ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

国旗・国歌、混乱させてるのは教師の方です

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

 「お気楽くっくり」を更新しました。今回の主役は宮崎哲弥さん。
 ♪どうしてテッちゃん なぜだかテッちゃん へんだな へんだな テッちゃん♪
 (↑元歌知ってる人はかなりの年齢(^_^;)

 今日は表題1本で、細切れぼやきは無し。

 9/21付エントリー(1コ前のエントリー)の細切れぼやきで、ちょこっと触れたこのニュース……国旗・国歌義務化は違法 都教委通達、思想良心の自由侵害 東京地裁判決

 各紙社説が来ていますので、紹介&ツッコミ入れさせていただきます。
 産経・読売VS朝日・中日(東京) という図式になってます。
 毎日と日経はなし。日経はともかく毎日は何で?(←エントリーの一番下に追記)
朝日社説9/22:国旗・国歌 「強制は違憲」の重み
 教育は、不当な支配に服することなく、国民全体に対し直接に責任を負つて行われるべきものである——。
 学校教育が軍国主義の支えになった戦前の反省から、戦後にできた教育基本法はこう定めている。
 この「不当な支配」に当たるとして、国旗掲揚や国歌斉唱をめぐる東京都教育委員会の通達や指導が、東京地裁で違法とされた。
 都教委は都立高校の校長らに対し、卒業式などで教職員を国旗に向かって起立させ、国歌を斉唱させよと命じた。処分を振りかざして起立させ、斉唱させるのは、思想・良心の自由を侵害して違憲であり、「不当な支配」に当たる。それが判決の論理だ。
 教育委員会の指導を「不当な支配」と指摘した判断は昨年、福岡地裁でも示された。その一方で、公務員の仕事の公共性を考慮すれば命令に従うべきだという判断も東京高裁などで出ており、裁判所の考え方は分かれている。
 私たちはこれまで社説で、「処分をしてまで国旗や国歌を強制するのは行き過ぎだ」と批判してきた。今回の判決は高く評価できるものであり、こうした司法判断の流れを支持する。
 日の丸や君が代はかつて軍国主義の精神的支柱として利用された。いまだにだれもが素直に受け入れられるものにはなっていない。教職員は式を妨害したりするのは許されないが、自らの思想や良心の自由に基づいて国旗掲揚や国歌斉唱を拒む自由を持っている。判決はこのように指摘した。
 判決は「掲揚や斉唱の方法まで細かく定めた通達や指導は、現場に裁量を許さず、強制するものだ」と批判した。そのうえで、「教職員は、違法な通達に基づく校長の命令に従う義務はなく、都教委はいかなる処分もしてはならない」とくぎを刺した。原告の精神的苦痛に対する賠償まで都に命じた。
 都教委の通達が出てから、東京の都立学校では、ぎすぎすした息苦しい卒業式が続いてきた。
 だが、都教委は強硬になるばかりだ。今春も生徒への「適正な指導」を徹底させる通達を新たに出した。生徒が起立しなければ、教師が処分されかねない。
 通達と職務命令で教師をがんじがらめにする。 いわば教師を人質にして、生徒もむりやり従わせる。 そんなやり方は、今回の判決で指摘されるまでもなく、学校にふさわしいものではない。
 「不当な支配」と指摘された都教委は率直に反省しなければならない。国旗や国歌に関する通達を撤回すべきだ。これまでの処分も見直す必要がある。
 卒業式などで都教委と同じような職務命令を校長に出させている教育委員会はほかにもある。
 国旗や国歌は国民に強制するのではなく、自然のうちに定着させるというのが国旗・国歌法の趣旨だ。そう指摘した今回の判決に耳を傾けてもらいたい。

 「自然のうちに定着させる」ってね、教師の側に定着させようという気持ちがないのに、どうやって定着させるというのか。無茶言わんといてほしいわ(-.-#)
 このあたり、読売社説が的確なツッコミを入れてくれてるので後ほど紹介。その箇所、赤字強調しときますんで(^_^;

 今回の判決に味をしめて、式を妨害する輩がまたゾロ出てくるかもしれません。今まで朝日はそういう輩を庇護してきましたが(*1)、今後は批判する側に回るってことでOK??
 だって、「教職員は式を妨害したりするのは許されないが、自らの思想や良心の自由に基づいて国旗掲揚や国歌斉唱を拒む自由を持っている」とした今回の判決を、朝日社説は「高く評価できるものであり、こうした司法判断の流れを支持する」と言ってるわけだから。

(*1) 朝日は今年5/31付社説で、卒業式を妨害して罰金刑の有罪判決を言い渡された元教師を、「元教師の行為は批判されてしかるべきだ。しかし、だからといって、暴力を振るったわけではなく、起訴して刑事罰を科さなければならないほどの悪質な行為だったとは思えない」と庇ってます(社説全文はこちら)。


天声人語9/22
 「TOKYO 1964」の文字と五輪マークの上に、大きな日の丸が浮かんでいる。故・亀倉雄策さんのデザインによる東京オリンピックのポスターだ。
 白地に真っ赤なまん丸。このくっきりとした日の丸の意匠の持つ力強さを、十二分に引き出した名作だ。オリンピックに限らず、様々な競技会で掲げられる日の丸は、しばしば感動を呼び起こし、人々の心をつないできた。
 君が代も、表彰台の場面ではあまり抵抗なく聞く人が少なくないだろう。しかし、日の丸に向かって立ち、君が代を歌い、あるいはピアノで伴奏することが義務だとしたら話は違ってくる。
 卒業式や入学式で、国旗に向かって起立しなかったり、国歌斉唱を拒否したりした東京都立学校の教職員が大量処分を受けたことをめぐる訴訟の判決が出た。東京地裁は、違反した場合に処分することを定めた03年の都教委の通達は「少数者の思想、良心の自由を侵害し、違法」とした。都側は、判決の趣旨をよくくんでほしい。
 表彰台の日の丸を見て起こる感動は、今そこに上がりつつある旗そのものから来るのだろうか。選手の努力、支えた人々、そして力を尽くして競い合った世界の選手たちへの敬意などが重なり合って生まれてくるはずだ。感情が自然にわき起こるからこそ、日の丸も君が代も共鳴する。
 入学式や卒業式でも、国旗や国歌が感動を呼び起こすことはあるだろう。しかし、起立や斉唱を強制することには無理がある。生徒や、式に立ち会うひとりひとりの心の中にはためくものを大切にしてゆきたい。

 「義務だとしたら」じゃなく、「義務です」。少なくとも教師にとっては。

「国旗・国歌」反対強制一問一答集1より引用
Q8. ピアノ演奏・起立・斉唱などの職務命令が出たらどうしたらよいか
 卒業式・入学式は学習指導要領では学校行事として位置づけられています.その中で「指導するものとする」と明文化されていますので,当然ながら職務命令があってもなくても,「指導しなければならない」のです.学習指導要領には,それ以外にも,「かけ算九九」,「漢字の書き取り」,「英語の単語等」具体的に指導内容が示されています.個々の勝手な判断で,学習指導要領を逸脱しても良いということになると,学校教育そのものが崩壊してしまいます.教員を続けるか否かをまず考えた方がよいでしょう.

 「国旗・国歌」反対強制一問一答集は4まであります。この問題を考える上で参考になりますので、是非お読み下さい。


中日(東京)社説9/22: 「押しつけ」への戒めだ 国旗国歌判決
 入学式などで日の丸に起立せず、君が代を歌わない自由も認められる。東京地裁は教員らが起こした訴訟で明確に述べた。これまで「強制」と「処分」を繰り返してきた都教育委員会への戒めだ。
 そこまでしなくても…と、都教委のやり方に対して感じていた人々も多かったのではないか。
 「都教委の一連の指導は、教育基本法一〇条(行政権力の不当介入の排除)に反し、憲法一九条の思想・良心の自由に対し、制約の範囲を超えている」
 そう述べた東京地裁の判断は、「都教委の行き過ぎ」を指摘する画期的な内容だったといえる。
 なにしろ、入学式や卒業式で、日の丸に起立せず、君が代を歌わなかった教員らへの処分は強引だった。
 二〇〇三年十月に都教委は、「校長の職務命令に従わない場合は、服務上の責任を問われる」という趣旨の通達を出した。それに基づき、〇四年春には、都立高校や都立盲・ろう・養護学校などの教員ら約二百五十人を戒告や減給処分にした。
 さらに同年五月にも六十七人を厳重注意している。処分は毎年続き、〇五年春は六十三人、今年春にも三十八人の処分を数えている。
 今回の訴訟で原告数が約四百人に上っていることにも、その“異様さ”がうかがえる。
 君が代処分をめぐっては、昨年四月に福岡地裁が「減給処分は違法」という判断を出した。一方で、君が代のピアノ伴奏を拒否した東京都日野市立小学校の音楽教師の場合は、一、二審とも音楽教師側が敗訴した。判断の分かれる問題だっただけに、今回の裁判は注目されてきた。
 その判決は「日の丸・君が代が軍国主義思想の精神的な支柱だったことは歴史的事実」と踏み込んだ。その点については、多様な意見はあろうが、「国歌斉唱などに反対する世界観や主張を持つ人の思想・良心の自由は、憲法上、保護に値する権利」としたのは理解できる。
 サッカーやオリンピックで日の丸の旗を振り、君が代を口ずさむのは、誰に強制されたわけでもない。国旗とか国歌とは、もっとおおらかに考えていいのではないか。
 問題とされたのは一律の「押しつけ」だ。一九九九年の国旗国歌法の成立時に、小渕恵三首相もわざわざ「新たに義務を課すものではない」という談話を発表していた。
 それにもかかわらず、都教委が「強制」を繰り返すことへ、司法がストップをかけたのである。都教委は判決を厳粛に受け止め、これまでの高圧的な姿勢を改めるべきだ。

 中日新聞ですら、「『日の丸・君が代が軍国主義思想の精神的な支柱だったことは歴史的事実』については多様な意見はあろうが……」と書いてる。
 難波孝一裁判長ってよっぽど偏った人なんだな、というのが分かる。


読売社説9/22:[国旗・国歌訴訟]「認識も論理もおかしな地裁判決」
 日の丸・君が代を教師に義務づけた東京都教委の通達と校長の職務命令は違法——東京地裁がそんな判断を示した。
 教師には、そうした通達・命令に従う義務はない、国旗に向かって起立しなかったり、国歌を斉唱しなかったとしても、処分されるべきではない、と判決は言う。
 都立の高校・養護学校教師、元教師らが、日の丸・君が代の強制は「思想・良心の自由の侵害だ」と訴えていた。
 学習指導要領は、入学式などで「国旗を掲揚し、国歌を斉唱するよう指導するものとする」と規定している。判決は、これを教師の起立・斉唱などを義務づけたものとまでは言えない、とした。
 しかし、「指導」がなくていいのだろうか。不起立で自らの主義、主張を体現していた原告教師らは、指導と全く相反する行為をしていたと言えるだろう。
 判決は、「式典での国旗掲揚、国歌斉唱は有意義なものだ」「生徒らに国旗・国歌に対する正しい認識を持たせ、尊重する態度を育てることは重要」と言っている。だが、こうした教師たちのいる式典で、「尊重する態度」が生徒たちに育(はぐく)まれるだろうか。
 教師らの行動に対する認識も、甘すぎるのではないか。「式典の妨害行為ではないし、生徒らに国歌斉唱の拒否をあおる恐れもない。教育目標を阻害する恐れもない」と、判決は言う。
 そもそも、日の丸・君が代に対する判決の考え方にも首をかしげざるをえない。「宗教的、政治的にみて中立的価値のものとは認められない」という。
 そうだろうか。各種世論調査を見ても、すでに国民の間に定着し、大多数の支持を得ている。
 高校野球の甲子園大会でも国旗が掲げられ、国歌が斉唱される。サッカー・ワールドカップでも、日本選手が日の丸に向かい、君が代を口ずさんでいた。
 どの国の国旗・国歌であれ、セレモニーなどの場では自国、他国を問わず敬意を表するのは当然の国際的マナーだ。
 「入学式や卒業式は、生徒に厳粛で清新な気分を味わわせ、集団への所属感を深めさせる貴重な機会だ」。判決は結論部分でこう述べている。
 それにもかかわらず、こうした判決に至ったのは、「少数者の思想・良心の自由」を過大評価したせいだろう。
 逆に、都の通達や校長の職務命令の「行き過ぎ」が強調され、原告教師らの行動が生徒らに与える影響が過小に評価されている。
 今後の入学式、卒業式運営にも影響の出かねない、おかしな判決だ。
(2006年9月22日9時21分 読売新聞)

 読売GJ!
 こんな教師らに大きな顔をさせて、どうやって「国旗や国歌を自然のうちに定着」できると言うんですか。朝日さん。


産経社説9/22:君が代訴訟 公教育が成り立たぬ判決
 都立高校の卒業、入学式に向け、教職員に国歌斉唱などを義務付けた都教委の通達をめぐり、東京地裁はこれを違法と判断し、都に賠償を命じた。これでは、公教育が成り立たない。
 判決によれば、「国旗と国歌は強制ではなく、自然に国民に定着させるのが国旗国歌法や学習指導要領の趣旨だ」としたうえで、「それを強制する都教委の通達や校長への職務命令は、思想良心の自由を侵害する」とした。さらに「都教委はいかなる処分もしてはならない」とまで言い切った。
 国旗国歌法は7年前、広島県の校長が国歌斉唱などに反対する教職員組合の抵抗に悩んで自殺した悲劇を繰り返さないために制定された。当時の国会審議で、児童生徒の口をこじあけてまで国歌斉唱を強制してはならないとされたが、教師には国旗・国歌の指導義務があることも確認された。指導要領も教師の指導義務をうたっている。
 東京地裁の判決は、こうした審議経過や指導要領の趣旨を十分に踏まえたものとはいえない。もちろん思想良心の自由は憲法で保障された大切な理念であるが、教育現場においては、教師は指導要領などに定められたルールを守らなければならない。その行動は一定の制約を受けるのである。
 従って、都教委が行った処分は当然である。東京地裁がいうように、いかなる処分も行えないことになれば、教育現場が再び、混乱に陥ることは確実だ。広島県で起きた悲劇が繰り返されないともかぎらない。
 裁判長は「日の丸、君が代は、第二次大戦が終わるまで、軍国主義思想の精神的支柱だった」とも述べ、それに反対する権利は公共の福祉に反しない限り保護されるべきだとした。これは一部の過激な教師集団が国旗・国歌に反対してきた理由とほとんど同じだ。裁判所がここまで国旗・国歌を冒涜(ぼうとく)していいのか、極めて疑問である。
 自民党新総裁に選ばれた安倍晋三氏は「公教育の再生」を憲法改正と並ぶ大きな目標に掲げている。そのような時期に、それに水を差す判決が出されたことは残念である。小泉純一郎首相は「人間として国旗・国歌に敬意を表するのは法律以前の問題だ」と語った。各学校はこの判決に惑わされず、毅然(きぜん)とした指導を続けてほしい。

 産経、超GJ!特に赤字強調した箇所。
 当たり前の指摘なんですが、当たり前のことを当たり前にできないアホ教師たちって一体……。
 安倍さんは教育基本法改正に意欲を示してるけど、これはもう何としても頑張ってやっていただかないと。


産経抄9/22
 もう十数年も前の話だが、大阪市の鶴見緑地で開かれた国際花と緑の博覧会の開会式でのこと。君が代斉唱でほとんどの出席者が起立する中、座ったままの一角があった。
 ▼記者席である。事件が起きて、その場から一刻も早く記事を送らねばならない状況ではなかったのに、起立した日本人の記者は小欄を含めてたった3人。外国人記者が座ったままの記者たちを物珍しげにながめていたのを今も思いだす。
 ▼国歌斉唱を座って無視するのが、インテリ風でカッコイイと勘違いしているヒトは今でもいる。「日の丸・君が代は侵略戦争のシンボルで戦前を思いださせる」という屁理屈(へりくつ)を学校で吹き込まれた悪影響は大きい。
 ▼平成11年に国旗国歌法が成立し、入学式や卒業式に日の丸を掲揚、起立して君が代を斉唱する学校は目に見えて増えた。だが、それを気にいらない教師たちが「国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する義務はない」と訴え出て、きのう1審で勝訴した。
 ▼驚いたのは、難波孝一裁判長が日の丸、君が代を「皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱だった」と断じ、「現在も宗教的、政治的にその価値が中立的なものと認められるまでには至っていない」とのたまったことだ。常識のない裁判官にかかれば、白も黒になる。高裁ではまともな裁判官に担当してもらいたい。
 ▼それにしても自分の国の国旗や国歌が嫌いで訴訟までするセンセイが都内に400人以上いるとは驚きだ。教育委員会は懲戒処分にした教師や勤め先の学校名をどんどん公開してほしい。主義主張のはっきりしている彼ら彼女らも望むところではないだろうか。教師にも「思想良心の自由」はあるだろうが、生徒にはまともな教育を受ける権利がある。

 最後の一文は、まさに私が体験的に一番強調したいことです。

9/21付エントリー(細切れぼやき)から私の文章再掲。
 前にも書きましたが、和歌山市で育った私は小・中・高の12年間(いずれも公立)、学校で一度も国歌を習ったこともなければ、歌ったこともありません。
 だから大阪育ちの夫から「俺は学校で国歌を習ったし、行事でも普通に歌ってたよ」と聞かされた時は、ものすごく驚きました。
 今さら言っても仕方ないんでしょうが、教育の権利を奪われたような気がして、腹が立つやら悲しいやらで複雑な気分です。

9/21付エントリーにいただいたコメントから抜粋引用
私は(前にも書かせて頂きましたが)くっくりさんのご主人と同じ大阪出身…
小中高と国歌斉唱しましたし、国旗掲揚もありました。
小学校の授業で、君が代の歌詞の意味も教わりましたし…
そういった「自分の国」を認識して判断する機会を子供達から奪うかのような判決には、まったく同意できません。
まます | 2006/09/22 09:06 AM

それにしても、学校での国歌斉唱は地域によって、対応が随分違うのですね。小〜高までは名古屋でしたが、国歌はしっかり歌わされました。特に小学校の時は、大きな声で歌わないと叱られ、ちょっとウンザリしたこともありましたが、「君が代」を嫌いになったことはないです。
国旗国歌を軽んじ、憎悪する人たちがいる国は、世界中を探しても日本だけではないでしょうか。日本は異常だ・・・
なつなつ | 2006/09/22 09:12 AM

 教師が普段から授業で君が代、日の丸の由来や意義についてちゃんと教えていれば、生徒は卒業式で自然に起立するでしょうし、自然に歌うことでしょう。
 良いも悪いもない。礼儀や道徳を教えるのといっしょです。
 「授業に遅刻しないようにしましょう」「授業の始まりと終わりの時には起立して礼をしましょう」「国歌は起立して斉唱しましょう」……これらは同レベルで教えられるべきです。

 竹村健一氏はよく「日本の常識は世界の非常識」と言いますが、国旗・国歌にもそれが当てはまりますよね。
 公立学校の教職員が自国の国旗・国歌をないがしろにし、その上テレビで顔さらしても平気でいられる(むしろ誇らしげである)国なんて、日本だけじゃないですか?
 確かに戦争中、国旗・国歌はそれなりに役割を果たしたと思いますが、それは日本に限らず、どこの国でも同じではないでしょうか。
 きっと今回の判決は、世界の国々には奇異に映ってると思います。

 国旗・国歌が大嫌いな朝日新聞やサヨク教師も、『世界平和』は大好きなはずです。
 世界の国々と友好的に付き合いたいなら、国際的な儀礼に従うことが必要不可欠です。
 日本の子供たちを世界の人たちと友好的に付き合える人間に育てたいならば、「自国、他国を問わず国旗・国歌には敬意を払わなければならない」という国際的なルールを、教育現場でしっかりと教えるべきではないでしょうか。


 先ほど『報ステ』を見ていましたら、平成16年(2004年)の秋の園遊会における天皇陛下のご発言が流れました。
 米長邦雄氏に対しての、「(学校での国旗・国歌は)やはり、強制になるということではないことが望ましい」というご発言です(朝日新聞04/10/28参照)。
 これぞ天皇の政治利用。

 政治利用みたいなことは私もあまりしたくないけど、いちおう反論という形で紹介しておきます。当時ほとんど報道されなかったように思うので。
 園遊会から約半年後の、平成17年4月25日の天皇陛下のご発言です。

宮内庁サイト>天皇皇后両陛下の外国ご訪問前の記者会見の内容
問5  天皇陛下にお伺いいたします。読売新聞の調査によると学生の過半数は国歌斉唱と国旗掲揚には興味がありません。昨年の秋には天皇陛下ご自身が国歌斉唱と国旗掲揚についてご発言を述べられました。学校でこれらのことを強制的にさせることはどうお考えでしょうか。

天皇陛下  世界の国々が国旗,国歌を持っており,国旗,国歌を重んじることを学校で教えることは大切なことだと思います。
 国旗,国歌は国を象徴するものと考えられ,それらに対する国民の気持ちが大事にされなければなりません。
 オリンピックでは優勝選手が日章旗を持ってウィニングランをする姿が見られます。選手の喜びの表情の中には,強制された姿はありません。国旗,国歌については,国民一人一人の中で考えられていくことが望ましいと考えます。

 「国旗,国歌を重んじることを学校で教えることは大切なことだ」と、陛下ははっきり仰っています。
 その上で、強制される形ではなく、国民一人一人が自然と重んじる形で現れるのが望ましいと、仰っているわけです。

 学校教育には一定の強制力が必要ですが、だからと言って嫌がる生徒に無理やり国歌を斉唱させたりするのは、私も感心はしません。
 が、問題の根っこはその前の段階にあって、つまり、国旗・国歌の重みを教えることを放棄している(あるいは逆の方向に教えている)教師が存在していることが元凶なのです。
 先ほども書いたように、教師が普段の授業で国旗・国歌についてまともに教えていれば、式典で歌うのを嫌がったりする生徒はほとんど出てこないはずなんです。

 朝日社説は、「生徒が起立しなければ、教師が処分されかねない。通達と職務命令で教師をがんじがらめにする。 いわば教師を人質にして、生徒もむりやり従わせる。 そんなやり方は、今回の判決で指摘されるまでもなく、学校にふさわしいものではない」と書いてますが、とんでもない。
 人質にされているのは教師でなく生徒です。教師が己の偏った思想を植え付けて生徒を人質にし、「起立しないと先生が処罰されるから、生徒はいやいや起立せざるをえない」という状況を作り上げているのです。


 社説・コラムへのツッコミはここまで。
 判決から一夜明けた今日(9/22)の動きをまとめときます。

通達取り消し、都知事に求める 「日の丸」訴訟原告団
2006年09月22日12時55分
 卒業式や入学式での日の丸・君が代の強要は違法との東京地裁判決を受け、この訴訟の原告である東京都立高校教員らが22日午前、石原慎太郎都知事と都教育委員会の中村正彦教育長に対し、都教委の通達を取り消し、通達に基づいた過去の処分を撤回するよう申し入れた。また、地裁判決を受け入れ、控訴しないよう求めた。
 都教委は03年10月、教職員が国旗に向かって起立し、国歌を斉唱するよう定める通達を出し、違反すれば停職を含む懲戒処分の対象とした。06年春までに延べ345人が処分されている。

都知事「当然控訴します」“国旗国歌の強制”違憲の地裁判決を受け
【ライブドア・ニュース 09月22日】− 東京都の石原慎太郎知事は22日の定例会見で、国旗国歌をめぐる東京地裁の違憲判決について控訴する意向を示した。
 東京地裁(難波孝一裁判長)は21日、卒業式や入学式などで日の丸に向かって起立し、君が代を斉唱するよう教職員に義務付けた東京都教委の通達について、「憲法が定める思想・良心の自由を侵害する行き過ぎた措置」だとして違憲との判断を示した。
 この日の会見で石原知事は開口一番、「当然控訴します」と発言。ごく平均的な高校を生徒に分からない形で2回視察したという知事は、「あの裁判官は、東京の都立高校の実態を見ているのかどうか。全部が全部とは言わないが、乱れに乱れていて先生の言うことを全然聞かない。授業を受けているのは前列の2列か3列だけ。あとはワイワイ弁当食ったり、勝手なことをしていたよ」と自らの体験を披露した。
 その上で、「そういうものの規律を取り戻すために、ある種の一つの統一行動は必要だ。その一つが式典に応じての国歌・国旗に対する敬意だと思う」との考えを示し、「指導要領でこういうことをしなさいといわれている限り、教師としての義務が生じる。教師というのは子どもに範をたれるのだから、俺はこれが気に入らないでは済まない。指導要領で要求されていることを行わなかったら、教師の義務を怠ったことになり、処分を受けるのは当然だ」と語った。【了】
ライブドア・ニュース 徳永裕介

[国旗国歌訴訟]「裁判起こること信じられない」法相が感想(毎日)
 杉浦正健法相は22日の閣議後会見で「私の地元(愛知県岡崎市)では戦前も戦中も戦後も整然と国旗は掲揚され、国歌は卒業式でも入学式でも歌われている。ああいう裁判が起こること自体がちょっと信じられない思いだ」と述べた。「法相としてではなく、一議員としての感想」としている。
2006年09月22日13時31分

「血塗られても英国は変えぬ」 国旗めぐり法相発言(朝日)
2006年09月22日13時02分
 東京地裁判決を受け、杉浦法相は22日の閣議後の記者会見で、「個人的な一議員としての感想」と強調した上で、英国旗「ユニオンジャック」を例に引き、「『血塗られたユニオンジャック』という表現があるくらいだが、それでも英国民は国旗として変えない。そこを思い起こしてほしい」と話した。判決は、国旗掲揚・国歌斉唱は有意義としながらも、日の丸、君が代が軍国主義思想の精神的支柱だったことに触れ、起立・斉唱拒否に理解を示した。
 杉浦法相は「一部報道では、日の丸・君が代が軍国主義を連想させると言うが、戦争に至った経緯とは関係がない」と話した。

 最後の朝日の記事……。本筋をうっちゃって、「法相のこの発言、失言じゃない?(-@∀@)ねぇ?ねぇ!」って言いたいんでしょうね。

 あと、夜のニュースで、原告側の教職員らが都教育委に対し通達を撤回するよう申し入れてる映像を見ましたが、原告側の一人がこんな発言を。
 「来年3月には卒業式、4月には入学式がある。どうするんですか。また混乱しますよ
 はぁ?混乱させてるのはそっちじゃないですか!

 申し入れが終わった後の記者会見では、別の一人がこんな発言を。
 「控訴は非常識を表すことになるから、やめていただきたい」
 はぁ?非常識はそっちでしょ!いい加減になさい!

 だいたいあんた方、今日の授業はどうしたの?!サボリ?有給?

 学校は誰のもの?教師のもの?いいえ、生徒のものです。
 教師の勝手な思想に振り回されて、一番迷惑を被るのは生徒たちです。
 もし私が東京都民で、子供が都立高校に通ってたとして、その学校にこういうバカ教師どもがいたとしたら、保護者同士でタッグ組んで「こいつらクビにしろ」って申し入れるかも。ほんまそれぐらい腹立ってます(-.-#)


 最後に……あまり関係ないけど、日教組絡みで面白いメルマガを見つけたので、ちょこっと紹介。

頂門の一針  第392号(06/4/11)
日教組に朝鮮総連

横浜市で会社を経営するK.S社長の話である。彼は会社を経営する傍ら愛国心を持ち、歴史にも深い造詣を持つ人だ。
数年前、逗子で行われるはずの櫻井よしこ氏の講演会が日教組の横槍で中止になった経緯がある。K.S社長は櫻井氏の講演会を楽しみにしていただけに、中止に対して不満であった。
彼は早速横浜の日教組に電話を入れ、高橋事務局長に抗議した。彼の質問に答えきれなくなった高橋氏は「今、朝鮮総連の人がいるから代わります」と言った。
朝鮮総連の某氏は従軍慰安婦、創氏改名、強制連行など、「過去の日本が犯した悪徳」をK.S社長に説いた。しかし歴史に詳しいK.S社長の反論に答えられず、今度は「同和の人に代わります」と言った。何故日教組に朝鮮総連や同和の人達がいるのか。K.S社長は驚きを隠せなかったと述懐する。


※拙ブログ関連エントリー
 ・3/16付:朝日新聞の風物詩「国旗・国歌」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【追記】今、毎日のサイト見に行ったら9/23付で来てました。他紙より1日遅れ。何でだろ?社内で意見が割れたんでしょうか?(^_^;

毎日社説9/23:国旗・国歌 「心の自由」を侵害するな
 国旗は式典会場の舞台壇上正面に掲揚する。教職員は国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する。教職員が校長の職務命令に従わない場合、服務上の責任を問われることを周知する−−。卒業式や入学式での国旗掲揚・国歌斉唱について、東京都教育委員会が都立学校長向けにこんな厳格な内容の通達を出し、指導してきたことに対し、東京地裁は違憲・違法とする判決を言い渡した。
 判決は被告の都教委と都に対し、原告の教職員らに国歌斉唱などの義務がないことを確認し、処分禁止と1人3万円の損害賠償も命じた。通達や指導を「強制」ととらえて教育基本法が禁じる「不当な支配」に当たると判断し、「思想良心の自由を侵害し、行き過ぎた措置である」と結論付けた。
 石原慎太郎都知事は控訴することを明言した。しかし、都教委と教職員の争いが長引けば、教育現場は混乱が広がるばかりだ。判決を厳粛に受け止め、事態の収拾を図るべきではないか。
 都教委が通達を出したのは03年10月。それ以降、違反した教職員に対する大量の懲戒処分が行われるようになった。01、02年度はともにゼロだったのに、03年度179人、04年度114人が処分され、いずれも全国で処分を受けたうちの9割以上を占めた。
 文部科学省の調査では、全国の公立小中高校の卒業式や入学式ではここ数年、国旗掲揚率、国歌斉唱率とも100〜99%に達している。教育現場では、国旗掲揚・国歌斉唱が特に混乱もなく行われ、定着してきているといえる。
 一方、都教委は通達に加え、違反した教職員に対し1回目は戒告、2、3回目は減給、4回目は停職と処分を重くし、再発防止研修も受講させるなどの厳しい指導を実施してきた。都教委の通達と指導に基づく突出した大量処分が教職員の不信と反発を招き、逆に混乱を引き起こしている。
 判決は式典での国旗掲揚・国歌斉唱を否定するのではなく、むしろ「生徒に国を愛する心を育てるため有意義だ」と評価している。また、もともと文科省の学習指導要領は掲揚・斉唱を「指導するものとする」と規定し、都教委は学習指導要領を通達の根拠に挙げているが、判決は「教職員は生徒に対して一般的に指導の義務を負い、妨害行為や拒否をあおる行為は許されない」とも指摘している。
 それでも判決は「世界観、主義、主張に基づいて起立、斉唱したくない教職員もいる」として「拒否する自由」を認めた点に大きな特徴がある。憲法が保障する思想良心の自由を最大限に尊重した判決の重みを、関係者は十分にくみとってほしい。
 「国旗、国歌は国民に強制するのでなく、自然のうちに国民の間に定着させるというのが国旗・国歌法の制度趣旨である」。判決はそうも説いている。同法成立当時の小渕恵三首相は「内心にまで立ち至って強制するものではない」と、「心の自由」を尊重する国会答弁をした。教育関係者は原点に立ち返る必要がある。
毎日新聞 2006年9月23日 0時15分


!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


★★★毒吐き@てっくさんが旧宮家復籍キャンペーンフラッシュ作成にあたり、カンパを募集されています★★★
かなり大規模な計画になりそうです。いろんな著名人が噛んでます。これ以上は企業秘密。まだまだカンパ募集中です!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/15-e219b6da
 2006年9月21日、東京地裁で呆れる判決が出た。そこで、今回と次回でこの問題を扱うことにした。  難破難波裁判で日本丸が沈没する  他のブログでも、この裁判長は忘れないぞと何度も名前を出している人がいた
2006/09/25(月) 00:49:33 | 時事評論@和の空間

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索