ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

安倍内閣は今がまさに正念場?

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。トラバは受け付けていますが、コメントは本館へお願いします。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 細切れぼやきは、「自称元慰安婦が参院院内集会で」「在日高齢者無年金訴訟」「多事争論」「皇太子殿下お誕生日」など。


 まずは表題の件。
 今日珍しくまとまった時間ができたので、ネットを巡回、普段行ったことのないブログさんも訪問してみました。

 で、「カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの虚業日記」さんでこのような記述を見つけたんですが……。

2007-02-22
■[安倍晋三]安倍内閣支持率6%、不支持率90%

 「リアヨロ」では現在、有効票6501で、安倍内閣支持率6%、不支持率90%である。
 http://www.yoronchousa.net/result/1978

 痴呆で低能で下痢腹のクセに祖父の黒い人脈の恩恵だけで総理になったバカ坊ちゃまへの支持率は、この辺が妥当なところだろうと思われる。

 支持率6%!ひゃ〜!(^◇^;)
 http://www.yoronchousa.net/result/1978へのリンクは、反体制系、反安倍系ブログを中心に貼られているようなので(少なくとも保守系ブログで一度も見たことない)、このような結果になるのは当然と言えば当然なのかもしれませんが。

 ちなみに、拙ブログで安倍内閣発足から約1ヶ月後にアンケートとった時は、こういう結果でした(その節は皆様ご協力ありがとうございました)。
Q:安倍内閣を支持しますか?

[投票期間]
 2006/10/22 〜 2006/11/05

[投票数]
 2110票

[投票結果]
 支持する……(1489票/71.0%)
 どちらかと言えば支持する……(407票/19.3%)
 どちらとも言えない……(66票/3.1%)
 どちらかと言えば支持しない…… (31票/1.5%)
 支持しない……(117票/5.5%)

 ※不正投票を差し引いた数

 詳細は以下のエントリーをご覧下さい。

06/11/5:【アンケート】「安倍内閣を支持しますか?」結果と全コメント

 このアンケートをとったのは、安倍さんが河野談話、村山談話を政府として踏襲すると述べた後です。
 安倍さんが国会でこれらの発言をしたのは10月初めですが、当時、保守層から大いに失意の声が上がっていました。
 それでも「支持する」「どちらかと言えば支持する」が合わせて90%という結果は、うちの読者層(これらの談話を許せないと考える人が大多数)を考えればかなり高い数字のような気がします。

 現時点でアンケートとったらどうなるでしょうね。
 おそらく「支持する」という人はかなり減るでしょうが、それでも「支持する」が「支持しない」を下回ってしまうことはないと私は考えます。
 (でも、もうウチではアンケートはやりません。管理が大変だから(T^T))


 それはそうと、マスコミの最近の世論調査では安倍内閣支持率ってどんな感じなんでしょう?何だか各社けっこう差があるような印象なんですが。

 マスコミの調査も質問が恣意的だったりして、決して全幅の信頼を置けるわけではありませんが、それでもネット上の投票よりは偏り度が少ないと思いますので、この際、ちょっと調べてみました(2月以降実施分に限定)。

安倍内閣 不支持が44% 全国世論調査で初の逆転(中日新聞=共同通信2/5)
 共同通信社が3、4両日に実施した全国電話世論調査で、安倍内閣の支持率は40・3%となり、前回調査(1月12、13両日)から4・7ポイント落ちた。不支持率は5・2ポイント増え44・1%と、昨年9月の政権発足以来初めて支持率を上回った。支持率は一貫して下落を続けており、安倍晋三首相の求心力低下があらためて浮き彫りになった形だ。
 女性を「産む機械」に例えた柳沢伯夫厚生労働相が「辞任すべきだと思う」と答えた人は58・7%。柳沢氏や久間章生防衛相の米国批判など閣僚の問題発言に首相が「適切に対応しているとは思わない」とした人は74・7%で、これらの問題が内閣支持率低下に拍車を掛けていることをうかがわせた。
 今の政治について「信頼している」が4・5%、「ある程度信頼している」29・0%だったのに対して、「信頼していない」は23・3%、「あまり信頼していない」42・5%だった。政党支持率をみても「支持政党なし」の無党派層が39・8%と前回から9・5ポイント増え、政治、政党不信の高まりが鮮明となった。
 就任後4カ月余りが過ぎた安倍首相の指導力に関し「期待通り」や「期待以上」との回答は計18・2%。「期待外れ」が42・8%、「初めから期待していない」が34・5%だった。
 内閣不支持の理由で最も多かったのは「首相に指導力がない」(30・4%)で、前回から8・5ポイント上昇し、引き続きトップ。柳沢氏の進退に関する回答のうち「辞任する必要はないと思う」は20・2%、「どちらともいえない」も20・8%あった。
 <調査の方法> 全国の有権者を対象に3、4両日、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施した。実際に有権者がいる世帯にかかったのは1486件、うち1053人から回答を得た。

民主支持率、自民を逆転 内閣支持も下落 フジ世論調査(産経新聞2/12)
 フジテレビ「報道2001」が11日発表した世論調査で、民主党の支持率が20.4%と、自民党(19.6%)を0.8ポイント上回った。民主党の支持率が自民党を逆転したのは小沢一郎代表就任直後の昨年5月以来。自民党の支持率が20%を切ったのは平成17年3月以来で、安倍内閣の支持急落が党にも及んだ格好だ。
 内閣支持率は36.4%で、安倍内閣発足後最低を更新。不支持は支持より15.8ポイント多い52.2%と半数を超えた。
 ただ、民主党の支持率は安倍政権発足後、10%台後半から20%台前半で推移している。今回の支持率も突出したものではなく、従来の自民党支持層を民主党が吸収しているとはいえないようだ。
(2007/02/12 19:37)

内閣支持率37%、不支持40%と逆転 本社世論調査(朝日新聞2/19)
2007年02月19日22時14分
 朝日新聞社が17、18の両日実施した全国世論調査(電話)によると、安倍内閣の支持率は37%不支持率は40%で、支持と不支持が初めて逆転した。就任以来の首相の仕事ぶりを「期待外れだ」とする見方が4割近くにのぼり、今国会の焦点である格差問題への取り組みを「評価しない」は半数を超えた。自民支持率も29%と1年10カ月ぶりに3割を切っており、内閣からも、自民からも離反しつつある有権者の姿が浮かぶ。
 支持率63%の高人気で発足した安倍内閣だが、その後、支持の低下が止まらず、発足5カ月で不支持が支持を上回った。
 支持は女性(39%)が男性(36%)を上回る傾向が続くが、今回、女性の支持が初めて40%を切った。1月の前回調査と同様、20〜50代の各年代で不支持が支持を上回っているが、今回は、60代の支持が前回の49%から38%に下がり、不支持(36%)と伯仲したのが特徴だ。
 支持低落の背景には、期待外れ感がありそうだ。これまでの仕事ぶりをどう思うかと聞いたところ、「期待外れだ」が37%で最も多く、「もともと期待していない」32%、「期待通りだ」25%、「期待以上だ」1%だった。
 政策面の不満も強い。与野党が対立する格差問題をめぐり、首相は「再チャレンジ」支援や「成長力底上げ」戦略を打ち出しているが、こうした取り組みを「評価する」は21%にとどまり、「評価しない」は54%だった。自民支持層でも「評価する」38%と「評価しない」36%で見方が二分した。
 北朝鮮の核問題に関する6者協議で、北朝鮮へのエネルギー支援が決まったことについては、「評価しない」が56%、「評価する」が31%と否定的な見方が強かった。
 対照的に、拉致問題が前進しなければ、日本は北朝鮮へのエネルギー支援をしないと明言する安倍首相の姿勢は「評価する」が81%と大勢を占めた。内閣支持層では88%、不支持層でも78%が「評価する」と答えた。不人気に悩む首相だが、拉致重視の姿勢は支持されているようだ。
 自民支持率は29%と前回の32%から低下。民主支持率も13%と前回の16%から下がった。無党派層は前回の45%から51%に増えた。自民支持率の30%割れは郵政民営化で党内が分裂していた05年4月以来。無党派層が半数を超えたのもその時以来で、夏の参院選を前に政党離れが目立つ。
 〈調査方法〉 17、18の両日、全国の有権者を対象に「朝日RDD」方式で電話調査をした。対象者の選び方は無作為3段抽出法。有効回答は1940人。回答率は60%。

安倍内閣支持率、4か月連続下落の45・3%(読売新聞2/19)
 読売新聞社が17、18の両日実施した全国世論調査(面接方式)で、安倍内閣の支持率は45・3%と、1月調査(48・4%)より3・1ポイント減った。
 内閣発足後の昨年10月調査(70・0%)以降、4か月連続で下落した。不支持率は前月比3・8ポイント増の42・7%だった。
 支持と不支持がほぼ拮抗(きっこう)したのは、柳沢厚生労働相の「(女性は)子どもを産む機械」との失言などが相次ぎ、安倍首相の政権運営能力にも疑問を感じる国民が増えたためとみられる。
 男女別の支持率は、男性43%、女性48%で、男性は不支持(48%)が上回った。
 安倍首相が、政権運営に指導力を発揮していると思うかでは、「そうは思わない」57%が「そう思う」18%を大きく上回った。
 閣僚などの不祥事や失言への首相の対応は適切だと思うかでも、「そうは思わない」が56%だった。
(2007年2月20日1時36分 読売新聞)

 まとめると、こうなります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  共同通信(2/3-4実施)
   支持する 40.3%  支持しない 44.1%

  フジ「報道2001」(2/11発表)
   支持する 36.4%  支持しない 52.2%

  朝日新聞(2/17-18実施)
   支持する 37%   支持しない 40%

  読売新聞(2/17-18実施)
   支持する 45.3%  支持しない 42.7%
  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 やっぱりかなり差がありますね。「報道2001」は「支持しない」が5割を超えてます。
 確か「報道2001」のアンケートは首都圏でしかとってませんよね。地方はともかく首都圏では安倍内閣は人気がないということ?

 但し、じゃあ民主党の支持率が上がってるのかというとそうでもなくて、朝日の調査にも見られるようにむしろ下がってます。つまり無党派層が増えてるということですね。

 あと気づいたのは、読売調査でも朝日調査でも、男性より女性の支持率が高いこと。
 柳沢厚生労働大臣の、女性を「産む機械」に喩えた発言(最初に報道されたのは1月28日)や、「若者は結婚して子どもを2人以上持ちたいという健全な状況にいる」といういわゆる「健全」発言は、マスコミが過剰に騒いでいただけで、女性にはさほど影響を及ぼさなかったということでしょう。


 以下、「諸君!」07年3月号<闘う政治家・安倍首相の「歴史認識」を質す>より引用。
 (屋山=屋山太郎氏、八木=八木秀次氏、櫻井=櫻井よしこ氏)

八木 では「民主党」に……とはこれまたいけませんね。

櫻井 本当に、民主党はどこに向かっているのか。若手には随分と人材が育っているのに、党全体の政策は教育にしても、年金改革にしても左にウイングを広げるどころの左傾化ではないですからね。

屋山 そう、とても私なんかは追いつきません。それは恐らく保守層の有権者も同じだと思うんです。
 ただ、危険水域は安倍さんの支持率が30パーセントを切ったときでしょうね。そうなると、保守側の人間も安倍さんから離れていかざるを得ない。

八木 30パーセントを切ることはありますかねえ。

屋山 よほどのことがないかぎりはないと思います。
 世論の鍵を握るのはいわゆる「無党派」ですが、彼らは政治に無関心な一定の層を除けば大体が元自民党支持の保守層です。この層は基本的には自民党に好意的ですから、ここを失望させるような政策をとらなければ、安倍さんは少なくとも、一期三年は安泰だと思います。私だって安倍内閣を支持するかと世論調査されたら「不支持」に○をつけるかもしれないけど、選挙で投票に行ったら、今の政治状況では自民党に入れざるを得ないでしょう。

八木 そもそも安倍さんのいままでの政治姿勢は利権とは無縁な保守無党派層の支持をごっそり取れるものでした。彼の政治姿勢を端的に表現した『美しい国へ』が50万部の大ベストセラーになるんですから、彼の姿勢や理念に共感している人は多いはずなんです。

屋山 大体、支持率というのは40パーセントあれば十分で、むしろ発足時の支持率70パーセント弱はご祝儀相場だったと思うんです。ずっと支持率70パーセントを維持した内閣なんて、民主主義国家では存在しないわけですから、むしろ安倍さんの見せ場は支持率が普通に戻った「いま」なんです。ここで明確に安倍色を出せるかそうでないかが、政権にとっての大きな分水嶺でしょうね。

 支持率40パーセントを切る世論調査も出てきたのを見ますと、安倍さんにとってはまさに今が正念場なのかもしれません。
 私は基本的に安倍内閣を応援してますので、拉致問題解決や憲法改正など、今後もやるべきことを粛々とやっていっていただきたいです。


 しかし民主党も情けないですよね。
 私も今の自民党がベストだなんて全然思ってないし、ぶっちゃけ、いっぺんぐらい民主党に投票してみたいと思ってるんですが、屋山さんも指摘されてるように、結局はいつも消去法で「自民党に入れざるを得ない」状況なんですよ。

 それもこれも民主党が不甲斐ないから。安倍内閣が発足してからこれまでに、何度も何度も足元すくうチャンスはあったのに、全然ダメ。
 東京都知事選の候補者もまだ決まらないようですし。

 22日に建築家の黒川紀章氏が出馬表明しましたが、民主党は黒川氏を推薦する気はなさそうですね。
 そりゃ推薦なんかできないでしょう。都議会民主党は黒川氏と違って東京オリンピック招致に賛成してますから。

 それに黒川氏って、石原都知事に対する私怨でやってるようにしか見えないんですが……。
 黒川氏は石原氏と友人だから、石原氏の対立候補の票を割るための援護射撃ではないかって声も一部にあるようですが、そこまでやるか?と。

 菅直人、思い切って出ちゃえばいいのにね。彼が国政からいなくなったら、きっと多くの国民がスッキリすると思いますよ〜(^_^;

 

・・・・・・・・・・・細切れぼやき・・・・・・・・・・・


在日高齢者無年金訴訟の判決(NHK京都)キャッシュ
京都府内に住む在日韓国・朝鮮人のお年寄り5人が国籍を理由に年金を支給されないのは、平等を定めた憲法などに違反として、国に慰謝料を求めていた裁判で、京都地方裁判所は、きょう、「不当な取り扱いとはいえず、憲法には違反しない」として、原告の訴えを退ける判決を言い渡しました。
この裁判は、京都府内に住む在日韓国・朝鮮人のお年寄り5人が、国籍を理由に年金を支給されないのは、平等を定めた憲法や国際条約に違反するとして、国に対して、1人当たり1500万円の慰謝料を求めているものです。
原告側は、昭和34年に始まった国民年金の制度では、在日の外国人は加入出来なかっただけでなく、昭和57年に法改正で加入できるようになった際も、35歳を超える人の多くは受け取る資格がないなど、日本人に比べて不平等な取り扱いを受けたと主張しています。きょうの判決で、京都地方裁判所の山下寛裁判長は、在日外国人の社会保障に責任を持つのは、本来、日本ではなく、それぞれの国だ。年金の加入や、支給のための条件として日本国籍を持つことを定めたり、廃止した後、救済措置などを行わなかったりしたことは、国会の裁量権の範囲をはずれるものではない。不当な差別的な取り扱いとは言えず、憲法に違反しない」と述べて原告の訴えを退けました。
同様の裁判は、大阪でも起こされ、一審、二審ともに、原告の訴えを退けています。
判決の後、記者会見した原告側の伊山正和弁護士は「判決は、過去の判決の枠組みを当てはめているだけで、我々の主張に対して何も新しい判断を示していない。また、原告の人たちが歩んできた歴史的経緯についても、何ら触れられていない」と述べました。

 京都地裁GJ!(≧∇≦)
 そもそも掛け金を払わなければ年金をもらえないのは在日韓国・朝鮮人だけじゃありません。日本人だって同じです。

 ちなみに、原告側の伊山正和弁護士をググッてみたら、案の定こんなところにお名前が……。

朝鮮学校を支える会・京滋
大阪高裁 同胞障害者の控訴を棄却、「不当で恥ずかしい判決」(朝鮮新報05/11/1)


報告〜元「慰安婦」の李容洙さんを迎えて院内集会(レイバーネット2/22)
児玉です。

2月21日(水)午後、元「慰安婦」の李容洙さんを迎えて参議院院内集会がありました。 呼びかけは、「慰安婦」問題の立法解決を求める会(会長:土屋公献弁護士)。その報告を送ります。

「慰安婦」問題の立法解決を求める会の皆さんは、毎月一回水曜日11時30分から12時30分まで、国会前で、「慰安婦」問題の立法解決を求め水曜行動を行っておられます。2月21日(水)もこの行動の後、国会内で参議院院内集会が開催されました。

写真などは、http://blog.so-net.ne.jp/tamashige/

(中略)

3)2月21日、参院院内集会

 2月21日午後1時30分から参院院内集会が開かれ、「慰安婦」問題を立法で解決するようその声をあ げた。呼びかけは、「慰安婦」問題の立法解決を求める会(会長:土屋公献弁護士)。集会には、ワ シントンで証言された李容洙さんも参加され、証言の報告を行った。集会の途中で李容洙さんは外務副大臣と面会し、日本政府の謝罪を改めて求めた。岡崎トミ子、福島瑞穂、江田五月、円より子ら各議員が参加し、国会での活動を報告した。これまでに集めた立法解決を求める請願署名を議員に渡して、「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」の今国会での審議、そして成立を訴え、集会を終えた 。

集会後、参加者で手分けし、衆議院議員会館、参議院議員会館の全議員に、「戦時性的強制被害者問 題解決促進法案」の今国会での審議を要請するビラいれを行なった。

 この件については丸投げ☆☆\(^o^♪エイッ!博士の独り言さんのまとめをどうぞ。

博士の独り言さん2/23付:虚構「証言者来日」一考

 自称元慰安婦にも腹が立つけど、嘘に加担して自国を貶める議員らにはもっと腹が立つ!(-.-#)

 特に民主党(元社会党)の岡崎トミ子といえば、2003年2月、韓国で「水曜デモ」(日本大使館前で毎週水曜に行われている自称元慰安婦らによる反日デモ)に参加し、党職停止処分になったという話は皆さんもご存知かと思います(ご存知ない方はこちらを)。
 何でこんな人が未だに日本の国会議員でいられるのか不思議です。

・・・・・・・ご協力お願いします・・・・・・・
【テンプレ】慰安婦決議案 米下院議員にメールを
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


News23 多事争論(2/21)
歯車が最初の音をギィーとたてたような、一つのことが始まろうとしている日のような気がいたします。何についてかといえば、先ほどお伝えした憲法であります。
私たちの国は3つの憲法を今まで持ちました。「聖徳太子の憲法」、そして日本が近代化するときの「帝国憲法」、そして戦後の生き方をデザインした今の「平和憲法」であります。
安倍総理は、この最後の憲法が占領軍に押し付けられたものであるという事を改憲の主な理由に掲げているのですが、実は国民の側から見ますと、3つの憲法はいずれも国民が作ったものではありません。従って、本当は自分達が自分達で憲法を作れるのだとすれば、それは素晴らしいことだと思いますが、そのためには考えなければいけない事がいっぱいあります。
過去の3つの憲法を自分達の、いわばこれからの国のあり方というものを良かれ悪しかれ示した。私は憲法をよくそういう意味で松明だと言って来ました。つまり、将来目指すべきものは何なのかということは、はっきりする。それが憲法の大事な役割であります。
もし現実がこうだから、それに今の憲法が合わないからという、現実に擦り寄って、例えば先ほどのチェイニー副大統領は、「集団的自衛権を日本はそろそろ認めろ」と言っているわけですが、そういう外側の条件に合わせて自分達の生き方を決める。そういう形で憲法を変えるとすれば、何が起きるかといえば、そんな国は必ず滅びると思います。
そうではなくて、自分達がどんな松明を作るのか。その観点で、これから憲法の議論というものをきちんと始めないと大変な事になると思います。

 要約すると、「憲法9条改正したら日本は必ず滅びる」ってことですね。

 この日のNews23では国民投票法案の特集をさんざんやってたんです。学者の意見もたくさん盛り込んで。
 筑紫が「何でいま憲法を変えないといけないのかわからない」とか何とか愚痴って締めて、やれやれようやく終わったと思ったら、何と「多事争論」もこの話題。しつこい!

 「聖徳太子の憲法」はちょっと違うんじゃ……?
 それに「平和憲法」って。前から思ってたけど、何でいちいち前に「平和」ってつけたがるんやろか。
 前の2つは他国でなく日本が作ったものではありますが、確かに国民が作ったものじゃないです。だからこそ、「国民投票」なんじゃないの?

 筑紫は現実を直視したくないようですが、日本を取り巻く現状を見ると、そこには周辺諸国の脅威が存在してるわけです。
 北朝鮮は日本国民を拉致し未だ返さず、さらに日本に向けた核ミサイルを配備しつつある。中国はとっくにそれは配備済み、日本の海洋資源を盗掘し、領海侵犯を繰り返してる。韓国やロシアは日本の領土を侵略して今も不法に占拠したまま。
 その他細かい脅威を言い出したらキリがないですよね。

 なのに筑紫はそれらには一切触れず、チェイニー副大統領の発言だけを引き合いに出し、「アメリカがこう言ってるからといって、それに合わせるのはどうか」って、よう言うわ。

 筑紫が憲法を単なる飾りだと思っているならともかく、そうでないなら、「外側の条件」に合わせて「現実に擦り寄って」いかないと、それこそ「国は必ず滅びる」んじゃないですか。

 実際の話、他国は現実に合わせて改憲を繰り返してますよ。
 例えば韓国は1948年の制定以降9回、ドイツは1949年の制定以降何と51回も変えてます(2003年11月現在)。
 現実に合わせた改憲で国が滅ぶんだったら、世界のほとんどの国が滅んでるんじゃないでしょうか。

 一方で筑紫は、何十年も前に作られてもはや現状に即してない法律なんかは「変えるべき」って主張するんでしょ?

 例えば最近話題になった「前夫の子問題」はどうですか?
 「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子」という民法772条が制定された明治時代には、こんな事態が起こるとは想定されてなかったわけでしょ?
 で、実際にいまこの法律の改正や見直しについて前向きに話し合ってるわけでしょ?(ちなみに護憲派の社民党も共産党も参加してます)

 なのに憲法だけは現実と合致してなくても見直しを許さない。これってダブスタじゃないですか?


■皇太子殿下、お誕生日おめでとうございます。

皇太子さま、47歳のお誕生日 会見全文(上)
皇太子さま、47歳のお誕生日 会見全文(下)

 オーストラリアで出版された「プリンセス・マサコ」(日本語版は出版中止が決定)についても質問があったようです。
 それに対して、皇太子殿下はこのようにお答えになっています。

 「この本については、私は読んでおりませんけれども、内容については、東宮大夫(だいぶ)の方からも話を聞いておりますので、大体内容については、把握しているつもりです。ただ、このことについては政府が対応しておりますので、私からそれ以上のことを申し上げることはありません」

 おっしゃりたいことはきっと山ほどおありでしょうに……ご心中お察し申し上げます(T^T)
 雅子妃殿下の一日も早いご快復をお祈りしております。


■その他気になったニュース…コメントなしですんません

外為法違反容疑でヤマハ発動機3人逮捕…福岡、静岡両県警(読売2/23)
鹿児島県議選選挙違反事件、12人全員無罪…自白の信用性認めず(読売2/23)
北工作機関の2人を国際手配=蓮池さん夫妻拉致を指示−警察庁(時事通信2/23)
「母親の思い伝えて」=大使夫人招き「めぐみ」上映会−昭恵夫人(時事通信2/23)
毎日新聞が糸川議員の取材データ漏洩 ネットに流出(産経2/23)


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→
FC2 blogランキングへ

!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
kousitudentou.jpg
●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/106-d59af2af

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索