ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

支那の情報部員が少女漫画に登場!「エロイカより愛をこめて」

人気ブログランキング人気blogランキングへFC2ブログランキングFC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


 今日の話題……、「ぼやきくっくり」と「お気楽くっくり」、どちらに書こうか迷ったのですが、支那つながりということで、やはりこちらに書くことにしました(^_^;

130513-02jemus.jpg

 先日、ボストンテロ犯(弟のほう)の写真を見て「ジェイムズ君」を思い出したのをきっかけに(「お気楽くっくり」5/13参照)、青池保子先生の「エロイカより愛をこめて」のコミックスを10年ぶりぐらいに読み返しています。
 「エロイカより愛をこめて」の連載が始まったのは1976年。
 1986年から中断しましたが、1995年に再スタート。
 現在39巻まで刊行されています。

 どんな漫画かというと…。

 男色の美術品窃盗犯「怪盗エロイカ」ことドリアン・レッド・グローリア伯爵(以下、伯爵)の法をやぶった美術品収集活動が、北大西洋条約機構(NATO)の情報将校「鉄のクラウス」ことクラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ少佐(以下、少佐)の作戦行動と遭遇し騒動を引き起こす、コメディ色を含んだ怪盗&スパイ活劇。
 少女向け漫画ながら、綿密な考証と細部まで書き込まれた緻密な絵柄や、少女漫画離れしたストーリーから男性ファンも獲得している。
Wikipediaより)


130617-00title.jpg

 今回読み返すまですっかり忘れていたのですが、20巻・21巻(平成8年および9年初版発行)に収録されているエピソードNo.16『熊猫的迷宮』に、適役として、支那の情報部員が登場しています。

 その名も、李剣光(リー・ジャンガン)。

 李剣光は支那の情報部員ではありますが、私利私欲で活動しています。

 旧東側の研究者が作ったウイルス(生物兵器)を盗み出し、それを、“自分をこき使ってきた”支那政府、あるいはどこかの国の反政府勢力やテロリストに売り込もうと画策しています。

 NATOのエーベルバッハ少佐の任務は、このウイルスを李剣光に奪われる前に入手することです。

 が、この李剣光、民間人を平気で巻き込む荒っぽいやり方をします。

 たとえばアウトバーンで手榴弾を投げつけて大事故を発生させ、少佐をこのように大いに怒らせました。

 おれは長年、旧KGBと戦ってきたが、相互に一般民間人を巻き込む事を禁則としたルールがあった。おれ達の仕事にも通すべき筋があるんだ。だがこいつはまるでルールを知らん。強引でタフなだけに始末が悪い。筋の通らん中国野郎め。絶対に許さんぞ――!

 そんな李剣光の行方を追う少佐と、在ドイツ中国政府文化局員・王(ワン)の会話がこちらです。

130617-01ero.JPG


「文化局員の王だ。用件は手短に願おう」

少佐
「ザクセン地方で事件を起す東洋人の情報を得たい」


「待て少佐。中国人を東洋人という一括した表現で扱われては困る。中国は四千年の歴史を誇る世界でも最も偉大な国だ。東洋の他の国とは違うのだ。常に世界の中心に存在し、指導的立場を貫く我が国の人民は『中国人』なのだ

少佐
「文化局員は講釈たれが多いのかね」


「私の意見を述べたまでだ」

少佐
「そんなものより情報がほしい」


「ドイツとは友好関係にある。可能な限り協力しよう」


130617-02ero.JPG

少佐
「問題の中国人はドイツで活動中の君の仲間だ」


「待て少佐。我が同志に犯罪者などいるはずがない。文化局員に対する侮辱である

少佐
「彼は立場を利用して私利私欲を追求しとるのだ」


「退廃的な西洋社会の情報部員ならあり得ることだが、我々の国家に捧げた忠誠心は不動不滅である」

少佐
では彼を逮捕してドイツの法律で裁くが、中国政府は干渉するなよ


君の言葉は意味をなしておらん。そもそも我が同志が犯罪を犯すなどあり得ぬ事なのだ

少佐
『意味をなさんのはてめーの方だろうが。ばかやろうっ』(心の声)


「失礼する」(退場)


 この後、「怪盗エロイカ」ことグローリア伯爵一派を巻き込んでのお約束の“すったもんだ”がありまして……(省略)。

 李剣光はどうなったかというと、少佐と壮絶な殴り合いの末、身柄を拘束されます。

130617-03ero.JPG

 と思ったのも束の間、ドイツ政府と支那政府の間で交わされた政治的取引により、李剣光は身柄を支那側に引き渡されることに……!

 文化局員・王は、「本国へ連行し、裁判にかける。中国ではドイツの法廷より彼の所業にふさわしい判決を下すだろう」と言いますが、少佐は疑念を抱きます。

 「信用できんぞ。中国に戻って後は知らん顔じゃないだろうな」

 案の定、李剣光は少佐にこう言うのでした。

 「お別れに面白い事を聞かせてやろう。私の伯父は中国共産党の幹部でね。有力な企業の社主でもあるんだ。北京の裁判ではその事が十分に考慮されるはずだ

130617-04ero.JPG

 (皆さんお察しのとおり、李剣光のモデルは故・松田優作さん(^▽^))

 少佐は無表情のまま「ほー、そうかね(これは少佐の口癖)。おれにも面白い事があるぞ」と言い、李剣光に一発お見舞いするのでした。

 以下、少佐のモノローグ。

 「ドイツを荒らしたパンダが、竹藪の中へ帰って行く。竹藪の中は迷宮だ――」

 物語はここで終わりません。
 李剣光の身柄引き渡しから1ヶ月後、ドイツの雑誌にある記事が載ります。

 それは、パキスタンを訪問した支那の使節団の記事でした。
 記事に添えられた写真には、“ぬけぬけと外交官をしている”李剣光の姿もしっかり写っていました。

 再び、少佐のモノローグ。

 「裁判は開かれなかったんだろう。党の幹部の甥という特権で。彼らはドイツの法と秩序を蹂躙した男の罪を不問に付したんだ。苦労して捕まえた重罪人が、迷宮の中でエリート外交官に変身とは大笑いだぜ。――なにが中国四千年だ」


 ……これを読んで、私は、2010年の尖閣諸島沖支那船衝突事件を思い出しました。

 菅政権は支那人船長を逮捕・送検はしたものの、裁判にかけることなく支那へ送還してしまいました。
 そして船長は支那で“国民的英雄”に変身しました(後に“英雄”から一転、軟禁状態になったという報道もありましたが)。

 「エロイカより愛をこめて」のこのエピソードが描かれたのは今から17年ほど前です。

 今でこそ多くの日本人が支那の無法で横暴な実態を知っていますが、当時は支那に幻想を持っていた人もまだまだたくさんいたと思います。

 しかも当時、青年誌なら分からなくもないけど、堂々たる少女誌にこのような作品が載っていたことは、私にとってはちょっとした驚きでした。

 ちなみに、「エロイカより愛をこめて」新生シリーズ(20巻以降)には、軍事評論家の岡部いさくさんがナビゲーターとして参加されています。
 現在も参加されてるかどうかは不明ですが……。



※拙ブログ関連エントリー
11/9/12付:護憲派共感?!「サイボーグ009」第16話“太平洋の亡霊”


このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 突然いなくなった人。

※拉致被害者奪還 日本列島縦断デモ行進はじめ、各種デモ・集会のまとめ
 http://ameblo.jp/hosyuyamato/

ニュージャージ州議会 慰安婦決議に反対のメッセージを送ろう!★(下院採択済・上院はまだ)

megumi080328.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1246-d57fc1be

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索