ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

NHK籾井会長発言をねじ曲げるメディアに公正中立を言う資格なし

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

222takesima-8Ssnow.jpg
 バナー各種こちらで配布しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

140128-01momii1.jpg

 私は怒ってます!(-.-#)
 HHK会長に就任した籾井氏の就任会見における発言に対する、メディアの理不尽なバッシングに。
 特にテレビ。
 ニュース番組、ワイドショー、情報番組。
 籾井会長の発言を都合よく編集して放送し、視聴者に誤解を与えています。

 しかも司会者、コメンテーターもその紋切り型のVTRを見ただけでコメントをし、さらに誤解を広げています。
 (会見を一通り見た上でコメントしている人も中にはいるかもしれませんが、だとしたら確信犯でより悪質です)


 メディアが問題にしている発言は大きく言って2つ。
 (朝日と毎日の場合はこれに特定秘密保護法についての発言が加わる)

 1つは慰安婦についての発言。

 しかしこれ、メディアの批判の中身を見ると、ほとんどが「中国様と韓国様が怒ってるぞ」「また外交問題になるぞ」というものです。

 籾井会長が慰安婦について述べた内容が正しいのか間違っているのか、間違っているとしたらどこなのか、という視点から論評しているメディアは皆無です。

 「言ってる内容が正しいか正しくないかはともかく…」とか軽く流したり、あるいは「この人の歴史認識はどうなんでしょう」とかざっくり言うだけで、それ以上は誰も踏み込まないし、ましてや検証もしません。

 それはまぁそうでしょう。
 だって検証なんかしたら、彼ら反日メディアがこれまで積み重ねてきた嘘がばれてしまいますからね。


 もう1つ、メディアがやり玉に挙げているのは、籾井会長の「政府が右と言っているものを左と言えない」発言です。

 メディアの報道の仕方という点で言えば、ある意味こっちの方が悪質です。

 どの番組も、どの出演者も、まあ見事に「政府が暴走しないか監視するのが報道機関の役割だ。NHKはそれを放棄するのか」と横並びで同じことを言ってますが、あんたらちゃんと会見見たの?


 そこの部分の籾井会長の発言を記者の質問も含め、書き起こします。
元動画こちら。
※「えー」「あの」などの間投詞は省いてます。

140128-02momii2.jpg

記者
「国際放送を強化したいとおっしゃってますけれども、我が国の立場を伝えることと、いうふうに国際放送の番組基準に書いてありますので
(引用者注:「日本人の暮らしや文化、政治や社会の動き、科学や産業の実情、重要な国際問題について、日本の立場や主張などを正確・迅速に伝えます」とある。NHKサイト参照、この立場というのが、政府見解、政府の主張をそのまま伝えることなのか、それだけではなく、広くその民主主義の発展に寄与するために、色んな、考え方があるということを伝えていくことも大事なのか、そのへんどうお考えでしょうか」

籾井会長
国際放送につきましてはですね、これはやっぱり多少国内とは違うんではないかと、いうふうに思います。たとえば、尖閣、竹島、こういう領土問題については、明確にやはり日本の立場を、主張するということは当然のことだと、思います。で、時には政府の、言うことをとおっしゃいますけど、そういうこともあるでしょう。じゃあ政府が、右って言ってるものを、我々が左と言うわけにはいかないと。国際放送については、そういうニュアンスも、あると思います。やはり外交も絡む問題ですから。やはり、我々、俺はこう思うんだと言って勝手に、っていうかね、そういうあさってのことを言うわけにもいきませんし、まず領土問題についてはおそらく齟齬はないと思いますね。それからまあ、色々コメントを出す時にもですね、そんなに違った、まあ、日本国が他国のことを非難したりですね、中傷したりしたことは、あんまりないですよね。それは私はまあ今後、政府でそういうことをメッセージとして、中傷なんかをですね、出せという、はずもないと思ってますね。やっぱり、ただ非難はしなきゃいかんことは、あるかもしれません。それは国連においても、非難したりしてますから、それをやってはいけないということではないんではないかと、思います」

記者
「ちょっと関連なのですみません。非難というのは、外国を非難するという意味ですか」

籾井会長
「やってるじゃないですか、国連で」

記者
「ああ」

籾井会長
「日本と中国やったじゃないですか。ああいうことはあるわけですから。それは、時と場合によってはね、やはりやると。それはあくまでもやっぱり日本政府と、かけ離れたようなものであってはならないと思います。いかなる政府であっても、やはり日本国政府、日本国を代表する政府ですから」


 
 これの何が問題なのでしょうか。
 国際放送で領土問題(正確に言えば尖閣は領土問題ではないが)について日本政府の見解に沿った報道をしますと言っているだけです。

 じゃあ逆に聞きたいんですが、NHKが国際放送で「尖閣は中国の領土です」「竹島は韓国の領土です」などと、日本政府と異なる見解を世界に発信したらどうなりますか?

 自分たちにとって都合の悪い人物の発言を、自分たちの都合の良いふうに編集して、「国の暴走を監視するのがメディアの役目だろう!」と叩きまくってるメディアの皆さん、恥ずかしくないんですか?


 私が見た中で一番ひどかったのは、朝日放送の浦川アナ(「パネルクイズ・アタック25」の司会もしてる)。


 念のため補足しておくと、「NHKは戦中は大本営発表で…」のくだりは、籾井会長の「政府が右と言っているものを左と言えない」発言を受けてのものです。

 もう、ほんと、「よう言うわ」でしょ。
 突っ込む気力もなくすわ。

 「おは朝」とは「おはよう朝日です」という番組で、平日朝の帯番組で関西では人気が高いです。

 私は普段はあまり見ていませんが、ニュースコーナーとかをたまに見たら、浦川アナはいつもこんな調子で、ろくでもないことばかり言ってる印象しかありません。


 私は朝が弱くて、朝の時間帯にブログを書くことは滅多にありませんが、今日はあまりに腹が立ったので書きました。

 ほんまテレビなんて不要!見たらアホになる!!


※籾井会長の就任会見、慰安婦問題の箇所は銀色の艦隊さんが書き起こして下さってます。どうぞご訪問下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※「WiLL」2014年2月号発売中。大特集は「日本の新聞・TVにはほとほと愛想が尽きた!」 詳しい内容はこちら。

※「ぼやきくっくり」「お気楽くっくり」はAmazonアソシエイト(アフィリエイト)に参加しました。拙ブログで実際に紹介している商品をクリックしてアマゾンを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になる仕組みだそうです。まだ始めたばかりで今後どうなるか分かりませんが、押しつけがましくならない程度にやらせていただくつもりです。これを生業とする気は全くなく、少しでも家計の足しになればという思いです。何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 雪国の人の気持ちを察するきっかけを与えてくれた人。


このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

※拉致被害者奪還 日本列島縦断デモ行進はじめ、各種デモ・集会のまとめ
 http://ameblo.jp/hosyuyamato/
竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-1.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1362-6d9e97fa

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索