ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

理想と現実を絶えず秤に掛け続ける安倍さんの困難な戦いを応援します

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

130617-99meiun.JPG

 小川榮太郎さんが、自著『国家の命運 安倍政権 奇跡のドキュメント』(6月14日発刊)の最後の方で、このように述べています。

【新たな国生みの「物語」――第二次安倍政権における安倍晋三首相は、期待をはるかに上回るスタートを切った。政治は具体的でなければならない。理念の上を上滑りしていては何も始まらない。だが一方、譲ってはならない大きな原則がある。硫黄島での安倍首相は、国家の指導者として譲ってはならぬ原則を黙々と形にした。アベノミクスも価値観外交も教育再生も憲法改正も、政策としての具体的妥当性と共に、こうした死守すべき理念、国家のあるべき姿にあくまで固執する安倍の政治家としての厳しい節操によって、初めて「新たな国生みの『物語』」たり得る。これは、今のところさしあたって維持されている内閣の高支持率などとは無縁の、薄氷を踏む困難な戦いなのだ。

 だからこうも言える。理想と現実を絶えず秤に掛け続ける安倍の困難な戦いを、「心ある全日本人」もまた、自らの課題として受け止め、今後、安倍の挑戦が、逆風や困難の中で暗礁に乗り上げそうになることがあれば、その時こそ支え続け、共に、「国生みの『物語』」を貫徹する粘り強さが、我々にあるかどうか。硫黄島の地下壕での死闘の前には、我々の今の「国生み」が直面する困難など、比較にもなるまい。そんな中でさえ、安倍という稀有の政治指導者を支える忍耐のない日本ならば、そんな民族に未来など金輪際ある筈もない。一見平時のように見えてその実、国を喪う危険がこんなにも差し迫っている時はないという難しい状況に、現在の日本は置かれている。だからこそ、我々日本人が、今ほどの覚悟を問われている時は、実はかつてなかった。言うべきことはそれに尽きるとさえ、私には思われる。(P.257)】
 「理想と現実を絶えず秤に掛け続ける安倍の困難な戦い」には、たとえば安倍政権が政府主催「竹島の日」式典開催を見送ったことや、憲法96条改正をトーンダウンさせたことや、村山談話・河野談話の見直しを先送りしたことや、あるいはTPP交渉参加を決めたことなども含まれるのでしょう。

 参院選で自民党が大勝し、安定した政権運営が見込まれる状況になれば、安倍さんも本来あるべき姿を少しずつ取り戻していくとは思います(公明党がネックになる場合も多々あるでしょうが)。

 今年の8月15日に安倍さんが靖国神社に参拝するかどうか、これがひとつの試金石になるかもしれません。
 ただ、参拝は私は微妙だと思っています。

 安倍さんは、やはり今はまず日本の経済・景気回復が第一で、他の政策、特に憲法や領土や教育や歴史認識に関わる問題は、長期計画で考えていると思うからです。

 言い方を変えれば、これらは長期安定政権にしか取り組めない課題なのです。

 これらの課題はまさに「急いては事をし損じる」で、急速に進めてしまうと内外からの反動や有形無形の圧力によって、政権自体が追い込まれかねないリスク、全てが水泡に帰してしまうリスクを、高い確率ではらんでいます。

 それほどまでに、「戦後レジーム」の弊害は日本を深く蝕んでいるのです。

 たとえば、慰安婦発言の橋下徹さんを見て下さい。
 言っていることは概ね正しくても、根回しもせず、その場の勢いでやってしまった結果、待っていたのは「自爆」でした。

 私は安倍さんが「戦後レジーム」からの脱却という大いなる目標を目指し、前を向いて歩き続ける限り、応援し続けます。
 「理想と現実を絶えず秤に掛け続け」ながら、ゆっくりとでいいので、確実に歩みを進めて下さい。

 双六で言えば、たとえ1コマずつしか前に進むことができなくても、途中で「1回休み」が出て足踏みを余儀なくされても、「10コマ戻る」が出ていったん後退を余儀なくされても、最終的にゴールにたどり着ければそれで良いのです。

 そもそもが、戦後70年近くという長きに渡り続いてきた「戦後レジーム」からの脱却を、1年や2年という短い期間で果たせるわけもないのですから。

 小川さんも言っているように、仮に安倍さんの挑戦が逆風や困難の中で暗礁に乗り上げそうになった時、支え続ける粘り強さや覚悟があるか。
 それこそが今、日本国民に最も求められているものだと思います。


 昨年12月の発足以降、安倍政権は、アベノミクスはじめ様々な分野で成果を上げてきましたが、私が中でも特にすごいと思うのは、やはり外交・安全保障の分野です。

 具体的に言うと「中国包囲網」ですね。

 安倍政権誕生からわずか半年で、2プラス2協議を日本と行う国は従来の米国、豪に加え、インド、インドネシア、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてロシア、フランスと凄まじい勢いで増えています(「WiLL」8月号・西村幸祐氏による)。

 日本の多くのメディアは、米中首脳会談や米韓首脳会談をことさら大きく報道し、「『日本外し』だ」「日本は孤立する」などとネガティブに煽りますが、冷静に見れば、国際社会の中で孤立に向かっているのはむしろ支那の方でしょう。

 たとえば米中首脳会談で、オバマ大統領は習近平国家主席に対し、「まず中国側は、日本が米国の同盟国であることを認識する必要がある」と発言し、強くクギを刺しました。
 オバマ氏はさらに、「米国は、日本と日本の民主主義を完全に信頼している。日本は成熟した民主主義国だ」と述べたことも判明しています。

 計8時間に及んだ会談の中で、習氏は約40分にわたり尖閣や歴史問題に関する中国の主張を一方的に述べ続けたり、1時間にわたりペーパーを読み上げながら同様の発言を行ったりするなど、何とか米国を自国側に取り込んで日本と離反させようと涙ぐましい(?)努力をしました(産経6/13)。

 が、習氏の試みは成功するどころか、オバマ氏をげんなりさせ、かえってオバマ氏と安倍さんと接近させてしまう結果に終わったことは、6/26放送「アンカー」の青山繁晴さんの解説にもあった通りです。

130626-04ayaturi.jpg

130626-05abe.jpg

 これにより支那の焦りがさらに増大したことは間違いありません。

 たとえば、中国国務院直属機関が管理・運営する中国網は6月28日に

 【オバマ大統領は5月に韓国の朴槿恵大統領を手厚くもてなし、6月上旬に訪米した習近平国家主席に対しても親しみと友好を示した

 【日本はこれだけでは、米国のアジアにおける戦略に変化が生じたことに気づかないかもしれないが、安倍首相は6月中旬に英国で開かれたG8サミットで、オバマ大統領との首脳会談が実現できないという苦しい立場に立たされた】

 【オバマ大統領は、米国は武力により現状を変えることに反対すると中国に警告を出したが、軍事衝突の際に日本に肩入れするとも表明しなかった。これは日本を失望させた。またオバマ大統領は日本の指導者に対して、日中の膠着状態の打破に期待すると、明確に表明したかのように思える

 といった内容の記事を配信しましたが、これなどまさにその焦りが表れた記事でしょう。
 (てか「表明したかのように思える」って何やねん!(^_^;)

 あ、ちなみにG8サミットで日米首脳会談がなかった理由も、6/26放送「アンカー」で解説がありました。

 米中首脳会談後、安倍さんとオバマ氏はすでに電話首脳会談を2回やっていて、G8でわざわざ会談をやる理由がなかったのに加え、安倍さんが北方領土交渉などでロシアのプーチン大統領との会談の時間を長く取りたかったためで、このことは事前にアメリカにも伝達済でした。

 まぁとにかく焦った支那は、今後も“反日舎弟”の韓国とタッグを組みながらますます「日本外し」に躍起になるでしょうが、安倍さんはこれまで通り、それに屈することなく頑張ってくれるでしょう。


 また、安倍さんは「国民を説得する力」も、第1次安倍政権の時よりはるかにアップしていると思います。

 たとえば、6月28日に行われたニコニコ動画主催の党首討論会で、こんなやりとりがありました。
 (ニコニコニュース>ネット党首討論会(2013年6月28日)全文書き起こし テーマ「外交政策」を参考にしました)

130629-01touron.jpg

 みんなの党の渡辺代表が、「日本がアメリカとの同盟関係を無視して、日本が反米、ナショナリズム、歴史修正主義に陥ることこそ日本の孤立化を進めていくことにつながります。日本の孤立化を進めないことが大事だと思います」と安倍さんを批判した後、安倍さんはこう述べました。

 「私は総理に就任してから月1回のペースで海外に出張しました。13カ国に出張してまいりました。ロシアとは初めて2プラス2、外務大臣と防衛大臣同士の会合がスタートすることになり、平和条約交渉を加速化させていくことになりました。
 そしてまた、自由や民主主義や基本的人権、そうした基本的価値を共有する国々との関係も強化をしています。ヨーロッパではポーランド、ハンガリー、チェコとスロバキア4カ国との会談を行い、日本の総理大臣としては初めてアイルランドも訪問しました。
 そういう国々からも日本に対する大きな期待があります。アジアにおいてもベトナムやモンゴルやタイ、インドネシア、そういうアジアの国々においては『日本とアメリカの同盟関係の存在は、アジアの安定にきわめてプラスになっている』とそれぞれの首脳が私に直接語っています。こうしたことをしっかりと考えながら、地球全体を俯瞰して外交を進めていきたいと思っています」


 これ、誰か反論できますか?

 日本は孤立どころか、先ほども書いたように多くの国と(安倍さんはここではロシアしか挙げていませんが)2プラス2協議を行うことが決まりました。
 また、民主党政権下でずたずたになった日米同盟が、自民党政権(安倍政権)になって回復したことは誰が見ても明らかです。

 支那の覇権主義に迷惑を被っている多くのアジアの国々は当然、日米同盟の堅持を望んでいますし、特に支那の軍事的脅威を直接受けているベトナムやフィリピンなど、南シナ海の国々にとってはなおさらです。

 ところが、安倍さんに反論する党首がいました。共産党の志位委員長です。彼はこう述べました。

 「今、たくさんの国の名前が挙がったんですけれども、韓国と中国がないんですね。やはりこれは一つの大きな問題だと思います。その理由は何か。私はやはり歴史問題に対する態度があると思うんです」

 中韓偏重主義、もっと言えば「アジア=中国と韓国」という発想しかない左翼の論理に私などは辟易しますが、安倍さんは冷静にこう返しています。

 「日中なんですが、私は日本と中国は切っても切れない関係だと思います。だからこそ様々な問題があったとしても、首脳会談、あるいは首脳同士の交流というのはとても大切だと思っていますから、日本のドアはつねに開いているという風に申し上げています。
 ところが中国側はですね、尖閣諸島の問題について、ある一定の条件を日本が飲まなければ首脳会談をしないと言っている。これは間違ってますよ、ということを我々は言い続けています。何が何でも首脳会談をやろうとして、こちらが国益を削っていく、これは間違ってますから。
 そもそも、そうした課題があるんであれば会って話すべきだ。それが外交の常識なんだろうと、このように思います。いずれにせよ2国間を考えるときにも、地球全体を俯瞰しながら戦略的な外交を進めていくことが極めて重要なんだろうと。何よりも国益を第一に考えたいと思います」


 これまた、誰か反論できますか?

 「日本のドアは常に開いている」「課題は会って話すべき」、これは安倍さんが国会の場をはじめ、事ある毎に繰り返し言ってきたことでもあります。

 何につけても「話し合いで解決を」の“きれいごと左翼”が、これに反論できるはずもありません。
 こちらはドアを開いているにも関わらず、拒否しているのは相手の方なんですから。

 それでも、“きれいごと左翼”はもしかしたら、「ドアを開けてるだけじゃダメだろ!こちらから『会談しましょう、仲良くしましょう』と呼び掛けないと!」とケチをつけてくるかもしれません。

 予めそういったツッコミも念頭に置いていたのかどうかは分かりませんが、安倍さんは、支那が日本との会談に応じる条件として、「尖閣問題で譲歩しろ」と言ってきていることを明かしました。

 こういう場でそんな重要なことを「しれっ」と暴露した安倍さんのしたたかさに、私は感心せずにはおれませんでした。

 これを聞いた日本国民はどう思うでしょう?
 最近の鳩山元首相の“尖閣売国発言”に対する反応を見れば、それは明らかです。
 尖閣で譲歩してまで首脳会談など開く必要はないと、健全な人であれば誰でも思うはずです。

 さすがの志位さんも、参院選への影響を考えれば、「中国に多少譲歩してもいいから会談に応じるべきだ」などとは、口が裂けても言えなかったようです(志位さんの名誉のために申しておけば、もちろん共産党も、尖閣諸島は国際法上も歴史上も日本の領土であるという見解です)。
 
 ちなみに私は、安倍さんがこのことをこの時期に明かしたのは、もしかしたら夏に靖国参拝をしやすくするための土壌作りの一環ではないかと一瞬考えましたが、さすがにそれは買いかぶり?(^^ゞ


 このような安倍さんを評価するエントリーをUPすると、必ず「安倍信者」というレッテルを貼ってくる人がいますが、参院選を直前に控えた今、もはや、言いたい人には言わせておけという心境です。

 現職の国会議員の中で、やはり安倍さん以外に日本を託せる人はいないと私は確信しています。


※お知らせ
 6/30放送「たかじんのそこまで言って委員会」に安倍さんが出演されるようです。他に民主党の原口一博氏などいくつかの政党の方も出演されるようです。放送地域の皆様、お見逃しなく!(^▽^)



このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

※拉致被害者奪還 日本列島縦断デモ行進はじめ、各種デモ・集会のまとめ
 http://ameblo.jp/hosyuyamato/

megumi080328-2.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1256-57927cf8

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索