ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「アンカー」有本香さんがNHK会長を慰安婦問題で質問攻めにした朝日新聞を批判

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

222-01takeshimaphoto-F22.jpg
 バナー各種こちらで配布しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今日1月28日は午前中にもう1本更新しています。
 ・NHK籾井会長発言をねじ曲げるメディアに公正中立を言う資格なし
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■1月28日放送「アンカー」NHK籾井会長の慰安婦発言

140128-01suari.JPG

 準レギュラーの有本香さんが、NHK籾井会長の慰安婦発言について語られました。
 有本さんのご発言についてはツイッターでよく要旨を紹介させていただいていますが、今回は普段にも増して注目すべき、貴重なお話をされていましたので、ブログの方に全文書き起こさせていただくことにしました。

 ご発言中の「従軍慰安婦」のところは、有本さんの心の中ではカッコ付きかもしれませんが、今回はカッコなしで入力しています。

 間投詞(「あの」「その」など)や言い直しもできるだけ再現しました。但し、細かい相づちなどは支障のない範囲でカットしています。

※引用転載はご自由に。連絡不要です。但し誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので、必ずこちらのURLを添えておいて下さい。
携帯の粗い画像なのであまり利用される方もおられないと思いますが、もし画像を利用される方は、直リンクでなく必ずお持ち帰り下さい。当方のサーバーへの負荷軽減のためご協力のほど宜しくお願いいたします。「直リンク」の意味が分からない方はこちらをご覧下さい。現在、直リンクされても画像が表示されない措置をとらせていただいています。



 内容紹介ここから____________________________
(国会代表質問についてのニュースVTRのあと)

岡安譲
「民主党の海江田代表の質問に急きょ加わったNHKの会長発言なんですが、有本さん、ぜひご意見をお聞かせ下さい」

有本香
「はい。これはあの、ちょっとまあ4つぐらいのポイントでお話ししたいんですけれども。まずあの、これ国会の代表質問で、するようなことではないと思います。もちろんあの、あれについてはまあ、色々その、問題はある、んですけれどもね。あの、これはまあこのあとでお話ししますが、あの、まあ、総務委員会ぐらいでやればいいことで、あの、このあとまた予算委員会なんかでやるのはぜひやめてほしいと思いますね。あの、もっと大事な問題たくさんありますから。で、なぜならば今の段階ではその、あの会長の、が、まあ個人的な見解とことわって発言をしただけであって、たとえばその、放送法に言われているようにですね、その、ま、番組、放送番組のその編集等において、ええ、政治的に公平であるかどうか、というようなことが問われるような事態でもなければ不祥事でもない。何も代表質問で言うようなことでもないですね。だからそういうことを、いちいち、その政治のパフォーマンスやショーのようにするのはもういい加減に国民もうんざりだと思います」

岡安譲
「はい」

140128-02momi.JPG

有本香
「それから2番目、3番目に言いたいことはですね、この会長の発言についてなんですけれども、この、会長は、まあその、メディアのトップということもありますし、あの、何か2つぐらいの会社の企業の、まああの、経営をされてきたようですけれどもね」

岡安譲
「ええ、ええ」

有本香
「やっぱりもう一度、企業のトップとしての、メディアの対応をですね、ご自分がメディアに会見で対応する、トレーニングを受けられた方がいいと思います(一同苦笑)」

岡安譲
「メディアの対応はなっていないんではないかと」

有本香
「はい。あの、やっぱりですね、この、ご自身でもおっしゃってるけれども、このことで議論をする気はないんだとかですね、あるいは、まあ個人的な見解で、いやぁあんまり言いたくないんだけどと言いながら、縷々(るる)言ってるわけですね」

岡安譲
「そうですね」

有本香
「ものすごく長く発言されていて、そして、いや、それはどうなんですかというふうに言われたらば、いやあの、会長としてはいかがですかと言われたら、いや会長としての発言じゃないから全部撤回しますと。あの、こういう責任ある立場の方というのはいったん口に出してしまったらあとから撤回するとか、やっぱりオフレコねってのはないんですね」

岡安譲
「綸言(りんげ)汗の如しですね」

140128-03ari.JPG

有本香
「はい。で、やっぱりこの方は、まあ意外と、おそらくお人柄のいい方なんだと思うんですけれどもね。やっぱり、記者とコミュニケーション取ろうとした。要するに記者が言ったことに対してノーコメントっていうふうに突っぱねるのも何だなあと思って、そうだよねなんて言いながら呼びかけながら話してる。居酒屋で話をしてるわけじゃありませんから、テレビカメラで撮られていたらその向こう側に何百万もの人が見てるわけで、それをやっぱり考えた、そのメディア対応というもののトレーニングを受けられる方がいいと思います。で、ご発言の内容ですけれども、細かい言葉足らずなところや何かはありますけれども、おっしゃってることは基本的には正しい。特にその従軍慰安婦の問題についてはですね、あの、この方が言ってることは別に間違ってはいないんですね。あの、従軍慰安婦という方々がいて、あの、前にも私、この番組で申しましたけれども、あの、戦時にですね、あの、戦争の時に、そして戦地に、あの、慰安所があり慰安婦がいた、これは事実ですね。で、それは心ならずもそうなった方もおられたことでしょうと、思いますが、日本軍が組織的に強制連行したという事実も証明されてなければ、あの、性奴隷にしたということも事実ではないですね。そして、こういうことも含めてですね、今やもう全てが日韓条約によって、終わっている話なんですね」

村西利恵
「うん」

有本香
「これを韓国側が問題にしている。そして個別に賠償しろと言ってきている。こういうふうなことになった、事柄についてですね、この方は基本的には正しい理解をされています。それで、今回のこの問題を、会長に対して質問したのは、朝日新聞の記者なんですね。そもそもこの従軍慰安婦問題というのは発端は何だったかというと、朝日新聞の、まあ、誤った報道によって起こった問題なんですね。要するに全く事実もないのに、あの、日本軍がその少女狩りをしたというような報道があって、それがもう何十年も政治問題になり、国際問題になり、韓国ではもうその賠償を要求するというような状況になり、今日の報道では、韓国政府はこの慰安婦対策費というものを何か2.何倍に増やすと、いうふうに発表したそうですね。で、宣伝により力を入れていくと言っている。こういう状況を招いた朝日新聞の記者が、やはりあの質問をした。で、私はむしろ、まあNHKの会長という立場ではあるけれど、政治家でも何でもない人に対してですね、この従軍慰安婦という問題についてどう思いますか、靖国の問題についてどう思いますかと、この方の見解を聞くということが、いったい何の意味があったのかと、いうふうに思いますね

村西利恵
「ああー…」

140128-04stu.JPG

有本香
「それよりも、では一連の、えー、この慰安婦の問題ですね、そもそも一番最初の発端を作った、しかも間違った報道によって発端を作った、朝日新聞の姿勢は正しかったんでしょうか。それは不偏不党だったと言えるんでしょうかと、いうところでむしろ問われるべきなんですね。で、最後に言いたいのは、ですからこの会長は、もし持論を展開するんだったらば、あとから撤回するような真似をしないで、これが正しい事実なんだと。それで、過去には色んなことがあったよねと。まあ、われわれ公共放送だけじゃなくて、国民的メディアである朝日新聞も含めてですね、色んな間違いもあったよねと。それでこれは、この問題は今日(こんにち)に至るんだよねと。今後は、事実をもとに、正しい報道をしていこうよと、いうような話で、きちっと全部言えば良かったんです、腹をくくって」

岡安譲
「撤回するぐらいなら言わなければいい」

有本香
「そうです」

岡安譲
「言うならば腹をくくれと」

有本香
「はい。で、これは個人的な発言ですなんていうことは通らないんですね。その、まあトップとしてですね、企業のトップとしてそもそも。NHKでなくてもですよ。ですからそこらあたりの自覚というのはきちっと持っていただきたいということはあるけれど、でも言ってた内容そのものは、それほど間違ってはいないし、個人的な意見ではなくて、あの、恥ずべき発言というふうに、海江田代表がおっしゃっていたけれども、何がどう恥ずべき発言なのか、もし私は、あの、機会があればですね、あの、ゆっくりお聞きしたいというふうに思っています

 ____________________________内容紹介ここまで


 有本香さん、よくぞ言って下さいました!<(_ _)>

 籾井会長にしつこく質問してた記者、どこの記者だろ?また朝日かな?と薄々は思ってたんですが、やはりそうだったんですね。

 このあと、もう一人のコメンテーターの鈴木哲夫さんの発言が続くんですが、内容はあまりないのでカットします。有本さんの発言にタジタジになってたという印象(あくまで私見です)しか残ってません。

 ひとつだけ挙げると、鈴木さん、籾井会長の「政府が右と言っているものを左と言えない」発言は大問題だと言ってましたが、ああまたか、もう聞き飽きたわ!と(これについては最初にリンク貼った1コ前の拙記事を参照)。

 有本香さんは現在「アンカー」には月に1~2度程度のご出演です。
 有本さんのツイッターその他には「レギュラーになって下さい!」というメッセージがよく届くようですが、これはやはり関西テレビが決めることですので、関西テレビにメールを送りましょう!


※「WiLL」2014年2月号は1月25日発売。大特集は「日本の新聞・TVにはほとほと愛想が尽きた!」。有本香さんの記事【知られざる韓国の歴史工作「朝鮮人追悼碑」事件】も掲載!雑誌の目次はここ。

※「ぼやきくっくり」「お気楽くっくり」はAmazonアソシエイト(アフィリエイト)に参加しました。拙ブログで実際に紹介している商品をクリックしてアマゾンを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になる仕組みだそうです。まだ始めたばかりで今後どうなるか分かりませんが、押しつけがましくならない程度にやらせていただくつもりです。これを生業とする気は全くなく、少しでも家計の足しになればという思いです。何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

※拙ブログ関連エントリー
 (有本香さん「アンカー」発言書き起こし)
2012/10/15付:「アンカー」中国による日本の土地購入問題で有本香さんの発言
2012/11/20付:「アンカー」中国による日本の土地買収問題第2弾!有本香さん現地取材

※拙ブログ関連エントリー
 (有本香さん「アンカー」発言要旨Togetterまとめ)
2013/5/28【スーパーニュースアンカー】慰安婦問題 有本香さんのコメント
6/18【スーパーニュースアンカー】中国毒ピータン問題 有本香さんのコメント
9/3【スーパーニュースアンカー】シリア情勢 有本香さんのコメント
11/12【スーパーニュースアンカー】中国3中総会閉幕 有本香さんのコメント
11/26【スーパーニュースアンカー】秘密保護法案委員会採決および中国防空識別圏設定 有本香さんのコメント
12/11【スーパーニュースアンカー】税制改正大綱、張成沢解任など 有本香さんのコメント
 この他にもTogetterにまとめなかった有本香さんの発言要旨ツイートがあります。気になる方は「くっくり」のツイッターまとめから検索してみて下さい。



このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

※拉致被害者奪還 日本列島縦断デモ行進はじめ、各種デモ・集会のまとめ
 http://ameblo.jp/hosyuyamato/
竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-4.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1363-a975787f

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索