ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

元慰安婦「李容洙」証言の矛盾

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。トラバは受け付けていますが、コメントは本館へお願いします。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


英語での情報発信プロジェクトに協力して下さる方募集!
日本の反日に対する主張で、ブログや掲示板等から、優れたものをフラッシュ動画などに加工し、英文解説をつけて、YouTubeを始めとする動画サイトにアップさせて行きます。詳細は日の丸君の日記さん>おしらせ 協力者募集のエントリー本文&コメント欄を!

 本題の前に、統一地方選挙について。
 気になる東京都知事選はこのような結果になりました。

石原氏、大差で3選 浅野氏の批判及ばず(東京新聞4/8)

 たぶん石原氏が勝つだろうとは思っていましたが、何せ一時期、一部メディアによる石原ネガティブキャンペーン&浅野持ち上げキャンペーンがすごかったですからね。実はちょこっとだけ心配してたんです。
 東京都民が冷静な選択をしてくれて本当に良かったと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて、慰安婦問題です。
 慰安婦問題で日本政府に謝罪を求める米下院の決議案は5月中に採択される見通しだということですが、4月26〜27日に予定されている安倍首相訪米を前に「嵐の前の静けさ」という感じですね。

 「WiLL」07年5月号に掲載された東京基督教大学教授・西岡力さんの論文【すべては朝日新聞の捏造から始まった】の冒頭部分には、こう書かれています。

 たしかに「慰安婦」という人たちはいました。しかし、「慰安婦問題」というのはありませんでした。「問題」というのは現代になっても解決せねばならないことがあるかどうかということです。
 世界には貧困のために不幸にして自分の性を売らなければならなかった人たちは、歴史的にも、現在にもたくさんいます。そういうこととは別に、日本が国家として権力を使って慰安婦に強制的に性を売らせたということがあれば、それは問題です。もしそういうことがあれば「慰安婦問題」となるでしょう。しかし、なかった。ですから「慰安婦」はいたけれども「慰安婦問題はなかった」というのが真実です。

 アメリカの一部メディアは、安倍首相をはじめ日本側がまるで「慰安婦」の存在そのものまで否定しているかのような誤った伝え方をしているようです。
 しかし、日本側が「慰安婦」の存在を否定したことはこれまで一度もありません。
 とにかくこの“問題”で日本は欧米から様々な誤解を受けており、日本国民の一人として大変悲しく、また腹立たしく思います。


 「元慰安婦」の証言は矛盾に満ちています。

 西岡力さんは、韓国側による元慰安婦の聞き取り調査において、「証言者の陳述が論理的に前と後ろが合わない場合がめずらしくなかった」ことや、「証言者が意図的に事実を歪曲していると感じられるケースがあり、ある場合には調査を中断せざるを得ないケースもあった」ことを、調査を行ったソウル大学の安乗直教授らがまとめた『証言集』の中から紹介しています。
 (この件については3/27付拙エントリー:「WiLL」慰安婦問題特集参照)

070409yiyongsu.jpg

 そこで今日は資料として、「諸君!」今月号(07年5月号)に掲載されている、現代史家・秦郁彦さんの論文【幻の「従軍慰安婦」を捏造した河野談話はこう直せ!】から、2月15日の米下院公聴会で証言した「元慰安婦」3人のうちの1人、李容洙の証言の矛盾に言及した箇所を掲載します。

 原文では数字は漢数字ですが、横書きだと見づらいのでアラビア数字に直しました。
 また、太字強調は引用者(くっくり)によるものです。
 

 内容紹介ここから____________________________
 公聴会が開催されたのは2月15日、議事録によると場所は下院ビルの2172号室、主催は下院外交委員会の太平洋・地球環境小委員会、論題は「慰安婦の人権保護」となっている。

 会は小委員長の挨拶につづき、パネルIがホンダ議員の主旨説明、パネルIIが元慰安婦の李容洙(Lee Yong Soo)、金君子(Kim Koon Ja)、ヤン・ルフ・オヘルネ(オランダ出身、現在は豪州居住=引用者注1)の証言、パネルIIIは支援組織のミニー・コトラー、ソー・オクチャ(既出=引用者注2)の陳述の順で進行した。

引用者注1 ヤン・ルフ・オヘルネ……ジャン・ラフ・オハーンと表記される場合もある。》
引用者注2 ソー・オクチャ……ホンダ議員と連帯して会員決議案を推進してきた、ワシントンに本拠を置く「慰安婦のためのワシントン連合」の会長で、米地方裁判所に提訴した15人の慰安婦の裁判闘争を支援してきた朝鮮系の博士。2月15日の公聴会ではしめくくりの大演説をぶった。》


 3人のうちオヘルネは1944年ジャワ・スマランのオランダ民間人抑留所から日本軍部隊の慰安所へ連行され売春を強制されたが、気づいた軍司令部の命令で2カ月後に解放され慰安所は閉鎖された。

 オランダ軍事法廷は戦後に責任者11人へ死刑(1名)をふくむ有期刑を科したので、法的には60年以上も前に終結した事件である。

 残りの2人は韓国人女性だが、ここではソウルの「ナヌムの家」に住み、語り部として訪日経験も多い李容洙の証言(要旨)を議事録から紹介したい。気になる個所に傍線を引いておいた。

「私の前半生」

 1928年12月、大邱生れ。男5人、女1人の9人家族だが、貧しかったので学校は1年しか行かず、13歳の時から工場で働く。1944年秋、16歳の時に女友達のキム・プンスンと川辺で貝拾いをしていた時、丘の上から年長の男が私たちを指し、連れの30歳代の日本人がやってきて誘った。おびえた私は走って逃げたが、数日後の早朝にキムが窓を叩いて小声で誘った。

 私は母に黙ってスリッパでそっと抜け出すと、数日前に見た日本人がいた。彼は人民軍のような服(People's Army Uniform)に戦闘帽をかぶり、3人の少女が一緒だった。合流して5人になった我々は駅から列車で平壌を経由して大連へ向かった。途中で帰りたいと泣いたが拒否された。

 11隻の船団に乗り、船中で45年の元旦を迎えた。上海に寄ったあと台湾へ向ったが、途中で爆撃に会い乗船に爆弾が1発命中した。大混乱の最中に同船していた日本兵にレイプされた。これが私にとっての最初の性体験である。

 船は沈みかけたが何とか助かり、私は血まみれで台湾に上陸した。同行した慰安所の主人(妻は日本人)は「おやじ」と呼ばれたが、時に暴力をふるわれた。

 新竹の慰安所ではトシコと名のり、毎日4、5人の兵士に性サービスした。そのうち性病にかかり、なじみの特攻パイロットにうつしてしまったが、彼は「君の性病は明日突っこむ僕へのプレゼントと考えるよ」とやさしかった。

 終戦となり、4人の仲間とともに帰国、両親にも私の体験を語らないまま、飲み屋で働いたり魚の行商、保険の外交員などをして戦後をすごした。

 公聴会にひっぱりだした以上、目をそむけるような陰惨なエピソードのオンパレードだろうと覚悟して読みはじめた私は、いささか拍子抜けした。涙もあれば笑いもあって、テレビ局が飛びつきそうなメロドラマ風の筋立てではないかというのが率直な感想だが、彼女たちの身の上話には女工哀史を題材にした「ああ野麦峠」の百円工女のように成功美談風の物語も珍しくない。

 波瀾万丈の一代記を出版した文玉珠(故人)もそのひとりで、ビルマでは「利口で陽気で面倒見のいい慰安婦」として将軍から兵隊までの人気を集め、3年足らずで2万6千余円の貯金ができ、5千円を仕送りしたという。本当なら、在ビルマ日本軍最高指揮官より多く稼いでいたことになる。

 もっとも彼女は1992年に時価修正しての払い戻しを日本の郵便局へ請求したが、断わられる不運な目にも会っている。

 李容洙の場合は戦争末期なので仕送りするどころか、ただ働きに終ったろうと想像するが、動機は民間業者の甘言に乗せられた家出娘としか思えない。ではもうひとりの金君子はといえば、16歳で養父のチョイ(朝鮮人警察官)からカネを儲けてこいと追い出され、「軍服」を着た朝鮮人の男からカネになる仕事があると言われ貨車に乗せられて、と申し立てている。本人が業者に騙されたか、養父が前借とひきかえに業者について行くよう命じたかのどちらかで、日本人はまったく登場しない。

 両人とも官憲による強制連行の影も見えず、朝鮮人による「騙し」と断定できる。なぜならそのころ朝鮮半島に居住していた日本人で、甘言を弄して朝鮮人女性を騙せるほど朝鮮語が話せる者は、皆無に近かったからだ。

 私が目にした元慰安婦たち数十人の証言は、多くが李や金の申し立てと大同小異だが、支援団体などが都合にあわせて手を入れるせいか、同一人なのに数通りの身の上話が流通する例は珍しくない。


070409LeeYongSoo.jpg


 とくに連行事情が食いちがってはまずいと考えたのか、女性国際戦犯法廷の報告書は「参加被害者の略歴」欄から誰が騙したか、連行したかの主語を削り落としてしまった。くだんの李容洙の場合も表1が示すように、連行事情について数通りの筋書きが「カムアウト」している。

 年齢、連行した男の素性や服装の誤差は別として、大別すれば「家出」(1、6)と「強制連行」の二種になる。いずれも多かれ少なかれ「騙し」の要素がからむ。正反対に近い二種のいずれが真相に近いかと聞かれれば、公聴会の6は「赤いワンピース……」が抜けているだけで、デビュー直後の1とほぼ同じなので「家出」が正しいと答えたい。

 「強制連行」のほうは支援組織やマスコミへのサービス発言だろうと推測するのは、細部の食いちがいが多すぎること、公聴会での証言からわずか6日後の参議院議員会館や2週間後の外国特派員協会などでは正反対の陳述を使いわけているからである。

 その間に「約束がちがう」と責められたのか、参議院の集会では新立法運動を進めている福島瑞穂、岡崎トミ子、土屋公献、円より子氏らの顔を立てて典型的な「女郎の身の上話」を語ったのだろう。

 日本政府が慰安婦や慰安所の存在を否認していると思いこんでいるらしい彼女としては、「私が生きた証拠です」(living witness)と主張するのが眼目で、騙した男の素性とか、沈みかけている船上でレイプされた話を信じてもらえるかどうかは関心の対象外なのではあるまいか。

 理解しかねるのは、韓国だけでまだ114人も生き残りがいるのに、公聴会をテコにして決議案を通そうとしているホンダ議員たちが、なぜ「性奴隷」の見本としてはふさわしくない慰安婦を証人に選んだのかという疑問だ。

 それにこの程度なら朝鮮戦争やベトナム戦争の帰還兵から、「われわれが通った米軍専用慰安所と変りないじゃないか」と異議が出るリスクもあるというもの。

 だが信仰にも似た先入観は恐ろしい。李や金を強制連行の犠牲者と思いこむ人士は多く、シーファー駐日アメリカ大使でさえ記者会見で彼女たちを「信用できる証人」(Credible Witnesses)と公言(3月16日付NYタイムズ)したのには仰天した。

【4/10 14:00追記】
表1の10番目は李容洙(Lee Yong-soo)ではなく、李玉善(Lee Ok-seon)の証言であるとのご指摘がありました。詳細はこちらをご覧下さい。

 ____________________________内容紹介ここまで


 タイトルになっている「河野談話はこう直せ!」の中身については、秦先生ご自身が産経新聞「正論」3/11付でちょこっと触れられてますが、それがこの「諸君!」の論文ではさらに補強されてます。
 また他にも、マイク・ホンダ議員の経歴、日本軍以外の「戦場の性」の実状、元日本軍兵士で中帰連の金子安次氏について……など、色々と述べられています。
 発売中の「諸君!」をぜひご購入の上、全文をお読み下さい。

 ちなみに李容洙の証言がコロコロ変わってる点については、博士の独り言さん、また毒吐き@てっくさんも取り上げてらっしゃいますので、これらもぜひ参考に。

 他の「元慰安婦」の証言の矛盾については、反日勢力撃退用・HTML版史料館さんの従軍慰安婦・検証編の「3. 被害者証言の検証」をご覧下さい。


 話は戻りますが、秦先生の上記論文にこういう箇所がありましたね。

 理解しかねるのは、韓国だけでまだ114人も生き残りがいるのに、公聴会をテコにして決議案を通そうとしているホンダ議員たちが、なぜ「性奴隷」の見本としてはふさわしくない慰安婦を証人に選んだのかという疑問だ。

 実は4月8日放送「たかじんのそこまで言って委員会」で、パネラーの田嶋陽子(元社民党参議院議員)がこんな話をしていたんです。
 
 「いろんな資料があって、戦争も末期になると下っ端にいる兵隊たちはみんな、例えば、私が会った人は、8歳で畑で強姦されてそのまま連れてこられて慰安婦にされた。……元慰安婦の人たちが言ってたのは、将校レベルが一番たちが悪くて、気に入らないと刀で斬られた、背中は袈裟がけ、腹も斬られたと。元慰安婦たちが傷を見せてくれた。自殺しても死にきれないと、その後拷問された。……1995年の北京会議で、韓国の元慰安婦たちが聴衆の前で泣きながら証言した」
 (1995年の北京会議とは、これのことらしいです。

 8歳の少女が日本軍に強姦され、そのまま連行されて慰安婦にさせられた!?
 本当であればものすごい話ですよね。これこそ「性奴隷の見本としてふさわしい慰安婦だと思います。
 なのにホンダ議員たちは、なぜこういう人を証人に選ばずに、李容洙や金君子なんかを選んだんでしょう?


 ついでに書いておくと、慰安婦問題については、4月8日放送「報道2001」でも討論がありました。ここには秦先生も出演されてました。

 琉球大学の高嶋伸欣教授(「つくる会」教科書の反対運動などでもおなじみ)が、「証拠文書が存在しないからといって強制連行がなかったとは言えない。そもそも敗戦時、日本軍に不利になる文書は焼却するよう命令が出されていた。慰安婦の文書も焼かれてしまった」という趣旨のことを言ったんです。

 それに対する秦先生の反論はこんなふうでした。

 「最初はそういうことを言う人(文書が焼かれてしまったと言う人)はいなかった。『文書を探しても見つからないのは、探し方が悪いからだ』と言っていた。でも見つからないから、最近になって『軍が全て燃やしたんだ』と言い出した。が、一枚しか存在しない文書というのは滅多にないんです。特に上から下に流す文書は、数百通あって宛先に流れていく。そのうち必ずどれかが残ってるんです。戦後、防衛庁に旧日本軍の数十万点の資料があるが、それは焼け残ったものを各地から集めてきたから残ってるんです。それに軍命令があれば、(文書が残ってなくても)記憶によって覚えている人もいる。さらに言えば、韓国の元慰安婦として出てきた人の中で、身の上話があるが、誰一人として証人がいないんです。自分が言ってるだけ。普通はひどい目にあったら近所の人や家族や友人などを証人として連れて来ないと、法廷では取り上げてもらえない」

 さらに京都大学大学院の中西輝政教授が補足。

 「朝鮮半島で大規模に20万人も、アフリカの奴隷狩りのように道を歩いてる人を次々トラックに乗せたり、家に入ってきて銃剣を突きつけて脅して連行したり、そういうことを大規模にやれば、朝鮮半島の中に、朝鮮の人が残した記録、日記なり何なりがあるはずなんですが、一切ない。あるいは朝鮮半島の各地で、朝鮮の男性らが立ち上がって、日本軍に大反抗をしたはずです。でもそういう記録もない。これは決定的です」

 元慰安婦やそれを支援する反日組織が大声で何を叫ぼうと、このように順序立てて冷静に考えれば、日本軍による強制連行なんかなかった、「従軍」慰安婦なんかいなかったというのは、誰にでも理解できる話ですよね。

 ところが、です。

 ……ここから下は少し「心づもり」をなさってからお読み下さい。


 私もちょびっとだけ関わらせていただいている、英語での情報発信プロジェクト「日本より正しい情報を発信する会」を主催されているhinomaruさんのブログ4/3付より一部引用。
 (私の意図したいことを明確にするため、強調箇所はこちらで改変させていただいています)

われわれ(日本より正しい情報を発信する会)では海外在住の日本人の方も所属しており、その方の、メールの一部をご紹介する。
この方には、慰安婦問題についての正確な情報(くっくりさんの従軍慰安婦10問10答)と思われる文を英訳したものレヴューをお願いしてある。

その方が豪州のネイティブの方に英文を見てもらったときの反応である。(一部、手直しを入れております。)


<メンバーからの手紙>

実は今日、英語の校正を頼んでいた友人に昼食によばれました。彼は日本通で、日本大好きで、前世は日本人だったのではないか、と言っているくらいです。普通の日本人が知らないようなことも知っていて、日本人をパートナーにしている人です。いつも、ちょっとした英文の直しを頼んでいる友人のうちのひとりです。

彼はいつもなら、「戦争は残酷なものだ。敵も味方も人が狂ってしまう」と、ものわかりのいいことを言っているので、(従軍慰安婦10問10答の英訳レヴューを)頼んだのです。 
しかし、あの英文については、「機械翻訳したのか、へんな英語だな。なんだか従軍慰安婦のことをまるで無かったことのようにいっているが、それは間違いだ」と、言うのです。それで、
私が、伝えられている情報は一方的なもので、軍が直接関与したものではなく、民間業者が当時合法の売春婦を募ったものだ、と反論すると、「オーストラリア人の女性達が、日本軍に無理やり連れて行かれて強姦されたと言っているぞ、しかも、お金なんかもらっていないで、性の奴隷にさせられたと言っている。彼女達が嘘を言っているとはおもえない」とけっこうな見幕でまくしたてるので、私は、これ以上反論しても無駄だ、反日勢力の英語での流布のすごさと、日本政府の問題処理のまずさ(その、オランダ人であった今は豪州国籍の女性達に対しても)に、これからの活動の厳しさを思い知りました。

 おわかりいただけたでしょうか。親日派の方ですらこういう反応なのです。
 
 「従軍」慰安婦なんてものはいなかった。日本軍による強制連行の証拠は一つも見つかっていない。それは事実です。
 でもそれは今のところ、日本国内でしか通用していないのです。
 シーファー駐日大使が元慰安婦の証言を鵜呑みにしてしまうのも、無理からぬことと言えるでしょう。

 事態は皆さんが思っておられるよりずっと深刻なのです。
 まずはこの現実をショックを持って受け止めて下さい。
 そして、

 私たちの父の世代、祖父の世代の冤罪が、この先、私たちの子供の世代、孫の世代にまで継承されてしまうなんて、そんなの間違っている!絶対に許せない!

 そう思われた方は、どうかこのプロジェクトに参加して下さい。

 「日本より正しい情報を発信する会」
 http://groups.msn.com/truthinformation



 本日もスクロールお疲れ様でした<(_ _)>
 以下はリンク集です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※国民の声を届けましょう
 ・自民党
 ・首相官邸
 ・外務省

※慰安婦問題動画
 ・COMFORT WOMEN AND KONO STATEMENT
 櫻井よしこさんのGJ発言、英語字幕付き。一人でも多くの人に見に行っていただけたら、ランクが上がって目にとまりやすくなるそうです。ぜひご協力を!
 ・THE TRUTH OF COMFORT WOME
 インパクトはこちらの方が上かも。コメントのところ見ますと、作者のTAMAGAWABOATさんが一人で反論をされてるようです。どうか皆さまお力添えを!!

※慰安婦問題参考リンク
 ・反日勢力撃退用・HTML版史料館より
  ・従軍慰安婦・解説編
  ・従軍慰安婦・検証編
  ・従軍慰安婦・陰謀編
 ・Let's Blow!毒吐き@てっくさん3/14付:従軍慰安婦資料集その1
 よしりんの10年くらい前のゴー宣。削除される可能性があるので急いで見て下さい。
 ・新・柏原日記さん>3/27付:基礎からわかる「慰安婦問題」−読売新聞朝刊13面より

※拙ブログ関連エントリー(厳選)
 ・06/3/4付:朝日はいつまで「元慰安婦」を利用するの?キャッシュ
  「元慰安婦」自身が証言してる。自分を“連行”したのは朝鮮人だと。
 ・06/3/19付:米連邦最高裁判所が「慰安婦」にNO!キャッシュ
  これで慰安婦に関して日本に賠償謝罪を求める訴えは米国内では起こせなくなった。
 ・07/2/26付:「報道2001」慰安婦問題ホンダ議員生出演(全文テキスト)
 ・3/16付:「ぷいぷい」慰安婦問題(全文テキスト)と河野洋平と東国原知事
 ・3/17付:【資料】慰安婦問題おさらい10問10答
  問題の要点をフリップでわかりやすく説明。
 ・3/19付:「たかじん」慰安婦問題(全文テキスト)
 ・3/27付:「WiLL」慰安婦問題特集



このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/133-67262bc4

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索