ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「慰安婦博物館」に寄付した日本の団体&韓国人の慰安婦への認識の変遷

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

★寄附&周知にご協力お願いします!こちらでバナーいろいろ配布中★
senkaku11girlS.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

120601-01musium.jpg

 この5月、ソウルに「戦争と女性の人権博物館」(いわゆる「慰安婦博物館」)ができたことは、拙ブログの読者様であればおそらくご存知でしょう。

 ご存知ない方のために、いちおうニュースを引用しておきますね。

「反日」の象徴2つ目…ソウルに「慰安婦」博物館が開館(産経5/5)
 【ソウル=加藤達也】日本統治時代の慰安婦に関する資料などを集めた「戦争と女性の人権博物館」がソウル市内に完成し5日、開館式が行われた。来賓の韓国の金錦来・女性家族相はあいさつで日本政府に慰安婦問題の解決を求めていくことを宣言。このほか朴元淳・ソウル市長や国会議員らも来賓として出席、在日韓国人の歌手が歌を披露したほか、日本からも市民団体などが参加した。

 元慰安婦をめぐっては昨年12月、支援団体の「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」がソウル中心部の日本大使館前に慰安婦像を建立。日本政府が抗議するなど外交問題となっているが、「博物館」が完成したことで、半年の間に首都に2つの反日の象徴が建設される異例の事態となった。

 博物館の展示室には、元慰安婦が旧日本軍から「被害」を受けたことを示すとされる資料、写真などのほか、大使館前に設置されているものと同寸大の慰安婦の像も置かれている。

 建設を主導したのは挺対協と、日本に組織された「日本建設委員会」。当初は韓国政府の金銭支援を受け、日本統治からの独立を記念する「西大門独立公園」内の一角に建てられる予定だった。

 だが、独立運動の記念団体などが「独立運動家に対する名誉毀損(きそん)だ」などとしてソウル市に敷地提供を取り消すよう要請。ソウル市が建築許可を取り消し、韓国政府も予算支援を撤回するなど紆余(うよ)曲折があった。

 上の記事には、韓国政府は金銭支援(予算支援)を撤回したとありますが、その後、建設費の一部として韓国政府が約3500万円の資金を拠出していたことが判明しました(産経5/18)。

 それに加え、展示内容にも「日本政府が全面的な責任を認めず、法的な責任を果たそうとしていない」といった看過できない記述があったため(産経5/15)、在韓日本大使館が、開館から2日後の5月7日に韓国政府に抗議しています。

 以上を踏まえた上で、ここからが本題。
 
 
 現在発売中の「WiLL」2012年7月号に、実際にこの博物館に入館した山際澄夫さんのレポート記事が載っています。
 題して【「慰安婦博物館」に突撃!】。

 この山際さんの記事をつらつら読んでいたところ、こんな記述があって驚きました。

 【建設費も35億ウォン(約3億円)のうち約3分の1は日本からの寄付なのだという。日本の寄付の呼びかけ人は、女性戦犯国際法廷で大きな役割を果たした西野瑠美子、金富子両氏らVAWW-NETジャパンの運営委員、また、中央大学の吉見義明氏、評論家の辛淑玉、歌手の李政美の各氏らが就任した。
 実際の寄付者も公開されているが、そこには在日の個人や朝鮮総連関係の団体、また大阪市職組、JR等労組、教組などが名前を連ねている】


 慰安婦問題自体が日本の反日勢力と韓国との合作なんだから、建設費の3分の1が日本からの寄付だと言われても、さほど驚きません。
 同様に、寄付の呼びかけ人にVAWW-NETとか吉見義明とか辛淑玉とかの名前があっても、今さら驚きません。

 私が驚いたのは、寄付者に「大阪市職組(職員労組)」が名を連ねていることです。Σ(゚Д゚;マジデ!?

 寄付者が公開されているということなので、「戦争と女性の人権博物館」日本建設委員会のサイトに行ってみたら、募金者一覧のファイルがありました。

 2012年3月21日現在の募金者一覧です。
 http://www.whrmuseum-jp.org/list20120320.pdf

 ↓画像をクリックすると新規画面で拡大
120601-02kifu1.jpg

 確かに「大阪市職員労働組合市税事務所支部」「大阪市労組」とあります。

 彼らの給与は私たち大阪市民の税金から出てるわけですよね。ってことはその給与の一部、すなわち税金が反日博物館に流れてしまったってことですよね。
 ケシカラン!!(-.-#)

 やや余談ですが、上の2つの労組に挟まれた「大阪市会で『慰安婦』意見書をもとめる会」についてもちょこっと。

 これは民間団体なんですが、ロビー活動の結果、大阪市議会で「日本軍「慰安婦」問題の早期解決に関する意見書」を可決させることに成功しています。
 2010年10月13日(前回の市議選で大阪維新の会が第一党になる半年前)のことです。

 この種の意見書は全国のいくつもの地方議会で可決されているので、大阪市議会だけを責めることはできませんが……。
 ちなみに賛否の内訳はこうだったそうです。

 賛成⇒公明(20)・民主(18)・共産(15)
 反対⇒自民(20)・維新(13)
 退場⇒民主(2)

 (「薔薇、または陽だまりの猫」さんより)

 ↓画像をクリックすると新規画面で拡大
120601-03kifu2.jpg

 再び募金者一覧を見ていくと、JRの労組が多数。自治労の文字も見えます。

 他にもいろんな団体が寄付してます。
 興味のある方は上のpdfファイルをご覧になって下さい。

 ていうか、「戯言」さんがこの募金者一覧をテキスト化→ジャンル分けをして下さっているので、これをご覧になった方が分かりやすいかも。
 (これまとめるのすごく大変だったと思います。お疲れ様です)


 さて、山際さんの記事には、他にも興味深い箇所が複数ありました。
 その1つ目。

 【韓国で通算30年も取材を続けている産経新聞の黒田勝弘ソウル駐在特別記者は、「韓国民も『慰安婦』問題を同情的にみる人間ばかりではない。『慰安婦』は結局は戦争に協力したのであって、独立運動に倒れた英雄と同一視はおかしいという思いもあるのではないか」という】

 最初に貼った産経の記事に、「独立運動の記念団体などが『独立運動家に対する名誉毀損だ』などとしてソウル市に(博物館への)敷地提供を取り消すよう要請」したとあったのは、こういうことだったんですね(--)(__)

 興味深い箇所、2つ目。

 【黒田氏によれば先頃、自民党の国会議員が米ニュージャージーの小都市(くっくり注:パリセイズ・パーク市。韓国系米国人が約52%を占める)を訪問して「慰安婦の碑」に抗議した時、韓国メディアは日本と違って「慰安婦は強制ではなく売春婦だ」との自民党議員の発言を大きく報じたという。
 「そのことが、結果的に政治宣伝ばかりで歴史を知らない親北反日勢力に歴史を正しく教える意味があったと評価する声もある」
 韓国人も、歴史に目を覆う人だけではないということかもしれない。実際に、慰安婦博物館で私の通訳を務めてくれた日本文学の研究者を志望する若い女性は、「母と話したが、恥ずかしいことだといっていた」と語っていた】


 慰安婦問題が表に出始めた頃(朝日新聞が記事にして火を着けた頃)、「慰安婦=売春婦=恥」と考える韓国人が大勢いたのは確かです。

 このことに関連して、「WiLL」2012年4月号に、山際さんも名前を出されている黒田勝弘さんの【慰安婦を「国民代表」にする国】と題された論説がありましたので、お次はここから紹介させて下さい。

120601-04ianfuzou.jpg

 主に、昨年12月にソウルの日本大使館前に建てられた「慰安婦像」について批判した論説なんですが、この中で黒田さんは、ある韓国紙の社説からこんな一節を紹介しています。

 われわれが日本に国を奪われ自国民の安全を守れなかった道徳的、政治的責任は、それを蹂躙した彼らの犯罪とは別途の問題としてわれわれ自身にあるという観点も必要だ。
 従軍慰安婦問題はその性格からも愉快なことではない。
 日本政府の謝罪をきっかけに補償はわれわれが引き受け、この“恥ずべき過去”の扉はもう閉じてはどうだろうか。

 これがいつ書かれたものか、皆さんはお分かりになりますか?

 これは朝鮮日報の1993年8月5日付社説です。
 そう、河野官房長官談話が出されたことを受けて書かれたものなんです。

 この頃まではまだ、相当数の韓国人が「慰安婦=恥ずべき過去」という認識を持っていたことが分かります。

 そして現在も一部の、特にある程度年齢を重ねた韓国人は内心そう思っていると考えられます。山際さんのレポにも出てきた「慰安婦博物館で通訳をしてくれた若い女性のお母さん」のように。

 黒田さんはこの朝鮮日報の社説についてこう述べています。

 【すでに20年も前に日本政府は謝罪したと政府もマスコミも確認しているのに、いま、政府もマスコミもそれを忘れ、支援団体の運動とその意向に乗っかってまた謝罪を要求しているのだ。
 韓国では官民とも、政権が代わるといつも以前の公式発言を無視して知らん顔をし、また日本を批判し要求する。こうなると、謝罪をするほうより、謝罪を受け入れるほうに問題結着のカギはあるということだ】


 いくら日本政府が謝罪しても、煽り続ける団体(日本の団体も含め)やマスコミが存在し続ける限り、この問題は永遠に終わらないということですね(T^T)

 さらに黒田さんはこう続けています。

 【しかし韓国にも、社説がいうように、慰安婦問題が韓国人にとって『愉快なことではない恥ずべき過去』という認識はあったのだ。いや、それが以前はホンネだったと思う。だから過去に近く、過去の真実が比較的分かっていた昔は誰も問題にしなかった。
 しかし、それがいつの間にか抗日独立運動のような輝かしい(?)ものになり、記念像(くっくり注:ソウル日本大使館前の慰安婦像)まで堂々と立てられるようになってしまった。支援団体とマスコミによるマインドコントロールが浸透した現在、マスコミに再びこのような論評が出ることはもうない


 要するに、もう韓国では「慰安婦=恥ずべき過去」という良心的な声は表立った形では出てこないということですね。

 確かに最近の韓国側の言動を見ていると、「慰安婦=恥ずべき過去」とする認識はほぼなくなってしまっているようです。個人個人の本音は別として。

 だって「慰安婦=恥ずべき過去」だという認識が少しでもあるなら、アメリカの議会で元慰安婦に証言させたり、アメリカに慰安婦の碑(下の画像)を建立したり(しかも今後も建て続けるとのこと!)、自国の恥をわざわざ世界に広めるようなことはしないでしょうからね。

120528-00hi.jpg

 黒田さんは論説を以下の言葉で締めくくっています。

 【韓国はもう贖罪意識の対象ではない。堂々たる国力のアジアの強国である。韓国自身がそういっている。韓国はもう国家的に日本人から同情される時代ではない。虚構を含んだ慰安婦問題で、日本が韓国によってこれほど国家的侮辱にさらされているのだから、大いに反論しケンカしていいのだ

 というわけで、もう一度これ貼っておきますね。

【拡散】「慰安婦の碑」撤去のための署名にご協力を

 6月9日までに、25000名以上の署名が集まると、ホワイトハウスより見解が示されるそうです。
 もちろん署名は強制でも何でもありません。
 趣旨に賛同いただける方のみ、どうかご協力下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※拙ブログ関連エントリー(慰安婦問題(厳選))
06/3/4付:朝日はいつまで「元慰安婦」を利用するの?
 「元慰安婦」自身が証言してる。自分を“連行”したのは朝鮮人だと。
3/19付:米連邦最高裁判所が「慰安婦」にNO!
 これで慰安婦に関して日本に賠償謝罪を求める訴えは米国内では起こせなくなった。
07/2/26付:「報道2001」慰安婦問題ホンダ議員生出演(全文テキスト)
3/16付:「ぷいぷい」慰安婦問題(全文テキスト)と河野洋平と東国原知事
3/17付:【資料】慰安婦問題おさらい10問10答
 問題の要点をフリップでわかりやすく説明。
3/19付:「たかじん」慰安婦問題(全文テキスト)
3/27付:「WiLL」慰安婦問題特集
4/9付:元慰安婦「李容洙」証言の矛盾
 秦郁彦さんの論文から、米下院公聴会で証言した「元慰安婦」の証言の矛盾。
11/9/17付:戦前に朝鮮人衆議院議員がいた「SAPIO」07.5.9号&慰安婦問題の現状
 戦前に朝鮮名を名乗る朝鮮人衆院議員がいました。そのことが示唆する「従軍慰安婦」の疑問。
12/12付:「従軍慰安婦」は朝日新聞の捏造です
 「慰安婦問題おさらい10問10答」テキスト起こしも。

※拙ブログ関連エントリー(朝鮮の歴史)
09/8/9付:「朝鮮紀行」イギリス人女性が見た19世紀末の朝鮮(1)
9/13付:「朝鮮紀行」イギリス人女性が見た19世紀末の朝鮮(2)
9/28付:「朝鮮紀行」イギリス人女性が見た19世紀末の朝鮮(3)
11/1付:「朝鮮紀行」イギリス人女性が見た19世紀末の朝鮮(4)終
10/8/2付:【日韓併合】外国人から見た日本と日本人(19)
11/8/16付:【終戦の日2011】外国人から見た日本と日本人(30)

senkaku03photoL.jpg

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

megumi080328.jpeg

 アニメ「めぐみ」配信中。
 英語・中国語・韓国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://kukkuri.blog58.fc2.com/tb.php/1053-0dc35040

プロフィール

くっくり

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索