ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

韓国の恥さらし!潘基文事務総長の日本批判発言「ザ・ボイス」より

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

130830-01pan.jpg

国連事務総長が日本に異例の注文 「歴史顧みること必要」 韓国訪問し(産経8/26)
潘氏が外務副大臣に釈明 「安倍政権の立場や努力、承知している」(産経 8/29)
潘氏の釈明に「真意は明らかになった」 菅長官、今後は問題視せず(産経 8/29)

 潘基文国連事務総長の日本批判発言、さすがに今回は日本のメディアも大きく伝えましたが、正直言って何を今さらという印象です。

 もともと潘基文氏は左派の盧武鉉政権下での外交通商相時代から反日姿勢を鮮明にしてきた人ですし、国連事務総長になってからも反日的なことも含め中立性を無視する言動を色々としてきた人ですから。
 
 (ちなみにNHKや朝日などが今回の発言を大きく報道したのは、「国連事務総長様も日本の右傾化を心配しているぞ!」と安倍政権批判に利用したかったからではないかと私は推測しています)
 
130830-02jounin.jpg

 潘基文氏の発言に関しては、8月28日の「アンカー」のストレートニュースでも取り上げられ青山繁晴さんの解説がありましたが(freewillさんの書き起こし参照)、8月29日の「ザ・ボイス そこまで言うか!」でも取り上げられました。

 時間的には短かったんですが、ラジオということもあってか、「アンカー」の時よりもっと厳しい口調で批判されていました。
 青山繁晴さんと飯田浩司さん(ニッポン放送アナウンサー)のやりとりを起こします。


※引用転載はご自由に。連絡不要です。但し誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので、必ずこちらのURLを添えておいて下さい。
画像を利用される方は、直リンクでなく必ずお持ち帰り下さい。当方のサーバーへの負荷軽減のためご協力のほど宜しくお願いいたします。「直リンク」の意味が分からない方はこちらをご覧下さい。現在、直リンクされても画像が表示されない措置をとらせていただいています。



 内容紹介ここから____________________________
130830-03rekisi.jpg

飯田浩司(ニッポン放送アナウンサー)
「今日のニュース7項目をピックアップして、青山さんと解説していきます。後半戦こちらから。『国連の潘基文事務総長が日本を批判した発言を釈明。菅官房長官は問題視しない方針』。えー、国連の潘基文事務総長ですが、日本に正しい歴史認識を求めたという自身の発言について、日本だけを指摘したもんじゃありませんよ~と、釈明をしました

青山繁晴
「んな、釈明にも何もなってないじゃないですか。あの記者会見っていうのはですね、もともと記者会見自体がおかしくてね」

飯田浩司
「はい」

130830-04tadasii.jpg

青山繁晴
「自分の出身国に、行って、国連の事務総長が記者会見すること自体が本来は慎まなきゃいけない。どうしても何かの事情でやる時には、国連の公用語の英語かフランス語でやんなきゃいけないのに、朝鮮語で

飯田浩司
「そうでしたね」

130830-05kisha.jpg

青山繁晴
「答えて、で、さらに、韓国の記者団の質問は、日本が、平和憲法を変えようとしてると。ね。これ全く余計なお世話なんですが、それをどう思うかって聞かれた時にですね、その、深く自省すべきだと、日本の政治家は。これ、完全な内政干渉

飯田浩司
「そうですよね」

130830-06jisei.jpg

青山繁晴
そのどこが中国や韓国の指導者にも求めたってことになるんですか

飯田浩司
「ふふ…(笑)」

青山繁晴
「これは、その、ニュース原稿として『釈明』って、その、言うのはやむを得ないけれど、これ釈明じゃなくて、ウソついたってことでしょう?

飯田浩司
「うんうんうんうん」

青山繁晴
「これね、あの、菅官房長官っていうか、安倍政権は」

飯田浩司
「はい」

青山繁晴
「潘基文事務総長、これダメ総長で有名なんですよ。国際社会では

飯田浩司
「ダメ総長ですか」

130830-07baka.jpg

青山繁晴
「ええ。ダメ総長、っていうかもっとね、あの、こないだニューヨークへ行った時も、またこの人の悪口、例によっていっぱい聞いて、もう聞き慣れてるから、帰ってきた時に、この番組でも『アンカー』でも特に言わなかったんですが」

飯田浩司
「ああー」

青山繁晴
もう、潘基文さんの権威なんて、もうとっくに地に堕ちてるんですよ

飯田浩司
「あ、そうですか」

青山繁晴
日本で報道されないだけ。アメリカではガンガン報道されてますよ。例えばね、自分の周りのスタッフに韓国人ばっかり入れるんですよ

飯田浩司
「はい」

青山繁晴
「だから発言が中立性失うどころじゃない。要するに韓国社会のコネ社会を、そのまんま、ニューヨークの国連本部に持ち込んでる。そんな国連事務総長、今まで、いないですよ

飯田浩司
「はい」

青山繁晴
「だから韓国の恥さらしってことが分かりませんかね?

飯田浩司
「ああー」

130830-08nomu.JPG

青山繁晴
「そして、この潘基文さんってもともと盧武鉉政権っていう、はっきり言えば、公平に言うと、北朝鮮に非常に近かった政権の外務大臣で、反日、それから親中の姿勢が際立っていた人なんですよ

飯田浩司
「うーん」

青山繁晴
「ね。で、その人が、選ばれたこと自体が本当は、日本が、それに賛成したってこと自体もおかしいですけれどもね。残り任期3年あるんで、それで、えー、こう、ちょっと遠慮をしてこんな、釈明のようなこと、ウソを言っただけで終わりにしようってことかもしれないけど、僕はこのまま終わらせちゃいけないと思いますね」

 ____________________________内容紹介ここまで


 潘基文氏は2008年7月3日、 事務総長就任後初めて訪韓した際にも、「韓国人の国連事務総長として韓国の国力伸張に貢献できるようベストを尽くす」と中立性を無視するような発言をし、問題になりました。

 国連憲章100条1では「事務総長及び職員は、その任務の遂行に当って、いかなる政府からも又はこの機関外のいかなる他の当局からも指示を求め、又は受けてはならない」とする「中立」規定があります。

 中立性を侵したとされる潘基文氏の過去の事例を、有名どころだけですが、以下にちょっとまとめておきます。

130830-09choi.jpg

■縁故主義

 潘氏は元国連大使の崔英鎮氏を駐コートジボワール特別代表に任命するなど(2007年10月18日就任)、国連の主要なポストに韓国人ばかりを起用したことから、縁故主義であるとして国連内部から反発が生じ、また、ワシントン・ポスト紙など主要メディアからも批判を受けました。

 潘氏は「国連への財政負担の割に極端に職員数が少なかった韓国人職員の数が増えたに過ぎない」と反論しましたが、韓国は国連分担金のうち、10個国際機関分担金1100億ウォン(1億1600万USドル)を滞納しており、2007年に387億ウォン(4100万USドル)、2008年に713億ウォン(7500万USドル)を投入して滞納を皆解消する計画を示してはいたものの、この発言の時点では完済していませんでした。

 さらに潘氏は娘婿のインド人を国際連合イラク支援ミッション (UNAMI) の官房長に抜擢し、国連職員組合は「親類縁者や友人を頼った求職」、つまり縁故採用を批判する文書を2007年12月に採択する事態となりました。

130830-10tiwan.jpg

■台湾の国連加盟問題

 2007年7月19日、台湾の陳水扁総統が台湾の国連加盟を申請する書簡を届けましたが、潘氏はそれを受理しませんでした。

 そもそも加盟の可否を決めるのは安保理であり、事務局レベルにその権限などないにも関わらず、傲慢にも独断で、この一国の元首からの書簡を付き返したのです。

 その理由について潘氏は2007年7月23日、こう説明しました。
 「国連事務局は第2758号決議以降、一つの中国政策を採り、台湾を中国の一部と認定している

 この第2758決議とは1971年の国連総会で採択された所謂アルバニア決議のこと。
 これは中華民国(台湾)ではなく中華人民共和国を「中国の合法的代表」と認定したものにすぎないのですが、中国はこれを以って「国連が台湾を中国の一部と認定した」とのプロパガンダを続けてきたのです。
 潘氏の発言は、まさにこのプロパガンダの代弁でした。

 ちなみに、この件について日本、アメリカ、オーストラリア政府が「この見解は不適切である」と申し入れたことが、2007年9月7日に明らかになっています。

130830-11toukai.jpg

■「東海」パンフレット

 2007年10月24日の「国連の日」、恒例行事として国連本部で行われる事務総長主催のコンサートに、潘氏の意向で母国のソウル・フィルが招請されました。

 しかもこの時、韓国国連代表が作成した「Welcome to KOREA」と題された英文パンフレットが式次第とともに配られたのですが、それには日本海を「東海」と表記し、日本領・竹島を「韓国領・独島」と表記してありました。
 ところが、潘氏は素知らぬ顔をし、回収するなどの措置を何ら講じませんでした。

 翌日、日本の国連代表部は国連事務局と韓国国連代表部に対し、文書などで抗議を行っています。

【韓国】潘基文 国連内で「反日ビラ」ばら撒き(YouTube)
 週刊文春2007年11月29日号の記事を取り上げた朝日放送「ムーブ!」。



 よしんば潘基文氏が公正中立な人間だったとしても、「ダメ総長」の烙印から逃れることはできません。
 なぜなら彼は「無能」だからです。

130830-12Nweek.jpg

■「無能」評価

 以下、「世界で最も危険な韓国人、潘基文」と題された、ニューズウィーク2009年6月23日の記事の抜粋です。

 「グローバルな指導力が切実に必要とされ、地球温暖化や国際テロ、60年ぶりの金融危機への対応が求められているときに、潘は世界中で名誉学位を収集して歩き、見事なまでに何も記憶に残らない声明を発表し、事務総長として影響力を発揮できたかもしれない貴重な機会を無駄にすることに費やしている」

 「核拡散防止やアフガニスタン復興に貢献するため、大胆な演説で国際世論の支持を呼びかけるわけでもない。人権の擁護者として活躍するどころか、難民を助けようともしない

 「オフィスの壁にサムスン電子の薄型テレビを並べ、上級顧問に韓国人の仲間たちを選ぶなど、韓国経済の利益を図ったという点を除けば、彼の足跡はほとんど無視できるほどでしかない

 「(過去の国連事務総長と比べて)今までのところ、潘にそうした実績はない。まるで、彼が名を上げるのに足るだけの危機が今の世界には存在しないかのようだ。スリランカ、スーダン、中東と出番はいくらでもあるのだが、こうした国や地域に影響を及ぼそうとする気配もない。そんな気があるかどうかさえ怪しいものだ」

130830-13LA.jpg
 [画像は「愛国画報 from LA」様より]

 ここで紹介した事例、どれもこれも日本の新聞・テレビでは全く報道されないか、報道されても目立たない扱いで終わったものばかりです。

 が、実際は、青山さんの言うように日本人には知らされていないだけで、「潘基文=無能」「潘基文=非中立的」という評価が国際社会で定着していることに疑いの余地はありません。


 最後に、話は少し変わりますが……

 日韓併合の少し前、抗日戦を戦った李麟栄という両班(貴族)がいました。

 戦いの途中で父の訃報が届いた時、何と李麟栄は総大将であるにも関わらず、「公」より「私(孝)」を優先し、部下らを放置して国元に戻ってしまった上、3年間戻ってきませんでした。

 室谷克実さんが「悪韓論」でその李麟栄を取り上げ、こう述べています。

 「李麟栄が体現してみせた価値は『滅私奉公』とは全くの逆、言うならば《滅公奉私》だ。韓国人にとって最も大事なものは、自分自身と家族、そして先祖と一族だ。これは儒教に基づく」

 李麟栄は韓国では「孝」の鑑として尊敬されており、独立記念館には詩語録碑なんてものも建てられているそうです。

 (ちなみに李麟栄が率いた集団の戦いは、抗日戦といってもまともな武器があったわけではありませんでした。武装を解除され職を失った韓国人たちの「仕事をよこせ」デモの類だったのではないかというのが、室谷克実さんの見解です)

 「滅公奉私」で、「公」より自分や一族を優先した人間が尊敬される国。
 そんな国出身の国連事務総長の任期があと3年も残っているとは……。
 暗澹たる気持ちになりますね(T_T)

 今後も反日の1つや2つ、きっとやらかしてくれることでしょう。
 特に任期切れが近づいてきたら、その可能性が高まるのでは?


※参考サイト
Wikipedia>潘基文
【No!KOREA】>中立でない国連事務総長-潘基文-
【湯浅博の世界読解】度が過ぎる韓国びいき、馬脚現した国連事務総長発言(産経8/28)
台湾は日本の生命線!>潘基文・国連「反日」事務総長に「中国迎合」のおそましき過去

※拙ブログ関連エントリー
13/7/13付:韓国は世界の恥さらし!“戦時徴用”賠償で国際条約無視の判決「ザ・ボイス」より


このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 カレーに入れるのはお勧めしません。

※拉致被害者奪還 日本列島縦断デモ行進はじめ、各種デモ・集会のまとめ
 http://ameblo.jp/hosyuyamato/
megumi080328-4.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1287-eb92e49c

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索