ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

記録より記憶に残る真央ちゃんの演技…感動をありがとう!

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

★「河野談話見直しを求める署名」にご協力下さい。3月末日締切。詳細こちら。
★慰安婦像撤去求めNPO法人がグレンデール市を提訴しました。訴訟支援のための寄付にご協力下さい。詳細こちら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

140221-01namida.jpg

浅田、完璧トリプルアクセル 積み重ねた努力凝縮、万感の自己ベスト更新(産経2014.2.21 08:59)
浅田、演技後の涙は「目指した演技できたし、悔しさも少し」 一問一答(産経2014.2.21 08:04)
浅田「ソチへの道」ゴール 「自分の道切り開く」先駆者に区切り(産経2014.2.21 14:10)

 浅田真央ちゃんのフリーの演技、本当に素晴らしかったですね!
 こんな感動は何年ぶりだろう……。・゚・(ノД`)・゚・。

 最初におことわりしておきますが、私は真央ちゃんは好きですが、フィギュアの技術的なことはよく分かりません。

 採点がおかしいとか、ジャッジが偏っているとか、他国の選手との比較も含めてネットではいろいろと言われていますが、今日はそういったことには触れません。

 ただただ、この感動を書き残しておきたい。
 その一心で今日は書きます。
140221-02axel.jpg

 冒頭、トリプルアクセルまでの間、たぶん私は息をしていませんでした。

 真央ちゃんが着氷した瞬間、ふわぁっと大きく息を吐き出しました。

 ああ!決めてくれた!

 そこからはもう、あっという間に真央ちゃんの世界に引き込まれました。

 その後のジャンプも全てきれいに着氷。
 その都度、私の体は震えました。鳥肌が立ちました。

 6種類の3回転ジャンプを、全部で8回も跳んだ真央ちゃん。
 これは女子フィギュア史上初の挑戦だったそうです。

 回転不足などもあり「全6種類の3回転」は達成できなかったものの、自己ベストの142.71点をマークしました。

 ショートプログラムを合わせた全体の順位は6位でしたが、フリーだけで見れば3位でした。

140221-03tokuten.jpg

 2月21日(金)の関西テレビ「アンカー」で織田信成さん曰く……

 「もっと評価点あげていいぐらい本当にきれいなトリプルアクセル」
 「男子のトップ選手でも難しい」
 「こだわり、分かる。跳べた時の自分とファンの喜び」
 「浅田選手の中でも1・2を争うトリプルアクセルだったのでは」
 「最終滑走組であればもっと点数伸びていた」


140221-04scate.jpg

 でも、こういった数字の話も技術の話も、私にとってはあくまで後付けでしかありません。

 あー、ええもん見せてもろたわぁ、ありがとう!

 ……という、胸の奥からドーンと突き上げてくる喜び、すがすがしさ。
 と同時に、ワクワクとドキドキとゾクゾクが同居した、何とも形容しがたい感情。

 これを人は「感動」と呼ぶのだ!\(^o^)/

140221-05step.jpg

 流れるような美しい技の連続。

 演技の終盤はもう見ているこちらがこみ上げそうになっていたのですが、そばに夫がいたので、グッとこらえていました(^^ゞ
 
 そして演技終了。

 真央ちゃんは感極まったように涙があふれ……、でもすぐに笑顔を見せてくれました。

140221-06smile.jpg

 ああ、やりきったのね!納得行く演技ができたのね!

 真央ちゃんの思いが瞬時にダイレクトに伝わってきて、私はもう涙をこらえることができませんでした。

 そしたら隣りで、夫が「鬼の目にも涙やな」って……、ほっといて!(-.-#)

 でも、その夫も、「もともとあんまりフィギュア見いひんけど、俺が今まで見た中で一番良かった!」と拍手でした。
 (私以上に素人。ちなみに真央ちゃんよりは安藤美姫さんがタイプ)


 ここで時計の針を1日巻き戻します……。

 2月20日(木)の未明(日本時間)に行われたSPは、悲しいまでに無残な結果に終わった真央ちゃん。

 真央ちゃんは最終滑走で、私もさすがにそんなに遅くまでは起きていられないので、見ずに寝る予定でいたのですが、たまたま木曜未明は、毎週恒例の青山繁晴さんの「アンカー」書き起こしをしていて……。

 作業を終えてブログにUPしたら、もう真央ちゃんの出番までさほど時間がなかったので、結局、生で見たんです。

 ……そしたら、まさかの16位。

 直後のインタビュー、真央ちゃんの茫然自失ぶりを見て、もう私は胸が詰まって、眠れなくなりました。
 (こんな状況でマイクを向けられても、誠実に応える真央ちゃんの健気さが、また切なかった。・゚・(ノД`)・゚・。)

 最終滑走のうえに、直前が地元ロシアの選手だったりで、滑走順に恵まれなかったことが失敗の原因と言われましたが、もとはと言えば、国民の大きすぎる期待、マスコミ(韓国も含め)の過度の取材、それらが引き起こしたプレッシャーなのでは……?

140221-07short.jpg

 というのも、SPの演技の数時間前、2月19日(水)の「報道ステーション」でこんな場面がありました。

 直前練習の時、松岡修造さんが外国人記者らに真央ちゃんについてインタビューをしていたところ、ロシアの記者だったか、「真央はいろいろ背負いすぎだ」という趣旨の話をしていたのです。

 その通りで、私たちはあまりにも多くのものを真央ちゃんに背負わせてきたのではないでしょうか。

 昔からそうだったけれども、4年前のバンクーバー五輪の後は、さらに多くのものを。
 具体的には、「次のソチではきっと金メダルを!」という……。

 バンクーバーの後、真央ちゃんは佐藤信夫コーチに師事し、スケートの基礎から取り組み、ジャンプも作り直すという過酷な課題に取り組みました。

 その途上で、お母様を亡くされ…、ジャンプは決まらなくなり…、優勝からも遠ざかり…。

 それでもマスコミは、「真央ちゃん金メダルへの道」というストーリーを作り上げ、国民もそれに踊らされた。

 いえ、本当は踊りたかったのですよね、国民も。
 オリンピックで表彰台の一番高い所に上る真央ちゃんの姿を見たいから。

 真央ちゃんは、そんな日本中のあまりにも大きな期待を、真っ正面から、真っ正直に受け止めてしまったのでしょう。
 人一倍まじめな性格であるがゆえに。

 フリー当日の朝の練習も不調だったという話なども伝えられ、このままではフリーでも満足行く演技ができないのではないかと、悲観的に考えた方も多かったのではないでしょうか。私もその一人です。

 ああ、もう順位なんかどうでもいい。
 たとえ記録に残らなくてもいい、記憶に残る演技をしてほしい。

 いや、もはやそんなワガママも言いません。

 真央ちゃん自身が納得の行く演技をしてくれればそれでいい。
 とにかく悔いのない滑りをしてほしい。

 最後に真央ちゃんの笑顔が見られればいい!

 長年、真央ちゃんの成長を見守ってきた多くのファンや国民にとって、それは共通の願いであり、祈りでもあったのだろうと思います。

 そして……。


<ダイジェスト>浅田真央 6位 フィギュア 女子シングル フリー(NHK動画)
http://olympic.nhk.or.jp/videos/video/0220-free-asada.html


 ノーカット版、テレビやネットも含めてもう5回以上見ていますが、何度見てもこみ上げてくる(T_T)

140221-08namida.jpg

 金メダルのソトニコワ選手、銀メダルのキム・ヨナ選手など、上位選手を中心に他の人の演技も見ました。

 が、ひいき目と言われてしまえばそれまでですが、真央ちゃんは私の中でやはりダントツ。

 ジャンプはもちろん、とにかく何もかもが滑らかで美しい。
 後半のステップも軽やかで、まるで羽根が舞っているよう。
 しかも最後まで全く疲れを感じさせませんでした。

 私のワガママな願い「記録には残らなくても記憶に残る演技」を、まさに地で行ってくれました。

 SPの後、私は寝付けなかった。真央ちゃんの気持ちを思うと辛くて。
 フリーが終わった後も寝付けなかった。今度は、嬉しくて、興奮して!

140221-09zenkei.jpg


 それにしても、前日あんなに辛い状態だったのに、なぜわずか1日後に、ここまですごい演技ができるのだろう?

 真央ちゃんは強い子だ…。
 私だったら絶対引きずる。たった1日でモチベーション上げるなんて無理。

 実際、SPの後、どうやって気持ちの整理を付けたのでしょう?

 試合を終えた翌日、21日(金)のNHK「ニュース9」の生インタビューで、真央ちゃんはこう答えていました。

 「朝の練習で、思い通りにできなかったんですけど、本番までに考えて、自分で何とか整理を付けて、本番に臨むことができました」

 「いろいろ、いろいろ考えたんですけど、もう最終的には、今までやってきたことを信じて、信夫先生(佐藤信夫コーチ)とも、『もうやることは全てやってきたから、できないことはない』って、いうふうに言っていただいて、もう自分を信じて、無心で行けました」

 「ショートがああいう結果になってしまって、自分も、怖さと、もう逃げ出したいって気持ちと、明日大丈夫かなって気持ちがあったんですけど、何とか頑張って立て直すことができました」


140221-10NHK.jpg

 真央ちゃんは、佐藤コーチに関しては、テレ朝の五輪の特番に生出演した時にこんな話もしていました。

 「先生の経験から、話があって、『昔、生徒さんで熱があっても完璧に滑った選手がいるから、自分(真央)は熱でも何でもないから、死ぬ気でできるから』と、『何があっても先生がもしあったら、助けに行くから』と言ってくれて、もうやるしかないと思いました」

 土壇場で開き直ることができた真央ちゃん。
 そして、何よりも、自分のこれまでの積み重ねを信じることができた真央ちゃん。
 やっぱり強い子だなぁと私は思います。

 そういったことも全て含めて、間違いなく言えることがひとつあります。

 真央ちゃんは、金メダルと同じかそれ以上に大切なものを私たちにくれました。
 目には見えないけれども、いつまでも多くの人の心に残るものを。

 真央ちゃんのお姉さんの舞さんがブログにこう綴っていますが、まさにその通りです!

 「最後まで諦めずに頑張る姿は、メダルがなくても、こんなにも嬉しくて特別な感情になれることを世界中に教えてくれました。感謝したいと思います」


140221-11te.jpg

 今後のことについて、真央ちゃんははっきりと明言はしていませんが、3月の世界選手権の出場は決まっています。

 先のNHKのインタビューでは、「世界選手権で、たくさんの方に恩返しできるよう頑張ります」と言っていました。

 このまま行けば、それがおそらく現役最後の試合となるのでしょう。

 ファンの間では、また4年後を目指してほしいという声も少なくないようです。
 今回、銅メダルを獲得したイタリアのコストナー選手は27歳だし(真央ちゃんは現在23歳)、次も行けるんじゃないの?と…。

 でも私は個人的には、もうプレッシャーから解放してあげたいです。
 そして、今までできなかった、若い女の子らしいこととかを思い切りさせてあげたいなと。

 私なんかが今さら言うまでもないことですが、真央ちゃんは偉大なアスリートです。

 トリプルアクセルに代表されるように、リスクが大きいことに、しかも大技のわりにはさほど点をもらえない、そういう他の人がやらない(やれない)ことに果敢にチャレンジし続けてきた人です。

 バンクーバーでは悔し涙で終わった真央ちゃんが、ソチでは万感の涙で終われた。
 「やりきった」彼女に、これ以上求めるのは酷ではないかと思うのです。

140221-12namida.jpg


 話は変わりますが、最近ネットで拡散されている真央ちゃんの人となりが良く表れたエピソードを見つけたので、転載します。
 UPされた日付など勘案すると、ソースはこちらのブログさんかな?

「魂が震える話」ブログ(2014-02-09 07:00:00)

【中国で開かれたアイススケートショーに参加した浅田真央に、現地の通訳として一人の中国人女性がついた。

 彼女が真央を担当したのはたった4日間だったが、真央の人柄に惚れ、別れる時には号泣したという。

 その通訳によると、真央は中国においてもスターであるにもかかわらず、プライベートでも尊大なところが一切なかったそうだ。

 いつも笑顔で、取り囲むファン一人一人の要求に丁寧に応えていたらしい。

 時間には正確で、逆にスケジュールが変更になってしまった場合にもまったく不平を言わない。

 部屋の掃除をマネージャーがしようとすると、あなたは忙しいから、とそれを制して自分で掃除を行う、など誰に対しても礼儀正しく明るく接していたという。

 その通訳はこれまで何人かの大物スターの通訳を担当してきた。

 それまでのスターたちは自分にとって利益のある人には愛想よく、メリットのない人には冷たい別の面を見せていた。

 そんな中、出会った浅田真央を知って、彼女のような人こそ本物のスーパースターというものなのだ、と思ったという。

 そして彼女はこう語った。

 「浅田真央さんと過ごした数日で、私は日本人に対する見方が変わりました。そして真央を応援する中国のファンは、本当に価値のあるものを見分ける目を持っていると思います」と。

 「有名人の泣ける話」
  著名人秘話研究会 編
  サンクチュアリ出版より】



 真央ちゃんはスケーターとして優れているだけでなく、人柄も素晴らしいんですよね。

 でなければ、同じスケート界の人たちからここまで励ましや賛辞のメッセージは寄せられないと思います。

世界中の多くの名スケーター達が真央ちゃんに暖かい言葉をかける『翻訳文あり』 #MaoFight
浅田真央に賛辞を贈るスケート界の著名人ツイートまとめ #figureskate #MaoFight


 あのプルシェンコ選手からもメッセージが…。
 英語が不得手な私もこれなら意味分かる!(^_^;



140221-13suzuki.jpg
[画像出典:鈴木明子選手のツイッター]


 申し遅れましたが、鈴木明子さん(8位)、村上佳菜子さん(12位)、お疲れ様でした!!

 鈴木さんもこれが最後のオリンピック。
 実は、足の故障を抱えていたそうです…(T_T)
 大人っぽいしっとりとした演技に魅了されました。

 村上さんは今回スマイルが少ししか見られなかったけど、まだまだ若いんだから次がある。
 4年後はもっとスマイルが見られますように(^▽^)


 あ、そうそう、大事なお知らせ。
 23日(日)NHK総合で午前1時30分から、エキシビションが生中継されます。お見逃しなく!(≧▽≦)

 日本からは羽生選手、高橋選手、町田選手、浅田選手が登場。
 他国の出場選手についてはこちらを。

140221-14nakama.jpg
[画像は2ちゃんねるの拾い物。出典不明]


 最後におまけ。

 すっかり関テレ「アンカー」の名物コーナーとなった、織田信成さんの【“滑らない”4回転解説】。

140221-15oda.jpg

浅田真央選手の演技を見て号泣する織田信成くん。(まとめ)

 真央ちゃんもええ子やけど、織田くんもええ子やなぁ~(^_^;



※「ぼやきくっくり」「お気楽くっくり」はAmazonアソシエイト(アフィリエイト)に参加しています。拙ブログで実際に紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になる仕組みだそうです。「寄付」的にご協力いただければ幸いです<(_ _)>


※拙ブログ関連エントリー
2/16付:羽生結弦選手が国旗に感謝…Tweetまとめ14.02.01~14.02.15


このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

※拉致被害者奪還 日本列島縦断デモ行進はじめ、各種デモ・集会のまとめ
 http://ameblo.jp/hosyuyamato/
竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-4.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1376-6eacd978

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索