴
「はい」

櫻井浩二
「独立総合研究所、青山繁晴さんでした」




 ____________________________内容紹介ここまで


 逆に言えば、中国・ロシアの「支援」があるからこそ、ギリシャは強硬姿勢を取れるという面もあるわけですね。
 そしてEUは、経済だけじゃなく安全保障の問題でも困っているという。

 それにしてもギリシャって、ゴネたら何とかなると思ってそうなあたり、韓国に似てますよね。
 ドイツに戦時賠償を蒸し返したとこなんかも似てるし(T_T)


 たまたま見つけたんですが、ギリシャ危機にまつわる環球時報の社説をサーチナが紹介しています。

ギリシャぶっ叩き!中国メディア 「ごね国家」「国粋主義があまりにもひどい」(2015/07/01(水) 14:32)

 「上記記事には『体制(大勢)に逆らう者は悪』との基本的発想がある」との解説(批判)付き。

 日本よりも先にギリシャが中国の「自治区」になったりして…。


※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。


※参考リンク
ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ
 青山さんに直接コメントを送れます。
こころが風邪をひいたら
 拙ブログで紹介しきれなかった『アンカー』青山さんの発言を起こして下さっています。
青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ
 動画の紹介など情報が大変充実しています。

※拙ブログ関連エントリー
【一覧】「アンカー」など青山繁晴さんテキスト起こし


このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1594-4019d7d2

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索