ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

慰安婦強制連行の虚構と元朝日記者の耳を疑う弁解「間違いに気づいていたが…」

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

グレンデールの慰安婦像撤去求める訴訟に対し、ご寄付や情報拡散など引き続き皆様のご支援を宜しくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 歴史に詳しくなくても常識的な判断ができる人なら慰安婦強制連行が虚構であることは分かる、そんなお話を今日はしたいと思います。

140706-01ianfu.jpg
Wikipedia>慰安婦より、日本軍将兵を追いかけて川を渡る慰安婦。出典=映像が語る「日韓併合」史 : 1875年--1945年]

 少なくとも朝鮮半島において日本の公権力(軍や官憲)による慰安婦強制連行(近年、韓国や日本のサヨクは「性奴隷」と呼ぶ)はありませんでした。

 現代史家の秦郁彦さんはその理由を、産経新聞5月23日朝刊『正論』で次のように述べています。

[1]この20年以上にわたり数多く紹介され裁判所でも陳述された自称元慰安婦たちの「身の上話」で、家族、隣人、友人など第三者の目撃証言が登場した例は皆無である。

[2]戦中のソウルの新聞に「慰安婦至急大募集。月収300円以上、本人来談」のような業者の募集広告が、いくつも発見されている。日本兵の月給が10円前後の当時、この高給なら応募者は少なくなかったろうから強制連行する必要はなかった。

[3]もし強制連行があったのなら、なぜ朝鮮人男性は反乱も起こさず黙っていたのか。朝鮮人捕虜が「そんなことをやれば、朝鮮人の男たちが反乱を起こすだろう」と、米軍の尋問に答えた記録も残っているぐらいで、事は朝鮮人男性のプライドに関わってくる。しかも、警察官の7割以上を朝鮮人が占めていた朝鮮総督府が、植民地統治の崩壊を招きかねないリスクを許容したとは思えない。
130308-07kannyo2.jpg

130308-91kannyo3.jpg
2013年3月8日衆院予算委員会の中山成彬議員の質疑で使用されたパネルより。クリックで拡大]

 もし慰安婦強制連行があったのなら、朝鮮人もそれに加担していたことになります。
 一般の警察官はもちろん、警部や高等刑事などの高い地位にいた朝鮮人も大勢いたのですから。
 警察官だけではなく、知事や議員を務める朝鮮人も大勢いました。
 このような体制にあった朝鮮半島で、日本側が一体どうやって朝鮮人女性の強制連行を実行できたというのでしょうか。

 もし慰安婦強制連行があったのなら、加害者側の証言が出てきてもおかしくありません。
 戦争一般で加害を証言したがる日本人はたくさんいますが、慰安婦に関して加害を証言した人は誰もいません。
 たった一人、吉田清治が著書『私の戦争犯罪―朝鮮人強制連行』(1983年)で「済州島などで戦時中に朝鮮人女性を慰安婦にするために軍令で強制連行した」と“証言”しましたが、これは後に創作であったことを本人が認めています。

 もし慰安婦強制連行があったのなら、その目撃者は強制連行された人の何倍もいたはずです。
 が、第三者の目撃証言は一切出てきていません。
 親兄弟など親族の証言すらありません。
 明らかにおかしな話です。

 今年4月に起きた韓国のセウォル号沈没事故を思い出して下さい。
 犠牲となった高校生らの家族は、政府などに対して連日、激しく抗議しました。
 家族の気持ちは分かるけれども、日本人の感覚として、「何もそこまで……」と引いてしまった人も多かったでしょう。

140706-02seuol.jpg

 もし慰安婦強制連行があったのなら、慰安婦にされた女性の家族は怒り、泣きわめき、大きな抗議運動に発展したのは間違いありません。
 ところが、実際はそんな抗議運動は一切ありませんでした。

 比較として、慰安婦とは全く関わりのない以下の事例を見て下さい。

 1929年10月のことです。
 全羅南道の光州への汽車通学中に、内地人(日本人)の中学生(当時は高等普通学校)が朝鮮人女学生をからかい、女学生の兄とその内地人中学生が喧嘩になりました。
 喧嘩はそこで終わらず、朝鮮人中学生と内地人中学生の小さな集団による喧嘩にまで発展しました。

 警察は関係者を連行して取り調べました。
 が、その際、内地人学生と朝鮮人学生の取り扱いに差別があった、ということで、光州の朝鮮人中学生が抗議運動を展開しました。
 この抗議運動は光州で留まらず、間もなく全朝鮮の朝鮮人中学生に拡大しました。
 4万人以上の学生を動員したこの運動は、光州学生事件と呼ばれています。

 日本人と朝鮮人の扱いに差別があったという、たったこれだけ(と言っては語弊があるでしょうが)のことでも、全朝鮮に抗議行動が拡大したのです。

 これほどまでに差別に敏感でプライドも高い朝鮮人が、仮に自分の娘や姉妹や、近所の女性らが強制連行などされたら、絶対に黙ってはいなかったでしょう。

140706-03enzaiTaka.jpg

 要するに、慰安婦強制連行があったと主張する人たちは、元慰安婦の証言しか拠り所がないのです。
 しかも、その元慰安婦の多くは、「親に売られた」あるいは「いい仕事があると騙された」と証言しています。

 軍人や官憲(警察官など)に連れて行かれたと証言している女性たちも、自分を連れて行った相手が日本人なのか朝鮮人なのかはっきりしなかったり、当時の事実と照らして明らかな矛盾があったり、証言がころころ変化したりと、信憑性に乏しいものばかりです。

 河野談話作成時に韓国で行われた元慰安婦16人の聞き取り調査報告書(産経新聞が昨年入手)を見ただけでも、証言の怪しさは分かります。

 16人のうち6人が、大阪、熊本、下関、台湾の慰安所で働かされたと証言しています。
 が、これらの町には合法的な公娼街はあっても、軍の慰安所は存在しませんでした。
 そもそも軍の慰安所というのは戦地に存在したものです。

140706-04kingakujun.jpg

 証言の変遷について言えば、16人の中で最も有名なのは金学順氏です。
 初めて名乗り出た元慰安婦で日本政府を相手取った訴訟の第1号です。

 金学順氏は、名乗り出た直後は「貧しさのため母に40円でキーセン(妓生。朝鮮半島の芸妓・娼婦を指す)に売られ、その後、検番(置屋)の義父に連れて行かれた」と話していました。
 訴状の中にもそう書かれてあります。
 ところが、後に証言を変えました。
 「業者の人と北京の食堂でご飯を食べていたら、日本の軍人が来て連行された」と……。

 ちなみに、元慰安婦16人の聞き取り調査には、弁護士の福島瑞穂氏(現参議院議員で社民党副党首)も同席していました。
 金学順氏はかつてNHKにも出演しましたが、彼女をNHKに売り込んできたのも福島氏だったと、元NHK職員の池田信夫さんは話しています。


 そもそも韓国側は、慰安婦について戦後長い間、全く問題にしてきませんでした。
 元慰安婦が強制連行されたと最初に公に名乗り出たのは、1991年です(先述の金学順氏)。

140706-05takagi.jpg

 なぜ戦後何十年も経ってから問題になったのか?
 高木健一氏など日本の人権弁護士、サヨク活動家らが“被害者を発掘”したからです。
 「日本政府に訴訟を起こせば、お金になる」と、そそのかして。

 かつて朝日新聞ソウル特派員だった前川惠司氏は、元慰安婦らのこんな様子を、2014年4月15日発行『亜細亜大学アジア研究所所報』第154号への寄稿で明かしています。

「『今度、国連に訴えたので、もらえるお金もうんと増えるといわれたの。本当かしら』と、嬉しそうに顔をくしゃくしゃにし、金を得たら、これを買う、あれを買うと皮算用を膨らませていた

 前川氏は、産経の取材にもこう述べています(産経2014.5.23 08:32)。

「あのころのおばあさんたちは、苦しい生活のなかで、名乗り出ればお金がもらえるんだと、単純に考えていた印象です。素朴なおばあさんたちでしたから」

 お金に目がくらんだ元慰安婦たちを責めるのは簡単です。
 私は、彼女たちの弱さや純朴さに付け込んだ日本のサヨクにより怒りを感じます。
 彼女たちの多くは、老後、孤独で侘びしい生活を送っていた人たちであり、そこに言葉巧みに近づいて、まんまと「被害者」に仕立て上げたわけですから。

 ちなみに、秦郁彦さんが、金学順氏がキーセンに売られた人であることを、彼女の弁護士である高木健一氏に指摘したところ、高木氏はこう返したそうです。

「あれは玉が悪かった」
「今、次のいいのを準備している」


130308-06kannyo1.jpg
2013年3月8日衆院予算委員会の中山成彬議員の質疑で使用されたパネルより。クリックで拡大]

 こういった流れの中で、朝日新聞が歪曲報道も交えながら「放火」を続けた結果、日韓の外交問題に発展。
 河野談話作成への流れができあがってしまいました。

 つまり、情けないことに、この問題はもともと日本発なのです。

 盧泰愚大統領(在任1988~93年)も、浅利慶太氏との対談でこう述べています(『文芸春秋』1993年3月号)。

 「(慰安婦問題は)実際は日本の言論機関の方がこの問題を提起し、我が国の国民の反日感情を焚きつけ、国民を憤激させてしまいました」

 逆に言えば、日韓正常化交渉の際に慰安婦が議題にならなかったのは、当時韓国では日本統治時代を知る人がほとんどで、「慰安婦=売春婦」であるという共通認識があったからに他なりません。


 先ほど、元朝日新聞記者の前川惠司氏の証言を少し紹介しました。
 1992年4月から94年9月までソウル特派員を務めた人です。
 ※河野談話発表は1993年8月4日。

 前川氏は、慰安婦にまつわる自社の報道に当初から疑問を感じていたことを、最近になって明かしています。
 ここから先、さらに前川氏の証言を紹介していきます。
 慰安婦強制連行がなかったことを補強できると思います。

140706-06yoshida.jpg

 吉田清治(上記画像)の嘘証言は、1996年の国連クマラスワミ報告や2007年のアメリカ下院121号決議などの事実認定で有力な証拠として用いられてしまっていますが、前川氏は、1980年の時点ですでに吉田の怪しさに気づいていました。

 ※吉田の著書のうち、『朝鮮人慰安婦と日本人―元下関労報動員部長の手記』は1977年出版。そして慰安婦問題の発端となったとされる『私の戦争犯罪―朝鮮人強制連行』は1983年出版。

 前川氏は産経新聞の取材に、このように述べています(産経2014.5.23 08:32)。

 「確か80年に川崎支局で『韓国・朝鮮人』という続き物をやっていたころ、吉田(清治)が『自分の話を聞いてほしい』と支局に電話をかけてきた。彼の自宅に行って3、4時間ぐらい話を聞いたが、(核心部分の)済州島の話はまったくでなかった。尋ねるたびに話のつじつまが合わなくなるので結局、多くは書かなかった

 前川氏は「多くは書かなかった」と話していますが、朝日新聞は91年から92年にかけ、吉田の嘘証言をウラも取らずに4回に渡り報道しています(但し前川氏がそれらの記事に関わったかどうかは不明)。

 さらに、前川氏は、2014年4月15日発行『亜細亜大学アジア研究所所報』第154号で、ソウル特派員時代に出会った日本統治時代を知る韓国人とのやりとりを、こう告白しています(雑誌『正論』2014年7月号、西岡力氏の記事の孫引き)。

「身近な人で慰安婦にされた人はいるか。
 当時住んでいた村とか町で、日本兵や日本の警察官に無理やり連れて行かれた娘がいたか。
 そんな噂を聞いたことがあるか」
 と、伝手(つて)を総動員して、60歳を超えた人たちに尋ねて回った。
 友人のお母さんから新聞社幹部、元軍人、大学教授など相当の人数になった。
 済州島の新聞も同じ手法の取材をしたそうだが、質問にうなずいた人はいなかった。
 ある人はこう言った。
 無理やり娘を日本人がさらったりしたら、暴動が起きましたよ
 別の人が言った。
 酒1升のために娘を売る親はたくさんいました。
 街の女郎屋に売ったら、娘が稼ぎを手にできるか分からなかったです。
 軍がらみのところなら、稼ぎはちゃんともらえる。
 だから軍隊の方に売ったのです。
 売った先が軍の慰安所というのは、せめてもの親心だったのです


 要するに、慰安婦強制連行の捏造・放火の真っ最中だった当時の朝日新聞内部にすでに、その虚構に気づいていた記者がいたということです。

 前川氏の告白について、西岡力氏はこう感想を述べています。

 「前川氏は朝日新聞を辞めた後、このようなことを書くのではなく、現役の記者の時、自社の慰安婦報道を告発すべきだったと強く思う」

 激しく同意!!(*'ω')(,,*)

140706-07seiron.JPG

 『正論』2014年8月号(7月1日発売)で、西岡氏はその前川氏と対談しているのですが、そこでもやはり「なぜ本社に対して訂正記事を出すべきだという意見を言わなかったのか」と問いただしています。

 具体的には、1991年8月11日付朝日新聞朝刊大阪版の植村隆記者(現在は退職して北星学園大学非常勤講師)の記事についてです。
 これは、金学順氏のインタビューとともに、「女子挺身隊」の名で慰安婦が戦場に連行されたと、事実をねじ曲げて伝えた内容でした。

※「女子挺身隊」は1943年に制度化され、軍需工場などへ動員された女子勤労奉仕隊ですが、金学順氏が「女子挺身隊の名で連行された」とした1939年には、まだ存在していませんでした。

140106-07ianfu.jpg

 前川氏はこう弁解しています。

明らかな間違いですから、訂正は早々と出しているだろうなと思っていました。
 新聞記者は、それぞれがそれぞれの判断で記事を書いているわけです。運動団体ではありませんから他の記者が書いた記事に『それは違うだろう』と口を挟むことは、滅多にありません。
 親しい記者同士が個人的に言い合うことはありますが。自分なりの判断は、自分が書く記事に反映していけばよい、というスタンスでした」


 えっ……??
 ちょっと何言ってんのか分かんない(  ゚ ▽ ゚ ;)

 「ではあなたは慰安婦問題についてはどういうスタンスだったのか」と西岡氏が問うと、前川氏は「特派員として事実関係は報じる。集会が開かれた、デモがあったといった事実は東京に送ると決めていた」と返答。

 これに対し西岡氏は、その集会やデモを行う組織自体が『女子挺身隊=慰安婦』という誤った事実をもとにした名(韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協))を名乗って運動していたことを指摘。

 そして、そのことにより韓国で『挺身隊=慰安婦』という大きな誤解が起き、世論の反日感情が沸騰し、戦後生まれの人たちの慰安婦のイメージの原型にもなったことや、さらに日本国内でも「日本は韓国にひどいことをした」というトーンになってしまったと説明。

 その上で、「あなたが特派員としてソウルに来る前のことだったかもしれないが、(挺身隊=慰安婦ではないことは)特派員として報道すべき事実だったと思う」と突っ込んだところ、前川氏の答えは、なんと……

「率直に言えば、その間違いに呆れるだけで、ニュースにするという知恵がなかった。
 間違った事実に乗って積極的に記事するようなことはできないよ、という冷めた気持ちだったですね。
 今考えるともっと記事にする方法を考えるべきだったかもしれません」


 はああ??何じゃそりゃ!?∑( ̄△ ̄;)
 呆れるのはこっちですよ!!(#゚Д゚)

140706-08uemura.jpg

 実は『挺身隊=慰安婦』という捏造記事(西岡力氏は「誤報」と言ってますが)を書いた植村隆記者の妻は韓国人で、太平洋戦争犠牲者遺族会(慰安婦等の支援団体で金学順氏の訴訟の原告団体)の会長の娘でした。
 つまり、植村記者は会長の義理の息子であり、金学順氏の裁判の当事者の身内だったわけです。

 そこで当然ながら西岡氏は「自分の肉親に関わっていることだからこそ、公正であるべきではなかったか」と突っ込むのですが、前川氏の答えが、これまたなんと……

「普通の考えでは、彼は関わらないでいるのが常識でしょうが、そこに家族の情が絡んでしまうのが韓国社会。
 誤報問題とはやや切り離して見ていただくのも、武士の情けではないでしょうか


 ぶはっ!!!(*´'Д'):;*.':
 マジで茶噴いたわ!!

 これが日本のクオリティペーパーを自称する朝日新聞の実態です。

 でもこれ、逆に考えれば、早い段階から自社の慰安婦報道が虚偽であることに気づいていた朝日の記者は、潜在的にかなりいたと言えるのではないでしょうか。
 知っていて、保身のために口をつぐんできたのではないでしょうか。

 もうひとつ、西岡力氏が苛立ちをもって指摘しているのが、これです。

 「(元慰安婦16人の)聞き取りの裏付け調査をせず、その結果も極めて信憑性に乏しいものであったことは、昨年秋の産経新聞の報道で初めて世間に知られたんですよ。ソウル特派員の人たちは当時から知っていたとは驚きですし、早く報道していただきたかった

 ただ、そんな中でも前川氏が、韓国の支援団体のうさんくささを早くから見抜き、それを記事にしようとしてきたのは事実のようです。

 前掲の『亜細亜大学アジア研究所所報』の中で、こう書いています。
 (これも『正論』2014年7月号西岡力氏の記事の孫引き。産経2014.5.23 08:32でも紹介されている)。

【1993年11月、韓国の古都・慶州で当時の細川護煕首相と金泳三大統領との会談があったときのことだ。
 韓国はもう冬の季節、身を刺す氷雨の日に、韓国の支援団体が、おばあさんたち10数人を中心にしたデモをした。
 分厚いジャンパーを着こんでいても堪えられない寒さなのに、おばあさんたちときたら、薄い生地の白いチマチョゴリで、傘もささず雨の中を歩かされていた。
 時おり、リーダーのハンドマイクに合わせ「日本は補償しろ」と叫んでいたが、顔は蒼白である。
 「いくらなんでもカッパぐらい着せてあげなければ。おばあさんたちが風邪をひいてしまう」
 と案じた目の前で、おばあさんたちの1人が倒れた。
 「これが人権団体のやることか」と思わざるをえなかった


 当時ソウル特派員だった前川氏は、この元慰安婦らの姿を、デモの原稿の最後にくっつけて出稿しました。
 しかし、本社はこの部分は使わず、カットしたそうです。

 韓国側に不利になる(日本側に有利になる)ことは報道しないという、当時の(今もそうだが)朝日新聞社の姿勢が見てとれますね。

 なお、『正論』8月号にはほかに、元週刊朝日編集長や朝日新聞編集委員などを歴任した川村二郎氏も寄稿していますが、やはり植村記者の1991年8月11日付記事を批判しています。

 何でみんな現役記者の時には言わないで、辞めてから言うんでしょ?
 ジャーナリストといえども所詮はサラリーマン、やはり保身が第一ってことなんでしょうか。


 元朝日記者の言い訳に呆れて、途中やや脱線しましたが、冒頭に私が書いた、「歴史に詳しくなくても常識的な判断ができる人なら慰安婦強制連行が虚構であることは分かる」という目的はある程度、達成できたのではないかと思います。

 それプラス、慰安婦問題が国内外の反日団体や朝日新聞によって作り上げられたものであることも、改めて分かっていただけたでしょう。

 但し、韓国人には、今日のお話は全く通用しません。
 彼らは、日本が絡むと正常な判断ができないからです。

 同時に、韓国側の長年のプロパガンダにより誤った情報を刷り込まれてしまっている欧米の多くの人たちにも、残念ながらほとんど理解してもらえないでしょう。

140706-09baishun.jpg

 「慰安婦は性奴隷ではなく、売春婦」

 これは歴史の真実ですが、このようなストレートな反論は危険です。
 日本では通用しても欧米には通用しません。

 これまで何度も書いてきましたが、欧米では、慰安婦問題に関してはすでに韓国側の主張がスタンダード(事実認定されたもの)になってしまっています。

 その上、彼らは人権問題全般、特に女性問題に非常に敏感です。
 それは先日の東京都議会の「セクハラやじ」に対する欧米メディアの反応を見ても明らかでしょう。

140701-03beigun.jpg

 ブーメラン効果が期待された米軍慰安婦訴訟(朝鮮戦争の休戦後、在韓米軍基地近くの売春街(基地村)で米兵ら相手の売春をしていた韓国人女性たちが韓国政府に賠償を求め、6月25日に起こした集団訴訟)も、今のところほとんど欧米には伝わっていないようです。
 (韓国メディアは積極的に英語配信はしないだろうし、日本でも英語配信しているのは朝日新聞ぐらいしかありません)

 こうしている間も、韓国側のプロパガンダはどんどん進行しています。
 米カリフォルニア州グレンデール市では、慰安婦像設置から1年となる今月30日に合わせ、今年1月のフランス・アングレーム国際漫画祭で物議を醸した「慰安婦漫画」の展示会など、慰安婦関連の複数の行事を準備しているそうです(産経2014.7.6 07:00)。

 欧米の誤解を解くため、日本は何をしていけばよいのか?

 ……長くなりそうなので、稿を改めることにします。








※「ぼやきくっくり」「お気楽くっくり」はAmazonアソシエイト(アフィリエイト)に参加しています。拙ブログで実際に紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になる仕組みだそうです。「寄付」的にご協力いただければ幸いです<(_ _)>


※拙ブログ関連エントリー(慰安婦問題(厳選))
・(旧ブログ)06/3/4付:朝日はいつまで「元慰安婦」を利用するの?(李玉善氏と金君子氏の証言の変遷)
・(旧ブログ)06/3/19付:米連邦最高裁判所が「慰安婦」にNO!
07/2/22付:「報道2001」慰安婦問題ホンダ議員生出演
07/3/17付:【資料】慰安婦問題おさらい10問10答
07/3/19付:「たかじん」慰安婦問題(全文テキスト)
07/3/27付:「WiLL」慰安婦問題特集
07/4/9付:元慰安婦「李容洙」証言の矛盾
07/6/30付:慰安婦問題「寝た子を起こすな」でいいの?
11/12/12付:「従軍慰安婦」は朝日新聞の捏造です
12/6/2付:「慰安婦博物館」に寄付した日本の団体&韓国人の慰安婦への認識の変遷
12/8/27付:慰安婦問題まとめ2012
12/9/24付:「Nスペ 領土で揺れる日中・日韓」第二部韓国 櫻井よしこさん発言集(慰安婦問題で韓国論客を論破)
13/3/8付:中山成彬議員が衆院予算委で日本の真の朝鮮統治(インフラ整備、創氏改名、慰安婦など)を語ってくれました
13/4/10付:西川京子さんが衆院予算委で「従軍慰安婦」「南京大虐殺」の虚構と自虐史観に侵された入試問題について語ってくれました(中山成彬さん質疑まとめ付き)
13/5/25付:【文字起こし】面談ドタキャンで元慰安婦支援団体会見
13/5/27付:「たかじん委員会」慰安婦は当時必要だった?日本占領下の米軍の実態とは?韓国人教授が語った慰安婦の実態とは?
13/6/8付:韓国人が告発した韓国軍慰安婦の実態
13/6/15付:三輪宗弘先生の「大韓民国の物語」書評で改めて見えた韓国の民族主義と李栄薫教授の苦悩
13/7/27付:慰安婦強制連行があったのなら、なぜ朝鮮人男性は反乱も起こさず黙っていたのか
13/8/6付:【拡散】米ブエナパーク市の慰安婦像設置を阻止しよう!負の連鎖をここで断ち切ろう!
13/8/10付:【これはひどい】慰安所従業員日記を発見した安秉直ソウル大名誉教授の“手柄”を高麗大学韓国史研究所の朴漢竜研究教授が横取り!?
13/9/21付:慰安婦シンポで「韓国人売春婦6万人も救済を」に吉見教授「大きな問題ですので余力があれば…」
13/10/12付:韓国系・支那系による日本人いじめの実態…在米日本人主婦らの証言
13/10/16付:河野談話の根拠崩れる!元慰安婦のずさんな聞き取り調査報告書を産経が入手
13/11/9付:元慰安婦16人の証言を西岡力氏が分析!証言のいい加減さと日本政府の調査のずさんさが改めて浮き彫りに
13/11/23付:韓国の諺と小説に「慰安婦=売春婦」の重大ヒント&宮古島慰安婦碑の真相
13/12/21付:続・韓国軍によるベトナム民間人虐殺問題「SAPIO」13年1月号(ライダイハン)
14/1/28付:「アンカー」有本香さんがNHK会長を慰安婦問題で質問攻めにした朝日新聞を批判
14/2/1付:ミヤネ屋で籾井会長の慰安婦発言を批判した元NHK職員の正体…Tweetまとめ14.01.16~14.01.31
14/2/3付:韓国「慰安婦漫画」仏の国際漫画祭で日本側が冷遇された本当の理由?
14/2/14付:NHKワールドの慰安婦解説が河野談話より酷い件
14/2/18付:売春大国韓国<反日慰安婦プロパガンダ の欺瞞
14/2/21付:【署名】河野談話見直しを求める国民運動署名【拡散】
14/4/26付:NHK 時論公論「在米韓国ロビーと慰安婦問題」日系の苦悩を完全スルー!出石直氏の偏向解説アーカイブ
14/2/27付:「アンカー」なぜ中韓はいま日本叩きか&河野談話めぐる石原証言の意味と自民が河野洋平を国会に呼びたくない理由
14/3/29付:河野談話見直し署名、締切までわずか!
14/6/2付:慰安婦問題で火付け役を自負する高橋喜久江…Tweetまとめ14.05.16~14.05.31
14/6/21付:河野談話作成過程の検証結果が出た!談話の“無力化”に向け一歩前進です
14/6/26付:「アンカー」河野談話検証報告書から見える慰安婦問題の真実 『見直さない』の真意は? 抜け落ちた『慰安婦は身売り』 独立記念館は捏造だらけ
14/7/1付:米軍慰安婦訴訟は日本にとって吉か凶か…Tweetまとめ14.06.16~14.06.30

okirakubanner.jpg「お気楽くっくり」更新済
 美しい風景の数々。

このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

※拉致被害者奪還 日本列島縦断デモ行進はじめ、各種デモ・集会のまとめ
 http://ameblo.jp/hosyuyamato/
竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-1.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1436-a94d70a9

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索