ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

今の韓国がどれほど異常か 「ザ・ボイス」より有本香さんの発言

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


【朝日新聞の「従軍慰安婦」は史上最悪の大誤報だった!】WiLL2014年10月号(雑誌)の重版分は9月4日に書店に並ぶ見込みです。WiLL2014年10月号(電子書籍版)は8月31日に出ました。100円ほど安いですがグラビアページは未掲載ですのでご注意。最新情報はWiLL編集部ツイッターでご確認を。

121119-02ari.jpg
[画像は2012年11月19日放送「アンカー」より]

 8月27日(水)ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」に有本香さんがご出演。
 政治も司法もひっくるめて今の韓国がどれだけ異常な状態にあるかを、ズバッと解説してくださっていたので、そこの部分を起こします。

※元音声
https://www.youtube.com/watch?v=t8zqIaGYruI(冒頭~)

 間投詞(「あの」「その」など)や言い直しもできるだけ再現しました。但し、細かい相づちなどは支障のない範囲でカットしています。
※引用転載はご自由に。連絡不要です。但し誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので、必ずこちらのURLを添えておいて下さい。


 内容紹介ここから____________________________
飯田浩司
「今日のニュース7項目をピックアップして、ジャーナリスト・有本香さんと解説していきます。まず1つめ、こちらです。
【日韓次官級戦略対話 来月開催で調整】
えー、これは日本と韓国の関係筋がそれぞれ明らかにしたものですが、えー、日韓両政府が来月にも、東京で、外務次官による戦略対話を開く方向で調整していることが分かりました。えー、次官級協議、今年の3月にも行われたんですが、戦略対話としては去年の1月以来、朴槿恵政権下では初めてと、いうことです。
えー、ま、今年3月はね、えー」

有本香
「物別れ…」

飯田浩司
「斎木事務次官が、行きまして、ええ」

有本香
「でもこの時もね、結局その、斎木さんが行くにあたって、日本側はあの、えー、河野談話を、見直さないと、いうことを言ってね、つまり韓国に対して一定の配慮をして、行ったわけですね」

飯田浩司
「はい」

140829-14rekisimondai.jpg

有本香
「にも関わらず、韓国側が、その問題をああだこうだと」

飯田浩司
「うーん」

有本香
「いうことで。で、じゃあもう帰るわと」

飯田浩司
「(笑)」

有本香
「という話だったと、記憶してるんですけれども(笑)、何か、あの、夕食会もしないで日帰りで帰って来ちゃった、日帰りでっていうか、ま、行ってすぐ帰って来ちゃったっていう」

140829-01saiki.jpg

飯田浩司
「何か夕食会、予定されてたのがキャンセルになったとか何とか」

有本香
「何かね」

飯田浩司
「けっこういろんな外交上の非礼があった」

有本香
非礼ですよね

飯田浩司
「うーん」

有本香
「ま、だから、あの、ま、そこまでね、もうちょっと常軌を逸したところで、その戦略的対話って一体何を戦略的に話するんだっていうのが、ありますね」

飯田浩司
「うーん」

有本香
「だからあえて、その、まあ日本側があんまり、あの、エキサイトしないで、まあ淡々とその、距離を置く時は置けばいいんじゃないかと思いますけどね」

飯田浩司
「うーん」

有本香
「この、何ですかね、あの、来年ですか、日韓国交正常化50周年ていうのは、そうですね」

飯田浩司
「ああー、そうですよね、1965年…」

有本香
「1965年ですからね」

飯田浩司
「はい」

140829-02kokkou.jpg

有本香
「で、今のこの韓国側の、異常な動き、というのは、この、えーと、まあこの国交正常化した時の、いわゆる日韓基本条約、ですね、あるいは請求権協定、こういうものを、ま、これが、ベースとなって、戦後の日韓関係ってのはつくられてるわけですけど」

飯田浩司
「はい」

有本香
これを自ら、その、なし崩しっていうか要するに、まあ、ぶちこわす行為ですよね

飯田浩司
「うんうんうん、あの、請求権協定の中に、戦後賠償については、ここで区切りを付けて」

有本香
「そうです」

140829-03kaiketu.jpg

飯田浩司
「これ以上は請求しないんだと、いうふうに、書いてあるはずなんですけどね」

有本香
「書いてあるはずなんですよね。で、ちょっとその、もう一度皆さんも思い出していただきたいのは、えっと、去年ですけれどもね、あの、去年の夏だったというふうに思いますが、韓国のその、司法、大陪審が、あの、日本、あの、要するに、慰安婦ではなくて、徴用工の問題あったじゃないですか」

飯田浩司
「はい、うん」

140829-04chouyou.jpeg

有本香
「それでね、あの、非常に驚くべき、あの、判決を出してるんですよね。で、これはね、要するに今まで、その、まあ、従来はですよ、韓国側でさえも、その、基本条約や請求権協定で、まあ、徴用工への補償は終わっていると

飯田浩司
「はい」

有本香
「いうふうに、ま、かなりその、反日的であったとみられていた盧武鉉政権ですら、そこは認めていたわけですね

130927-01nomu.jpg

飯田浩司
「おおー」

有本香
「盧武鉉さんの時はだから、その、慰安婦のことは問題にされていたけれど、このことは問題にしてなかった」

飯田浩司
「うんうん」

有本香
「ところが、あの、そのあとの、えー、李明博政権になってから、どんどん話はおかしくなっていくわけですよ

140829-05akihiro.jpg

飯田浩司
「うーん。あの、盧武鉉さんの時は、出さ、あの、裁判が出されても却下されてたんですよね、確か」

有本香
「そうです、そうです、そうです。ところがね、その、あー、と、その後の、あの、まあ、韓国の司法の判断というのは、要するに日本の植民地支配そのものが、今まではですよ? 合法だっていうことを前提に、その、ま、国家総動員法への徴用で、あったと、いうふうに思われてるんだけれども、これはね、その、韓国の、憲法の価値観に反してると

飯田浩司
「ほうー、はぁはぁはぁ」

有本香
「いうことを言って、だから、その日本の朝鮮統治はそもそも違法な占領であると

140829-06touchi.jpg

飯田浩司
「はい」

有本香
「ですから、その、要するに強制徴用は、請求権協定の対象外だと

飯田浩司
「ふーーん」

有本香
「いう理由で(笑)」

飯田浩司
「はい」

有本香
「あの、要するに、差し戻したんですよね」

飯田浩司
「ああー」

140829-13seikyuuken.jpeg

有本香
「個人請求権を認めて」

飯田浩司
「(笑)」

有本香
審理を差し戻した。こんな…、どういうことですかね?

飯田浩司
「(笑)あの、普通は条約っていうのは国内法に優越するっていうような

有本香
「はい、そうです」

飯田浩司
原則がありますよね、国際法上。じゃあそれを韓国に限っては(笑)」

有本香
「そうです」

飯田浩司
「適用できない」

有本香
「で、この時に確かその日本企業に対してね、まあ、あの、そういうことを、言ってきたわけですけれども」

飯田浩司
「はい」

140829-07urami.jpg

有本香
もう、ほとんど、だから、普通に話ができる次元じゃなくなっていますよね

飯田浩司
「ああー。まあ法の番人たる司法がそういう状態にあるっていうのは…」

130227butuszou.jpg

有本香
「うーん、そうなんですね」

飯田浩司
「そうするとじゃあこの次官級の、戦略対話というもので何を話すんだってことになってきますね」

有本香
「そうなんですね。だからその、またここでね、従軍慰安婦の問題などがって言ってるけれども、ここに来て、その、日本国内でも朝日新聞がまあ、あの、慰安婦のね、問題について、実はあれは、誤報でしたと、いうことも出てきて、状況変わっていますから、もう韓国の国益に照らしても、これらの問題をね、ああだこうだ上げ連ねることは、全然よくないと思いますね

140829-08asahigohou.jpg

飯田浩司
「うーん。これあの、いま日中がひょっとしたら首脳会談やれるかもしれないみたいな」

有本香
「うんうん、やるでしょう? 秋に、あの、APECでね。」

飯田浩司
「APECで、北京で」

有本香
「ええ」

140829-09abeshu.jpg

飯田浩司
「これ、それを横目で見ながら、韓国もすり寄ってきたみたいな(笑)感じなんですかね」

有本香
「まあ、結局その、韓国の財界、等を含めて、あの、まあ中国がね、前よく言ってた、その、政冷経熱ってあるじゃないですか、政治的には対立していても、経済ではっていう、まあそれの焼き直しみたいなことを、あの、韓国メディアも言い出したりしていますけれど

140829-11kanmedia2.jpg

飯田浩司
「ああー」

有本香
「あの、でも、逆にね、非常にシビアな言い方をすれば、そうまでして韓国とね、じゃあ、経済的な関係だけでも、あの、うーん、まあ、考え直そうとするね、メリットが日本側にそれほどあるのかってことなんですよね」

140829-10kanmedia.jpg

飯田浩司
「ああーー」

有本香
「相手が中国だったらまた話は別ですよ?」

飯田浩司
「13億マーケットもあるし」

有本香
「ええ、ええ、いちおうね。で、日本企業のやっぱり投資額だって、もう馬鹿にならないものもあるわけですから、それはそれなりに、というところはあるけれど、じゃあ韓国と、その、経済的な関係と言うけれどね、それは韓国側にとってのメリットは非常に大きいでしょうが

飯田浩司
「うーん」

140829-12pakumushi.jpg

有本香
日本にとって、あの、まあ、これだけのいろんなね、まあ、度重なる、非礼

飯田浩司
「はい」

有本香
政治的にも、それからまあ他の意味でもですね、それを、まあ、そこをまた日本側が膝を折ってまで、する理由はあるのかと。だから、あんまりその、同じ次元で喧嘩する必要もないですけれども、まあ日本側は淡々と、してればいいし、また、斎木さんも、もし何かね、あんまりあちらが無理なこと言うようであれば、じゃあ、まあ帰るわと」

飯田浩司
「(笑)」

有本香
「いうことになっても、まあ仕方ないですねぇ」

飯田浩司
「うーん。はい。えー、日程まだ明らかにされてませんが、まあ、9月の」

有本香
「後半に?」

飯田浩司
「中旬以降かなという」

有本香
「でしょうね。改造、内閣改造後ってことですよね。落ち着いてからってことですね」

飯田浩司
「はい。ニュースピックアップセブン、1本め、日韓関係についてのニュースでした」

 ____________________________内容紹介ここまで


 今年3月に行われた次官級協議、こんな感じでした。
 私もすっかり忘れてたけど。

慰安婦問題で「誠意」要求=日韓次官会談、溝埋まらず
【ソウル時事】外務省の斎木昭隆事務次官は12日午後、韓国外務省で趙太庸第1次官と約3時間会談した。韓国政府関係者によると、斎木氏は安倍晋三首相が歴代政権の歴史認識を継承している点を強調し、関係改善を呼び掛けた。しかし、趙氏は首脳会談実現には従軍慰安婦問題などでの日本の誠意ある対応が必要だとの考えを示し、認識の差は埋まらなかった。

 オランダのハーグで24、25両日に開かれる核安全保障サミットに合わせた日米韓3カ国の首脳会談開催について、韓国側は「(開催へ調整に入ったとの日本側の報道は)事実と違う」と不快感を示した。このため日本側は正式な会談要請を見送った。

 斎木氏は13日まで滞在する予定だったが、12日の韓国側主催の夕食会が取りやめとなったため、同日夜に帰国。羽田空港で記者団に対し、日韓首脳の顔合わせについて「相手のあることだから、今の段階では何とも言えない」と述べ、実現の見通しは立っていないことを明らかにした。

 また、斎木氏は次官会談の内容について「懸案の解決に向けどう進めていくか、いろいろな角度から話をした」と説明。北朝鮮情勢でも意見交換し、連携の重要性を確認したと語った。

 米国は、オバマ大統領の4月下旬の日韓訪問を控え、両国の関係改善を強く求めている。しかし韓国は安倍首相の靖国神社参拝や河野談話検証の動きに猛反発。日本側も、海外で日本非難を繰り返す韓国政府の姿勢に不信感を強めており、関係改善の糸口はつかめぬままだ。(2014/03/12-23:28)

 ここから半年経とうというのに、韓国は全く進歩がないですね。

 韓国が日本に対して非礼なこと、すなわち国際常識やマナーに照らして非常識な振る舞いをしたことは、一度や二度や三度や四度ではありません。

 非礼というレベルをはるかに超えて、もはや法治国家とは呼べない有様。
 もちろん、民主主義国家とも呼べません。

 今回は話に出ませんでしたが、産経新聞ソウル支局長聴取問題で、韓国警察は起訴の方針を固めたと韓国内では報道されています。

 (ちなみに、8月29日、新聞協会が代表幹事の談話として「報道機関の取材・報道活動の自由、表現の自由が脅かされることを強く懸念する」という談話を発表しましたが、遅すぎませんか?

 思えば、盧武鉉時代はまだ平和でした。
 「親日法(親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法)」のようなとんでもない法律を作ったりもしたけど、あくまで国内向けだったし。

 今の朴槿恵政権は、まさに有本さんが言われるように、「普通に話ができる次元じゃない」「常軌を逸した」状態です。

 私は強硬な嫌韓ではありませんが、こういう繰り返しを見ていると、もう韓国なんか一生ほっといてもいいんじゃないですかと言いたくなる。

 少なくとも向こうから折れてくるまでは、なーんにもしなくていいと思います。
 こちらが折れる理由なんか、ひとっつもありませんから。

 ……関係ないけど有本さん、美人なだけじゃなく、声もきれいですね(^_^;


※この日の「ザ・ボイス」の「成長戦略と女性の登用」に関する有本さんの発言を、「こと」様がまとめて下さっています。

 これ、必見です!
 ヨーロッパでもクオータ制には反対論が多いこととか、政府はちゃんと見てほしいですね。

※「こと」様はツイッターで、有本香さんの「アンカー」や「ザ・ボイス」での発言をよく紹介してくださっています。興味のある方はぜひチェックなさってください。

 私も以前、有本さんの発言紹介を少しやらせてもらってましたが、「こと」さんがやってくださるようになってからは\(^^\)丸投げ状態というか、いち愛読者として拝読している立場です。








※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。


※拙ブログ関連エントリー
(有本香さん「アンカー」発言書き起こし)
12/10/15付:「アンカー」中国による日本の土地購入問題で有本香さんの発言
12/11/20付:「アンカー」中国による日本の土地買収問題第2弾!有本香さん現地取材
13/1/28付:「アンカー」有本香さんがNHK会長を慰安婦問題で質問攻めにした朝日新聞を批判

※拙ブログ関連エントリー
(有本香さん「アンカー」発言要旨Togetterまとめ)
13/5/28【スーパーニュースアンカー】慰安婦問題 有本香さんのコメント
6/18【スーパーニュースアンカー】中国毒ピータン問題 有本香さんのコメント
9/3【スーパーニュースアンカー】シリア情勢 有本香さんのコメント
11/12【スーパーニュースアンカー】中国3中総会閉幕 有本香さんのコメント
11/26【スーパーニュースアンカー】秘密保護法案委員会採決および中国防空識別圏設定 有本香さんのコメント
12/11【スーパーニュースアンカー】税制改正大綱、張成沢解任など 有本香さんのコメント
 この他にもTogetterにまとめなかった有本香さんの発言要旨ツイートがあります。気になる方は「くっくり」のツイッターまとめから検索してみて下さい。

※拙ブログ関連エントリー
(韓国の真実:厳選)
07/6/5付:サハリン残留韓国人 日本の“理由なき支援”
08/2/19付:「たかじん委員会」韓国と外国人参政権と在日特権
08/11/10付:「ミヤネ屋」対馬の危機 韓国の“乗っ取り”進行中
08/12/9付:「ムーブ!」ウトロは今
09/5/16付:「TVタックル」外国人参政権と在日韓国人の本国参政権
10/3/2付:「TVタックル」外国人地方参政権と強制連行の真偽
12/8/16付:「アンカー」竹島侵略は韓国が日本と戦争をしたふりをしたことから始まった!日本が今すぐやるべきことは?
12/8/27付:慰安婦問題まとめ2012
12/9/24付:「Nスペ 領土で揺れる日中・日韓」第二部韓国 櫻井よしこさん発言集
13/3/8付:中山成彬議員が衆院予算委で日本の真の朝鮮統治(インフラ整備、創氏改名、慰安婦など)を語ってくれました
13/3/23付:日本よ、これが韓国だ
13/4/6付:韓国は未だに王朝の交代をやっている!「ザ・ボイス」より
13/4/10付:西川京子さんが衆院予算委で「従軍慰安婦」「南京大虐殺」の虚構と自虐史観に侵された入試問題について語ってくれました(中山成彬さん質疑まとめ付き)
13/6/15付:三輪宗弘先生の「大韓民国の物語」書評で改めて見えた韓国の民族主義と李栄薫教授の苦悩
13/7/13付:韓国は世界の恥さらし!“戦時徴用”賠償で国際条約無視の判決「ザ・ボイス」より
13/7/29付:慰安婦強制連行があったのなら、なぜ朝鮮人男性は反乱も起こさず黙っていたのか
13/7/29付:韓国が東アジア杯でまた日本非難の横断幕…旭日旗排斥運動についても
13/8/10付:【これはひどい】慰安所従業員日記を発見した安秉直ソウル大名誉教授の“手柄”を高麗大学韓国史研究所の朴漢竜研究教授が横取り!?
13/8/19付:韓国系が排斥する「竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記」を読みました
13/10/26付:知れば知るほど恐ろしい韓国の原発(「悪韓論」より)
13/11/11付:「Nキャス」韓国“反日”の正体!“反日”を使いすぎ誰も制御できぬモンスターを生み出した
13/11/18付:諺でわかる韓国人の国民性&対日で自縄自縛の朴槿恵政権
13/11/23付:韓国の諺と小説に「慰安婦=売春婦」の重大ヒント&宮古島慰安婦碑の真相
13/12/14付:日本が残酷な統治をしていたのなら、なぜ朝鮮人に銃を持たせたのか
14/2/8付:米バージニア州で「東海」併記法が成立へ…韓国系ロビー活動の実態
14/2/18付:売春大国韓国<反日慰安婦プロパガンダ の欺瞞
14/3/8付:韓国が永遠に反日である理由 「嘘だらけの日韓近現代史」より
14/4/5付:韓国の“資料改竄テロ”(「東海」書き換え)に要注意&支那が慰安婦問題でも韓国と共闘?
14/4/28付:OINKと韓国旅客船沈没事故 「呆韓論」より
14/5/10付:止まらない反日教! シンシアリーさん「韓国人による恥韓論」より
14/5/31付:「朝生」日韓関係…不毛な結末を迎えるのは分かっていたのについ見てしまった
14/6/7付:グアムの交番にハングル表記(撤去済み)
14/6/14付:議論する習慣がない韓国はセウォル号事故「再発防止」に向かわない
14/7/7付:慰安婦強制連行の虚構と元朝日記者の耳を疑う弁解「間違いに気づいていたが…」
14/7/14付:朝鮮が劇的に豊かになった時代…イギリスの専門家が記した「THE NEW KOREA」より
14/8/5付:朝日新聞が慰安婦報道で長~い言い訳。国際問題化させてしまった責任をまるで感じていない。

※拙ブログ関連エントリー
(「捨てる前にテキスト化」シリーズより韓国関連)
10/7/27付:日本統治を直視する韓国の静かなる肉声「SAPIO」01.9.26号
10/8/24付:みのもんた氏の韓国に対する認識の間違いを正す「SAPIO」06.4.26号
10/9/13付:韓国の『夢想自大主義』「SAPIO」06.4.26号
10/12/16付:韓国軍によるベトナム民間人虐殺問題「SAPIO」01.9.26号
11/2/22付:日本統治肯定で逮捕の韓国人作家『嘘の歴史で反日に』「SAPIO」02.7.24号
11/9/5付:久米宏氏の韓国に対する認識の間違いを正す「SAPIO」01.8.22/9.5号
11/9/17付:戦前に朝鮮人衆議院議員がいた「SAPIO」07.5.9号
11/10/1付:日韓"謝罪派"結託が反日の温床「SAPIO」02.9.25号&震災祝い横断幕
12/5/14付:『天皇』を『日王』と呼ぶ韓国メディア「諸君!」06年4月号&慰安婦問題でまた…
13/9/28付:韓国のトンデモ反日小説「SAPIO」01.9.26号
13/12/21付:続・韓国軍によるベトナム民間人虐殺問題「SAPIO」13年1月号


このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

※拉致被害者奪還 日本列島縦断デモ行進はじめ、各種デモ・集会のまとめ
 http://ameblo.jp/hosyuyamato/
竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
________________________________________________
★コメント・トラックバックを下さる方へ
お手数ですが規約(13.5.9改訂)に一度目を通された上でお願いいたします。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1460-62229297

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索