ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

大高未貴さんチベットを語る

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。トラバは受け付けていますが、コメントは本館へお願いします。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「日本より正しい情報を発信する会」メンバー募集!
ブログや掲示板等から、中韓をはじめとする反日勢力に対抗する優れた主張を、フラッシュ動画などに加工し、英文解説をつけて、YouTubeなど動画サイトにアップさせて行きます。英訳、動画作成のできる方、「このブログを英文にしたらどう?」など提案をして下さる方、大歓迎!まずはこちらにアクセスを!(Googleのアカウントをお持ちでない方は作成して下さい)


 産経新聞朝刊5月1日付及び5月2日付に【野口裕之の安全保障読本<大高未貴さんと世界を語る>】が掲載されました。
 5月1日付はイスラエル・パレスチナ情勢について、5月2日付はチベットについて語られています。

 いずれも日本のマスコミはあまり報道していない内容で、実に貴重な対談だと思うのですが、残念ながらWEB版には存在しないようです。
 特にチベットに関しては拙ブログの読者様の関心が高いでしょうから、是非ともご紹介したいと考え、今日はそれを起こすことにしました。
 (もしリクエストがあればイスラエル編も起こします)

※赤字強調は引用者によります。
※文中の画像はクリックすると、新規画面で拡大します。
※最後に掲載した各氏のプロフィールは、5月1日付「(上)イスラエル編」に収録されたものです。
産経新聞5/2朝刊政治面掲載
【野口裕之の安全保障読本】
 大高未貴さんと世界を語る(下)チベット編


 非暴力支える精神力
 「魂が破壊されたとき、民族は滅びる」



 昨日に続いて、ジャーナリスト・大高未貴さんとの対談を掲載します。今回はチベット問題について語り合いました。


野口 チベットはかつて、れっきとした独立国でした。

大高 明の皇帝がチベットが独立していたことを認めた遺跡も残されています。しかし、1950年に中国人民解放軍が侵攻し、民衆蜂起したチベット人の流血をこれ以上増やさないため59年にダライ・ラマ14世は、インドに「亡命」、ダラムサラに亡命政権を樹立しました。

野口 チベットの現状は?

大高 チベット文化に秘められた英知は、人類の無形財産ですが、悲しいことにその伝統は、亡命政府があるインドのダラムサラという小さな村にしか残されていないように感じました。ここには、政府の省庁のほか、チベット仏教論理大学や医学・暦学研究所などがあり、チベット文化の緊急避難所になっています。生活は決して豊かではありませんが、人々は目があうと微笑で応え、たおやかな時が流れていました。ダライ・ラマが説く慈悲の生き方を実践している人々が多いからだと思います。

野口 チベットにはそういった“空気”は残っていないのですか。

大高 ダライ・ラマが亡命前に住んでいたポタラ宮やチベット人が一度は巡礼を夢みるジョカン寺院などの建物はあります。しかし、中国政府が観光収入源として残しただけの魂の抜けた空疎な建物と化しています。

野口 今どんな教育が行われていますか。

大高 寺院には「愛国再教育」なる名目で、工作隊が送り込まれ、チベット独立反対やダライ・ラマ拒絶など、チベット民族主義の「弊害」を教えています。これに反する動きをすると即、収容所行きです。むろんダライ・ラマの写真は一枚も飾られていませんし、家庭で隠し持つことすら許されません。チベット語教育も「チベット語はチベット仏教そのもので毒。従ってチベット語も禁ずる」という理屈で禁止されています。

野口 中国化が急速に進んでいますね。

大高 神聖なポタラ宮から車で5分のところにピンクのネオンがともる売春街が広がり、郊外の広場にテントを建てただけの即席売春所もありました。公安警察の目をかいくぐり案内してくれたチベット人が「漢民族がチベットに持ち込んだものは売春婦だけでなく性病と麻薬の蔓延(まんえん)だ」とそっと教えてくれました。公衆便所の壁一面に「淋病(りんびょう)」「梅毒」と書かれた病院の広告が張られているのも見ました。

070502sankei.jpg

野口 失業率も高いそうですが。

大高 昼間から路上で「ショ」と呼ばれる賭博に興じ、酔っ払っている男性も多いですね。麻薬に走る若者もいる。あるチベット人青年は「これは中国政府の謀略だ。彼らはわれわれの国土や文化を破壊した後、精神まで破壊し、チベット消滅を図っている」と悲憤していました。

野口 ダライ・ラマは平和的対話を求めていますが、中国政府は応じていない。ダライ・ラマが選択した非暴力主義は立派な考えですが、それではチベット人の迫害は止まらないのでは。

大高 その点をダライ・ラマと会見したときに問いました。ダライ・ラマは「確かに悲しむべき事態だが、人間の魂と、その人間の行動を区別して考えねばならない。チベット人を弾圧している中国政府の役人も、そうしなければご飯を食べていけない事情もある。中国の政策に反対し、異論を唱えることは大事だが、同時に相手を同じ人間として尊重する気持ちを忘れないことも大切です」と語っていました。

野口 中国に対する闘争心は消えたのでしょうか。

大高 チベット再建を志す精神的武装トレーニングを、実は日本を参考に進めているのです。ダライ・ラマの居住地内に柔道場があり、警護隊が武道のけいこをしています。ダライ・ラマの広報官のルントク氏は、柔道を奨励している理由をこう説明しました。「13億人の中国に対し、チベットは600万人。軍事・経済力で圧倒的に不利な闘いに勝利するためわれわれは日本の武士道精神に目をつけました。日本はさきの大戦で敗れたにもかかわらず、短期間で経済大国になった。復興への精神力があったからです。われわれもダライ・ラマの唱える非暴力の抵抗を支える精神力を柔道で養おうとしているのです」

野口 過酷な弾圧に耐えるには、並大抵の精神力では太刀打ちできない。

大高 亡命政府で「チベット女戦士」として有名なアマ・アデ女史に会いました。彼女は中国人民解放軍侵攻後、抵抗運動に参加し、58年、26歳の時に逮捕され27年間も監獄内で過ごしました。その監獄だけで1万2319人の死者が確認されている。新聞には書けないほどの拷問や性的虐待、強制労働に耐えたそうです。そういった証言は、インドやネパールの難民施設で、いくらでも聞けます。

野口 難民施設で何を見ました?

大高 ネパールの収容施設は、一般亡命者は2段ベッドの大部屋生活ですが、その一角に精神的障害を持つ患者を収容する個室がありました。おカネがないから、4000メートル級の雪のヒマラヤを軽装備で越えないといけない。見つかれば、撃たれるか収容所に送られてしまうから、極限まで無理をする。ネパールにたどり着いても、精神的に異常をきたす人が後を絶たないんです。

野口 昨年、中国・国境警備隊が亡命者70人に向け発砲、少年僧ら2人を射殺した様子を、ルーマニア人登山家が撮影した映像がインターネットにアップされ世界に衝撃を与えました。

大高 世界の人々がチベット問題を見て見ぬふりをし続ければ、大きな禍根を残すことになります。ダライ・ラマの実姉で、難民となった子供たちの学校の校長であるツエン・ドルマ女史が「戦争でどんなに建物が破壊され、人が殺されても国は滅びない。だが、その国の人々の魂が破壊されたとき、その民族は滅びます」と語っていたのが印象に残っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大高未貴(おおたか・みき)
ジャーナリスト。フェリス女学院大卒。94年度ミス日本国際親善。ダライラマ14世、アラファトPLO議長、「緑の革命」でノーベル平和賞を受賞したノーマン・ボーロク博士らにインタビュー。平成10年、タリバン全盛期のアフガニスタンに単独潜入し、月刊文芸春秋などにルポを発表。著書は「神々の戦争」(小学館)「冒険女王」(幻冬舎文庫)「国々の公−世界ありのまま見聞録」(幻冬舎)など。

野口裕之(のぐち・ひろゆき)
昭和33年生まれ。59年産経新聞社入社。防衛庁、外務省、官邸記者クラブキャップなどを歴任。北朝鮮の弾道ミサイル・テポドン1号の発射準備をスクープし、平成11年度新聞協会賞受賞。ロンドン支局長を経て現在、政治部専門委員。日本安全保障・危機管理学会員。著書に「イラク自衛隊の真実」「武士道の国から来た自衛隊」(扶桑社発売)。


 野口さんの「ダライ・ラマが選択した非暴力主義は立派な考えですが、それではチベット人の迫害は止まらないのでは」という指摘で、私が連想したのは日本のサヨクです。

 サヨクといえば、「非暴力主義」かつ「人権問題に敏感」という印象が私の中では強いんですが、彼らはチベット問題についてどう考えているのでしょうか?
 あまり声は聞こえて来ませんね。

 またサヨクといえば、もう一点思い浮かぶのが「護憲」。
 特に憲法9条は何が何でも改正させない、日本はもう二度と戦争には関わらない、という主張を展開しているようですが、もし日本本土がチベットのように中共あるいはどこかの国や組織に侵攻されたら、彼らはどうするのでしょう。

 日本人への殺戮や弾圧、日本文化の破壊、そういったものが続いたとして、それでも彼らは「非暴力主義」を貫こうという覚悟なのでしょうか?

 森永卓郎氏がかつて「TVタックル」で語ったような、「仮にとんでもない奴が攻めてきたら、憲法9条守ってみんな黙って殺されちゃえばいい。で、過去にそんな良い民族が居たって思われれば良いじゃないですか」ってことなんでしょうか?(あんた何様?日記さん5月3日付参照)
 森永さん、あんたそれ、チベット人の前で言えますか?

 こうやって考えていくと、対談の最後の部分、ダライ・ラマの実姉のドルマ女史が大高さんに語った「その国の人々の魂が破壊されたとき、その民族は滅びます」という言葉は、決して人ごとではなく、私たち日本人の心にもズシンと響くものがありますね。

 日本人の「魂」とは何でしょうか。
 長い歴史に培われた日本の文化や伝統には様々なものがあります。チベット再建を志す精神的武装トレーニングにも採用されているという武士道精神もそうですね。
 が、日本人の「魂」の最たるものはやはり皇室ではないでしょうか。

 私は、もし皇室がなくなったら日本は日本でなくなってしまう、というのが持論です。
 逆に言えば、たとえ日本人が細かなところで「魂」を抜かれていったとしても、皇室が存在する限り、日本は日本であり続けることができるのではないかと思えるのです。

 それはチベット人も同じなのかもしれません。
 ダライ・ラマの存在がある限り、チベット人の「魂」は守られるだろうし、民族も滅びない。そう信じたいです。
 早くチベットが中共の支配から解き放たれて、本来のあるべき姿を取り戻せるよう願って止みません。

 最後に。
 ここを訪れて下さっている多くの皆さんはすでにご存知でしょうが、いちおう説明しておきます。

 中国共産党の現国家主席・胡錦濤は、1989年から92年まで、チベット自治区の共産党委員会書記(最高責任者)として弾圧の旗振り役だった人物です。
 89年3月にはラサに戒厳令を布告。当時のチベットは独立を求める民族独立運動が激しくなりつつあり、この運動を押さえ込むよう弾圧すべしとの共産党中央の基本政策に胡錦濤は忠実に従い、党指導部の信頼を勝ち得ました。
 それは同時に胡錦濤にとって、権力の座への階段を開くこととなったのです。


 以下、リンク集です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆チベットについて

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

チベット(Wikipedia)

チベット自治区(Wikipedia)

◆チベット少年僧ら射殺事件について

中国軍がチベットの巡礼者を無差別に撃ち殺す映像(非グロ/日本語字幕付)(YouTube動画)
 ルーマニア人登山家が撮影した、事件を伝えるニュース映像。

中国兵に銃撃されたチベット族の子どもたち、恐怖を語る=インド
 06年10月24日付APF=時事の記事のキャッシュ。

温家宝様、ようこそ日本へ。ところで、チベット人120万人を虐殺した感想を聞かせてください。(YouTube動画)
 朝日放送「ムーブ!」より。勝谷誠彦さんGJ。

◆チベットを取り上げた日本のテレビ

加藤千洋のチベット紀行1
 加藤千洋のチベット紀行2
 Silly Talkさんによる05年11月3日放送、テレ朝「報道ステーション」の起こし。

シナ人「チベット侵略は中国の国内問題だからお前ら関係ないアル」(YouTube動画)
 06年8月11日放送、日テレ「太田総理」より。中共の代弁者・張景子に宮崎哲弥がマジギレ。「チベットは侵略じゃないのか!」。鈴木紗里奈もGJツッコミ。

NHKにもの申す(大紀元時報)
 梅香居士氏による07年1月2日放送、NHK「青海チベット鉄道 世界の屋根2000キロをゆく」への批判。



このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/148-e0d198d1

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索