ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

竹島侵入・陛下侮辱・親書返送…李大統領はあといくつ線を越えるの?

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

東京都に続き、石垣市も尖閣寄附金受付中!
★自作バナーはこちら→東京都用石垣市用
03IshigakiBearSmall.jpg

☆ブータン「ワンデュ・ポダン・ゾン」火災への寄附(お見舞金)もよろしくお願いします。詳細はこちらを。動画もあります→YouTubeニコニコ動画
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

120824-01ri.jpg

 竹島不法上陸で一線を越え、
 天皇陛下への謝罪要求発言で二線目を越え、
 さらには親書返送で三線目を越え……。

 ほんと何なんでしょうね、この人&この国は(T_T)

 李昭博大統領が竹島に不法上陸してから2週間。
 韓国の酷さがこんな長きに渡って連日報道されたことは、日本ではかつてなかったように思います。
 ここ数日は、特に親書返送問題で騒然としましたね。
 親書が来ても「無視」するってやり方は時々聞きますが、「返送」ってのはほとんど聞いたことがありません。

 しかも返送の理由が、また子供っぽいというか何というか。

【親書返送】李大統領「行ったのは独島だ」「日本側が事実誤認」返却決める(産経新聞2012.8.23 23:41)
 【ソウル=加藤達也】韓国大統領府高官は23日、野田佳彦首相の親書に「島根県の竹島」と記載されているのを見た李明博大統領が「これはどこだ。私は竹島などへ行ってはいない。行ったのは独島(ドクト)だ」と述べていたことを明らかにした。韓国側はこの大統領の発言で日本側が「事実を誤認している」として親書の返却を決めたとしている。
 また同高官は、日本統治からの解放を祝う8月15日の1カ月前、李大統領が申(シン)●(=王へんに玉)(ガク)秀(ス)駐日韓国大使を呼び慰安婦問題に関する日本政府の取り組み姿勢の報告を受けていたことも明らかにし、この報告が、李大統領が竹島上陸を決断する要因となったとの認識も示した。
 高官によると、申大使が「日本側は問題解決に前向きでなく解決できる人物もいない」と報告すると、李大統領は失望した様子だったという。

 「ボクが行ったのは竹島じゃないもん!独島だもん!」って、子供の屁理屈としか思えませんわ(^_^;

 他に返送の理由として、韓国側は、「回答すれば、日本側が両国首脳間で竹島問題について議論された先例として利用しかねない」「日本が竹島を紛争地域化しようとする意図に利用される可能性がある」と言っているようです。

 あのー、そんな理由でいちいち他国の親書を突き返してたらどうなるんでしょうか?
 他国との交渉の中で、自国の考えとは相容れないことを向こうが言ってくるなんてことはしょっちゅうだと思うんですが。

 それに「回答すれば……日本側が利用しかねない」って言うけど、だったら回答せずに無視すればいいだけのことでしょう。

 あと、慰安婦問題に関する報告が竹島上陸を決断する要因となったというのは、たぶん口実でしょうね。

 でも、これは野田首相の過去の対応にも問題があったと思います。

 というのも、昨年12月の日韓首脳会談で、慰安婦問題を持ち出してきた李大統領に対し、野田首相はこう述べているからです。

 「わが国の法的立場は決着済みということを、まず申し上げた。一方で、人道的な見地から、これまでもさまざまな努力をしてきたし、これからも知恵を絞っていこうと話した」(会談後に野田首相本人が記者団に述べた内容)

 そりゃあーた、こんなこと言われたら、向こうは都合良く「まだ交渉の余地あり」って解釈しますよ。

120824-02shunou.jpg

【画像は首相官邸サイトより。2011年12月18日の日韓首脳会談】

 話を親書返送に戻すと、産経新聞ソウル支局長・黒田勝弘さんの解説(産経新聞2012.8.23 18:34)によれば、実は韓国(朝鮮)は李朝時代に同じようなことを何度かやっているそうです。

 例えば明治初期には、日本が新政府発足を伝えるため朝鮮朝廷に国書を送りましたが、その中に「皇」の文字があったため、「王の国が皇を使うとは何だ、無礼だ」と突き返されたそうです。

 ちなみに韓国では今もマスコミも含め一般的には「天皇」を嫌って「日王」と呼んでいます。これは世界で韓国だけだそうです。

 韓国政府は公式には「天皇」としていますが、李大統領は今回、天皇陛下謝罪要求の発言では「日王」と言っています。

 このことは、日本のメディアではほとんど報道されてませんね。
 特にテレビでは、天皇陛下謝罪要求発言が何度も何度も放送されていますが、翻訳字幕はどの局も「日王(天皇)」ではなく「天皇」です。

 あ、そうそう、「日王」呼称に関しては、拙ブログで最近こんなエントリーをUPしてますので未読の方はどうぞ。
 黒田勝弘さんの記事の起こしです。

12/5/14付:『天皇』を『日王』と呼ぶ韓国メディア「諸君!」06年4月号

 UPしたのは今年5月ですが、元ネタは盧武鉉政権時代の2006年です。

 中国の「主席」や台湾の「総統」は相手の呼称を尊重しそのまま使っているのに、日本だけ「日王」とはこれいかに!(-.-#)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて、最近私はパソコンを新しくしたことで、これまで閲覧できなかったサイトも閲覧できるようになりました(^^)

 韓国の新聞(日本語版)なんかも少し見てみたんですが、もうめちゃくちゃ書いてますね。
 「笑韓」って言葉が一時期流行りましたが、それを思い出しました。

 例えば、中央日報にはこんなことが書いてあります。

【時論】野田首相の親書に罠あり=韓国(1)(中央日報2012年08月23日09時05分)
 野田首相はこの書簡を発送しながら、いくつかの効果を狙ったはずだ。まず独島に関する日本の主張の相手を過去のような実務レベルではなく、一挙に大統領レベルに高めたということだ。

 あのー、そもそも竹島問題を一挙に大統領レベルに高めたのは、そちらなんですけど?!(^◇^;)

 李大統領が竹島に不法上陸していなければ、こんな騒ぎにはならなかったんですよ。
 あなた方のほうがよーく分かっているのでは?

 中央日報はその2日前、コラムでこんなことも書いてます。

【コラム】対日本戦略を見直そう(1)(中央日報2012年08月21日16時49分)
 李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島(ドクト、日本名・竹島)訪問、そして天皇に対する発言が続くと、日本は今、蜂の巣を突付いたような雰囲気だ。 李大統領のこうした行動と発言への日本の対応を見ると、「やはり器が小さい島国」という印象を否めない。 韓日自由貿易協定(FTA)を先送りし、通貨スワップの中断を検討する姿を見ながら感じたことだ。

 日本は確かに島国ですよ。でも、器が小さいですか?

 韓国に対して、これまで日本は器の大きなところをたくさん見せてきましたけどね。特に経済面。

 てか、韓国経済がここまで発展できたきっかけは、日本からの経済支援ですよ。

 1965年の国交正常化に伴い、日本は韓国への経済支援を始めました。

 当時は、北朝鮮との動乱で疲弊しきった韓国に経済支援をしようとする国など、他にありませんでした。
 (当時アメリカは韓国に軍事支援はしていましたが、経済支援はしていなかったそうです) 

120824-03enjo.jpg

【画像は銀色の侍魂さまより拝借。2010年5月24日放送「TVタックル」の一場面】

 日本が韓国に行ったのは、無償3億ドル、有償2億ドル、民間借款3億ドルの供与及び融資です。

 当時の韓国の国家予算は3.5億ドル、日本の外貨準備額は18億ドル程度ですから、すごい額の支援だということが分かります。

 実はこの時、日本では、韓国に経済支援をすることは「朴正煕大統領による軍部独裁政権に協力することになる」として、反対する意見もありました。

 また、産業界でも、韓国が経済発展して安価な製品が大量に日本に輸出されると、ブーメラン現象を起こしかねないと、まことしやかに言われていたそうです。

 が、それでも日本は韓国への経済支援に踏み切ったのです。

 日本からの経済支援は、製鉄所や石油精製設備など韓国の基幹産業の育成に貢献しました。

 インフラ関連では、韓国初の地下鉄であるソウル一号線の建設や、ソウル-釜山間の高速道路が日本の援助で建設されました。発電所や変電設備の建設にも使われています。

 これらの建設工事のおかげで、農業以外にこれといった職場のない多くの韓国国民に雇用を生み出しました。
 今まで食うや食わずでいた彼らに働く場が提供されたのです。

 国民生活が安定することで、当然、政治の安定にもつながりました。

 こんなふうに、日本は国交正常化以降、韓国に対して可能な限り手を差し伸べてきたんですけどねぇ。

 なのに、こんなふうに恩を仇で返すようなこと平気でやられてはね(T_T)

 ちなみに、安住財務大臣は24日午前、閣議後の会見で、5月に合意していた韓国国債の購入についても、「まだ何も決めていない。少し様子を見たい」と述べました。

 民主党にありがちな「言うだけ」で終わる可能性も高そうですが、たとえ言うだけでも、韓国経済にはそれなりに打撃を与えるのではないでしょうか?

 ところで、中央日報はこういうことも言ってます。

支持率最悪の野田首相、外交で賭け…書簡返送と受け取り拒否(中央日報2012年08月24日08時28分)
 日本の強硬対応は来月21日の民主党代表選挙、10月予定の衆議院総選挙を念頭に置いた戦略的な布石という側面もある。首相就任後、最も低い支持率(19%、時事通信の17日調査)に苦しむ野田首相としては、難局を打開する新たな動力が必要だ。

 「支持率最悪」につき「外交で賭け」って、李大統領も人のこと言えないでしょ(^_^;

 確かに野田首相としては、ここでポイント稼ぎたいって気持ちは大いにあるでしょうけどね。だって他にポイント稼げそうな事案もないし。

 25日午後6時から行われた記者会見など見てると、特にそう感じました。

120824-04kaiken.jpg

【画像は2ちゃんねるからの拾い物。テレビ東京系は通常運転(^_^;】

 領土に関することで日本の首相が記者会見を行ったことは異例だそうです。
 内容も竹島・尖閣の歴史的経緯を具体的に説明していたので、野田首相の思惑がどうあれ、会見そのものは私は評価します。

平成24年8月24日 野田内閣総理大臣記者会見(首相官邸サイト)

 同じく25日は、衆院で以下の2つの決議も採択されました。

・李明博韓国大統領の竹島上陸と天皇陛下に関する発言に抗議する決議
・香港の民間活動家らによる尖閣諸島不法上陸に関する決議

竹島・尖閣をめぐる衆院決議の全文(時事2012/08/24-11:47)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 韓国は竹島を自国領だと主張する時、必ず歴史を絡めてくるんですよね。

 再び、中央日報から。

【時論】野田首相の親書に罠あり=韓国(1)(中央日報2012年08月23日09時05分)
 果たして独島は日本が自国の領土と強弁する根拠が少しでもあるところなのか。1954年に日本側が国際司法裁判所(ICJ)提訴を最初に提案した際、卞栄泰(ビョン・ヨンテ)第3代外務部長官が雄弁したように、独島は日帝が大韓帝国侵略の過程で最初の犠牲物としたところだ。日本が日露戦争遂行を目的に韓国領土を自由に利用するため、1904年2月に韓日議定書を締結したのに続き、同年8月には第1次韓日協約を強要し、さらに1905年2月に大韓帝国の領土の独島を不法的に編入する措置を取ったのは、誰もがよく知っている歴史的事実だ。このように独島は領土問題ではなく歴史問題に属する。韓国が光復(解放)67年を迎え、改めて独立の意義を再確認しているこの時期に、独島が韓国領土であることを日本が否認するのは、韓半島侵略を正当化し、韓国の独立と主権を否定する行為にほかならない。

 竹島については、日本も韓国も「こちらが先に存在を知ったから、こちらの固有の領土」と主張しています。

 古文書、古地図などの資料を出して解説し始めるとちょっとキリがなくなるので、今回はパスします(解説しているサイトがたくさんあるのでそちらをご覧下さい)。

 が、少なくとも江戸時代、日本の島根県民は、竹島を拠点として漁をしていました。

 もちろんこの当時、日本は鎖国をしていました。
 幕府が竹島を外国だと認識していたのであれば、竹島に対する渡海を禁じていたはずですが、そのような措置はなされませんでした。

120824-05asika.gif

【画像は山陰中央新報社より。明治期の竹島でのアシカ漁】

 1905年に日本政府は竹島を島根県に編入しましたが、これは合法的に行われたものです。
 当時の大韓帝国も抗議をしていません。

 韓国側は「編入の通達がなかったから無効だ」と主張していますが、国際法的に編入した日本にはそもそも通告の義務はありません。

 竹島の領有権について日韓が争うきっかけとなったのは、1952年1月、韓国側が公海上に突如、李承晩ラインと言われる軍事境界線を引いたことです。

 このラインを引くことで、韓国は竹島を強制的に自国側の海域に入れました。そして日本の漁船を武力で締め出したのです。
 (ちなみに李承晩は竹島だけでなく、対馬も韓国領として日本に「返還」を要求しています。1949年のことです) 

120815-08rishou.jpg

【画像は8月15日放送「アンカー」より】

 李承晩ラインを引く前年の1951年、実は韓国政府はアメリカ政府に対して「竹島は韓国のものだと認めてほしい」旨の要求を書簡で行っていました。

 そして同年8月、回答がアメリカ側から韓国側に送られてきました。ラスク書簡と呼ばれるものです。
 その中身はこうでした。

 【・・・合衆国政府は、1945年8月9日の日本によるポツダム宣言受諾が同宣言で取り扱われた地域に対する日本の正式ないし最終的な主権放棄を構成するという理論を(サンフランシスコ平和)条約がとるべきだとは思わない。ドク島、または竹島ないしリアンクール岩として知られる島に関しては、この通常無人である岩島は、我々の情報によれば朝鮮の一部として取り扱われたことが決してなく、1905年頃から日本の島根県隠岐島支庁の管轄下にある。この島は、かつて朝鮮によって領有権の主張がなされたとは見られない。・・・・(外務省サイトより)】

 サンフランシスコ講和条約で「日本は戦争で得た領土は放棄して下さいね」となりましたが、そこには竹島は含まれていませんでした。
 なぜなら、竹島は日本が戦争で得たものではなく、もともと日本の領土だったからです。

 同年9月、サンフランシスコ講和条約が調印され、翌1952年4月に発効されるわけですが、その隙間をぬって、1952年1月に李承晩ラインが一方的に引かれてしまったという流れです。

 要するに、韓国は卑怯にも、日本が敗戦で主権を失って対抗手段を持たない時に、竹島を自分のものにしてしまったのです。

 ちなみに、李承晩ラインが廃止されたのは、1965年の日韓漁業協定の成立時でした。

 これが成立するまでの13年間に、韓国が拿捕した日本の船舶は328隻、抑留された日本人は3929人、死傷者は44人に上っています。

 まとめると、日本がサンフランシスコ講和条約の発効により独立した際、竹島は日本領土とされたのであり、韓国の自国領という主張は、アメリカをはじめ国際社会から認められなかったというのが事実です。

 韓国側は「竹島は戦後、連合軍に返還された」と主張しているようですが、領土の帰属の決定権は軍隊にはありません。
 サンフランシスコ講和条約が何よりも優先されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 親書の話に戻りますが、韓国側が返送しようとしたのを日本側も受け取り拒否したというのは(その後書留で送られてきたものを受け取りましたが)、子供の対応にこちらも子供の対応をしてしまったようで、ちょっとどうかとは思いました。

 が、もうこうなったらとことんやったらいいと思います。
 もちろん戦争に発展しない範囲で、ですが。

 これまで日本は韓国に遠慮するばかりで、正当な要求とかあまりしてこなかったでしょ。
 言うべきことはきちんと言う日本に生まれ変わる良い機会です。

 例えば、元駐タイ大使の岡崎元彦さんは、「年に1回ぐらいずつ国際司法裁判所に訴え続けるといい」と述べています。

 日本が定期的に抗議しないでいると、韓国による国際法上の時効取得という既成事実ができてしまうからで、それを中断させるためにも、そうすべきだという話です(産経新聞2012/08/24 10:56)。

 大切なのは、日本政府が竹島問題を国際社会にアピールし続けること。
 同時に、日本国民全体が竹島問題に関心を持ち続けること。

 とにかく竹島問題が前に進んでほしい。島根の方々のためにも。
 それは全国民共通の願いでしょう。

 それにしても、テレビはほんまアカンわ(×_×)

 特に私が腹が立つのは、テレビでキャスターやコメンテーターが「冷静に冷静に」と繰り返していること。

 彼らが言う「冷静に」は、「これ以上けんかせずに落としどころを探れ」とほぼイコールのようですが、せっかく動き始めたこの問題を中途半端に終わらせてはいけないのです。

 これは竹島だけでなく尖閣諸島にも言えることですが、日本がこれまで中韓に配慮しすぎて明確な態度を示してこなかったから、ここまで事態がエスカレートしたのだということを、政治家や官僚だけでなく、メディアも大いに反省すべきだと思います。

 ところが、みのもんた氏などは8月24日放送「朝ズバッ!」で、 「日本人と韓国人は、姿、形、顔、イメージ的に少しも変わらないんだから、うまくいくと信じてる!」と言ってました。

 こんな認識の人が堂々としゃべってるうちは、やっぱりテレビはアカンって!(-.-#)


※今回参考にさせていただいた資料
島根県>Web竹島問題研究所
外務省>竹島問題
・「諸君!」2006年4月号:永久保存版〈歴史講座〉【もし韓国(盧武鉉)・北朝鮮(金正日)にああ言われたらこう言い返せ】より「韓国の高度成長は自力で達成した」と言われたら/韓国三井物産顧問・百瀬格

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※今こそ世界に広めるチャンス!動画拡散にご協力を!
・韓国人にとって特別な二つの場所 2012
 http://www.youtube.com/watch?v=Mt-KIdvvUQs
 英語版
 http://www.youtube.com/watch?v=k3_H5YFm5lU
 韓国語版
 http://www.youtube.com/watch?v=KYskPrhEB-s

120811-06youtu.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※意見送付先(2ちゃんねるよりコピペさせて頂きました)
◆twitter 議員まとめサイト
 http://politter.com/chiefs/
◆首相官邸
 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
◆官公庁へのメッセージ送付
 http://www.e-gov.go.jp/(右下のe-Govご意見箱)
◆民主党
 http://www.dpj.or.jp/contact/contact
◆自民党
 https://ssl.jimin.jp/m/contact
◆公明党
 http://www.komei.or.jp/more/twitter/
◆みんなの党
 https://www.your-party.jp/contact/mail.cgi
◆たちあがれ日本
 https://www.tachiagare.jp/contact.php
◆国民新党
 http://kokumin.or.jp/index.php/pages/contact_us
◆共産党
 http://www.jcp.or.jp/web_info/mail.html
◆社民党
 http://www5.sdp.or.jp/central/inq/inq.htm
◆大阪維新の会
 https://www.oneosaka.jp/contact/
◆日本創新党
 https://secure01.red.shared-server.net/www.nippon-soushin.jp/information/contact.php

  解散総選挙も近いですから、各党への意見送付だけでなく、あなたの地元選挙区の現職代議士あるいは立候補が予定される人に直接意見するのも効果的です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※拙ブログ関連エントリー(竹島関連)
07/1/7付:【過去】竹島問題TV起こし
 下記起こしを一挙掲載。
  05/4/26放送「ムーブ!」勝谷誠彦さんの鳥取県レポート
  05/5/30放送「ムーブ!」勝谷誠彦さんの竹島観光ツアーレポート
  06/4/21放送「ワイスク」勝谷誠彦さんがスタジオでGJ
  06/5/8放送「TVタックル」福岡政行以外GJ
  06/5/15放送「TVタックル」青山繁晴さんが朴一を撃破
07/3/13付:産経/竹島特集「波頭を越えて」
07/5/19付:産経/竹島特集「波頭を越えて」第2部(1)~(3)
07/5/21付:産経/竹島特集「波頭を越えて」第2部(4)~グラフ
07/10/6付:産経/竹島特集「波頭を越えて」第3部
11/7/30付:自民議員の鬱陵島視察を韓国が阻止の構え(付:フジの韓流がひどい件)
11/8/2付:韓国入国拒否で佐藤正久議員が実況ツイート(付:人権法案緊急告知)
12/8/10付:韓国大統領が竹島「上陸」(不法入国)
12/8/12付:五輪憲章違反の「独島は我が領土」アピールにIOC動く&韓国大統領不法上陸で日本が国際司法裁判所に提訴検討
12/8/16付:「アンカー」竹島侵略は韓国が日本と戦争をしたふりをしたことから始まった!日本が今すぐやるべきことは?
12/8/23付:「アンカー」尖閣・竹島・北方領土…コロンブスの卵!私たちにできること

竹島プロジェクト style=

1208-99fafa.jpg
「お気楽くっくり」更新済
 ファーファ写真集!!

senkaku10girlL.jpg

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328-1.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1095-a6925ba6

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索