ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

“売春婦”を削除せよ!朴裕河教授の慰安婦本が韓国で事実上の出版禁止に…日本のサヨクは彼女を救わないのか?

222takesima.jpeg
2月22日は竹島の日。
今年は韓国による不法占拠から62年目。

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

150220-01teikoku.jpeg

 韓国の朴裕河(パク・ユハ)教授が2013年8月に発行した『帝国の慰安婦』。

 日本語版も2014年11月に朝日新聞出版から出ています。
 邦題は「帝国の慰安婦 植民地支配と記憶の闘い」

 私はまだ読んでいませんが、「何もかも日本の過ちではなく、韓国にも責任がある」との観点で書かれた本です。

 この本が韓国で発行されてからなぜか10ヶ月も経った2014年6月16日、朴裕河教授は、ナヌムの家の所長と9人の元慰安婦から名誉毀損で告訴され、販売差し止めを求める仮処分も申請されていました。

 そして2月17日に韓国の地裁が出した決定がこれです。
韓国地裁、慰安婦研究書の出版禁止(産経(共同)2015.2.17 18:40)
 元慰安婦の韓国人女性9人が、韓国・世宗大の朴裕河教授の著書「帝国の慰安婦」で慰安婦を「売春婦」などと記述され名誉を毀損されたとして同書の出版や広告を禁じるよう求めた仮処分申請で、韓国のソウル東部地裁は17日、訴えの一部を認める決定を出した。聯合ニュースが報じた。

 同ニュースによると、地裁は決定で、同書が慰安婦を「軍人の政策遂行を助けた愛国少女」「自発的売春婦」などと表現した部分を削除しなければ、女性らの名誉や人格権が回復困難なほど傷つけられる恐れがあると判断。こうした表現を削除しないまま出版することを禁じた。

 地裁は、元慰安婦らは、軍部隊に付属する慰安所に連れて行かれて初めて自分の置かれた状況に気づいたと指摘。抵抗すれば日本軍の暴力や脅迫を受けたとして、慰安婦は売春婦とは「質的に違う」と判断した。(共同)

 慰安婦についての表現方法がまずいと判断されてしまった部分を削除すれば、出版継続できるのでは?

 ……と一瞬思ったりもしましたが、ニュースの見出しにあるように、これは事実上の出版禁止処分でしょう。

 上の共同の記事にはありませんが、ソースの聯合ニュースを見ると、原告側のナヌムの家の所長の安信権という人がこうコメントしています。

「朴教授が歴史的事実を歪曲して慰安婦だったおばあさんたちの名誉を傷つけたことが明らかになった。『売春婦』などの表現が本の相当部分を占めているため、事実上、書籍全体に対する販売を禁じたものと受け止めている」

 売春婦は売春婦。
 他に表現方法ないですよね。
 「お金をもらっていた慰安婦」って書き換えても意味同じだし。

140701-02paku.jpg
[朴裕河教授。画像は時事通信より]

 今回の訴訟の裏に、毎度おなじみ“挺対協”(元慰安婦のお婆さんたちを振り付けている親北反日団体)がいるのかどうか私には分かりません。

 いずれにしろ『帝国の慰安婦』は韓国内で激しい反発を招き、「朴を拘束せよ」「大学をクビにせよ」のようなプラカードを掲げたデモ隊が、勤務先の大学へ押し寄せたそうです。

 最初に書いたように私は読んでいませんが、これまでの報道によれば、朴裕河教授が『帝国の慰安婦』で主張したのはこのような内容だそうです。

●慰安婦たちを『民族の娘』に祭り上げる行為は、家父長制と国家の犠牲者だった『慰安婦』をいま一度国家のために犠牲にする行為にすぎない。
政治利用されていることが、20年以上にわたり慰安婦問題が解決しない最も大きな理由だ。
●日本軍による性暴力には単発の強姦、拉致した上での性暴力、管理売春の3種類が存在していたが、朝鮮人慰安婦のほとんどはこの3番目(管理売春)のケースが中心だった。
●人身売買などで募集して軍に引き渡し、管理した朝鮮や日本の業者や雇い主こそが、直接的に慰安婦の自由を束縛した主体だった。
朝鮮人慰安婦と日本軍の関係は基本的には同志的な関係だった。


 慰安婦問題の第一人者・秦郁彦さんが「正論」2015年3月号(1月末発売)に寄せている論文【歴史戦場の慰安婦たち】によれば、『帝国の慰安婦』には他にこのような記述もあるそう。

●娘を売った父母と、少女を売り渡し引っ張って行った人身売買業者と、傍観していた隣人と少女を管理した女部屋の主人。
糾弾すべき〈犯罪〉の主体はまず業者たちなのに彼らはまったく名乗り出なかったし、責任を問われることはなかった。
●女への暴行は主として業者による。
慰安婦の恨みは業者にも向けられたが、日本軍より(娘を売った)父さんがもっと憎いと語る慰安婦(金君子)がいる以上……責任を負うべき者が韓国内にいることは明らか。
●挺対協のとった行動は適切でもなく正しくもなかった。
●今でも米軍のための慰安婦の需要を作り続けている。
自分たちの醜い歴史を顧みずに、日本に対して慰安婦賠償を要求するような偽善をしている。
●米下院が(2007年の決議で)韓国の味方についたのは、米国の慰安所問題を指摘しなかったからでしかない。


 但し、朴裕河教授のこれらの主張は、あくまで“慰安婦制度”への日本軍の関与と責任を強調した上でのものです。

 朴裕河教授は決して日本の味方ではありません。

 自身のツイッターでも「他の方式でアプローチしただけで日本の謝罪と補償は必要だと考えます」と述べています(原文は韓国語なので翻訳サイトにかけて下さい)。

 また、最近は朝日新聞問題に絡んでこんな投稿をしています。


 別に彼女は「朝日新聞出版から日本語版を出してもらったから」朝日新聞を庇っているわけではありません。

 2014年7月には、朝鮮日報に掲載された『帝国の慰安婦』書評への反論として、自身のフェイスブック日本語訳)にこのように記しています。

私は、「日本」に責任を問うためにこの本を書いた。「朝鮮人」業者の問題について書いたのは、日本の「法的責任」を負わせることができるかのように考えてきた支援団体や研究者の考えが必ずしも有効ではない、ということを言うためにすぎない。『帝国の慰安婦』という書名に込めようとしたのも、「協力を強要された植民地人の悲しみ」だった。】

 秦郁彦さんは「正論」でこんな指摘をしています。

【だが彼女〈引用者注:朴裕河教授〉も反日勢力を煙に巻く知恵も働かせ、「慰安婦は帝国主義に基づく性の収奪」という異次元の概念を導入した。ややわかりにくいが「他国に軍隊を駐屯させ、長い期間戦争をすることで(慰安婦の)需要をつくりだしたという点で日本は責任がある」とも書いている。
 日本を免責しない形で批判をかわそうとしたのだが、同時に米国を筆頭とする欧米の帝国主義国家も同罪とされた。昨年8月5、6日の朝日新聞による検証作業で、慰安婦問題の本質を「女性の人権侵害」に還元した杉浦信之(編集担当役員)、吉見義明両氏の論旨と通底する一種の「統治責任論」と見なせよう。
 統治下で起きたあらゆるトラブルは、コソ泥を取り逃したたぐいの些事まで国が責任を負えという主張だが、実効性とは無縁の逃げ口上かとそしられてもしかたあるまい。】


 韓国人ブロガーのシンシアリーさんも、朴裕河教授についてこう記しています(2014年6月15日付)。

【今までも独島や靖国などに関する本を書いてきたことがありますが、この人は、俗にいう「親日派」ではありません。
 この人が主張するのは、両国の和解であり、決して日本側の肩を持つ人ではありません。
 彼女の著書である「和解のために - 教科書・慰安婦・靖国・独島」は、2006年に韓国では文化観光部優秀教養図書に選ばれ、2007年には日本語版が大佛次郞論壇賞(朝日新聞社)を受賞したりもしました。
 この経歴からも、決して「日本の肩を持つ人ではない」というのが、おわかりでしょう。】


 Amazonのレビューを見るだけでも、彼女が「親日派」でないことは分かります。

 「日本では和田春樹さんなどと一番立場が近いと思う」
 「著者もまた結局、日本政府に対して謝罪と反省を要求している」
 「右翼のひとにも読んでほしい
 「植民地支配という反日プロパガンダ本」
 「あまりにも歴史の記述に誤謬がありすぎます」
 「朝日新聞クオリティーそのものだ」

 何度も書いたようにそもそも朝日新聞出版から出てる本だし、「論座」も書評で持ち上げています。

 2014年6月に彼女が訴えられた直後は、日本の保守から「朴裕河教授を救え」という声が上がったりもしましたが、むしろサヨクこそが彼女を救ってあげるべきでしょう。

 もっとも、サヨクの口から「朴裕河教授を救え」という声は今のところ上がっていないようです。

 朝日新聞や植村隆元記者を救うことに手一杯なのでしょうか。
 あるいは、韓国で「親日派」とレッテルを貼られた人など救っても仕方がないと思っているのかもしれません。

 朴裕河教授から『帝国の慰安婦』を献本してもらった有田芳生氏など、真っ先に彼女に救いの手を差し伸べるべきだと思いますが。


 まぁ有田氏も植村隆氏の集会で演説したり、国内の運動でお忙しいようですからね。そんな暇ないか。

 ※最近気づきましたが、私は有田芳生氏にブロックされています。
  氏のツイッターには一度も書き込んだことはないのですが。
  上のツイートはgoogleからたまたま開くことができました。



 最後にやや余談になりますが、シンシアリーさんの記事の続きに、ハッとさせられた記述がありました。

【彼女が書いた「帝国の慰安婦」という本があります。この本も、決して「韓国の見解は一方的に間違っている」という主張を書いたものではありません。
 ただ、「軍に連れていかれたというのは違う。彼女たちが苦労したのは舗主(慰安所運営者)たちによるもので、日本軍は関係ない」、「政治的な理由で、別の意見が認められないでいる」など、韓国側としては許せない内容が書いてあるのも事実です。
 この場合、韓国はどうすると思いますか?
 韓国が、何かを潰すとき、露骨に政府が前に出ますか?違います。それでは、「韓国では本を出版する自由も無い」と叩かれるようになります。ブランドイメージに傷がつきます。
 だから、国は前に出ないで、市民団体が訴えるようにすればいいのです。反日市民団体は国家補助金をかなりもらっていますので、事実的に政府の言いなりです。


 これを読んで思い出したことがあります。

 10年ほど前、『親日派のための弁明』を出版した金完燮氏も韓国の“市民団体”(日本のプロ市民団体も原告団に加わっていた)に告発されました。

 『親日派のための弁明』は青少年有害図書に指定され(事実上の発禁処分)、金氏は逮捕までされています。
 しかも出廷時には元殺人犯から暴行を受けて負傷もしています。

141127-02sonkai.jpg

 産経新聞前ソウル支局長の加藤達也氏を「朴槿恵大統領の名誉を毀損した」と告発したのも“市民団体”でした。
 こちらも国は前に出ないで、“市民団体”が前に出たケースです。

 加藤氏は今のところ金氏のような酷い暴行は受けていませんが、それでも裁判所前で乗った車に生卵を投げつけられるなど乱暴を働かれたことは、記憶に新しいところです。

 韓国の名誉毀損では、被害者すなわち朴大統領が処罰を望まない意思を示した場合、裁判所は公訴を棄却し公判は終結することになります。

 しかし、朴大統領は「司法に委ねるしかない」(訪韓した自民党の二階氏に話した言葉)と嘯(うそぶ)いています。

 とにもかくにも、韓国が言論・表現の自由のない前近代の国であること、反日が何より優先される国であることを、改めて思い知らされた『帝国の慰安婦』訴訟でした。






※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※拙ブログ関連エントリー(韓国の真実&慰安婦問題厳選)
07/6/5付:サハリン残留韓国人 日本の“理由なき支援”
08/2/19付:「たかじん委員会」韓国と外国人参政権と在日特権
08/11/10付:「ミヤネ屋」対馬の危機 韓国の“乗っ取り”進行中
08/12/9付:「ムーブ!」ウトロは今
09/5/16付:「TVタックル」外国人参政権と在日韓国人の本国参政権
10/3/2付:「TVタックル」外国人地方参政権と強制連行の真偽
12/8/16付:「アンカー」竹島侵略は韓国が日本と戦争をしたふりをしたことから始まった!日本が今すぐやるべきことは?
12/8/27付:慰安婦問題まとめ2012
12/9/24付:「Nスペ 領土で揺れる日中・日韓」第二部韓国 櫻井よしこさん発言集
13/3/8付:中山成彬議員が衆院予算委で日本の真の朝鮮統治(インフラ整備、創氏改名、慰安婦など)を語ってくれました
13/3/23付:日本よ、これが韓国だ
13/4/6付:韓国は未だに王朝の交代をやっている!「ザ・ボイス」より
13/4/10付:西川京子さんが衆院予算委で「従軍慰安婦」「南京大虐殺」の虚構と自虐史観に侵された入試問題について語ってくれました(中山成彬さん質疑まとめ付き)
13/6/15付:三輪宗弘先生の「大韓民国の物語」書評で改めて見えた韓国の民族主義と李栄薫教授の苦悩
13/7/13付:韓国は世界の恥さらし!“戦時徴用”賠償で国際条約無視の判決「ザ・ボイス」より
13/7/29付:慰安婦強制連行があったのなら、なぜ朝鮮人男性は反乱も起こさず黙っていたのか
13/7/29付:韓国が東アジア杯でまた日本非難の横断幕…旭日旗排斥運動についても
13/8/10付:【これはひどい】慰安所従業員日記を発見した安秉直ソウル大名誉教授の“手柄”を高麗大学韓国史研究所の朴漢竜研究教授が横取り!?
13/8/19付:韓国系が排斥する「竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記」を読みました
13/10/26付:知れば知るほど恐ろしい韓国の原発(「悪韓論」より)
13/11/11付:「Nキャス」韓国“反日”の正体!“反日”を使いすぎ誰も制御できぬモンスターを生み出した
13/11/18付:諺でわかる韓国人の国民性&対日で自縄自縛の朴槿恵政権
13/11/23付:韓国の諺と小説に「慰安婦=売春婦」の重大ヒント&宮古島慰安婦碑の真相
13/12/14付:日本が残酷な統治をしていたのなら、なぜ朝鮮人に銃を持たせたのか
14/2/8付:米バージニア州で「東海」併記法が成立へ…韓国系ロビー活動の実態
14/2/18付:売春大国韓国<反日慰安婦プロパガンダ の欺瞞
14/3/8付:韓国が永遠に反日である理由 「嘘だらけの日韓近現代史」より
14/4/5付:韓国の“資料改竄テロ”(「東海」書き換え)に要注意&支那が慰安婦問題でも韓国と共闘?
14/4/28付:OINKと韓国旅客船沈没事故 「呆韓論」より
14/5/10付:止まらない反日教! シンシアリーさん「韓国人による恥韓論」より
14/5/31付:「朝生」日韓関係…不毛な結末を迎えるのは分かっていたのについ見てしまった
14/6/7付:グアムの交番にハングル表記(撤去済み)
14/6/14付:議論する習慣がない韓国はセウォル号事故「再発防止」に向かわない
14/7/1付:米軍慰安婦訴訟は日本にとって吉か凶か…Tweetまとめ14.06.16~14.06.30
14/7/7付:慰安婦強制連行の虚構と元朝日記者の耳を疑う弁解「間違いに気づいていたが…」
14/7/14付:朝鮮が劇的に豊かになった時代…イギリスの専門家が記した「THE NEW KOREA」より
14/7/28付:責任者の先逃は半島の伝統 「ディス・イズ・コリア 韓国船沈没考」より
14/8/5付:朝日新聞が慰安婦報道で長~い言い訳。国際問題化させてしまった責任をまるで感じていない。
14/8/9付:「ミヤネ屋」朝日慰安婦検証報道 西岡力さん徹底解説!朝日は記事を英文サイトに載せろ!&植村報道の2カ月後に“挺身隊”と“慰安婦”の混同を把握
14/8/30付:今の韓国がどれほど異常か 「ザ・ボイス」より有本香さんの発言
14/9/8付:日本人と朝鮮人はとても仲が良かった!「朝鮮總督府官吏 最後の証言」より
14/10/10付:産経前支局長起訴でまた世界に恥をさらした韓国!「ザ・ボイス」より
14/10/13付:暴かれる韓国最大のタブー!国民保導連盟事件 08年9月6日「報道特集NEXT」より
14/10/27付:慰安婦問題年表
14/11/3付:『性奴隷』論を完全論破!今後の日本の戦い方は? 「ひと目でわかる『慰安婦問題』の真実」より
14/11/8付:日本側当事者の証言から見る慰安婦問題 「正論」12月号より
14/11/24付:下村満子さん、慰安婦問題を複雑にしている挺対協の暴露会見をお願いします。
14/11/28付:産経前支局長初公判でさらに自国を貶めた韓国保守系団体!「ザ・ボイス」より
15/1/13付:日豪分断が目的の慰安婦像建立を「地域融和」を訴えて阻止


このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-4.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1537-5b98d34d

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索