ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

支那系合衆国大統領が誕生する日…今やアメリカ西海岸は支那人の牙城!(河添恵子さんの講演より)

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

130823-00NYchina.jpg
 [画像はニューヨークのチャイナタウン]

 8月21日放送の関西テレビ「アンカー」で、青山さんがアメリカ政治における支那系・韓国系の動きについて大変気がかりな話をされました。

 書き起こしをお読みいただいた方は、大きな文字で強調してあったので覚えておられると思います。

 今日はまずその箇所を引用します。
 既読の方はスクロールで飛ばしていただいて、未読の方はとりあえず一通りご覧ください。
130821-07chinakan.jpg

村西利恵
「複数のアメリカの財界人によると、アメリカの中国系・韓国系社会の最終目標は、『中国系・韓国系の大統領をつくる』

青山繁晴
「はい。これは、あの、むしろ、んー、ま、アメリカの経済人、それから国連代表部、実はその、アメリカ人だけじゃなくて、国連代表部にいる日本の外交官と話しててもですね、あるいは、ニューヨークって日本のビジネスマンものすごくたくさんいる、利恵ちゃんの友達もいるでしょ、それから、優秀な学生諸君もね、大学院生もいっぱいいたりする。で、みんなが思ってるのはこれなんですよ、共通して。で、それはどうしてかというと、目の前のこととして、実はこれがあるんです。出して下さい」

130821-08hirari.jpg

村西利恵
「次の大統領候補に名前が挙がってるのは、ヒラリー・クリントン前国務長官だけ」

青山繁晴
「はい。これオバマ大統領は、今年1月から2期目に入ってて、だからまだ3年半ぐらい任期あるんですけど、オバマさんは、その、人気の、ポピュラリティーの、みんなに好かれる人気の方は全然なくて、そして仕事を中途半端にしかしないから、もう期待感がなくてですね、従って次の大統領が誰かってことを、2016年の大統領選挙で新しい大統領は誰になるのか。オバマさんもう任期、2回やったら終わりですからね。そこに関心が集中してるのに、出てくる名前は、国務長官だったヒラリー・クリントンさんだけで、しかもその2016年、11月の大統領選挙の時には、69歳ですよ。もう70歳近いわけです。で、これ、ご覧になったら分かるとおり、共和党からは全然名前も何も出てこない」

村西利恵
「人材がいない」

青山繁晴
「はい。で、民主党も70近い人以外には名前が出てこない。えー、これは実はアメリカ政府の現状であって、要するにこれは、日本と同じなんですけども、その本当に良い人材、が、政治の世界を志さない、政治家を嫌がるっていうことがですね、現に起きてるわけですね。その隙を狙うかのように、中国系・韓国系の住民を増やして、それによって、あの、でっち上げた従軍慰安婦の少女像なるものをつくられたりしますが、そういう目先のことだけじゃなくて、あるいはそれよりもですね、やがて中国系合衆国大統領、韓国系合衆国大統領、できた時のアメリカと、じゃあそのアメリカにだけすがって、日米同盟だからといって日本は、子々孫々もやっていくんですか。こういう現実を考えれば、日本の自立・独立がいかに大事か。その、目先のオバマ大統領に喜んでもらうために、日本がずっと自立してつくってきた安全文化を、(TPP交渉で妥協することによって)捨てちゃいけないってことは、これで分かっていただけるんじゃないかと思うんですね。但し、あくまでこれは僕の見方であって、皆さんもぜひ、この、観光でいいですから、ニューヨーク・ワシントンに行ってみていただきたいと思うんですね」


130823-01keiko.jpg

 このことに関連して、ある読者様から、支那に大変詳しいノンフィクション作家の河添恵子さん講演動画を紹介していただきました。

 2013年6月1日に行われた平成立志社勉強会の講演で、テーマは「日本がこれからも日本であるために~中国の脅威とどう向き合うのか?~」です。 

 この中で、支那系がアメリカの政治にどんどん食い込んでいるという話をされていましたので、その箇所を書き起こします。


 講演書き起こしここから__________________________

130823-02keiko1.jpg

(「土地」に対する支那人独特の考え方を解説したあと)

 ……中国の場合は違います。
 要するに、他の国で異国で土地を買う。
 必ずやそこに、移民が流れ込みます。
 中国人の町ができるわけです。
 それは、チャイナタウンではなく私はチャイニーズタウンと、呼んでいるわけです。

 ですから、我々日本人はたとえばハワイにマンション、別荘を持っていても、年に1回行くかしら2回行くかしらっていうそういう話ですが、彼らは移住してしまうんです。
 なぜかと言うと、中国人にとってもっとも不幸なのは、中国に暮らしているということなんです。

 なぜかと言えば、彼らは、弱肉強食の中で、全く共産党政府は国民のことも人民のことも、まあ、食べられるようにするつもりもない中で、生きてきてるわけです。
 それはまあかつての政権もそうだったわけですけど、要するに搾取をしてるわけです、国民、人民から。
 それだけの人たちであり、彼らからすれば、国を出ることが、まず、ある種の希望であり、幸せの一歩なんです。

130823-03chinaimin.jpg
 [中国人妊婦の渡米急増「赤ちゃんに米国民の権利を」(日本のニュース映像)より]

 で、それと同時に、じゃあ、中国人、一番どこに行きたいか。当然ですけど、アメリカです。
 で、今、アメリカは西海岸、あと、カナダもそうですけど西海岸は、ほとんどが中国人の牙城になってます。

 で、特にアメリカに行ってる中国人っていうのは、まあ、いい意味で多くはエリートなんです。
 で、国費の人もいるし、ま、基本的には太子党と言われている、ま、幹部の、子供たちも多いわけです。

 で、パスポートも多くがアメリカやカナダやオーストラリアのパスポートに変わってるわけですが、かつて、アメリカに行った中国人、の職業というのは、不動産業、金融、それから一部分が学者、そして、わりと新しい系の人の理系はIT、そして、今、一番ブームなのは何かというと、政治家になることなんです。

 で、現実的に今、西海岸、カリフォルニア州、そこらへんで石を投げれば、市長、副市長、区議、まあ、市議、そういった人は、中国人ばっかりです。

 で、サンフランシスコの市長も今、中国人です。
 で、正直、全く人気のない人間がなぜか、ま、市長になったわけですが、どう考えても江沢民派のお金が流れたといわれてます。
 とすると、赤い、チャイニーズアメリカンです。
 そういった人が市長に、隣のオークランド州も、女性のチャイニーズ系です。

 そして、アメリカの今の法律で言いますと州知事、までは、移民、一世でもなれます。
 とすると、非常にリーダーシップがあり、学歴も高く、非常に英語もネイティブな人間、そういう人たちが、これからアメリカの政治のもっと中枢に上がっていく。

130823-04seijika.jpg
 [スティーブン・チュー氏とゲイリー・ロック氏]

 それでなくてもオバマ政権のもとでは、ま、スティーブン・チューさんは科学長官ですが、最初、商務長官になった人、ゲイリー・ロックさん、彼もチャイニーズです。
 それからオバマさんの○○○○長官をやっていた人間も、ハーバード時代の同級生のチャイニーズです。

 民主党政権というのは、アメリカは実は、チャイニーズをかなり使っているわけです。

 で、ヒラリーさん、も、オバマさんと競って大統領に出るか出ないかという時代、そういう中で、選挙資金、どこから流れてきたか。
 中国の福建省からです。
 これはすでに明らかになってます。
 しかも、その時、どこを経由したか。
 ニューヨークの福建省系の、チャイナタウンを経由したということもはっきりしています。

130823-05hirari.jpg
 [ノーマン・シュー氏とヒラリー・クリントン氏。二人の関係についてはこちら参照]

 これが今のアメリカでもあり、また今の中国でもあるわけです。
 要するに、ま、中国人ていうのは、まあ、あの、金儲けっていうのはひとつの大きな道なんですが世界に、もうひとつは支配層になるということが、非常に重要なわけです。

 で、今のところ日本では、まあ中国系というと蓮舫さんなのかなぐらいで、まあそんなにいないわけですが、ま、あとヨーロッパもそうですけどそんなにいないわけです。

 ある意味で言ったらヨーロッパ社会、レイシストで、まあ、あの、白人至上主義だし、そんな簡単に帰化もできない、簡単に国籍も変えられないってこともあるわけですが、やはりアメリカ、カナダ、オーストラリア、のような、移民立国、になってしまったら、支配層には中国系が上がっていく可能性が非常に高いと。

 で、しかも、まだ中国系の人っていうのはアメリカでは、300何十万人ですから、あの、1%、にも満たない…、あ、0.1%、人口の、それしかいないのに、主要なポジションに就きだしているというのが、現実です。

 ですから、じゃあ日本もそうですけれども、ま、今のところ日本は移民立国ではないわけですが、土地を買われてきている実態があると。

 その上でもうひとつ言えることは、たとえばグローバール30(サーティ)という、ま、ひとつの政策。……

(このあと日本における中国人留学生の問題に移る)

 __________________________講演書き起こしここまで


 こういったアメリカの政治の現状は、日本では全くと言ってよいほど報道されてませんよね。
 やがて日本の命運にも大きく関わってくることですから、私たち日本国民は今のうちにできる限り知っておくべきだと思います。

 さて、では支那系のアメリカ大統領は具体的にいつ誕生してしまうのでしょうか?

 『アンカー』の翌日(8月22日)に放送された『ザ・ボイス そこまで言うか!』で、青山繁晴さんはこのような見解を示しておられました。

 「下手すると2020年以降に現実になるかもしれない。次の大統領選はないだろうが、次の次あたりから中国系の大統領はあり得る」(音声ファイルの9:00~)。

 青山さんはさらに、『アンカー』の発言ともダブりますがこんなことも。

 「中国系の大統領になった時も日米同盟さえあれば大丈夫って言うんですか?子々孫々に。だから何よりも日本の自立・独立が大事。理念とか哲学だけじゃなくて、リアリズムで言ってるんですよ」

 「中国系のアメリカ人がたくさん増えて、ちょっと変な感じだよねって言ってるニューヨーク在住の日本人がいたけど、そんな感情論じゃなくて、戦略があって行ってるんですから。韓国もそう


 ちなみに、河添恵子さんのこの日の講演動画は全部で6本あります。

ニコニコ動画版
YouTube版


 わずか数年で支那系に乗っ取られてしまったカナダのリッチモンド市の話とか、そのへんのホラーよりなんぼか怖い!(((゚Д゚)))ガタガタ

 絶対に日本を移民国家にしてはいけない、と改めて思いました。



※拙ブログ関連エントリー(外国人参政権・移民)
07/10/20付:「太田総理」外国人に地方選挙権をあげます
08/2/19付:「たかじん委員会」韓国と外国人参政権と在日特権
08/4/29付:「ムーブ!」長野聖火リレー 報道されない真実
08/5/1付:「アンカー」長野聖火リレー 報道されない真実
09/5/16付:「TVタックル」外国人参政権と在日韓国人の本国参政権
10/3/2付:「TVタックル」外国人地方参政権と強制連行の真偽
10/2/15付:安易な帰化促進は危険だという分かりやすい事例
10/3/6付:安易な帰化促進は危険だという分かりやすい事例その2
11/1/11付:地方発の外国人参政権付与!もはや生駒市だけの問題ではない!
13/4/13付:京都府が留学生に永住権付与!? 「大学ユートピア特区」を国に申請へ


※拙ブログ関連エントリー(支那の民族性)
10/12/7付:支那人の民族性を考える上での具体例を77年前の本に学ぶ
10/12/20付:支那人にまつわる坂東忠信さんのインタビュー「正論」11月号より
13/3/25付:捕虜も婦女子も皆殺し!支那の非公開アンケート


このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 イチロー、日米通算4000本安打達成!

※拉致被害者奪還 日本列島縦断デモ行進はじめ、各種デモ・集会のまとめ
 http://ameblo.jp/hosyuyamato/

megumi080328-4.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1284-77e05a99

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索