ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「たかじんのそこまで言って委員会」安倍総理出演&飯島勲参与が民主左翼政権に目茶苦茶にされた官邸建て直し

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。2012/10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


■1/13放送 読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」

130113-15heika.jpg

 安倍晋三さんがこの番組に出られるのは8回目。しかし総理大臣としては初。
 てか、現職の総理がバラエティ番組に出演すること自体、極めて異例。

 何と言っても現職総理なので、政策上あまり突っ込んだ発言とかはなかったのですが、報道番組では絶対聞くことのできないような貴重な話をいくつも聞くことができました。

 なお、安倍さんの退場後、入れ替わりに出演された飯島勲内閣官房参与の発言も、最後に添えました。
 安倍さんがあまり突っ込んだ発言ができなかった分、飯島さんは凄いことになってました(^_^;
 民主党政権の残した負の遺産は本当に大きい、それがよく分かる話です。

 この日の出演者は以下の方々。
  金美齢、津川雅彦、桂ざこば、加藤清隆、勝谷誠彦、
  宮崎哲弥、竹田恒泰、山口もえ、辛坊治郎(敬称略)

 普段の起こしと違って、間投詞(「あの」「その」など)や言い直し、相づちなどは今回は省かせていただいています。
 画像はYouTubeからキャプチャさせていただきました。

※引用転載はご自由に。連絡不要です。但し誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので、必ずこちらのURLを添えておいて下さい。
画像を利用される方は、直リンクでなく必ずお持ち帰り下さい。当方のサーバーへの負荷軽減のためご協力のほど宜しくお願いいたします。「直リンク」の意味が分からない方はこちらをご覧下さい。



 内容紹介ここから____________________________
130113-01nyuujou.jpg

辛坊治郎
「第96代内閣総理大臣、安倍晋三さん!(会場拍手)

安倍首相
「どうも。こんにちは…(入場し、出演者と観客に挨拶)

辛坊治郎
「改めて総理大臣に就任、おめでとうございます」

安倍首相
「どうも、ありがとうございます」

辛坊治郎
「皆さん、そっくりさんじゃありませんよ(一同笑)」

辛坊治郎
「本人、ですね(安倍同意)。素朴な疑問で何ですが、どうしてわざわざ大阪まで、この番組にお出でいただくために、来ていただいたって噂もありますが」

130113-02abesin.jpg

安倍首相
「ええ、それはやっぱり、主な理由のひとつですけどもね(笑)(一同笑)」

金美齢
「橋下さんとの会談はついでですか?(一同笑)

安倍首相
「それも非常に重要な…(笑)(一同笑)」

辛坊治郎
「本当にありがとうございます」

安倍首相
「いいえ、とんでもありません」

辛坊治郎
「それはやっぱり、約束を果たすという思いなんでしょうか」

安倍首相
「ええ、まあ、何回も出していただいて、私に発言の機会も与えていただきましたから。その時にね、確か辛坊さんが、総理大臣になっても出ていただけるんですかと」

辛坊治郎
「ええ、お願いを申し上げました」

安倍首相
「で、あの時まだそういう状況ではなかったんですが、ま、なかったから気軽に、出ますよと、こう…(笑)(一同笑)。で、選挙の時にですね、私たちは、できないことは言わないと(一同笑)言っていましたから。ま、それで実現をさせていただきました」

辛坊治郎
「いや、本当にありがとうございます。ま、せっかくの機会ですからね、皆さん、もう存分に聞きたいことを聞いていただきたいと思います。さ、安倍晋三内閣総理大臣に聞きたいことは何ですか?一斉にドン!」

130113-03q.jpg

辛坊治郎
「それでは、勝谷さんから」

130113-04katu.jpg

勝谷誠彦
「今回、エネルギー政策をやっぱり日本再興のですね、大きな柱にされるということで、三宅先生もずっと一押しして下さっていた、オーランチオキトリウムっていう油を作る藻ですね。で、いま予算で先端技術にかなり投資をして下さるということで、特に大学と産業界がうまく行くように投資をして下さるということで。で、筑波大学でですね、渡邉教授がこれをずっとやって下さっています。是非ここは国策としてですね、日本が産油国としてですね、日本が産油国、輸出国になるかもしれないってことですから、是非ともやっていただきたいと思います」

安倍首相
「新しい富を創出していくと、いうのが、安倍政権のですね、主要な政策の一つであって、しかも資源は大切ですよね、エネルギーは。ま、なかなか名前覚えにくいっていう…」

勝谷誠彦
「オーランチキチキでいいです(一同笑)。三宅先生がそう言ってましたから(笑)」

130113-05abe.jpg

安倍首相
「あ、そうですか(笑)。ま、様々なですね、可能性に挑戦していきたいと思いますので、ま、民主党政権はそういうものはどんどん切っていったんですが、我が党はですね、逆に思い切って予算を付けていって、いこうという方針ですから」

勝谷誠彦
「三宅さん、ついに総理大臣に直訴できましたから!(一同笑)」

辛坊治郎
「答えとして、やっぱ完璧ですね。オーランチオキトリウムをやるとは言わないんですから(一同笑)」

勝谷誠彦
「いや、そりゃそうですよ。けど、ちょっとね、やっぱり頭に覚えていただくことだけでずいぶん違うから…」

安倍首相
「それはもう、可能性は、求めていきたいと思います」

辛坊治郎
「確かにね、エネルギー大切。どなたも聞いてらっしゃいませんが、原発に関しての、再稼働ってのはどうなりそうな感じですかね?」

安倍首相
「ま、この再稼働はですね、原子力規制委員会がいまルールを作ってまして、これ世界でも最も厳しいルールを作っていくんですが、3月ぐらいまでにそのルールができあがってですね、それから、一般の皆さんのパブリックコメントを受けていく、それが7月ぐらいまでにはなっていくんだろうと思いますね。で、それ以降にこの規制委員会のほうで、厳しい基準に則ってですね、いろんな意見を出していただくと」

辛坊治郎
「最後は政府で決めると」

安倍首相
「もちろん、責任を持って判断するのは政府で、判断をします」

辛坊治郎
「最後の判断は安倍総理自身が判断されるということになりますね(安倍同意)。その意味で、先ほど(安倍登場前のスタジオトーク)からですね、ちょっと名前が挙がってたのは、この非常にキーマンであるところの環境・原子力防災担当に石原さんを据えたのは、石原潰しではないかという意見もあったんですが(一同笑)」

130113-06isihara.jpg

安倍首相
「私はそんなに性格悪くないですから(笑)(一同笑)」

辛坊治郎
「いや、きっと麻生さんが仕掛けたんじゃないかという(笑)(一同笑)」

安倍首相
「石原さんはですね、有能な政治家ですし、総裁選挙を争ったわけですけども、是非その石原さんにはですね、ま、重要な決断を必要とする役割を担ってもらいたいなということで、お願いをしました」

辛坊治郎
「分かりました。さ、ざこばさん」

130113-07zakoba.jpg

桂ざこば
「補正予算とかいろいろ、アレしはったんですけど、(橋下さんとの会談では)どういうような内容のお話をしてきはったんでしょうね(笑)(一同笑)」

安倍首相
「ま、全部についてお話はできませんが(笑)(一同笑)、やっぱり大阪はですね、東京とともに日本の成長のエンジンを担ってもらわなければいけないと。その中において、大阪の現状、大阪府・市の要望をお伺いをして、やはり国と地方自治体が協力していくことは大切ですから、ま、どういう考え方で、この大阪の地域を発展させていくかと、また大阪、いろんな素晴らしい産業ありますからね、それに何が必要かということを、ま、お話を伺ってきました」

辛坊治郎
「さっきですね、津川さんがですね、憲法改正のためには、公明党と一刻も早く別れて維新と組んだほうがいいんじゃないかって(一同笑)」

130113-08ishin.jpg

安倍首相
「これはっきり言っておかないといけないんですが、自民党と公明党、これ、連立の柱なんですね。これは先の選挙の前もそう申し上げてきたし、参議院選挙を戦う上においてもそうですし、参議院選挙後もそうなんですが、その上においてですね、憲法改正っていうのは、ま、96条を、改正条項を改正するためにも、衆議院と参議院両方で3分の2が必要ですからね。ですから、それを見据えて我々も考えていかなければいけないなと」

山口もえ
「では、参院選までは、安全運転ですか?(一同笑)」

安倍首相
ま、よく安全運転と言う人いるんですが、私は暴走運転は基本的にしないんです(笑)(一同笑)。ま、安全運転ではありますけども、目標はちゃんと決めてですね、そっちの方向に向かって進んでいくと」

宮崎哲弥
「ま、安全運転、安全運転と言われるけど、私は特に金融政策を中心にして極めて大胆な切り込みをされていると思うので、安全運転という評価というのは、不当だと私は思ってます

辛坊治郎
「あ、その宮崎さん、『次期日銀総裁はどのような方が望ましい?』」

130113-09miya.jpg

宮崎哲弥
「これも聞きたいんですけど、その前にね、去る11日に日本経済新聞に、これ一面になっていましたが、この日銀の金融政策の、目標というか理念として、雇用の最大化ということを入れるべきだと。金融経済だけでなくて実体経済に対しても、十分に働きをするような日銀であることを、望まれるというインタビュー記事が出ていましたが、いま日本の失業率っていうのはだいたい4.数%です。低いように思われるかもしれませんが、実は日本には雇用調整助成金というものがあって、これがね、隠れ失業者を作り出している。で、実際の失業率は8%台に高止まりしているのではないかというような、観測もある、非常にまだ高い水準なんですね。それをやっぱり適切な水準、たとえば日本はずっと2%台から3%程度だったんですから、それを目標値とするような、そういう金融政策の目標を立てるということは、私はずっと望ましいと思っていたんですが、安倍さんはいかがですか?」

安倍首相
「日本銀行にもですね、今までは物価の安定だけだったんですが、今後はまず物価の安定目標、数値として2%、ということをきっちりと、目途ではなくて目標としてちゃんと責任を持ってコミットメントしてもらいたい。そしてそれがうまくいかない場合はちゃんと説明責任ありますよということなんですね。で、もう一点は、今おっしゃったように、実体経済についてちゃんと責任を持ってもらう、ということで、ま、日本銀行法には書いていないんですが、事実上ですね、雇用を最大化をしていく、ということについても、ちゃんと責任を持ってもらいたいと思います。そのために、ま、日銀法を改正してそれを書き込むかどうか。ま、自民党ではすでに改正案がありまして、その中には書き込んでいこうということになっているんですが、まだこれを、日銀法を改正するかどうかについては、ま、視野には入れてますが、その中においてですね、日本銀行にしっかりと、ま、金融政策の決定会合がありますから、そこでまず彼らが何をするかということを示してもらいたいと思ってます」

宮崎哲弥
「そうなるとね、4月に新しい、次期日銀総裁、あるいは副総裁ということも視野に入れなければいけないわけですよね。そうした場合に、どのような方が望ましいかということは、お話しできますか?」

130113-10nitigin.jpg

安倍首相
「やっぱり10年以上ですね、ずーっとデフレがあったんですね。10年以上デフレですからもうみんな、ま、先もデフレだなと思っている、ま、デフレ期待が定着しちゃったんですよ。このこびりついたデフレ期待からですね、インフレ期待に変えるってことはそう簡単なことではないし、今までできなかったんですから、今までやっていたことではダメですよと(宮崎同意)。ま、だから大胆な金融緩和、とこう言ってるんですがね。次元の違う政策をやると。で、もうそれは乱暴だってずいぶん批判されました。日銀の独立性を侵してるんではないかという批判もされましたが、だからこそですね、そういう思い切ったことができる人を、日銀の総裁にしなければいけないと、思ってます

辛坊治郎
「具体的に頭の中に、固有名詞というのは存在するもんですか?」

安倍首相
「今の段階ではまだないですね。15日に金融の専門家の学者さんたちにもお話を伺いながら、イメージを作っていきたいと思ってます」

辛坊治郎
「経済諮問会議と、日本産業再生の会議がいくつかありますが、たとえば竹中平蔵さんが入ってたり、ある意味、いろんな意味でのオールスターキャストだったりするわけですが、あのへんの人選は総理自らされたんですか?

安倍首相
「そうです。基本的には私がいたしました。ま、いろんな方に相談をしながらね。辛坊さんにも入っていただきたかったんですけどね(笑)」

130113-11abesin.jpg

辛坊治郎
「とんでもないです、私ごときが…(笑)」

安倍首相
「ま、忙しそうですけどね(笑)(一同笑)」

辛坊治郎
「さ、もえちゃん」

130113-12moe.jpg

山口もえ
「何か総理になられて、ますます後光が輝いてますよ(一同笑)。私は、何かこう、いいことがあると、そのあとに何か悪いことがあるんじゃないかって、すごい心配性なんですよ。総理は、こう今すごくみんないいじゃないですか。総理総理ってなってるけども、何かそのプレッシャーに、押し潰されて眠れない夜なんかあるのかなと思って」

安倍首相
「ま、それは総理大臣になりますとですね、当然そういう夜はありますね。ですから、ま、そういう夜にいかに、眠るか。安らかに眠るか。これもですね、総理としての資質なんですよ。私が前回総理になった時ですね、中曽根元総理のところに相談にまいりました。そしたら中曽根元総理もですね、自分も何日もあったと、眠れない日があったんだっていう話を…」

辛坊治郎
「1億数千万人の命運を握ってるわけですからね、担ってるわけですから、その責任重いですもんね。何か気分転換あるんですか?」

安倍首相
「気分転換はですね、ま、家でビデオですね、ま、ドラマのビデオを見たり」

辛坊治郎
「お好みは?そうですか、『家政婦のミタ』ですか(一同笑)」

安倍首相
「ま、アメリカのテレビシリーズとかね。当然、日本のものも見ようと思ってますね。『家政婦のミタ』は読売テレビ?」

辛坊治郎
「日本テレビですね。これはなかなか面白いですけど。確か総理の執務室って、ただっ広い所に総理の机が1個だけ置いてあって、ものすごく孤独な部屋じゃないですか(安倍同意)。あのとこで、こう座ってですね、何かこう振り回したりとか、そういうのはないんですか(笑)(一同笑)」

130113-13abeegao.jpg

安倍首相
「振り回すことはないですね(笑)。ただ、まあ、あの部屋の設計自体がちょっと孤独を感じるような設計になってる…(笑)(一同笑)どういう考えだったのかなって気はしますけどね(笑)(一同笑)。あと、たまにこう身体を動かしたほうがいいということなので、ゴルフもしましたね」

桂ざこば
「僕の落語のCD送りまひょか。よう寝れまっせ(笑)(一同笑)」

勝谷誠彦
「こないだ僕が尖閣諸島に突撃したDVDを…(一同笑)」←3月発売の当番組DVD(^_^;

辛坊治郎
「さ、皆さんの質問伺ってまいりましょう。竹田さん。『皇室を守って下さい』」

130113-14take.jpg

竹田恒泰
「はい。大多数の皇室を愛する国民を代表してですね、是非安倍さんには皇室を守っていただきたいと。で、安倍さんがしっかり守っていただかないと、もう(皇室の)将来はないんじゃないかと僕は真剣に思っております。で、是非僕、もう一度お聞きしたいことあるんですけど、前回総理退任された後にですね、国会で首班指名を受けて、それから皇居に向かわれる。その時の心情の変化はどんなもんですかというふうにお聞きして、僕すごく感動したことがあったんですね。今回2回目、総理に就任されてですね、改めて宮殿に、総理の任命式で陛下の前に進まれる時に、何か心情の変化、もしくはお感じになったことあったら、是非教えていただきたいなと思います」

130113-15heika.jpg

安倍首相
「ま、その時に、竹田さんにお話をしたんですが、国会で首班に指名されます。これはまさに民主的な手続きで日本の総理大臣にと、いう指名を受けるんですね。で、そのあと、ま、日本の場合は、宮中で天皇陛下から親任を受けます。親任式というのがあるんですね。で、ま、気持ちとしては、まさに国会で民主的手続きにおいて、国民の代表になったという責任感を持つんですね。そして宮殿に行って、陛下の前で親任されることによってですね、これもう、日本の長い長い伝統と歴史と文化の中で、国民のために尽くせという、新たな使命を賜ったという気持ちになる。これがやはり、私は日本なんだろうと思っています

辛坊治郎
「いま2回目っていう話がありましたが、やっぱり2回目だからこそ、思うことっちゅうのは沢山おありだと思いますけども

安倍首相
「私の祖父の岸信介もですね、もう一回やったらもっとうまくやるのにな、とよく言ってたんですよ。ですから、やっぱり1回目、1年という短い期間だった。そして突然辞めるという結果になった。ですからもう反省点はたくさんあるんですね。そういう反省点というのを私もこの5年間、いろいろこう書いてきたんですが、こういう反省点を活かせるっていうのはですね、2回目の大きな利点なんだろうなと思いますね

辛坊治郎
「そういう意味では、次やったらこうできるのになと思う人は世の中たくさんいますが、本当にその立場になれる人ってのは極めて限られてる…」

安倍首相
「そういう意味では大変私は幸運だったんだろうと思いますが、ま、だからこそですね、今回はもちろん失敗は許されませんし、大きな成果を挙げていきたいしですね、そのためにこそ、私に課せられた使命はあるんだろうと、思ってます」

辛坊治郎
「さ、津川さん。『多忙に見えますが体調は?』ということですが」

130113-16tugawa.jpg

津川雅彦
「あちこち本当にもうめまぐるしく動き回っていらっしゃる、それはもう大変嬉しいことなんですけども、好事魔多しと言いましてですね、潰瘍性大腸炎、これがまた再発するんじゃないかと、いうことが、もうこれ神のみぞ知る、なんですが、ご自分の体調の管理ということを、ま、万全にお願いしたいなということも含めてですね、今の調子はいかがですか?」

130113-17stu.jpg

安倍首相
「体調的には絶好調でありましてね。潰瘍性大腸炎っていうのは難病指定になっていまして、これ完治はしないと言われてるんですね。ですから、ま、医学的には完治ではないんですが、2年前に画期的に良く効く薬が、日本でも認可されましてね。ただ、10年間認可遅れたんですよ。認可が遅れるっていうところに日本の医療の行政の問題点がありますから、これを変えて行きたいと思うんですがね。ま、病院の先生にもですね、絶対大丈夫と折り紙をつけていただいてるんで。そうでなければ、総裁選に手を挙げるというつもりはなかったんですがね。この前も、津川さんにうなぎをご馳走になってですね(一同ざわ)。さらにパワーをつけてですね。前はお酒もその病気の関係で1滴も飲めなかったんですが、今は適度に飲めるという状況になりましたね。今度はだから、勝谷さんに日本酒でもご馳走になろうかなと思ってますんで(一同笑)」

辛坊治郎
「あとお二方、『内閣にどうして民間人を入れなかったの?』

130113-18kin.jpg

金美齢
第一次安倍内閣の時に、マスコミのバッシングっていうのが非常に酷かったと思うんですね。で、お友達内閣を今回は極力避けたのでしょうか。ひょっとしたら、あたしに電話がかかってくるかな?(笑)(一同笑)……全然かかってこないわけ。電話一本。ね。ああやっぱりお友達内閣はダメなんだなというふうに、ま、いろいろ思ったんですけれどもね。でもマスコミのバッシングっていうのはいろんなことを、たとえばTBSなぞは、まず何て言ったかっていうとね、安全運転っていう言葉があるじゃないですか、安全運転っていう言葉を使ってるけどね、何と政治部長が『猫をかぶってる』って言ったんです。もうあたし怒り狂ってね、娘に八つ当たりしましたよ(一同笑)」

辛坊治郎
「ちなみにお嬢さんTBSにお勤め…」

金美齢
「そうなんですよ。全然関係ないんですよ。それなのに八つ当たりしたんですけれども。今回のね、安倍さんの最大の良さっていうのは、やっぱりスピード感ですよね(一同同意)。大変にスピード感があって、ある意味ではとってもいいことなんですけれども、飛ばしすぎかなっていう懸念も実はあるんですね。だからそこらへんのバランスをね、是非是非、長期政権になるためには、メリハリっていうものをやっぱりしっかりと…」

辛坊治郎
「飛ばしすぎというよりもですね、ま、ある意味、期待先行というような言い方もあるかもしれませんが、(総理に)なって、まだ別に日銀の総裁が代わったわけでもない、金融政策変わったわけでもない、ただ、だけどこういう方針だよということで、バーッと円が安くなって、株がウォーッと上がってる。ある意味ちょっと怖さも感じたりすることありません?」

安倍首相
「ですからですね、結果を出していかないとですね、期待が先行してますから、その期待どおりに手を打っていかないといけないなと。そういう思いが強いですからね。特に東北の復興についてはですね、目に見える形にしていくことが大切なんで、そうしないとだんだんこれ、絶望に変わっていってしまいますからね」

130113-19abesin.jpg

辛坊治郎
「円安に関して言うと、安倍さんが(首相に)なられたことが最大の今、きっかけだったことは間違いありませんが、ただ長期のトレンドで言うと今の円高局面は、まさしく安倍さんがお辞めになる2007年の7月から、今の円高局面が始まって、ちょうど5年で、為替のトレンドで言うと5年以上同じトレンドが続いたことは1回もないんで、もしかすると何かきっかけさえあったら反転するタイミングであったという見方もありますわね、これ」

安倍首相
「基本的にはですね、財務省がいわば介入をして、日銀と一緒に介入をしていますが、これは、ま、うまくいかないんですよ。一国が介入してもですね。やはり介入してうまくいかなければこれは、むしろ損失被るんですからね。損失被ってるんですよ、何兆円かのね。ですからこれはやっぱり、中央銀行が本格的に金融政策を変えた、ということをみんなが認識をしない限りですね、いろんな、世界の投資家もポジションを変えませんから。ポジションをですね、変えさせるっていうことが、やっぱりこういうことでは重要…」

宮崎哲弥
「本当は日銀総裁が出なきゃいけないの。日銀総裁が政策を変えるとか、ここを目標にするっていうことを言って、でも日本は日銀総裁にあまりこう信任がないから、政治家の方がおっしゃると、これはみんなそういう風に動いていく。私は、プラザ合意以来、政治が経済を動かした風景を見ました

加藤清隆
「いや、今の総裁ひどすぎるんだって」

津川雅彦
「白川さん?」

宮崎哲弥
「歴代総裁だって私は悪いと…(笑)」

加藤清隆
「あんな無能な者をですね、いつまでもやらせていては…」

宮崎哲弥
「それ民主党のせいですよ」

加藤清隆
「いや、切るだけでもっと円安になりますよ」

辛坊治郎
「さ、大ネタです。加藤清隆さん、『対露政策』」

130113-20kato.jpg

加藤清隆
対露というか、本当に書きたかったのは対中牽制策っていう意味なんですね。最大の外交課題はやっぱり対中、日中関係だと思うんですね。その最大のキーポイントはやはりロシアだと思うんですね。特に今プーチン大統領がいるロシアなんです。そうすると遠交近攻理論からも言っても、プーチン大統領と早く首脳会談をやって、できることなら北方領土にもうケリをつける。三島なら三島で構わないと私は思うんですよ。早く日露平和条約を結んで、対中国の牽制策をですね、日露で合意することは可能だと思うんですね。私はそこまで踏み込まなければいけない。それが最大の対中牽制策になるっていう意味で(宮崎同意)、対露政策と書かせていただいたんですけれども」

130113-21abe.jpg

安倍首相
日本のですね、今世紀の最大の外交安全保障上の課題はですね、中国とどう対応していくか、どう付き合っていくかということなんですね。そういうことを考える時に、日中間だけを見ていく、かつての外交はそうなんですが、これは間違ってるんですね。周囲全体を見てですね、俯瞰をしながら、戦略を考えていくべきだろうと思います。その中で、まず日米同盟を強化していく。当然なんですね。と同時にやはり、アジアの国々、インドやオーストラリアまでも入れた、アジアの国々とのですね、関係を強化していく。これ外交の中において、だけではなくて、安全保障やですね、エネルギー政策についてもですね、関係を強化していく。その中で、日露関係というのは平和条約がないですから、経済関係においても、人の交流においても低調なんですね。かつてよりは増えてますよ。とは言っても、ポテンシャルは最も、可能性は最も、私は、高い二国間関係なんだろうと思います。ですから、その意味においてですね、安倍政権において、日露関係を改善していきたいと。これ、本当に目に見える形で改善をしていきたいと思ってます」

辛坊治郎
「それで言うと、あれですね、安倍さんは町村派という名前のところで、もともと森喜朗さんの森派です、森喜朗さんがですね、さっそくロシアのほうに行って北方領土の交渉をするんではないのかと、いう話がありますが」

安倍首相
「森元総理が交渉そのものをされるということはありませんけども、私の特使としてですね、ロシアを訪問してもらいたいと思っています。その中で、いわば私の考え、ロシアに対する気持ち、思いをですね、伝えていただいて、プーチン大統領がですね、どう考えているかということをですね、もし森さんが伺うことができれば」

辛坊治郎
「これもう、政権担当してらっしゃる時に北方領土返還ということになれば本当に大きな成果だと思いますが、可能性は全くないとは思えないんですが、どうですか」

安倍首相
「プーチン大統領は相当強く、権力を掌握をしていますから、そういう人物でないとですね、こういう(北方領土返還という)思い切ったことはできないんだろうなと思いますね」

辛坊治郎
「逆に言うと、向こうも日本の国内政治見てますから、ここの政権だったら長いこと付き合えるという、安定政権でないとなかなかそういう話はまとまらないですね」

安倍首相
「それはもちろんあります。ですからこちらが、しっかりと政権基盤を作っていくということも必要でしょうし、で、ロシアの今、世界の中に置かれている位置、地位もあるんですね。その中で彼は判断をしていくんだろうと思いますね」

加藤清隆
「外交でもう一つだけ聞かせてもらってもよろしいでしょうか。安倍総理は拉致被害者のご家族の皆さんにお会いになった時に、自分の内閣で、自分の政権で決着するんだって趣旨のことをおっしゃいましたけど、私はいずれかの時点で、安倍総理自らがやはり北朝鮮に行かれる、それで決着をつけるっていうことでなければ、私は拉致被害者を取り戻すことは不可能じゃないかと思うんですが、その点いかがでしょうか?」

130113-22rachi.jpg

安倍首相
「安倍内閣が誕生してすぐに、被害者のご家族の皆さんとお目にかかりました。6年前に、安倍政権で何とかしたいってことを申し上げたんですが、残念ながらできなかった。そしてあれからもう6年経ってるのに、未だに被害者の皆さん帰ってくることができない。私も本当に責任を痛感をしています。で、現在ですね、現在、北朝鮮はミサイルを発射をして、より孤立をしているんですね。あるいはまた、政権が金正日委員長から、今度は金正恩氏に代わりましたね。そういう時は、ある種のチャンスもあるかもしれない。しかし決して、我々が焦っていると思われたら、もう(北朝鮮の)思うツボなんですね。北朝鮮との外交についてはもう十数年やってきましたから、これはやはり経験がないとですね、みんな騙されるんですよ。みんなずっと、米国もそうなんですが騙されてきた。でも私は騙されません。しかしその中において、何とか結果を出していきたいと思います

辛坊治郎
「今日はまあ、間違いなく、皆さん安倍さんのファンばかり、ただ、安倍さん一つアドバンテージがあるかなと思うのは、保守派と見なされてます。だから保守派の支持者の皆さんは、これがもし保守派でない総理大臣が出たら、弱腰だって声をすぐ挙げるような局面でも、まあ安倍さんだから見とこうかっていうところがあると思います。具体的に言うと、自民党が政権取る時の公約であった、竹島の日を政府主催の式典にするとか、尖閣に人を配置する、靖国に参拝する等々の、ま、いくつか公約に近い話がありました。で、まあみんな基本的には保守派の皆さんは、仲間だと思ってるから、それに関してはもう安倍さんがやりたいようにやれるタイミングまで待とうと、いうのが、だと思う、気持ちとしては。だけど、どこまで待てるか。逆に言うと、安倍さんがこのあたりの、いわゆる公約みたいな話を、これからどうされるおつもりなのか、っていうところ、どうですか?」

130113-23hoshu.jpg

安倍首相
前政権の時の反省点としてはですね、いきなり100点を出そうと思っても、出せないんですね。かえって、重心が高くなって転んでしまうんです。ですから、そうしたいわば戦後体制から脱却をしていくというのが私の、これはもう生涯のテーマなんですね

辛坊治郎
「『戦後レジーム』からの脱却というのは一番最初のスローガンで…」

安倍首相
「ええ。これは変わってはいません。しかしそのためにもですね、腰をじっくり据えて、結果を出しながら、成果を出しながら国民の皆さんの信頼を勝ち得ていく上においてですね、やるべきことをやっていきたいと思ってます。また外交においてもそうなんですね。先ほど申しましたが何と言っても(会場ざわつく。飯島勲氏がスタジオ入りしたため)、えー、中国とどう対応していくというのが最大のテーマですから、その中で、様々な戦略を進めていきたいと思ってます」

辛坊治郎
「今、あの、ぬーっと入って来た(会場爆笑と拍手)。私はテロではないかと思ったんですが(笑)。どうして参与なんですか?」

安倍首相
「それはもう、存在感ですね、この(会場爆笑)。ま、何となくこう、飯島さんが官邸にいるだけでですね、皆さんいろいろ想像するでしょ?」

辛坊治郎
「ああー、そのあたりですね、このあとじっくりと、今日は飯島さんにお付き合いいただいて、お話をいただきます。大変残念ではございますが、安倍さん、ちょうどぎりぎり一杯の時間になってしまいました。今日は本当にありがとうございました」

130113-24iijima.jpg

安倍首相
「どうも…(辛坊と握手。会場拍手)。すみません、じゃあ…」

辛坊治郎
「安倍晋三さんでした。ありがとうございました!(会場拍手)」

安倍首相
「(出演者、観客にお辞儀しつつ退場)」

130113-25sp.jpg

(ものすごい数のSPがあとに続く。スタジオ驚愕)

 ____________________________内容紹介ここまで


 飯島さんのパートは、すみません、もう起こす気力ないです(T_T)

 ただ、民主党政権のせいで官邸機能が目茶苦茶になってしまったという話は非常に重要なので、飯島さんの発言を箇条書きで紹介します。

130113-26iijima.jpg

 「官邸に入って驚いたんですが、目茶苦茶。村役場以下ですよ、官邸の中が

 「新聞いただきたいと言ったら、6大全国紙から1紙選んで回し読みして下さいと」
 (一同口々に「民主党の時に岡田克也さんがやった」)

 「基本的に飲み物は自己負担。名刺配ったら30分ぐらいでなくなったので、500枚ほしいと言ったら100枚以上は自己負担でお願いしますと。言えばキリがないぐらい。広報室の外プレ担当の真面目な女性副報道官が交通費出ない。雑誌は全部取ってない。これじゃ官邸は機能しない」

 「一番酷かったのは、すぐに没収させたが、官邸スタッフのカード(通行許可証)が、官邸だけで500枚以上、私が調べたら、出入りできるスタッフが全部で1300枚以上。うち80人ぐらいがちょっと左翼的なメンバーが入ってる。ひどいのになると前科一犯のヤツが入ってたし。私の調査ですよ、個人的な。内調や警察庁は何やってたかってこと。もし外交、安全保障、あるいは為替の問題が、外に漏れたら安倍内閣が沈没ですよ

 「(辛坊氏「小泉さんのころ官邸にいらっしゃったが」)いや、もう全然違います。(辛坊氏「いつそうなっちゃった?」)民主党政権になって全部です」
 (加藤氏「社会党の事務局にいた連中が全部入り込んじゃった」)

 「一番びっくりしたのが政策問題。官房長官の仕事っていうのはボトムアップ。全省庁からとか海外。この秘書官が、6名ぐらいにしたんですが、車乗っちゃいけないって言うんですよ。まず電車、地下鉄で通いなさいと。それでもし電車に乗ってる時に、ミサイル発射とか何かあったらどうします?いま電車だから後で、って言ったらもうアウトですよ。すぐ官房長官は車つけました」

 「こういう態勢を今月いっぱい、できたら総理の海外出張の前までには、全部変えさせていただく」


 このあと勝谷さんが、「なぜ民主党がダメだったのかについて、党内ガバナンスとかいろいろ政治記者は書くが、今の話が一番腑に落ちた。要するにお子ちゃまの、物事の優先順位が分からないド素人が官邸に居座ってたということ」

 飯島さんも「これで3年3カ月よく続いたと思いますね」
 
 おっしゃる通りです!!(T_T)

 他に飯島さんは(これは前に出演された時も言われてましたが)「総裁選の時に安倍さんは前回の辞め方をさんざん批判された。総理の時に、あの短い間に120本近い法案を通した。教育基本法、防衛省昇格などやってきたのに、そういうことは全く評論しないで、あの辞め方は何だと。あの辞め方は真面目な性格が出ていた。私がシナリオライターだったら辞める場面を相当上手く作る」という話もされてました。

 と、ここまで書いて、twitterで私宛にメッセージいただいてるのに気づきました。
 飯島さんの発言部分だけを起こして下さった方がいます!

保守起こし様>2013/01/13 たかじんのそこまで言って委員会・飯島勲内閣官房参与のお話

 是非ご訪問下さい!(^▽^)


 この日の放送は、安倍さんが登場されるまでの出演者皆さんの発言もとても意義深いものが多かったし、VTRの【政界子ども劇場「永田町小学校物語」】もすごく面白かったので、チャンスがあれば動画を是非ご覧になって下さい。
 (1月14日午前4時30分時点でまだYouTubeに動画が残っています。「そこまで言って委員会」で検索して!)

130113-91kodomo.jpg

130113-92kodomo.jpg

130113-93kodomo.jpg

130113-94kodomo.jpg

130113-95kodomo.jpg


※拙ブログ関連エントリー(過去の安倍さん出演起こし)
・(旧ブログ)05/8/1付:「サンプロ」安倍晋三VS志位和夫
・(旧ブログ)05/8/1付:「報道2001」安倍晋三VS凌星光
09/5/4付:「たかじん委員会」安倍さん出演 憲法SP(1)
09/5/4付:「たかじん委員会」安倍さん出演 憲法SP(2)
12/2/6付「たかじん委員会」日本の教育行政を考えるSPより修身と道徳
12/10/8付:「たかじんのそこまで言って委員会」安倍新総裁出演!皇室典範・靖国・尖閣・慰安婦
12/12/20付:「アンカー」安倍総裁独占生出演! 拉致・憲法改正・国防軍・TPPなど


このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

okirakubanner.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 田原総一朗vs菅直人!?

【拡散】ウイグル人亡命者の強制送還をやめるよう、アジア各国へ日本国政府からの働きかけを求める請願(署名)にご協力を 文書への署名です。2013年1月31日締切です。

竹島問題- 国際司法裁判所で法廷を開く請願書(署名)にご協力を Facebookでの署名です。2013年2月22日締切です。

NY州議会上下両院 慰安婦決議反対! メッセージを送ろう!(なでしこアクション様) メール、Facebook、twitterの送り先がまとめられています。英文サンプルもあります。(一部準備中につき不具合があるかもしれません。何かお気づきの方は上記コメント欄で管理者様にメッセージを!)

※拉致被害者奪還 日本列島縦断デモ行進はじめ、各種デモ・集会のまとめ
 http://ameblo.jp/hosyuyamato/

222takesima-8Lsnow.jpg

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto

megumi080328.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1171-1fe81fcd

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索