ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「アンカー」イラン戦争秒読みか?

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。トラバは受け付けていますが、コメントは本館へお願いします。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

英語での情報発信プロジェクトに協力して下さる方募集!
日本の反日に対する主張で、ブログや掲示板等から、優れたものをフラッシュ動画などに加工し、英文解説をつけて、YouTubeを始めとする動画サイトにアップさせて行きます。詳細は日の丸君の日記さん>おしらせ 協力者募集のエントリー本文&コメント欄を!


■4/4放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

070404-1.jpg

 今週も中東がテーマ。日本にとっても対岸の火事ではない危機がだんだん迫っているというお話です。

 VTR以外は今回も、一部除いて青山さんの発言だけを箇条書きという形で失礼します<(_ _)>
 が、内容はほぼ捉えていると思います。

 画像は“たか”さんがUPして下さった動画から、キャプチャさせていただきました。クリックすると、新規画面で拡大します。

 ちなみにラテ欄はこうなってました。

日本にもテロの危機?英国人の兵士拘束でイラン戦争秒読みか?青山ズバリ


 内容紹介ここから____________________________
●今日は実はちょっと怖い話をあえてせざるをえないなと。ズバリこれです。

<キーワード>
 ストップ!イラン戦争

●これね、イラク戦争でさんざんね、世界がひどい目にあってるところに、また戦争かっていうことがやっぱりあるんですが、「ストップ」って書いた通り、日本も含めてね、対岸の火事じゃなくて、僕らが止めないといけない危機がだんだん迫ってる。もし止められなくて、もし戦争になってしまったら、それはイラク戦争の比ではない。つまり、イランというのはペルシャ湾に面した国ですから、僕らの使ってる油の9割はそのあたりから来てるわけですから、もしこのまま僕らがストップしないでイラン戦争になっちゃったら、僕らの生活自体がおかしくなってしまうという話をいたしたいと思います。

 ………………VTR開始………………

 先日ついに青山繁晴は総理官邸を訪ねた。
 それはイランでの戦争危機を打開するため。

 官邸内で訴えた秘策とは?
 この後ズバリ解説します。

 (一旦CM入る)

 イランで危機が高まっている。

【イランの核開発】

 先日、国連安全保障理事会はイランの核開発に対し、追加制裁決議を全会一致で採択した。
 これに対し、イランのアハマディネジャド大統領は、「核開発を1秒たりとも停止しない」と表明。一歩も引く構えを見せない。

 さらに……

【英兵士15人拘束】

070404-2kousoku.jpg

 イラン革命防衛隊は、ペルシャ湾のイラン・イラク国境付近で、イギリス海軍のボートが領海を侵犯したとして、海軍兵士15人を拘束(3月23日)。

 両国の間で緊張が高まっている。

 しかし……

070404-3eiheisi.jpg

拘束された英女性兵士
「危機を加えられることなく、イランの人々はとても親切です」

 イラン国営放送は、イギリス兵が自ら領海侵犯を証言する映像を公開した。
 イギリスのブレア首相はこれを激しく非難。

ブレア首相
「イランが理解すべき事は、これを続けても孤立を深めるだけだ」

 アメリカ・ブッシュ大統領も「許し難い行為」と非難し、イギリス兵の釈放を要求。
 ペルシャ湾で空母を展開させ、圧力をかけ始めた。

イラン最高指導者・ハメネイ師
「彼ら(欧米)が不法な攻撃をしかけたら、我々も攻撃できるし、やるべきだ」

070404-4kougi.jpg

 イラン国内では学生らがイギリス大使館前に集まり、デモが繰り広げられている(4月1日)。

 イギリス兵拘束からおよそ10日。
 ここに来てようやく両国の交渉が進められる中、イランで何が起きようとしているのか。

 青山繁晴がこの後ズバリ解説します。

 ………………VTR終了………………

山本浩之(キャスター)
「もうずいぶん前のこのコーナーなんですけども、バグダッドを舞台にね、水面下ではアメリカとイランがもう戦争やってるんだよって話を、青山さんから教えていただきましたが」

室井佑月
「でもペルシャ湾っていうと、さっき青山さんが言ったけど、前の時、青山さん、イスラエルで代理戦争としてやるかもって言ってたんですよね」

 (以下全て青山氏のコメント)

●いま室井さんが言われたね、イランに対して攻撃計画あるんじゃないかって国は、イスラエルと、それからアメリカ+イギリスという話。で、前は僕自身もイスラエルが一番可能性あると思ったんですが、今回違うって話をやっぱりしなきゃいけない。それはあとにして、まずVTRで見ていただいた、イラン側がイギリスの兵士をペルシャ湾で拘束してるというのを。地図を出していただけますか。

070404-5map.jpg

●このペルシャ湾というのは、要は日本に油を積み出している港がある所ですね(女子アナが「全部ここを通って日本にやって来る」と補足)。この事件がどうやって起きたかというと、ちょうどこの川(シャトルアラブ川)の延長線で、こっち側のイラクの海になってる、イラクの海と言ってるけど、実際いまアメリカ軍やイギリス軍が、そこをパトロールしたりしてるわけですね。で、それをはさんで反対側のイランと、ペルシャ湾でにらみ合ってる状態にあると。ペルシャ湾でパトロールしてるイギリス兵をイランが拘束して、テレビに出したりして宣伝してると。

そのことは、はっきり言うと大したことでもない。それで戦争になるとは僕は思ってないし、専門家でそう思ってる人はあんまりいないと思うんですよ。だけど本当は問題がもっと深くて、誰が何のためにわざわざそれをやったのか。

●そう訊くと、「え?誰がと言われたって、イランって出てるじゃないですか?」と思うでしょ。ところがイランはそういうふうに簡単にいかない国で、普通だったらイランがやったんだからイラン軍がやったはずでしょ。イラン海軍が捕まえたはずじゃないですか。ところがこれを捕まえたのはイラン海軍でなくて、イランのもう一つの軍隊。イランは軍隊が二種類ある、世界でも稀な国。その名前は何かというと、「イラン革命防衛隊」。

070404-6kakumei.jpg

●これ知ってる人はけっこういると思うんだけど、今から30年ぐらい前にイランでイスラム革命が起きて、その時に学生たちが中心になって、アメリカの大使館、イランの首都テヘランにある、いま画像出てますね、こういうものすごい人数でデモをやった挙げ句、テヘランにあるアメリカ大使館を占領して、大使館員を人質にとって、国際法を完全に無視して、というものすごいことをやったんですね。それが革命防衛隊で、それが30年経った今も生き残ってて。

●実は僕も、イランに実際に僕自身が行くまでは、革命防衛隊といったって、せいぜいゲリラがいたり、つまり陸の兵士だけだろうと思ってたわけですよ。つまりイランは普通の国でもあるから、陸軍、海軍、空軍いるから。革命防衛隊はそれとは別途、ゲリラみたいな人がいるだけだろうと思ってた。ところがイランに実際に最近行ってみると、そうじゃなくて普通に陸軍、海軍、空軍があるんだけども、この革命防衛隊がどんどん膨れあがってて、ミサイルも持ってるわ、戦車も持ってるわ、戦闘爆撃機も持ってるわ、要は革命防衛隊にも陸軍、海軍、空軍があるわけ。

070404-7guntai.jpg

●わかりやすく見ていただくと、ここに大統領がいて、大統領の下に軍隊が二つあって、普通の軍隊と、革命防衛隊というもう一つの陸海空軍があって、これを誰が指揮してるかよくわからない。実はアハマディネジャド大統領はこの革命防衛隊の出身だから、関係が深いとわかってるけれども、どういうふうに指揮してるかわからない。さっきVTRに出てきた宗教指導者、ハメネイさんが例えば、国軍を指揮してるのかどうかもよくわからな。

●ということで、簡単にいかないだけじゃなく、今回のポイントは、革命防衛隊の海軍が事件を起こしたっていうのがとても大事なところで、しかもその起こした場所がペルシャ湾ってことはですよ、すなわち本当は、イランはやがてアメリカに攻撃されるということを予感してて、もしそうなった時に我々は普通の軍隊だけじゃなくて、こういうもの(革命防衛隊)も持ってんだよ、何でもできるよ、ペルシャ湾で何でもやるぞ、つまりペルシャ湾封鎖もやるぞと。

ペルシャ湾をもし封鎖したら、例えば日本に油が一滴も行かなくなるぞということのメッセージを送るために、むしろあの事件が起きたので、あの事件そのものはやがて妥協で解決するでしょうが、そのバックの話が大きいわけですね。そうすると日本が何をしなければいけないかというと、こういうことをよくわかった上で、実はアハマディネジャド大統領はアメリカとは全然口をきかない関係にあるわけですけど、日本はイランとは関係がいいから、そのへんで日本にとっては一つのチャンスがありえる。それだからこそ、もう一つのフリップはこれなんです。

<キーワード>
 安倍さんの中東訪問にサプライズ!

●今日ちょうど塩崎官房長官がはっきり申しましたが、まずゴールデンウィーク直前からアメリカに行って、その後中東諸国を歴訪する、いっぱい回っていくってことを言いましたね。その中に実はサプライズがあるということを、首相官邸に行って聞いてまいりましたので、その話をいたしたいと思います。

●安倍さんが役割を果たそうとするためにも、さっきのように複雑な構造になってるイラン、本当は何が起きつつあるのか、情報の一例を皆さんに話したいと思います。

070404-8clark.jpg

●まずちょっとこの画像を見て下さい。これは実はうちの研究員が撮った画像なんですけど、先日カタールの首都ドーハで開かれた国際会議で、クラークさんという人とイラン戦争について話をしたんです。このクラークさんというのはアメリカの民主党の大統領候補になろうとした人で、もともとは陸軍の大将です。NATO軍の総司令官をやってたり非常に有名な人で、ベトナム戦争の英雄でもあって、右手の親指のところに解放戦線に撃たれてえぐれた跡とかある。そういうことはむしろ誇りだから気にしないで、こうやって手を振りながらやってるわけですけど、クラークさんというのは未だにアメリカ軍の中で非常に強い影響力を持ってる人だから、イランを誰が攻撃するのか知るにはこのクラークさんに訊くしかないから、そのことをズバリ訊いたんですね。

●するとまずクラークさんの方から、「青山さん、あなたは安全保障の専門家として、おそらくイスラエルはイランを攻撃するかもしれないけど、アメリカはまさかこの状況でやらないと思ってるでしょう?」と言われたから、ズバリでね、僕は「その通りです、日本でもそういう話してます。イスラエルが攻撃する可能性は相当にあるけど、まさかアメリカは…と思う、という話をしてます」と。そしたら「それは逆さまだ」と言われまして。「イスラエルはもうあきらめた。もちろん最初はイスラエル空軍は実際にイランを爆撃しようとしてたけど、あきらめた」と。どうしてかというと、イスラエルとイランの直接戦争になったら、なんぼなんでも中東がめちゃくちゃになってしまうと。つまりイスラエルの味方できる国ないから。

●イスラエルがあきらめたので問題が収まるかというと、イランの核開発は止まらないから、アメリカ軍に実際の影響力を持ってるクラークさんが言うには、「青山さんが思ってるよりも我がアメリカ軍と…」、“我がアメリカ軍”と彼は言いました、「我がアメリカ軍とイギリス軍、イギリス軍はほんとは戦争したくないんだけども、無理にでも連れてって、米英でイランに対する戦争を行う可能性は、実は現実の問題としてあります」と言われたんで(一同「えーっ」と驚き)、僕はこれね(パネルの画像を示して)、ちょうど「えーっ」て言ってるとこなんです。口がヘの字になってて、クラークさんは一生懸命力説してるところです。

●で、僕はそんな愚かなことがあるかと。イラク戦争でこれだけ苦しんでて、もしイランを叩いたら何が起きるかというと、これは日本国民にとっても大変なことで、「クラークさん、あなたよくわかってる通り、日本の油は9割が中東の油で、しかもほとんどがペルシャ湾から出ていくんだから、イランはさっき言った通り革命防衛隊を持ってるから、ペルシャ湾をすぐ封鎖したりしますよ。そうなったら、例えば日本で自動車が走らない、それどころか自衛隊の戦車だって走らないかもしれませんよ。そんな愚かな戦争をしてもらっちゃ困る」と言ったら、クラークさんは民主党の人でもあるから、「確かに愚かだけれども、しかし雰囲気はやらざるをえない」と。「夏頃にかけて重大な局面が来るんじゃないか」と。そのへんはややクラークさん、だんだん曖昧にしていったけど、そういうことを言ったわけです。

●僕が日本に帰ってきて、こないださらにぞっとしたのは、日本に帰ってきてから新たなことがあって、イスラエルで閣議が開かれた。イスラエルは日本と同じ首相の国、議院内閣制の国ですから、閣議が開かれて、そこにイスラエル軍の情報部長が出席して、イスラエル軍がスパイを使ってイランを調べたら、イランはこの夏にアメリカとイギリスから攻撃受けるってことを予測してて、もうその準備に入ってると、イスラエルの閣議で報告したという話が入ってきた。この部分はちょこっと新聞にも出ました。だからイスラエルはあえて情報発信してるわけですけど、意図があってね。但しピタッとクラークさんの話と合ってて、クラークさんはイスラエルと連携してやったということじゃないから、実際にこの恐怖のストーリーがあるなと。

●で、僕は普段は総理官邸には電話だけにするんです。目立たないために。だけどこうなったら電話でやってる場合じゃないと思って、今回、総理官邸に行って来たんです(一同「えーっ」、山本キャスターは「そんなんサラッと言われても困る(笑)」)。但し言っときますけど、安倍さん本人には会ってません。僕は嘘言いませんから、安倍さん本人じゃなくて、安倍さんを支える人々に会ってきました。

●この番組、このコーナーを見て下さる方でね、「青山さんはいろいろ提案をされるけど、それは例えば安倍さんなんかに伝わるようにしてますか」というお問い合わせをよくいただくんですが、僕は評論家じゃなくて実務者ですから、ここで言ったことは全部、実際に行動してますからね。普段言わないだけです。で、今回は総理官邸に僕は行った。ということは総理番記者がいるから、僕が官邸に行ったってことはメディアにもわかってるから、ここでもはっきり申すんで。

●そうすると、その時にわかったことは、大事なことの一つはね、安倍さん本人が思い切ってイランに行くことを模索はしました、とはっきり聞きました。ところが残念だけど、政府内で反対意見が非常に多くて、日本はわざわざ火中の栗を拾うなんて怖いことは戦後しないで来たんだから、安倍さんがそれやって失敗したらどうするんだということで、結局イランには本人は行かないことになってる。

●そのかわりさっきここでサプライズと書いたのは、僕もびっくりしたんですが、違うやり方をいま考えている。何かというと、ゴールデンウィークの時に安倍さんが中東各国に行くでしょ。その時にたくさん政府高官がついて行く。安倍さんが行ってる最中にそのうちの一人だけがそこから抜けて、その最中にイランに行って、総理のお手紙も持って行って、イランと交渉して、それを世界に示して、そういう意味では初めて火中の栗を拾う。このサプライズをやるんです。僕は誰が行くか名前も聞きましたが、それは約束でここではまだ申せません。みんなが知ってる有名な人が行く準備をしてると。

070404-9aoyama.jpg

●但し僕は「がんばって下さい」で帰ってきたんじゃなくて、「その案は、ま、一生懸命考えたことは評価する、それからあえて火中の栗を拾おうとしてることも評価する、しかしやっぱり安倍さんが行かなきゃいけない。どうしてかというと、安倍さんが行くと初めてイランはいろんな立場の、大統領や宗教指導者や、いろんな立場の人間と会えるのは唯一安倍さんだけだから、そして政府内の反対というより、安倍さん本人が最後は決断すれば行けることだから、もう一回考えて下さい」ということを言って帰ってきました。国民の声が僕はほしいんです。

 ____________________________内容紹介ここまで


 イランに拘束されていたイギリス軍兵士についてですが、先ほど速報が飛び込んできました。

拘束英兵15人全員に恩赦、イラン大統領が解放発表(読売4/5)
4月5日1時4分配信
 【テヘラン=工藤武人】イランのアフマディネジャド大統領は4日、テヘランの大統領府で記者会見し、ペルシャ湾のイラン・イラク国境水域で英軍兵士15人を拘束した事件で、「15人に恩赦を与える」と述べ、英兵全員を解放すると発表した。
 イランのメヘル通信によると、15人は会見終了後、駐イラン英国大使に身柄を引き渡され、事件は3月23日の発生以来、12日ぶりに解決した。
 記者会見に続いて行われた「解放式典」では、大統領がスーツ姿の英兵と1人ずつ言葉を交わした。大統領側近によると、15人は5日にテヘランの空港から出国する予定という。
 大統領は「解放は英国民への贈り物だ」と強調し、具体的な解放理由は明らかにしなかったが、「英政府の姿勢が変化したことは評価できる」と述べ、英兵の乗った艦艇がイラン領海を侵犯したとするイラン側の主張に、英政府が譲歩した可能性を示唆した。


 その他、関連ニュース。

「米軍、4月前半にもイラン攻撃」露報道(産経4/1)
イラン、米軍の攻撃を受けると想定して準備中=イスラエル軍当局者(ロイター4/2)
対イラン攻撃説、重ねて否定=米(時事通信4/4)
首相の訪米、26—27日に・中東5カ国歴訪も正式発表(日経4/4)


 「アンカー」青山さんコーナー、こないだから中東の話が続いてますね。
 私はあまり中東のことを知らないし、また日本のメディアもさほど詳しく報道してくれないので、大変、大変、ためになります。

 ちなみにクラークさんと青山さんの2ショット画像ですが、鮮明なものが青山さんのブログに載ってます。「ヘの字口」もバッチリ(^_^;



※参考リンク
 ・ON THE ROAD : Aoyama 's Daily Essay(青山繁晴さんのブログ)

※拙ブログ関連エントリー/「アンカー」起こし
06/5/11付:「アンカー」ポスト小泉を青山氏がズバリ
6/15付:「アンカー」拉致問題に隠された北の陰謀by青山繁晴
7/13付:「アンカー」北制裁とテロの危険性by青山繁晴
7/20付:「アンカー」国連と北朝鮮&「ぷいぷい」韓国
8/24付:『アンカー』北朝鮮核実験で日本の核武装論が高まる?
8/31付:『アンカー』皇室はどうあるべきか?
10/5付:「アンカー」安倍さんは家康〜北核実験宣言、訪中・訪韓、消費税など
10/26付:「アンカー」金正日、逆襲の一手!?
07/1/11付:「アンカー」山崎拓訪朝で拉致問題に異変?
・(おまけ)1/15付:「報道2001」山崎拓×青山繁晴
1/17付:「アンカー」山崎拓訪朝で加藤紘一政権誕生?!
1/24付:「アンカー」米朝妥協で日本はどうすれば?
1/31付:「アンカー」米大統領選で日本の運命は&柳沢発言問題
2/8付:「アンカー」外国人犯罪者の逃げ得を許すな
2/14付:「アンカー」6カ国協議合意で今後の日朝関係は?
2/19付:「アンカー」李英和教授の解説&総連の動画
2/22付:「アンカー」安倍内閣改造の時期は?人事は?
3/1付:「アンカー」韓国メディアが伝える北朝鮮 小さなニュースに宝あり
3/8付:「アンカー」米国に告ぐ!ヒル国務次官補即刻解任せよ
3/15付:「アンカー」安倍変身&慰安婦問題など
3/23付:「アンカー」中東経済会議で北朝鮮問題
3/29付:「アンカー」カタール報告 日本核武装を求める2大国



このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/131-7749cd62

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索