ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

責められるべきは石原ではなく貝原

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。トラバは受け付けていますが、コメントは本館へお願いします。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

英語での情報発信プロジェクトに協力して下さる方募集!
日本の反日に対する主張で、ブログや掲示板等から、優れたものをフラッシュ動画などに加工し、英文解説をつけて、YouTubeを始めとする動画サイトにアップさせて行きます。詳細は日の丸君の日記さん>おしらせ 協力者募集のエントリー本文&コメント欄を!


070409ishihara.jpg

 1コ前のエントリーでもちょこっとお伝えしましたが、東京都知事選は石原氏が浅野氏に112万票もの差をつけて大勝。

 ところが当選直後の8日夜の会見で“問題発言”があったと、朝日新聞を筆頭に一部マスコミでさっそく石原叩きが……。
石原氏「神戸の震災は首長の判断遅く2千人余計に死亡」(朝日新聞4/9)
 石原氏は8日夜の会見で防災対策に触れ、「神戸の地震の時なんかは、(自衛隊の派遣を要請する)首長の判断が遅かったから、2千人余計に亡くなったわけですよね」と発言した。阪神大震災の被災地で反発が出ている。
 震災時の兵庫県知事、貝原俊民氏(73)は「石原さんの誤解。たしかに危機管理面で反省はあるが、要請が遅れたから死者が増えたのではない。犠牲者の8割以上が、発生直後に圧死していた」と反論。「大災害が起きた場合、公的機関による救済には限界がある。都民の防災意識を高めることに力を発揮してほしい」と注文した。
 震災後に同県の初代防災監を務めた斎藤富雄副知事(62)は「全く根拠のない発言で、誠に遺憾。将来の備えのためにも、過去の災害を適切に分析してほしい」。
 神戸市に次ぐ被害を受けた同県西宮市の震災時の市長、馬場順三氏(81)は「95年当時に東京で大地震が起こっていたら、対応できただろうか。震災を実際に体験していないから言える発言ではないか」と語った。

 石原氏の大勝が面白くない人たち(浅野氏の勝利を願っていた人たち)は「わ〜い、石原がさっそく失言だ〜」って、喜んでるようですね。
 こういうところでしか喜ぶところがないですもんね。可哀想に(T^T)

 こんな負け惜しみレベルの記事に突っ込むのもアレかなぁと思ったんですが、貝原知事に当時大いに不満を抱いていた兵庫県在住の友人・知人を多く持つ私としては、やっぱり捨て置けない。
 
 忘れないうちに先に書いとくけど、朝日のこの記事、いきなり情報操作してる。「阪神大震災の被災地で反発が出ている」って箇所。
 それはあくまでも行政側の立場の人からの反発でしょ。住民からの反発じゃないでしょ。
 私は大阪市在住で、昨日から関西ローカルのニュースも見てるけど、石原氏の発言に反発する住民の声などは一切出てきてないですよ。

 そもそも石原氏は「災害が起こったら私は首長として速やかに自衛隊を派遣する」ということを示したくて、そういう発言をしたわけでしょ。
 2,000人という数字については後で言及するとして、とにかくあの震災で、当時の首長(貝原氏)の判断が遅れたのは事実なんですよ。


 ちょっと長くなるけど、当時のビデオテープや書籍・新聞を参考に作成された「阪神大虐殺の記録」から引用。

17日
05:46 地震発生
05:50 陸自中部方面航空隊八尾基地、偵察ヘリ発進準備。
05:50 第三十六普通科連隊(伊丹)営舎内にいた隊員約三百人による救援部隊編成開始
06:00 CNNワールドニュース、トップニュースで「マグニチュード7・2。神戸で大地震」と報道。
06:00 村山起床。テレビで震災を知る。
06:20 テレビで急報を知ったダイエー中内功社長出社
06:30 百里基地、偵察のためRF4発進検討するも断念。4ヶ月前北海道東方沖地震でRF4が墜落、社会党の追及で当時の指揮官が更迭されたため。
06:30 中部方面総監部非常勤務体制
06:30 村山、園田源三秘書官に、電話で、状況把握を指示(園田本人は「そのような事実は無かった」と否定)。
06:30 警察庁が地震災害対策室を設置、大阪、京都、奈良などに機動部隊の出撃命令を出す
06:35 第三十六普通科連隊(伊丹)、倒壊した阪急伊丹駅へ伊丹署の要請で先遣隊出動
06:50 陸自第3特化連隊(姫路)非常呼集
07:00 スイス災害救助隊、在京スイス大使館へ、日本政府への援助申し入れを指示
07:00 金重凱之秘書が国土庁防災局に電話で状況確認し、村山に「特にこれといった情報は入っていない」と報告。
07:14 陸自中部方面航空隊八尾基地、偵察ヘリ1番機発進。高架倒壊等の画像撮影。出動要請がないため訓練名目。
07:30 村山総理に一報
07:30 陸自第3特化連隊(姫路)、県庁へ連絡部隊発進
07:35 第三十六普通科連隊(伊丹)、阪急伊丹駅へ48人応援
07:50 石原信雄官房副長官、川崎市の自宅を出発。
07:58 阪急伊丹駅救助活動48人
08:00 官邸、防衛庁に、派遣要請がきているか確認するも、要請無し。
08:00 ダイエーが地震対策会議。中内社長、販売統括本部長にヘリコプターで神戸へ飛ぶよう指示。おにぎり、弁当など1,000食分と簡易衛星通信装置を搭載。
08:11 徳島教育航空郡所属偵察機、淡路島を偵察。「被害甚大」と報告。
08:20 西宮市民家出動206人
08:20 貝原知事、職員の自動車で県庁到着。対策会議開くも派遣要請出さず
08:26 総理、官邸執務室へ(予定より1時間早い)。テレビで情報収集。
08:30 セブンイレブン災害対策本部、被災地店舗へおにぎりをヘリ空輸開始。
08:45 村山「万全の対策を講ずる」とコメントを発表。
08:50 韓国政府、「日本関西地域非常対策本部」(本部長・金勝英=キム・スンヨン=在外国民領事局長)設置
08:50 石原信雄官房副長官到着。「現地は相当酷い」とコメント。
08:53 五十嵐広三官房長官「非常災害対策本部を設置し小沢潔国土庁長官を現地に派遣する」と発表。
09:00 呉地方総監部、補給艦「ゆら」が神戸に向けて出港。
09:05 国土庁が県に派遣要請促す
09:18 村山、廊下で記者に「やあ、大変だなあ」、視察はしないのかとの質問に「もう少し状況を見てから」とコメント。
09:20 総理国土庁長官、月例経済報告出席。地震対策話題無し
09:40 海自輸送艦、非常食45000食積み呉出港
09:40 神戸消防のヘリコプターが上空から市長に「火災発生は20件以上。市の西部は火災がひどく、東部は家屋倒壊が目立つ」と報告。市長は直ちに県知事に自衛隊派遣を検討するよう電話で要請。
10:00 村山、月例経済報告終了後廊下で、記者の「北海道や東北と違い今回は大都市での災害だが、対策は?」との質問に「そう?」とコメント。
10:04 定例閣議。閣僚外遊報告。非常対策本部設置決定。玉沢徳一防衛庁長官には「沖縄基地縮小問題で(上京してきている)大田昌秀知事としっかり協議するように」と指示。震災についての指示なし。
10:10 兵庫県知事の名で派遣要請(実際には防災係長が要請。知事は事後承諾)
10:15 中部方面総監部、自衛隊災害派遣出動命令(村山の指示で3000人限定。到着は2300人)
10:25 姫路の第3特科連隊の幹部2人がヘリコプターで県庁に到着、県災害対策本部の会議に参加
11:00 村山、廊下で会見。記者の「総理が現地視察する予定は?」との質問に、「状況見て、必要があればね」。「総理は行く用意はありますか?」、「そうそう、状況を見て、必要があればね」。
11:00 村山総理、「二十一世紀地球環境懇話会」出席。「環境問題は国政の最重要課題の一つとして全力で取り組んでいく」と発言。
11:00 京都機動部隊が兵庫入り。
11:15 村山、廊下で記者に、山花貞夫前社会党委員長の新党結成問題に関して、「山花氏は自制してもう少し話し合いをして欲しい」とコメント。
11:15 非常対策本部設置(本部長・国土庁長官の小沢潔)
11:30 非常対策本部第1回会議
11:34 五十嵐官房長官、記者に社会党分裂問題を聞かれ、「それどころじゃない」と発言し首相執務室入り。現地で被災した新党さきがけ高見裕一からの電話情報を元に、村山に事態の重大さを力説。
12:00 新党さきがけ高見裕一、現地から官邸に電話。自衛隊増員要請するも、村山「高見は大げさだ」と冷笑
12:00 政府与党連絡会議中、五十嵐官房長官が村山に「死者203人」と報告。村山「え!?」と驚愕。
12:48 淡路島・一宮町役場の中庭に自衛隊ヘリ三機が到着。隊員がオートバイで被害調査を実施。
13:10 渋滞に阻まれていた自衛隊第三特科連隊215人が到着。救助活動を開始。
13:30 防衛出動訓令発令検討するも断念
13:30 大阪消防局隊応援部隊到着
13:50 社会党臨時中央執行委員会が「党内事情より災害復旧を優先すべき」として、山花氏の離党届を保留。
14:07 村山総理、定例勉強会出席
14:30 小沢国土庁長官、現地空中視察へ
15:36 河野洋平外相「総理は人命救助と消火に力を入れるようにといっていた。総理が現地に行くのは国土庁長官からの報告があってからのようだ」とコメント。
15:58 村山、廊下で記者の「改めて聞くが、総理が現地に行く可能性は?」との質問に「明日、国土庁長官から現地の状態を聞いてな」とコメント。
16:00 村山総理、地震後初の記者会見。「関東大震災以来、最大の都市型災害だ。人命救助、救援の万全を期したい」、「近く現地入りする」(初めて現地入りを明言)。5分で終了。
18:00 補給艦「ゆら」が姫路港に入港。緊急物資を積載し、神戸に向かう。
19:50 兵庫県知事、海上自衛隊に災害派遣要請
21:00 兵庫県知事、航空自衛隊に災害派遣要請

筑紫「温泉」発言。火災の猛烈な業火で立ち上る煙を見て。

18日
辻元清美ピースボート現地入り。印刷機を持ち込み宣伝ビラを配布し始める。
「生活に密着した情報をとどける」と銘打つが、内容は、ピースボートの宣伝や、被災した喫茶店主の「国は17日付で公庫の返済分をきっちり引き落としよった」や、韓国基督大学による韓国風スープ炊き出しの話しなど。
08:00 海上自衛隊補給艦七隻が非常用食料10万食と飲料水1620tを積載し呉を出港。
09:46 初の緊急閣議
11:40 海上自衛隊徳島航空隊が海上自衛隊阪神基地に救護用の食料を空輸。
13:00 自衛隊5200人と陸上自衛隊ヘリ65機が王子公園を拠点に救助活動、物資輸送を開始。

19日
村山、記者会見で「高架に木切れ等が紛れ込んでいたが、欠陥工事ではないか?」との女性記者の質問に、「そんなことは後で調べる。今はそれどころではない」と激昂(結局その後の調査なし)。
11:32 村山首相と土井たか子衆議院議長が伊丹空港に到着。
村山土井、ヘリで現地視察。灘区の王子公園陸上競技場に着陸。当時救助に当たっていた自衛隊ヘリには、王子グラウンドヘリポート以外への着陸を禁止していた。
クリントン在日米軍支援申し入れ。救助犬、発電機、航空機、横須賀母港の空母インディペンデンスを救護拠点とした救援活動を申し入れるも、村山拒否。毛布37000枚のみ輸送機で到着。
山口組幹部宅で物資分配
20:00 神戸市に入る国道2号線などを災害対策基本法に基づき一般車両通行を禁止にする。

20日
筑紫現地で、焼け跡で遺留品を探す住民に近づき、撮影するなとの叫びにもかかわらず放映。「住民は感情的になっています」と発言。

21日
筑紫「なぜ行政は、お年よりなどのために車を出せないのか。道路が危ないというが、車はたくさん走ってる。自衛隊の頑丈な車もある。」
18日より市職員10人で救援物資仕分け。交代、休憩無く、過労で次々倒れる。その夜、筑紫「市の対策手ぬるい。個人ががんばってる。3日目までおにぎり一個しか配られなかった」
村山国会で「なにぶん初めてのことでございますし、早朝のことでもございますから、政府の対応は最善だった」(後に全面撤回)
自衛隊艦艇4隻給水活動
新進党海部党首、村山に政治休戦申し入れるも、「政府は国会運営携わる立場ではない」と拒否

24日
村山、(交通制限や物価統制の可能な)緊急災害対策本部設置必要なしと答弁

25日
NEWS23が駒が林公園での右翼による炊き出しに「ああいう連中を、住民はどう思っているんですかね」とけちつける

 こういうのもあります。
  阿部知子議員の発したメッセージについて

 これは元内閣安全保障室長で危機管理のプロである佐々淳行さんの、社民党の阿部知子議員に対するツッコミなんですが(阿部知子が何をしたのかはここ参照)、佐々さんは震災当時をこう振り返っています。

ここ数日、私のところに多くのメールが届きます。内容は阿部知子社民党議員が先頃、自身のホームページに掲載した以下のメッセージについてです。

「阪神大震災は12年目を迎えたが、国民を災害から守ることを任務とされているはずの自衛隊が、国(のち“知事”に訂正)による命令(のち“要請”に訂正)を受けて救援(のち“本格救援”に訂正)に向ったのは、数日を経て後のことであった。」

私は、これに反論したいと思います。

自衛隊は地震発生直後から派遣準備をはじめ、自衛隊法に基づきすみやかに兵庫県に対し派遣要請を促すよう連絡をとっています。しかしながら、県からは全然返事をもらえない状態で、航空偵察や小規模の近傍出動、派遣準備にとどまるしかありませんでした。

ようやく10時に県知事から派遣要請が入り、本格的災害救助活動を開始できたのです。 海上では、地震発生後すぐに神戸港に向かって4隻の自衛艦が向かいましたが、それを受け入れる兵庫県や神戸市の対応が遅れ、翌日10時まで、これらの艦船は神戸港に入港できない有様でした。

兵庫県や神戸市は、これまで自衛隊と共同の防災訓練をしたことがなかったのです。

救助活動に関しても、彼らは今よりも大きく権限が制限されていた当時の自衛隊法の範囲で、できることを精一杯やったと、私は大きく評価しています。

震災の2日後に当時の官房副長官が自衛隊の初動の遅れを指摘した発言もありましたが、もし地震発生と同時に一斉に数万の自衛官が現場に出動していたら、それこそ当時の法の下ではシビリアンコントロールの観点から大問題になったことでしょう。


 震災当時知事だった貝原氏は実は革新系で、「自衛隊は違憲」という考え方の持ち主です。
 当然、自衛隊との共同防災訓練を積極的にやろうなんて思うわけもなく、災害が起こってもそう簡単に自衛隊に助けを求めたりしたくない、まぁそういうマインドの人ですわ。

 その上、当時の首相が村山富市でしょ。社会党でしょ。兵庫県民にとってはまさに最悪の治世で最悪の災害が起きてしまったということです。
 (村山にも私は言いたいことがたくさんあるけど、今回の本筋はそれではないのでやめときます)

 現在は震度5以上であれば、自衛隊が自主的に出動することが可能となっていますが、当時は「近傍派遣」という例外を除いて、知事の要請なしには自衛隊は出動できない決まりがありました。
 ですので、伊丹駅へ「近傍派遣」を行った第36普通科連隊を除き、神戸市中心部への派遣は直ちにはなされなかったのです。

 とにかく兵庫県の自衛隊派遣要請が遅れたのは事実であり、その責任が貝原氏にあるのも厳然たる事実なわけですよ。
 それをやね、「大災害が起きた場合、公的機関による救済には限界がある」だなんて、貝原さん、そんな言い方はないんちゃいますか?
 それに「都民の防災意識を高めることに力を発揮してほしい」ってね、自衛隊を毛嫌いして共同訓練もしなかったあなたが言えた義理ですか?


 また貝原氏は「犠牲者の8割以上が、発生直後に圧死していた」と、つまり「自衛隊を派遣したところで犠牲者の数は一緒だったんだ」ともとれる主張をしていますが、そういう問題か?
 百歩譲って8割はどのみち救えなかったのだとしても、じゃああとの2割は?それは発生直後の死ではなかったんですよね?

 こういう話もあるんですよ。
 日本史から見た最新ニュースさんから引用。

自分の知っている「震災」で息子さんを亡くした男性は常々こう言っていました。
「瓦礫の中から息子の呻き声が聞こえる!でもどうすることも出来ない!俺の力じゃ、コンクリートを持ち上げることなんか出来ない!もっと早く救助が行われていれば!上(首長)がまともだったら息子は死んどらんよ!」
当時の知事であった「貝原俊民」や、現副知事である「斎藤富雄」の「見苦しい言い訳」を聞いて「被災地」の方々や、「大切な人」を亡くしてしまった方々はどう思うのか。

 この種の話は私も又聞きではありますが、友人・知人からいくつか聞いてます。
 皆さんも、テレビのドキュメンタリーなどで見聞きしたことがあるのではないでしょうか。家の下敷きになったものの幸い助かった人が、「最初の何時間か隣で寝ていた家族の声が聞こえていた。励まし合っていたがやがて声がしなくなった」といった証言をされているのを。

 「あの時の首相が村山でなければ。知事が貝原でなければ」ってのは、関西では今でも仲間内などで震災の話題になった時、必ずといっていいほど出てくる言葉なんです。


 再び佐々淳行さんの言葉を紹介します。
 
 佐々さんが石原都知事3選の件で4/9放送「ザ・ワイド」に生出演された時(私は全く知らなかったんですが、佐々さんって石原さんの選挙対策本部長をやってたんですね)、司会の草野仁さんからこの話題を振られたんですが、その時の発言です。

070409sassa.jpg

実はね、死者の総数は6,434なんでございます。そうするとね、これの2割ということは千数百人なんですね。
それはねトリアージ、緊急治療システム、もう重傷者から先に手術をするという、優先順位をつける、アメリカやっております、世界中やっております、日本はやっていないトリアージシステム、それのことを彼(石原氏)は言ってるんです。
ですからね、長い間ね、病院で緊急治療しなきゃいけないやつを、番号札配ってね、先着順っていうのをやって、若いやつらみんな軽傷者で来ちゃってね、重傷者が後から死んだっていうのは、間違いない事実であります。
貝原さん、お気の毒ですけれども、我々はやはり最初に、8割圧死というのが本当かどうか疑っております。
火災でもって、生き埋めになった人で、あの、火あぶりになった人たくさんいるんだから。
出動要請をしなかった、自衛隊は来るのは違憲だと言った人たちは誤りだと思います。


 あと、もう一つ重要なことがあります。
 仮に本当に8割が発生直後に圧死していたとしても、貝原氏がそれを知ったのはデータが出た後、つまり震災発生から何日も経った後だったはずです。
 震災当日に「8割はもう亡くなってるんだから、自衛隊の派遣を急ぐ必要ない」と判断して、出動要請を遅らせたのでは決してないのです。

 だから、「要請が遅れたから死者が増えたのではない」「犠牲者の8割以上が、発生直後に圧死していた」「大災害が起きた場合、公的機関による救済には限界がある」といった一連の貝原氏の言葉は、遺族に対して非常に無神経な物言いだと私は思います。


 もう一人、無神経な人がいます。それは筑紫哲也。

 4/9放送「News23」多事争論で「そのまんま現象」と題し、こんなことを言ってました。

070409taji.jpg

私たちの国の知事さんたちは相当に安定した統治能力の持ち主と見えて、8日の統一選では現職の人は皆そのまんま再び選ばれました。宮崎の「そのまんま東現象」では、変化を求める有権者の声というのが非常に表面に出たのですが、今回はむしろ安定を望んだようであります。

そういうわけで、我が東京都知事も選挙前のそのまんまに戻りまして、お伝えしたように、阪神大震災についてあのような発言をしております。あの震災の時に私も現場で取材をしておりまして、それからしばらくあそこに留まって中継を続けたのですが、こんなに文明国だった国がですね、6000人以上の死者を出したというのは、本当に恥ずべき怒りを覚えることだとつくづく思ったことを覚えております。

しかしながらそのうち2000人が、自衛隊の出動要請が遅れたから失われたのかも知れないという、これがまた石原さんらしい、例のよっての短絡した考え方ではないかと私は思います。現場であれだけの死者が出たのはなぜなのかと言えば、建物の中で非常に脆弱なものがあって圧死された方が多い。それから、簡単に火事になるような建物が多かった。そのことが多くの死者を出しました。

実はこれは過去の話ではなくて、東京は必ず震災が来ると言われております。そういう中で、もし自衛隊の出動が人命を救うんだという風に考えている知事がいるとすれば、普段のそうではない、建物を燃えないようにする、壊れないようにするという方の対策には力点が入らなくなるという疑いが出てきます。どうぞその辺は間違えないで東京都の運営をこれからやって欲しいものだと思います。

 佐々さんの発言の後にこれ読むと、(゚Д゚)ハァ?のオンパレードですな。
 自衛隊消滅を望む筑紫としては、「自衛隊が来ても来なくてもどうせ全員死んでたんだよ」ってことにしたいんでしょう。同じ思想の持ち主である村山元首相や貝原元知事の失策を薄めたいんでしょう。

 太字にした箇所は、まさに「おまえが言うな」であってね。
 神戸市民はあの時、筑紫及びNEWS23スタッフに対して「本当に恥ずべき怒りを覚えることだとつくづく思った」ことを今でも覚えてると思いますよ。

 筑紫あるいはNEWS23スタッフがあの時、神戸で何をしたのか。
 拙エントリー07/1/29付:筑紫哲也が都知事選に?過去の「妄言」紹介よりプレイバック。

・地震発生当日、ガス漏れによる引火の危険もものともせず、煙草を吸い吸い、さっそく現地神戸に乗り込み、燃え盛る街並みを眼下に、「まるで温泉のようです」と口走った。

・地震発生2日目、長田区蓮池小学校に非難したある被災者は、News23のカメラに向かって、「お前ら!帰れ!米軍早く使え!遅すぎるんじゃ!」と怒声を浴びせた。当日のNews23は全く伝えていなかったが、米軍の空母とヘリコプターの支援を断ったのは、筑紫お気に入りの村山首相なのである。愛する村山様にとって都合の悪いニュースは報じない、当初からそういう姿勢だった。

・同じく2日目、さすがに煙草なしで被災地を徘徊、遺骨収集のために焼け跡を掘り出していた三人の男性に、覗き見根性丸出しで接近。ぶしつけな筑紫に対し、男性のひとりが丁重に「すみません、映さないで」と再三お願いしたにもかかわらず、カメラを回し続け、「言いたいことがあったら言ってくれますか」とたたみかけた。ようやくVTRを止めて、場面はスタジオに戻ったのだが、筑紫はなんと、「被災者は感情的になっている」と信じられない言葉。おまけに「VTR止めた後にいろんな話を聞いたんですけど」とは言うものの、内容については一切言及なし。

・上記エピソードには後日談が。実は「無断撮影」された三人は現在長野県知事の田中康夫の知人だった。その知人から話を聞いた田中は、後日この無断撮影の背景を告発。

・実は筑紫は「VTRは使わない」と明確な約束をしたにもかかわらず、無断で全国に放映してしまった。筑紫の言い訳は、「その人は『カメラを止めた上なら話をする』と言ったので、その通りにし、オフカメラで聞いた話を私がスタジオでフォローした」。まるで、聞いた話をきちんと放送で視聴者に伝えたかのように言っているが、実際には内容はひとつも伝えていない。

・地震発生1週間目、23日の「多事争論」では、ぬけぬけと「アメリカではこういう緊急時になると、連邦政府大統領が出てきて、一元的にこれを統率してしまう。現地に対策本部ができたのは(ロス地震発生)1時間後だといわれています」。筑紫はわざと隠しているが、この「対策本部」はアメリカの連邦危機管理庁のことで、もともと核戦争を想定して設立された組織である。災害発生時には、連邦軍や州兵をも指揮下に置く権限がある。が、筑紫は自衛隊の存在どころか、有事法制にまで反対し、石原都知事が自衛隊と協力して行う災害救助訓練にいまだに因縁をつけている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出典:筑紫哲也「妄言」の研究〜「News23」、その印象操作&偏向報道の作られ方

 温泉発言は、正確には「温泉町に来たような感じがします」ですね。
 こちらに動画があります。


 本日もスクロールお疲れ様でした<(_ _)>



このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/134-156f7a2a

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索