ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

韓国系・支那系による日本人いじめの実態…在米日本人主婦らの証言

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

131011-01studio.jpg

 ジャーナリストの大高未貴さんが、この9月にロサンゼルス市内で在米日本人主婦3人の方にインタビューされました。

 慰安婦像や慰安婦碑がアメリカに建立されていっているのと並行して、在米日本人に対する韓国系・支那系のいじめがひどくなっていることを受けてのインタビューです。

 私はそういうことがあるとは聞いていましたが、ここまで深刻な事態になっているとは思っていませんでした。

 そのインタビューを今日は起こしました。
 ソースはチャンネル桜の以下の動画です。

【大高未貴】アメリカ慰安婦問題レポートPart2、在米邦人の危機感と窮状[桜H25/10/7]
 http://www.youtube.com/watch?v=s6AM2FvJU4M

 インタビューの収録場所はホテルのレストランだったそうですが、間の悪いことに上の階が工事中で雑音が大変多く、ところどころ聞き取れない箇所がありました。その箇所は○○で表記しています。

 間投詞(「あの」「その」など)や言い直しもできるだけ再現しました。但し、細かい相づちなどは支障のない範囲でカットしています。

※引用転載はご自由に。連絡不要です。但し誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので、必ずこちらのURLを添えておいて下さい。
画像を利用される方は、直リンクでなく必ずお持ち帰り下さい。当方のサーバーへの負荷軽減のためご協力のほど宜しくお願いいたします。「直リンク」の意味が分からない方はこちらをご覧下さい。現在、直リンクされても画像が表示されない措置をとらせていただいています。



 書き起こしここから______________________________
大高さん
「銅像が建ってから、何か具体的にいろんな、動きとかありますか」

在米日本人主婦Aさん
「そうですね、具体的にというよりも、私たちの想像よりも、早いスピードで、やはりもう現地の子供たちは、いじめが、始まっているっていうのも、現状でして、まさかそこまでっていう感じだったんですけれどもやっぱりお母様たちからお聞きすると、その、白人の子供さんも、知らない子供さんも、まあその、内情は分からないにしても、日本人はレイピスト(強姦者)だっていうのをやっぱり聞いて、あの銅像見てか知らないですけど、あの、向こうで聞いて、日本人の子供たちのところに走ってきて、ジャパニーズはレイピストだって、で、それだけを言って逃げて帰ると、いう状況が、ま、グレンデール(慰安婦像が建立された市)だけではなくって、その、遠く離れた町の中でも、やっぱり起こってるっていうのも現状なので、何でこの子たちが知ってるの?っていうふうに、何でこの子たちが言ってるの?って思えばたぶんそれはもう親御さんが、韓国の親御さんがたぶん話をされてるんだと。同じことをみんな言ってただ逃げていく」

大高さん
「レイピスト…」

Aさん
「そう、そうですよね」

大高さん
「中学生、高校生ですか」

Aさん
「中学、高校もあります。高校の子供もあります。でも日本人の子は基本的に、反論はしませんし、ま、そのまんまただ呆然として、で、その、口論になるわけではなく、ただバーッてこう逃げていっちゃうっていうのが現状、のようですね。あと、グレンデールでは、あの、図書館でしたかね、あの、日本人の子供が、唾をかけられて、ま、親御さんはもう見て、で、ただ悲しいという、だけですよね」

大高さん
「ああー…、唾かけられたんですか」

130805-01gren1.jpg

Aさん
「唾をかけられっていうお母さんも出てきてますし、今、やはりあまりにも、ちょっといじめがひどい、状況になってきてるので、ま、日本人のお母さんたち同士で、みんなでその声を拾っていこうという、話は出てるんですね。で、やっぱり、状況的に見て、そういういじめがあっても、どこに、その、それを持っていっていいのかが分からない状況であるんですよね。だから私の子供もそうだったんですけど、その、いじめがあった…」

大高さん
「お子さんおいくつですか」

Aさん
「今はもう16、高校生なんですけど、やっぱり中学の時には、えーっと、尖閣の問題の時にありましたね。で、やっぱりもう、やっぱりおじいちゃんおばあちゃんと皆さん暮らしてらっしゃるので、昔の日本人はこうだったああだったと言われ、それをそのまま日本人の子供に、ぶつけてくるわけですよね。で、すごいびっくりしたのは、まあ、お前たちの存在自体が、気に入らないと、いうすごい言葉で、言われると。で、親にも言わない、それは。でも、何かがおかしいと、親が感じてきて、こう周りから調べていくと、今そういう状況で、日本人がいじめられてるっていうのがちょっと分かって、お友だちの証言なんかで分かって、で、私はもう、その、子供に聞いても子供は、もう言わない、もういいからっていうふうに言うんですよね。もうこれはおかしいっていうのでお友だちと一緒に、ま、先生に、たまたま先生が、いい先生だったので、先生に処理していただいて、その、日本人のいいところをずーっと言って下さって」

大高さん
「先生はアメリカ人ですか」

Aさん
「アメリカ人の方で、日本びいきの。もう本当にラッキー、もう本当にこれはラッキー。普通ではないと思いますから」

大高さん
「じゃあもう学校によって、対処も違うでしょうね」

Aさん
「ええ、全然違うと思います。で、学校も、そのエリアによっても違いますけれども、私たちのエリアは、やっぱりもうほとんどがチャイニーズの先生、韓国人の先生、に変わってきてますので、もっと厳しい状況にはなると思います

大高さん
「そうなんですか」

Aさん
校長先生も中国系の校長先生が入って来てますから、もっともっと苦しい、立場にはなると思いますけれどもね。で、子供がその、私はもう経験上、その、どうしていいかが分からない、どこに誰に言っていいか分からない、誰が助けてくれるかも分からない状況だったので、たぶん今、お母様方みんなこういう状況なのかなっていうので、お友だちと、そういうあの、皆さんに協力していただいて、そういう、会、会じゃないですけどフェイスブックとかでね、立ち上げていけたらいいなあっていうのを、皆さんで今、話し合いをしてる時なんですよね」

大高さん
「ああー、切実な問題ですね」

Aさん
「もうそうですね。もうたぶん思った以上に、いじめは、すごいと思いますよ」

大高さん
「ああー。これは、あの、銅像が建ってからですか、それとも、この数年…」

Aさん
聞くようになったのは、銅像が建ってから皆さんが、口にするようになったっていうのがもう現実ですよね。だから、その前はたぶんあったのかもしれないですけど、まさか、その、みんなが、そういういじめに遭ってるっていうのは、私たちも想像してませんでしたし。まず、あまり日本人の方って言わないですよね。うち、こういうのがちょっとあったんだけどって。ま、コーヒーを飲んでる時に実はねっていうのはありますけど、もう聞いて回ったりもしないですし、だからって聞いたから、どうした方がいいっていうアドバイスもできない、状況なので、ただ聞くだけっていうのはありましたけれども、ここまで、たくさんの人に私は聞くっていうことはあまりしなかったですよね」

大高さん
「なるほどね。日本領事館とかに、こういったあれを、問題を、こう、相談したことってありますか」

Aさん
「ないです。というのは、私たちの中で、領事館は何もしてくれないと(主婦一同笑)。事件が起こればやると(VTR中略)。ましてそのグレンデールの時も、私たちとしては、なぜ(慰安婦像が)建つの?と。え、領事館、日本政府は何も動かなかったのかと。それもう不思議な、ことですよね。ですから、あえて日本人の方で領事館に助けを求めるって人はたぶんないと思います(VTR中略)」

在米日本人主婦 Bさん
「像が建つ前に、あの、日本人の方、何人もメールとかで、領事館に何とかして下さいっていう訴えはあったと思います。私たちもそういうふうに、あの、お願いの、メール出したことありますし。でも、結果としては、何もアクションも、○○○の時には、もう静観するという、スタンスで、たしか、建ってしまったということだったと思いますけれども(VTR中略)」

在米日本人主婦 Cさん
「子供たち、あの、引っ越してきたりとかで、一人でまだ友だちがいなくてポツンとして、なんかいる、おとなしい日本人見ると、数人でバーッと囲んで、ひどい、日本はひどいことしたワーッて言って、で、バーッと逃げていく、っていう、いじめは、もう昔からそれはあって

大高さん
「そうなんですか」

Cさん
「で、特にひどかったのが、あの、ワールドカップの時に、みんなで韓国の、を着て、こう、いじめてやる、お前らは俺らにひどいことしたんだ、みたいに、すごい、徒党を組んですごかったんですけれども。で、じゃあどんなひどいことしたのって、言い返してごらんって言って、言い返させたら、とにかくひどいことをしたんだ、で終わって、いたんですけれども、あの、従軍慰安婦の、像が建ってから、ニュースにも取り上げられてしまったので、こっちに、そうすると、こういうことをしたじゃないかって○○○、向こうに、反論させる材料を与えてしまったんですね。だから、また、ちょっと、弱い立場に○○○。で、今、下の子が高校1年生なんですけれども、やっぱりもう大学、学校ではジャーナリズム、の授業とか、ワールドヒストリーの授業がありますので、やっぱり、あの、その日のニュースを見て、クラスディスカッションっていうのがありますので、やっぱり、そういう時に、こういうのがあるよ、尖閣もあるよ、何なんだ、みたいな、出てきた時に、言い返せないんですよね。で、私も言われて、お母さんどういうことなのって言われて、帰ってから言われて、私も、そこらへんちゃんと勉強してなかったし(苦笑)、自虐史観でずっと来てたんで、うーん、ってなって。で、まあ、ちょっとこれはいけないなと思って、きっちり言うべきところをしっかり○○○○のと、あとそれから、そうこうしてるうちに、やっぱり、あの、ちょっとまた違うかもしれないんですけども、あの、この頃その、広島の原爆を落としたのは、こちらでは日本が降参しないから、戦争を終わらせるために仕方なくアメリカが落としたんだっていうふうに、中学で習うんですけれども、教科書には書いてないんですが先生が口頭で言うんですけれど、で、だからみんなそうなんだって、そういうふうに信じ込んできてたんですけども、これはあの、白人のお友だちから、うちの子が聞いてきたんですけども、そうじゃなかったんだって言って、あの、長崎に、えっと、原爆落とした、パイロットの証言、が、いろいろ出てきてる、で、あと、ルーズベルトがコミンテルンに囲まれてたっていうような、ハルノートですか?」

大高さん
「ヴェノナ文書…」

Cさん
「そうそう、ああいうのをちゃんとアップしてるサイトがあるんだよって教えてくれて、で、うちの子もそういうの見るようになって、だから、もう中学・高校ぐらいになると自分たちで探せるんですよね。だけれども、そこで反論はできるけれどもじゃあ日本の、公式の、立ち位置は何なのっていうと、どこを探してもないし、で、河野談話で、何かぐじゅぐじゅって言っちゃったもんだから、やっぱり最終的に最後は、ここまで追い詰めていっても、最終的に、向こう側は、だって日本の政府なんにも言わないじゃん、ってなるし、で、うち、上が大学生なんですけど、結局、その、はっきり日本政府が、きちっと言わない限り、何か後ろ暗いものがあるから、なんじゃないのって、けっこう日本って卑怯だよね、っていうふうになっちゃうんですよね。あの、カワイイって、日本のキャラクターいま流行ってますけど、あれっていうのは、すごい凶悪な日本人の心を、隠すために(笑)、ああいうブリッ子文明、文化が、こう、発信してるんではないかって(笑)。(VTR中略)だから、それぐらい、はっきり言わない日本人って信じられないと。今まで、ここまできっちり、ここまで、大東亜戦争で、きっちり、ね、背筋伸ばしてピシッと来てた日本人が、ここまでこうなっちゃうっていうのは、何かあるに違いないと」

大高さん
「そうですよね」

Cさん
「で、あなたたちのせいでしょ、と、私も○○○○。でも、はっきり言わないとね。やっぱりあの、日本の、現地校じゃなくて補習校で、あの、国語の教科書とか、週に一回、日本の、えっと、勉強も子供たちしてきたんですけども、戦争に負けた、悪いことをした、戦争は悲惨だ、みんな無駄死にした、自分が死にたくないのに殺された日本政府によって、軍は悪いっていうような、戦争の悲惨な可哀想な、話ばっかり習ってきて、で、何か言って、自信が持てないところへ従軍慰安婦のあんなのが、具体的にドーンと出てきてしまうと、たぶんこちらで育つ子供たちは、日本人として、生きるのが嫌になっちゃうと。もうアメリカ人でいいじゃんって、日本がどうのこうのっていうのは、もういいじゃんっていうふうに、なっていってしまってるのが、私は、非常にちょっと、気にしています(VTR中略)」

Aさん
「ただちょうどもう子供たちが、アメリカで歴史を学ぶ、6年生、7年生ぐらいから、ここはもうほんとに、アメリカで、アメリカの教科書を使って、アメリカの先生が教えるので、彼らは、もうそれが正しいとやはり信じてしまうんですよ。母親の私たちや父親がもうどんなに言っても、やっぱり世界、もうその国で習えば、その国に、もうあの、その国の、歴史しか習わないわけですし、その、相手国がいいとかね、自分たちの国を悪く言う歴史なんてもともとどこにもないんだって、もう自分たちの国を正当化して教える、それはもうでも世界どこでも一緒なんだと。だけどやっぱり真実、日本人としての真実を知りなさいって言ってもやはり子供の、親の間に壁ができてるっていうのは私たちの知らない間に、で、そういう歴史をずーっと学んできてる、○○○がありますし、あの、日本の、その補習校に行っても、日本の社会の教科書見ても、もう自虐史観、日本は悪い日本は悪いしか書いてないですし、何か、でもやっぱり、お母さん日本は悪いことしたんだよ、日本はね、悪かったんだよ、って、その、言われた時に、もう、あらっ?と、そこでやっぱり親も初めて気づいて、なぜこの子はこういうこと言うんだろうっていうの気づいた時に、僕は習った、って聞いて初めて、ああ、そうかーって、彼らにはどんなに私たちが言っても、もう入っていけない何かがあったと。っていうことと、あと今回は、その、うちの子供はいま高校生なんですけど、だいぶ日本のことが分かってきたと、いうのは、ちょっと言っていいかどうか分からないんですけど、その、補習校に、総領事が来られた。初めてなんですけどね、総領事が来られて、その、資料を出してこられた。竹島と、尖閣の資料を出して、で、たぶん難しかったと思うんですよ、資料を見てもね、なかなかその、100%日本語を理解してるわけではないですけど、でも、あの、総領事が、その、○○○竹島も、尖閣も、日本領土だ、っていうことはやっぱり頭に入ってくるわけです。そうすると、あっ、お母さんがそれ言ってたこと、あっ、ほんとだったんだっていうのが単純に、そういうふうに入って来て、あの、子供が帰ってきてから、お母さんたちが言ってたことはほんとだったんだねっていうふうに、もうただ、ただそれだけなんですよね。っていうのはやはり総領事っていうのは日本国政府からの、正式な、その、見解で来られてるっていうのが分かってるので、私はもうすっごいそれだけでも、ああ良かったなって思って、それから子供が、子供たち同士で、みんなそういう話をするようになって、これもお母さんが言ってた、知ってる、YouTubeに一言あるみたいな、のを聞いて、それから自分たちでちょっとこう勉強するようになり、いろんな人のネットを見て、YouTubeなんかを見て、わー、すごいわ、ほんとだったんだっていうので、すごく関心を示してくれるように、初めてそこでなったんですよ。で、私も、その、あの、いろんなことがあって、その、領事の方たちと、総領事ではないんですけどちょっとお話しする機会があった時に、その、ぜひ、一校だけではなく、せっかく補習校があるんであれば、そこへ行って、そういう難しい話は100%理解していただかないにしても、もうちょっと簡単な言葉でね、竹島、あの、尖閣は日本の領土だっていう、その、簡単な言葉でいいから、やっぱり日本の子供たち、親御さんにも言っていただければ、もうすごいそれだけでも私たちは、あの、安心じゃないんですけど、何かすごくこう、あ、良かったってこう思うんですよね。たったそれだけのことなんですけど、でもそれすら、ちょっと言ったんですけど、まあ今まだ現実にはなってない状況なんですよね

Cさん
中国と韓国の生徒さん、今ものすごい増えて、どんどんどんどん増えてるんで、やっぱり数に、勝てない、ところはあるんですよね。やっぱり子供たちなんかも、ちょっと、あの勢いでワーワーワーワーと来られたら」

Aさん
「移民の数がやっぱり、こう、日本で思っている以上に、すっごい数ですから」

Cさん
「すごい勢いよね」

Aさん
「そう、だからその、やっぱりカリフォルニアっても広いですから、やっぱりその地域によって、ブワーッと集まってる所と、そうでない所がやっぱりまだあるわけです。やっぱりあの、観光地で有名なサンタモニカだとか、ハリウッドだとか、そういう所はやっぱりまだ白人が多い。来ないんですよね。チャイニーズはいないんです。でもちょっとこう内陸に入った所は、もう、ほとんどアメリカ人の姿は見ないですよ。アメリカ人って、これ、コケイジャン(Caucasian)しかいないですよ」

Cさん
「あ、コケイジャンがいない…」

Aさん
「あ、コケイジャンがいないですよ。で、私たちも、車30分、1時間走らせて、海の方に行くと、あ、アメリカだよね、ここって(笑)」

Cさん
「それもまた古い時代の…(笑)」

Aさん
「実感するぐらい、全然やっぱりもう、違ってきてるんですよね。で、そのやっぱり一番大変なのはちょっと内陸に入ってる、エリアの人は、チャイニーズエリア、韓国エリアっていうのがもうできちゃってますので、その中に日本人がこう、生きていかなければいけない、現状なんですよ。で、あなたたち何人(なにじん)が多い?って会話になってくるんですよ、学校で。まあ、80%がじゃあチャイニーズ、ここは80%じゃあコリアン、っていう、もうそういう中で日本人が生きていってる、っていう感じですよね」

大高さん
「中韓が増えて、日本は、日本人は減ってる…」

Aさん
「減ってますね」

Cさん
「減ってますね、やっぱり。撤退される企業多いですし」

大高さん
「なるほど」

Aさん
「どうしても、ここ10年です、私たちの学校も、クリスチャンスクールで、ま、チャイニーズが多いエリアだったので、あまりそういうとこに、パブリックに入れたくないっていうことでクリスチャンスクールに入れて、もうほんとに、それこそ、60%はコケイジャンで、ほとんどチャイニーズもいないような状況だったんですけど、卒業する頃にはもう逆転ですよ。たった6年、7年の間に。もうだから白人なんてポン、ポン、ポンってしかいないですし、ま、日本人もいっぱいいたんですけど、3人になってましたし。80%チャイニーズ。当然そこにはね、韓国系の方は入ってこないです」

※起こし中略
・中国・韓国人は教育熱心でトップクラスはほとんど彼らしかいない。
・アメリカの歴史教育では教科書より教師のキャラクターの影響が大きい。
・アメリカ人は「戦争とは残虐なもの」という考えが最初から当たり前にあるので「何で70年前のことを韓国人が言い出すのか分からない、それに対して日本人が本当にやってないならなぜきちっと言わないのか分からない」と考えている。
・日本軍は慰安婦や現地の人にひどいことはしていないことを、こちらがきっちり発信していかなければならない。こちらの人は皆、ひどいことしたのだと思い込んでしまっているから。
アメリカでは「大東亜共栄圏」(=植民地支配していた白人を日本が追い出した)はタブーで教えない。

 …といった話のあと

Aさん
「そこで、だから親が一生懸命、でも日本は、世界はそうなんだって言っても、やっぱり子供の中には入っていかないんですよね。っていうのはもう絶対的に日本人の友だちの数が少ないですから、それをまた一緒にこう、共有するお友だちもいないわけですよ。そうすると、学校に行ってもそういう話になった時に、黙って聞くしかないっていう、それはすごい悲しいことだと思うんですよね。そうすることによって、日本人っていうのをやっぱりこう、少しずつ隠していくようになるんですよ。だからうちは、まあアメリカで育ってますから、あの、生まれましたので、アメリカン・ネーム持ってるんですけど、やはり、私は日本の名前で呼びますけど、大きな声でそこで、子供を呼ぶ時に、アメリカの学校で、子供を呼ぶ時に、日本の名前を呼ぶなって、やっぱり言われた時は、すごい悲しかったですよね

大高さん
「そうですね」

Aさん
「それはたまたまあなたアメリカで生まれたから、アメリカのパスポートも作れるので、あの、アメリカン・ネームも使ってるけど、あなたのほんとの名前は、こうしたちゃんとした名前があるんだって言うんですけど、その名前が使えるのはもう日本語学校の時だけ、って言った時には、すごいやっぱりショックでしたよね。でも今は堂々ともう、ちょっとそういう学校で、お友だち同士で喋れるようになった時には、堂々と自分の名前使うようになりましたけどね。ちょっとやっぱり、親子でもぎくしゃくしてくる、時期だと思いますね。中学高学年からハイスクールにかけては。そこでお母さんたちに頑張ってもらわないと」

大高さん
「でも、その、頑張んなきゃいけないお母さんの中でも、やっぱり自虐史観の方って多いですか?」

Aさん
「ええ、いらっしゃいます。教科書に書いてあるでしょ、と、もう日本が悪い悪い悪いって。もう私もこう改めて、こう見たんですけど、もう悪い悪い悪い悪いってこう書いてあるんですよね。どこ探しても悪いしか書いてないんですよ。で、小学校の頃とかもそういうことしか書いてませんので、今もうとにかく教科書何とかしようみたいな、感じですよね」

大高さん
「『新しい歴史教科書』を使ってくれれば…」

Cさん
「そうですよね」

Aさん
「今なんか、鎌倉教育、なんとかっていうところから、今度送っていただいて、私もその先生に見ていただいて、私も、そんなに詳しくは歴史分からないので、とりあえずそれ見ていただいて、ほんとに使うべき教科書なのかっていうのを、もしそれが判断すれば、学校側にちょっと、交渉する予定ではいるんですよね。それができないのであれば、日本人の家庭に、その、配って下さいっていう、申し出もありましたので、学校で使えないにしても、日本に帰る子供たち、に、こう使っていただければな、とは思うんですよね。まず教科書変えていかないと、親もそこでちょっと勉強していかないと、日本人の親の中でも、やっぱり、いや、あの、慰安婦(強制連行)は、なかったんだよって言っても、え~っ?っていう、そこから説明をしていかないといけない。でも口で言っても分からないので、資料を出して、これでもあなたはあったと信じるのかと、言われて初めて、そうだったの?っていう感じになるんですよ」

Bさん
「私もそうでした。だから、慰安婦の、ことが、子供の歴史の授業で、出てきたから、これは何か言わなくちゃと思って勉強始めたっていうような感じですね、正直なところ。先生に日本人っていうのがいなくって、やっぱり何か言わなくちゃいけないっていうことから○○○○たような。相手を説得するためには自分がやっぱり、勉強しないと、説得できませんよね。それで、一生懸命いろいろ読んだり、見たりしたんですけれども。なかなか大変でした」

Aさん
「日本人は、韓国側とも、ちょっとこう戦っていかなきゃいけないですし、中国との問題もありますし、こう2つ、なんですよね。あちらの国は日本だけじゃないですか(笑)。ちょっと苦しい、○○○○立場なんですよね。で、やっぱり若い子供たちがやっぱりその、立ち上がってくれないっていうのは、見ててやっぱり、韓国なんかの、その、ビデオ見てても若い人たちがこうやっぱり立ち上がってるのを見て、反面、あ、すごいなって思うんですよね。どうしたら、どうしてこの子たちはこんなに立ち上がるのに、どうして日本の子供は立ち上がらないだろうっていう、こう歯がゆさもありますよね」

大高さん
「愛国心否定されてね」

Aさん
「そうなんですよね。だからやっぱりここは、やっぱり基本は愛国心なのかな、とは思うんですけど、じゃあそれをどうやってって言われても、まだそこまで私たちも、ないんですよ考えが。どうやって愛国心…(VTR中略)」

Cさん
「でね、やっぱりこちらでは、アメリカの国旗、小学校から、もう朝ちゃんと、生徒会の会長さんがいて、国旗を揚げて、で、それが生徒会長さんの名誉ある仕事なんです。で、夕方降ろす時も、ちゃんと地面に付かないように、お作法があるんです。それも名誉、それもうほんとに、だから国旗を非常に大事にするのに、日の丸を掲げている所は日本に、体験入学で帰ってもそういう行事はないし、日の丸なんか、韓国の人に焼かれたり、燃やされたりしても、何も言わないし、やっぱり、なんか、不安になると思うんですよ、子供たちも○○○」

Aさん
親も不安ですよね。日の丸揚げたいけど、何かやられたらどうしようっていう、そういうもう、いま不安はすごくありますよね。やっぱり気性が違いますしね。だから、話して分かる相手ではないっていうのはもう、すごく分かってるので、万が一、旗を持たせて○○○○で何かあったらどうしよう、日本は助けてくれないんだ、そうなると親が守るしかないから、じゃあやめなさいと、必然的にこうまあそうなってきますよね。だからやっぱり国がもし何かあっても、やっぱり助けてくれれば、すごくいいと思うんですけど、何もない、事なかれ主義で終わってしまいますし、ただ、遺憾に思うと、言葉だけ発する、っていうのがもう現状なので、意味ないですよね(笑)。もう少しそこ頑張って、っていう感じなんですよね

Cさん
「やっぱりね、限界がね、ありますよね、○○○」

Aさん
「お母さんたちは、やっぱり、一番最後守るものはやっぱり子供なんですよね。で、主人なんかは、やはり、会社、を守らなきゃいけないんですよ。やっぱり主人もぽろっと言ったんですけど、男は仕事がまず第一守らなきゃいけない、これダメになったら、家族がダメになるんだよと。だからもうその、100%そっちの方に進み込めないから、ま、その、君たちが頑張り○○○、やっぱりお母さんの力なんだよとは言ってくれるんですよね。ま、良かったなと思うんですけど、やっぱりこう企業に入ってる人なんていうのは、関連がありますから、やっぱり声を大にしては言えない。で、主人なんかはもう、会社、それから家庭っていうのが、もう、大きな○○なんですけど、母親って、家庭っていうよりも、子供だけなんですよね、守るのは。だからけっこう、こういう状況になった時に、母親が強く出て、今回の慰安婦問題の、慰安婦像の設置反対に、動いたんだと思います。今まではそんな黙ってた人なんかも、まさかこの人たち協力しないだろうなって思った人たちも、やらせてっていうような、もうすごい声があったので、もうそれはもうみんなびっくりですよ。もう自分が知ってる教会にも持ってって、たぶん教会も日本人だけじゃないと思うんですよね、でもその中にも持ってって、知らない人には一から説明をして、とにかくいいとこ悪いとこではない、これが建つことによって、子供たちへの影響をずっとそういうことを話されて、それで署名していただいたっていう方もたくさんいましたので、ああ、こんなにたくさん、あの、思ってる方がいらっしゃったんだっていうのは、もうほんと初めて分かりました。それまで、慰安婦像がどうのこうのって話したこともなかったですし、どういう、こうストーリーなのかも全然分からないですし、やっぱり立ち入ってはいけない問題だっていうふうに私たちも、習ってきましたので、あまり言わない方がいいのかなっていう、暗黙の了解ですよね(笑)日本人の中では。だけど今回そういう問題があったって、一歩前に出たお母さんたちは多かったと思います。すごい嬉しかったですよね。だからもうバーってもう広がってっていうのがすごく、やって良かったなというのは、○○○はありました。で、もう結果、その、グレンデールはもう建ちましたけど、ブエナパークに関しては、却下されてる、今のとこはですね、○○○○になりました。でもまだ安心はできないのよって…」

130805-04sankei.jpg

大高さん
「次から次へとね」

Aさん
「そうそうそう。とは言ってますけどね、またその時にはもうぜひ協力したいっていう声はもうかなりありますので」

大高さん
「ああ、そうなんですか」

Aさん
「かなりありますので、今たぶん、今以上に集まると思います」

Bさん
「あの、中国と韓国の、ずっと日本の、あの、外側にいる人たちで、良心的な人、なんかちょっと変なんじゃないのかな、なんかフェアじゃないんじゃないの、っていうふうに、少し気にしてる人たちも、やっぱりいるっていうことは」

大高さん
「白人ですか?」

Bさん
「うん、白人っていうかまあ」

大高さん
「アメリカ?」

Bさん
「うん、まあ、けっこう、いろんな所から来てる人なんですけど、いるので、やっぱり、もっと自信を持って、しようかなと、○○○○できたらなと」

Aさん
「もう、まずでも一番身近にある領事館ですよね。この領事館がやっぱり動いてくれないことには、それは国が動いていないってことと一緒ですから、国が反論してないっていうことともう、同じですから」

 ______________________________書き起こしここまで

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


 お母様方の発言のひとつひとつが心に突き刺さります…。
 特に、お子さんがお母さんに向かって「日本の名前を呼ぶな」と言ったという話には胸が詰まりました。

 それでも苦境を何とか打破しようとお母様方が助け合い、頑張ってらっしゃる姿には、本当に頭が下がります。

 領事館はじめ日本政府の事なかれ主義な対応はもちろん腹が立つのですが、それを変えることができないでいる私たち、すなわち国内にいる日本国民にも大なり小なり責任があるのではないでしょうか?

 他国で懸命に生きておられる私たちの同胞を何とか助けたい。
 皆様、アメリカ特に西海岸における韓国系・支那系による日本人いじめを阻止するよう、関係各所に要請をして下さい!

★外務省
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/comment/index.html
★在ロサンゼルス日本国総領事館
 http://www.la.us.emb-japan.go.jp/web/m01_06.htm
★在サンフランシスコ日本国総領事館
 http://www.sf.us.emb-japan.go.jp/jp/m01_08.htm
★文部科学省(日本人学校等及び外国人児童生徒教育(外国人学校を除く)に関すること)
 https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry18/
★首相官邸 ご意見・ご感想
 http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html
★自民党 ご意見・ご質問
 http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html



 韓国系・支那系による日本人いじめについては、9月中旬にロサンゼルスに行かれた藤井厳喜さんのリポート(zakzak2013.10.07)も参考になります。

 それによれば、いじめられているのは子供だけではないそうで、ロス地域にお住まいの成人学校に通う在留邦人の方が次のようなエピソードを披露されています。

 「ある日、韓国の反日団体から成人学校に手紙が届いた。そこには、何と『日本人にはあなたの学校で英語を教えないように。日本人は英語を学ぶに値しない国民だ』と書かれていた。状況は、反日ヘイトスピーチ(憎悪表現)といった段階ではなく、反日ヘイトクライム(憎悪犯罪)に近づきつつある。背筋が寒くなった」

 そして韓国人の反日活動家の言葉をもってすれば、「慰安婦像設置の真の目的は、日本国民が道徳的に世界で最低最悪の国民であることを世界に証明すること」だと……。

 藤井厳喜さんは、「ここまで来ると、単なる歴史捏造による反日運動の枠を超えて、もはや、『新しい人種差別(レイシズム)』『日本人に対する人種的偏見(レイシャル・プレジュディス)を創り出す運動』と言わざるを得ない」と述べておられます。

※藤井厳喜さんは、慰安婦問題について
 英語で日本の立場を訴えた動画を配信されています。
 皆様ぜひ英語圏に広めて下さい!

■The Comfort Women Controversy : Sex Slaves or Prostitutes【Gemki Fujii 藤井厳喜】
 http://www.youtube.com/watch?v=aqvMNKWOW7g


130917ianfu.jpg


 そして今回書き起こしをさせていただいたチャンネル桜の番組で大高未貴さん曰く、中韓のロビー団体は慰安婦像だけではなくて、アメリカの教科書に「南京大虐殺」「慰安婦」の記述を載せようと企てているそうです。
 彼らの最終的な目的は、日本はアジアのホロコーストを行ったというネガティブキャンペーンであるとのこと。

 ただ、こういった中韓側の行動を見て、さすがにこれはおかしいんじゃないかということで立ち上がってくれているアメリカ人女性もいて、慰安婦の記述を載せないようにというサイトを作って署名運動などしてくれているのだとか。

 それからグレンデールとブエナパークの市長さんも、慰安婦像に対して反対の意見表明をしてくれています(【大高未貴】アメリカ慰安婦問題レポート Part1を参照)。

 うちグレンデール市は残念ながら像が建ってしまいましたが、実はここの市長さん自身は最初から反対されていました。
 それがなぜ建ってしまったかというと、市議会のメンバー5人の中から1年交代で選ばれる市長に強い権限は与えられておらず、彼以外の4人が賛成したからだそうです(産経2013.10.7 08:50)。

※なでしこアクション様が、
 「慰安婦像に反対した市長さんたちに感謝のメールを送ろう」
 という呼びかけをされています。こちらもぜひご協力を。


 このように中韓側のやり方に疑問を持ち、立ち上がってくれているアメリカ人の方々もいるのだと、大高さんはおっしゃっています。

 領事館に関しては、大高さんが今回一連の取材を終えてサンフランシスコの日本領事館に取材の電話を入れたものの、通り一遍のコメントしか言わず、「日本政府としては遺憾に思う。過去の内容に則って対処している」とオウムのように繰り返すだけだったそうです。

 あと、日本国内から逆の発信(反日勢力による『従軍慰安婦』捏造ばらまき)がされていることも非常に大きな問題だと大高さんは述べておられます。

 それに加えて、私はやはり「河野談話」が非常に手枷足枷になっていると思います。

 在米日本人主婦の方々の会話でも少し触れられましたが、「河野談話」を何とかしてほしいという現地の声はやはり強いようです。
 「日本政府は『従軍慰安婦』を認めて謝罪してるじゃないか」と言われてしまい、これに反論することが非常に困難になっているからです。

 現地在住の元ハーバード大学助教授の目良浩一さんもそう主張されている一人で、今回書き起こしをさせていただいた番組の後半でその旨、お話しされています。

 「河野談話」の撤回あるいは修正はやはりどうしても必要であると、今回、改めて感じました。

131011-05kouno.jpg

 ちなみに、河野洋平氏は、9月29日の「サンデーモーニング」で日本国内の“ヘイトスピーチ”が取り上げられた際、このようにコメントしていました。

 「ヨーロッパの国々なんか見るとこれは明らかに規制してるわけですよね。このヘイトスピーチってものはですから、それは法律にできないはずはないと思うし、これはもう法律化したらいいと思うんですね」
 (coffee様のブログに動画紹介と文字起こしあり)

 河野洋平よ!
 あなたは、在米日本人に対する韓国系・支那系のヘイトスピーチをどう思いますか?
 あなたが発表した談話が同胞を苦しめる大きな要因となっていることをどう受け止めますか?
 あるいは、あなたにとっての「同胞」とは日本人ではなく、韓国人や支那人なのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※拙ブログ関連エントリー(慰安婦問題(厳選))
・(旧ブログ)06/3/4付:朝日はいつまで「元慰安婦」を利用するの?(李玉善氏と金君子氏の証言の変遷)
・(旧ブログ)06/3/19付:米連邦最高裁判所が「慰安婦」にNO!
07/2/22付:「報道2001」慰安婦問題ホンダ議員生出演
07/3/17付:【資料】慰安婦問題おさらい10問10答
07/3/19付:「たかじん」慰安婦問題(全文テキスト)
07/3/27付:「WiLL」慰安婦問題特集
07/4/9付:元慰安婦「李容洙」証言の矛盾
11/12/12付:「従軍慰安婦」は朝日新聞の捏造です
12/6/2付:「慰安婦博物館」に寄付した日本の団体&韓国人の慰安婦への認識の変遷
12/8/27付:慰安婦問題まとめ2012
13/3/8付:中山成彬議員が衆院予算委で日本の真の朝鮮統治(インフラ整備、創氏改名、慰安婦など)を語ってくれました
13/4/10付:西川京子さんが衆院予算委で「従軍慰安婦」「南京大虐殺」の虚構と自虐史観に侵された入試問題について語ってくれました(中山成彬さん質疑まとめ付き)
13/5/25付:【文字起こし】面談ドタキャンで元慰安婦支援団体会見
13/5/27付:「たかじん委員会」慰安婦は当時必要だった?日本占領下の米軍の実態とは?韓国人教授が語った慰安婦の実態とは?
13/6/8付:韓国人が告発した韓国軍慰安婦の実態
13/6/15付:三輪宗弘先生の「大韓民国の物語」書評で改めて見えた韓国の民族主義と李栄薫教授の苦悩
13/7/27付:慰安婦強制連行があったのなら、なぜ朝鮮人男性は反乱も起こさず黙っていたのか
13/8/6付:【拡散】米ブエナパーク市の慰安婦像設置を阻止しよう!負の連鎖をここで断ち切ろう!
13/8/10付:【これはひどい】慰安所従業員日記を発見した安秉直ソウル大名誉教授の“手柄”を高麗大学韓国史研究所の朴漢竜研究教授が横取り!?
13/9/21付:慰安婦シンポで「韓国人売春婦6万人も救済を」に吉見教授「大きな問題ですので余力があれば…」


このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 今頃ダニに悩んでます。

※拉致被害者奪還 日本列島縦断デモ行進はじめ、各種デモ・集会のまとめ
 http://ameblo.jp/hosyuyamato/

megumi080328-2.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1306-f66f7a74

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索