ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

朝日慰安婦訂正「先送り」を金融機関の失敗と同列に扱う池上彰氏

222takesima-8Lsnow.jpg
2月22日は竹島の日。今年は韓国による不法占拠から62年目。
ブログやSNSをされている方、「竹島プロジェクト」にご協力を。
参加表明いただいた方は記事内にリンク貼らせていただきます。


人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

150130-01ikegami.jpg
[画像出典:産経新聞 2015.1.30 10:18

 池上彰氏が1月30日付朝日新聞で連載コラム「池上彰の新聞ななめ読み」を再開しました。

 タイトルは【朝日新聞の失敗 問題先送り、日本企業の典型】

 結論から言うと、ほとんど共感できない内容でした。
 
〈前略〉朝日はなぜ長い間訂正しなかったのか。「朝日が反日だから」などという批判もありました。

 しかし、私はそうは思いません。朝日新聞は、日本の大企業にありがちな、典型的な誤りを犯したのではないかと考えています。それは「問題の先送り」です。ここで私が想起するのは、バブルがはじけた後、不良債権が積み上がるのを見ながら、何もしないで処理を先送りしてきた日本の金融機関の失敗の数々です。

 バブルの最中に土地を担保に融資した資金の多くが、バブル崩壊後に焦げ付きました。担保にしていた不動産を直ちに処分していれば、不良債権処理は、それほど大変なものではなかったはずです。

 しかし、過去の貸し出しを不良債権と認定すると、以前の担当者つまり自分の先輩や上司の判断が間違っていたことを認めることになります。なかなかできることではありません。まして先輩が本社の上層部にまで出世していたら、自分の出世に響きます。

 その結果、多くの不良債権が処理されないまま、先送りされてきました。その間に、担保になっていた不動産価格は下落。不良債権の額は増大。結局、経営破綻(はたん)する金融機関が相次ぎました。

 各金融機関の歴代トップは、「自分の在任中にさえ問題が起きなければ、それでいい」と、先送りを続けたのです。

 朝日新聞も、問題先送りを続けてきたのではないか。朝鮮半島での強制連行の証言を報道した後、これを否定する他社の報道があったにもかかわらず、事実関係の検証をしませんでした。

 その間に、日韓関係は悪化。安倍政権が誕生して、朝日新聞の報道姿勢に批判を強めると、朝日としても、いつまでも知らん顔はできず、遂(つい)に過去の誤報の検証に踏み切りました。

 一口に不良債権といっても、融資先の経営状態によって「破綻先」「破綻懸念先」「要注意先」など各種に分けられ、対応策が異なります。実際には「破綻先」でも、「要注意先」に区分するなど、現実を直視しない対応が続き、経営の悪化を招きました。

 朝日新聞の対応も、同じようなものではなかったのか。そう考えると、朝日の失敗は、典型的な日本的企業の失敗と言えるのではないか。朝日新聞は過去に金融機関の問題先送り体質を批判してきました。自社もまた同じだった。この自覚と反省から再生への取り組みをすべきではないかと思えるのです。

 池上彰氏の主張をまとめると、朝日の慰安婦記事訂正が遅れたのは、日本の大企業にありがちな、「先送り」という典型的な誤りであると。

 もちろんその側面も大きいとは思います。

 でも、【朝日はなぜ長い間訂正しなかったのか。「朝日が反日だから」などという批判もありました。しかし、私はそうは思いません】という意見には全く賛同できません。

 朝日の「反日」こそが、「先送り」の主原因になったと私は思います。

150130-02daisansha.jpg
[画像出典:産経新聞 2014.12.22 17:54

 私は池上氏のこのコラムを読む直前、たまたま「WiLL」2015年3月号の田原総一朗氏の記事を読んでいました。

 皆様ご存知のように、田原氏は朝日新聞の慰安婦報道について検証した「第三者委員会」のメンバーです。

 田原氏は私から見ればリベラルだし、しかも少国民世代独特の感性みたいなものも感じます。

 だから普段発言を聞いていても「え?」と思うことが多いのですが、「WiLL」2015年3月号の論説に限って言えば、池上氏のコラムへの反論になり得る部分が多数含まれています。

 まず、田原氏は朝日の記者たちをヒアリングして特に強く感じたこととして、「中国や韓国に対する贖罪意識の強さ」を真っ先に挙げています。

 次に田原氏が挙げているのは、朝日がエリート集団であり、「プライドが高く、過ちや失敗を認めても謝罪することができない」という点です。

 これは池上氏が指摘した金融機関の例と少しは重なるかもしれません。

 ただ、朝日は組織の構造的な問題として、それら金融機関あるいは他の一般企業とは全く異質なものを抱えています。

 それが「大阪社会部と東京政治部の対立構造」であり、田原氏もそこに注目しています。

 大阪には政治部はないものの、朝日新聞はもともとは大阪から生まれたので、大阪の社会部は自分たちこそが本家本流だと考えています。

 しかし東京政治部にしてみれば、日本の政治を報じている自分たちこそが本流だと思っています。

 その対立が顕著に表れたのが、1997年3月31日付朝刊の【従軍慰安婦、消せない事実 政府や軍の深い関与明白】という特集記事だったと、田原氏は指摘します。

 東京政治部は、吉田清治の証言が嘘だと分かったのだからこのままにはしておくにはいかない、総括しようと考え、この特集記事を組むべきだと主張しました。

 ところが大阪社会部は、「従軍慰安婦」という見出しにはなったものの、吉田清治問題を総括するための記事だとは考えておらず、いわゆる歴史教科書問題について総括するための記事だと考えていました。

 それでもこの時、朝日は吉田清治を取材しようとしたのですが、驚くべきことに誰も吉田の連絡先を知らなかったのだそうです。

 16回も記事に取り上げておきながら、朝日には吉田の担当記者がいなかったのです。


[画像出典:2014年8月8日放送「ミヤネ屋」

 池上氏がコラムで例に挙げている金融機関の不良債権問題は、責任者がある程度はっきりしています。
 だからこそ責任逃れのための「先送り」がされた。
 少なくとも池上氏はその前提で書いています。

 しかし朝日の場合はそうではありません。
 担当記者がいない=責任者が不在ということです。

 もうひとつ朝日が金融機関などと違っているのは、問題が明るみに出た後も知らんぷりし、32年間も訂正しなかったことです。

 秦郁彦氏の現地(済州島)調査などにより吉田証言に信憑性がないと世間に知られた後も、朝日は吉田の記事を掲載し、現地へ取材に行くなどの対応をとることもないまま、吉田証言の取り扱いを減らしていくという消極的な対応に終始しました。

 朝日が金融機関などと違う点はまだあって、朝日は昨年8月5日と6日の慰安婦検証記事で訂正はしたものの、謝罪はしませんでした。

 これについては、大方の読者が感じたように、田原氏も「(朝日は)明らかに加害者なのに、まるで自分たちも吉田清治に騙されていた被害者のような捉え方になっている。加害者意識が抜け落ちているのだ」と指摘しています。

 実は、田原氏によれば、「ここで謝ったら、読売や産経にこれでもかと攻撃されてしまうから」謝罪はしなかったのだと、ヒアリングで木村社長(当時)自身が語っていたそうです。

 9月11日になって木村社長はやっと謝罪しましたが、それは「記事が間違いだったと認めたのになぜ謝罪しないのか」と読者に批判されたからであり(決して読売や朝日に批判されたからではない)、しかも福島第一原発の吉田所長調書報道の取消・謝罪会見の中での、ついでのような謝り方でした。

140911asahi.jpg
[クリックすると新規画面で拡大されます]

 また池上氏は、金融機関の歴代トップと同じように、朝日の歴代トップも「自分の在任中にさえ問題が起きなければ、それでいい」という理由だけで「先送り」を続けたと考えているようですが、朝日の本質を全く見ていない。

 朝日には社是として「反日」があります。
 もちろんそんなこと朝日自身は認めていませんが。

 しかし、朝日が慰安婦問題だけでなく「南京事件」や靖国参拝その他もろもろ、先の戦争に絡む問題は全て日本が悪いという立場であり、日本は中韓に譲歩すべきだという報道を繰り返していることは、万人の認めるところでしょう。

 つまり、朝日の「先送り」は、

「吉田清治証言が嘘だとしても、それは枝葉の問題だ。全体で見れば日本が悪いんだから、わざわざその枝葉に言及して、自社(と中韓)を不利な立場に持って行く必要はない」

 という考え方が根っこにあったうえでのものであり、金融機関の「先送り」とは全く異質のものです。

 実際、8月5日の杉浦信之編集担当(当時)は、はっきりこう主張していました。

【戦時中、日本軍兵士らの性の相手を強いられた女性がいた事実を消すことはできません。慰安婦として自由を奪われ、女性としての尊厳を踏みにじられたことが問題の本質なのです】

 第三者委員会報告書で岡本行夫委員はこう指摘しました。

「当委員会のヒアリングを含め、何人もの朝日社員から『角度をつける』という言葉を聞いた」
「出来事には朝日新聞の方向性に沿うように『角度』がつけられて報道される。慰安婦問題だけではない。原発、防衛・日米安保、集団的自衛権、秘密保護、増税、等々」
『物事の価値と意味は自分で決める』という思いが強すぎないか」
「ほかにも『角度』をつけ過ぎて事実を正確に伝えない多くの記事がある。再出発のために深く考え直してもらいたい。新聞社は運動体ではない


 しかし、朝日はその後も「角度」をつけて、「日本が悪い」と主張し続けています。
 (一例:1月22日社説【「慰安婦」記述―事実をなぜ削るのか】


 田原氏の記事も含め、ここまで書いた内容のうち多くの部分は、昨年12月22日に出された第三者委員会報告書の中でも触れられています。

 池上彰氏は報告書を読んだうえで、コラムを書いたのでしょうか?

 池上氏が、このように特異な体質を持つ朝日新聞という大メディアを、日本の他の大企業と同列に扱ってしまっていることに、大きな違和感を覚えます。

 朝日の今回の不祥事は、金融機関の不良債権の問題とは次元が違います。

 朝日の「先送り」が日本国と日本国民の名誉をどれだけ汚したか。
 まずそこに思いを致すべきではないでしょうか。






※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。


※拙ブログ関連エントリー(慰安婦問題(厳選))
・(旧ブログ)06/3/4付:朝日はいつまで「元慰安婦」を利用するの?(李玉善氏と金君子氏の証言の変遷)
・(旧ブログ)06/3/19付:米連邦最高裁判所が「慰安婦」にNO!
07/2/22付:「報道2001」慰安婦問題ホンダ議員生出演
07/3/17付:【資料】慰安婦問題おさらい10問10答
07/3/19付:「たかじん」慰安婦問題(全文テキスト)
07/3/27付:「WiLL」慰安婦問題特集
07/4/9付:元慰安婦「李容洙」証言の矛盾
07/6/30付:慰安婦問題「寝た子を起こすな」でいいの?
11/12/12付:「従軍慰安婦」は朝日新聞の捏造です
12/6/2付:「慰安婦博物館」に寄付した日本の団体&韓国人の慰安婦への認識の変遷
12/8/27付:慰安婦問題まとめ2012
12/9/24付:「Nスペ 領土で揺れる日中・日韓」第二部韓国 櫻井よしこさん発言集
13/3/8付:中山成彬議員が衆院予算委で日本の真の朝鮮統治(インフラ整備、創氏改名、慰安婦など)を語ってくれました
13/4/10付:西川京子さんが衆院予算委で「従軍慰安婦」「南京大虐殺」の虚構と自虐史観に侵された入試問題について語ってくれました(中山成彬さん質疑まとめ付き)
13/5/25付:【文字起こし】面談ドタキャンで元慰安婦支援団体会見
13/5/27付:「たかじん委員会」慰安婦は当時必要だった?日本占領下の米軍の実態とは?韓国人教授が語った慰安婦の実態とは?
13/6/8付:韓国人が告発した韓国軍慰安婦の実態
13/6/15付:三輪宗弘先生の「大韓民国の物語」書評で改めて見えた韓国の民族主義と李栄薫教授の苦悩
13/7/27付:慰安婦強制連行があったのなら、なぜ朝鮮人男性は反乱も起こさず黙っていたのか
13/8/6付:【拡散】米ブエナパーク市の慰安婦像設置を阻止しよう!負の連鎖をここで断ち切ろう!
13/8/10付:【これはひどい】慰安所従業員日記を発見した安秉直ソウル大名誉教授の“手柄”を高麗大学韓国史研究所の朴漢竜研究教授が横取り!?
13/8/26付:慰安婦捏造漫画「恨の足跡」責められるべきは漫画家ではなく出版社
13/9/21付:慰安婦シンポで「韓国人売春婦6万人も救済を」に吉見教授「大きな問題ですので余力があれば…」
13/10/12付:韓国系・支那系による日本人いじめの実態…在米日本人主婦らの証言
13/10/16付:河野談話の根拠崩れる!元慰安婦のずさんな聞き取り調査報告書を産経が入手
13/11/9付:元慰安婦16人の証言を西岡力氏が分析!証言のいい加減さと日本政府の調査のずさんさが改めて浮き彫りに
13/11/23付:韓国の諺と小説に「慰安婦=売春婦」の重大ヒント&宮古島慰安婦碑の真相
13/12/21付:続・韓国軍によるベトナム民間人虐殺問題「SAPIO」13年1月号(ライダイハン)
14/1/28付:「アンカー」有本香さんがNHK会長を慰安婦問題で質問攻めにした朝日新聞を批判
14/2/1付:ミヤネ屋で籾井会長の慰安婦発言を批判した元NHK職員の正体…Tweetまとめ14.01.16~14.01.31
14/2/3付:韓国「慰安婦漫画」仏の国際漫画祭で日本側が冷遇された本当の理由?
14/2/14付:NHKワールドの慰安婦解説が河野談話より酷い件
14/2/18付:売春大国韓国<反日慰安婦プロパガンダ の欺瞞
14/2/21付:【署名】河野談話見直しを求める国民運動署名【拡散】
14/4/26付:NHK 時論公論「在米韓国ロビーと慰安婦問題」日系の苦悩を完全スルー!出石直氏の偏向解説アーカイブ
14/2/27付:「アンカー」なぜ中韓はいま日本叩きか&河野談話めぐる石原証言の意味と自民が河野洋平を国会に呼びたくない理由
14/3/29付:河野談話見直し署名、締切までわずか!
14/6/2付:慰安婦問題で火付け役を自負する高橋喜久江…Tweetまとめ14.05.16~14.05.31
14/6/21付:河野談話作成過程の検証結果が出た!談話の“無力化”に向け一歩前進です
14/6/26付:「アンカー」河野談話検証報告書から見える慰安婦問題の真実 『見直さない』の真意は? 抜け落ちた『慰安婦は身売り』 独立記念館は捏造だらけ
14/7/1付:米軍慰安婦訴訟は日本にとって吉か凶か…Tweetまとめ14.06.16~14.06.30
14/7/7付:慰安婦強制連行の虚構と元朝日記者の耳を疑う弁解「間違いに気づいていたが…」
14/7/12付:欧米で理解されない慰安婦強制連行の虚構…JAPAN EXPOに今年も韓国ブース…民間有志が国連へ!
14/8/2付:戸塚悦朗は「慰安婦=性奴隷」の生みの親…Tweetまとめ14.07.15~14.07.31

※拙ブログ関連エントリー(朝日慰安婦検証報道以降)
14/8/5付:朝日新聞が慰安婦報道で長~い言い訳。国際問題化させてしまった責任をまるで感じていない。
14/8/7付:「アンカー」朝日慰安婦報道を徹底批判&安倍政権8つの課題&舛添知事の狙いは五輪の日中韓共催?&韓国の恥ずかしい像
14/8/9付:「ミヤネ屋」朝日慰安婦検証報道 西岡力さん徹底解説!朝日は記事を英文サイトに載せろ!&植村報道の2カ月後に“挺身隊”と“慰安婦”の混同を把握
14/8/16付:朝日新聞の逃亡を許すな!慰安婦検証報道その後…Tweetまとめ14.08.01~14.08.15
14/8/18付:朝日の「吉田調書」虚報を産経が指摘!門田隆将氏「慰安婦報道と全く同じ図式」
14/8/23付:朝日の英語版慰安婦検証記事は人目につかない場所に埋めてある
14/9/11付:朝日が会見で吉田調書と慰安婦の虚報を謝罪(但し国民には謝ってない)&「報ステ」朝日慰安婦検証特集
14/9/13付:「ミヤネ屋」門田隆将さん西岡力さんが出演!朝日の吉田調書&慰安婦虚報を批判
14/9/16付:朝日は在米日本人の人権はどうでもいいらしい…Tweetまとめ14.09.01~14.09.15
14/9/18付:「アンカー」朝日新聞“誤報”と“謝罪”の真相&スコットランド独立なら世界が変わる国連も変わる!?
14/9/26付:「朝生」朝日と慰安婦問題…青木理がズレまくり
14/10/4付:植村よ義母の“復帰”に何思う?Tweetまとめ14.09.15~14.09.30
14/10/6付:西野瑠美子「慰安婦の強制連行があったことは否定できない」
14/10/17付:クマラスワミ報告撤回要請は大事な戦いの始まり!「ザ・ボイス」より
14/11/3付:『性奴隷』論を完全論破!今後の日本の戦い方は? 「ひと目でわかる『慰安婦問題』の真実」より
14/11/8付:日本側当事者の証言から見る慰安婦問題 「正論」12月号より
14/11/24付:下村満子さん、慰安婦問題を複雑にしている挺対協の暴露会見をお願いします。
14/12/6付:新社長になっても「反日ありき」が続く限り朝日は変わらない!
15/1/5付:「逃げたとは書いていない」「強制連行とは書いていない」朝日知識人の騙しの論理!「WiLL」2月号より
15/1/10付:植村隆元朝日記者が文春と西岡力氏を提訴!茶番の外国特派員協会記者会見と提訴報告集会

このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-4.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1527-1337ec9b

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索