ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

【速報】安倍新総裁誕生!次の安倍政権は、安倍の戦いではなく、心ある全日本人の戦いでなければならぬ。

韓国を国際司法裁判所へ引きずり出す署名(10月2日締め切り)の拡散にご協力ください。
すでに必要署名数25,000は超えていますが、入力ミスや妨害工作などで無効票が多く出ることが想定されます(例えば「wh 1」「wh 2」の名前で100個以上の署名がされていることが9月19日時点で確認されています)。引き続き署名をお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

120926-01abe.jpg

 こんなにドキドキした自民党総裁選は初めてでした。・゚・(ノД`)・゚・。

 午後1時過ぎにテレビをつけたら、党員票(地方票)がすでに発表されてました。
   石破 166
   安倍 87
   石原 37
   町村 7
   林  3


 石破さんが過半数超え。55%あまりを獲得。
 うーん、微妙……(^_^;

 で、議員票・党員票合わせた得票数がこれ。

   石破 199
   安倍 141
   石原 96
   町村 34
   林  27


 過半数を獲得した候補者がいないため、決選投票へ。

 結果はこうです(無効票1票)。
 
   安倍 108
   石破 89


120926-02abe.jpg

 安倍新総裁キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

 でも石破さん、善戦しましたね。

 決選投票で安倍・石破の戦いになった場合、安倍さんがかなりリードして選出される構図が事前に予測されてましたから。

 やはり党員票で石破さんがかなりの票を獲得したので、それを無視できなかった議員が多くいたということなのでしょう。

 保守派の中には石破さんを評価する向きもあったようです。

 が、この人はよく見たらおかしな点がたくさんあります。
 特に、国家観、歴史観が危ういのです。

 靖国参拝や河野談話見直しに慎重。

 人権救済機関設置法案についても、安倍さんはじめ他の全候補が明確に反対を示した中、石破さんだけは「民主党案には反対だが、なんらかの人権保護措置は必要」。

 それどころか、拙エントリー9/8付:民主・自民の代表選や大阪維新国政進出など最近の政局についてでも紹介したように、大東亜戦争を侵略戦争と捉えているし、「南京大虐殺」はあったと言ってるし、「日本は中国に謝罪すべき」とまで言っている。

 その他諸々、「まさか、右翼と呼ばないで!」さまのまとめをご参照ください。
 ちなみに、下の画像は産経新聞のまとめ。

120926-03seisaku.jpg

 そんなこんなで、新総裁に選ばれたのが安倍さんで本当に良かった!と私は思っています。

 しかし、勝利の美酒に酔っている時間はありません。
 これからが大変です。

 「安倍の葬式はうちで出す」
 (安倍内閣当時の某朝日新聞幹部)


 「安倍を叩くのは社是」
 (朝日新聞の論説主幹(当時)若宮啓文)


 とまで言った朝日新聞をはじめ、霞ヶ関、日教組その他諸々、「戦後レジーム」を終わらせたくない勢力が、またぞろ安倍さんを全力で潰しにかかってくるのは必至です。

 マスコミによる安倍さん叩きがこれからまたドドッと始まるでしょう。

 ていうか、もう始まってますよね。

 総裁選の間、マスコミは安倍さんについて、「1年で政権を投げ出した」「病気は大丈夫か」というマイナス面ばかりを強調していました。

 特にテレビの情報番組やワイドショーは酷かった。

 例えば、関西ローカルの9月22日放送「たかじん胸いっぱい」では、松尾貴史氏や北野誠氏が、安倍さんの物まねをして笑いを取ってました。
 あまりにも馬鹿にしてたので、局に苦情の電話入れたろかと思ったぐらいでした(-.-#)

 とにかく、教育基本法改正とか防衛庁の省昇格とか、安倍さんの実績に触れた番組は、私の見た範囲においては皆無に近かった。

 そんな中、9月25日放送「ミヤネ屋」では、小泉元総理の秘書官だった飯島勲さんが出演、安倍さんの実績を紹介して「わずか1年でこれだけのことをやった。政策で判断すべきだ」みたいに言ってくれたんです。
 なのに、司会の宮根氏が「はい。さぁ、そして…」とあっさり次に流してしまったという…(-.-#)

 投開票前からマスコミが、安倍さんに対してこんな扱いをしていたことを忘れてはいけません。

 そして来たるべき解散総選挙を見据えて、私たちも安倍さんを支える覚悟をしなければなりません。

 拙エントリー9/17付:「約束の日-安倍晋三試論」安倍政権のあの叩かれ方は何だったのか?で紹介した、小川榮太郎さんの著書「約束の日-安倍晋三試論」から再度引用しておきます。
(前回は「中略」を挟みましたが今回は「中略」なしで)

【もし、安倍が、自分の語りかけた未完の物語を本当に語り直す決意をした時、もう一度、あの命懸けの激しい政治闘争の「濁流」に飛び込む覚悟を決めた時、心ある日本人の誰が傍観していられるだろう。

 各々、自分の何か大切なものを差し出しもせずに、安倍に向かって、あの激烈な戦いを再び戦えなどと注文することができようか。

 安倍にしても、あの苦杯を共に干してでも日本の明日を生み出そうという覚悟を持った、心ある人々の存在を信じなければ、何のために再びあの戦いを戦えるだろう。

 「日本」は、それを大切に思う者の心の中にある。

 前内閣での安倍の戦いも、本来、そのために行われたはずだ。あれは、本当に巨大な戦いのための、いわばリハーサルだったのだ。

 次の安倍政権は、安倍の戦いではなく、心ある全日本人の戦いでなければならぬ。

 各々が、安倍の戦いの障害をそれぞれの立場で取り除き、前回、安倍とそのチームだけでは完遂できなかった「戦後レジームからの脱却」を実現せねばならぬ。

 それは最早、永田町の中だけの政治劇ではない。安倍が、最初の所信表明で率直に呼びかけたように、「新しい国創りに共にチャレンジしたいと願うすべての国民」一人ひとりの「物語」、日本人一人ひとりの気付きを通じての、新たな国生みの「物語」の始まりなのだ。

(p.209-210)】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて、今日はこのあと、水曜「アンカー」。
 青山繁晴さん登場です。

 新聞のテレビ欄によると、“ニュースDEズバリ”コーナーでは中国がテーマのようです。

 文字起こしはいつもどおり、木曜未明にUPする予定です。
 お楽しみに(^.^)/~~~


竹島プロジェクト style=

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto

☆ブータン「ワンデュ・ポダン・ゾン」火災への寄附(お見舞金)をよろしくお願いします。詳細はこちらを。動画もあります→YouTubeニコニコ動画

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328-2.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1110-a03ed4f2

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索