ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

駐華メディアの試練…理想に従い「退去」か妥協しての「残留か」

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

 「WiLL」はその月ごとの特集記事も面白いですが、連載コラムも面白い。

 中でも、元産経新聞記者の福島香織さんのコラム「現代中国残酷物語」は、支那のディープな現状が毎月さまざまなテーマで紹介されており、私のお気に入りです。

140106-01kaori.jpg

 「WiLL」2月号(最新号)では、こんなテーマでした。

【理想に従い「退去」か妥協しての「残留か」
   深いジレンマを抱える外国人記者の実情】


 習近平政権になって変化したことは色々あると思いますが、これもそのひとつです。
 すなわち……、
 「中国は外国メディアに対して、中国人記者と同じようにコントロールを強化し、プロパガンダの役割を期待する傾向があったが、習近平政権になってそれがあからさまになっている

 昨年12月9日、こんな報道がありました(読売新聞・ソース削除済)。

 中国に駐在する40か国以上の外国人記者で作る「駐華外国記者協会」は9日、中国当局が外国人記者へのビザ発給拒否などで報道に圧力をかけているとして、改善を求める声明を発表した。

 声明によると、中国指導者の蓄財について昨年報じた米紙ニューヨーク・タイムズと、米ブルームバーグ通信の中国特派員全員が、年末で切れるビザの更新ができていない。

 ニューヨーク・タイムズは、別の2人の記者もビザ申請後、それぞれ1年と1年半、発給されない状態だという。

 このほか、中国の人権報道で知られ、ロイター通信の中国特派員として赴任する予定だった米国人記者がビザ発給を拒否された。

 カタールの衛星テレビ、アル・ジャジーラの記者も昨年5月にビザを拒否され、事実上の国外退去となった。

 声明は、中国当局はこうした対応について公式に説明しておらず、「当局にとって不愉快な報道への報復」という印象を与えているとして批判した。

 チベット自治区など民族対立が続く地域での取材がほとんど許可されないことや、公安当局が外国人記者を補佐する中国人スタッフに情報提供などを求めて圧力をかけているとも指摘した。

 その後、12月19日になって、「駐華外国記者協会(FCCC)」は、中国外務省がブルームバーグの外国人記者全員とタイムズ紙の一部記者に記者証を発行したと、発表しました(共同2013.12.20 00:29)。

 通常は記者証があれば報道ビザが更新できることから、中国当局が事実上、同ビザの更新を認めた形となっています。


 福島さんによると、実はビザ発給問題は米国だけのものではなく、同時期に日本メディア数社も、新任の北京在住記者に対するビザ発給をわざと遅延させるなどの嫌がらせを受けていたそうです。

 しかも、嫌がらせの類を受けることは米国よりも日本の方がずっと多い。
 海外におけるメディアの力は母国の国力と比例しており、日本メディアは明らかに舐められているのだと。

 年末のビザ更新時期になると、中国の総局・支局から東京の本社に「あまり中国を批判的に報道するとビザが更新できないので、配慮してほしい」と連絡がくるという話も、福島さんは聞いたそうです。

 実際、日本メディアの場合は、ビザ発給拒否や遅延の嫌がらせを受けても、これを公にして中国に抵抗することはあまりせず、それよりも水面下で交渉し、ビザを発給してもらえるよう働きかけるのだと。

 都合の悪い記事を書いた記者を帰任させたり、中国が気に入らない記事を没にしたりして、「反省」を見せることもあるのだそうです。

 Σ(゚Д゚;エーッ! それって報道機関としてどうよ?!(#゚Д゚)
 ……と、誰もが批判をしたくなりますよね。

 福島さんもその批判はもちろん想定済で、苦しい胸の内をこう明かします。

 「報道機関にとっては総局撤退といった形で現場取材機会を完全に失うことのほうが致命傷だ。報道の自由のための妥協である。だが、現場に記者がいても事実を正しく報道する自由は保障されていない。相当深いジレンマがある」


 実は福島さん自身も、2007年暮れに記者証発給拒否、ビザ発給拒否を経験しています。

 そのことを綴った福島さんの当時のブログ記事がこちら。

記者証が更新できない!(2007/12/17 18:52)
やっと記者証でました!お騒がせいたしました。(2007/12/26 19:26)

 12/26付記事の冒頭で示唆されているように、12/17付記事の内容に中国外交部が激怒し、このあと、産経新聞は総局の存亡を揺るがされるような強い圧力を受けたそうです。

 残念ながらその内幕は「WiLL」2月号コラムでも明かされてはいませんが、この時ご自身の記者証が何とかギリギリで更新された主な理由として、次の2点を挙げています。

 北京五輪前で中国が対外イメージを重視していたこと。
 産経の当時の上司が外交部や共産党幹部と深い人脈を築いており、交渉が可能だったこと。

 つまり、北京五輪前は、嫌がらせはあっても退去に至る前に交渉の余地があったということです。


 その頃に比べると状況ははるかに悪化しているようで、福島さんはこう嘆いています。

 「習政権は米国の大手メディア記者を本気で追い出しにかかっている。まるで文化大革命時代の再来である。
 文革時に現場に残った唯一の日本メディアは、文革礼賛報道を続けた朝日新聞だった。いま、その判断を笑うことはできるが、もう一度あの時代が来たらどうだろう」

 日本も含め外国メディアは、中国共産党の横暴に屈することなく真実を報道すべきだ!
 ……私たちがそう主張することは簡単です。

 が、仮に、メディアがジャーナリズムの正義を貫き、その結果、支那から退去させられたとしたら、別の大きな懸案が生じますよね。

160106-02demo.jpg

 チベット・ウイグルなどの民族問題、貧富の格差、官僚の汚職や不正蓄財、土地強制収用、環境問題など、多くの問題を抱える支那では、暴動やデモが年間に何十万件も発生しています。

 もし習政権が人民を抑えきれなくなり支那が大混乱に陥った時、それを取材し報道する外国メディアが現地にいなかったら、私たち日本に住む日本人は、現地の情勢や在住日本人の動向などをどうやって知れば良いのでしょう?

 そういう時でも朝日新聞はきっと支那に残っているでしょうが、文革の時と同様、中共におもねる報道に終始したりしないでしょうか。

 これは苦渋の、究極の選択になりますが、日本も含めた外国メディアにはいずれ来るであろう「その時」に備え、今はギリギリの妥協をしながら、支那に留まっておいてもらった方が良いかもしれない、と私は思います。

 福島さんの言うように、「現場に記者がいても事実を正しく報道する自由は保障されていない」という危惧はもちろんあるので、本当に苦しい選択ですが……。


 おまけの情報。

 支那人実業家・陳光標氏がニューヨーク・タイムズを買収すると言っていた問題。
 本人が、ウォールストリート・ジャーナルとのインタビューで、買収失敗を認めたそうです(産経2014.1.10 07:24)。

 が、今後もメディアへの影響力を強め、支那への理解を深める活動は続けるとのこと。
 つまり、今後もNYTなど米メディアを利用しての日本叩きは続行するということですね(T_T)


※今日紹介した福島香織さんのコラム、全文は「WiLL」2014年2月号で。



※「ぼやきくっくり」「お気楽くっくり」はAmazonアソシエイト(アフィリエイト)に参加しました。拙ブログで実際に紹介している商品をクリックしてアマゾンを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になる仕組みだそうです。まだ始めたばかりで今後どうなるか分かりませんが、押しつけがましくならない程度にやらせていただくつもりです。これを生業とする気は全くなく、少しでも家計の足しになればという思いです。何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 劇団☆ささって便り…のご紹介。

このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

※拉致被害者奪還 日本列島縦断デモ行進はじめ、各種デモ・集会のまとめ
 http://ameblo.jp/hosyuyamato/
竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-1.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1354-750ae98d

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索