ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「アンカー」宮崎哲弥氏が朝日新聞の原真人編集委員を名指し批判

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。10/16本館にツイートボタン設置済み。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


■12/20(木)放送 関西テレビ「アンカー」

121220-07miya.jpg

 「安倍総裁vs日銀」のニュースに絡んで、宮崎哲弥さんの解説です。
 朝日新聞の編集委員を名指しで批判されています。

 間投詞(「あの」「その」など)や言い直しもできるだけ再現しました。但し、細かい相づちなどは支障のない範囲でカットしています。
 画像はYouTubeからキャプチャさせていただきました。

※引用転載はご自由に。連絡不要です。但し誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので、必ずこちらのURLを添えておいて下さい。
画像を利用される方は、直リンクでなく必ずお持ち帰り下さい。当方のサーバーへの負荷軽減のためご協力のほど宜しくお願いいたします。「直リンク」の意味が分からない方はこちらをご覧下さい。現在、直リンクされても画像が表示されない措置をとらせていただいています。



 内容紹介ここから____________________________
 …………………………VTR開始…………………………

(ストレートニュースより抜粋)

121220-01abe.jpg

 これまで大胆な金融緩和を訴えてきた、自民党の安倍総裁。

121220-02sira.jpg

 これに対して、当面は物価上昇率“1%”を目指すとしていた、日本銀行の白川総裁。
 しかし、一昨日(12月18日)、白川総裁は、安倍総裁のもとへ異例の訪問。

121220-03kaigou.jpg

 日銀は、昨日(19日)に引き続き今日(20日)も、金融政策決定会合を開き、「資金買い入れ基金」の枠を10兆円増額して、101兆円程度にする追加の金融緩和策を決定。

121220-04minaosi.jpg

 また、安倍総裁が公約として訴える、物価上昇率“2%”に対して、日銀はこれまで“1%”と定めていた「物価安定のめど」の見直しを始め、「政策協定の締結」についても年明けの会合に持ち越すことになりました。

121220-05kabuka.jpg

121220-06cosmo.jpg

岩井コスモ証券 投資調査部 有沢正一副部長
「よく言われているのは、安倍さんが掲げている政策は“禁じ手”だと。そういうことをしちゃいけないんだと。教科書に載っていない政策なんですよね。もうここに至っては、多少の副作用にも注意しながらですけども、やっぱり今までやったことないような政策をやらないと、このデフレからは脱却できないんじゃないかなと思います。そういった意味では今回掲げておられる政策というのは、マーケットの期待を十分に刺激するものだと思います」

【参考】金融政策決定会合 日銀、追加の金融緩和策を決定(FNN12/20 21:26)

 …………………………VTR終了…………………………

(スタジオトークへ。金村義明氏のコメントはカット(_ _))

山本浩之
「宮崎さんは、ま、この政策には、金融政策には以前からずっと、支持されてましたけれども、改めて伺いたいと思います。この、日銀も、新しい金融政策に踏み切ろうとしてますけれども、まぁまだ最終的な声明は出してませんが、これについて全体像はいかがでしょうか」

121220-07miya.jpg

宮崎哲弥
「あの、この、追加緩和10兆円とかね、新聞なんかによると。それから、朝日新聞なんか物価目標検討へ、というような見出しが出ておりますので、えー、そういう方向ということになると思うんですが、ここで気をつけなきゃいけないのは、きっと新聞とかね、えー、まあ場合によってはテレビも、日銀が、政治に、こう、負けてしまったと。これ非常に危険な兆候だと

山本浩之
「ああー…」

宮崎哲弥
「いうような、ことを」

山本浩之
「独立性が保たれないとか」

宮崎哲弥
独立性に対する侵犯だというようなことを、必ず書いてきます

山本浩之
「はい」

宮崎哲弥
特に朝日新聞の、原真人、編集委員なんか、必ず書いてきます。で、これに対してですね、私は、えー、日銀法4条というのを、ここでもう一度確認しておきましょう。これは日本銀行とは何かという、どんな仕事をするのかということを、あの、書いた、まあ、あの、日銀の法的根拠です」

山本浩之
「……の中に書かれてあるものですよね、4条ですから」

宮崎哲弥
「ええ。『日本銀行は、その行う通貨及び金融の調節が経済政策の一環をなすものであることを踏まえ、それが政府の』、ここが重要なんですが、『それが政府の経済政策の基本方針と整合的なものとなるよう、常に政府と連絡を密にし、十分な意思疎通を図らなければならない』。要するに、あの、この番組でも私が申し上げてるように、経済政策の大枠を決めるのは、金融政策も含めて、この方針を、基本的な方針を決めるのは政府なんです(一同同意)。民主主義社会のルールですから、えー、選挙によって選ばれた人たちが、それを決める…」

山本浩之
「民意を得た、政権ですからね」

宮崎哲弥
「民意を得た人たちが、決める。これが、いわゆるこの目標の独立性というもので」

山本浩之
「ああー」

宮崎哲弥
「ちゃんと、これ明確にね、えー、金融政策の目標、どちらが、あの、主体なのかということ、残念ながら日銀法には明確にしていないんですけど、少なくとも、日銀には、政府の基本方針に反するような金融政策を取ることはできない

山本浩之
「はい」

宮崎哲弥
で、そういう事態を未然に防ぐように、日銀に対して、政府との協力関係、不断の協力関係を求めているわけです。ですから、あの、白川さん(日銀総裁)が、安倍さんのところに行っても、何の不思議もありません

山本浩之
「まあ当然のことなんですね」

宮崎哲弥
「あの、日本の日銀法は一般に独立性が強いと言われてるんですが、その今の現行法の範囲の中でも、全く独立性に反するようなことは、ないですから、もし明日の新聞で、そういうことが書いてあって、政治の不当な介入に、日銀が折れたというようなことが書いてあったら、『バッカ!』と言ってやるべきです

一同
「(笑)」

山本浩之
「あ、テレビご覧の人が、新聞見て書いてあったら…(笑)」

宮崎哲弥
「ええ、その新聞の紙面に向かって、『バカ』と言ってやればいいんです

121220-08stu.jpg

一同
「(笑)」

山本浩之
「なるほど。はい。そして、その金融政策に加えて、さらに今後、日銀に求めること、これどういうことでしょうか」

宮崎哲弥
「これはね、あの、皆さんね、先ほどね、あの、申し上げた、あの、朝日新聞の原真人編集委員なんていうのは、あの、昨日(12月19日)の朝刊でですね、えー、金融緩和を行っても、物価や金利が上がるだけだ、庶民の暮らしは、給料も上がらずに、あの、庶民の暮らしは苦しくなるだけだ、などということをお書きになるわけですが、何を根拠におっしゃってるのかさっぱり分かりません。例えばね、こないだ、11月12日にアメリカのFOMCという、連邦公開市場委員会というところが、失業率が6.5%になるまで、金融、金融緩和を続けると、持続するということを決定しましたね。あの、金利とか、物価だけじゃなくて、物価ではなくて、雇用を、雇用水準を、あの、金融政策の、ターゲットにしてるんです、アメリカは

山本浩之
「そこ大事なことですよね」

宮崎哲弥
「ここ重要で。で、金融政策と、雇用政策とは日本では、全くこう別個のものに扱われていますが、アメリカなんかではこれは、当然、連携としたものであって、関連、関連したものであるというふうに理解するのが、あの、普通の理解の仕方、だからこういう決定がなされるわけ」

山本浩之
「はい」

宮崎哲弥
「そもそもFRBは、雇用の最大化ということを目的の中に入れておりますから、将来、日銀法を改正するとすれば、通貨の安定性と同時に、雇用の最大化ということを、あの、日銀のオペレーションの、理念とすべきです

山本浩之
「うんうん」

宮崎哲弥
「そこは重要なことで、こういう部分のね、つまり、いったい、金融緩和をして私たちの生活どこが良くなるのかということが、見えてこないので、こういう何て言うかな、あの、いかにも新聞らしい、何を根拠にしていいか分からないような論説がまかり通ってしまうわけ。ちなみに日本の、あの、雇用状況というのは、6.5%も失業率ないからいいじゃないかというふうにお考えになるかもしれませんが、ちょっとこれ見にくいかもしれない、これ映していただきたいんですが、見えますか?見えますか?」

121220-09graf.jpg

宮崎哲弥
「はい。これが日本の今、完全失業率ですが、今ここ(右端)です。これ見て下さい。どんどん、上がってきてるでしょ? 普通ね、ここ、この、あの、1990年代、2%、ここらへん(左端)ですね、2%というのが通常の水準で、ガンガン上がってきて、今、少しはマシになった、あの、ここでね、リーマンショックでこの、5%、超えちゃうわけですけど、今、4.何パーセントというところで、日本の、日本の、あの、失業率としては、とても高いんで。あの、しかも外国と違って、雇用調整助成金なんかがありますから、実体的に日本の雇用状況というのは、8%に至った、あの、実質的なものは8%に至ってるんじゃないかと、言われてるし、若年者は、およそ、こうやって普通に出ている完全失業率は倍と言われてますから、日本の雇用状況というのは極めて悪い。私はね、この雇用状況を、改善させるための金融政策と、いうような打ち出し方というのも、あると思います」

山本浩之
「分かりました。ま、あの、年を挟んでですね、来年もこのテーマについて、またお話を伺うこともあると思います。このあたりがポイントなので、ぜひ、覚えておいていただきたいというふうに思います」

 ____________________________内容紹介ここまで


 12月19日付の朝日新聞の原真人編集委員の論説に対しては、三橋貴明氏や、飯田泰之氏なども批判されていますね。

【三橋貴明氏のブログ】新世紀のビッグブラザーへ 2012-12-20 10:32:39 朝日新聞編集委員 原真人氏へ
【ツイートまとめ】朝日新聞1面の「高成長の幻を追うな」(編集委員・原真人)が「酷すぎてむしろ面白い」と飯田泰之氏

 明日(12/21)の新聞、特に朝日新聞にどういうことが書いてあるか、楽しみですね。
 関西のあちこちで、新聞に向かって「バカ!」(関西だから「アホ!」ですね)と言ってる人がたくさんいそうな予感(^_^;



このブログが面白かったらクリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

1211rachidemo.jpg

※拉致被害者奪還 日本列島縦断デモ行進はじめ、各種デモ・集会のまとめ
 http://ameblo.jp/hosyuyamato/

竹島プロジェクト style=

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto

megumi080328-2.jpeg

アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1157-8e63801e

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索