ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「竹島の日」式典 黒田勝弘さん講演要旨

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

130224-01kuroda.JPG

 2月23日付の産経新聞朝刊大阪版・総合面(3面)に載っていた、短い記事を紹介します。

 内容は、2月22日に行われた島根県主催「竹島の日」式典における、黒田勝弘さん(産経新聞論説委員・ソウル駐在特別記者)の講演要旨です。

 講演のタイトルは「竹島問題で韓国社会はどう動く」。

 なお、画像はこちらで付け加えたものです。


 起こしここから______________________________
【竹島 異論認めぬ国】
 黒田勝弘ソウル駐在特別記者 講演要旨


 産経新聞論説委員の黒田勝弘ソウル駐在特別記者の講演要旨は次の通り。

130224-02jouriku.jpeg

 竹島の日の式典が内外のメディアの関心を集めたのは、竹島に上陸した韓国大統領の『ミス』のおかげだ。国内でも、天気予報に竹島を入れるなど、竹島問題の大衆化を進めていく必要がある。

130224-03ianfu.jpg

 ソウルの日本大使館前には、韓国の反日団体が建てた「慰安婦」像があるが、その像にくいを立てたとして検察は日本の男性を名誉毀損罪で起訴した。しかしこの像自体が違法だ*1。このことからもわかるように、韓国は法治主義ではなく「不法放置主義」。

130224-04maku.jpg

 韓国には、竹島問題について異論を受け付けない雰囲気があり、国民は竹島が自分のものだと宗教信仰のように信じ切っている。

120815-08rishou.jpg

 韓国は、戦後、連合国が竹島を韓国のものと認めていない▽国交正常化の際に日韓で決着つかず、問題を棚上げにした▽国際司法裁判所で決着をつけること―という3点を、韓国国民に知らせないといけない。

 韓国が竹島問題で白熱するようになったのは1990年以降で、過去の歴史が遠くなる中、竹島の問題が具体的で分かりやすいためだ。

130224-05gorin.jpg

 また韓国には「疑似戦争観」があり、「日本よ、かかってこい」という雰囲気がある。背景には、日本統治時代に支配されていたことではなく、支配から自分の力で脱しきれなかったことがある。民族的なうっぷんを晴らすために、サッカーやスケート、WBCなどに熱くなる。

 韓国に不法占拠を許したのはわれわれにも責任がある。教育を徹底させ、後世に伝えていってほしい。

 ______________________________起こしここまで


*1 「慰安婦」像は、大使館前の公道を管理するソウル市鍾路区役所の許可を得ず建てられた違法設置物です。産経2013.2.18 00:35を参照。


 ちなみに、この講演のあと、続いて黒田さんと、下條正男拓殖大教授が対談したそうです(産経2013年02月23日08時02分)。
 できれば、その対談の内容も知りたいものです。


 ここからは余談。

 実はiza!には黒田勝弘さんのブログが存在しているのですが、エントリーは2006/06/15の1件しかありません。

 三日坊主ならぬ一日坊主!?(^_^;
 しかもそのエントリーのコメント欄は韓国人らしき人物に荒らされてます(T_T)


 さらに余談。

 実は産経新聞の記事というのは、紙面に載ってからネットに載るまでかなりのタイムラグがある場合があります。最長で6時間ぐらいでしょうか?
 (もちろん紙面のみの掲載でネットに上がらない記事も多くあります)

 私は仕事の関係で朝方まで起きている日が時々あります。
 そういう日は、産経の朝刊紙面で目にした興味深い記事を、皆さんにいち早くツイッターで紹介しようと試みたりするのですが、産経WEBにリンクを貼ろうとしても、まだその記事がUPされてなくて断念…ということも度々です。

 今回紹介した黒田さんの記事も、何時間かしたら載るかもしれないと思って待っていたのですが、丸1日経っても載っていないため、「あ、これはネットに上がらないタイプの記事なのね」と見切って、あえて文字打ちした次第です<(_ _)>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※拙ブログ竹島関連エントリー(最近のもの)
12/8/16付:「アンカー」竹島侵略は韓国が日本と戦争をしたふりをしたことから始まった!日本が今すぐやるべきことは?
12/12/22付:竹島の日政府式典見送り?で保守が動揺…優先順位を現実的に考えてみた
12/12/27付:青山繁晴さんからメールを頂きました(竹島の日政府主催式典について)
13/1/7付:【拡散】竹島問題- 国際司法裁判所で法廷を開く請願書(署名)にご協力を
13/1/21付:竹島プロジェクト2013
13/1/26付:島根県主催「竹島の日」式典への参加を安倍総理はじめ閣僚に求めます
13/2/23付:「竹島の日」式典に政府関係者が初の出席(付:出席国会議員リスト)

※竹島関連サイト
島根県>Web竹島問題研究所
 英語、中国語、韓国語、ロシア語のページも。
外務省>竹島問題
 海外向けパンフの配布も。英語、韓国語、アラビア語、中国語など10カ国語。
Dokdo-or-Takeshima?
 Gerry Beversさん、Kaneganeseさん、pacifistさんによる、英語&日本語で書かれたサイト。竹島問題が原因で韓国の大学を解雇された(後に別の大学に雇用された)米国人英語講師Gerry Beversさんのインタビュー記事が、拙エントリー07/5/21付:産経/竹島特集「波頭を越えて」第2部(4)〜グラフにあります。(5)です。
WFJプロジェクト
 竹島問題、慰安婦問題などの英語動画を制作・発信されています。テレビ番組でも放送されるほどの素晴らしい出来映えです。

※お勧めYouTube動画
私の竹島ですが、何か?
竹島は日本領土 韓国に竹島を描いた古地図は存在するか
竹島が日本領である究極の理由: サンフランシスコ講和条約とラスク文書(日本語版)
The Ultimate Reason Why Takeshima is Japanese Territory: The SF Peace Treaty and the Rusk Document(英語版)
韓国人にとって特別な二つの場所 2012(日本語版)
韓国人にとって特別な二つの場所 2012(英語版)


このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 結婚記念日(2月22日)の前日に見つけてしまった物。

※拉致被害者奪還 日本列島縦断デモ行進はじめ、各種デモ・集会のまとめ
 http://ameblo.jp/hosyuyamato/

130118-NYianfu-sakuraS.jpg
 NY州議員宛にメールを出して下さった方々のもとに、Mark Butler下院議員から「いただいた情報に基づいて、私は決議案に署名しない決定をなしました」という返信が届いています。米国の議員さんは韓国側の情報しか知らないor問題自体をよく知らないので、まずは知ってもらうことが大切です。効果はあります。まだの方はぜひメールを送って下さい(下院を中心に)。

 以下も慰安婦関係のお知らせです。よろしくお願いします。
デトロイト 慰安婦少女像建立 絶対阻止!メッセージを送ろう!
ニュージャージ州議会 慰安婦決議に反対のメッセージを送ろう!


megumi080328-2.jpeg アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
________________________________________________
★コメント・トラックバックを下さる方へ
お手数ですが規約(12.5.31改訂)に一度目を通された上でお願いいたします。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1191-152d0e15

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索