ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

クマラスワミ報告撤回要請は大事な戦いの始まり!「ザ・ボイス」より

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


120827-06Coomara.jpg

 菅官房長官は16日の記者会見で、慰安婦を強制連行された「性奴隷」と認定した1996年の国連人権委員会の「クマラスワミ報告書」を作成したクマラスワミ氏に直接、日本政府として報告書の一部を撤回するよう求めたことを明らかにしました(産経2014.10.16 20:16)。

 クマラスワミ氏は撤回を拒否しましたが、これは慰安婦問題にとって特筆すべき出来事でしょう。

130626-01aoii.jpg

 同16日のニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」で、青山繁晴さんがこの件でコメントされましたので、書き起こしておきます。

 画像はこちらで用意したものです。
 間投詞(「あの」「その」など)や言い直しもできるだけ再現しました。但し、細かい相づちなどは支障のない範囲でカットしています。

※引用転載はご自由に。連絡不要です。但し誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので、必ずこちらのURLを添えておいて下さい。
画像を利用される方は、直リンクでなく必ずお持ち帰り下さい。当方のサーバーへの負荷軽減のためご協力のほど宜しくお願いいたします。「直リンク」の意味が分からない方はこちらをご覧下さい。現在、直リンクされても画像が表示されない措置をとらせていただいています。



 内容紹介ここから____________________________
141016-01title.jpg

飯田浩司(ニッポン放送アナウンサー)
「『クマラスワミ報告、政府が初めて撤回を求める』。旧日本軍の慰安婦を性奴隷と位置づけた、1996年の国連人権委員会による「クマラスワミ報告」をめぐって新たな展開です。日本政府は報告書をまとめたスリランカ人のクマラスワミさんに対して、内容の一部撤回を要請しました。えー、なお、クマラスワミ氏は、撤回を拒否しております」

青山繁晴
これは、大事な戦いの始まりです

飯田浩司
「はい」

青山繁晴
「えー、クマラスワミ氏が撤回拒否したからといって、やめていいってことではなくて、それ、やるんだったら(やめるんだったら)、この安倍政権が撤回要請したのは、ただの言い訳、やったふりに過ぎません」

141016-03houkoku.jpg

飯田浩司
「はい」

青山繁晴
「で、これは、えー、この朝日新聞が、誤りを一時、いや、一時じゃない、一部、認めたとはいっても、その朝日新聞も、そして、朝日新聞を事実上頼りにしてる韓国も、そしてそういうことに乗っかってしまったこの、スリランカ人のクマラスワミさんも含めて、こういう人たちがやろうとしてるのは話のすり替えです。ついこないだまで、日本軍は強制連行してたからいけないと言ってたのに、今は、いや、全然、それは本質的な問題じゃありませんと、もとから違ってたんです、そうじゃなくて、女性の一般的な人権侵害が問題なんですと、言いつつ、依然として、えー、日本軍に対して、えー、性奴隷を、使ってたと、いうことを、言ってるわけですよね。で、今回やっぱり、その、日本政府が政府として直接、そのクマラスワミ氏に、要請したってこと意味ありますから

141016-02kumara.jpg

飯田浩司
「うーん」

青山繁晴
「こういう、その、誰かのせいにする、あるいは誰かに頼るっていう、今までの、中途半端っていうよりは、はっきり言うとやったふりの、国際世論づくりではなくて、自ら、その、安倍政権、日本政府として、当事者として、直接、要請、交渉していくってことを、ま、これが始まりで、ここから続けていくってことが大事です

141016-04suga.jpg

飯田浩司
「これは、だからクマラスワミさんへのアプローチ以外にも、世界に向けて、広めていくというか、主張していく…」

青山繁晴
「そうでないといけないです。はい。そうでないといけないです。これを、もう一回言いますが、皮切りにしないといけないです

飯田浩司
「うーん」

青山繁晴
「はい」

141016-05asahiabe.jpg

飯田浩司
「これ、そうなると、あの、批判をする人たちの中には、それこそ、こういうことをすると、歴史修正主義と、日本がとられてしまうなんていう批判を、したりする場合もあるじゃないですか。これはどう考えたらいいんですかね」

青山繁晴
「うん。必ず出てきますし、もう、すでにそういう反応が、僕のところにも

飯田浩司
「あ、そうですか」

青山繁晴
ワシントンからのメールできっちり、来てます

飯田浩司
「ということはアメリカの方(かた)から」

青山繁晴
「そうです」

飯田浩司
「ふーん」

青山繁晴
「はい。えー、安倍、Prime Minister Abeはやっぱり、歴史修正主義者、東京裁判の否定論者、引いて言うとThe right wing、えー、右翼ではないのかと、いうようなことをですね、あの、まあ、あの、別に、嫌がらせとか、そういうんじゃなくて、実際に、こう、すみません、一瞬英語になって申し訳ないですけど、substantial、つまり、何て言いますかね、ほんとに中身として、聞いてきてるわけです。だから、それ、正々堂々と答えればいいんですよ

飯田浩司
「うーん」

青山繁晴
「で、朝日新聞の8月5日の紙面から始まった動きっていうのは、その、世界のメディアのあり方にとっても重要な問題提起では、あります」

140806-03kenshou.jpg

飯田浩司
「はい」

青山繁晴
「で、朝日新聞は、その日本国民の意識、よりも、世界では、クオリティペーパーとしてね、品質の高い新聞だという評価は、朝日新聞自らの宣伝もあってですね、あるいは他の新聞、通信社がだらしなかったとも言えるけど、その評価が定着してきただけにですね、そこから、自ら、その誤りを認めざるを得なかったと。で、その朝日新聞に対して、安倍政権がたとえば圧力をかけたとか、そういう事実が、なくて、えー、そういうことをこう、掘り起こしたい人もいっぱいいるわけですけど、実はそういう動きもずいぶんあるんですが、それが出てない。これはまあ朝日新聞の名誉にも関わりますよね。(圧力があったのではなく)朝日新聞が自らを省みたっていうところが、ひとつ評価しなきゃいけないことであり、大事な点ですよね

飯田浩司
「うーん」

青山繁晴
で、そこはね、案外、その、僕がそれ指摘をすると、特にアメリカは、スッと…

飯田浩司
「ああー」

青山繁晴
いや、あの、楽観してはいけませんが、そうか、朝日新聞が自分で考えたのかと

飯田浩司
「うーん」

青山繁晴
「もう一回聞くけども、その、安倍政権が、こう、人事にたとえば、いろんな形で介入したり、あるいは株式は公開してないけれども、株主はいらっしゃるわけだから、そこに手を出したり、つまりアメリカはそういうのが、日常茶飯事だってことでもあるんですが(笑)」

飯田浩司
「はい(笑)」

青山繁晴
そういうこと本当にやってないんだね?って言うから、いや、やってませんと。で、まあ、そういう人はインテリジェンスに関わってる人が多いから、自分で調べて下さいと」

飯田浩司
「うーん」

青山繁晴
「で、それはですね、あの、まだ僕も話し始めたばっかりですから、今後の展開わかりませんが、うん、そうでないなら、ちょっと一度、もう一度関心持って、見てみようかって、いうのが、たとえば、ワシントンD.C.の中にありますから。つまり、そういう新しい、努力をする、最初にならなきゃいけないってことです

飯田浩司
「ああー」

141016-06asahiabe2.jpg

青山繁晴
「今までは、まあ、飯田浩ちゃんが言った通り、ちょっとやると歴史修正主義者、右翼と言われるから、それだったらまあやめとこうかっていうようになってたわけですけど、特に外務省は、全くその、保身の塊だったわけですけれどね」

飯田浩司
「はい」

青山繁晴
「そこから、一歩とは言わないけれど、せめて半歩前に出る、そのきっかけにしなきゃいけないです

飯田浩司
「はい」

青山繁晴
「それはあの、僕たちの受け止めが大事です

飯田浩司
「うーん」

青山繁晴
「はい」

 ____________________________内容紹介ここまで



 安倍政権が圧力をかけたから朝日新聞が誤報を訂正・謝罪したのだと、疑う向きもアメリカにはあったりするんですね。ちょっと驚きました。

 ということは…、
 朝日新聞の「慰安婦狩り」報道が誤報だったことに加えて、「クオリティペーパー(あくまで国際社会から見て)の朝日新聞が自ら間違いに気づいて訂正した」ことが欧米に正しく伝われば、少しは風向きも変わってくるのかも?

 とはいえ、朝日新聞・中韓・反日日本人たちの長年の運動によって植え付けられた、日本の間違ったイメージを払拭する作業は簡単ではありません。

 しかも、飯田浩司さんも言われたように、このイメージ払拭作業は、植え付けられた人たちから見れば「問題の本質をごまかす」行為、すなわち「歴史修正主義」と誤解される恐れもあります。

141016-91asahi.jpeg

【戦時中、日本軍兵士らの性の相手を強いられた女性がいた事実を消すことはできません。慰安婦として自由を奪われ、女性としての尊厳を踏みにじられたことが問題の本質なのです

 「日本軍による強制連行」を追及し、慰安婦問題の元凶をつくった朝日新聞自身が、今、こんなごまかしを言っています。

 青山さんの言われるとおり、いまや韓国もクマラスワミもそれを拠り所にしています。

 戦前戦中に、意にそぐわない形で売春婦となり慰安所で働いていた女性たちがいたことを、多くの日本人は認めていますし、同時に、彼女たちの境遇にも同情しています。

 その上で、日本は、ただ、中韓が主張している「日本の公権力が朝鮮人の女性や少女を何万人も強制的に拉致し、慰安所で性奴隷として扱った」という主張は嘘であると、言っているだけです。

 が、朝日新聞や「朝日的」な勢力は、その主張ですら「女性の人権を軽視するものだ」と敵視し、日本の足を引っ張ろうとするのです。

 残念ながら、国際社会も「朝日的」な見方があふれていて、ちょっとでも韓国側の主張に異を唱えたら、先ほど書いたように「歴史修正主義」という目で見られがちなのが現状です。

 ですから、私はいきなり河野談話を見直すことには(撤回、新談話発表いずれにしても)賛成できません。
 外堀を埋めていく作業というか、環境を整えていく作業がまずは必要だと思います。

141016-92kokuren.jpg

 クマラスワミ報告に関しては、ほかに、15日に国連の会合で韓国が慰安婦問題を取り上げた時、日本が朝日新聞の誤報も織り交ぜながら反論しました。

 日本国連代表部の久島直人公使曰く、「報告書に強い影響を与えたとみられる朝日新聞の記事は最近、誤報として取り消された」産経2014.10.16 19:43)。

 これも、環境を整えていく作業の一環でしょう。

 長く険しい道のりが予想されますが、日本のために命を賭して戦ってくれた先人のため、未来の日本人のため、官民で協力し合って、ひとつひとつ丁寧に反論していくべきだと思います。







※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※拙ブログ関連エントリー(青山繁晴さん発言起こし)
【一覧】「アンカー」青山さんコーナーテキスト起こし

※拙ブログ関連エントリー(慰安婦問題(厳選))
・(旧ブログ)06/3/4付:朝日はいつまで「元慰安婦」を利用するの?(李玉善氏と金君子氏の証言の変遷)
・(旧ブログ)06/3/19付:米連邦最高裁判所が「慰安婦」にNO!
07/2/22付:「報道2001」慰安婦問題ホンダ議員生出演
07/3/17付:【資料】慰安婦問題おさらい10問10答
07/3/19付:「たかじん」慰安婦問題(全文テキスト)
07/3/27付:「WiLL」慰安婦問題特集
07/4/9付:元慰安婦「李容洙」証言の矛盾
07/6/30付:慰安婦問題「寝た子を起こすな」でいいの?
11/12/12付:「従軍慰安婦」は朝日新聞の捏造です
12/6/2付:「慰安婦博物館」に寄付した日本の団体&韓国人の慰安婦への認識の変遷
12/8/27付:慰安婦問題まとめ2012
12/9/24付:「Nスペ 領土で揺れる日中・日韓」第二部韓国 櫻井よしこさん発言集
13/3/8付:中山成彬議員が衆院予算委で日本の真の朝鮮統治(インフラ整備、創氏改名、慰安婦など)を語ってくれました
13/4/10付:西川京子さんが衆院予算委で「従軍慰安婦」「南京大虐殺」の虚構と自虐史観に侵された入試問題について語ってくれました(中山成彬さん質疑まとめ付き)
13/5/25付:【文字起こし】面談ドタキャンで元慰安婦支援団体会見
13/5/27付:「たかじん委員会」慰安婦は当時必要だった?日本占領下の米軍の実態とは?韓国人教授が語った慰安婦の実態とは?
13/6/8付:韓国人が告発した韓国軍慰安婦の実態
13/6/15付:三輪宗弘先生の「大韓民国の物語」書評で改めて見えた韓国の民族主義と李栄薫教授の苦悩
13/7/27付:慰安婦強制連行があったのなら、なぜ朝鮮人男性は反乱も起こさず黙っていたのか
13/8/6付:【拡散】米ブエナパーク市の慰安婦像設置を阻止しよう!負の連鎖をここで断ち切ろう!
13/8/10付:【これはひどい】慰安所従業員日記を発見した安秉直ソウル大名誉教授の“手柄”を高麗大学韓国史研究所の朴漢竜研究教授が横取り!?
13/9/21付:慰安婦シンポで「韓国人売春婦6万人も救済を」に吉見教授「大きな問題ですので余力があれば…」
13/10/12付:韓国系・支那系による日本人いじめの実態…在米日本人主婦らの証言
13/10/16付:河野談話の根拠崩れる!元慰安婦のずさんな聞き取り調査報告書を産経が入手
13/11/9付:元慰安婦16人の証言を西岡力氏が分析!証言のいい加減さと日本政府の調査のずさんさが改めて浮き彫りに
13/11/23付:韓国の諺と小説に「慰安婦=売春婦」の重大ヒント&宮古島慰安婦碑の真相
13/12/21付:続・韓国軍によるベトナム民間人虐殺問題「SAPIO」13年1月号(ライダイハン)
14/1/28付:「アンカー」有本香さんがNHK会長を慰安婦問題で質問攻めにした朝日新聞を批判
14/2/1付:ミヤネ屋で籾井会長の慰安婦発言を批判した元NHK職員の正体…Tweetまとめ14.01.16~14.01.31
14/2/3付:韓国「慰安婦漫画」仏の国際漫画祭で日本側が冷遇された本当の理由?
14/2/14付:NHKワールドの慰安婦解説が河野談話より酷い件
14/2/18付:売春大国韓国<反日慰安婦プロパガンダ の欺瞞
14/2/21付:【署名】河野談話見直しを求める国民運動署名【拡散】
14/4/26付:NHK 時論公論「在米韓国ロビーと慰安婦問題」日系の苦悩を完全スルー!出石直氏の偏向解説アーカイブ
14/2/27付:「アンカー」なぜ中韓はいま日本叩きか&河野談話めぐる石原証言の意味と自民が河野洋平を国会に呼びたくない理由
14/3/29付:河野談話見直し署名、締切までわずか!
14/6/2付:慰安婦問題で火付け役を自負する高橋喜久江…Tweetまとめ14.05.16~14.05.31
14/6/21付:河野談話作成過程の検証結果が出た!談話の“無力化”に向け一歩前進です
14/6/26付:「アンカー」河野談話検証報告書から見える慰安婦問題の真実 『見直さない』の真意は? 抜け落ちた『慰安婦は身売り』 独立記念館は捏造だらけ
14/7/1付:米軍慰安婦訴訟は日本にとって吉か凶か…Tweetまとめ14.06.16~14.06.30
14/7/7付:慰安婦強制連行の虚構と元朝日記者の耳を疑う弁解「間違いに気づいていたが…」
14/7/12付:欧米で理解されない慰安婦強制連行の虚構…JAPAN EXPOに今年も韓国ブース…民間有志が国連へ!
14/8/2付:戸塚悦朗は「慰安婦=性奴隷」の生みの親…Tweetまとめ14.07.15~14.07.31

※拙ブログ関連エントリー(朝日慰安婦検証報道以降)
14/8/5付:朝日新聞が慰安婦報道で長~い言い訳。国際問題化させてしまった責任をまるで感じていない。
14/8/7付:「アンカー」朝日慰安婦報道を徹底批判&安倍政権8つの課題&舛添知事の狙いは五輪の日中韓共催?&韓国の恥ずかしい像
14/8/9付:「ミヤネ屋」朝日慰安婦検証報道 西岡力さん徹底解説!朝日は記事を英文サイトに載せろ!&植村報道の2カ月後に“挺身隊”と“慰安婦”の混同を把握
14/8/16付:朝日新聞の逃亡を許すな!慰安婦検証報道その後…Tweetまとめ14.08.01~14.08.15
14/8/18付:朝日の「吉田調書」虚報を産経が指摘!門田隆将氏「慰安婦報道と全く同じ図式」
14/8/23付:朝日の英語版慰安婦検証記事は人目につかない場所に埋めてある
14/9/11付:朝日が会見で吉田調書と慰安婦の虚報を謝罪(但し国民には謝ってない)&「報ステ」朝日慰安婦検証特集
14/9/13付:「ミヤネ屋」門田隆将さん西岡力さんが出演!朝日の吉田調書&慰安婦虚報を批判
14/9/16付:朝日は在米日本人の人権はどうでもいいらしい…Tweetまとめ14.09.01~14.09.15
14/9/18付:「アンカー」朝日新聞“誤報”と“謝罪”の真相&スコットランド独立なら世界が変わる国連も変わる!?
14/9/26付:「朝生」朝日と慰安婦問題…青木理がズレまくり
14/10/4付:植村よ義母の“復帰”に何思う?Tweetまとめ14.09.15~14.09.30
14/10/6付:西野瑠美子「慰安婦の強制連行があったことは否定できない」


このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1482-85647f61

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索