ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

半世紀の時を超えた日米の絆の物語〜アーレイ・バーク「ビーバップ!ハイヒール」より

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

※ニューヨーク州ナッソー郡『アイゼンハワー・パーク』内にある慰安婦碑の撤去を求める署名のお願い
http://goo.gl/jNzbD7

2014年1月12日までに100,000通の署名が必要です。ご協力宜しくお願いいたします(概要・署名方法説明


■2013年11月28日放送 ABC(朝日放送)「ビーバップ!ハイヒール」
 おもてなしは一日にして成らず 世界が愛した日本人の心

140110-00title.JPG

 放送からすでに1ヶ月半…。
 書き起こしをしてあったのに、UPするタイミングを逸したまま今日になってしまいました(^^ゞ

 木曜深夜11時台の放送にもかかわらず、2桁の視聴率をとる関西の人気番組です。

 この日は、五輪招致プレゼンテーションでの滝沢クリステルさんの「お・も・て・な・し」にちなみ、外国人を感動させた日本人のおもてなしの心に迫りました。

 うち、アメリカ海軍提督で、戦後に占領軍の海軍副長として日本に赴任したアーレイ・バークについて取り上げた箇所を起こしました。

140110-20bark.JPG

 画像はテレビ画面をデジカメで撮影したものです。粗いですがご容赦下さい。
 あまりいらっしゃらないと思いますが、画像がご入り用の方は、直リンクでなく必ずお持ち帰り下さい。

【出演者】
ハイヒール(リンゴ・モモコ)、筒井康隆、江川達也
たむらけんじ、ブラックマヨネーズ(小杉・吉田)
阪井あゆみ、八塚彩美(ABCアナウンサー)
白駒妃登美(しらこまひとみ。日本史研究家。慶應義塾大学経済学部卒業後、大手航空会社の国際線客室乗務員として7年半勤務。共著に「人生に悩んだら「日本史」に聞こう~幸せの種は歴史の中にある」がある)


 内容紹介ここから____________________________
【半世紀の時を超えて…
 「一輪の花」から始まった絆の物語】


140110-01shinsai.JPG

 甚大な被害となった東日本大震災。

 この時、アメリカ軍が「トモダチ作戦」と銘打ち、復興を支援。
 瓦礫の除去や多くの救援物資を届けてくれた。

140110-02beigun.JPG

 この話の裏側には、60年以上も前につながる、もうひとつの物語が存在する。

140110-03bark.JPG

 昭和25年。
 まだ戦争の痛手から抜け出せない日本に、1人のアメリカ人がやってきた。

 アメリカ海軍の提督、アーレイ・バーク

140110-04soromon.JPG

 彼は太平洋戦争の中でも、特に激戦となったソロモン海戦で日本の脅威となった男。

140110-05gisei.JPG

 その戦いで、両国合わせて9万人以上もの兵士が犠牲になった。

140110-06funin.JPG

 彼は占領軍の海軍副長として、日本に赴任したのだった。

 東京の帝国ホテルにチェックインした彼は……

 従業員
 「バーク様、お荷物をお持ちいたします」
 バーク
 「やめてくれ。最低限のこと以外は私に関わらないでくれ!」

140110-07bubetu.JPG

 彼は敵だった日本人をとにかく嫌い、侮蔑していた。
 あの血みどろの戦いで、多くの仲間や部下を失っていたからだ。

 どれだけ日本人従業員が話しかけても無視。
 消えない心の傷は、激しい憎悪へと変貌していた。

 「何とも腹立たしい。黄色い猿どもめ」

 赴任から1ヶ月ほどしたある日……

 「それにしても、なんて殺風景な部屋なんだ」

140110-08cup.JPG

 その日、彼はホテルの部屋に戻ると、買ってきた花をコップに差した。

 「せめてもの慰めだな」

 このささやかな花が、意外な事態を招く。

140110-09yokei.JPG

 翌日、夜勤から戻ってみると、コップに差した花が花瓶に移されていた。

 彼はフロントに赴き、苦情を言った。

 バーク
 「なぜ余計なことをするんだ。誰が花を花瓶に移せと言った?」
 従業員
 「恐れ入りますが、それは当ホテルのサービスではございません」
 バーク
 「何だって?」

 誰が花瓶に花を移したのか分からなかった。

 さらに数日後……
 花瓶には昨日までなかった新鮮な花が生けられていた。

 「いったい誰がこんなことを……」

140110-10fuete.JPG

 花はその後も増え続け、部屋を華やかに彩った。

 再びフロントへ赴くバーク。

 「私の部屋に花を飾っているのが誰なのか、探してくれ」

 ホテルが調べた結果、花を飾っていた人物が判明。
 それは彼の部屋を担当していた女性従業員だった。

140110-11josei.JPG

 彼女はわずかな給料の中から花を買い、バークの部屋に飾り付けていたのだった。

 それを知ったバークは、彼女を問い詰めた。

 「君はなぜこんなことを?」
 「花がお好きだと思いまして」
 「そうか、ならば君のしたことにお金を払わねばならない。受け取りたまえ」

 と、彼女にお金を渡そうとするバーク。
 ところが彼女は……
 
 「お金は受け取れません。私はお客様にただ居心地良く過ごしていただきたいと思っただけなんです」
 「どういうことだ」

 アメリカではサービスに対して謝礼を払うのは当たり前のこと。
 にも関わらず、彼女はお金を受け取らない。

140110-12miboujin.JPG

 しかも、その身の上を聞いたバークは驚いた。
 彼女は戦争未亡人で、夫はアメリカとの戦いで命を落としていたのだ。

 『私は敵だったアメリカ人なのに、どうしてこんなことができるんだ』

140110-13onaji.JPG

 バークは気付いた。
 2人は同じ立場であるということを。

140110-14motenasi.JPG

 『自分は日本人を毛嫌いしているというのに、彼女はできる限りのもてなしをしている。この違いは一体何なんだ』

 心のしこりが消え去っていく……。

140110-15kaihou.JPG

 その後、バークは、日本が一刻も早く占領状態から解放されるようアメリカ政府に働きかけ、米軍の日本統治を終わらせることに尽力したのだった。

140110-16doyoku.JPG

 そんなバークの思いは、ある人物に受け継がれていく。

140110-17tomodati.JPG

 東日本大震災で災害援助に貢献したアメリカ軍の「トモダチ作戦」。

140110-18kuubo.JPG

 この作戦で、いち早く日本へ駆けつけたのが、空母「ロナルド・レーガン」

140110-19tom.JPG

 艦長の名は、トム・バーク。
 そう、アーレイ・バークの孫だった。

 ____________________________内容紹介ここまで


 白駒妃登美さんによる補足。

 震災発生当日、トム・バークの乗った「ロナルド・レーガン」は本来は韓国に向かっていました。
 それがその途中で震災の発生を知り、災害救助支援の指令を待たずに、彼は東北に船を向かわせました。
 人道主義に則って判断したのでしょう……。


140110-20bark.JPG

 ご存知の方もおられるかもしれませんが、バークが親日家になった理由として、全く別の物語も存在しています。
 元海軍中将の草鹿任一と知り合い、親交を持つようになったのがきっかけだったというものです。

140110-21kusaka.jpg

 こちらの物語の方が有名ではないでしょうか。
 Wikipediaにも載っていますし、ねずさんのブログでも紹介されています。


 なお、孫のトム・バーク氏のことをネットで調べてみましたら、こちらの掲示板にこんな記述を見つけました。

(前略)これからが因縁話です。
東日本大震災で,トモダチ作戦で,もっともはやく被災地に着いたのが,原子力空母ロナルド・レーガンです。
艦長は,トム・バーク海軍大佐です。
アーレイ・バーク大将の孫です。

バーク大佐は,ヘリコプターのパイロットですから,空母のことは副長に任せて,自分は救援物資を積んだヘリを操縦して,避難所を飛びまわったそうです。

このような自然災害の場合,どこでも食料の取り合いが始まり,ヘリといえども危険で着陸できないそうです。
着陸した途端,被災民が銃をぶっ放して,食料を取りに来るので,低空からの空中投下になるそうですが,東北地方は,どの避難所にはヘリが着陸しやすいように,ヘリの着陸パッドのHを書いてある。

被災民が荷降ろしを手伝う。
終わったら,全員がお礼を言って,見送ってくれる。

これには,自然災害で,救援物資を数多く運んだ,バーク大佐も驚いたそうです。
東北地方では,一件の略奪も殺し合いもなかった。と軍の機関紙に書いています。
しかも,必ず,ここはこれだけで良いから,どこそこの避難所に持って行ってくれと言われたことも,日本だけだったそうです。
トム大佐は,帰ってから,驚きを持って,日本のことを家族に話したそうです。

もし。バーク大将が生きていたら「そうだろう。トム。だから,じーちゃんは,嫌日から親日になったのだよ。じーちゃんの気持ちよく分かるだろう。」と言ったように思います。

 最後の段落は投稿主さんの主観であり、それまでの話もソースが不明なのでどこまで本当かは分かりませんが…。
 (でも省略した部分には、番組で紹介された戦争未亡人の話も載っています)


 他に、この日の「ビーバップ!ハイヒール」で扱われた内容は以下の通り。
 (番組サイトにも案内があります)

140110-22osimu.JPG

■オシム監督、1964年の東京五輪出場に絡むエピソード。
 見ず知らずの日本人女性に突然、梨を振る舞われた。それが彼の心に沁み渡った。
 (こちらの記事もぜひ→カウントダウン東京(1) 64年東京五輪出場オシムさん 今度は招致にエール

■戦後間もなく訪日したヘレン・ケラーをもてなした料理人の物語。
 「日本割烹学校(現・辻ウェルネスクッキング)」の副校長を務めていた辻岩治氏。戦後の食糧不足の中、辻が考えた心づくしの料理はヘレンをたいそう喜ばせた。

■「ニッポンを愛した偉人列伝」
 チャップリン、アインシュタイン、ジョン・レノンが登場。
 日本を愛するジョン・レノンが言った、世界で最も美しい言葉とは? 
 ……答えは、「おかげさまで」だそうです。


 白駒妃登美さん曰く……

 「海外の人が驚くのは、日本人の一期一会という考え方。明日も会う人に親切にするのは分かるが、二度と会わないかもしれない人に日本人はここまで心を尽くすのかと、よく言われる。なかなか理解してもらえないが、逆に、この一期一会の精神を分かって下さると、本当に皆さん日本人は素晴らしいと、すごく日本びいきになって下さる」

 確かに日本人は見知らぬ人にも基本的に親切ですよね。相手が日本人だろうと外国人だろうと関係なく。

 昨年11月、宮城県で傷害容疑で逮捕されたドイツ人が警察の取調室から逃走した事件など、その最たる例かもしれません。
 そのドイツ人は逃走中に衣服をもらったり、車に乗せてもらったりするなど、「東北人の善意」に助けられたそうです(産経2013.11.14 23:12)。



※「ぼやきくっくり」「お気楽くっくり」はAmazonアソシエイト(アフィリエイト)に参加しました。拙ブログで実際に紹介している商品をクリックしてアマゾンを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になる仕組みだそうです。まだ始めたばかりで今後どうなるか分かりませんが、押しつけがましくならない程度にやらせていただくつもりです。これを生業とする気は全くなく、少しでも家計の足しになればという思いです。何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。


※拙ブログ関連エントリー
【一覧】外国人から見た日本と日本人

※拙ブログ関連エントリー(ビーバップハイヒール)
09/5/9付:日本人の習慣の由来 「ビーバップ!ハイヒール」より
6/13付:京都裏ミステリー七不思議第2弾 「ビーバップ!ハイヒール」より
10/3付:国旗に秘められた物語第2弾「ビーバップ!ハイヒール」より
11/23付:京都の地名に潜むミステリー「ビーバップ!ハイヒール」より
12/20付:日本人の習慣第2弾 年末年始編「ビーバップ!ハイヒール」より
10/1/11付:城に隠された歴史ロマン「ビーバップ!ハイヒール」より
5/3付:したたかに生きる小国たち 「ビーバップ!ハイヒール」より
6/21付:世界が忘れない日本の物語「ビーバップ!ハイヒール」より
10/9付:ノーベル賞をもらえなかった北里柴三郎「ビーバップ!ハイヒール」
11/24付:物の数え方に見る日本の文化 「ビーバップ!ハイヒール」より
11/6/13付:今、武士道精神がニッポンを救う!「ビーバップ!ハイヒール」より
11/9/24付:日本人が知らない八田與一「ビーバップ!ハイヒール」より
12/4/2付:カンボジアの紙幣に描かれた日本「ビーバップ!ハイヒール」より
12/5/8付:ニッポン天才列伝「ビーバップ!ハイヒール」より
12/9/1付:知っておきたい尖閣・竹島・北方領土「ビーバップ!ハイヒール」より
12/11/12付:世界が愛した日本~インドネシアとウズベキスタン「ビーバップ!ハイヒール」より

このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

※拉致被害者奪還 日本列島縦断デモ行進はじめ、各種デモ・集会のまとめ
 http://ameblo.jp/hosyuyamato/
竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328.jpeg
アニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1353-a62ad706

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索