ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

中国産漆に駆逐される国産漆!国宝守る英国人社長の闘いと日本人への提言

2017/2/23 続報があります

222-ashika1.jpg
2月22日は竹島の日。今年は韓国による不法占拠から62年目。
ブログやSNSをされている方、「竹島プロジェクト」にご協力を。
参加表明いただいた方は記事内にリンク貼らせていただきます。


人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

150209-08nihyaku.jpg

 今日は1月20日に放送されたMBS(毎日放送)午後6時台の「Voice」から特集をご紹介。

 私は普段「Voice」はほとんど見ていません。
 裏番組が関テレ「アンカー」ですし。

 でもこの日の「Voice」はテレビ欄に
 「国宝守る外国人社長問う…日本人これでいいの?」とあって、
 もしかしたら「小西美術工藝社」のデービッド・アトキンソンさんが出るのかも!と思って、見てみました。
 そしたら予想どおりアトキンソンさんが登場!(^▽^)

 詳しい内容はMBSのサイトで動画を見ていただくとして…
 http://www.mbs.jp/voice/special/archive/20150120/
 (放送から半年間ぐらいは動画置いてくれてるようです)

 内容をざっくり紹介しますね。


 さっくり内容紹介ここから_______________________
150209-00honganji.jpg

 京都の東本願寺で、傷んでいる部分を直す修復工事をしています。
 その中で全体のバランスを見ながら職人に指示をする外国人がいました。

150209-01ato.jpg

 デービッド・アトキンソンさん。
 江戸時代から文化財の修復を行ってきた小西美術工藝社の社長。

150209-02jitaku.jpg

 本社は東京ですが、アトキンソンさんは月の半分は京都の町屋を改修して暮らしています。

150209-03fusimi.jpg

 小西美術工藝社は、伏見稲荷大社、清水寺、春日大社、東本願寺、大覚寺など、国宝や重要文化財に指定された建造物の多くを手がける業界最大手。

150209-04itande.jpg

 一見きれいに見える日本の文化財ですが、かなり傷んだまま放置されているものもあると言います。

150209-05urusi.jpg

 「これが漆の層。これは完全に生地まで落ちている」

150209-06kokomade.jpg

 「(漆は)建物を保護するために塗っているわけで、ここまでくるとこの建物を保護できていない」
 「本来はもっと早い段階で上を研いで漆を足して、この状態まで進まないうちに止めるべきものなんですけど…」

150209-07table.jpg

 この表は日本とイギリスの文化財保存修理にかける予算を、アトキンソンさんが比較したもの。
 日本はイギリスの6分の1以下。
 この差が保存状態に表れていると言います。

 外国人観光客は、傷んだところを見ると幻滅してしまうため、観光には大きなマイナスだと指摘しています。

150209-08nihyaku.jpg

 「常にきれいな状態で、国が世界に誇れる状態に持って行くのにいくら必要か試算すると、年間で200億円ぐらいなんです」
 「国家からすると、だいたい日本人1人あたり200円
 「海外から人に来てもらってボロボロになったものを見てもらっている」
 「たった1人あたり200円なのに。日本にとって文化財とはこんな状態でいいんですかって思いますけどね」

150209-09prof.jpg

 アトキンソンさんはオックスフォード大学を卒業。
 25年前に日本に移り住み、1992年に外資系投資銀行ゴールドマン・サックス入社。
 日本の不良債権の実態を暴くなど実績を残しました。

150209-10sendai.jpg

 この頃から茶道をきっかけに日本の文化財に興味を持ちました。

 42歳で仕事を引退しましたが、後継者を探していた小西美術工藝社の先代社長と軽井沢の別荘で偶然隣同士だったことから、経営を見てほしいと頼まれたのです。

150209-11koubou.jpg

 日光の工房にて…
 「国の体制のもとで続いている老舗なので、経営的な問題はないと思ってたんですが、最初は想像したような安定的なものではなかった」

 実は職人の世界は約4割が非正規雇用。
 その不安定さから若い人はすぐに辞めていき、高齢化が進んでいたのです。

150209-12kaikaku.jpg

 技術継承には大きな問題だと考えたアトキンソンさんは、全員正社員にして給料を保証し、若い職人を増やして設備投資も行いました。

 コストは増えましたが、品質と生産性が高まったことで、過去5年間の利益平均は、その前の5年間より80%以上伸びたと言います。

150209-13rieki.jpg

 「普通の会社というのは後継者育成という考え方も言葉も概念もないですから、当たり前のように毎年若い人を雇って、その人たちが会社に利益をもたらすようにやっているだけですので」
 「一般のビジネスとして、一般の常識に基づいた形に持っていっただけです」

 アトキンソンさん自身は職人ではありませんが、品質チェックは必ずしています。

150209-14shufuku.jpg

 小西美術工藝社は日光東照宮の陽明門の修復もしています。

 安定した技術継承と経営基盤を築くことで、職人が誇りを感じられるような、こうした大きな現場を担当できる体制を維持しています。

150209-15summit.jpg

 12月に京都市左京区で行われた「漆サミット2014」。

 伝統工芸のアピールの仕方にも問題を感じるアトキンソンさん。
 業者や職人、約100人を前に、通常のビジネスでは当たり前のことができていないと指摘しました。

 参加者らはこう話していました。
 「日本人として反省しないといけないことがたくさんある」
 「長い目で見るとビジネスとして組織を確立していかないと、これからの日本はないのかなと感じた」

150209-16hihan.jpg

 アトキンソンさんはきちんと文化財を継承して環境を作るため、これからも提言を続ける覚悟です。

 「外国人だから伝統文化をやってる場合じゃないとかいう批判もあります」
 「それなら本音の言えない日本人の中で、言っても言わなくても批判されるなら、本音を言っちゃった方がいいんじゃないのということで、そういう役割くらいはあってもいいんじゃないのと思いますけどね」

 _______________________ざっくり内容紹介ここまで


 その後のスタジオトークでは、こういった話がありました。

★アトキンソンさんの経歴紹介
・オックスフォード大学で「日本学」専攻
・元ゴールドマン・サックスの敏腕アナリスト
・裏千家に入門 茶名「宗真(そうしん)」
・著書に『イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る』がある



★『イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る』は、「外国人観光客から日本の文化財はどのように見えるか」など観光立国を目指す日本の課題を指摘した本で、講談社新書1位。

★キャスターの西靖氏
「日本人はどうしてもピカピカの国宝には違和感を覚えるが、日本人はもうこれ以上限界というところまで置いておいて、それから手を着けるのでものすごくピカピカになってしまう。ちょっとずつ直していけば違和感を持たずにすむ、ということもこの著書には書かれてある」

★毎日新聞の与良正男氏
「ビジネスで合理的というと、逆に従業員を非正規雇用にするんじゃないかと思いきや、こういった世界ではむしろ逆に正規雇用した方が合理的なのだと」
1人あたり200円というのは政党交付金と同程度の額

 確かに200円ぐらいなら出してもいいのでは?と私も思いました。


150209-91WILL.JPG

 ところで、番組で少し登場した漆について、「WiLL」2015年2月号(先月号)でアトキンソンさんが詳しく述べておられます。

 タイトルはご覧のように、【日本からJAPAN(漆)が消える!】というショッキングなものです。

 こちらも内容をざっくりまとめると……

【文化財の修繕に欠かすことのできない漆が危機に瀕しています。
 国産の漆は現在、年間1トンしか生産されていません。
 価格の安い中国産漆(年間輸入量51トン)に市場をほとんど奪われてしまっています。
 このままでは国産漆は中国産に駆逐されてしまいます。

 本来は国が策を講じるべきですが、あろうことか文化庁は、日光東照宮、二荒山神社、輪王寺だけは例外として、指定文化財に用いる漆は原則3割国産、7割中国産を混ぜたものを使うよう仕様書で規定しているのです。

 この規定は明治以降に作られ、中国産の使用を規定した背景は不明です。
 この規定がなぜ放置されてきたのか不思議です。
 問題意識はあるが行動を起こさない、日本人特有の事なかれ主義が背景にあるのではないでしょうか。

 そこまで中国産漆にこだわるメリットはあるのだろうかと疑問に思い、自分なりに分析してみました。
 中国産漆が安いのは確かですが、そもそも塗る際は薄く伸ばすので使用量は少なくて済み、すべて国産に切り替えても修繕費全体ではそれほど高くならないことが分かりました。
 総費用は5~10%上がるだけ。

 文化財にはいちおう3割国産漆を使わなければいけない規定があるのでまだ良い方で、規定がないお椀やお盆など、伝統工芸品の世界はもっと深刻です。

 京漆器の場合だとほぼ100%、中国産漆です。
 使用している木も国産でないことがある。
 何一つ、日本のものを使っていないのに「京」漆器と呼べるのか?

 漆は管理が難しく、他国から持ってくると、どうしても国産よりもその点で劣ります。
 漆には採れる土地によって特徴がある。
 使う国で育った漆樹がいちばん適しているというのが私(アトキンソン)の見解です。

 漆を国産化した場合の金額を試算したところ、1億3700万円の追加予算をとれば可能だと分かりました。
 極端に価格が上がるわけでもなく品質も向上し、国産漆の需要にも貢献できます。

 にもかかわらず、国産漆の使用促進を提案しても役人は動いてくれません。
 「昔からの決まりだから」の一点張りで話になりません。
 以前、「国産にした分の負担をこっちで持つので、国産漆100%でやらせてほしい」と役所に申し出た時も、「仕様書と異なるので」と拒否されました。

 仕様書の問題は、役人が動かなければ業界内ではどうすることもできない。
 中国から賄賂でも貰っているのではないかと疑いたくなるほど、彼らは中国産漆をかばうのです。
 あるいは、ただ単に物事が変わることに対するアレルギー反応かもしれませんが、本当に理解に苦しみます。

 実は今年(2014年)になって大きな転機が訪れました。

 小西美術は3年前から国産漆使用拡大を訴え続けてきましたが、幸運にも多くの方の協力を得て、下村博文文部科学大臣に、文化財に使用する漆の国産化のレポートを見せる機会が得られました。

 大臣はレポートを読み、「このような問題があるとは知らなかった。来年4月から国産の使用を増やしましょう」と言ってくださいました。

 最終工程である中塗り、上塗りに国産漆を使用することが決まりました。
 年間4700万円程度の負担増となります。
 小さい金額ですが年間1トンしか作っていなかった人たちにとっては大きな需要となります。

 文化庁などの体制が整いつつありますが、最後は財務省が予算を増やすかどうかにかかっています。

 文化財に関わる会社、職人の減少は深刻です。
 国産の膠(にかわ)は、作っていた会社がすべて廃業しました。
 近々、水銀朱(水銀でできた赤い顔料)もなくなると聞きました。
 漆もこのまま放っておけば、同じ運命を辿ることになります。

 国産漆がなくなり、中国が「日本には輸出しない」と言った場合、日本国宝・重要文化財はどうなるのでしょうか。


 このようにアトキンソンさんらが動いてくれたことで、国産漆に関しては少し光明が見えてきたようです。

 でも、それは滅びへの「先延ばし」に過ぎません。
 まとめでは割愛しましたが、漆に関わる職人さんも減少し、厳しい状態が続いているのが現状です。

 国宝や重要文化財を守っていくために、国民一人ひとりがこういう問題があることをまず認識し、そして関係各所に働きかけを行っていく必要があると思います。


○首相官邸へのご意見
 http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html
○文化庁へのご意見
  http://www.bunka.go.jp/voice.html
○自由民主党へのご意見
 http://www.jimin.jp/voice/



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。





okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 歯が心配で夜も眠れません(T_T)

このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-2.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1532-6e64c429

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索